岐阜県

モノの名前

「宝石のしずく」のすべて

宝石のしずくとは、水晶の側面に宝石が溶け込んだような痕跡が残る現象です。これは、水晶が成長する過程で、宝石が水晶の成長過程に巻き込まれて取り込まれたためです。宝石のしずくは、水晶の成長過程の中でも、特に遅い速度で成長する時期に形成されることが多いです。 宝石のしずくは、水晶の中で最も美しい部分とされており、宝石のしずくを目当てに水晶を採掘する人もいるほどです。宝石のしずくは、水晶の価値を大きく高める要素の一つであり、宝石のしずくが入った水晶は、宝石のしずくが入っていない水晶よりも高値で取引されることが多いです。 宝石のしずくは、水晶の中で最も美しい部分とされており、宝石のしずくを目当てに水晶を採掘する人もいるほどです。宝石のしずくは、水晶の価値を大きく高める要素の一つであり、宝石のしずくが入った水晶は、宝石のしずくが入っていない水晶よりも高値で取引されることが多いです。
モノの名前

「種蔵紅かぶ」の魅力を徹底解説!

「種蔵紅かぶ」の歴史と由来 「種蔵紅かぶ」は、山形県の在来野菜の一つで、山形県最上地方で古くから栽培されてきた伝統野菜です。その歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていた記録が残っています。 「種蔵紅かぶ」という名前の由来は、種を保存していた蔵が火事によって焼失し、その蔵の中から奇跡的に種が発見されたことにちなんでいます。この種を再播種したところ、通常の蕪よりも赤い蕪が収穫できたため、「種蔵紅かぶ」と呼ばれるようになりました。 「種蔵紅かぶ」は、その鮮やかな紅色と独特の甘みが特徴です。また、煮崩れしにくく、煮物や漬物など、さまざまな料理に利用することができます。 近年では、「種蔵紅かぶ」の生産量が減少しており、その存続が危ぶまれています。しかし、地元の人々の努力により、少しずつ生産量が増加しており、伝統野菜としての復活を目指しています。
モノの名前

「へぼ飯」とは?特徴や作り方を紹介

「へぼ飯」の特徴は、なんといってもその独特の風味にあります。へぼとは、長野県や山梨県などに生息する昆虫で、昆虫食の一種です。このへぼを米と一緒に炊くことで、独特の風味が生まれるのです。へぼは、その特有の臭いから、食用にされることはほとんどありませんでしたが、「へぼ飯」は、その臭いを活かすことで、他にはない風味を作り出しています。 「へぼ飯」は、その作り方も特徴的です。まず、米をとぎ、水に浸しておきます。その間に、へぼを塩水で洗い、ぬめりをとっておきます。その後、米を炊飯器に入れ、へぼを加えて炊きます。炊き上がったら、へぼと米を混ぜ合わせて完成です。へぼの量は、お好みで調整することができます。へぼを多く入れれば、風味は強くなり、へぼを少なめに入れれば、風味が弱くなります。 「へぼ飯」は、その独特の風味から、好き嫌いが分かれる料理です。しかし、その風味にハマる人は多く、長野県や山梨県では、郷土料理として親しまれています。もし、長野県や山梨県を訪れる機会があれば、ぜひ「へぼ飯」を試してみてはいかがでしょうか?
施設名・ロケ地

「丸美リゾート飛騨 秋神高原」の魅力

「高地ならではの美しい景色」 丸美リゾート飛騨 秋神高原は、標高1,200mの高地に位置するリゾート施設です。そのため、見渡す限りの山の景色を楽しむことができます。特に、秋は紅葉が美しく、高原全体が色とりどりの葉で彩られます。また、冬は雪景色が楽しめるほか、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツも楽しむことができます。 高原は、高地に位置するため、空気も澄んでいて、星が綺麗に見えます。そのため、夜は満天の星空を眺めることができます。また、夏は避暑地として最適で、涼しく過ごしやすい気候です。 丸美リゾート飛騨 秋神高原は、美しい景色と自然を満喫できるおすすめの観光スポットです。
施設名・ロケ地

「茶の里東白川」魅力満載の岐阜県加茂郡東白川村の道の駅

岐阜県東白川村の「道の駅茶の里東白川」をご紹介! 岐阜県加茂郡東白川村に位置する「道の駅茶の里東白川」は、東白川村の特産品である「東白川茶」を筆頭に、新鮮な農産物や特産品を販売しており、地元の人の憩いの場としても人気です。また、道の駅には、東白川村の歴史や文化を学ぶことができる「東白川村郷土資料館」や、東白川茶の淹れ方を体験できる「茶の湯処」など、さまざまな施設が併設されており、東白川村の魅力を満喫することができます。
施設名・ロケ地

半布里の郷とみかの魅力

半布里の郷とみかの魅力 道の駅としての機能と特産品 半布里の郷とみかは、茨城県筑西市にある道の駅です。常磐自動車道谷田部インターチェンジから車で約5分の好立地で、県内外から多くの人が訪れます。道の駅には、農産物直売所、レストラン、休憩所、情報コーナーなどがあり、さまざまなニーズに対応しています。 農産物直売所では、新鮮な野菜や果物、地元で採れたお米や加工品などが販売されています。レストランでは、地元の食材を使った郷土料理や季節のメニューを楽しむことができます。休憩所は、ドライブの途中に一息つきたい人や、ハイキングやサイクリングの休憩場所として利用されています。情報コーナーでは、観光スポットやイベント情報などの情報を提供しています。 半布里の郷とみかの特産品は、レンコンです。レンコンは、筑西市の名産品であり、全国でも有数の生産量を誇っています。半布里の郷とみかでは、レンコンの栽培や加工が行われており、レンコンを使ったさまざまな商品が販売されています。レンコンの天ぷらやレンコンチップス、レンコン饅頭など、お土産に最適なお菓子や食品が揃っています。 また、半布里の郷とみかでは、レンコンの収穫体験や、レンコンを使った料理教室などのイベントも開催されています。レンコンの栽培や収穫について学ぶことができるので、子供連れのファミリーや、レンコンに興味がある人におすすめです。 半布里の郷とみかは、道の駅としての機能が充実しており、地元の特産品を味わうことができる魅力的なスポットです。ドライブの途中や、観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください。
モノの名前

高原山椒の魅力

-高原山椒の歴史- 高原山椒の歴史は古く、平安時代から栽培されていたという記録が残っています。当時は「山椒」と総称され、品種は区別されていませんでした。江戸時代になると、高原山椒の品種が確立され、全国各地に広まりました。明治時代以降は、海外にも輸出され、現在では世界中で愛されています。 高原山椒は、日本の固有種であり、世界でも日本でのみ栽培されています。その主な産地は、和歌山県、徳島県、高知県です。和歌山県は、高原山椒の生産量日本一を誇り、全国の約80%を生産しています。徳島県と高知県も、高原山椒の産地として知られており、それぞれの県で独自の品種を栽培しています。 高原山椒は、日本の伝統的な薬草として知られており、さまざまな効能があるとされています。例えば、消化を助けたり、血行を促進したり、抗菌作用があったりします。また、高原山椒は、料理にもよく使われ、その独特の辛味と香りが特徴です。特に、鰻の蒲焼きや天ぷらなどの料理には欠かせない存在となっています。
施設名・ロケ地

可児歌舞伎の歴史と魅力

可児歌舞伎の誕生 可児歌舞伎は江戸時代初期、美濃国可児郡(現在の岐阜県可児市)で生まれたとされています。当時は、尾張藩の領地であった可児郡では、藩主・徳川光友の命により、歌舞伎の上演が禁止されていました。しかし、地元の人々は歌舞伎を愛好しており、ひそかに上演を続けていました。 ある日、可児郡の農民たちが、年貢の納入を拒否して一揆を起こしました。一揆を鎮圧するため、尾張藩から軍勢が派遣されましたが、農民たちは頑強に抵抗しました。そこで、農民たちは一揆を盛り上げるために、歌舞伎を上演することにしました。 農民たちが上演した歌舞伎は、尾張藩の軍勢を圧倒しました。軍勢は、歌舞伎の演目に夢中になり、農民たちの襲撃を許してしまいました。こうして、農民たちは一揆に勝利することができました。 この一揆を機に、可児歌舞伎は広く知られるようになりました。尾張藩も、可児歌舞伎の上演を黙認するようになりました。そして、可児歌舞伎は、江戸時代を通じて庶民に愛好され続けました。
地名・ロケ地

八幡池|岐阜県屈指の風光明媚な溜池

八幡池の魅力を徹底解説 岐阜県屈指の風光明媚な溜池として知られる八幡池。その魅力は、なんといってもその美しい景観です。季節ごとにさまざまな表情を見せる八幡池は、訪れる人をいつも魅了してくれます。春には桜が咲き誇り、夏には緑が鮮やかになり、秋には紅葉が色づき、冬には雪化粧を施します。八幡池の周りには遊歩道が整備されており、池のほとりを散策しながら四季折々の自然を満喫することができます。また、八幡池にはボートや手漕ぎボートに乗って水上散歩を楽しむことができます。ボートの上から眺める八幡池は、また格別な美しさです。 八幡池の魅力は、その美しい景観だけではありません。八幡池には、さまざまな魚が生息しており、釣りを楽しむことができます。ブラックバス、ブルーギル、コイ、フナなど、さまざまな魚が釣れるため、釣り好きにはたまらないスポットです。また、八幡池にはキャンプ場やバーベキュー場も整備されており、家族や友人とアウトドアを楽しむことができます。八幡池は、美しい景観とさまざまなアクティビティが楽しめる、岐阜県屈指の観光スポットです。
モノの名前

「赤だつ」の魅力と活用レシピ

-「赤だつ」とは?- 「赤だつ」とは、切り干し大根を甘酢に漬け込んだ、江戸時代から続く伝統的な漬物のことです。酸味と甘味のバランスが絶妙で、歯ごたえのある食感も特徴です。全国各地で作られており、地域によって作り方や味付けに違いがあります。 「赤だつ」という名称の由来は、切り干し大根が酢に漬けられることで赤くなることからきています。また、切り干し大根の「切り」が「赤」に転訛したという説もあります。 「赤だつ」は、そのまま食べてもおいしいですが、料理のアクセントとして使ってもおいしくいただけます。例えば、サラダや酢の物に入れると、酸味と甘味が加わり、さっぱりとした味わいが楽しめます。また、炒め物や煮物に入れても、歯ごたえのある食感と風味がアクセントになり、よりおいしく仕上がります。 「赤だつ」は、常温で保存しておくと数ヶ月は日持ちします。冷蔵庫で保存すると、さらに日持ちがします。長期保存したい場合は、冷凍庫で保存することもできます。 「赤だつ」は、手軽に作れるうえ、栄養価も高く、日持ちもします。ぜひ、ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

「奥飛騨山之村寒干し大根」の伝統と保存方法

-「奥飛騨山之村寒干し大根」の歴史と特徴- 「奥飛騨山之村寒干し大根」の歴史は古く、江戸時代中期にはすでに作られていたと伝えられています。厳しい気候風土の中で育った飛騨大根を使い、寒風にさらして自然乾燥させて作る寒干し大根は、独特の甘みと旨味が特徴です。 「奥飛騨山之村寒干し大根」は、高原の澄んだ空気と寒暖差を利用して作られています。10月頃に収穫された飛騨大根を、皮をむいて細長く切り、軒下や畑などに吊るして自然乾燥させます。乾燥させることで、大根の水分が抜けて甘みと旨味が凝縮されます。 「奥飛騨山之村寒干し大根」は、そのまま食べても美味しいですが、煮物や漬物、炒め物など、様々な料理に使うことができます。また、粉末状にして、味噌汁やスープに加えても美味しくいただけます。
施設名・ロケ地

医王寺 岐阜県中津川にある浄土宗の寺院

医王寺の由来と歴史 医王寺は、平安時代末期の1182年に建立されたと伝えられています。開山者は、浄土宗の祖師である法然上人です。法然上人は、中津川を巡錫中に、この地で病に倒れ、村人に助けられました。そこで、法然上人は、村人に感謝の意を込めて、この地に医王寺を建立したとされています。 医王寺は、その後、浄土宗の寺院として栄え、多くの信徒を集めました。しかし、戦国時代には、兵火によって焼失し、江戸時代初期に再建されました。現在の本堂は、1710年に再建されたものです。 医王寺は、江戸時代には、中津川藩の祈願所として保護され、浄土宗の寺院として発展しました。また、医王寺には、多くの文化財が所蔵されており、岐阜県指定重要文化財の仏像や、国指定史跡の境内林があります。 医王寺は、浄土宗の寺院として、現在も多くの信徒を集めており、岐阜県中津川市を代表する観光スポットの一つとなっています。
施設名・ロケ地

養老ランドの魅力を徹底解説!

養老ランドの歴史と特徴 養老ランドは、岐阜県養老郡養老町にある、総面積約54万平方メートルにも及ぶ広大な観光施設です。その歴史は古く、奈良時代にはすでにこの地に温泉が湧き出ていたと伝えられています。江戸時代には、東海道の宿場町として栄え、多くの旅人がこの温泉に立ち寄りました。明治時代になると、養老ランドの温泉は「養老の湯」として全国的に知られるようになり、大正時代には、養老ランドの地に遊園地が開業しました。昭和時代には、養老ランドはさらに発展し、多くのレジャー施設が整備されました。そして、平成時代には、養老ランドにホテルが開業し、現在では、国内外から多くの観光客が訪れる人気の観光地となっています。 養老ランドの特徴は、何といってもその豊富な温泉です。養老ランドの温泉は、地下1,200メートルから湧き出るアルカリ性単純温泉で、神経痛やリウマチなどに効能があるといわれています。また、養老ランドには、遊園地や動物園、美術館などのレジャー施設も充実しており、一日中楽しむことができます。さらに、養老ランドは、岐阜県の観光地の中でも比較的アクセスが良いので、気軽に訪れることができます。
モノの名前

「西方いも」とは?岐阜県中津川市の郷土料理「芋もち」の主原料

-「西方いも」の誕生と歴史- 「西方いも」は、江戸時代中期に中津川市西方地区で生まれたとされています。当時、この地域では稲作が盛んで、米が主食でした。しかし、江戸時代の飢饉や冷害で稲作が不作になった際、米の代用食として、サトイモを栽培するようになりました。 サトイモは、収穫量が安定しており、保存性にも優れていることから、米に代わる主食として定着しました。西方地区では、サトイモをすりつぶして団子状にし、蒸したものを「西方いも」と呼ぶようになりました。 「西方いも」は、素朴な味わいと腹持ちの良さから、たちまち地元の人々に愛されるようになりました。やがて、中津川市の郷土料理として広く知られるようになり、現在では、家庭料理としてだけでなく、飲食店やイベントなどで提供されています。
モノの名前

日本の伝統工芸品「岐阜提灯」の魅力

-岐阜提灯の歴史- 岐阜提灯の起源は、江戸時代初期の1602年までさかのぼります。岐阜県美濃市に、提灯の製造を始めた職人がおり、これが岐阜提灯の始まりとされています。当初は、和紙を張った竹骨を用いたシンプルな提灯でしたが、次第に装飾的なデザインや絵柄を施した提灯が作られるようになりました。 18世紀になると、岐阜提灯は全国各地に広まり、その美しさや実用性から多くの人に愛されるようになりました。特に、江戸の町では、夜間に明かりを灯すために岐阜提灯が広く使用され、江戸の街並みに欠かせないアイテムとなりました。 また、明治時代になると、岐阜提灯は海外にも輸出されるようになり、その人気は世界中に広がりました。パリ万博やロンドン万博など、国際博覧会に出品された岐阜提灯は、その精巧なつくりと美しいデザインが高く評価され、多くの賞を受賞しました。 大正時代には、岐阜提灯の製造技術に大きな進歩がありました。電球の普及により、提灯に電気を灯すことができるようになり、より明るく、より華やかな提灯が作られるようになりました。また、機械化による大量生産が可能となり、岐阜提灯はより多くの人々に手の届くものとなりました。 昭和時代には、岐阜提灯はさらに進化を遂げました。新しい素材や技術を取り入れ、より現代的なデザインの提灯が作られるようになりました。また、伝統的な岐阜提灯を現代風にアレンジした提灯も人気を集め、岐阜提灯は幅広い層の人々に愛されるようになりました。
施設名・ロケ地

美濃白川アウトドアリゾート クオ―レふれあいの里の魅力

癒しの楽園 美濃白川アウトドアリゾート 美濃白川アウトドアリゾート クオ―レふれあいの里は、岐阜県加茂郡白川町にある自然豊かなアウトドアリゾートです。広大な敷地内には、キャンプサイト、コテージ、レストラン、温泉など、さまざまな施設が揃っており、家族や友人と過ごすのに最適な場所となっています。 中でも、特に人気なのが「癒しの楽園」と呼ばれるエリアです。ここは、広大な芝生広場があり、川が流れ、木々が茂る自然豊かな空間となっています。また、園内には、ハンモックやベンチなどが設置されており、ゆっくりとくつろぐことができます。 癒しの楽園では、夏には川遊びやキャンプ、冬には雪遊びやスノーシュー、四季折々の自然を満喫することができます。また、園内には、足湯やマッサージなどの施設も整っており、心と体を癒すことができます。 美濃白川アウトドアリゾート クオ―レふれあいの里の癒しの楽園は、自然を満喫しながら、心と体を癒すことができる最高の場所です。家族や友人と過ごす休日に、ぜひ訪れてみてください。
施設名・ロケ地

緑に囲まれた高地のキャンプ場「南乗鞍キャンプ場」の魅力

乗鞍岳の南側、標高約1600mに「南乗鞍キャンプ場」はあります。標高が高いため、夏でも涼しく、キャンプに最適な環境が整っているキャンプ場です。南乗鞍キャンプ場は、その名の通り、乗鞍岳の南側にあります。キャンプ場は、乗鞍岳と御嶽山の間に広がる標高1,600mの高地にあり、標高の高い場所にキャンプを張る「高地キャンプ」と呼ばれています。南乗鞍キャンプ場は、キャンプ以外に、登山やトレッキングなどのアウトドアアクティビティも盛んなエリアのため、多くの観光客が訪れます。冬になると、ゲレ食を味わい、スキーを楽しむこともできる、四季折々楽しめるキャンプ場でもあります。
施設名・ロケ地

飛騨の神社「大津神社」

-歴史と由来- 大津神社の歴史は古く、平安時代初期の806年に坂上田村麻呂が創建したと伝えられています。田村麻呂は、平安京遷都の際に東北地方の蝦夷を征伐した武将として知られており、その際に飛騨地方にも立ち寄ったと考えられています。大津神社は、田村麻呂が戦勝を祈願するために創建したとされており、その御祭神には、武神として知られる八幡神が祀られています。 その後、大津神社は飛騨地方の総鎮守として崇敬を集め、多くの武将や領主から崇拝されました。戦国時代には、飛騨を支配していた三木氏が大津神社を庇護し、社殿の改修や神宝の寄進を行いました。また、江戸時代には、飛騨を治めていた高山藩主が参拝するなど、大津神社は飛騨地方において重要な神社として位置付けられていました。 明治時代以降も大津神社は飛騨地方の人々に崇敬され続け、現在では、毎年多くの参拝者が訪れる飛騨を代表する神社の一つとなっています。大津神社は、国の重要文化財に指定されている本殿をはじめ、多くの貴重な建造物や宝物を所蔵しており、飛騨地方の歴史や文化を伝える貴重な神社となっています。
施設名・ロケ地

荘川高原スキー場:初心者やファミリーに最適な岐阜県のスキー場

荘川高原スキー場は、初心者やファミリーに最適な岐阜県のスキー場です。ゲレンデは非常に緩やかで、初心者でも安心して滑走することができます。また、リフト券の価格もリーズナブルで、レンタル用品も充実しているので、気軽にスキーを楽しむことができます。 荘川高原スキー場には、初心者向けのゲレンデが数多くあります。中でも、一番人気なのが「ファミリーゲレンデ」です。このゲレンデは、幅広で傾斜も緩やかで、初心者でも安心して滑走することができます。また、ゲレンデの脇には、キッズパークがあり、そり遊びやチュービングを楽しむことができます。 荘川高原スキー場には、初心者向けのゲレンデだけでなく、中級者や上級者向けのゲレンデもあります。例えば、「チャンピオンゲレンデ」は、傾斜が急で、滑りにくいゲレンデです。このゲレンデを制覇すれば、中級者への仲間入りです。また、「エキスパートゲレンデ」は、荘川高原スキー場の中で一番難しいゲレンデです。このゲレンデを滑り降りることができれば、上級者への仲間入りです。 荘川高原スキー場には、ゲレンデだけでなく、レストランや売店、更衣室などの施設が充実しています。レストランでは、地元の特産品を使った料理を楽しむことができます。また、売店では、おみやげや飲み物などを購入することができます。更衣室は、ゲレンデのすぐ近くにあり、着替えや休憩をすることができます。
モノの名前

「にしんずし」の歴史と魅力

にしんずしとは、北海道や東北地方で親しまれている郷土料理です。にしんを塩漬けにしてから酢で洗い、押し寿司にしたものです。にしんの塩味と酢の酸味が程よくマッチした、さっぱりとした味わいが特徴です。 にしんずしは、江戸時代初期に北海道で誕生したとされています。当時は、北海道で獲れたにしんを保存するために、塩漬けにしていたのが始まりです。その後、塩漬けしたにしんを酢で洗い、押し寿司にすることで、より保存性を高めるとともに、おいしく食べられるようになりました。 にしんずしは、北海道や東北地方の郷土料理として親しまれていますが、近年では全国的に人気が高まってきています。その理由は、にしんの塩味と酢の酸味が程よくマッチした、さっぱりとした味わいが、現代人の好みに合っているからと考えられています。また、にしんずしは、手軽に作ることができるため、家庭料理としても人気があります。
地名・ロケ地

清流長良川(中流域)の魅力を探る

-名水百選に選ばれた長良川- 長良川は、2008年に環境省の名水百選に選定されました。名水百選とは、水質が良く、生活や産業に利用されている名水を全国から選定したもので、日本の貴重な水資源として保護していくことを目的としています。 長良川が名水百選に選定された理由は、その水質の良さです。長良川の水は、透明度が高く、清らかで、飲用にも適しています。また、長良川には、イワナやアマゴなどの魚類が生息しており、水質の良さを物語っています。 長良川は、岐阜県のシンボル的な川であり、県民に親しまれています。毎年、夏には長良川鵜飼いが行われ、多くの観光客が訪れます。また、長良川沿岸には、多くの観光スポットがあり、一年を通して多くの人々が訪れます。 長良川は、岐阜県の貴重な水資源であり、県民の生活を支えています。また、長良川は、美しい景観と豊かな自然を備えた観光地としても知られています。長良川は、岐阜県の誇りであり、これからも大切に守られていくべき川です。
施設名・ロケ地

柳津の魅力を再発見!

柳津は、自然美と豊かな歴史に恵まれた町です。象徴的な大内宿や伝説的な山として知られる磐梯山など、多くの観光スポットがあります。 特に人気があるのは、大内宿です。この美しい集落は、茅葺き屋根の農家が立ち並び、昔ながらの日本を垣間見ることができます。また、磐梯山は、登山やハイキングに最適な場所です。山の上からは、雄大な景色を眺めることができます。 柳津には、様々な温泉もあります。その中でも、特に有名なのは、柳津温泉です。この温泉は、古くから親しまれており、様々な効能があると言われています。柳津温泉は、旅の疲れを癒すのに最適な場所です。 また、柳津には、様々な博物館や美術館があります。その中でも、特に有名なのは、柳津郷土博物館です。この博物館では、柳津の歴史や文化について学ぶことができます。柳津郷土博物館は、柳津の魅力を知るのに最適な場所です。 柳津は、自然美と豊かな歴史に恵まれた町です。大内宿や磐梯山など、多くの観光スポットがあります。また、柳津温泉や柳津郷土博物館など、様々な施設もあります。柳津は、旅先として最適な場所です。
モノの名前

高賀の竜水と高賀の森水の関係とは?

高賀の竜水と高賀の森水は、どちらも岐阜県高賀町で採水された天然水です。両製品は同じ水源から採水されているため、成分はほぼ同じです。主な成分は、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、炭酸水素イオン、硫酸イオン、塩素イオン、フッ素イオンなどです。 両製品の成分量を比較すると、カルシウムは高賀の竜水が100mlあたり61mg、高賀の森水が100mlあたり58mgと、高賀の竜水の方がわずかに多いです。マグネシウムは高賀の竜水が100mlあたり22mg、高賀の森水が100mlあたり20mgと、こちらも高賀の竜水の方がわずかに多いです。 ナトリウムは高賀の竜水が100mlあたり1.6mg、高賀の森水が100mlあたり1.4mgと、高賀の竜水の方がわずかに多いです。カリウムは高賀の竜水が100mlあたり1.0mg、高賀の森水が100mlあたり0.9mgと、こちらも高賀の竜水の方がわずかに多いです。 炭酸水素イオンは高賀の竜水が100mlあたり110mg、高賀の森水が100mlあたり100mgと、高賀の竜水の方がやや多いです。硫酸イオンは高賀の竜水が100mlあたり13mg、高賀の森水が100mlあたり12mgと、こちらも高賀の竜水の方がわずかに多いです。 塩素イオンは高賀の竜水が100mlあたり5.0mg、高賀の森水が100mlあたり4.6mgと、高賀の竜水の方がわずかに多いです。フッ素イオンは高賀の竜水が100mlあたり0.1mg、高賀の森水が100mlあたり0.1mgと、両製品とも同じです。 このように、高賀の竜水と高賀の森水は、成分量にわずかな差はあるものの、ほぼ同じ成分で構成されています。
施設名・ロケ地

板取川沿いの自然を満喫!「AUTO CAMPING TACランドいたどり」

キャンプ場「AUTO CAMPING TACランドいたどり」の概要 「AUTO CAMPING TACランドいたどり」は、岐阜県恵那市にあるキャンプ場です。板取川沿いに位置し、豊かな自然の中でキャンプを楽しむことができます。オートキャンプサイトやバンガロー、キャビンなど、様々なタイプの宿泊施設が用意されており、初心者から上級者まで誰でも気軽にキャンプを楽しむことができます。また、キャンプ場内には炊事場やシャワー、トイレなどの設備が充実しており、快適に過ごすことができます。また、キャンプ場の周辺には、恵那峡や恵那山など、様々な観光スポットがあり、キャンプをしながら岐阜県の自然を満喫することができます。