山形県

地名・ロケ地

弁天島 – 山形県鶴岡市鼠ケ関港に浮かぶ魅力的な陸繋島

-# 弁天島の歴史と民話 弁天島は、山形県鶴岡市鼠ヶ関港に浮かぶ陸繋島です。弁天島は、古くから海の守り神として弁財天が祀られており、参拝者や観光客が多く訪れます。 弁天島の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。鎌倉時代には、弁天島に弁財天を祀った弁天宮が建立され、多くの参拝者を集めました。室町時代には、弁天島は鼠ヶ関港の要衝として重要視され、戦国時代には、弁天島をめぐって幾度となく戦いが繰り広げられました。 江戸時代になると、弁天島は鼠ヶ関港の海上交通の拠点として栄え、多くの船乗りや商人でにぎわいました。明治時代になると、弁天島は鼠ヶ関港の近代化に伴い、その重要性は低下しましたが、弁財天を祀る弁天宮は、現在でも多くの参拝者を集めています。 弁天島には、弁財天にまつわる民話が多く残されています。その1つは、弁財天が鼠ヶ関港の漁師を助けたという民話です。昔、鼠ヶ関港の漁師たちが、大嵐に遭い、船が沈没しそうになりました。その時、弁財天が現れて、漁師たちを助け、無事に鼠ヶ関港に帰還することができました。 弁天島は、豊かな自然と美しい景観、そして弁財天にまつわる民話が残る魅力的な島です。弁天島を訪れると、弁財天の霊験にふれることができ、心安らぐひとときを過ごすことができます。
施設名・ロケ地

水窪ダムの魅力とは?

水窪ダムの概要 水窪ダムは、静岡県榛原郡川根本町にある、大井川水系大井川に建設されたダムです。ダムの型式は重力式コンクリートダムで、高さは93.5メートル、堤頂長は352メートルです。総貯水量は1億1,700万立方メートルで、大井川水系のダムの中では最大規模です。 水窪ダムは、1965年に建設が開始され、1974年に完成しました。ダムの建設目的は、県西地域における水不足解消、大井川下流域の洪水調節、および水力発電です。水窪ダムは、県西地域に工業用水を供給しており、大井川下流域の洪水を調節することで、水害から人々を守っています。また、水窪ダムでは、水力発電も行われており、年間約1億2,000万キロワット時の電力を発生しています。 水窪ダムは、県西地域の発展に大きく貢献しており、地域の人々に欠かせない施設となっています。また、水窪ダムは、その雄大な自然景観で知られ、観光スポットとしても人気があります。
その他

上杉鷹山生誕250年祭・YOZANフェスティバル

上杉鷹山生誕250年祭・YOZANフェスティバルは、2022年4月29日(金曜日)から9月25日(日曜日)まで、米沢市を中心に開催されます。 このお祭りは、上杉鷹山が藩政改革を行ったことにより米沢藩が復興したことに感謝し、上杉鷹山の功績を称えるために開催されます。お祭りの期間中は、上杉鷹山にまつわる様々なイベントが行われます。鷹山公歴史館では、上杉鷹山に関する特別展が開催され、米沢市上杉城史苑では、鷹山公行列や鷹山公茶会が行われます。また、米沢市内の各所では、鷹山公をモチーフにした料理やお菓子が販売されます。 上杉鷹山生誕250年祭・YOZANフェスティバルは、上杉鷹山の功績を称え、米沢の歴史と文化を学ぶことができるお祭りです。お祭りの期間中は、米沢市内の様々な場所で鷹山公にちなんだイベントが行われるので、ぜひ足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

山形県の高坂ダムについて

高坂ダムの概要 高坂ダムは、山形県西置賜郡白鷹町に建設されたアースダム式ダムです。最上川の支流である最上小国川に建設され、1976年(昭和51年)に竣工しました。ダムの高さは54.5メートル、堤頂長は360メートル、総貯水容量は7,200万立方メートルです。 高坂ダムの主な目的は、下流域の洪水調節と、白鷹町と長井市の水道用水供給です。洪水調節については、最上小国川の上流域で発生した洪水をダムで貯留し、下流域での洪水被害を防いでいます。また、水道用水については、ダムに貯留された水を浄水処理して、白鷹町と長井市の住民に供給しています。 高坂ダムは、下流域の洪水調節と水道用水供給という重要な役割を果たしているダムです。また、ダム周辺には公園やキャンプ場などのレクリエーション施設が整備されており、多くの人々が訪れる観光スポットにもなっています。
モノの名前

「清泉川」の魅力を徹底解説!山形県の日本酒の銘酒

清泉川の概要と歴史 清泉川は、山形県置賜地方にある酒蔵です。1875年(明治8年)に創業し、現在では100年以上続く老舗酒蔵として知られています。清泉川は、山形県の地元産の酒米である「出羽燦々」と、清涼な山の伏流水を使用して日本酒を醸造しています。清泉川の日本酒は、まろやかな口当たりと上品な味わいが特徴で、全国各地で愛飲されています。 清泉川の歴史は、1875年にさかのぼります。創業者は、地元の医師であった佐藤清泉川氏です。佐藤氏は、地元の特産品である酒米「出羽燦々」の美味しさを活かした日本酒を造りたいと考え、清泉川を創業しました。当初は、小さな蔵でしたが、佐藤氏の努力によって清泉川は次第に大きくなり、全国にその名を轟かす酒蔵となりました。 清泉川は、創業以来、伝統的な製法を守りながら日本酒を醸造しています。清泉川の日本酒は、すべて手作業で造られており、一瓶一瓶に杜氏の魂が込められています。清泉川の日本酒は、全国の酒蔵の中でもトップクラスの品質を誇っており、数々の賞を受賞しています。
施設名・ロケ地

「佐竹家住宅」の魅力と歴史

佐竹家住宅の建築様式と特徴 佐竹家住宅は、江戸時代初期に建てられた武家屋敷で、国の重要文化財に指定されています。この住宅は、木造平屋建ての建物で、切妻造りの屋根が特徴です。また、玄関には式台があり、室内には畳敷きの部屋が数多くあります。さらに、この住宅には、蔵や庭園などの付属建物もあります。佐竹家住宅は、当時の武士の生活の様子を知ることができる貴重な建物です。 佐竹家住宅の建築様式は、江戸時代初期の武家屋敷に典型的なものです。この住宅は、木造平屋建ての建物で、切妻造りの屋根が特徴です。また、玄関には式台があり、室内には畳敷きの部屋が数多くあります。さらに、この住宅には、蔵や庭園などの付属建物もあります。武家屋敷は、武士が生活するために建てられた邸宅であり、その建築様式は武士の生活様式を反映しています。武家屋敷は、一般的に木造平屋建ての建物で、切妻造りの屋根が特徴です。また、玄関には式台があり、室内には畳敷きの部屋が数多くあります。さらに、武家屋敷には、蔵や庭園などの付属建物があります。蔵は、米などの食料を貯蔵するために使用され、庭園は、武士が休憩や歓談をする場所として使用されました。
施設名・ロケ地

「太鼓橋」の由来と歴史

「太鼓橋」の構造と特徴 太鼓橋は、その名の通り、太鼓のような形状をしており、橋の真ん中部分が盛り上がっているのが特徴です。この形状は、荷車や牛車などの重量に耐えられるように設計されており、また、橋の両端が低くなっているため、水害時に橋が水没しても、橋の真ん中部分は水上に出ているため、通行ができなくなります。 太鼓橋の構造は、一般的に、木製の橋脚と橋桁で構成されています。橋脚は、橋の両端と真ん中に設置され、橋桁を支えています。橋桁は、橋脚の上に渡され、橋の床を形成しています。太鼓橋の床は、木製の板を並べたものが一般的ですが、中には、石やコンクリートで舗装されたものもあります。 太鼓橋の長さは、数メートルから数十メートルまでさまざまですが、一般的には、10メートルから20メートル程度のものが多く見られます。また、太鼓橋の幅は、1メートルから2メートル程度のものが多いですが、中には、それ以上の幅のものもあります。 太鼓橋は、その特徴的な形状と構造から、古くから親しまれてきた橋です。現在でも、日本各地に多くの太鼓橋が残されており、観光スポットとして人気を集めています。
モノの名前

米沢新聞の歴史と特長

米沢新聞は、山形県米沢市で発行されている地方新聞です。1876年(明治9年)に創刊され、現在は株式会社米沢新聞社が発行しています。米沢新聞の歴史は、日本の新聞史においても重要な位置を占めており、その創刊と発展は、日本の新聞界の発展に大きな影響を与えました。 米沢新聞は、1876年(明治9年)に、米沢藩士であった佐藤信淵によって創刊されました。佐藤信淵は、日本の近代化を推進する思想家であり、米沢新聞を創刊した目的は、米沢藩の近代化を促進することであったといわれています。米沢新聞は、創刊当初から、米沢藩の近代化を推進する記事を多く掲載し、米沢藩の発展に貢献しました。 米沢新聞は、創刊から数年で、米沢藩内での発行部数を伸ばし、1881年(明治14年)には、山形県内全域に発行部数を拡大しました。米沢新聞は、山形県内初の県域新聞であり、山形県民の間に大きな影響力を持ちました。米沢新聞は、山形県の近代化を推進する記事を多く掲載し、山形県の発展に貢献しました。 米沢新聞は、1941年(昭和16年)に、戦時統合により、山形新聞と合併して、山形民報となりました。しかし、米沢新聞の伝統は、山形民報に引き継がれ、山形民報は、現在に至るまで、山形県内最大の地方新聞として発行されています。
地名・ロケ地

湖畔の山菜宝庫「梅花里湖」

梅花里湖は、山菜の宝庫として知られています。春になると、湖畔の山々には、さまざまな山菜が顔を出します。中でも、タラの芽やコシアブラ、フキノトウなどは、特に人気があります。 タラの芽は、タラの木の新芽で、天ぷらや炒めものにして食べられます。コシアブラは、コシアブラの木の新芽で、天ぷらや和え物にして食べることができます。フキノトウは、フキの蕾で、天ぷらや汁物にして食べることができます。 また、梅花里湖周辺の山々には、ヤマウドやゼンマイ、ワラビなども自生しています。ヤマウドは、ウドの根茎で、煮物や炒め物にして食べられます。ゼンマイは、ゼンマイ科のシダ植物で、煮物や和え物にして食べられます。ワラビは、ワラビ科のシダ植物で、煮物や和え物にして食べられます。 これらの山菜は、いずれも栄養価が高く、春の味覚として親しまれています。梅花里湖を訪れた際には、ぜひ山菜料理を味わってみてください。
施設名・ロケ地

鳥海で自然と食を満喫!

鳥海道の駅のおすすめポイント 鳥海山を望む美しい立地に位置する鳥海道の駅は、地元の特産品を販売する売店やレストラン、展望台などがあり、観光客に人気のスポットです。道の駅の魅力の一つは、地元の新鮮な野菜や果物を購入できることです。朝市では、旬の野菜や果物が並び、地元のおばちゃんが元気よく呼び込みをしています。また、道の駅には、地元の特産品を販売する売店があり、鳥海山の麓で育った米や、新鮮な魚介類、山の幸など、さまざまな商品を購入することができます。 道の駅のもう一つの魅力は、地元の食材を使ったレストランがあることです。レストランでは、鳥海山の麓で育った米を使ったおにぎりや、地元の魚介類を使った海鮮丼など、さまざまな料理を味わうことができます。また、道の駅には、展望台があり、鳥海山や日本海を一望することができます。天気の良い日には、鳥海山の雄大な姿や、日本海の青さを楽しむことができます。
モノの名前

九郎左衛門 | 伝統と革新が紡ぐ山形の銘酒

-九郎左衛門の歴史と由来- 九郎左衛門は、山形県東置賜郡高畠町に蔵を構える老舗の酒蔵です。その歴史は、江戸時代初期の寛永年間まで遡ります。創業者は、九郎左衛門を名乗った僧侶でした。九郎左衛門は、酒造りの技術を学び、高畠町で酒造りを始めました。 九郎左衛門は、創業以来、伝統的な酒造りの手法を守り続けてきました。その中でも特に大切にしているのが、地元の米と水を使用することです。高畠町は、良質な米と水が豊富な土地として知られており、九郎左衛門の酒造りに欠かせない原料となっています。 九郎左衛門の酒造りの特徴は、低温発酵にあります。低温発酵は、時間と手間がかかりますが、日本酒の雑味や苦味を抑え、まろやかで飲みやすいお酒に仕上げることができます。 九郎左衛門は、伝統的な酒造りの手法を守りながらも、新しいことに挑戦する姿勢も持ち合わせています。近年では、新たな銘柄の開発や、海外への輸出にも取り組んでいます。 九郎左衛門は、伝統と革新が紡ぐ山形の銘酒として、全国各地で愛されています。
モノの名前

「タップ」とは?1974年FIFAワールドカップのマスコット

-「タップ」誕生の背景- 1974年FIFAワールドカップは、西ドイツ(現在のドイツ)で開催された第10回目のFIFAワールドカップである。この大会のマスコットは、森の妖精「タップ」だった。 「タップ」は、大会組織委員会が子供たちに公募したデザインをもとに作られた。公募には数多くの応募があり、その中から最終的に選ばれたのが、当時10歳の少年、ウルリッヒ・シュメルツァーのデザインだった。 ウルリッヒのデザインは、森の妖精をイメージしたもので、白い髪と青い目をした少年が、緑色の葉っぱの服を着ている姿だった。少年は、手にサッカーボールを持っており、その姿は大会の開催国である西ドイツの自然とサッカーを象徴していた。 「タップ」は、大会期間中、さまざまなイベントに登場し、大会を盛り上げた。また、「タップ」は、大会のポスターやパンフレットにも使用され、大会のシンボルとして広く親しまれた。 「タップ」は、1974年FIFAワールドカップのマスコットとして、大会を盛り上げた。そして、「タップ」は、今もなお、多くの人々の記憶に残る、愛らしいマスコットとして知られている。
モノの名前

尾花沢すいか糖について

尾花沢すいか糖とは、山形県尾花沢市で生産されている伝統的な和菓子である。尾花沢すいか糖の歴史は古く、江戸時代初期にまで遡る。当時は、砂糖の代わりに水飴を使って作られていたため、「水飴すいか」と呼ばれていた。その後、時代の流れとともに砂糖の使用量が増え、現在の尾花沢すいか糖の原型が完成したと言われている。 尾花沢すいか糖は、すいかの形を模した落雁で、周りはカリッとした食感、中はしっとりとした食感が特徴である。また、すいかの皮の部分を模して緑色の砂糖がまぶされているのも特徴である。尾花沢すいか糖は、見た目は可愛らしく、味は上品な甘さで、老若男女問わず愛されている。
地名・ロケ地

弁天島の魅力をあますことなくご紹介!

弁天島の成り立ちと歴史 弁天島は、東京都中央区佃に位置する人工島です。1657年(明暦3年)の大火後、江戸城の拡張に伴って隅田川を埋め立てた際に生まれた島です。弁天島という名前は、島内に弁財天を祀る弁天社があったことに由来しています。弁天社は、弁財天を祀る神社で、弁財天は、音楽、芸能、財福などの神様です。弁天島は、江戸時代から庶民の行楽地として親しまれてきましたが、明治時代以降は工場や倉庫が立ち並ぶ工業地帯となりました。しかし、近年では、工場や倉庫が移転し、跡地にマンションや商業施設が建設されて、弁天島は再び注目を集めています。
モノの名前

「置賜紬」の魅力と歴史

「置賜紬」の歴史は古く、平安時代後期に遡ります。奥州藤原氏が置賜地方を治めていた時代に、中国から伝わった絹織物の技術をもとに、この地で独自の織物が作られるようになりました。これが「置賜紬」の起源と言われています。 鎌倉時代になると、置賜紬は朝廷に献上されるようになり、その名声は全国に広まりました。室町時代には、置賜紬は京都の西陣織や金沢の加賀友禅と並ぶ、日本三大織物の一つに数えられるようになりました。 江戸時代になると、置賜紬は庶民の間にも広まり、日常着として愛されるようになりました。また、この頃には置賜紬の生産量も増大し、置賜地方は日本の有数の織物産地となりました。 明治時代になると、置賜紬は海外にも輸出されるようになりました。欧米諸国で「置賜シルク」として人気を集め、日本の代表的な輸出品の一つとなりました。 大正時代には、置賜紬は皇室御用達となり、その品質と美しさは高く評価されました。また、この頃には置賜紬の生産技術もさらに向上し、より精巧な織物が作られるようになりました。 昭和時代になると、置賜紬は日本の伝統工芸品に指定されました。また、この頃には置賜紬の生産量もピークに達し、置賜地方は日本の最大の織物産地となりました。 しかし、昭和30年代以降、日本の産業構造が大きく変化し、置賜紬の生産量は減少の一途をたどりました。安い海外製の織物が大量に輸入されるようになり、置賜紬は価格競争に敗れてしまいました。 現在、置賜紬の生産量は非常に少なくなり、その存続が危ぶまれています。しかし、伝統の技を守り続けようとする有志の人々によって、置賜紬の復興を目指した取り組みが行われています。
モノの名前

「羽陽富久鶴」の魅力を探る

創業天保元年の老舗酒蔵が生み出す伝統の銘酒 「羽陽富久鶴」は、山形県鶴岡市にある老舗酒蔵「羽陽酒造」が醸す銘酒です。羽陽酒造は、天保元年(1830年)に創業し、以来200年以上にわたって日本酒を醸し続けてきました。 羽陽酒造は、地元鶴岡の自然豊かな環境と良質な水に恵まれ、伝統的な酒造りの技法を守りながら、常に新しい日本酒を追求しています。羽陽富久鶴は、そんな羽陽酒造の伝統と革新の精神が込められた銘酒です。 羽陽富久鶴は、米の旨味と甘みがしっかりと感じられる、飲みごたえのあるお酒です。また、キレの良い後味で、食事にもよく合います。羽陽富久鶴は、冷やして、または燗にして飲むのがおすすめです。 羽陽富久鶴は、全国各地の酒蔵が参加する「全国新酒鑑評会」で、最高位の「金賞」を受賞したこともある、実力派の銘酒です。羽陽富久鶴は、山形県の地酒を代表する銘酒として、全国各地で愛されています。
モノの名前

尾花沢の雪のように白い「雪すいか」は山形県の特産和菓子

雪すいかの歴史と起源 雪すいかは、山形県尾花沢市の特産和菓子です。その名の通り、雪のように白い求肥で包まれたスイカの形をしたお菓子です。雪すいかの起源は、江戸時代中期にさかのぼります。 当時は、尾花沢市周辺でスイカがよく栽培されており、そのスイカを使って様々な和菓子が作られていました。その中のひとつが、雪すいかでした。雪すいかは、スイカの果汁を寒天で固めたものを求肥で包んだお菓子で、その見た目はまるでスイカそのものでした。 江戸時代後期になると、雪すいかは尾花沢市の名物として知られるようになり、多くの人々に愛されるようになりました。明治時代には、雪すいかは全国各地に広まり、現在では、山形県を代表する和菓子のひとつとなっています。 雪すいかは、その見た目と味から、多くの人々に愛されています。雪のように白い求肥は、柔らかくもちもちとした食感で、スイカ果汁を寒天で固めた中の餡は、あっさりとした甘さで、暑い夏にぴったりのお菓子です。
施設名・ロケ地

米沢で楽しむ道の駅の魅力

米沢の道の駅の概要 米沢市には、道の駅が4つあります。それぞれが地域の魅力を色濃く反映した施設となっており、新鮮な地元野菜や果物を購入できる直売所や、地酒や工芸品を扱う店舗など、さまざまなお店が軒を連ねています。また、休憩所やレストラン、公園などを併設した道の駅もあり、ドライブの途中で立ち寄ってひと休みするのに最適なスポットとなっています。 米沢の道の駅の魅力は、なんといってもその豊富な品揃えにあります。新鮮な地元野菜や果物を購入できる直売所は、地元の人たちだけでなく、観光客にも人気です。また、地酒や工芸品を扱う店舗では、米沢ならではの特産品を購入することができます。 米沢の道の駅は、地元の人たちと観光客との交流の場にもなっています。直売所では、地元のおばあちゃんが育てた野菜や果物を購入することができますし、店舗では、地元の職人さんが作った工芸品を購入することができます。また、休憩所やレストランでは、地元の人たちと交流しながら食事を楽しむことができます。 米沢の道の駅は、ドライブの途中で立ち寄ってひと休みするのに最適なスポットです。休憩所には、椅子やテーブルが設置されているので、ここで食事をしたり、休憩したりすることができます。また、公園併設の道の駅では、子供たちが遊んだり、走り回ったりすることができます。
地名・ロケ地

弁天島:鼠ヶ関港に浮かぶ不思議な島

弁天島の歴史と伝説 弁天島は、鼠ヶ関港に浮かぶ小さな島で、古くから信仰の対象となってきました。弁天島には、弁財天を祀った祠があり、弁財天は、音楽や芸能、財運の神として知られています。弁天島は、弁財天の島として、また、鼠ヶ関港のシンボルとして、多くの人々に親しまれています。 弁天島には、いくつかの伝説が残されています。その一つは、弁財天が、弁天島に降り立った際に、島の中央に岩を立て、その岩に琴を置いたという伝説です。この岩は、弁天岩と呼ばれ、弁天島のシンボルとなっています。弁天島には、また、弁財天が、鼠ヶ関港にやって来た漁師を救ったという伝説も残されています。この伝説は、弁天島が、漁師の守り神であることを物語っています。 弁天島は、鼠ヶ関港のシンボルであり、信仰の対象であるとともに、多くの伝説が残る島です。弁天島を訪れると、その歴史と伝説に触れ、海の美しさを感じることができます。
施設名・ロケ地

山形の「白い森おぐに湖」の魅力

「白い森おぐに湖」のなりたち 「白い森おぐに湖」は、山形県小国町にある人工湖です。小国町は、山形県の南東部に位置する町で、面積は607.28平方キロメートルです。人口は約9,000人で、主産業は農業と林業です。小国町には、多くの山々があり、その中でも標高1,405メートルの黒森山は、小国町最高峰の山です。また、小国町には、多くの湖があり、その中でも、「白い森おぐに湖」は、小国町最大の湖です。 「白い森おぐに湖」は、1967年に完成したダムによって作られた人造湖です。ダムの建設目的は、発電と洪水防止です。ダムの建設により、小国町に大きな被害をもたらした水害を防ぐことができました。また、ダムによって発電が行われるようになったため、小国町の発展に貢献しました。 「白い森おぐに湖」は、その名の通り、湖畔に白い森が広がっています。白い森は、ブナの木林で、冬になると雪化粧をして、とても美しい景色を見ることができます。「白い森おぐに湖」は、春夏秋冬、どの季節でも楽しむことができる観光スポットです。湖畔には遊歩道が整備されており、湖畔を散策しながら、自然を満喫することができます。また、「白い森おぐに湖」には、ボート遊びや釣りを楽しむこともできます。
施設名・ロケ地

「月山ダム」の役割と特徴

「月山ダム」の歴史と建設の経緯 月山ダムは、山形県最上郡大蔵村にある重力式コンクリートダムである。最上川本流に建設され、1967年に完成した。高さは102.0メートルで、堤体積は319万立方メートルである。貯水量は1億2,800万立方メートルで、東京ドーム約27杯分にあたる。 月山ダムの建設は、最上川の治水と利水を目的として行われた。最上川は、山形県内を流れる日本三大急流のひとつであり、古くから洪水被害をもたらしてきた。また、最上川は灌漑用水としても重要な役割を果たしており、旱魃時には水不足に陥ることがあった。 月山ダムの建設により、最上川の洪水被害は大幅に減少した。また、ダムの貯水を利用することで、灌漑用水としても安定的に供給することができるようになった。さらに、月山ダムは発電にも利用されており、水力発電所で年間約1億6,000万キロワット時の電力を発生している。 月山ダムの建設は、最上川流域の治水と利水に大きく貢献しており、山形県の重要なインフラのひとつとなっている。
施設名・ロケ地

徳良池と花笠踊り

-徳良池の歴史- 徳良池は、富山県魚津市にある貯水池です。1932年(昭和7年)に完成し、現在では魚津市の上水道や農業用水として利用されています。また、徳良池は観光地としても人気が高く、毎年4月には「花笠踊り」という伝統芸能が奉納されます。 徳良池が作られる以前、この地域は度々洪水や干ばつに悩まされていました。そこで、1920年代に徳良池の建設工事が着工されました。徳良池の建設には、地元の人々が協力し、1932年に完成しました。 徳良池は、高さ32メートル、長さ210メートルのコンクリートダムによってせき止められています。貯水量は約1,000万立方メートルで、魚津市の上水道や農業用水として利用されています。また、徳良池は観光地としても人気が高く、毎年4月には「花笠踊り」という伝統芸能が奉納されます。 花笠踊りは、徳良池の建設を祝うために始まったと伝えられています。花笠踊りは、頭にかごを乗せ、その上に花を飾った笠をかぶり、太鼓や笛に合わせて踊る踊りです。花笠踊りは、徳良池の観光名物として人気があり、毎年多くの観光客が訪れます。
モノの名前

山形県米沢市発祥の伝統野菜「窪田茄子」

窪田茄子は山形県米沢市発祥の伝統野菜です。その特徴は、果皮が薄く、果肉が柔らかく、甘みがあることです。また、細長く、果重は約100gと小ぶりなことも特徴です。窪田茄子の由来は、江戸時代初期に、米沢藩の武士である窪田勘兵衛が京都から持ち帰った茄子を育てたのが始まりと言われています。窪田勘兵衛は、この茄子の種を村人に分け与えたため、米沢市一帯に広まりました。窪田茄子は、米沢市の特産品として知られており、夏になると、市内各地で販売されています。
施設名・ロケ地

能登屋旅館のノスタルジックな魅力と歴史

銀山温泉のシンボル的存在、能登屋旅館の魅力 能登屋旅館は、銀山温泉のシンボル的存在であり、そのノスタルジックな魅力は多くの人を魅了しています。木造3階建ての建物は、大正12年に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されています。旅館の正面には、創業当時の看板である「能登屋旅館」の文字が大きく掲げられており、その歴史を感じさせる佇まいです。 能登屋旅館の客室は、全10室と小規模ですが、そのどれもが趣向を凝らしており、銀山温泉の風情を存分に味わうことができます。客室には、囲炉裏や檜風呂が備え付けられており、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。また、旅館には大浴場があり、銀山川の清流を眺めながら入浴を楽しむことができます。 能登屋旅館の魅力は、そのノスタルジックな魅力に加えて、おもてなしの心にもあります。旅館のスタッフは、とても親切でフレンドリーで、銀山温泉の観光スポットやグルメスポットなど、さまざまな情報を教えてくれます。また、旅館では、地元の食材を使った郷土料理を楽しむことができ、その素朴な味わいは、旅の疲れを癒してくれます。 能登屋旅館は、銀山温泉のシンボル的存在であり、そのノスタルジックな魅力と、おもてなしの心で、多くの人を魅了しています。銀山温泉に訪れた際には、ぜひ能登屋旅館に宿泊して、そのノスタルジックな世界を満喫してみてはいかがでしょうか。