愛媛県

モノの名前

愛媛甘とろ豚の魅力

愛媛甘とろ豚は、愛媛県産の豚肉の中でも最上級のブランド豚として知られています。その特徴は、なんといってもその甘みのある脂身です。愛媛甘とろ豚の脂身は、融点が低いため口の中でとろけるような食感を楽しむことができます。また、ビタミンEが豊富に含まれており、健康にも良いとされています。愛媛甘とろ豚の肉質は柔らかく、旨味もたっぷり。豚肉本来の美味しさを存分に堪能することができます。 愛媛甘とろ豚の美味しさの秘密は、その飼育方法にあります。愛媛甘とろ豚は、ストレスを与えないよう、広々とした環境の中で飼育されています。また、飼料にもこだわり、地元産の米や麦、大豆などを中心に与えています。こうした飼育方法によって、愛媛甘とろ豚は健康に育ち、美味しい豚肉を生産することができるのです。 愛媛甘とろ豚は、さまざまな料理に適しています。特に、しゃぶしゃぶやステーキ、とんかつなどのシンプルな調理法でいただくと、その美味しさを存分に味わうことができます。また、愛媛甘とろ豚を使った鍋料理や煮物も絶品です。愛媛甘とろ豚は、愛媛県産の豚肉の中でも最上級のブランド豚として、全国各地で人気を集めています。その美味しさは、一度食べると忘れられないほど。ぜひ、愛媛甘とろ豚を味わってみてください。
地名・ロケ地

興居島:愛媛県の隠れた宝石

興居島愛媛県の隠れた宝石 興居島の概要 愛媛県の興居島は、瀬戸内海の美しい島です。周囲約13km、面積は約7.5平方キロメートルで、人口は約3,000人です。 興居島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた島です。島のほとんどが山地ですが、海岸線には美しいビーチや入り江が点在しています。また、島内には多くの史跡や観光スポットがあり、年間を通じて多くの観光客が訪れます。 興居島の産業は、農業と漁業が中心です。島の特産品は、みかん、レモン、オリーブなどです。また、興居島は、海の幸が豊富な島としても知られており、新鮮な魚介類を味わうことができます。 興居島へのアクセスは、フェリーまたは高速艇で行くことができます。フェリーは、愛媛県の松山港から出ており、約1時間で興居島に到着します。高速艇は、愛媛県の今治港から出ており、約30分で興居島に到着します。
施設名・ロケ地

吉祥寺とは?米持ち大権現が宿る愛媛の寺院

米を持ち運ぶ神仏「米持ち大権現」とは? 米持ち大権現とは、愛媛県西条市にある吉祥寺の御堂に祀られている神仏です。その名の通り、米を持ち運ぶ姿をした神仏であり、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があるとされています。 米持ち大権現の起源は古く、平安時代初期にまで遡ると言われています。当時、西条市一帯は旱魃に見舞われ、米が不作となっていました。そこで、人々が米を求めて隣の国にまで出かけていきました。ある日、一人の旅人が米を積んだ荷車を引いていると、突然現れた神仏が荷車を軽くしてくれました。旅人は神仏に感謝し、その神仏を祀ったのが米持ち大権現の始まりと言われています。 米持ち大権現は、現在も多くの参拝者が訪れる人気のパワースポットです。特に、受験生やビジネスマンなど、勝負事に挑む人が多く訪れます。米持ち大権現に参拝すると、運気がアップし、物事がうまくいくと言われています。 米持ち大権現は、吉祥寺の御堂の中に祀られています。御堂は、江戸時代初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。御堂の中は、厳かな雰囲気に包まれており、神聖な空気が漂っています。米持ち大権現を祀る御堂は、吉祥寺の中心部に位置しています。御堂の前には、大きな石灯籠があり、その奥に御堂があります。御堂の中は、薄暗く、厳かな雰囲気に包まれています。米持ち大権現は、御堂の奥に祀られており、その姿は、米を持ち運ぶ姿をしています。米持ち大権現は、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があるとされており、多くの参拝者が訪れます。
地名・ロケ地

「須ノ川公園」で自然と触れ合おう!

須ノ川公園の魅力 須ノ川公園は自然と触れ合える公園として、多くの来園者で賑わいます。広大な敷地には、森林や遊歩道、池などがあり、四季折々の自然を楽しむことができます。また、公園内にはアスレチックや遊具もあるので、子どもたちにも人気です。 須ノ川公園の最大の魅力は、その豊かな自然です。園内には森林や遊歩道、池などがあり、四季折々の自然を楽しむことができます。春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、どの季節に来ても美しい景色を楽しむことができます。 また、須ノ川公園は、子どもたちにも優しい公園です。園内にはアスレチックや遊具があり、子どもたちが思いっきり遊ぶことができます。また、池では釣りを楽しむこともできます。自然と触れ合いながら、子どもたちがのびのびと遊ぶことができる公園です。
施設名・ロケ地

「ユートピア宇和」のんびり温泉旅

愛媛県西予市の温浴施設「ユートピア宇和」 「ユートピア宇和」は、愛媛県西予市宇和町にある温浴施設です。源泉かけ流しの温泉やサウナ、露天風呂などを備え、日帰り入浴や宿泊も可能です。施設内にはレストランや土産物店もあり、ゆっくりと過ごすことができます。また、近隣には宇和島城や宇和島闘牛場などの観光スポットもあり、観光拠点としても便利です。 ユートピア宇和の温泉は、1,200年以上前から湧き出ているとされる歴史ある温泉です。泉質はナトリウム-塩化物泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効果があるとされています。また、サウナや露天風呂からは美しい景色を眺めることができます。 ユートピア宇和には、日帰り入浴や宿泊のプランが用意されています。日帰り入浴は大人500円、子供250円です。宿泊は、素泊まり4,000円から、2食付き5,000円からとなっています。 ユートピア宇和は、のんびりとした温泉旅を満喫するのにおすすめのスポットです。自然豊かな宇和町の景色を眺めながら、温泉に浸かって疲れを癒してください。
施設名・ロケ地

「しんばし」とは?愛媛県のスーパーマーケットの歴史を探る

「しんばし」は、愛媛県に本社を置く株式会社しんばしが運営するスーパーマーケットチェーンです。1946年(昭和21年)に創業し、現在では愛媛県内を中心に、広島県、岡山県、香川県、高知県、徳島県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県に出店しています。 「しんばし」の店舗数は2021年3月時点で108店舗であり、愛媛県内ではトップシェアを誇っています。また、2020年(令和2年)には、売上高が1,000億円を突破しました。 「しんばし」は、創業以来、地域に密着したスーパーマーケットとして営業を行ってきました。地元の食材を使用した商品を積極的に取り扱い、顧客のニーズに応じたサービスを提供していることが特徴です。また、「しんばし」は、地域社会への貢献にも積極的に取り組んでおり、各種イベントへの協賛や、地域住民向けのイベントを開催しています。 「しんばし」は、愛媛県を代表するスーパーマーケットチェーンとして、地域経済の発展に貢献しています。今後も、地域に密着したスーパーマーケットとして営業を続け、顧客に愛される店舗を目指しています。
地名・ロケ地

「西中港」について

「西中港」の沿革 「西中港」は、1964年に開港した人工島である。当初は、中東からの石油を輸入するための石油基地として建設された。しかし、その後、石油ショックや円高などの影響で、石油基地としての役割は縮小していった。そこで、1980年代後半から、コンテナターミナルや物流施設を整備するなど、新たな産業の誘致に取り組んだ。その結果、「西中港」は、現在では、国際的な物流拠点として発展している。 「西中港」の開港は、日本の経済発展に大きな影響を与えた。石油ショック前は、日本は中東からの石油を大量に輸入しており、「西中港」は、その石油を輸入するための重要な拠点であった。石油ショック後は、円高の影響で石油の輸入が減少したが、「西中港」は、コンテナターミナルや物流施設を整備することで、新たな産業の誘致に成功した。その結果、「西中港」は、現在では、国際的な物流拠点として発展している。 「西中港」の沿革は、日本の経済発展の歴史と密接に関連している。石油ショック前には、日本の経済発展を支える重要な拠点であった。「西中港」の開港は、日本の経済発展に大きな影響を与えた。石油ショック後は、円高の影響で石油の輸入が減少したが、「西中港」は、コンテナターミナルや物流施設を整備することで、新たな産業の誘致に成功した。その結果、「西中港」は、現在では、国際的な物流拠点として発展している。
モノの名前

揚げ足鳥について

-揚げ物について- 揚げ物は、食品を油で揚げた料理の総称です。揚げ物には、天ぷら、フライ、とんかつ、コロッケなど、さまざまな種類があります。 揚げ物の特徴は、油で揚げることによって、食品の表面がカリッとして、中はジューシーになることです。また、揚げ物には、油のコクと風味が加わり、おいしくなります。 揚げ物は、世界各地で親しまれている料理です。日本でも、天ぷらは江戸時代から親しまれており、フライやとんかつは、明治時代以降に伝わりました。現在、揚げ物は、家庭料理としてはもちろん、外食産業でも広く提供されています。 揚げ物は、おいしい料理ですが、油を多く含むため、食べ過ぎには注意が必要です。揚げ物を食べる際には、野菜や果物など、食物繊維を多く含む食品を一緒に摂取するようにしましょう。 -揚げ物を作る際の注意点- 揚げ物を美味しく作るためには、いくつかの点に注意する必要があります。 * 油の温度を適切に管理する油の温度が低すぎると、食品に油が染み込んでべちゃっとしてしまいます。逆に、油の温度が高すぎると、食品が焦げてしまいます。 * 食材に衣をしっかりつける衣は、食品の表面を保護し、油の染み込みを防ぐ役割があります。衣をしっかりつけることで、揚げ物がカリッとした食感になります。 * 揚げすぎない揚げ物は、揚げすぎると固くなってしまいます。揚げ時間は、食品の種類や大きさによって異なりますが、目安としては、天ぷらは30秒~1分、フライは2~3分、とんかつは5~6分です。 * 油を切っておく揚げあがった揚げ物は、油を切っておくことで、余分な油を落とすことができます。油切りは、キッチンペーパーや揚げ物用の網などで行いましょう。 -揚げ物の人気レシピ- 揚げ物には、さまざまな人気レシピがあります。 * 天ぷら天ぷらは、魚介類、野菜、キノコなど、さまざまな食材を揚げた料理です。天つゆにつけて食べます。 * フライフライは、肉や魚介類、野菜などを小麦粉、卵、パン粉の衣をつけて揚げた料理です。ソースやタルタルソースをかけて食べます。 * とんかつとんかつは、豚肉に小麦粉、卵、パン粉の衣をつけて揚げた料理です。ソースをかけて食べます。 * コロッケコロッケは、ジャガイモや肉、魚介類などの具材をマッシュして、小麦粉、卵、パン粉の衣をつけて揚げた料理です。ソースやケチャップをかけて食べます。 揚げ物は、おいしい料理ですが、食べ過ぎには注意が必要です。揚げ物を食べる際には、野菜や果物など、食物繊維を多く含む食品を一緒に摂取するようにしましょう。
施設名・ロケ地

愛媛の秘境「煉瓦橋」の魅力

煉瓦橋の歴史と概要 煉瓦橋は、愛媛県新居浜市別子山の山奥に隠れた秘境です。この橋は、明治時代の初めに別子銅山の採掘のために建設されました。煉瓦橋は煉瓦造りのアーチ橋で、全長約50m、高さ約10mです。煉瓦橋は、別子銅山の採掘が終わった後も、地元の人々に大切にされてきた橋です。現在では、煉瓦橋は国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。 煉瓦橋は、別子銅山の歴史を伝える貴重な建造物です。煉瓦橋は、別子銅山の採掘のために建設された橋であり、別子銅山の採掘が終わった後も、地元の人々に大切にされてきた橋です。現在では、煉瓦橋は国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。 煉瓦橋は、その美しい景観でも知られています。煉瓦橋は、山奥にある橋であり、周囲には美しい自然が広がっています。煉瓦橋からは、山々の景色や川の景色を楽しむことができます。また、煉瓦橋の近くには、キャンプ場やハイキングコースなどがあり、自然を満喫することができます。
施設名・ロケ地

「明石寺の秘密を探る」

明石寺の歴史と魅力 明石寺は、奈良県奈良市にある浄土宗の寺院です。開山は、平安時代初期の天台宗の僧侶である良弁で、754年に創建されました。本尊は、阿弥陀如来坐像で、平安時代後期の作です。 明石寺は、古くから霊験あらたかな寺院として知られ、多くの参拝者が訪れます。特に、本尊の阿弥陀如来坐像は、安産や子育てのご利益があるとされ、多くの女性が参拝に訪れます。 また、明石寺は、境内にある庭園も美しく、四季折々の花を楽しむことができます。 春には桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉、冬には雪景色と、一年を通して美しい景色を楽しむことができます。 境内には、阿弥陀堂、観音堂、地蔵堂などの建物があり、それぞれに美しい仏像が安置されています。また、境内の奥には、小さな池があり、鯉や亀が泳いでいます。 明石寺は、歴史と魅力のある寺院で、多くの人々に親しまれています。奈良を訪れた際には、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

北浦港について

「北浦港」とは? 北浦港は、茨城県北浦町の北浦湖畔に位置する港湾です。北浦湖は、日本最大の湖である霞ヶ浦に次ぐ規模を誇る湖で、その面積は約17平方キロメートルです。北浦港は、北浦湖の東岸に位置し、湖畔に面した漁港として古くから栄えてきました。 北浦港は、主に漁業基地として利用されており、沿岸漁業や沖合漁業が行われています。北浦湖で獲れる魚介類には、ワカサギ、コイ、フナ、ナマズ、ブラックバスなどが挙げられます。また、北浦港では、観光船の発着場としても利用されており、北浦湖の遊覧を楽しむことができます。 北浦港は、北浦町の観光スポットとしても知られており、毎年多くの観光客が訪れます。港周辺には、飲食店や土産物店が立ち並び、湖畔の景色を眺めながら食事や買い物を楽しむことができます。また、北浦港では、釣り大会や花火大会などのイベントも開催されており、地元の人々や観光客で賑わいます。
モノの名前

「つくねいも」について

「つくねいも」の歴史 「つくねいも」は、江戸時代後期に京都で生まれたとされています。当時、京都では、小豆粉や砂糖を練り合わせて作った「つくね菓子」が人気でした。「つくね菓子」は、形が芋に似ていることから、「つくねいも」と呼ばれるようになりました。 「つくねいも」は、明治時代以降、全国に広まりました。昭和初期には、学校給食の定番メニューとして取り入れられました。また、この時期、製菓メーカーが「つくねいも」を商品化し、広く普及するようになりました。 現代では、「つくねいも」は、駄菓子として親しまれています。また、和菓子店やデパートの地下食品売り場などで販売されています。「つくねいも」は、その素朴な味と、芋の形が特徴的で、多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

愛媛県立西条高等学校の歴史と現状

創立から現在までの沿革 愛媛県立西条高等学校は、1921年(大正10年)に創立された県立高等学校です。当初は男子校でしたが、1948年(昭和23年)に男女共学となりました。現在、普通科、理数科、社会科学科、国際科の4つの学科を設置しており、約1,200人の生徒が在籍しています。 西条高等学校の歴史は、1896年(明治29年)に設立された西条中学校にまで遡ります。西条中学校は、西条市に初めて設立された中学校で、当初は男子校でした。1901年(明治34年)に女子部が設置され、1903年(明治36年)に西条高等学校の前身である西条高等女学校が開校しました。 1921年(大正10年)に西条高等女学校は西条高等学校に改称され、男子校となりました。1948年(昭和23年)に男女共学となり、普通科、理数科、社会科学科の3つの学科を設置しました。1983年(昭和58年)に国際科が設置され、現在に至っています。 西条高等学校は、長年にわたり多くの優秀な人材を輩出しており、地域の教育の中核的な役割を果たしています。また、部活動も盛んで、野球部、サッカー部、陸上競技部、剣道部、弓道部、吹奏楽部など、全国大会に出場する部活動も数多くあります。 西条高等学校は、2021年(令和3年)に創立100周年を迎えます。同校では、100周年記念事業として、記念式典や記念講演会、記念誌の発行などを行う予定です。
地名・ロケ地

村上水軍の出城があった大突間島

大突間島の歴史 大突間島は、芸予諸島にある無人島です。面積は約0.4平方キロメートルで、最高点は標高約70メートルです。島の周囲は急峻な崖に囲まれており、上陸が困難なことから、古くから軍事上の要衝として利用されてきました。 島の歴史は古く、弥生時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。平安時代には、藤原純友の乱に際して、藤原純友が島に拠点を置いたと伝えられています。鎌倉時代には、村上水軍の出城が島に築かれました。村上水軍は、瀬戸内海を拠点に活動した水軍であり、大突間島は、村上水軍の重要な拠点の一つでした。 室町時代になると、大突間島は、毛利氏と大内氏の争奪の場となりました。天文10年(1541年)、毛利元就は、大突間島に攻め込み、大内氏の出城を攻略しました。その後、大突間島は、毛利氏の支配下に入ります。 江戸時代に入ると、大突間島は、広島藩の領地となりました。広島藩は大突間島に番所を設置し、島の警備にあたりました。また、広島藩は、島で農業や漁業を奨励し、島の開発を図りました。 明治時代になると、大突間島は、愛媛県に編入されました。その後、大突間島は、無人島となり、現在に至っています。
地名・ロケ地

愛媛県宇和島市の無人島「野島」とは?

野島の概要と歴史 野島は、愛媛県宇和島市の沖合約10キロメートルに位置する無人島です。面積は1.6平方キロメートルで、東西約2キロメートル、南北約1キロメートルの細長い島です。最高峰は標高187メートルの野島ヶ城山で、島の大部分を森林が占めています。 野島は、古くから宇和島藩の御用林として利用されていましたが、明治時代以降は民間人の所有となりました。1950年代には、野島で石灰石の採掘が行われていましたが、現在は採掘は終了しています。 野島は、無人島ですが、自然豊かな島として知られています。島には、ヤシの木や熱帯植物が生息しており、野生のシカやイノシシが生息しています。また、野島は、ウミガメの産卵地としても知られており、毎年多くのウミガメが産卵のために訪れます。 野島は、宇和島市の観光スポットとして人気があり、毎年多くの観光客が訪れます。野島には、キャンプ場やバーベキュー場などの施設が整備されており、海水浴や釣りなどのアクティビティを楽しむことができます。また、野島は、ウミガメの産卵地としても知られており、毎年多くのウミガメが産卵のために訪れます。
施設名・ロケ地

十一面観世音の霊場「宝寿寺」の美しき御姿

天平の昔に源を発し、千年以上の時を刻む宝寿寺の魅力 奈良県にある宝寿寺は、十一面観世音菩薩を本尊とする天台宗の寺院です。天平年間(729-749年)に、行基菩薩によって開基されたと伝えられており、千年以上の歴史を持つ古刹です。 宝寿寺の魅力は、何といってもその美しい御姿です。本堂は、国の重要文化財に指定されており、その堂々とした姿は圧巻です。また、本尊の十一面観世音菩薩は、平安時代の作で、その優美な姿は見る者を魅了します。 宝寿寺は、自然豊かな場所に位置しており、季節ごとに美しい景色を楽しむことができます。春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、いつ訪れても美しい景色が広がっています。 また、宝寿寺は、十一面観世音菩薩を祀る霊場として、多くの人々の信仰を集めています。毎年、多くの人々が宝寿寺を訪れ、十一面観世音菩薩に祈願しています。 宝寿寺は、その美しい御姿と、長い歴史を持つ古刹としての魅力を兼ね備えた、おすすめの観光スポットです。
施設名・ロケ地

吹揚公園の魅力と楽しみ方

吹揚公園の歴史と概要 吹揚公園は、1906年に都市公園として開設された公園です。面積は10万坪以上あり、緑豊かな公園として地元の人々に親しまれています。 吹揚公園は、もともと尾張藩の御茶屋だった場所です。御茶屋とは、藩主が休憩や狩猟を行うために設けた施設のことです。吹揚公園には、その御茶屋の名残として、茶室や庭園が残されています。 吹揚公園は、第二次世界大戦中に軍に接収されていましたが、1945年に公園として復活しました。戦後、吹揚公園は、名古屋市民の憩いの場として整備が進められ、1959年に現在の姿になりました。 吹揚公園には、バラ園、日本庭園、児童遊園、スポーツ広場など、様々な施設があります。また、名古屋市科学館や名古屋市美術館が隣接しており、文化・芸術に触れることもできます。 吹揚公園は、四季折々の花や緑が楽しめる公園です。春には桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉、冬には雪化粧をした木々を楽しむことができます。また、公園内には野鳥が生息しており、バードウォッチングを楽しむこともできます。 吹揚公園は、名古屋市の中心部に位置するアクセスの良い公園です。地下鉄やバスを使えば、名古屋駅から10分程度でアクセスできます。駐車場も完備されているので、車でのアクセスも便利です。 吹揚公園は、地元の人々に親しまれている緑豊かな公園です。四季折々の花や緑が楽しめるほか、様々な施設もあり、一日中楽しむことができます。
モノの名前

愛媛の郷土料理「石花汁」の作り方

石花汁の由来と歴史 石花汁は、愛媛県を代表する郷土料理の1つです。石花菜を主材料として、だし汁、味噌、すりおろし生姜を加えて煮込んだ汁物です。石花菜は、天草の一種で、愛媛県の沿岸部で多く収穫されています。 石花汁の由来は、江戸時代までさかのぼります。当時、愛媛県では、石花菜を天日干しにして保存食にしていました。この保存食を、だし汁で煮込んで食べ始めたのが、石花汁の始まりと言われています。 石花汁は、愛媛県では、古くから親しまれている郷土料理です。家庭料理として作られるだけでなく、飲食店でも提供されています。石花汁は、あっさりとした味わいで、石花菜の独特な食感を楽しむことができます。
地名・ロケ地

岩屋寺の境内を巡る魅力を徹底解説

国の名勝に指定された古岩屋の絶景 岩屋寺の境内には、国の名勝に指定された古岩屋があります。古岩屋は、約1億5000万年前の火山活動によってできた溶岩洞窟で、全長は約200メートルあります。洞窟内は、大小さまざまな奇岩や怪石が林立しており、その幻想的な光景は必見です。 古岩屋は、奈良時代から修験道の行場として利用されてきた歴史があり、現在でも多くの参拝者が訪れます。洞窟内は、ところどころに明かりが灯されており、足元を照らしてくれますが、それでも薄暗く、神秘的な雰囲気が漂っています。 古岩屋の見どころのひとつは、洞窟の奥にある「御神体」です。御神体は、高さ約2メートルの岩で、その姿は仏像を思わせます。古くから、この御神体を拝むと願い事が叶うといわれており、多くの参拝者が訪れます。 もうひとつの見どころは、洞窟の入り口にある「不動明王像」です。不動明王像は、高さ約3メートルの石像で、その迫力ある姿は一見の価値があります。不動明王像は、岩屋寺の守護神として祀られており、参拝者は必ずこの像に手を合わせます。 古岩屋は、岩屋寺の境内の中でも特に人気のスポットです。神秘的な雰囲気漂う洞窟内は、まるで別世界に迷い込んだような感覚を味わえます。ぜひ一度、古岩屋を訪れて、その絶景を堪能してみてください。
モノの名前

愛媛県宇和島市の郷土料理「ふくめん」

ふくめんの歴史と由来 ふくめんは、愛媛県宇和島市の郷土料理です。その起源は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。宇和島藩の藩主であった伊達秀宗が、朝鮮出兵の際に朝鮮半島から持ち帰った料理がふくめんの原型だと言われています。 当初、ふくめんは宇和島藩の武家や商家のみが食べる高級料理でした。しかし、次第に庶民にも広まり、今では宇和島市のソウルフードとして親しまれています。 ふくめんは、小麦粉をねって薄く伸ばし、そこに具材を挟んで焼き上げたものです。具材は、肉、魚介、野菜など、何でも好みに応じて選ぶことができます。ふくめんの最大の特徴は、そのモチモチとした食感です。これは、小麦粉をねるときにしっかりと水分を含ませ、生地を寝かせることで生まれます。 ふくめんは、そのまま食べてもおいしいですが、たれをつけて食べるのが一般的です。たれは、しょうゆ、みりん、砂糖などを合わせたもので、甘辛い味が特徴です。ふくめんは、ビールや日本酒など、お酒のおつまみにもぴったりです。 宇和島市では、毎年11月に「ふくめん祭り」が開催されます。このお祭りでは、ふくめんの屋台が数多く出店し、地元の人や観光客で賑わいます。
モノの名前

愛媛県今治市の銘菓「母恵夢」

母恵夢の歴史は古く、1923年に今治市で創業した和菓子店「菊屋」が起源とされています。創業者の菊田昌兵氏が、地元の銘菓を作りたいという思いから、試行錯誤を重ねて生み出したのが、母恵夢の原型である「母恵夢饅頭」です。母恵夢饅頭は、白あんをカステラ生地で包み、表面を砂糖でコーティングしたお菓子で、その素朴な味わいと上品な甘さが地元の人々に愛され、やがて愛媛県を代表する銘菓として全国的に知られるようになりました。 1979年、菊屋は母恵夢饅頭を改良して、現在の「母恵夢」を発売しました。母恵夢は、白あんとカステラ生地の間に黄身あんを挟み、表面をチョコレートでコーティングしたお菓子で、より濃厚な味わいと、チョコレートのほろ苦さが加わって、さらに人気が高まりました。また、母恵夢のネーミングは、創業者の母である「恵子」氏にちなんでおり、母への感謝の気持ちを込めて名付けられたと言われています。
地名・ロケ地

知る人ぞ知る、愛媛の秘島「野島」の魅力

野島の美しい自然を堪能する 野島の魅力は、何といっても美しい自然です。島の東側には、国の天然記念物にも指定されている「野島断崖」があります。高さ30〜40メートルの大岩壁が約7キロメートルにわたって続き、その雄大な景観は圧巻です。また、島の西側は、なだらかな海岸線と白い砂浜が続く、「野島海水浴場」があります。遠浅で波も穏やかなため、家族連れで楽しめる海水浴場として人気です。 野島は、自然の宝庫でもあります。島のいたるところに、さまざまな植物が生息しています。また、野島には、ウミガメ、アオウミガメ、アカウミガメの3種類のウミガメが生息しています。ウミガメは、野島の美しい海で産卵をします。野島では、ウミガメの産卵を間近で見ることができる、ウミガメ観察ツアーも行われています。 野島は、美しい自然を満喫できる島です。野島を訪れて、雄大な自然を堪能してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「津島プレーランド」とは?魅力と楽しみ方を徹底解説!

津島プレーランドの魅力は何? 津島プレーランドは、愛知県津島市にある遊び場です。広大な園内に、さまざまなアトラクションや遊具が揃っており、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめるスポットです。 まず、津島プレーランドの魅力は何といっても、その広大な敷地です。園内はなんと約30万平方メートルもあり、東京ドーム6個分もの広さを誇ります。そのため、アトラクションや遊具が分散しており、混雑することなく思いっきり遊ぶことができます。 また、津島プレーランドは、アトラクションや遊具の種類が豊富なのも魅力です。定番のジェットコースターやメリーゴーラウンドはもちろん、ゴーカートや観覧車、ふわふわドームなど、様々なアトラクションが揃っています。また、小さな子供向けの遊具も充実しており、家族連れでも安心して遊ぶことができます。 さらに、津島プレーランドには、バーベキュー場やキャンプ場も併設されています。夏には、バーベキューをしながら花火大会を楽しむこともできます。また、キャンプ場は、テントサイトとバンガローの2種類があり、どちらも手ぶらで利用することができます。 このように、津島プレーランドは、広大な敷地、豊富なアトラクション、バーベキュー場やキャンプ場など、さまざまな魅力が詰まった遊び場です。家族連れや友達同士で、一日中楽しむことができます。
施設名・ロケ地

松山の老舗日本料理店「丸水」の魅力

創業百有余年!地元で愛される老舗の味 松山の老舗日本料理店「丸水」は、明治時代に創業して以来、地元の人々に愛され続けている老舗の味を提供しています。場所は松山駅から徒歩10分ほどの場所にある、静かな住宅街の中にあります。店内は木の温もりが感じられる落ち着いた雰囲気で、カウンター席とテーブル席があり、ゆっくりと食事を楽しむことができます。 「丸水」の魅力は、新鮮な魚介類を使った料理と、それを活かした職人の技です。特に、刺身は毎日市場で仕入れた新鮮な魚介類を、丁寧に捌いて提供しています。また、天ぷらはサクサクとした食感が特徴的で、人気のメニューのひとつです。 「丸水」の料理は、どれも丁寧に作られていて、素材の味を活かした上品な味わいです。また、季節ごとに旬の食材を使った料理を提供しているので、いつ訪れても新しい味を楽しむことができます。 「丸水」は、地元の人々に愛される老舗の味を気軽に楽しめるお店です。松山市を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。