広島県

施設名・ロケ地

小用港の歴史と魅力

小用港の歴史 小用港は、長崎県西彼杵郡にある港町です。古くから漁業の町として栄えてきましたが、近年では観光地としても人気を集めています。小用港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていた記録があります。鎌倉時代には、蒙古襲来の際に元軍が上陸した場所としても知られています。戦国時代には、キリシタン大名の小西行長が小用港を拠点として布教活動を行っていた時期もありました。 江戸時代には、小用港は長崎と平戸を結ぶ重要な港として栄えました。また、小用港は、海外との貿易も行われており、中国や朝鮮、オランダなどとの貿易が盛んに行われていました。明治時代には、小用港は近代化が進み、港湾施設が整備されました。また、小用港は、長崎と上海を結ぶ定期航路が開設され、国際的な港として発展しました。 大正時代には、小用港は、海軍の基地として利用されるようになりました。また、小用港は、長崎と大阪を結ぶ定期航路が開設され、国内の重要な港として発展しました。昭和時代には、小用港は、戦災で大きな被害を受けましたが、戦後すぐに復興し、再び国内の重要な港として発展しました。平成時代には、小用港は、観光地としても人気を集めるようになりました。また、小用港は、長崎と上海を結ぶ定期航路が再開され、国際的な港として発展しました。
地名・ロケ地

大情島で楽しむ自然と歴史

大情島で楽しむ自然と歴史大情島とは。大情島は、広島県の広島湾入り口付近に浮かぶ島です。倉橋島の東沖に位置しており、安芸群島の島々の一つです。大情島の南西には「小情島」という無人島があり、この無人島と区別するため、大情島を「情島」と呼ぶこともあります。
モノの名前

宮島ビールの魅力を味わう

ケルシュとペールエールは、どちらも淡色のビールですが、その味わいと香りは大きく異なります。ケルシュは、ドイツのケルンで生まれたビールで、淡い麦わら色をしていて、すっきりとした味わいがあります。一方、ペールエールは、イギリスで生まれたビールで、濃い麦わら色をしていて、ホップの苦味が特徴です。 ケルシュは、華やかなアロマとすっきりとした味わいを持つビールです。そのアロマは、柑橘系や花の香りを思わせ、味わいは、軽やかで飲みやすいのが特徴です。一方、ペールエールは、ホップの苦味が特徴のビールです。そのアロマは、柑橘系や松の香りを思わせ、味わいは、しっかりとした苦味があるのが特徴です。 ケルシュは、すっきりとした味わいのため、魚料理や鶏肉料理との相性が良いとされています。一方、ペールエールは、しっかりとした苦味があるため、肉料理や辛い料理との相性が良いとされています。 ケルシュとペールエールは、どちらも淡色のビールですが、その味わいと香りは大きく異なります。ケルシュは、華やかなアロマとすっきりとした味わいを持つビールで、ペールエールは、ホップの苦味が特徴のビールです。どちらのビールも、それぞれの特徴を生かした料理と合わせて楽しむのがおすすめです。
施設名・ロケ地

木江港の航行情報

木江港の概要 木江港は、石川県七尾市に位置する港湾である。能登半島の最北端にある港で、日本海に面している。木江港は、古くから漁業の拠点として栄え、現在では、漁業、観光、物流の拠点として利用されている。 木江港は、天然の良港で、波静かな港内は、船の停泊に適している。また、港周辺には、新鮮な魚介類を扱う市場や、観光スポットが点在している。木江港は、能登半島観光の拠点として、多くの観光客が訪れる。 木江港は、物流の拠点としても重要である。港には、貨物船が発着しており、県内外との物流を支えている。また、木江港は、能登空港と接続しており、空路による物流にも対応している。 木江港は、漁業、観光、物流の拠点として、能登半島の重要な港湾である。今後ますますその需要が高まることが予想される。
モノの名前

広島の銘酒「一代弥山」の金賞受賞への道

全国新酒鑑評会は、毎年開催される日本酒の品質を競うコンテストです。このコンテストでは、全国各地から出品された日本酒の中から、最も優れたお酒に金賞が贈られます。 広島県東広島市にある酒蔵「一代弥山」は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがあります。一代弥山の金賞受賞は、2018年のことです。このとき、一代弥山は「純米大吟醸 一代弥山」で金賞を受賞しました。 一代弥山の純米大吟醸 一代弥山は、広島県産の山田錦を100%使用して醸造された日本酒です。このお酒は、フルーティーな香りと上品な味わいが特徴です。 一代弥山が金賞を受賞したことは、広島県の日本酒業界にとって大きな喜びとなりました。また、一代弥山の金賞受賞は、広島県の日本酒の品質の高さをアピールする機会となりました。
施設名・ロケ地

「坂町立町民交流センター」ってどんな施設?

サンスターホールは、坂町立町民交流センター内にあるホールです。収容人数は500名で、演劇や講演会、音楽会などさまざまなイベントに使用されています。また、会議室や研修室も併設されており、ビジネスや勉強会にもご利用いただけます。 サンスターホールは、音響や照明設備が充実しており、快適にイベントを開催することができます。また、プロジェクターやスクリーンなどの備品も揃っているので、プレゼンテーションなども行うことができます。さらに、ホール内はバリアフリー設計になっており、車椅子の方やベビーカーの方も安心してご利用いただけます。 サンスターホールは、坂町立町民交流センターの中核施設として、町民の交流や学び、文化活動の拠点として親しまれています。ぜひ、一度サンスターホールでイベントを開催してみてはいかがでしょうか。
その他

ワイルド・バンチ・フェスの魅力

ワイルド・バンチ・フェスとは ワイルド・バンチ・フェスとは、毎年夏に北海道で開催される野外ロックフェスです。2004年に初開催され、今年で19回目を迎えます。会場は、北海道上川郡美瑛町にある「美瑛白金青い池」です。この場所は、写真家・前田真三氏が撮影した写真で一躍有名になり、国内外から多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。 ワイルド・バンチ・フェスは、ロックフェスの枠を超え、アートやファッション、フードなど、さまざまなカルチャーが集まるイベントです。メインステージでは、国内外のアーティストがライブパフォーマンスを披露し、サブステージでは、地元のアーティストやDJが出演します。また、会場内には、アート作品やファッションアイテムを販売するブースが並び、フードコートでは、北海道の郷土料理や地元の食材を使った料理を楽しむことができます。 ワイルド・バンチ・フェスは、音楽好きはもちろん、アートやファッション、グルメが好きな人にもおすすめです。北海道の雄大な自然の中で、音楽とアート、食を満喫できる最高のイベントです。
施設名・ロケ地

吉原家住宅 – 歴史と美しさ

尾道に佇む歴史ある豪農の家 吉原家住宅は尾道市にある歴史的な豪農の家です。1890年代初頭に建てられ、国の重要文化財に指定されています。家は伝統的な和風のデザインで、木造の構造、茅葺きの屋根、格子窓が特徴です。家は元々は吉原家が所有していましたが、現在は尾道市が所有しています。吉原家住宅は一般公開されており、尾道の歴史と文化を学ぶことができる人気のある観光スポットとなっています。 家は2階建てで、1階は土間、2階は住居スペースになっています。土間には農機具や道具が置かれており、住居スペースには居間、台所、寝室があります。家の内装は質素ですが、格調高く、手作りの建具や調度品が特徴です。吉原家住宅は、かつての日本の農村の生活を垣間見ることができる貴重な建物です。 吉原家住宅は尾道の歴史と文化を学ぶことができる人気のある観光スポットです。家は一般公開されており、入館料は大人300円、子供150円です。家は尾道駅から徒歩10分のところにあります。
施設名・ロケ地

安国寺の歴史と見どころ

備後安国寺の成り立ちと歴史 備後安国寺は、広島県福山市にある臨済宗妙心寺派の寺院です。創建は鎌倉時代末期の1334年とされ、室町時代には禅宗十刹の一つに数えられました。備後安国寺は、足利尊氏の寵臣であった細川頼春が、戦乱で荒廃した備後国の復興を願って建立したと伝えられています。細川頼春は、備後安国寺を足利尊氏と足利義満の菩提寺とし、また、細川氏の本拠地である備後国守護所の近くに建立することで、細川氏の権威を誇示したと考えられています。 備後安国寺は、室町時代には禅宗の学問所として栄え、多くの僧侶が修行に訪れました。また、足利将軍家の庇護を受け、寺領も広大でした。しかし、戦国時代になると、備後安国寺は戦乱に巻き込まれ、焼失してしまいます。その後、江戸時代になって再建され、現在に至っています。 備後安国寺は、禅宗の学問所として栄えたことから、寺宝として多くの仏像や絵画が残されています。その中でも、特に有名なのが、室町時代の作とされる木造釈迦如来坐像です。この仏像は、備後安国寺の開山である無文元選の作と伝えられ、国の重要文化財に指定されています。また、備後安国寺には、足利尊氏と足利義満の肖像画も残されており、こちらも国の重要文化財に指定されています。
地名・ロケ地

「馬島」の魅力 〜 瀬戸内の無人島を巡ろう ~

馬島の歴史と文化 馬島の歴史は古く、縄文時代には人が住んでいたことがわかっている。その後、弥生時代、古墳時代と人が住み続け、平安時代には瀬戸内海の海賊の拠点となっていた。鎌倉時代には源頼朝が馬島を攻め落とし、その後は毛利氏、豊臣氏、徳川氏と支配者が変わった。江戸時代には、馬島は広島藩の飛び地となり、瀬戸内海の海運の拠点として栄えた。明治維新後は、馬島は広島県に属し、現在も無人島として残っている。 馬島の文化は、瀬戸内海の他の島々と同じく、漁業や農業を基盤としている。馬島では、古くから漁業が行われており、アジ、イワシ、タイなどの魚介類が水揚げされる。また、馬島では、米、麦、野菜などの農作物が栽培されており、自給自足の生活が行われていた。 馬島には、古くからの伝統文化が数多く残っている。その一つが、馬島神楽である。馬島神楽は、馬島に伝わる伝統芸能で、毎年8月15日に馬島の神社で行われる。馬島神楽は、五穀豊穣や家内安全を祈願するもので、島の人々にとって重要な行事である。 また、馬島には、馬島の民謡や馬島の民話も数多く残っている。馬島の民謡は、瀬戸内海の他の島々の民謡と同じく、漁業や農業を題材にしたものが多く、馬島の人の生活が歌われている。馬島の民話は、馬島の歴史や文化を伝えるもので、島の人々に親しまれている。
地名・ロケ地

小芝島:ハート形の自然美と歴史

-小芝島の地理と自然- 小芝島は、香川県の高松市にある小さな島です。瀬戸内海のほぼ中央に位置し、周囲は約1.6キロメートル、面積は約0.35平方キロメートルです。島全体がハート形をしており、その美しい景観から「ハートアイランド」の愛称で親しまれています。 小芝島は、古生代後期に形成された花崗岩からなる島です。海岸線は変化に富んでおり、断崖絶壁や奇岩、砂浜などがあります。島の最高点は標高73メートルの小芝山で、山頂からは瀬戸内海の美しい景色を眺めることができます。 小芝島の自然は、瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、多種多様な植物が生息しています。島の約80%は森林で覆われており、クスノキ、シイノキ、ヤブツバキなどの常緑樹が茂っています。また、島には約300種の野鳥が生息しており、バードウォッチングスポットとしても知られています。
作品名

中国短編文学賞とは?応募資格や選考方法を解説

中国短編文学賞の歴史と背景 中国短編文学賞は、中国で最も権威のある短編文学賞であり、1981年に創設されました。中国作家協会が主催し、毎年開催されています。この賞は、中国の短編文学の発展に貢献し、優秀な短編小説作家を発掘することを目的としています。 中国短編文学賞の歴史は、中国の短編文学の発展と密接に関連しています。中国の短編文学は、長い歴史を持ち、古代から現代まで、多くの優秀な短編小説が生まれました。魯迅、茅盾、巴金、老舎などの作家は、中国の短編文学の発展に大きな貢献をしました。 中国短編文学賞の創設は、中国の短編文学の発展をさらに促進する契機となりました。この賞は、中国の短編文学作家にとって、大きな名誉と励みとなっています。また、この賞は、中国の短編文学を世界に紹介する役割を果たしています。 中国短編文学賞は、中国の短編文学の発展に大きな貢献を果たしてきました。この賞は、中国の短編文学作家にとって、大きな名誉と励みとなっており、また、中国の短編文学を世界に紹介する役割を果たしています。
施設名・ロケ地

広島県大迫港について学ぶ

大迫港のアクセスと施設 大迫港は、広島県呉市にある港です。呉市の東部に位置し、瀬戸内海に面しています。大迫港は、呉市と周辺地域の重要な物流拠点となっており、年間約1,000隻の船舶が入港しています。 大迫港へのアクセスは、車・バス・電車が便利です。車の場合は、広島呉道路大迫ICから約15分です。バスの場合は、JR呉駅からバスで約30分です。電車の場合は、JR呉駅から呉ポートピアパーク駅まで行き、徒歩で約15分です。 大迫港には、さまざまな施設があります。港湾施設としては、岸壁や倉庫、荷役設備などがあります。また、旅客ターミナルや駐車場、レストランなどの施設もあります。大迫港は、物流拠点としてだけでなく、レジャーや観光の拠点としても利用されています。 大迫港は、広島県呉市にとって重要な港です。物流拠点としてだけでなく、レジャーや観光の拠点としても利用されており、多くの人々が訪れています。
地名・ロケ地

幻想の島〜来島の魅力〜

-来島の歴史と伝説- 来島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。島の名は、昔、この島に龍が住んでおり、その龍が島の周りを回って飛ぶ姿が来島の形に似ていたことから名付けられたと言われています。 来島には、古くから多くの伝説が伝わっています。その中のひとつに、来島に鬼が住んでいたという伝説があります。ある日、この鬼が島の住人に悪さをしたため、住人たちは鬼を退治することにしました。住人たちは力を合わせて鬼を退治し、島に平和を取り戻しました。 また、来島には、弘法大師が来島に立ち寄ったという伝説もあります。弘法大師は、島の住人に仏教の教えを広め、島の発展に貢献しました。 来島は、歴史と伝説に満ちた魅力的な島です。ぜひ一度、来島を訪れてみてください。
地名・ロケ地

無人島「小細島」の自然の美しさ

小細島の豊かな自然 小細島は、鹿児島県に位置する無人島です。面積は約1.2平方キロメートルで、島の周囲は約5キロメートルです。小細島は、亜熱帯気候に属しており、年間平均気温は約20度です。夏は暑く、冬は温暖です。小細島には、多様な動植物が生息しています。島の森林には、クスノキ、シイノキ、カゴノキなど、さまざまな種類の樹木が生育しています。また、島には、ウサギ、ノウサギ、キジなど、さまざまな種類の動物が生息しています。小細島の海には、珊瑚、熱帯魚、海藻など、さまざまな種類の海洋生物が生息しています。小細島は、自然の美しさを楽しむことができる無人島です。
地名・ロケ地

みよし市民納涼花火まつり(広島県三次市)を楽しむためのガイド

-花火大会の基本情報- みよし市民納涼花火まつりは、広島県三次市で毎年夏に開催される花火大会です。約1万発の花火が打ち上げられ、迫力のある花火を楽しむことができます。花火大会は、三次市中心部にある河川敷で行われ、会場には屋台やステージなども設けられます。 花火大会は、毎年8月1日に行われ、午後7時30分から約90分間開催されます。打ち上げ場所は、三次市三次町にある河川敷で、会場には屋台やステージなども設けられます。花火大会の入場料は無料で、どなたでも参加することができます。 花火大会へのアクセスは、車で行くのがおすすめです。会場には駐車場が整備されており、駐車料金は無料です。また、公共交通機関を利用して行く場合は、JR三次駅から徒歩約15分です。 花火大会当日は、混雑が予想されるため、早めに行動することをおすすめします。また、花火大会中は、熱中症対策や雨天対策をしっかりとしておきましょう。
地名・ロケ地

御手洗港の魅力と歴史

御手洗港とは 御手洗港は、長崎県北松浦郡小値賀町御手洗郷にある港です。古くから交通の要衝として栄え、江戸時代には朱印船貿易の拠点として、また、明治時代には海運業の中心として大いに賑わいました。現在でも、漁港として、また、観光地として多くの人が訪れる人気のスポットです。 港の周辺には、白壁造りの町家や石畳の道が残り、往時の繁栄を偲ぶことができます。また、海に面した展望台からは、美しい島々が一望でき、絶景です。御手洗港は、日本の歴史と文化を学ぶことができる貴重な場所であり、小値賀島のシンボル的存在です。
施設名・ロケ地

荒木家住宅の魅力と歴史

荒木家住宅の歴史と特徴 荒木家住宅は、江戸時代後期に建てられた町屋で、国の重要文化財に指定されています。建物は、主屋、奥座敷、土蔵、納屋などからなり、主屋は、木造2階建て、瓦葺き、入母屋造りの建物です。奥座敷は、木造平屋建て、瓦葺き、切妻造りの建物で、主屋と渡り廊下でつながっています。土蔵は、木造2階建て、瓦葺き、切妻造りの建物で、主屋と奥座敷に挟まれた位置にあります。納屋は、木造平屋建て、瓦葺き、切妻造りの建物で、土蔵の隣にあります。 荒木家住宅は、町屋の典型的な特徴を備えており、木製の建具や格子戸、土壁など、当時の町屋の建築様式を色濃く残しています。また、荒木家住宅は、江戸時代から続く商家であり、建物内には、商家としての生活用品や道具類が展示されています。これらの生活用品や道具類は、当時の商家の暮らしぶりを知ることができる貴重な資料となっています。
地名・ロケ地

広島の名刹「磐台寺」の魅力

広島県福山市沼隈町にある磐台寺は、瀬戸内海の美しい景色が一望できる絶景の寺です。沼隈半島の南端、海に面した丘の上に位置しており、本堂の脇からは、沼隈瀬戸や瀬戸田町、生口島、大三島など、瀬戸内海の島々が散りばめられているのが一望できます。天気の良い日には、四国まで見渡すことができ、その眺望はまさに絶景です。 また、磐台寺は歴史ある寺でもあります。開基は延喜年間(901~923年)とされ、平安時代から続く長い歴史を持っています。本堂は室町時代末期の1583年に再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。本堂内には、室町時代作の仏像や、平安時代作の板絵などが安置されており、歴史と芸術を感じることができます。 磐台寺は、観光客にも人気のスポットです。瀬戸内海の絶景を眺めながら、歴史と芸術に浸れる磐台寺は、広島県を訪れた際にはぜひ立ち寄りたい場所です。
その他

「黒い真珠・三次ピオーネの日」とは?

三次ピオーネの歴史は、1960年、広島県三次の国府町において、国立果樹研究所ブドウ試験場(現在の農研機構果樹研究所ブドウ研究部)が「巨峰」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配したことに始まります。 1965年に、「黒い真珠」と命名され、1973年に品種登録されました。その後、三次市を含む広島県北部を中心に栽培され、1980年代には全国的な人気を博しました。 三次ピオーネは、大粒で、皮が薄く、糖度が高く、果汁が豊富なブドウです。また、アントシアニンを多く含んでおり、健康にも良いとされています。 三次ピオーネは、広島県の特産品として知られており、毎年9月下旬から10月中旬にかけて収穫されます。三次市では、毎年10月に「三次ピオーネの日」が開催され、三次ピオーネの販売やイベントが行われます。
モノの名前

「いつくし丸」の魅力と美味しさを味わおう!

大長レモンと宇治抹茶の風味を堪能 「いつくし丸」のもう一つの特徴は、大長レモンと宇治抹茶の風味を味わえることです。大長レモンは、広島県産のレモンで、通常のレモンよりも香りが強く、酸味が控えめなことが特徴です。宇治抹茶は、京都府産の抹茶で、香り高く、渋みが少ないことが特徴です。この2つの素材を組み合わせることで、爽やかで上品な風味が生まれます。 まずは、大長レモンの風味を味わうために、一口食べてみてください。口の中に広がる爽やかな酸味は、食欲をそそります。そして、宇治抹茶の風味が鼻を抜けていきます。この2つの風味は、とてもよく合っていて、後を引く美味しさです。 大長レモンと宇治抹茶の風味を存分に味わうために、ぜひ、「いつくし丸」で抹茶ラテを飲んでみてください。抹茶ラテは、抹茶と牛乳を混ぜた飲み物ですが、「いつくし丸」では、大長レモンの果汁を加えています。そのため、抹茶ラテに爽やかな酸味がプラスされ、より一層美味しくなっています。 また、「いつくし丸」では、大長レモンと宇治抹茶を使ったスイーツも販売しています。大長レモンのタルトや、宇治抹茶のロールケーキなど、どれも絶品です。ぜひ、お土産に買って帰ってみてください。
モノの名前

酒どころ広島の銘酒「清盛」の歴史と魅力

-清盛の歴史と製造方法- 清盛は、広島県呉市に本社を置く酒蔵「澄川酒造」が製造している銘酒です。澄川酒造は、1710年(宝永7年)に創業した老舗酒蔵で、清盛は澄川酒造の代表銘柄として親しまれています。 清盛の歴史は古く、江戸時代初期には呉の町で酒造りが始まっていたとされています。澄川酒造の創業者である澄川宗右衛門は、呉の酒造業者の家系に生まれ、若い頃から酒造りの技術を学びました。宗右衛門は、呉の酒造りを発展させるために尽力し、清盛を広島県を代表する銘酒に育て上げました。 清盛は、広島県の特産の酒米である「八反錦」と、広島県の清流である「太田川」の水を使用して製造されています。八反錦は、大粒で甘みがあり、清盛にまろやかな味わいとコクを与えています。太田川の水は、清らかで柔らかく、清盛にキレのある後味をもたらしています。 清盛の製造方法は、伝統的な酒造りの手法を忠実に守っています。酒米を蒸して麹を作り、麹と水を混ぜて醪(もろみ)を作ります。醪を数日間発酵させると、清盛が完成します。清盛は、熟成させることで、よりまろやかな味わいに仕上がります。 清盛は、広島県を代表する銘酒として、県内外で広く親しまれています。清盛は、広島県の特産の酒米と水を使用して製造されており、伝統的な酒造りの手法を忠実に守っています。清盛は、まろやかな味わいとコクがあり、キレのある後味が特徴です。
施設名・ロケ地

佐木港の歴史と特徴

-佐木港の歴史- 佐木港は、江戸時代初期の1624年に築港された、大阪府泉南郡岬町の港である。築港の目的は、紀伊半島と淡路島を結ぶ航路の要衝として、また、大阪と紀伊半島を結ぶ航路の寄港地としてであった。佐木港は、江戸時代を通じて重要な港として栄え、明治時代以降も、大阪と紀伊半島を結ぶ航路の寄港地として利用されていた。 しかし、1965年に大阪国際空港が、また、1970年に関西国際空港がそれぞれ開港すると、佐木港は旅客輸送の拠点としての役割を失った。また、1985年に阪神高速道路の阪和線が、また、2002年に第二阪和道路がそれぞれ開通すると、佐木港は貨物輸送の拠点としての役割も失った。 佐木港は、現在では、地元の漁業者が利用する小さな港となっている。しかし、佐木港には、江戸時代以来の歴史的建造物が残されており、観光地としても注目されている。佐木港には、築港時に建設された石造りの防波堤や、江戸時代後期に建設された木造の倉庫などがあり、国の重要文化財にも指定されている。
モノの名前

戸河内挽物の魅力と伝統

戸河内挽物とは、兵庫県多可郡にある小さな町、戸河内地区で生産されている木工製品のことです。戸河内挽物は、その起源を300年以上前までさかのぼり、当時は農閑期の副業として生産されていました。戸河内挽物は、その使い勝手の良さや美しさから、次第に評判を呼び、今では全国各地に出荷されています。 戸河内挽物の特徴は、その独特な形状と木目の美しさです。戸河内挽物は、主にケヤキやイチョウ、クルミなどの木を原料としており、木目の美しさや強度を活かした製品が多く作られています。また、戸河内挽物は、一つ一つ手作業で作られており、その丁寧な仕事ぶりは、製品の美しさに表れています。 戸河内挽物は、その使い勝手の良さも魅力の一つです。戸河内挽物は、主に食器や花瓶、小物入れなどの生活用品として使用されており、その使い勝手の良さは、多くの人々に愛されています。また、戸河内挽物は、その美しさから、観賞用としても人気があります。