山田錦

モノの名前

酒造好適米「華想い」の魅力と特徴

「華想い」は、酒造好適米の中でも非常に優れた品質を誇る品種です。特徴としては、まずその大きさにあります。「華想い」は、他の酒造好適米と比較して、米粒が大きく、またタンパク質含有量も低いため、雑味が少なく、すっきりとした飲み口を実現しています。 また、「華想い」は、その名の通り、華やかな香りを持ち合わせています。これは、「華想い」が、吟醸酒の原料として最適な品種であることを意味しています。吟醸酒は、酒造好適米を低温で長時間発酵させることで、華やかな香りを引き出したお酒です。 さらに、「華想い」は、その甘さも特徴的です。これは、「華想い」が、デンプン含有量が高いことが原因です。デンプンは、糖質の一種であり、甘味成分として働きます。そのため、「華想い」で造られたお酒は、甘味のある飲み口が特徴です。 最後に、「華想い」は、その耐病性に優れていることも挙げられます。「華想い」は、他の酒造好適米と比較して、病気にかかりにくい品種です。そのため、「華想い」は、安定した品質のお酒を造ることができる品種として、多くの酒蔵から支持されています。
モノの名前

酒造好適米「ひより」とは?

「ひより」は、山形県で開発された酒造好適米です。2007年(平成19年)に品種登録され、酒造りには欠かせない要素であるタンパク質の含有量が7.0%以下と、酒造りに適したお米となっています。また、「ひより」は心白が大きく、心白率が60%以上あります。これは、米の中心部分である心白が多いことで、酒造りの際に雑味が出にくく、よりすっきりとした味わいの日本酒を作ることができるという特徴があります。 さらに、「ひより」は、耐冷性と耐病性に優れているため、栽培しやすいという特徴もあります。このため、近年では山形県だけでなく、他の地域でも栽培されるようになってきています。また、「ひより」は、大粒で炊き上がりも良く、そのまま食べてもおいしいお米です。しかし、その特徴を生かして日本酒造りにも適しているため、酒造好適米としての需要が高まっています。
モノの名前

幻の酒米「誉富士」の魅力を探る

山田錦から生まれた稀少品種「誉富士」 誉富士は、山田錦を母、五百万石を父として交配して生まれた酒米です。山田錦の特徴である上品な香りと、五百万石の粘り強さを受け継いでいます。酒造好適米に指定されてはいますが、栽培が難しく、希少品種となっています。 誉富士は、山田錦よりも大粒で、タンパク質含有量も高めです。そのため、山田錦よりも精米歩合を高くすることができ、よりクリアで軽快な味わいの日本酒を醸造することができます。また、誉富士は山田錦よりもアミノ酸含有量が高いため、旨味のある日本酒を醸造することができます。 栽培が難しい理由は、倒れやすく、病害虫にもかかりやすいからです。倒れやすいのは、茎が細くて弱いからです。病害虫にもかかりやすいのは、葉が薄くて柔らかいからです。そのため、栽培には手間とコストがかかり、希少品種となっています。 しかし、誉富士で醸造された日本酒は、上品な香りと旨味のある味わいが特徴で、日本酒ファンに高く評価されています。
モノの名前

老舗の味を堪能しよう!「伝匠月桂冠」の魅了

「伝匠月桂冠」の歴史と特徴 「伝匠月桂冠」のルーツは、江戸時代までさかのぼります。初代の名工「月桂冠」が、京都で創業したことから始まりました。月桂冠は、独自の製法で、口当たりの柔らかな純米酒を生み出しました。この酒は、地元の人々から愛され、江戸時代には、全国にその名を知られるようになりました。 明治時代になると、月桂冠は、近代的な醸造設備を導入し、生産量を拡大しました。また、海外にも進出し、世界各国で愛されるようになりました。その後、大正時代、昭和時代と、月桂冠は、常に日本の日本酒業界を牽引する存在であり続けました。 現在、「伝匠月桂冠」は、月桂冠の伝統と革新を受け継ぐブランドとして、国内外で愛されています。伝匠月桂冠は、厳選された米と水を使用し、独自の製法で丁寧に醸造されています。その味は、まろやかで、芳醇であり、日本酒の最高峰と称されています。 また、伝匠月桂冠は、デザインにもこだわっています。ボトルには、月桂冠の紋章である「桂冠」が描かれており、高級感があります。また、贈り物として最適な桐箱入りも用意されています。
モノの名前

華祥風の魅力を徹底解説!

華祥風とは? 華祥風とは、南宋時代前後に誕生した中国の陶磁器の一種です。主に青磁や白磁に、花や鳥、山水などの絵付けが施されています。華祥風の最大の特徴は、その繊細で美しい絵付けです。筆致は細く、色彩は鮮やかで、まるで絵画のような美しさを持っています。また、華祥風の多くは、透かし彫りや象嵌などの技法も施されており、より華やかな印象を与えます。 華祥風は、宋代の文化や芸術を色濃く反映した陶磁器です。宋代は、中国の歴史上、最も繁栄した時代の一つであり、華祥風もまた、その繁栄を象徴する工芸品です。華祥風は、中国国内だけでなく、日本や朝鮮半島、東南アジアなどにも輸出され、広く愛好されました。
モノの名前

「竹林」の味わいと特徴

-「竹林」の由来と歴史- 竹林は、竹が生い茂る森のことです。竹は、イネ科の多年草で、地下茎から新しい竹が生えることで繁殖します。竹は、その成長の早さから、古くから日本では親しまれてきた植物であり、竹林は、その竹の美しさを楽しむことができる場所として、多くの観光客を魅了しています。 竹林の歴史は、古く、日本では、縄文時代から竹が利用されていたことがわかっています。竹は、その強靭さとしなやかさから、建築や家具、日用品など、さまざまな用途に使われてきました。また、竹林は、古くから、神々が住む場所として信仰されてきました。竹林は、神秘的な雰囲気が漂う場所であり、今でも、多くの神社や仏閣には竹林があります。 竹林は、日本各地にありますが、中でも、京都の嵐山や、奈良の吉野、静岡の修善寺などの竹林は、その美しさで知られています。これらの竹林は、観光客に人気のスポットであり、年間を通して多くの観光客が訪れます。 竹林は、その美しさと、その歴史から、多くの人に愛されている場所です。竹林は、日本の文化や歴史を知る上で欠かせない存在であり、今後も、多くの観光客を魅了し続けるでしょう。
モノの名前

金紋錦とは?信交318号の歴史と特徴

-金紋錦の生い立ちと歴史- 金紋錦は、日本で作られている錦織物の一種です。金糸を緯糸に使い、絹糸を縦糸にして織られています。華やかな文様が特徴で、高級感があります。金紋錦は、平安時代から作られており、貴族や武家を中心に愛用されてきました。江戸時代には、金紋錦は庶民にも広まり、着物や帯の材料として使われるようになりました。明治時代以降、金紋錦は輸出され、海外でも人気を博しました。現在でも、金紋錦は日本の伝統工芸品として高く評価されており、着物や帯、インテリア用品などに用いられています。 金紋錦の生産地は、主に京都と西陣です。京都は、平安時代から金紋錦の生産が盛んな地域で、現在でも多くの金紋錦職人が活躍しています。西陣は、江戸時代から金紋錦の生産が盛んな地域で、現在でも多くの金紋錦工場があります。 金紋錦は、伝統的な製法で作られています。まず、金糸と絹糸を染め上げます。次に、金糸を緯糸に、絹糸を縦糸にして織り上げ、柄を表現します。金紋錦は、金糸を緯糸に使うため、とても華やかで豪華な織物です。また、絹糸を縦糸にすることで、しなやかで柔らかい風合いに仕上がります。 金紋錦は、着物をはじめ、帯、インテリア用品など、様々な製品に使用されています。華やかな文様と高級感は、特別な日の装いや、お部屋のインテリアにぴったりです。
モノの名前

山酒4号とは?酒造好適米の品種の特性と歴史

山酒4号の特徴とその魅力 山酒4号は、酒米として優れているだけでなく、食味も良好です。酒米として使用した場合、上品な香りと柔らかな甘みがあり、また、冷めても美味しくいただけます。食味としては、適度な粘りと弾力があり、甘みが強く冷めても硬くなりにくいので、おにぎりや炊き込みご飯などにも適しています。 また、山酒4号は耐冷性と耐病性に優れているため、各地で安定した収量を確保することができます。近年では、温暖化の影響で酒米の栽培が難しくなっている地域でも、山酒4号が栽培されるようになり、酒造好適米の新たな選択肢として注目されています。
モノの名前

いにしえの舞とは?兵庫県の大関株式会社が育成した酒造好適米

いにしえの舞は、兵庫県の大関株式会社が育成した酒造好適米です。 1977年に兵庫県農業技術センターに委託し、協会19号を母、美山錦を父として交配育成され、1982年に品種登録されました。 酒造好適米としては、比較的新しい品種ですが、兵庫県や新潟県、山形県を中心に栽培されており、その良質な酒米として知られています。 いにしえの舞の特徴は、大粒で心白が大きいことです。 心白とは、米の中心部にある白い部分で、酒造りに適した成分であるでんぷんが多いため、酒米としては心白の多い品種が好まれます。 また、いにしえの舞は、タンパク質含有量が少ないため、雑味が少なく、すっきりとした味わいの酒ができるのも特徴です。 香りは穏やかで、酸味が少なく、甘味や旨味が感じられる酒ができることが多いです。 さらに、耐冷性や耐倒伏性に優れ、栽培しやすい品種でもあります。
モノの名前

萬歳紋のすべて

萬歳紋とは、その名の通り萬歳楽という伝統芸能で用いられる紋のことです。非常にユニークな柄が特徴的で、萬歳楽を演じる際に使用される衣裳につけられています。萬歳楽は、二人が掛け合い漫才をするというスタイルの伝統芸能で、江戸時代から始まったと言われています。萬歳紋は、夫婦が末長く幸せに暮らすようにと願いを込めて作られたと伝えられています。また、あらゆることに「萬歳」と祝う言葉をかけて、あらゆることに感謝するという意味も込められています。このように、萬歳紋は、縁起のよい柄として親しまれてきたのです。現在では、萬歳楽だけでなく、落語や漫才などの他の伝統芸能でも使用されるようになりました。また、そのユニークな柄から、ファッションや雑貨などにも取り入れられるようになり、広く親しまれるようになりました。
モノの名前

純米大吟醸酒「十段仕込」とは

十段仕込の製造工程 十段仕込は、その名の通り、十段階もの工程を経て製造される純米大吟醸酒です。 1. 米の選別 まず、原料となる米を厳選します。十段仕込には、最高級の酒米である山田錦を使用します。山田錦は、大粒で甘みが強く、酒造りに適したお米です。 2. 精米 米を選別したら、精米を行います。精米とは、米の外側を削り取る作業です。精米歩合とは、精米後の米の重量が、精米前の米の重量の何パーセントであるかを表す数値です。十段仕込の精米歩合は、なんと83%です。これは、米の外側を70%近く削り取っていることを意味します。 3. 洗米 精米した米は、洗米します。洗米は、米に付着している汚れや雑菌を洗い流す作業です。十段仕込では、丁寧に洗米することで、雑味がなく、クリアな味わいの日本酒に仕上げます。 4. 浸漬 洗米した米は、水に浸漬します。浸漬とは、米を水に浸しておく作業です。浸漬時間は、米の品種や精米歩合によって異なります。十段仕込では、山田錦を83%まで精米しているため、浸漬時間は長めに設定されています。 5. 蒸米 浸漬した米は、蒸米します。蒸米とは、米を蒸す作業です。蒸米することで、米のデンプンを糊化させ、糖化しやすくなります。十段仕込では、専用の蒸米機を使用することで、米をムラなく蒸すことができます。 6. 製麹 蒸した米は、製麹します。製麹とは、米に麹菌を繁殖させる作業です。麹菌は、デンプンを糖化させる働きを持っています。十段仕込では、専用の製麹室を使用することで、麹菌を均等に繁殖させることができます。 7. 仕込み 製麹した米は、仕込みを行います。仕込みとは、麹菌の働きで糖化された米と水を混ぜ合わせる作業です。十段仕込では、十段階に分けて仕込みを行います。この十段階の仕込みが、十段仕込という名前の由来です。 8. 発酵 仕込んだ醪は、発酵させます。発酵とは、酵母菌の働きで糖分をアルコールと炭酸ガスに分解する作業です。十段仕込では、専用のタンクを使用することで、醪を一定の温度で発酵させることができます。 9. 圧搾 発酵が終わった醪は、圧搾します。圧搾とは、醪から日本酒を搾り出す作業です。十段仕込では、専用の圧搾機を使用することで、丁寧に日本酒を搾り出します。 10. 火入れ 搾り出した日本酒は、火入れを行います。火入れとは、日本酒を加熱して雑菌を殺す作業です。十段仕込では、専用の火入れ機を使用することで、日本酒をムラなく火入れします。
モノの名前

不知火の甘みを感じられる酒米「西海134号」

西海134号の特徴は、何といってもその甘さにあります。一般的な酒米は、デンプンが主成分ですが、西海134号は甘味成分であるオリゴ糖が豊富に含まれています。このため、西海134号で造られた日本酒は、フルーティーな香りとほのかな甘みが特徴です。また、西海134号はタンパク質含有量が少ないため、キレのある飲み口の日本酒になります。 西海134号は、熊本県の特産米である「不知火」の原種を交配して生まれた酒米です。不知火は、果物のような甘みが特徴のお米で、西海134号もその甘さを引き継いでいます。西海134号は、2013年に品種登録され、現在では熊本県や鹿児島県を中心に栽培されています。 西海134号は、酒造好適米として非常に優秀な品種です。その甘さとキレのある飲み口は、日本酒愛好家から高い評価を受けています。西海134号で造られた日本酒は、全国の酒販店や飲食店で購入することができます。
モノの名前

酒米「山田錦」の魅力

山田錦の特徴 山田錦は、酒米の中でも最高級品種と称される品種です。酒造好適米の最高峰として名高く、全国の酒米生産量の約半分を占めています。山田錦は、大粒で心白が大きく、タンパク質含有量が少ないのが特徴です。心白とは、玄米の中心にある白い部分で、デンプン質が多く、お酒の旨味や甘みを生み出します。タンパク質含有量が低いと、雑味が少なく、すっきりとした飲み口のお酒になります。また、山田錦は、栽培が難しく、収量も少ないため、希少価値が高いです。このような特徴から、山田錦は、多くの酒蔵で重宝されており、全国各地で名酒を生み出しています。
モノの名前

「実楽山田錦」:兵庫の純米酒

兵庫県、三木市吉川町特A地区産の山田錦は、兵庫県三木市吉川町特A地区で栽培された山田錦のことです。この山田錦は、気候風土に恵まれた三木市吉川町特A地区で、農家が丹精込めて栽培しています。その結果、山田錦は、大粒で心白の発達がよく、酒米として最適な品質となっています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。 山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。山田錦は、兵庫県の特A地区の中でも、品質が特に優れた地区として知られており、山田錦の最高峰と称されています。
モノの名前

スーパー酒米「兵庫錦」の魅力

兵庫錦の生い立ちと特徴 兵庫錦は、兵庫県農業技術センターが1986年に開発した酒米です。兵庫県の特産米である山田錦と、京都府の酒米である祝を掛け合わせて誕生しました。山田錦の特徴である酒造適性を引き継ぎながら、祝の特徴である耐冷性と耐病性を強化しています。 兵庫錦は、山田錦よりも背丈が低く、穂が短いため栽培管理が容易です。また、山田錦よりも耐冷性と耐病性が強く、倒伏しにくいという特徴があります。収穫量は山田錦よりもやや少なめですが、酒造適性は山田錦と同等かそれ以上と評価されています。 兵庫錦で作られた日本酒は、山田錦で作られた日本酒よりも淡麗辛口の傾向があります。また、山田錦で作られた日本酒よりも香りが高く、フルーティーな味わいが特徴です。兵庫錦は、日本酒の品質を向上させる酒米として注目されており、近年では多くの酒蔵で採用されています。
モノの名前

美郷錦のすべて

美郷錦の特徴 美郷錦は、やや大粒で被銀性に富み、穏やかな芳香があるのが特徴です。米粒は丸く、心白が大きく、外観は非常に優れています。また、粘りとコシが強く、冷めても美味しいのが特徴です。味は淡麗でありながら、旨味とコクがあり、ほんのりとした甘みがあります。酒造適性も高く、様々な種類の日本酒を醸造することができます。 美郷錦は、新潟県で開発された酒造好適米です。1985年に「越後独楽」と「五百万石」を交配させて育成されました。2004年に品種登録され、新潟県を中心に栽培されています。美郷錦は、新潟県の特Aランク米に指定されており、県内の酒蔵で多く使用されています。 美郷錦は、栽培が難しく、収穫量も少ないため、希少価値が高いお米です。しかし、その分、味と品質は折り紙付きです。美郷錦で醸造された日本酒は、全国各地で高い評価を得ています。
モノの名前

「蔵の華」ってどんなお米?

蔵の華の特徴 蔵の華は低アミロース米に分類されるお米です。アミロースとはデンプンの成分のひとつ。アミロースが多いと硬めで粘りがないお米、アミロースが少ないとやわらかく粘りがあるお米になります。蔵の華はアミロースが少ないため、やわらかく粘りがある食感が特徴的です。 さらに、冷めてもおいしさを保つのも特徴のひとつ。お弁当やおにぎりにも最適です。また、蔵の華は病気に強く、栽培が容易なため、近年、農家を中心に人気が高まっています。 蔵の華はつやがあり、甘みのあるあっさりとした味わいで、とても上品な印象を受けます。お米本来の美味しさを味わう事ができます。炊き上がりはふっくらとしていて、口に入れるとほどけるような食感です。 蔵の華は粘り気が強いため、冷めてもおいしいのが特徴です。お弁当やおにぎりにも最適です。 蔵の華は病気に強く、栽培が容易なため、近年、農家を中心に人気が高まっています。 蔵の華は、江口農園をはじめ、全国各地の農家によって栽培されています。江口農園では、蔵の華を有機栽培で育てています。有機栽培とは、化学肥料や農薬を使用せずに栽培する方法です。有機栽培で育てられた蔵の華は、化学肥料や農薬による汚染を気にせず、安心して食べることができます。
モノの名前

山田錦と雄町の血を引く酒造好適米「愛山」

「愛山の誕生の背景と歴史」 山田錦と雄町という、日本酒造りにおいて欠かせない米の品種を掛け合わせて誕生したのが、酒造好適米「愛山」だ。この2つの品種の長所を受け継ぎ、山田錦のフルーティーな香りと、雄町の旨味のある味わいを併せ持つ。「愛山」は、酒造業界で「幻の酒米」とも称され、その入手は非常に困難だ。 「愛山」の歴史は、1936年に遡る。当時の農林省の酒造好適米育成委員会は、山田錦と雄町を掛け合わせて、新しい酒造好適米の育成に着手した。しかし、戦争の激化に伴い、このプロジェクトは中断を余儀なくされる。終戦後、農林省は再び「愛山」の育成に取り組み、1950年にようやく品種登録に成功した。 しかし、「愛山」の栽培は当初、難航した。山田錦と雄町という、性質の異なる品種を掛け合わせたため、収量が少なく、病害虫にも弱かった。そのため、長らく「愛山」を栽培する農家は少なかった。 だが、1980年代以降、「愛山」の品質が徐々に評価されるようになった。山田錦よりもフルーティーな香りを持ち、雄町よりも旨味のある味わいが特徴とされ、日本酒マニアの間で人気が高まった。それに伴い、「愛山」を栽培する農家も増え、現在では全国各地で生産されている。 「愛山」は、日本酒の原料米の中でも最高級の品種として知られる。その希少性と品質の高さから、幻の酒米とも称されている。
施設名・ロケ地

兵庫県「山田錦発祥のまち・多可」の 魅力を味わう

多可町の山田錦とは? 多可町は、兵庫県の中央部に位置する町です。面積は約140平方キロメートルで、人口は約2万2千人です。多可町は、山田錦発祥の地として知られており、町内には山田錦の田んぼが広がっています。山田錦は、酒米の最高峰と呼ばれており、 全国各地の酒蔵で使用されています。多可町の山田錦は、昼夜の寒暖差が大きく、水質も良好なことから、品質のよい酒米が生産されています。 多可町では、山田錦を使った日本酒が数多く生産されています。これらの日本酒は、山田錦の旨味を活かした芳醇な味わいが特長です。多可町を訪れた際には、ぜひ山田錦を使った日本酒を味わってみてください。また、多可町では、山田錦を使った料理も数多く提供されています。山田錦を使ったおにぎりや、山田錦を使った天ぷらなどが人気です。これらの料理は、山田錦のモチモチとした食感を楽しむことができます。
モノの名前

「和香牡丹」について

-原材料と製造法- 和香牡丹の原材料は、ハマナス、野イチゴ、カラスザンショウ、ウコギ、クチナシ、トウキ、オウゴン、センキュウなどの生薬です。これらの生薬は、すべて自然由来のもので、古くから薬用として使用されてきました。 和香牡丹の製造方法は、まず生薬を細かく砕き、水に溶かして煮出します。煮出した液をろ過し、濃縮させてから、型に流し込んで固めます。固まった和香牡丹は、乾燥させて完成します。 和香牡丹は、伝統的な製法で作られた生薬製剤です。生薬の力が凝縮されているため、高い効果が期待できます。また、天然由来の成分のため、副作用が少ないことも特徴です。
モノの名前

兵庫夢錦とは?特徴と歴史を解説

兵庫夢錦の特徴 兵庫夢錦は、その名の通り兵庫県で開発された酒米の一種です。父親には石川県で開発された酒米「五百万石」、母親には兵庫県で開発された酒米「山田錦」の遺伝子を有しています。 兵庫夢錦は山田錦と比べて、より大粒で、タンパク質含有量が少ないという特徴があります。そのため、山田錦よりも柔らかい口当たりと、スッキリとした味わいが特徴です。また、兵庫夢錦は山田錦よりも栽培しやすいという特徴もあり、近年では兵庫県内で広く栽培されるようになりました。 兵庫夢錦は、山田錦に比べてやや淡麗な味わいの日本酒になりますが、それでもコクと旨味を兼ね備えた、バランスの良い日本酒に仕上がります。兵庫夢錦で作られた日本酒は、全国各地で高い評価を得ており、多くの日本酒ファンに愛されています。
モノの名前

夢山水の概要と特徴

夢山水とは、中国の江南地方にある庭園の総称です。自然の景観をそのまま生かして造られた山水画のような庭園であり、その特徴は、水と山の調和、そして自然の美しさを表現しています。 夢山水の起源は、唐の時代に遡ります。唐の詩人である李白が、黄山の景色を詠んだ詩に「夢山水」というフレーズが登場したことから、この名がついたと言われています。その後、宋の時代になると、夢山水は貴族や文人たちの間で人気となり、多くの庭園が造られました。 夢山水の庭園は、通常、水と山を組み合わせた構成になっています。水は池や湖、川などであり、山は丘や岩山などです。庭園の中には、橋や亭、塔などの建築物が建てられており、それらは自然の景観と調和するように配置されています。 夢山水の庭園は、その美しさから、多くの観光客が訪れます。また、その芸術的な価値から、世界遺産にも登録されています。
その他

吟の夢の魅力に迫る

吟の夢の由来と歴史 吟の夢は、1981年に新潟県農業総合研究所で誕生しました。当時は、食味の良い酒米品種の開発を目指して、山田錦や五百万石などの優良品種を交配する研究が行われていました。その中で、山田錦と五百万石の交配から生まれたのが吟の夢です。その名称は「吟醸酒に適した、夢のような酒米」という意味が込められています。 吟の夢は、その名の通り、吟醸酒造りに適した酒米です。山田錦譲りの食味に加え、五百万石の耐寒性や耐病性も受け継いでおり、安定した品質の酒米が収穫できます。また、心白が大きく、タンパク質が少ないため、雑味が少なく、華やかな香りと味わいの吟醸酒を醸すことができます。 吟の夢は、誕生以来、全国各地の酒蔵で採用され、数々の銘酒が誕生しています。その中でも、新潟県産の吟の夢を使った吟醸酒は、特に高い評価を得ています。吟の夢は、新潟県の酒造りの発展に大きく貢献した酒米であり、今後も日本の酒文化を支えていく存在であり続けるでしょう。
モノの名前

酒造好適米吟吹雪の歴史と特徴

吟吹雪とは、秋田県が開発した酒造好適米です。1990年に秋田県農業試験場の酒造米育成チームによって育成され、1994年に品種登録されました。吟吹雪は、酒造米として重要な特徴である心白の割合が非常に高く、約25%を占めています。心白は、デンプン質が少なく、タンパク質や脂質が多い部分で、これが日本酒の香りと味わいを決める重要な要素となります。 吟吹雪は、心白の割合が高いだけでなく、心白の大きさも比較的大きく、均一なことから、精米歩合を高めても心白が残るため、より繊細で上品な味わいの日本酒を醸すことができます。また、吟吹雪は、耐冷性に優れており、東北地方の寒冷な気候でも栽培が容易です。 吟吹雪で醸された日本酒は、繊細で上品な香りと、柔らかく滑らかな味わいが特徴です。吟吹雪は、純米大吟醸酒や大吟醸酒などの高級酒の原料として最適であり、多くの蔵元から高い評価を受けています。