専門誌

モノの名前

イラストノートについて

「イラストノート」とは? イラストノートとは、ノートに絵やイラストを描いて記録するノートのことです。ノートは、罫線のあるノートや方眼ノート、無地のノートなど、さまざまな種類があります。イラストノートには、好きなイラストを描いたり、日記のように自分の思ったことをイラストで描いたり、勉強のノートとして使ったりなど、さまざまな使い方ができます。 イラストノートは、絵を描くことが好きな人にとっては、自分の絵を記録するのに最適なノートです。また、日記のように自分の思ったことをイラストで描くことで、自分の気持ちを整理したり、振り返ったりすることができます。さらに、勉強のノートとして使うことで、テキストだけでは理解しにくい内容をイラストでわかりやすくしたり、覚えるべき内容をイラストで表現したりすることで、勉強をより効率的に進めることができます。
作品名

「時計Begin」の魅力と最新号情報

時計Beginの魅力を解き明かす 時計Beginは、時計に特化した雑誌として、時計ファンから愛されている。その魅力は、まず、時計に関する幅広い情報が掲載されていることだ。時計の最新モデルや、時計の歴史、時計の選び方など、時計に関するあらゆる情報を得ることができる。また、時計Beginは、時計の専門家によるレビューやコラムも掲載しているため、時計選びの参考になる情報も豊富だ。 時計Beginの魅力のもう一つは、その美しいビジュアルだ。時計Beginには、時計の写真が数多く掲載されているが、どれもが非常に美しく、時計の魅力を最大限に引き出している。時計の写真を見るだけでも、時計への愛着が湧いてくること間違いなしだ。 また、時計Beginは、時計の愛好家同士の交流の場としても機能している。時計Beginには、時計に関する読者投稿コーナーが設けられており、読者は自分の時計を紹介したり、時計に関する質問をしたりすることができる。時計の愛好家同士が交流することで、時計への理解が深まり、より時計を楽しむことができるようになるだろう。 時計Beginは、時計ファンにとって欠かせない雑誌だ。時計に関する幅広い情報、美しいビジュアル、時計の愛好家同士の交流の場など、時計Beginの魅力は尽きない。時計に興味がある人は、ぜひ一度時計Beginを読んでみてほしい。
モノの名前

野菜だよりで家庭菜園の極意を学ぶ

野菜だよりってどんな雑誌? 野菜だよりとは、家庭菜園の情報を発信している季刊誌です。1972年11月に創刊され、以来、40年以上愛され続けているロングセラー雑誌です。野菜の栽培方法や害虫対策、園芸のコツなど、家庭菜園に必要な情報を幅広く提供しています。また、野菜のレシピや園芸コラムなど、読み物としても楽しめる内容が満載です。 家庭菜園初心者の方でも、野菜だよりがあれば安心です。初心者向けの講座やコラムが充実しており、基礎から応用までしっかり学ぶことができます。また、野菜だよりの読者であれば、園芸相談や種苗の通信販売を利用することもできます。野菜だよりは、家庭菜園を楽しむための頼れるパートナーです。 野菜だよりは、全国の書店や園芸店で購入することができます。また、野菜だよりのウェブサイトでは、バックナンバーの販売やオンライン相談なども行っています。家庭菜園を始めたい方、もっと野菜作りを楽しみたい方は、ぜひ野菜だよりを手に取ってみてください。
モノの名前

マニア必見!Newtonの魅力

Newtonは、ニュートン株式会社が刊行する、科学・技術・歴史・文化などを総合的に取り上げた日本の月刊誌です。1981年9月に創刊され、2023年3月現在で440号以上が発行されています。その特徴は、第一線の研究者やジャーナリストによる専門的でマニアックな記事が多く、科学の最新情報が学べることです。また、歴史や文化に関する記事も充実しており、幅広い分野の知識を得ることができます。 Newtonは、科学や技術に興味がある人、マニアな人にはたまらない雑誌です。第一線の研究者やジャーナリストによる専門的でマニアックな記事が多く掲載されており、科学の最新情報が学べます。また、歴史や文化に関する記事も充実しており、幅広い分野の知識を得ることができます。 Newtonは、書店やオンラインで購入することができます。また、定期購読も可能です。
モノの名前

雑誌「税理」ってどんな雑誌?

雑誌「税理」は、税理士や公認会計士などの税務専門家向けに発行されている月刊誌です。税法の解説や税務に関する最新動向、税務調査の事例など、税務に関する幅広い情報を掲載しています。また、税理士や公認会計士のための研修会やセミナーなどの情報も掲載されています。 雑誌「税理」は、税務専門家にとって欠かせない情報源となっています。税法の改正や税務に関する最新動向を把握し、税務調査に備えるためには、この雑誌を定期的に読むことが大切です。また、税理士や公認会計士のための研修会やセミナーの情報も掲載されているので、税務専門家としてのスキルアップのためにも役立ちます。 雑誌「税理」は、税務専門家にとってなくてはならない雑誌です。税務に関する幅広い情報を掲載しているので、税務専門家として活躍するためには、この雑誌を定期的に読むことが欠かせません。
その他

新聞研究 – 新聞報道の変遷とジャーナリズムの行方

新聞研究とは、新聞報道の変遷やジャーナリズムのあり方など、新聞に関する様々なテーマを扱った研究のことである。新聞研究は、新聞社や大学、研究機関などで行われており、その成果は、新聞業界の発展やジャーナリズムの向上に役立てられている。 日本では、新聞研究を専門に行う機関として、日本新聞協会がある。日本新聞協会は、新聞社の共同出資により設立された公益法人であり、新聞に関する調査研究、研修会やセミナーの開催、新聞報道の倫理綱領の作成などを行っている。 日本新聞協会は、月刊誌『新聞研究』を発行している。『新聞研究』は、新聞報道の変遷やジャーナリズムのあり方、新聞社の経営や広告など、新聞に関する幅広いテーマを取り扱っている。また、『新聞研究』には、新聞社や大学、研究機関の研究者が執筆した論文や、新聞に関する時事問題に関する記事などが掲載されている。『新聞研究』は、新聞業界やジャーナリズムを研究する人にとって、貴重な情報源となっている。
モノの名前

MMJとは?

MMJの概要 MMJとは、Medical Marijuanaの略であり、医療目的で使用される大麻のことです。大麻には、カンナビノイドと呼ばれる有効成分が含まれており、これが鎮痛、抗炎症、抗けいれん、吐き気止め、食欲増進などの効果を示すことがわかっています。 MMJは、主に以下の症状や疾患の治療に使用されています。 * 慢性疼痛 * がんに伴う痛みや吐き気 * 多発性硬化症 * パーキンソン病 * てんかん * 脳卒中 * アルツハイマー病 * HIV/AIDS MMJは、通常、吸入、経口、外用などの方法で使用されます。吸入は、最も一般的な使用法ですが、肺にダメージを与える可能性があるため、他の方法が推奨される場合があります。経口では、カプセルや錠剤などの形態で使用することができ、外用では、クリームやオイルなどの形態で使用することができます。 MMJは、一般的に安全に使用できるとされていますが、以下のような副作用がある可能性があります。 * 眠気 * めまい * 乾燥口 * 心拍数の増加 * 血圧の低下 * 精神的な変化 MMJの使用は、医師の指示に従って行うことが重要です。
作品名

「アローメイト」の歴史と魅力

アローメイトとは? アローメイトとは、アローメイトインターナショナル株式会社が展開する、学習塾、予備校、個別指導に対応した、塾経営システムのことです。塾の先生と生徒が、学習計画の共有や、指導状況の把握、対話などを行うためのシステムとして開発されました。 アローメイトは、塾経営に必要な機能をすべて備えています。学習計画の作成や管理、指導状況の把握、保護者との連絡など、塾経営に必要な業務を効率化することができます。また、アローメイトは、生徒の学習状況を可視化することができるため、生徒一人ひとりに合わせた指導を行うことができます。 アローメイトは、多くの塾で導入されており、その使いやすさと安全性から、高い評価を得ています。アローメイトを導入することで、塾経営の効率化を図り、生徒一人ひとりに合わせた指導を行うことができます。 アローメイトのメリット アローメイトを導入することで、以下のようなメリットがあります。 ・塾経営の効率化 ・生徒一人ひとりに合わせた指導 ・保護者とのコミュニケーションの強化 ・生徒の学習意欲の向上 ・塾の経営基盤の強化 アローメイトは、塾経営を成功させるための強力なツールです。アローメイトを導入することで、塾経営の効率化を図り、生徒一人ひとりに合わせた指導を行うことができるため、生徒の学習意欲を高め、塾の経営基盤を強化することができます。
モノの名前

「腕時計王」についてのあれこれ

「腕時計王」とは? 「腕時計王」とは、腕時計を収集して楽しむ人の総称です。腕時計を集める理由は人それぞれですが、その美しさや機能性に魅力を感じていたり、投資目的で集めている人もいます。腕時計王の中には、何百万円、何千万円もする高級腕時計を所有している人もおり、そのコレクションはまさに圧巻です。 腕時計収集の楽しみとして挙げられるのが、様々なブランドやモデルの腕時計を所有できることです。腕時計には、ロレックス、オメガ、セイコーなど、数多くのブランドがあり、それぞれに違った特徴があります。また、同じブランドでも、モデルによってデザインや機能が異なります。そのため、腕時計王は、自分の好みの腕時計を見つけるために、常に新しいモデルを探しています。 腕時計を収集するもう一つの楽しみは、その価値が上がっていくことです。腕時計は、年月を経るにつれて価値が上がっていくことが多く、中には、何倍もの値段で売却できるものもあります。そのため、腕時計王の中には、投資目的で腕時計を集めている人もいます。 腕時計収集は、お金と時間がかかる趣味ですが、その分、楽しみも大きいです。腕時計王たちは、自分のコレクションを眺めながら、その美しさや機能性に酔いしれています。また、腕時計について語り合ったり、新しいモデルの情報交換をしたりすることも、腕時計王たちの楽しみの一つです。
モノの名前

「月刊むし」の魅力と歴史

「月刊むし」とは? 「月刊むし」は、むし社の発行する月刊誌で、1972年10月に創刊されました。昆虫、節足動物、関連する生物を中心に扱っており、記事は初心者にもわかりやすいように工夫されています。また、昆虫に関する最新の情報や、研究成果も掲載されています。 「月刊むし」は、昆虫好きにはたまらない一冊です。毎月、新しい昆虫に関する情報が得られるだけでなく、飼育のコツや、観察方法など、役立つ情報も満載です。また、昆虫の写真やイラストも豊富に掲載されており、見ているだけでも楽しめます。 「月刊むし」は、創刊以来、多くの読者に親しまれてきました。昆虫好きはもちろん、自然科学に興味がある人にもおすすめです。ぜひ、一度読んでみてください。
モノの名前

美容と経営:美容師のための経営情報誌

美容と経営は、美容師のための経営情報誌です。1967年4月に創刊され、2023年3月現在、204号まで発行されています。発行元は美容出版社で、美容師は無料、一般読者は1冊800円で購入することができます。 美容と経営は、美容師の経営に必要な情報を提供することを目的としています。美容室の経営に関する記事や、美容師のための税務や金融に関する記事、美容師のキャリアに関する記事などが掲載されています。また、美容業界の最新動向や、美容業界のキーパーソンへのインタビュー記事なども掲載されています。 美容と経営は、美容師の間で高い人気を集めており、美容室の経営に関する情報源として広く活用されています。美容師を目指す人や、美容師として独立開業を考えている人にとっても、美容と経営は貴重な情報源です。
モノの名前

「スポーツカード・マガジン」について

「スポーツカード・マガジン」の概要 「スポーツカード・マガジン」は、スポーツカードの収集、取引、投資に関する情報誌です。1991年に創刊され、現在は月刊で発行されています。発行元は株式会社カンゼンです。 「スポーツカード・マガジン」は、最新のスポーツカード情報や、人気選手のカードの価値、投資のトレンドなど、スポーツカードに関する幅広い情報を提供しています。また、スポーツカードの歴史や文化、著名なコレクターの紹介など、スポーツカードの楽しみ方を深めるための特集記事も掲載しています。 「スポーツカード・マガジン」は、スポーツカードの愛好家やコレクターにとって、なくてはならない情報誌です。スポーツカードに関する最新の情報を得るため、また、スポーツカードの楽しみ方を深めるために、「スポーツカード・マガジン」はおすすめです。
モノの名前

月刊美術とは?人気のコラムや連載をご紹介

月刊美術とは?発行する株式会社実業之日本社の魅力 月刊美術は、株式会社実業之日本社が発行する月刊誌で、美術の歴史や作品、アーティストなどについて取り上げています。創刊は1916年で、現在まで100年以上発行されている老舗の雑誌です。 株式会社実業之日本社は、1897年に創業した出版社で、月刊美術以外にも、週刊実話、実話ナックルズ、女性セブンなど、数々の雑誌を発行しています。また、書籍の出版や、映画の製作・配給なども行っています。 株式会社実業之日本社の魅力のひとつは、幅広いジャンルの雑誌を発行していることです。月刊美術のような芸術系の雑誌から、週刊実話のような週刊誌、女性セブンのような女性誌まで、さまざまなジャンルの雑誌を発行しています。これにより、幅広い読者層にアピールすることができ、安定した経営基盤を築いています。 株式会社実業之日本社の魅力のもうひとつは、長い歴史があることです。株式会社実業之日本社は、1897年に創業し、現在まで100年以上続いています。この長い歴史の中で、株式会社実業之日本社は、数々の名作雑誌を世に送り出してきました。また、株式会社実業之日本社は、日本を代表する出版社のひとつであり、その信用度は非常に高いです。 株式会社実業之日本社は、幅広いジャンルの雑誌を発行していることと、長い歴史があることが魅力の出版社です。月刊美術も、株式会社実業之日本社の魅力が詰まった雑誌のひとつであり、美術に関心のある方におすすめです。
モノの名前

CQhamradioについて:アマチュア無線情報誌

CQham radioは、アマチュア無線機器、ニュース、レビュー、ヒント、記事を1945年から提供しているアマチュア無線愛好家向けの月刊誌です。CQ ham radioは、アマチュア無線愛好家にとって必須の出版物であり、最新のニュースや、機器に関するレビュー、アマチュア無線のヒントやコツを掲載、また、アマチュア無線愛好家同士が交流するための掲示板や、アマチュア無線機器の売買のための広告も掲載されています。CQ ham radioは、米国で最も人気のあるアマチュア無線雑誌であり、世界中の100,000人以上のアマチュア無線愛好家が購読している。
作品名

「新 幼児と保育」ってどんな雑誌?

「新 幼児と保育」は、幼い子供たちの成長と教育に関する月刊誌です。1948年に創刊され、保育士、幼稚園教諭、認定子ども園職員の必携の雑誌として、幅広い保育者の皆様にご愛読いただいております。 「新 幼児と保育」は、保育の実践に役立つ情報が満載です。幼児の成長と発達に関する最新の研究成果や、保育の現場で役立つ実践例、保育者の方の悩みや相談に答えるコーナーなど、保育者の皆様が日々のお仕事で役立つ情報が満載です。
モノの名前

「食品商業」で知る食品業界の最新情報

「食品商業」とは、食品業界における流通に関わるすべての活動のことです。原材料の生産から消費者への販売まで、一連の流れを指します。食品商業は、食品業界の重要な一環であり、食の安全や価格、流通の効率化など、様々な課題を抱えています。 「食品商業」という言葉は、1960年代に初めて使われ始めました。それ以前は、「食料商業」という言葉が使われていたのですが、「食料」という言葉には、生産や加工などの意味が含まれており、流通のみを意味する「食品商業」という言葉が新たに作られたのです。 食品商業は、食品産業の重要な一環であり、食の安全や価格、流通の効率化など、様々な課題を抱えています。近年では、食品の安全性への関心の高まりや、消費者の嗜好の変化などにより、食品商業のあり方が大きく変化しています。 食品商業における課題として、食の安全性の確保が挙げられます。食中毒や異物混入などの事故を防ぐため、食品の衛生管理を徹底する必要があります。また、食品の価格も重要な課題です。食品の価格は、生産コストや流通コスト、需要と供給のバランスなどによって決まります。そのため、消費者が食品を適正な価格で購入できるように、生産者や流通業者などの関係者が協力して価格を調整する必要があります。 食品商業は、食料問題や環境問題など、様々な課題を抱えています。しかし、これらの課題を克服することで、食の安全や価格、流通の効率化を図り、消費者に安全で安価な食品を届けることができます。
モノの名前

美しいキモノとは?

美しいキモノの歴史 キモノは、長い歴史を持つ日本の伝統的な衣装で、その美しさは世界中の人々から愛されています。キモノの歴史は古く、弥生時代にはすでに存在していたと言われています。その後、平安時代には貴族の間で流行し、江戸時代には庶民の間にも広がりました。明治時代以降は洋服が普及し、キモノを着る機会は減りましたが、現代でも晴れ着として着用されるなど、日本の文化を象徴する衣装として親しまれています。 キモノのデザインは、時代によって変化してきました。平安時代には、貴族の間で流行した「十二単衣」が代表的です。十二単衣は、複数の着物を重ねて着るもので、その豪華絢爛な姿は圧巻です。鎌倉時代には、武家の間で流行した「直垂」が代表的です。直垂は、単衣の着物を袴と合わせて着るもので、動きやすさを重視したデザインになっています。江戸時代には、庶民の間で流行した「小袖」が代表的です。小袖は、単衣の着物を帯で締めて着るもので、比較的シンプルなデザインになっています。 現代でも、キモノは晴れ着として着用されるなど、日本の文化を象徴する衣装として親しまれています。キモノを着る機会は減ってしまいましたが、その美しさは今もなお人々を魅了し続けています。
モノの名前

イラストパズルについて

-イラストパズルの歴史と変遷について- イラストパズルは、イラストや絵画などの画像をピースに分けて組み立てるパズルの一種です。その歴史は古く、紀元前の中国にまでさかのぼります。当時は、紙や段ボールではなく、木や竹などの天然素材で作られていました。18世紀には、ヨーロッパでイラストパズルが流行し始め、19世紀には、アメリカに伝わり、大衆的なパズルとして定着しました。 20世紀に入ると、イラストパズルの種類やデザインはさらに多様化し、子供から大人まで幅広い層に楽しまれるようになりました。また、イラストパズルの制作技術も進歩し、より精巧で美しいパズルが作られるようになりました。近年では、パソコンやスマートフォンを利用して、オリジナルのイラストパズルを作成することもできるようになりました。 イラストパズルは、単なる遊び道具ではなく、脳トレやリラクゼーションにも効果的です。ピースを組み合わせることで、集中力や記憶力が鍛えられ、完成したパズルを眺めることで、ストレスや疲れを解消することができます。また、イラストパズルは、親子や友達と一緒に楽しむことができるので、コミュニケーションツールとしても最適です。
モノの名前

美術手帖の魅力とコンテンツ

美術手帖は、アート、デザイン、写真に関する隔月の美術専門誌です。1948年創刊以来、日本の美術界を牽引し続けてきた権威ある雑誌です。美術手帖の魅力は、何と言ってもその情報量の多さです。毎月、国内外の様々な美術展やイベントの情報、美術評論家のコラム、作家のインタビューなど、美術に関する最新情報を網羅しています。また、美術手帖は、展覧会や作品のレビューにも定評があります。美術評論家が、独自の視点で展覧会や作品を批評しているので、読者は、作品をより深く理解することができます。 美術手帖は、美術に興味がある人なら、必ず読んでおきたい雑誌です。美術の最新情報をいち早く知ることができるだけでなく、美術の深い理解を得ることができます。美術を学ぶ学生や、美術を愛好している人にとっては、必携の雑誌です。
作品名

SALT WORLDとは?:釣り情報満載の趣味専門誌

「SALT WORLD」の発行部数は15万部を超え、海釣りファンに支持されている趣味専門の雑誌です。全国の釣り場情報を網羅し、対象魚別の釣り方やタックル情報など、海釣りに必要な情報を余すところなく掲載しています。また、プロアングラーの連載記事や、釣り大会のレポートなど、釣り好きにはたまらないコンテンツが満載です。 「SALT WORLD」は、釣り初心者から上級者まで幅広く楽しめる雑誌です。釣り方やタックルの紹介だけでなく、釣り場の選び方や魚のさばき方などの基礎知識も丁寧に解説しています。そのため、釣りを始めたばかりの人でも安心して読むことができます。 「SALT WORLD」は、毎月1日発売です。全国の書店やコンビニエンスストアで購入することができます。また、オンライン書店でも販売されています。年間購読をすると、割引価格で購入することができます。 「SALT WORLD」は、海釣りファンにとって欠かせない情報誌です。釣り場選びや釣り方のヒントを得るのに役立つだけでなく、釣りに関する最新情報を発信してくれるので、釣り好きならぜひ購読したい雑誌です。
その他

税とは?

-税の定義- 税とは、行政主体の活動を金銭で賄うため、一定の事由が生じた場合に、納税義務者に納入を求める金銭的な負担のことです。徴収される金銭は、税収と呼ばれています。税には、直接税と間接税の2つに大別することができます。直接税とは、個人の所得や資産に対して課される税金のことを指し、間接税とは、商品やサービスの取引に対して課される税金のことを指します。 税は、国家や地方公共団体が公共サービスを提供するために必要不可欠な収入源です。公共サービスとは、国や地方公共団体が国民に対して提供するサービスのことを指し、道路、公園、学校、病院、警察、消防などが含まれます。税は、これらの公共サービスを賄うための資金源として用いられています。 税の公平性は、税制を設計する上で重要な要素です。税の公平性とは、納税者間で税負担が公平に配分されていることを意味します。税の公平性を確保するために、税制は累進課税の原則に基づいて設計されています。累進課税とは、所得や資産が多い者ほど税負担が重くなるように税制を設計することを意味します。 税は、国家や地方公共団体にとって必要不可欠な収入源ですが、納税者にとっては負担となるものです。そのため、税制は、公共サービスの提供と納税者の負担を考慮して設計される必要があります。
モノの名前

「Model Cars」:自動車模型雑誌の魅力

「Model Cars」とは、自動車模型を専門に扱う月刊誌です。1962年に創刊され、現在も発行が続いています。この雑誌は、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを掲載しています。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事なども掲載されています。 「Model Cars」は、自動車模型ファンにとって、なくてはならない雑誌です。この雑誌を読むことで、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを知ることができます。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事を読むことで、自動車模型の世界をより深く知ることができます。 「Model Cars」は、自動車模型ファンにとって、とても有益な雑誌です。この雑誌を読めば、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを知ることができます。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事を読むことで、自動車模型の世界をより深く知ることができます。
モノの名前

「法律のひろば」ってどんな雑誌?

「法律のひろば」は、法務省が発行している月刊誌です。「国民一人一人が法と民主主義を正しく理解し、自ら進んで法治国家を築いていく」ことを目的に、法律に関する情報を分かりやすく解説しています。 「法律のひろば」の主な内容は、法律の改正や新設、裁判所の判決、法務行政の動向などです。また、法律に関するコラムや、法律の基礎知識を学ぶための特集記事なども掲載されています。 「法律のひろば」は、法務省のホームページから無料でダウンロードすることができます。また、全国の書店やコンビニエンスストアでも販売されています。
モノの名前

新美容(Sinbiyo)最新情報

新美容(Sinbiyo)とは? 新美容(Sinbiyo)とは、皮膚や細胞の生物学的メカニズムを応用した最新の美容法です。近年、化粧品や美容機器の進化により、美容業界は大きく変化しています。新美容(Sinbiyo)は、最先端のテクノロジーを活用することで、従来の美容法では得られなかったような結果をもたらす可能性を秘めています。 新美容(Sinbiyo)の代表的な施術としては、レーザー光線や高周波などを用いたシワやたるみの改善、IPL(インテンス・パルス・ライト)を用いたシミやそばかすの除去、毛穴の引き締め、ニキビ跡の改善などが挙げられます。また、脂肪吸引やヒアルロン酸注射などの美容整形も新美容(Sinbiyo)の分野に含まれます。 新美容(Sinbiyo)は、メスを使わない治療が多いのが特徴です。そのため、ダウンタイムが短く、日常生活に支障をきたすことがほとんどありません。また、即効性のある治療法が多く、短期間で効果を実感できるのも魅力です。