島原湾

地名・ロケ地

「湯島」の美しい景色と歴史

湯島の自然 湯島は、緑に囲まれた美しい島です。島の面積は約10平方キロメートルで、人口は約5,000人です。島の最高峰は湯島山で、標高は339メートルです。湯島山からは、島の美しい景色を一望することができます。湯島には、多くの森林や川、滝があります。森林には、様々な種類の樹木が生息しています。川や滝は、とても清らかで、泳いだり、魚釣りをしたりすることができます。湯島は、自然豊かな島で、多くの観光客が訪れます。
地名・ロケ地

九十九島の魅力

九十九島の成り立ち 九十九島は、長崎県西彼杵半島の西海岸に位置する、大小208の島々からなる景勝地です。島々は、大小さまざまな形をしており、その景観は、日本のエーゲ海と呼ばれています。 九十九島の成り立ちは、約2,500万年前、海底火山の噴火により形成されたと考えられています。火山が噴火した際に溶岩が海に流れ出し、冷却・固化したことで、島々ができました。その後、波や風の浸食によって島々は削られ、現在の形になりました。 九十九島の島々は、花崗岩でできており、島によっては、洞窟や奇岩など、さまざまな景観を楽しむことができます。また、九十九島は、温暖な気候に恵まれており、一年中、温暖な気候を楽しむことができます。 九十九島は、その美しい景観から、多くの観光客が訪れる人気の観光地です。島巡りの遊覧船や、島々を結ぶ橋など、さまざまな観光スポットがあります。また、九十九島には、新鮮な魚介類を味わえる海鮮料理店や、宿泊施設なども充実しています。
地名・ロケ地

「談合島」の謎を追う

談合島の歴史 談合島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。島には縄文時代の遺跡がたくさん残されており、その中には、島の中央にある標高100メートルほどの丘にある「談合島遺跡」があります。この遺跡は、縄文時代中期から後期にかけての集落跡で、竪穴住居跡や土器片、石器などが出土しています。 談合島は、江戸時代まで無人島でしたが、江戸時代末期に、漁師たちが島にやって来て、定住するようになりました。漁師たちは、島の周りに網を張って魚を捕まえ、生活していました。明治時代になると、島の人口は増加し、学校や郵便局が建設されました。また、島の西側には、製塩工場が建設され、塩の生産が行われていました。 昭和時代になると、談合島は観光地として知られるようになりました。島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、多くの観光客が訪れるようになりました。また、島の西側にある製塩工場は、国の史跡に指定されました。 平成時代になると、談合島の人口は減少しましたが、それでも、島には約100人が住んでいます。島の人たちは、漁業や観光業を中心に生活しています。また、島には、談合島小学校と談合島郵便局があり、島の人たちの生活を支えています。