小幡緑地駅

施設名・ロケ地

名古屋ガイドウェイバス志段味線の魅力

名古屋ガイドウェイバス志段味線は、1990年(平成2年)3月30日に開業した、名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘駅から、長久手市にある愛・地球博記念公園駅までを結ぶ、ガイドウェイバス路線です。愛称は「ゆとりーとライン」です。 名古屋ガイドウェイバス志段味線は、1980年代に名古屋市が策定した「名古屋市都市計画道路環状2号線の整備計画」に基づいて建設されました。この計画は、名古屋市の郊外を環状に結ぶ道路を整備することで、交通渋滞を緩和し、都市の発展を促進することを目的としたものでした。 名古屋ガイドウェイバス志段味線は、この計画に基づいて建設された最初の路線であり、その後、名古屋市営地下鉄名城線の砂田橋駅から、長久手市にある長久手古戦場駅までを結ぶ、ガイドウェイバス路線「名古屋ガイドウェイバス名城線(ゆとりーとライン)」も開業しました。 名古屋ガイドウェイバス志段味線は、開業以来、名古屋市と長久手市を結ぶ重要な交通機関として利用されてきました。また、沿線には、愛・地球博記念公園や長久手古戦場跡など、多くの観光スポットがあります。
施設名・ロケ地

「ゆとりーとライン」のすべて

-「ゆとりーとライン」の開業と歴史- 「ゆとりーとライン」は、福岡都市圏と北九州都市圏を結ぶ高速道路です。1988年に開通し、北九州都市圏と福岡都市圏を最短で結ぶルートとして、観光やビジネスの活発化に貢献しています。 「ゆとりーとライン」は、当初は福岡都市高速道路と北九州高速道路を結ぶ路線として計画されました。しかし、建設費用の問題などから、途中で計画が変更され、現在のルートとなりました。 「ゆとりーとライン」は、開通以来、順調に交通量が増加しています。2018年の調査では、1日の平均交通量は約6万台でした。これは、九州自動車道に次ぐ交通量です。 「ゆとりーとライン」は、福岡都市圏と北九州都市圏を結ぶ重要な交通機関です。これからも、観光やビジネスの活性化に貢献し続けるでしょう。