愛知県

モノの名前

蓬莱泉のおいしさの秘密

愛知県、関谷醸造株式会社が製造する日本酒 愛知県にある関谷醸造株式会社は、1895年に創業された老舗の酒蔵です。蓬莱泉は、関谷醸造株式会社が製造する日本酒の銘柄のひとつで、そのおいしさは全国各地で高く評価されています。 蓬莱泉のおいしさの秘密は、まず、良質な酒米を使用していることです。蓬莱泉に使用されている酒米は、愛知県の契約農家が丹精込めて栽培したコシヒカリです。コシヒカリは、酒米の中でも特に品質が良く、蓬莱泉のまろやかな味わいとキレの良さを引き出しています。 また、蓬莱泉のおいしさの秘密は、伝統的な酒造りの技法を用いていることです。関谷醸造株式会社では、日本酒造りに必要な工程をすべて自社で行っています。酒米の精米から、醪(もろみ)の発酵、搾り、火入れまで、すべての工程を手作業で行うことで、蓬莱泉の品質を維持しています。 蓬莱泉は、そのおいしさから、全国各地の日本酒愛好家から支持されています。また、蓬莱泉は、海外でも高い評価を受けており、アメリカやヨーロッパなど、世界各国に輸出されています。
施設名・ロケ地

茶臼山高原スキー場:初心者・ファミリー向けに最適な愛知県唯一のスキー場

茶臼山高原スキー場は、愛知県唯一のスキー場で、初心者やファミリー向けに最適なスキー場です。スキー場には、初心者向けの緩やかなゲレンデから、上級者向けの急なゲレンデまで、さまざまなコースが用意されており、誰もが楽しめるようになっています。また、スキー場には、スノーボードパークやキッズパークも併設されており、子供から大人まで楽しむことができます。 茶臼山高原スキー場のもう一つの魅力は、そのロケーションです。スキー場は、標高1,000mの高原に位置しており、ゲレンデからは、雄大な御嶽山や恵那山を望むことができます。また、スキー場周辺には、温泉やホテル、レストランなどが立ち並んでおり、スキーやスノーボードを楽しんだ後も、ゆっくりと過ごすことができます。 茶臼山高原スキー場は、初心者から上級者まで楽しめる、愛知県唯一のスキー場です。スキーやスノーボードを楽しみたい方は、ぜひ一度、茶臼山高原スキー場を訪れてみてください。
モノの名前

小坂井の風車:愛知県の縁起物

小坂井の風車とは? 小坂井の風車は、愛知県の知多半島に位置する小坂井町にある風力発電所です。1996年に運転を開始し、現在は三菱電機パワーシステムズ株式会社が運営しています。風車は合計21基あり、高さは100メートル、羽根の直径は70メートルです。総出力は21000キロワットで、年間の発電量は約5300万キロワット時です。これは、約1万世帯の年間消費電力量に相当します。 小坂井の風車は、日本の風力発電所の中で最大規模を誇ります。また、風車のある丘陵地帯は、菜の花畑やひまわり畑が広がる美しい景観でも知られています。そのため、観光地としても人気があり、毎年多くの人が訪れています。 小坂井の風車は、日本の再生可能エネルギーの普及に貢献しているだけでなく、地域の活性化にも役立っています。
モノの名前

八事五寸の秘密

- 八事五寸の歴史 八事五寸は、愛知県名古屋市東区に位置する八事山に伝わる伝説的な巨大しめ縄です。その起源は古く、平安時代までさかのぼると言われています。八事五寸は、毎年1月15日のどんど焼きの日に焼かれ、その灰は五穀豊穣や無病息災を願う人々に配られます。 八事五寸の歴史は、八事山にまつわる伝説と深く関わっています。八事山は、かつて鬼が住む山として恐れられていました。ある日、一人の旅の僧が八事山を訪れ、鬼退治を行いました。僧は、鬼を退治した後、山に五色のしめ縄を張り巡らし、鬼が二度と現れないようにしました。このしめ縄が、八事五寸の始まりと言われています。 八事五寸は、平安時代から鎌倉時代にかけて、八事山の麓に住む人々によって受け継がれてきました。八事五寸は、五穀豊穣や無病息災を願う人々の信仰を集め、毎年1月15日のどんど焼きの日に焼かれるようになりました。 江戸時代になると、八事五寸は名古屋城の城主である尾張藩の歴代藩主の保護を受けました。尾張藩の藩主たちは、八事五寸を大切に扱い、毎年1月15日のどんど焼きの日に八事山を訪れて参拝しました。 明治時代以降、八事五寸は一般の人々にも広く知られるようになりました。八事五寸は、名古屋市の観光スポットの一つとなり、毎年多くの観光客が八事山を訪れています。 八事五寸は、名古屋市の貴重な文化遺産です。八事五寸の歴史は、平安時代から現代まで、八事山の麓に住む人々によって受け継がれてきました。八事五寸は、五穀豊穣や無病息災を願う人々の信仰を集め、名古屋市の観光スポットの一つとなっています。
モノの名前

愛知県産銘柄牛「みかわ牛ゴールド」の魅力と歴史

「みかわ牛ゴールド」の品質と特徴 「みかわ牛ゴールド」の品質は、その肉質の良さとおいしさによって特徴づけられます。肉質は「霜降り」が多く、脂肪が細かく分布しているため、やわらかくジューシーな味わいです。また、牛肉特融の臭みが少なく、あっさりとした味わいも特徴です。これは、牛を育てる際にストレスを与えないように配慮していることや、餌にこだわりを持っていることなどが理由です。 「みかわ牛ゴールド」のもう一つの特徴は、そのおいしさです。牛肉本来の旨味をしっかりと感じることができるため、ステーキや焼き肉などの調理法で食べると、そのおいしさを最大限に楽しむことができます。また、「みかわ牛ゴールド」は、肉質がやわらかいので、シチューや煮込みなどの調理法でもおいしく食べることができます。愛知県産銘柄牛「みかわ牛ゴールド」の魅力は、その肉質の良さとおいしさにあります。
施設名・ロケ地

南知多グリーンバレイの魅力と楽しみ方

-フィールドアスレチックで爽快アクティビティ- 南知多グリーンバレイのフィールドアスレチックは、緑豊かな自然の中で体を動かすことができるアクティビティです。初心者向けのコースから上級者向けのコースまで、さまざまなコースが用意されているので、自分の体力やスキルに合わせてコースを選ぶことができます。 フィールドアスレチックでは、木々やロープを伝って進むコース、丸太渡りやターザンロープなどの障害物コース、滑り台やブランコなどの遊具など、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。コースをクリアすると達成感を得ることができ、爽快な気分を味わうことができます。 また、フィールドアスレチックは、自然の中を散策することもできます。木々の緑や鳥のさえずりを聞きながら、森林浴を楽しむことができます。森林浴は、ストレスを軽減し、気分をリフレッシュしてくれる効果があると言われています。 フィールドアスレチックは、大人から子供まで楽しめるアクティビティです。家族や友達と一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

海陽ヨットハーバーの概要と魅力

海陽ヨットハーバーの施設と設備 海陽ヨットハーバーの施設には、ヨットやボートの係留設備、マリーナ、ヨットクラブ、レストラン、宿泊施設、温浴施設、売店、ランドリー、ガソリンスタンド、ヨットやボートの修理工場などがあります。また、ボートのレンタルやクルーズのサービスも行っているため、ヨットやボートを所有していない人でも気軽に海を楽しむことができます。 海陽ヨットハーバーの設備は、ヨットやボートの係留設備、マリーナ、ヨットクラブ、レストラン、宿泊施設、温浴施設、売店、ランドリー、ガソリンスタンド、ヨットやボートの修理工場などがあります。また、ボートのレンタルやクルーズのサービスも行っているため、ヨットやボートを所有していない人でも気軽に海を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

東幡豆港の魅力と特徴

東幡豆港の歴史と概要 東幡豆港は、愛知県蒲郡市にある重要港湾です。江戸時代には、東幡豆村の漁師たちが、この港から漁に出かけていました。明治時代になると、この港に蒸気船が寄港するようになり、物資の輸送や旅客の乗降でにぎわいました。大正時代には、この港に魚市場が建設され、水産業の中心地として発展しました。昭和時代になると、この港は、工業港として整備され、化学工場や鉄鋼工場などが立地しました。 現在、この港は、重要港湾として、年間約1,000万トンの貨物を取扱っています。また、この港には、魚市場があり、水産業の中心地として栄えています。さらに、この港には、観光施設があり、多くの観光客が訪れます。 この港は、アクセスが良好で、東名高速道路の蒲郡インターチェンジから車で約10分、JR東海道本線の蒲郡駅から車で約15分の場所にあります。また、この港には、駐車場があり、約1,000台を収容することができます。
施設名・ロケ地

老舗料亭「河文」の伝統と革新

-寛永年間創業の歴史ある料亭- 老舗料亭「河文」は、寛永年間(1624-1644)に創業した歴史ある料亭です。初代当主である河村文右衛門が、江戸城の御用料理人として仕えていたことから、将軍家や大名からの信頼を得て、店を繁盛させました。 河文は、代々続く伝統の技法を守りながらも、時代のニーズに合った新しい料理を取り入れるなど、常に革新的な姿勢で営業を続けてきました。そのため、長きにわたり多くの食通に愛され、日本を代表する料亭として知られています。 河文の料理の特徴は、旬の食材をふんだんに使い、繊細な味付けで仕上げた懐石料理です。また、器にもこだわりを持っており、有田焼や九谷焼など、名窯の器を使用しています。 河文は、東京の銀座にある「河文総 本店」をはじめ、京都や大阪などにも支店を出店しています。また、海外にも進出しており、ロンドンやニューヨークにも支店があります。 河文は、老舗料亭としての伝統と格式を重んじながらも、常に新しいことに挑戦する革新的な姿勢で営業を続けています。今後も、多くの人々に愛される料亭であり続けるでしょう。
モノの名前

瀬戸染付焼の魅力

- 瀬戸染付焼の歴史 - 瀬戸染付焼は、愛知県瀬戸市で作られている陶磁器です。その歴史は古く、鎌倉時代末期にはすでに生産されていたとされています。瀬戸染付焼は、瀬戸産の白い土に、呉須(ごす)と呼ばれる青い顔料で染め付けをして、焼いたものです。呉須は、中国から輸入されたもので、瀬戸染付焼の独特の青色は、この呉須によるものです。 瀬戸染付焼は、室町時代には、茶道具として珍重されるようになり、安土桃山時代には、織田信長や豊臣秀吉の保護を受けて、さらに発展しました。江戸時代には、瀬戸染付焼は、庶民の間でも広く使われるようになり、その生産量は飛躍的に増加しました。 明治時代以降、瀬戸染付焼は、海外にも輸出されるようになり、その人気は世界中に広がりました。しかし、大正時代以降、瀬戸染付焼は、機械化された生産方法が主流となり、伝統的な手作りの瀬戸染付焼は衰退の一途をたどりました。 現在では、瀬戸染付焼は、伝統的な技法を守りながら生産されている窯元が数多くあり、その人気は再び高まっています。瀬戸染付焼は、その独特の青色と、手作りの素朴な風合いが魅力です。茶道具や食器としてだけでなく、インテリアとしても親しまれています。
施設名・ロケ地

三河港:愛知の物流拠点

三河港の概要 三河港は、愛知県にある、日本の重要な物流拠点です。三河湾の奥に位置し、名古屋市の南西約30kmに位置しています。豊橋市、田原市、伊良湖岬を含む三河地方の主要な港です。三河港は、1964年に開港し、以来、日本の主要な物流拠点として成長してきました。2020年の貨物取扱量は、約1億1,000万トンで、全国の港湾の中で10位にランクされています。 三河港は、愛知県内の産業を支える重要な拠点です。自動車産業、機械産業、化学産業など、愛知県内の主要産業の多くが三河港を利用して、原材料や製品を輸出入しています。また、三河港は、愛知県と四国、九州、沖縄県などの地域を結ぶ重要な海上交通の拠点でもあります。
施設名・ロケ地

名古屋港水族館の見どころ

名古屋港水族館の人気の一つは、メインプールで行われるイルカショーです。イルカは、その知性や愛嬌のある姿で多くの人々に愛されています。名古屋港水族館で飼育されているイルカは、バンドウイルカとカマイルカの2種類です。バンドウイルカは、体長約2.5メートル、体重約100キログラムで、シャチに次いで世界で2番目に大きなイルカです。カマイルカは、体長約1.5メートル、体重約50キログラムで、バンドウイルカよりも小型です。 イルカショーでは、イルカが華麗なジャンプやボール遊び、歌声を披露してくれます。特に、イルカがトレーナーと息を合わせて行うジャンプは圧巻です。イルカショーは、子供から大人まで楽しめる人気のアトラクションです。名古屋港水族館に訪れた際には、ぜひイルカショーをご覧になってください。
モノの名前

「ほしいずみ」のすべて

-「ほしいずみ」の歴史- ほしいずみは、北海道のほぼ中央に位置する帯広市の北部に広がる開拓地です。1896年に開拓が始まり、1902年に「ほしいずみ村」として誕生しました。村名は、この地に流れていた川の名前「ほしいずみ川」に由来しています。ほしいずみ川は、アイヌ語で「熊の沢」という意味で、かつてこの地に熊が多く生息していたことに由来しています。 ほしいずみは、開拓当初は農業が中心の地域でした。しかし、1930年代後半に帯広市に空軍基地が建設されると、ほしいずみも基地の周辺地域として発展するようになりました。1950年代には、ほしいずみの人口は1万人を超え、帯広市に次ぐ北海道第2の都市となりました。 1960年代以降、ほしいずみは工業団地や住宅団地の建設が進み、さらに発展を遂げました。現在では、人口約2万5千人の都市として、帯広市と並ぶ北海道の中心都市となっています。ほしいずみは、開拓の歴史を色濃く残す街であり、また、近代的な都市としても発展を続けています。
施設名・ロケ地

旧中埜家住宅の歴史と魅力

旧中埜家住宅の歴史 明治期から現代まで 日本の建築史において重要な役割を担ってきた旧中埜家住宅は、その歴史を通じて多くの変遷を遂げてきました。明治時代初期に建てられたこの建物は、当初は中埜家の私邸として使用されていましたが、その後、銀行や役場として利用されるようになりました。第二次世界大戦後、旧中埜家住宅は荒廃した状態となり、取り壊される危機にさらされましたが、地元の人々の努力によって保存されることとなりました。1993年には、国指定史跡に指定され、現在では一般公開されています。旧中埜家住宅は、明治時代の建築様式を色濃く残しており、その貴重な歴史的価値から、多くの人々に親しまれています。
モノの名前

半つぶし小豆が魅力!愛知の郷土料理「じょじょ切り」

そもそも「じょじょ切り」ってどんな料理なの? 「じょじょ切り」は、愛知県産の半つぶし小豆を使った郷土料理です。小豆を茹でた後に砂糖や塩などで味付けし、少し冷ましてから切り分けたものです。小豆の皮が残っているので、食感を楽しめるのが特徴です。小豆の甘みと皮の歯ごたえがたまらない一品です。じょじょ切りの作り方は簡単です。小豆を茹でた後に砂糖や塩などで味付けし、冷ましてから切り分けるだけです。小豆は、水に浸しておくと早く茹で上がります。茹で時間は、小豆の大きさによって異なりますが、30分~1時間程度です。味付けは、砂糖と塩を基本とし、好みで黒糖やハチミツ、ショウガなどを入れるとおいしくなります。冷ましてから切り分けることで、小豆の皮が固くなり、歯ごたえが出ます。じょじょ切りは、そのまま食べてもおいしいですが、おはぎやぜんざい、あんみつなどの和菓子に使ってもおいしくいただけます。
モノの名前

「次郎柿」の歴史と特徴

次郎柿の起源と歴史 次郎柿の歴史は古く、平安時代にはすでに栽培されていたと言われています。平安時代の文献である「和名抄」には、「柿」という項目に「次郎柿」という記述があり、これが次郎柿の最古の記録とされています。 室町時代になると、次郎柿はより広く栽培されるようになりました。戦国時代には、織田信長が次郎柿を好んで食べたという記録が残されています。江戸時代には、次郎柿は徳川家康の将軍家御用達の果物として献上され、将軍家をはじめ、大名や豪商の間で広く愛されるようになりました。 明治時代になると、次郎柿は海外にも輸出されるようになりました。次郎柿は欧米でも好評を博し、日本を代表する果物として知られるようになりました。昭和時代には、次郎柿の生産量は最盛期を迎え、全国各地で次郎柿が栽培されていました。 しかし、近年では次郎柿の生産量は減少傾向にあります。これは、次郎柿の栽培が難しく、収穫量が少ないためです。次郎柿は、気候や土壌に非常に敏感で、ちょっとした変化でも収穫量が大きく左右されてしまいます。また、次郎柿は病害虫に弱いという特徴もあります。 次郎柿の生産量は減少しているものの、次郎柿は依然として日本の代表的な果物の一つです。次郎柿は、全国各地で生産されており、秋から冬にかけて旬を迎えます。次郎柿は、そのまま食べても美味しいですが、干し柿にして食べるのもおすすめです。干し柿は、次郎柿の甘さを凝縮しており、栄養価も高いため、とても人気があります。
地名・ロケ地

八曽滝の魅力 | 愛知県の秘境に佇む神秘の滝

八曽滝の歴史と由来 八曽滝の歴史は古く、平安時代の頃から人々がこの地に訪れていたとされています。平安時代の歌人・藤原定家が「八曽の滝は天下の奇観なり」と称賛したと伝えられており、鎌倉時代には後醍醐天皇が訪れたという記録も残っています。戦国時代には、織田信長や豊臣秀吉が八曽滝を訪れたと言われています。江戸時代には、八曽滝は観光地として整備され、多くの文人墨客が訪れました。近代以降は、八曽滝は愛知県を代表する観光地として、多くの人々に親しまれています。 八曽滝の由来について、いくつか以下のような伝説が残されています。 ・八曽の滝は、八人の僧侶が修行していた場所であり、その僧侶たちが滝に落ちて命を落としたため、滝の名が「八僧の滝」になったという説。 ・八曽の滝は、八つの村の境界にあることから、「八曽の滝」という名前になったという説。 ・八曽の滝は、水が八つの流れに分かれて落ちていることから、「八曽の滝」という名前になったという説。 これらの伝説は、八曽滝が古くから人々に親しまれていたことを物語っています。
地名・ロケ地

佐久島の魅力とは?

佐久島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、その面積はわずか1.3平方キロメートルです。人口は約300人で、農業や漁業を主な産業としています。しかし、佐久島は、その美しい自然風景や豊かな文化遺産に加え、芸術の島としても知られています。 佐久島には、現代アートの作品が島のあちこちに点在しています。その中でも最も有名なのは、島の中央に位置する「瀬戸内国際芸術祭」のメイン会場である「ベネッセハウスミュージアム」です。ベネッセハウスミュージアムには、国内外の著名なアーティストの作品が展示されており、多くの観光客が訪れます。 また、佐久島には、廃校となった小学校を利用したアートセンターや、島の住民が制作したアート作品を展示するギャラリーなど、さまざまなアートスポットがあります。島のあちこちを散策しながら、アート作品を鑑賞するのも佐久島の楽しみ方のひとつです。 佐久島に訪れる際には、島の自然や文化を満喫できる観光スポットもチェックしておきたいところです。島の西側にある「千光寺山」は、標高192メートルで、島内最高峰の山です。千光寺山の山頂からは、瀬戸内海の絶景を眺めることができます。 島の南側にある「えびすビーチ」は、海水浴やキャンプを楽しむことができる人気スポットです。また、島の東側にある「龍王埼灯台」は、国内最古の洋式灯台として知られています。佐久島は、芸術だけでなく、自然や文化も楽しめる魅力的な島です。
施設名・ロケ地

大正10年創業「菊水」の味を地元で味わう

愛知県一宮市は、名古屋市の北西部に位置する都市です。繊維産業が盛んな街として知られており、多くの縫製工場や繊維関連の企業が立地しています。また、一宮市には、創業100年を超える老舗の菓子店「菊水」があります。 「菊水」は、大正10年(1921年)に創業した和菓子店です。初代店主の菊池忠兵衛氏は、一宮市で菓子店を開業し、地元の人々に愛されるお菓子を作り続けました。その後、二代目店主の菊池忠雄氏、三代目店主の菊池忠久氏と受け継がれ、現在では四代目店主の菊池忠之氏が店を切り盛りしています。 「菊水」の特徴は、創業当時から変わらない伝統的な製法で作り続けているお菓子にあります。「菊水」では、添加物を一切使用せず、自然の素材の味を大切にしたお菓子作りを心がけています。また、「菊水」では、地元の食材を積極的に使用しており、新鮮な卵や牛乳、地元産の小麦粉などを使ってお菓子を作っています。 「菊水」の看板商品は、「菊水まんじゅう」です。「菊水まんじゅう」は、こしあんを薄皮で包んだシンプルな饅頭ですが、その素朴な味わいが地元の人々に愛されています。また、「菊水」では、「うぐいす餅」や「桜餅」など、季節の和菓子も販売しています。 「菊水」は、一宮市で愛され続ける老舗の菓子店です。伝統的な製法で作り続けられるお菓子は、地元の人々に親しまれています。一宮市を訪れた際には、ぜひ「菊水」に立ち寄って、その味を堪能してみてください。
その他

菜飯田楽とは?

菜飯田楽の歴史は、江戸時代にさかのぼります。当時は、菜飯(菜っぱを混ぜたごはん)を団子状にして、田楽味噌を塗って焼いたものが、庶民の間で親しまれていました。その後、菜飯田楽は全国各地に広がり、それぞれの地域で独自の進化を遂げました。 例えば、京都では、菜飯田楽に白味噌や西京味噌が使われることが多く、柔らかい食感と上品な味わいが特徴です。一方、信州では、菜飯田楽にくるみ味噌が使われることが多く、香ばしい風味が特徴です。また、東北地方では、菜飯田楽にずんだ味噌が使われることが多く、枝豆の甘みと爽やかな風味が特徴です。 このように、菜飯田楽は、地域によってさまざまなバリエーションがあり、その土地ならではの味わいを堪能することができます。
モノの名前

名古屋熱田のご当地グルメ

「あつた餃子」の特徴 「あつた餃子」は、名古屋熱田のご当地グルメで、熱田区内を中心に多くの餃子店が軒を連ねる。特徴は、大ぶりでモチモチとした皮と、餡がたっぷり詰まっていること。また、ニンニクやニラを使わず、豚肉とキャベツをベースにして作る店が多く、あっさりとした味わいが特徴。さらに、餃子を蒸してから焼くことで、皮はパリッとして中はジューシーに仕上がる。 「あつた餃子」は、熱田区内の餃子店だけでなく、名古屋市内の居酒屋や中華料理店などでも提供されている。また、お土産用として販売されていることもあり、名古屋土産として人気が高い。 「あつた餃子」は、名古屋を代表するグルメの一つであり、多くの人に愛されている。熱田区を訪れた際には、ぜひ「あつた餃子」を味わっていただきたい。
施設名・ロケ地

シャトルズ愛知の魅力を徹底解剖!

ラグビーファン必読!強豪チーム「シャトルズ愛知」の秘密に迫る シャトルズ愛知は、愛知県を拠点に活動するラグビーチームです。国内最高峰リーグであるジャパンラグビートップリーグに所属し、2018年にはトップリーグ初優勝を果たしました。 シャトルズ愛知の強さの秘密は、何と言ってもチーム力の高さにあります。チームには日本代表選手が多数在籍しており、個々の能力が非常に高いです。また、チームワークも非常によく、組織的な攻撃と堅いディフェンスが特徴です。 シャトルズ愛知のホームグラウンドは、愛知県豊田市にある豊田スタジアムです。収容人数約45,000人のスタジアムで、試合の際には多くの観客が詰めかけます。 シャトルズ愛知は、愛知県を代表するスポーツチームとして、地域の人々から愛されています。チームの活躍は、地域社会に活気を与え、ラグビー人気の向上にも貢献しています。
施設名・ロケ地

老舗料亭「末木」の歴史と魅力

老舗料亭「末木」の起源は江戸時代後期に遡り、100年以上も続く歴史ある料亭です。創業者である末木与三郎氏は、京都で料理の修行を積み、その後故郷の町である大阪に「末木」を開業しました。以来、代々受け継がれてきた伝統の技と真心込めたおもてなしで、多くのお客様に愛される料亭として営業を続けています。 明治時代になると、大阪は経済の中心地として発展し、多くの文化人が集まるようになりました。末木はそのような人々の憩いの場として、また芸術や文化の発信地としても役割を果たしました。文豪や芸術家たちが集い、活発に意見交換が行われていたそうです。 大正時代には、末木はさらに繁盛し、増築を重ねて現在の規模になりました。また、この頃には料亭の敷地内に「末木美術館」が開設され、絵画や彫刻などの作品が展示されるようになりました。末木美術館は、芸術を愛する多くの人々に親しまれ、現在でも貴重な文化遺産として大切に保存されています。 昭和時代に入ると、末木は数々の皇族や政財界の要人を迎えるなど、ますます名声を高めました。また、料亭の敷地内には「末木別館」が建設され、さらに多くのお客様が訪れるようになりました。 そして現在、末木は100年以上の歴史を持つ老舗料亭として、多くのお客様に愛され続けています。その伝統の味と真心込めたおもてなしは、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
モノの名前

愛知県産晩生赤ナシ「観月」の秘密

「観月」の生い立ち 「観月」は、愛知県豊橋市の農家、鈴木忠氏が1970年に偶然発見した晩生赤ナシです。鈴木氏は、ナシ農園で「王秋」という品種を栽培していたところ、その中に1本だけ異なる色のナシの木があることに気が付きました。その木には、濃い赤色をしたナシが実っており、鈴木氏はそれを「観月」と名付けました。 「観月」は、その美しい見た目と優れた味から、すぐに人気を博しました。しかし、当時はまだ生産量が少なく、高価なナシでした。そのため、一般の人々が「観月」を食べる機会は限られていました。 1980年代に入ると、「観月」の生産量が徐々に増加し、価格も下がり始めました。これにより、一般の人々も「観月」を気軽に食べられるようになりました。「観月」は、その美しい見た目と優れた味から、すぐに多くの人々に愛されるようになりました。 現在、「観月」は愛知県を代表するブランドナシとして知られています。その生産量は全国でもトップクラスで、愛知県産の「観月」は、全国のスーパーやデパートなどで販売されています。