悪党パーカー裏切りのコイン

作品名

「悪党パーカー裏切りのコイン」について

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、1958年に出版されたダシール・ハメットの短編小説です。この物語は、私立探偵のサム・スペードが、悪名高いギャングであるパーカーの裏切りによって盗まれた金貨を取り戻すのを手伝おうとする内容です。 この物語は、スペードがパーカーの部下であるルーファス・リオーダンから依頼を受けたところから始まります。リオーダンは、スペードにパーカーが盗んだ金貨を取り戻すよう依頼します。金貨は、現在はリオーダンの妻であるクララが所有しています。 スペードは、リオーダンと彼の妻クララから情報を集め、盗まれた金貨を探し始めます。スペードは、パーカーの部下の1人であるフランキー・オースティンが金貨を所有していることを突き止めます。オースティンは、スペードに金貨を渡すことを拒否します。そこで、スペードはオースティンを殺して金貨を奪います。 スペードは金貨をリオーダンに返還します。しかし、リオーダンは金貨を受け取りません。リオーダンは、スペードがパーカーを殺したことを知っており、スペードが金貨を盗んだと信じています。 スペードは、リオーダンに自分がパーカーを殺していないことを証明しようとします。しかし、リオーダンはスペードの話を受け入れません。リオーダンは、スペードに銃を突きつけます。スペードは、リオーダンを殺してしまいます。 スペードは、金貨を警察に渡します。警察は、スペードをパーカーとオースティンの殺害で逮捕します。スペードは裁判にかけられます。裁判では、スペードはパーカーとオースティンの殺害を否認します。しかし、スペードは有罪判決を受け、死刑を宣告されます。