小型スポーツバイク

モノの名前

ストリートマジック110の全貌

ストリートマジック110の歴史と誕生までの経緯 ストリートマジック110は、世界で最も人気のあるストリートマジックの道具のひとつです。その歴史は古く、19世紀後半にまでさかのぼります。 1870年代、アメリカのマジシャンであるジョン・ネヴィル・マスクリンは、観客を驚かせる新しいマジックの道具を開発しました。彼は、コインやトランプを消したり、出現させたりすることができる道具を考案し、それを「マスクリン・シークレット」と名づけました。この道具は、すぐにマジシャンたちの間で人気を博し、世界中に広まりました。 1920年代、アメリカのマジシャンであるトーマス・ネルソン・ダウンズは、マスクリン・シークレットを改良し、より使いやすく、強力な道具を開発しました。彼は、この道具を「ダウンズ・シークレット」と名づけ、発売しました。ダウンズ・シークレットは、マスクリン・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 1950年代、アメリカのマジシャンであるエド・マルローは、ダウンズ・シークレットをさらに改良し、よりコンパクトで、使い勝手の良い道具を開発しました。彼は、この道具を「マルロー・シークレット」と名づけ、発売しました。マルロー・シークレットは、ダウンズ・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 1980年代、アメリカのマジシャンであるジェームズ・スワンは、マルロー・シークレットをさらに改良し、より強力で、使い勝手の良い道具を開発しました。彼は、この道具を「スワン・シークレット」と名づけ、発売しました。スワン・シークレットは、マルロー・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 1990年代、アメリカのマジシャンであるデビッド・ブレインは、スワン・シークレットをさらに改良し、より小さく、より強力な道具を開発しました。彼は、この道具を「ブレイン・シークレット」と名づけ、発売しました。ブレイン・シークレットは、スワン・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 2000年代、アメリカのマジシャンであるレネル・ルカは、ブレイン・シークレットをさらに改良し、より使いやすく、より強力な道具を開発しました。彼は、この道具を「ルカ・シークレット」と名づけ、発売しました。ルカ・シークレットは、ブレイン・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 そして2010年、アメリカのマジシャンであるクリス・アンジェルスは、ルカ・シークレットをさらに改良し、よりコンパクトで、より強力な道具を開発しました。彼は、この道具を「アンジェルス・シークレット」と名づけ、発売しました。アンジェルス・シークレットは、ルカ・シークレットよりも人気を博し、ストリートマジックの定番道具となりました。 ストリートマジック110は、アンジェルス・シークレットをさらに改良し、より小さく、より強力な道具として開発されました。この道具は、発売以来、世界中のマジシャンから大きな注目を集めており、ストリートマジックの定番道具として広く使用されています。
モノの名前

ストリートマジック50S徹底解説

ストリートマジック50Sとは、カード50枚を使い、さまざまな技法を駆使して観客を驚かせるマジックです。ストリートマジック50Sは、その手軽さから、初心者にも人気のあるマジックです。必要な道具はトランプのみで、その場でどこでも演じることができます。また、難しいテクニックを必要としないので、練習すれば誰でも簡単にマスターすることができます。 ストリートマジック50Sは、カードを観客に切ってもらったり、選んでもらったりして、そのカードを当てたり、消失させたりするなど、さまざまな手順があります。また、カードを特殊な方法で配列したり、裏返したりして、観客を驚かせる手順もあります。ストリートマジック50Sは、その手軽さとバリエーションの多さから、プロのマジシャンだけでなく、アマチュアマジシャンにも人気のあるマジックです。