広島市

施設名・ロケ地

広島医療保健専門学校の概要と特徴

広島医療保健専門学校は、広島県広島市安佐南区大町東1丁目10-26にある私立専門学校です。1966年(昭和41年)に広島医専看護学校として開校し、1995年(平成7年)に広島医療保健専門学校に改称されました。 広島医療保健専門学校は、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の5つの学科を設置しています。看護師学科は、3年課程で、看護師国家試験の受験資格が得られます。保健師学科は、3年課程で、保健師国家試験の受験資格が得られます。理学療法士学科は、3年課程で、理学療法士国家試験の受験資格が得られます。作業療法士学科は、3年課程で、作業療法士国家試験の受験資格が得られます。言語聴覚士学科は、4年課程で、言語聴覚士国家試験の受験資格が得られます。 広島医療保健専門学校は、少人数制教育を特色としており、一人ひとりの学生にきめ細やかな指導を行っています。また、実習にも力を入れており、学生は、病院や福祉施設などで実際の現場で実習を行います。広島医療保健専門学校は、国家試験の合格率が高く、就職率も高いことで知られています。
施設名・ロケ地

「被爆に耐えた装飾的橋梁」の物語

被爆に耐えた装飾的橋梁 原子爆弾は、1945 年 8 月 6 日に広島に投下され、壊滅的な破壊をもたらしました。しかし、この悲劇的な出来事にもかかわらず、いくつかの建築物は、その破壊を免れました。その中には、猿猴橋と京橋の 2 つの装飾的な橋が挙げられます。 猿猴橋は、元安川に架かる木造の橋です。1673 年に建設され、その独特な形状から猿猴橋という名前が付けられました。原爆投下時、猿猴橋は爆心地からわずか 2.7 キロの距離にありましたが、奇跡的にその破壊を免れました。この橋は、広島の復興のシンボルとして、現在も残っています。 京橋は、京橋川に架かる石造りの橋です。1889 年に建設され、その優雅なデザインで知られています。原爆投下時、京橋は爆心地からわずか 1.7 キロの距離にありましたが、やはりその破壊を免れました。この橋は、現在も広島のランドマークとして、多くの観光客に親しまれています。 猿猴橋と京橋は、広島の被爆の歴史を伝える貴重な遺産です。これらの橋が、今後も長く保存され、多くの人々にその歴史を伝えていくことが期待されています。
地名・ロケ地

芸州藩の歴史と文化の魅力

芸州藩の成り立ちと変遷 芸州藩は、現在の広島県西部に位置する藩でした。藩の始まりは、1582年に毛利輝元が安芸国に封じられたことに遡ります。輝元は、関ヶ原の戦いで西軍の総大将を務めましたが、敗戦後に改易されました。しかし、1619年に毛利秀就が安芸国に封じられ、芸州藩が成立しました。 芸州藩は、毛利氏が代々藩主を務め、明治維新まで続きました。藩の石高は50万石で、広島城を藩庁としました。芸州藩は、江戸時代を通じて、経済的にも文化的に栄えました。特に、広島は、瀬戸内海の交易の中心地として発展し、多くの商人が集まりました。また、芸州藩は、儒学や医学などの学問も盛んで、多くの学者を輩出しました。 明治維新後、芸州藩は廃藩置県により廃止され、広島県となりました。しかし、芸州藩の歴史と文化は、現在でも広島県に受け継がれています。広島県には、広島城や厳島神社など、芸州藩時代の史跡や文化遺産が残されています。また、広島県には、広島風お好み焼きや尾道ラーメンなど、芸州藩時代の食文化も残されています。
施設名・ロケ地

ポプラの魅力と出店情報

-ポプラの歴史と特徴- ポプラは、全国に展開するコンビニエンスストアチェーンです。その歴史は1959年、東京都八王子市で創業したのが始まりです。その後、1960年代に首都圏を中心に店舗を拡大し、1970年代には全国展開を開始しました。現在では、国内に約8,000店舗を展開するコンビニエンスストアチェーンとして知られています。 ポプラの特徴は、その品揃えの豊富さです。日用品から食品、飲料、たばこ、雑誌、書籍など、幅広い商品を扱っています。また、店舗によってはイートインスペースを設けているところや、ATMを設置しているところもあります。近年では、電子マネーやクレジットカードなどのキャッシュレス決済にも対応しており、利便性の高いコンビニエンスストアとして人気を集めています。
施設名・ロケ地

広島市こども図書館について

広島市こども図書館の歴史は古く、その始まりは1911年(明治44年)にさかのぼります。当時の広島市は、明治22年の市制施行以来、人口が急増しており、就学児童数も増加の一途をたどっていました。そのため、広島市では、児童に読書の機会を提供することを目的として、市立図書館の設置を検討することになりました。 そして、1912年(大正元年)に、広島市立図書館が京橋川畔に開館しました。この図書館は、当初は一般向けの図書館でしたが、1919年(大正8年)に児童閲覧室が設置され、児童向けの貸出サービスが開始されました。これが、広島市こども図書館の始まりです。 その後、広島市こども図書館は、1925年(大正14年)に大手町に移転し、1937年(昭和12年)には、現在の場所である中区基町に移転しました。そして、1945年(昭和20年)の原爆投下により、建物は焼失しましたが、1950年(昭和25年)に再建されました。 再建後は、児童向けの貸出サービスに加えて、おはなし会や人形劇などのイベントも開催されるようになりました。また、1981年(昭和56年)には、広島市こども図書館に隣接して、広島市こども文化科学館が開館しました。これにより、児童は、読書だけでなく、科学や文化に関することも学ぶことができるようになりました。 現在、広島市こども図書館は、児童向けの貸出サービスやイベントを開催するだけでなく、児童向けの情報提供や調査研究も行っています。また、広島市こども文化科学館と連携して、児童向けの科学や文化に関するプログラムを提供しています。
施設名・ロケ地

広島港の基礎知識

広島港の歴史 広島港は、広島県の広島市に位置する港湾です。瀬戸内海に面しており、古くから中国地方の物流拠点として栄えてきました。明治時代以降は、近代化が進み、国際貿易港としても発展しました。現在では、国内外の貨物や旅客を扱う重要な港湾となっています。 広島港の歴史は、古くは平安時代にさかのぼると言われています。この頃、広島湾の入り口に位置する厳島に、厳島神社が建立されました。厳島神社は、海の神様である市杵島姫命を祀る神社で、古くから航海の安全を祈願する人々に信仰されてきました。 江戸時代には、広島藩の初代藩主である福島正則が、広島城を築城しました。広島城は、広島港の近くに位置しており、広島藩の政治・経済の中心地となりました。広島港は、広島藩の物流拠点として整備され、瀬戸内海や日本海との交易が盛んに行われるようになりました。 明治時代以降、広島港は近代化が進みました。1871年(明治4年)には、広島港に蒸気船が初めて入港しました。1889年(明治22年)には、広島港に鉄道が開通しました。鉄道の開通により、広島港は中国地方の物流拠点としてさらに重要性を増しました。 1945年(昭和20年)8月6日、広島市に原子爆弾が投下されました。原子爆弾の投下により、広島市は壊滅的な被害を受けました。広島港もまた、大きな被害を受けましたが、戦後すぐに復興が進められました。 戦後、広島港は国際貿易港としても発展しました。1963年(昭和38年)には、広島港にコンテナターミナルが整備されました。コンテナターミナルの整備により、広島港はコンテナ船の寄港地として重要性を増しました。 現在、広島港は国内外の貨物や旅客を扱う重要な港湾となっています。広島港には、コンテナターミナル、旅客ターミナル、物流倉庫などが整備されており、中国地方の物流拠点として重要な役割を果たしています。
施設名・ロケ地

天満屋 広島緑井店 – 広島が誇る百貨店

天満屋 広島緑井店の魅力とは? 天満屋 広島緑井店は、広島県広島市安佐南区緑井にある百貨店です。1992年4月に開業し、広島県内では本店に次ぐ2店舗目、広島市安佐南区では初の百貨店となりました。広島市中心部から少し離れた場所にありますが、アクセスの良さと豊富な品揃えが魅力です。 天満屋 広島緑井店は、地上7階、地下1階の建物で、売り場面積は約3万平方メートルです。ファッション、コスメ、雑貨、食品などを取り揃えており、広島県内最大級の百貨店として親しまれています。また、レストランやカフェ、映画館など、さまざまな施設が入居しており、ショッピングだけでなく、食事や映画鑑賞も楽しめます。 天満屋 広島緑井店は、広島県民に愛される百貨店です。豊富な品揃えとアクセスの良さ、そしてさまざまな施設が魅力です。広島県を訪れた際には、ぜひ天満屋 広島緑井店に足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

比治山公園の魅力を再発見!

広島市のオアシス!比治山公園の魅力 広島市のオアシスである比治山公園は、広島市の中心部に位置する都市公園です。広さは約12万平方メートルで、緑豊かな自然と様々な施設が整備されています。公園内には、広島城、広島市現代美術館、広島市こども文化科学館などの cultural facilities があり、市民の憩いの場として親しまれています。 比治山公園の最も人気のあるスポットのひとつは、広島城です。広島城は、1589年に毛利輝元によって築城されたお城で、広島の歴史を象徴する建物です。天守閣からは、広島市街が一望でき、多くの観光客が訪れます。 比治山公園には、子供たちが楽しめる施設も充実しています。広島市こども文化科学館は、科学や自然に関する展示物や体験型プログラムを提供する博物館です。また、公園内には遊具が設置された広場や、ゴーカートに乗って遊べる施設もあります。 比治山公園は、市民の憩いの場として親しまれているだけでなく、広島の歴史や文化を学ぶことができる場所でもあります。広島城や広島市こども文化科学館を訪れたり、緑豊かな自然の中で散策したりと、様々な楽しみ方ができます。
モノの名前

百つ橋とは?広島銘菓の歴史と魅力

百つ橋の歴史と由来 百つ橋は、広島銘菓として人気を博している。その始まりは、江戸時代初期の広島藩主 浅野長晟公が京都から菓子職人を呼び寄せ、御用菓子司として雇用したことに遡る。 百つ橋という名前の由来はいくつかある。そのひとつは、菓子職人が京都から広島に来る途中、太田川にかかる橋を数えていたところ、ちょうど百番目の橋で疲れ果てて腰を下ろし、そこで新たに菓子作りを始めたというエピソードに由来する。 もうひとつの由来は、百つ橋の形状に由来する。百つ橋は、米粉を原料とした求肥の中に、あんこやクルミを包んで蒸し上げた菓子である。その形がちょうど橋のように見えることから、百つ橋と呼ばれるようになったという。 百つ橋は、広島銘菓として愛され続けている。その美味しさの秘密は、米粉を原料とした求肥のモチモチとした食感と、あんこやクルミの甘味と香ばしさが絶妙にマッチしていることにある。また、百つ橋は日持ちが良いので、お土産としても人気が高い。
モノの名前

広島銘菓「祇園坊」の魅力

祇園坊の歴史 祇園坊の歴史は古く、今から約400年前に遡ります。広島藩初代藩主である福島正則が、広島城築城の際に京都の祇園社(八坂神社)から広島に勧請したのが始まりと言われています。祇園社は縁結びの神様として知られており、福島正則は広島城の鎮護と城下の繁栄を祈願して勧請したと伝えられています。 その後、祇園社は広島の人々から広く信仰を集め、その門前には多くの茶屋や菓子屋が軒を連ねるようになりました。そして、その中の1軒の茶屋で生まれたのが祇園坊です。祇園坊は、その美味しさで瞬く間に人気を博し、広島銘菓として広く知られるようになりました。 明治時代になると、祇園坊は広島県知事や皇族の方々にも献上されるようになり、その名声はさらに高まりました。大正時代には、祇園坊の製造元である株式会社祇園坊が設立され、祇園坊は広島銘菓として広く販売されるようになりました。 昭和時代に入ってからも、祇園坊は広島銘菓としての人気を維持し続け、現在も多くの広島県民に愛されています。また、祇園坊は広島県外でも販売されるようになり、全国各地でその美味しさに親しまれています。
施設名・ロケ地

「羽田別荘」の魅力と歴史

知る人ぞ知る広島の名料亭「羽田別荘」 羽田別荘は、広島県広島市安芸区に位置する料亭です。1878年、羽田喜蔵によって創業されました。羽田別荘は、広島の郷土料理である穴子飯や牡蠣料理が人気のお店です。また、庭園が美しく、四季折々の花が楽しめることでも知られています。 羽田別荘は、創業以来、多くの著名人に愛されてきました。夏目漱石、正岡子規、与謝野晶子、高村光太郎、芥川龍之介、川端康成など、そうそうたる面々が羽田別荘を訪れています。羽田別荘の魅力は、美味しい料理と美しい庭園だけではありません。創業以来、変わらないおもてなしの心が、多くの著名人や地元の人々に愛され続けている理由です。 羽田別荘は、広島市の中心部から車で約20分の場所にあります。静かな山間に佇む料亭は、都会の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。美味しい料理と美しい庭園、そしておもてなしの心。羽田別荘は、広島を訪れた際にはぜひ訪れたい名店です。
施設名・ロケ地

広島市森林公園の魅力を徹底解説!

広島市森林公園は、広島市安佐北区にある面積約100ヘクタールの広大な森林公園です。自然豊かな公園内には、豊かな緑が広がり、様々な動植物が生息しています。また、森林浴やハイキング、キャンプなどのアウトドアアクティビティを気軽に楽しめるスポットとしても人気です。 公園内には、四季折々の花が咲き誇る花壇や、野鳥観察に最適なバードウォッチングスポット、そして、家族連れで楽しめるバーベキュー広場など、様々な施設が充実しています。また、森林公園の周辺には、広島平和記念公園や原爆資料館などの観光スポットもあり、観光客にも人気のエリアとなっています。 広島市森林公園は、自然を身近に感じながら、アウトドアアクティビティを楽しみたい方におすすめのスポットです。また、森林公園の周辺には、様々な観光スポットもあり、観光客にも人気のエリアとなっています。
施設名・ロケ地

広島製菓専門学校の魅力と卒業後の進路

広島製菓専門学校は、広島県広島市にある、調理製菓の専門学校です。1948年に開校し、調理師科と製菓衛生師科の2学科、調理師科には和食専攻、洋食専攻、製菓衛生師科には製菓衛生師専攻、パティシエ専攻、パン専攻の5つの専攻コースがあります。 広島製菓専門学校の概要と特徴は、以下の通りです。 * 実践的なカリキュラム広島製菓専門学校では、実践的なカリキュラムを重視しており、学生は在学中に調理や製菓の技術を身に付けることができます。また、インターンシップや実習も積極的に取り入れており、学生は現場で活躍するために必要な経験を積むことができます。 * 充実した設備広島製菓専門学校には、調理や製菓の実習を行うための充実した設備が整っています。また、学生が学習や研究を行うための図書館や教室などもあります。 * 高い就職率広島製菓専門学校の就職率は高く、卒業生の多くが調理師や製菓衛生師として活躍しています。また、学校には就職支援センターがあり、学生の就職活動もサポートしています。 * 国際交流広島製菓専門学校では、国際交流にも力を入れており、海外の専門学校との交流プログラムを実施しています。また、海外留学のサポートも行っています。
施設名・ロケ地

アステールプラザの魅力

アステールプラザの施設紹介 アステールプラザは、東京都千代田区にある複合施設です。1997年に開館し、ホール、会議室、展示場、レストラン、ショップなど、さまざまな施設を備えています。ホールは、最大2,000人を収容できる大ホール、約800人を収容できる中ホール、約300人を収容できる小ホールの3つがあります。会議室は、大小さまざまな広さの部屋があり、会議や研修、イベントなどに利用することができます。展示場は、イベントや展示会を開催するために利用することができます。レストランは、和食、洋食、中華など、さまざまなジャンルの料理を提供しています。ショップでは、アステールプラザオリジナルグッズや、文房具、雑貨などを販売しています。アステールプラザは、ビジネスやイベント、買い物など、さまざまな目的に利用できる便利な施設です。 ホール アステールプラザのホールは、大ホール、中ホール、小ホールの3つがあります。大ホールは、最大2,000人を収容できる大規模なホールで、コンサートや演劇、スポーツイベントなど、さまざまなイベントを開催することができます。中ホールは、約800人を収容できる中規模なホールで、講演会や会議、研修など、さまざまなイベントを開催することができます。小ホールは、約300人を収容できる小規模なホールで、会議や研修、発表会など、さまざまなイベントを開催することができます。 会議室 アステールプラザの会議室は、大小さまざまな広さの部屋があり、会議や研修、イベントなどに利用することができます。大規模な会議室では、最大300人まで収容することができ、小規模な会議室では、10人程度から利用することができます。すべての会議室に、ホワイトボード、プロジェクター、音響設備などの備品が備えられており、快適に会議や研修を行うことができます。 展示場 アステールプラザの展示場は、イベントや展示会を開催するために利用することができます。展示場の面積は約1,000平方メートルで、最大200ブース出展することができます。展示場には、電源やインターネット回線などの設備が備えられており、スムーズにイベントや展示会を開催することができます。
施設名・ロケ地

広島工業大学専門学校とは

広島工業大学専門学校とは 広島工業大学専門学校は、広島県広島市にある私立専門学校です。1965年に広島工業大学短期大学部として開学し、2005年に広島工業大学専門学校に改称しました。 広島工業大学専門学校の概要 広島工業大学専門学校は、工学部、情報工学部、建築学部、経営学部の4学部を設置しています。工学部には、機械工学科、電気工学科、電子工学科、情報工学科、土木工学科、建築学科の6学科があります。情報工学部には、情報工学科、情報システム学科の2学科があります。建築学部には、建築学科、インテリアデザイン学科の2学科があります。経営学部には、経営学科、会計学科の2学科があります。 広島工業大学専門学校は、実践的な教育に力を入れており、産業界との連携が強固です。企業でのインターンシップや、実習を通じて、学生は実践的なスキルを身につけることができます。また、広島工業大学専門学校は、資格取得にも力を入れており、多くの学生が資格を取得しています。 広島工業大学専門学校は、就職にも力を入れており、就職率は高くなっています。就職先は、製造業、建設業、情報通信業、金融業、流通業など、幅広い分野にわたっています。広島工業大学専門学校は、学生の就職を支援するために、就職ガイダンスや就職活動セミナーなどを開催しています。
施設名・ロケ地

佐伯運動公園を徹底解説!テニスコートやわんぱく山など

佐伯運動公園には、12面のテニスコートがあります。いずれのコートも人工芝で、ナイター設備も備わっています。利用料金は、大人1時間600円、中高生1時間300円、中学生以下1時間150円です。 テニスコートの利用には、事前予約が必要です。予約は、佐伯市役所のホームページから、または電話で受け付けています。利用時間は、午前8時30分から午後9時までです。 テニスコートには、更衣室やシャワー室が完備されています。また、テニスの練習に必要な用具をレンタルすることができます。レンタル料金は、ラケット1本100円、ボール1時間100円です。 佐伯運動公園のテニスコートは、テニスの練習に最適な環境が整っています。ぜひ、ご利用ください。
施設名・ロケ地

「旧広島市民球場」~栄光と歴史の舞台~

「野球の聖地として愛された「旧広島市民球場」」 旧広島市民球場は、広島県広島市に所在する野球場であり、1957年から2009年まで使用された。プロ野球・広島東洋カープの本拠地として、また、高校野球の全国大会や国際大会なども開催され、多くの名勝負が繰り広げられた。 開場当初は、広島カープの躍進もあり、市民の熱狂的な支持を集めた。また、広島カープは旧広島市民球場で8度のリーグ優勝と3度の日本シリーズ優勝を達成し、黄金時代を築いた。 旧広島市民球場は、野球の聖地として国民に親しまれ、多くのファンの思い出が詰まった場所である。しかし、老朽化が著しく、2009年に閉場した。現在は、跡地に「広島東洋カープ新球場」が建設され、2023年に完成予定である。
その他

「ぴーすけ」のプロフィールと魅力を紹介!

ぴーすけとは? ぴーすけは、ポメラニアンとチワワのミックス犬です。体重は3kgほどで、体長は30cmほど。毛色は白と茶色で、大きな目が特徴的です。性格はとてもフレンドリーで、人懐っこい性格をしています。 ぴーすけは、2012年1月に東京都で生まれました。生後すぐに飼い主さんに引き取られ、現在は東京都在住です。ぴーすけは、飼い主さんと一緒に毎日散歩をしたり、ドッグランで遊んだりして、幸せに暮らしています。 ぴーすけは、とてもかわいい犬です。その愛らしい姿に、多くの人が魅了されています。ぴーすけは、InstagramやTwitterなどのSNSで人気者で、多くのフォロワーがいます。ぴーすけは、そのかわいさで多くの人を笑顔にし、幸せにしています。
地名・ロケ地

安芸小富士の魅力と登頂ガイド

安芸小富士とは? 安芸小富士は、広島県安芸高田市にある標高346メートルの山です。安芸の富士に似た形をしていることから、安芸小富士と呼ばれています。安芸小富士は、安芸高田市を代表する観光スポットの一つで、毎年多くの観光客が訪れます。安芸小富士は、その美しい景色と登山道の整備が行き届いていることから、初心者でも登山を楽しむことができる山として知られています。 安芸小富士は、安芸高田市街地から約5キロの場所に位置しています。安芸小富士の登山道は、安芸高田市街地から安芸小富士の麓まで続く「安芸小富士登山道」と、安芸小富士の麓から山頂まで続く「安芸小富士山頂登山道」の2つがあります。安芸小富士登山道は、比較的緩やかな傾斜の登山道で、初心者でも登山を楽しむことができます。安芸小富士山頂登山道は、急な傾斜の登山道ですが、登山道の整備が行き届いているため、初心者でも登山を楽しむことができます。
地名・ロケ地

大情島で楽しむ自然と歴史

大情島で楽しむ自然と歴史大情島とは。大情島は、広島県の広島湾入り口付近に浮かぶ島です。倉橋島の東沖に位置しており、安芸群島の島々の一つです。大情島の南西には「小情島」という無人島があり、この無人島と区別するため、大情島を「情島」と呼ぶこともあります。
施設名・ロケ地

広島の都市を走るアストラムラインの魅力

-# 路線の特徴と運行区間 アストラムラインの路線は、広島市の都心部を南北に貫くように敷設されており、広島駅から広島港までを結んでいます。全線の長さは18.4kmで、そのうち高架区間が16.8kmとなっています。アストラムラインの電車は、最高速度が100km/hで、平均速度は40km/h程度となっています。運行間隔は日中15分間隔で、朝夕のラッシュ時には5分間隔で運行されています。アストラムラインは、広島市の交通網の重要な一翼を担っており、市民の生活に欠かせない存在となっています。
施設名・ロケ地

ひめしまの記憶

広島駅ビルは、1965年にオープンした広島駅に隣接する商業施設です。広島県広島市南区松原町にある、広島駅ビル株式会社が運営しているショッピングモールおよび駅ビルです。広島駅ビルの敷地面積は約47,000平方メートル、延床面積は約117,000平方メートルです。広島駅ビルは、地上10階、地下2階建てで、地下1階には、スーパーマーケット、ドラッグストア、食品売り場、飲食店、雑貨店などが、1階には、デパート、コンビニエンスストア、飲食店、ファッション雑貨店、書店などが、2階には、家電量販店、家具・インテリアショップ、スポーツ用品店、生活雑貨店などが、3階には、映画館、ゲームセンター、ボウリング場、カラオケボックスなどが、4階には、レストラン、カフェ、バー、イベントホールなどが、5階には、ホテル、会議室、研修室、宴会場などが、6階には、オフィス、クリニック、美容室、ネイルサロンなどが、7階には、フィットネスクラブ、プール、ジム、スパなどが、8階には、展望台、レストラン、カフェ、バーなどが、9階には、屋上庭園、展望レストラン、カフェなどが、10階には、機械室、倉庫、資材置き場などがあります。 広島駅ビルは、広島市の中心部に位置し、広島駅に隣接しているため、交通の便が非常に良いところです。また、広島駅ビルには、スーパーマーケット、デパート、家電量販店、映画館、ゲームセンター、ボウリング場、カラオケボックス、レストラン、カフェ、バー、イベントホール、ホテル、会議室、研修室、宴会場、オフィス、クリニック、美容室、ネイルサロン、フィットネスクラブ、プール、ジム、スパ、展望台、屋上庭園など、さまざまな施設が入居しています。そのため、広島駅ビルは、広島市民や観光客にとって、非常に便利な施設となっています。 広島駅ビルは、1965年にオープンして以来、広島市民や観光客に親しまれてきた施設です。しかし、近年では、広島駅ビルの老朽化が進み、施設の改修が必要になってきています。そのため、広島駅ビル株式会社は、広島駅ビルの全面改修を計画しています。広島駅ビルの全面改修は、2025年をめどに完了する予定です。広島駅ビルの全面改修後は、広島駅ビルは、より便利で快適な施設となる予定です。
モノの名前

矢野かもじ – 歴史と伝統

-矢野かもじの歴史- 矢野かもじの起源は、奈良時代に遡ります。当時、奈良の都で活躍していた書家・橘逸勢が、中国から伝来した書法を日本に紹介しました。この書法は、楷書、行書、草書の3種類があり、日本独自の書法である仮名も加わり、日本の書道として発展していきました。 平安時代になると、書道は貴族や僧侶の間で盛んに行われるようになり、多くの名筆が生まれました。平安時代の書道の代表的な人物としては、藤原行成、小野道風などが挙げられます。 鎌倉時代になると、書道は武士の間にも広まり、武家書道として発展しました。武家書道は、実用性を重視した書体であり、行書や草書が主流でした。鎌倉時代の書道の代表的な人物としては、北条時頼、足利尊氏などが挙げられます。 室町時代になると、書道は庶民の間にも広まり、町人書道として発展しました。町人書道は、装飾性を重視した書体であり、仮名が主流でした。室町時代の書道の代表的な人物としては、一休宗純、雪舟等楊などが挙げられます。 江戸時代になると、書道は儒学の興隆とともに、ますます盛んに行われるようになりました。江戸時代の書道の代表的な人物としては、徳川家康、徳川綱吉、徳川吉宗などが挙げられます。 明治時代になると、書道は学校教育に取り入れられ、国民の間で広く普及しました。明治時代の書道の代表的な人物としては、明治天皇、伊藤博文、山縣有朋などが挙げられます。 大正時代になると、書道は芸術としての価値が高まり、書道展覧会が盛んに行われるようになりました。大正時代の書道の代表的な人物としては、横山大観、下村観山、川端龍子などが挙げられます。 昭和時代になると、書道はさらに発展し、国際的な書道展覧会も開催されるようになりました。昭和時代の書道の代表的な人物としては、東山魁夷、横尾忠則、草間弥生などが挙げられます。 平成時代になると、書道はますます多様化し、さまざまな書体が生まれています。平成時代の書道の代表的な人物としては、村上隆、奈良美智、横尾修などが挙げられます。 令和時代を迎えた現在、書道は日本の伝統文化としてますます盛んに行われています。
施設名・ロケ地

広島市安佐動物公園の魅力

広島市安佐動物公園の特徴的な無柵放養式は、動物とより自然に近い状態で触れ合える貴重な機会を提供しています。この方式では、動物たちが広々とした放飼場で自由に動き回ることができ、動物本来の行動や生態を観察することができます。 無柵放養式は、動物たちのストレスを軽減し、より健康で幸せな生活を送ることにつながります。また、来園者にとっても、動物たちをより身近に感じることができ、動物との絆を深めることができるでしょう。 安佐動物公園では、ゾウやライオン、トラなどの大型肉食獣から、キリンやシマウマなどの草食動物まで、さまざまな動物たちが無柵放養式で飼育されています。それぞれが、自分たちにとって快適な環境で生活しており、来園者の注目を集めています。