徳島県

モノの名前

「はちみつ太良」とは?徳島県勝浦郡勝浦町の松平養蜂場が製造・販売するミカンの蜂蜜

「はちみつ太良」は、徳島県勝浦郡勝浦町にある松平養蜂場が製造・販売するミカンの蜂蜜です。日本原産のニホンミツバチが、勝浦町の豊かな自然の中で育ったミカンの花から集めた蜜で作られています。 「はちみつ太良」の特徴の一つは、その濃厚な味わいです。ミカンの花の蜜は、他の花の蜜よりも甘みが強く、コクがあります。また、「はちみつ太良」は、ミカンの花の香りが強く、爽やかな後味も特徴です。 「はちみつ太良」は、パンやヨーグルトなどの食品にかけて食べるのはもちろん、そのままスプーンですくって食べても美味しくいただけます。また、料理の隠し味として使ったり、ドリンクに混ぜたりしても楽しむことができます。
モノの名前

徳島新聞とは?

徳島新聞の歴史 徳島新聞は、徳島県で発行されている地方新聞です。1877年(明治10年)に「阿波毎日新聞」として創刊され、1882年(明治15年)に「徳島新聞」に改題されました。1942年(昭和17年)に徳島日日新聞と合併して「徳島日日新聞社」を設立し、1946年(昭和21年)に「徳島新聞社」に改称しました。徳島県内全域を発行エリアとしており、徳島県で唯一の地方紙として、県民の生活に欠かせない情報源となっています。 徳島新聞は、徳島県政や県内の経済、社会情勢などを幅広く報道しています。また、徳島県にゆかりのある著名人のインタビューや、徳島県の歴史や文化に関する連載記事など、多彩なコンテンツを掲載しています。徳島新聞は、徳島県民の生活に欠かせない情報源として、これからも県民の生活に密着した報道を目指してまいります。
地名・ロケ地

亀浦港:歴史、施設、役割

亀浦港の歴史と設立 亀浦港は、長崎県五島市に位置する、有史以来、五島列島の玄関口として利用されてきた港である。古くは万葉集にもその名が見られ、遣唐使船や大陸との貿易船、島民の生活を支える漁船などで賑わってきた。しかし、明治維新後、政府は西欧列強に対抗できる近代的な軍港の建設を急ぎ、五島列島には佐世保港が建設された。佐世保港の建設に伴い、亀浦港は軍港としての役割を終え、地方港として機能するようになった。 1945年、終戦により佐世保港が米軍に接収されると、亀浦港は再び五島列島の玄関口としてその役割を担うことになった。1951年には、亀浦港が国の重要港湾に指定され、1964年には、長崎県が亀浦港の管理運営を行う亀浦港湾事務所を設置した。1970年には、亀浦港が国の特定重要港湾に指定され、全国的な拠点港としてその地位を確立した。 現在、亀浦港は年間約300万トンの貨物取扱量があり、五島列島と本土、本土と離島を結ぶフェリーや高速船の発着港となっている。また、亀浦港は、五島列島の観光拠点としても重要であり、多くの観光客が訪れる。
施設名・ロケ地

徳島県阿波市の道の駅『どなり』の魅力

徳島県の特産品を販売する売店 徳島県阿波市の道の駅「どなり」には、徳島県の特産品を販売する売店があります。売店では、阿波藍で染めた藍染めの製品や、地元の新鮮な野菜や果物、阿波牛を使ったコロッケやメンチカツなどの加工品、阿波尾鶏を使った卵や鶏肉、そして徳島県産の米や小麦粉を使ったパンやおにぎりなど、さまざまな特産品が販売されています。 また、売店では、徳島県のご当地グルメである「徳島ラーメン」や「阿波尾鶏の唐揚げ」などのテイクアウトメニューも販売されています。売店は、阿波市の特産品を購入できるだけでなく、阿波市のグルメを味わうことができるスポットとしても人気です。
モノの名前

神山鶏について

神山鶏とは? 神山鶏とは、愛媛県西条市神山町原産の鶏です。神山鶏の歴史は古く、江戸時代には すでに飼育されていた記録が残っています。神山鶏は、雄鶏は体重が2.5~3.0kg、雌鶏は体重が2.0~2.5kgと大型の鶏で、肉質が柔らかく、コクがあり、噛むほどに旨味が増すのが特徴です。神山鶏は、昭和62年に国の天然記念物に指定され、現在では、神山町を中心に、愛媛県内各地で飼育されています。 神山町は、四国山地に位置する自然豊かな町で、神山鶏は、この町で飼育されていることから、神山鶏と呼ばれています。神山鶏は、放し飼いでのびのびと飼育されており、新鮮な空気と水、そして山の恵みを受けて育っています。神山鶏は、その飼育方法から、健康な鶏として知られており、その肉は、安全で安心な食材として人気があります。 神山鶏は、その肉質の良さから、高級食材として扱われています。神山鶏を使った料理は、料亭や高級レストランなどで提供されており、その味は、多くの人々を魅了しています。神山鶏は、その希少性から、なかなか手に入りにくい食材ですが、一度食べると、その美味しさに感動すること間違いなしです。
モノの名前

阿波ういろの魅力-徳島の名菓

阿波ういろは、阿波地方(徳島県)発祥のういろであり、徳島の名菓として知られています。ういろは、もち米とうるち米を原料とした蒸し菓子で、滑らかな食感と上品な甘さが特徴です。 阿波ういろの歴史は古く、その起源は平安時代まで遡ると言われています。当時、阿波国(徳島県)には、ういろを模した「ういろ餅」というお菓子があり、これが阿波ういろの原型になったと考えられています。その後、阿波ういろは次第に改良され、江戸時代には現在の形になりました。 阿波ういろは、徳島県内では非常に人気があり、お土産としてもよく利用されています。また、全国各地の百貨店やスーパーマーケットでも販売されており、その知名度は年々高まっています。
施設名・ロケ地

折野港について

折野港の歴史 折野港の歴史は古く、16世紀にはすでに湊町として栄えていた記録があります。江戸時代には加賀藩の主要な港として整備され、北前船の寄港地としても賑わいました。明治時代に入ると、近代化に伴いさらに発展し、1896年には鉄道が開通して物流の拠点としての地位を確固たるものにしました。その後、太平洋戦争中は軍港として利用されましたが、戦後は再び民間の港として復興しました。現在では、県内屈指の漁港として知られており、新鮮な魚介類が全国に出荷されています。また、観光地としても人気が高く、毎年多くの観光客が訪れます。
モノの名前

伝統と美しさ – 阿波和紙の魅力

阿波和紙の歴史は古く、その起源は平安時代にまでさかのぼります。当時、阿波国(現在の徳島県)に和紙の製法が伝わったことで、阿波和紙の生産が始まりました。その後、阿波和紙は全国各地に広まり、その優れた品質から、公文書や書画などに使用されるようになりました。 阿波和紙は、独特の風合いと強度を備えています。これは、阿波和紙の原料である楮(こうぞ)の繊維が長く、丈夫なためです。また、阿波和紙は、伝統的な手漉きで作られているため、職人の技が光る芸術品です。 阿波和紙は、現在でも、多くの職人が伝統的な技法を守りながら、和紙を作り続けています。阿波和紙は、日本の伝統文化を代表する工芸品であり、その美しさは、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

阿波正藍しじら織の魅力

阿波正藍しじら織の歴史 阿波正藍しじら織の歴史は古く、奈良時代まで遡ります。阿波国(現在の徳島県)は、藍染めの産地として知られており、正倉院には阿波国から献上された藍染めの布が収蔵されています。その後、平安時代になると、阿波正藍しじら織は貴族や武家に愛用されるようになりました。鎌倉時代には、阿波正藍しじら織は全国に広まり、江戸時代には庶民にも普及しました。 明治時代になると、阿波正藍しじら織は海外にも輸出されるようになりました。しかし、第二次世界大戦後、化学染料の普及により、阿波正藍しじら織の生産量は激減しました。近年、阿波正藍しじら織の伝統を守ろうという機運が高まり、生産量は少しずつ回復しています。 阿波正藍しじら織は、藍染めの糸を使用し、しじら織という独特の織り方で織られています。しじら織とは、経糸と緯糸を交互に浮かせたり沈めたりして織ることで、凹凸のある生地に仕上げる織り方です。阿波正藍しじら織は、その凹凸のある生地が特徴的で、肌触りがよく、涼しげな着心地です。
モノの名前

うだつまるの魅力とは?

うだつまるの歴史 うだつまるの歴史は古く、平安時代まで遡ります。当時は、うだつまるは「うだつ」と呼ばれ、家の格式を表すシンボルとして使われていました。うだつは、家の正面に設けられた防火壁のようなもので、屋根の上まで突き出ているのが特徴です。うだつは、火災の際に火の延焼を防ぐ役割を果たし、また、家屋の耐久性を高める効果もありました。 鎌倉時代になると、うだつは武士の家のシンボルとして定着しました。武士は、うだつを高くすることで、自分の権威を誇示していたのです。室町時代になると、うだつは商家にも広まり、商家は、うだつを高くすることで、自分の財力を誇示していました。 江戸時代になると、うだつは庶民の家のシンボルとしても使われるようになりました。庶民は、うだつを高くすることで、自分の家の繁栄を願っていました。うだつは、庶民にとって、縁起の良いものとされていたのです。 明治時代になると、うだつは次第に廃れていきました。これは、洋風建築が広まったことにより、うだつが不要になったからです。しかし、うだつは、日本の伝統的な建築様式の象徴として、今でも一部の地域に残っています。
地名・ロケ地

剣山御神水 – 徳島県の最高峰に湧く清らかな水

「剣山御神水とは」 剣山御神水は、徳島県三好市にある剣山山頂付近に湧き出る水です。剣山は徳島県の最高峰であり、古くから霊山として崇められてきました。剣山御神水は、その剣山山頂付近の岩の間から湧き出る清らかな水です。水質は非常に良く、透明度が高く、まろやかな味わいです。剣山御神水は、古くから地元の人々に大切にされ、飲用や料理、神事に使われてきました。また、剣山御神水は、近年では観光客にも人気があり、多くの人がこの清らかな水を汲みに訪れます。
モノの名前

「みちこの有機ぽんず」の魅力と味わい

「みちこの有機ぽんず」は、有機農産物と有機加工食品をたっぷりと使用した、安全で美味しいポン酢です。有機農産物は、化学農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培された農作物で、自然の恵みをたっぷり受けて育っています。有機加工食品は、有機農産物を原料にして加工された食品で、こちらも化学添加物や保存料を一切使用していません。 「みちこの有機ぽんず」は、有機醤油をベースに、有機レモン、有機カボス、有機柚子などの果汁をブレンドして作られています。また、有機野菜や有機果物を丁寧に絞った果汁も加えられており、コクと旨味のある味わいに仕上がっています。 「みちこの有機ぽんず」は、お刺身や焼き魚、鍋物、サラダなど、さまざまな料理に合います。また、餃子やシュウマイなどの点心類との相性も抜群です。 「みちこの有機ぽんず」は、安全で美味しいだけでなく、環境にも優しいポン酢です。有機農産物は、化学農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培されるため、環境汚染を防止することができます。また、有機加工食品は、化学添加物や保存料を一切使用していないため、食品廃棄物を減らすことができます。
モノの名前

お美姫鍋を味わう旅

徳島県三好市の大歩危祖谷温泉郷は、大歩危・小歩危の景勝地や祖谷のかずら橋など、自然豊かな観光スポットが点在する地域です。この地域には、地元の食材を使った郷土料理がたくさんあり、その中でも「お美姫鍋」は、地元の女性に伝わる古くからの伝統料理として知られています。 お美姫鍋は、鶏肉や野菜、きのこなどを味噌ベースのスープで煮込んだ鍋料理です。鶏肉は、地元で飼育されている阿波尾鶏を使用しており、歯ごたえがあり、旨みが強いのが特徴です。野菜は、地元で採れた新鮮なものを使い、きのこは、地元の山で採れた舞茸や椎茸などを使用しています。味噌は、地元で作られた米味噌を使用しており、甘くてコクのある味わいです。 お美姫鍋は、三好市の郷土料理として、地元の人々に親しまれています。また、観光客にも人気が高く、三好市を訪れた際には、ぜひ味わいたい料理のひとつです。お美姫鍋は、地元の食材を使った郷土料理であるため、三好市の風土や文化を味わうことができます。また、鶏肉や野菜、きのこなど、地元の食材をふんだんに使用しているため、栄養価も高く、健康にも良い料理です。
未分類

「崖っぷち犬」リンリンのストーリー

徳島県の「崖っぷち犬」 徳島県の山間部にある小さな村に、崖っぷち犬として知られるリンリンという犬がいました。リンリンは生まれつき足が不自由で、歩くこともままなりませんでした。そのため、他の犬たちと遊ぶこともできず、いつも崖っぷちに座って海を眺めていました。 ある日、リンリンの元に一人の少年がやってきました。少年はリンリンを見て、そのかわいそうな姿に同情しました。そこで、少年はリンリンを家に連れて帰り、一緒に暮らすようになりました。 少年はリンリンに車椅子を作ってあげました。これでリンリンは自由に動き回ることができるようになりました。また少年はリンリンを毎日のように散歩に連れて行きました。リンリンは散歩がとても大好きで、いつも尻尾を振って嬉しそうにしていました。 リンリンは少年と一緒に暮らしていくうちに、とても元気な犬になりました。そして、リンリンの話を聞いた村人たちは、リンリンを「崖っぷち犬」ではなく「幸せ犬」と呼ぶようになりました。 リンリンは15歳まで生きました。リンリンが亡くなったとき、少年はとても悲しみました。しかし、リンリンと一緒に過ごした日々は、少年にとってかけがえのない思い出となりました。
地名・ロケ地

轟九十九滝の絶景とアクセス

轟九十九滝とは 轟九十九滝は、宮城県大崎市にある九十九の滝からなる滝群です。その名の通り、大小さまざまな滝が重なり合っており、その景観は圧巻です。轟九十九滝は、国の天然記念物にも指定されており、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。 轟九十九滝の滝壺は、深い緑色をしていて、その透明度は抜群です。滝壺の中には、大小さまざまな魚が泳いでおり、その様子を眺めていると、心が癒されます。また、轟九十九滝の周辺には、遊歩道が整備されており、滝を間近で見ることもできます。遊歩道を歩いていると、滝の轟音やマイナスイオンを全身で感じることができます。 轟九十九滝は、四季折々の美しさを楽しむことができます。春には、滝の周りに桜が咲き誇り、その光景は絶景です。夏には、滝の水しぶきが涼しさを運んできてくれます。秋には、滝の周りの木々が色づき、その景観はまるで絵画のようです。冬には、滝が凍りつき、その光景は幻想的です。 轟九十九滝は、アクセスも良好です。東北自動車道の古川インターチェンジから車で約30分、JR陸羽東線の古川駅から車で約40分です。また、駐車場も完備されているので、車でのアクセスも可能です。 轟九十九滝は、自然の美しさを満喫できる観光スポットです。四季折々の美しさを楽しむことができるので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

祖谷にたたずむ古民家ー徳島県三好市『徳善家住宅』の歴史や魅力

徳善家住宅は徳島県三好市祖谷にある築200年以上の古民家。江戸時代後期に建てられ、四国三郎の生家とも言われている邸宅である。国指定重要文化財に指定されており、日本国内でも数少ない古民家のひとつとなっている。 徳善家住宅は、徳島県の三好市祖谷の祖谷川沿いに建つ伝統的な日本家屋である。この家は1800年代初頭に建てられ、徳善家の祖先である徳善茂兵衛によって所有されていた。徳善家住宅は、四国三郎伝説にちなんだ場所としても知られている。四国三郎は、12世紀にこの地域を支配したとされる武将であり、徳善家住宅はその生家だったと伝えられている。 徳善家住宅は、木造平屋建て茅葺き屋根の建物である。内部は土間、居間、台所、納屋などの部屋に分かれており、当時の生活の様子を垣間見ることができる。また、徳善家住宅には、四国三郎の鎧兜や刀などの貴重な遺物が展示されている。徳善家住宅は、徳島県の祖谷の観光スポットとして知られており、多くの観光客が訪れている。
モノの名前

JR四国「剣山」とは?徳島~阿波池田を結ぶ特急

剣山の運行区間と主な停車駅 JR四国の特急「剣山」は、徳島駅と阿波池田駅を結ぶ特急列車です。徳島線と牟岐線の2つの路線を走行し、徳島県内の主要都市を結んでいます。剣山は、徳島県を代表する観光スポットである剣山へのアクセス列車として利用されているほか、徳島県と香川県を結ぶ重要な交通手段でもあります。 剣山の運行区間は、徳島駅を出発し、勝瑞駅、鴨島駅、阿南駅、牟岐駅、海部駅、阿波川口駅、阿波池田駅に停車します。途中、徳島線と牟岐線を乗り継ぎ、徳島県内の主要都市を巡ります。剣山の所要時間は、徳島駅から阿波池田駅まで約2時間30分です。 剣山は、徳島県を代表する特急列車として、多くの観光客やビジネスマンに利用されています。また、徳島県と香川県を結ぶ重要な交通手段としても機能しており、県民の足として親しまれています。
施設名・ロケ地

徳島県のレジャー施設「月見ヶ丘海浜公園」の魅力

徳島県のレジャー施設「月見ヶ丘海浜公園」は、飛行機を眺めながらキャンプやバーベキューが楽しめる人気スポットです。公園内には、キャンプサイトやバーベキュー場が整備されており、手ぶらで訪れても楽しめるようになっています。また、公園からは徳島阿波おどり空港が近いため、飛行機の離着陸を間近に見ることができます。飛行機好きにはたまらないスポットです。 キャンプサイトは、オートキャンプ場とテントサイトの2種類があります。オートキャンプ場は、電源付きの区画サイトで、車やキャンピングカーでの宿泊が可能です。テントサイトは、電源のない区画サイトで、テントでの宿泊が可能です。どちらも、予約が必要ですが、当日の予約も可能です。 バーベキュー場は、屋根付きの施設が整備されており、雨天でもバーベキューを楽しむことができます。バーベキューセットは、レンタルすることもできます。また、公園内には、売店やレストランがあり、飲み物や食事を購入することもできます。 月見ヶ丘海浜公園は、徳島空港のすぐ近くにあるので、飛行機の離着陸を間近に見ることができます。飛行機好きにはたまらないスポットです。また、公園内には、遊具やアスレチック施設があり、子供連れでも楽しめるようになっています。
地名・ロケ地

島田島の魅力まとめ

島田島の歴史と文化 島田島は、広島県尾道市に属す島で、瀬戸内海の多島美を代表する景勝地として知られています。島の歴史は古く、弥生時代にはすでに人が住んでいたとされており、その後、奈良時代には仏教が伝来し、平安時代には平清盛が厳島神社を建立しました。島はまた、江戸時代には塩田として栄え、明治時代には製塩業が盛んになりました。昭和時代には、島の大部分が国立公園に指定され、観光地として発展しました。 島田島の文化は、瀬戸内の他の島々と同じように、海と山の恵みを活かした独自の文化が育まれてきました。島の特産品である塩は、古くから人々の生活に欠かせないものであり、塩田での塩づくりは島の重要な産業でした。また、島では昔から漁業が盛んで、新鮮な魚介類が食卓にのぼります。島の伝統行事である「島田島祭り」は、毎年8月15日に行われ、島の氏神である厳島神社に奉納されます。
施設名・ロケ地

鳴門の「第九の里」の魅力を再発見

鳴門の「第九の里」の魅力を再発見 ベートーベンの交響曲第九番の里 鳴門市には、ベートーベンの交響曲第九番を愛する人々が集まる「第九の里」があります。この里では、毎年12月に「第九の夕べ」というコンサートが開催され、多くの人々が第九を合唱します。また、里の中には、第九に関する資料を展示する「第九記念館」もあります。 「第九の里」の始まりは、1983年に鳴門市がベートーベンの生誕200周年を記念して、第九を合唱するコンサートを開催したことでした。このコンサートは大盛況となり、翌年から毎年開催されるようになりました。そして、1990年には、「第九の里」が誕生しました。 「第九の里」は、鳴門市の郊外に位置しています。里の中には、第九に関する資料を展示する「第九記念館」があります。記念館には、第九の楽譜や演奏会のポスターなど、貴重な資料が展示されています。また、記念館では、第九の演奏会も開催されています。 「第九の里」は、ベートーベンの交響曲第九番を愛する人々が集まる場所です。毎年開催される「第九の夕べ」には、多くの人々が参加し、第九を合唱します。また、里の中には、第九に関する資料を展示する「第九記念館」もあります。
その他

海部川風流マラソンを徹底解説!

海部川風流マラソンは、徳島県海部郡海陽町で開催されるマラソン大会です。毎年3月上旬に開催され、徳島県内外から多くのランナーが参加します。 レースは、海部郡海陽町役場をスタートし、海部川沿いを走るコースで、フルマラソン、ハーフマラソン、10キロ、5キロの4つの部門があります。フルマラソンは、海部郡海陽町役場をスタートし、海部川沿いを走り、海部郡海陽町役場に戻る42.195キロのコースです。ハーフマラソンは、海部郡海陽町役場をスタートし、海部川沿いを走り、海部郡海陽町役場に戻る21.0975キロのコースです。10キロは、海部郡海陽町役場をスタートし、海部川沿いを走り、海部郡海陽町役場に戻る10キロのコースです。5キロは、海部郡海陽町役場をスタートし、海部川沿いを走り、海部郡海陽町役場に戻る5キロのコースです。 レース当日は、海部郡海陽町役場周辺が交通規制されます。ランナーは、時間に余裕を持って会場に到着するようにしてください。レース前には、ストレッチやウォーミングアップを十分に行い、体調を整えてください。レース中は、水分を十分に補給し、無理をしないように注意してください。ゴール後は、すぐにストレッチを行い、クールダウンしてください。
その他

「ずきがし」は徳島県の郷土料理

「ずきがし」とは、徳島県の郷土料理で、米粉とすりおろした大根を主原料とする蒸し料理です。徳島県内の各地で食べられており、家庭や郷土料理店などで作られています。 「ずきがし」は、米粉と大根のほかに、ネギ、ニンジン、こんにゃく、油揚げなどの具材を入れて作ることが多く、具材の種類や割合は家庭や地域によってさまざまです。 「ずきがし」は、米粉と大根を混ぜて蒸すことで作られます。米粉は、水で溶いてから大根と混ぜ合わせます。大根は、皮をむいてすりおろし、水気を切っておきます。米粉と大根を混ぜ合わせたら、ネギ、ニンジン、こんにゃく、油揚げなどの具材を加えて混ぜ合わせます。 「ずきがし」は、蒸し器で蒸します。蒸し器にクッキングシートを敷いて、米粉と大根を混ぜ合わせた生地を入れます。生地の厚さは約2センチメートルが目安です。蒸し器で15分ほど蒸したら、「ずきがし」の完成です。 「ずきがし」は、そのまま食べてもおいしいですが、醤油やめんつゆ、ポン酢などをつけて食べてもおいしくいただけます。また、「ずきがし」を炒めて食べることもあります。
モノの名前

「すだち牛」とは?特徴や味わいをご紹介

-すだち牛の定義と歴史- すだち牛とは、すだちの果汁や皮を餌に与えて育てられた牛のことです。すだちの爽やかな風味が牛肉に溶け込み、独特の味わいが特徴です。すだち牛は、徳島県の特産品として知られており、県内の農家が生産しています。 「徳島県すだち牛」は、徳島県内で生産され、指定された産地、品種、飼養方法、検査基準を満たした牛のことです。すだち牛は、徳島県内で飼育され、出生後9ヶ月以上すだちの果汁や皮を餌に与えられています。また、出荷前に食肉検査に合格した牛だけが「徳島県すだち牛」として販売することができます。 すだち牛の歴史は古く、江戸時代にはすだちの皮を餌に与えることで牛肉の品質を高める工夫が行われていました。明治時代になってからは、徳島県で本格的にすだち牛の生産が始まり、大正時代には全国的に知られるようになりました。現在でも、すだち牛は徳島県の特産品として人気があり、県内の飲食店やスーパーなどで販売されています。
モノの名前

「とくしまバーガー」の魅力とおすすめの店舗

阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏を贅沢に使用した絶品バーガー 徳島県産の阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏を使用したバーガーは、徳島県の地産地消バーガーである「とくしまバーガー」の大きな特徴です。阿波牛は、日本の黒毛和牛の中でも特に肉質が良く、脂肪分が少なく赤身の旨みが強いのが特徴です。阿波ポークは、徳島県産のブランド豚肉で、肉質がきめ細かく、脂身が甘く、ジューシーな味わいが特徴です。阿波尾鶏は、徳島県産のブランド鶏肉で、肉質が柔らかく、風味豊かで、弾力のある食感が特徴です。 これらの徳島県産の食材を使用した「とくしまバーガー」は、肉厚でジューシーなパティと、新鮮な野菜が挟まれたボリューム満点のバーガーで、徳島県を訪れた際にはぜひ味わっていただきたい一品です。 阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏を使用した「とくしまバーガー」を提供している店舗は、徳島県内に数多くあります。その中でも、特に人気のある店舗をいくつかご紹介します。