戯曲

作品名

「軍馬ジョーイ」とは?

物語のあらすじ 「軍馬ジョーイ」は、第一次世界大戦中のフランスで、戦場を生きる馬ジョーイの物語です。第一次世界大戦の勃発時、イギリス軍の騎兵隊に徴用されたジョーイは、騎兵隊員のエドアルトと出会い、共に戦場に赴きます。戦場でジョーイは、様々な人間の運命を見守り、戦争の恐ろしさと人間の儚さを知ることになります。 ジョーイは、最初はイギリス軍の騎兵隊に所属していましたが、戦争が激化するにつれて、ドイツ軍の手に渡り、ドイツ軍の騎兵隊員であるギュンターと出会い、共に戦場に赴きます。ジョーイは、ギュンターとも次第に絆を深めていきますが、戦争の最中でギュンターは戦死し、ジョーイは再びイギリス軍の手に渡ります。 ジョーイは、イギリス軍の騎兵隊員であるトミーと出会い、トミーと共に戦場を生き抜きます。トミーは、ジョーイのことを大切に思い、ジョーイもトミーを信頼しています。しかし、戦争の最中でトミーも戦死し、ジョーイは一人残されてしまいます。 ジョーイは、その後、フランス軍の手に渡り、フランス軍の兵士であるエミールと出会い、エミールと共に戦場を生き抜きます。エミールは、ジョーイのことを大切に思い、ジョーイもエミールを信頼しています。ジョーイは、エミールと共に、戦争の終結を迎え、故郷に帰ることになります。
作品名

「クライボーン・パーク」の魅力とその舞台背景

受賞歴のある演劇「クライボーン・パーク」とは? 「クライボーン・パーク」は、ブルース・ノリッジによって書かれ、2016年にトニー賞を受賞した、人種差別と社会的不公正をテーマにした演劇です。 1959年の米国ニューヨークを舞台に、白人の家庭と黒人の家庭が隣り同士に住み始めることで、両方の家族に起こる変化を描いています。 この演劇は、人種差別や社会的不公正をユーモアと共感をもって描いているとして、批評家から絶賛されています。また、カンパニーの素晴らしい演技と、美しく効果的な演出も高く評価されています。 「クライボーン・パーク」は、アメリカ演劇界を代表する演劇の一つであり、世界中の劇場で上演されてきました。日本でも、2019年に東京芸術劇場で上演され、好評を博しました。
作品名

「虹のバクテリア」の魅力

演劇集団GEKISHANINAGAWASTUDIOによる初演 演劇集団GEKISHANINAGAWASTUDIOが、2023年3月10日から19日まで、東京芸術劇場シアターウエストで、「虹のバクテリア」を初演する。この作品は、劇団員である山本健介が2019年に執筆した戯曲を、演出家である長谷川雅紀が演出する。 「虹のバクテリア」は、2020年に発生した新型コロナウイルス感染症を背景にした作品である。舞台は、とある地方の大学である。研究者たちは、新型コロナウイルス感染症の治療薬の開発に取り組んでいる。しかし、研究は難航し、チームは疲弊していく。そんな中、一人の研究者が、虹色のバクテリアを発見する。このバクテリアは、新型コロナウイルス感染症の治療薬として有効かもしれない。研究者たちは、バクテリアの研究に没頭していくが、その過程で、人間関係や倫理観が崩壊していく。 「虹のバクテリア」は、新型コロナウイルス感染症によって引き起こされた社会の問題を浮き彫りにした作品である。また、人間の本質や、科学と倫理の関係についても問いかけている。
作品名

舞台『サイドマン』の魅力とは?

1998年に初演された『サイドマン』 『サイドマン』は、1998年に初演された、アメリカ合衆国の劇作家ウォーレン・ライトの戯曲である。ジャズミュージシャンのサックス奏者と、その妻と子供たちを描いた作品である。この戯曲は、トニー賞やピューリッツァー賞など、数々の賞を受賞している。 『サイドマン』は、1950年代のニューヨークを舞台にしている。ジャズミュージシャンのサックス奏者であるクリフォード・ブラウンは、妻のテリと、子供たちであるパットとジェフと暮らしている。クリフォードは、ジャズを愛する情熱的なミュージシャンである。しかし、彼はまた、音楽だけで家族を養うことができないという現実にも直面している。 クリフォードは、ジャズクラブで演奏したり、レコードを録音したりして、なんとか生計を立てている。しかし、彼の収入は不安定であり、家族は貧しい生活を送っている。テリは、夫の音楽を支えたいと思っているが、彼女はまた、子供たちを養うためにパートタイムで働かなければならない。パットとジェフは、音楽に囲まれて育ち、ジャズを愛している。しかし、彼らはまた、父親の音楽が原因で、貧しい生活を送らなければならないという現実にも直面している。 『サイドマン』は、ジャズミュージシャンの家族を描いた、感動的な作品である。この戯曲は、音楽への情熱と、家族を養うために音楽を続けることの難しさを描いている。また、この戯曲は、ジャズの歴史や文化についても描いている。
作品名

法隆寺:劇団民芸による名作戯曲

劇団民芸による初演と評価 法隆寺は、劇団民芸の初演作品であり、1950年に発表された。1947年に結成された劇団民芸は、「民衆のための演劇」を掲げ、リアリズムを基本とした演劇を上演していた。法隆寺は、劇団民芸の創立者である久保栄の戯曲で、法隆寺の建立に携わった人々を描いた歴史劇である。 法隆寺は、1950年4月に東京の明治座で初演された。初演では、主演の金田龍之介をはじめ、劇団民芸のメンバーが総出演し、大好評を博した。法隆寺は、劇団民芸の代表作のひとつとなり、その後も何度も再演されている。 法隆寺は、リアリズムに基づいた演出と、入念な時代考証で高い評価を得た。また、法隆寺の建立に携わった人々の苦悩や喜びを描いたストーリーも、多くの観客の共感を呼んだ。法隆寺は、劇団民芸の演劇の中でも特に傑作とされる作品であり、今日でも上演され続けている。
作品名

「錦鯉」の魅力と舞台裏

劇作家・土田英生の「錦鯉」とは  劇作家・土田英生の「錦鯉」とは、2019年に上演された舞台である。この舞台は、錦鯉という漫才コンビの結成から現在に至るまでの軌跡を描いた物語である。錦鯉は、長谷川雅紀と渡辺隆の二人で構成されており、長谷川はツッコミ、渡辺はボケを担当している。錦鯉は、2012年に結成され、2019年には「M-1グランプリ」で優勝を果たした。  土田英生の「錦鯉」は、錦鯉の結成からM-1グランプリ優勝までの軌跡を、錦鯉のネタを交えながら描いている。この舞台は、錦鯉のファンはもちろん、漫才に興味がある人なら誰でも楽しめる作品である。  土田英生の「錦鯉」は、錦鯉の結成からM-1グランプリ優勝までの軌跡を、錦鯉のネタを交えながら描いている。この舞台は、錦鯉のファンはもちろん、漫才に興味がある人なら誰でも楽しめる作品である。  錦鯉は、結成当初は全く売れず、ライブに出演してもお客さんがほとんどいなかった。しかし、錦鯉は諦めずにネタ作りを続け、やがてお客さんに認められるようになった。錦鯉は、2019年に「M-1グランプリ」で優勝を果たし、一躍人気者となった。  錦鯉の漫才は、長谷川のツッコミと渡辺のボケが絶妙に絡み合っており、とても面白い。錦鯉は、漫才の中で社会問題や時事問題を取り上げることも多く、その鋭い視点も人気を集めている。  錦鯉は、結成から現在に至るまでの軌跡を、錦鯉のネタを交えながら描いた舞台である。この舞台は、錦鯉のファンはもちろん、漫才に興味がある人なら誰でも楽しめる作品である。
作品名

ベクターを知る

ベクターとは ベクトルとは、大きさ(大きさと向き)を持つ量のことを言います。ベクトルは2つの点間の距離と方向を表現するために使用されます。ベクトルは、大きさ(大きさ)と方向(向き)を持つ量のことです。ベクトルは、2つの点間の距離と方向を表現するために使用されます。 ベクトルの大きさは、ベクトルを構成する2つの点間の距離と同じです。ベクトルの向きは、ベクトルを構成する2つの点の方向で決定されます。ベクトルは、平行四辺形則を使って加算、減算することができます。ベクトルを乗算すると、スカラーが得られます。 ベクトルは、数学、物理学、工学など、様々な分野で使用されています。ベクトルは、位置、速度、力など、さまざまな量を表現するために使用することができます。ベクトルは、さまざまな問題を解決するために使用することもできます。例えば、ベクトルを用いて、物体の運動を分析したり、力学の法則を導出したりすることができます。
作品名

演劇集団円の「イエスタデイ」

「イエスタデイ」は、三谷幸喜が脚本・演出を手がけた演劇集団円のオリジナル新作公演です。2023年3月4日から3月26日まで東京・紀伊國屋ホールで上演されました。 本作は、ある地方都市にある小さな出版社を舞台にした物語です。経営不振に陥った出版社の社長である山田一郎(松尾スズキ)は、大ヒットした漫画の版権を売却することで会社を立て直そうとします。しかし、その漫画の作者である天才漫画家・今井太郎(小日向文世)は、版権売却に猛反対。二人は激しく対立します。 一方、出版社には、山田の娘である山田花子(蒼井優)と、花子の恋人である佐藤次郎(岡田将生)が働いています。花子は父のやり方に反発し、次郎は出版社の将来を案じています。二人は、山田と今井の対立に巻き込まれ、それぞれ悩みを抱えていきます。 本作は、出版社を舞台にしたコメディでありながら、世代間ギャップや家族の絆、人間の生き方など、さまざまなテーマを描いています。三谷幸喜ならではの軽妙なタッチで描かれた本作は、多くの人々に笑いと感動を与えました。
作品名

「表と裏と、その向こう」について

「表と裏と、その向こう」は、表と裏、そしてその向こうにあるものについて描いた作品です。この作品は、ある男が自分の過去を振り返り、表と裏を行き来しながら、その向こうにある真実を探していくというストーリーです。 男は、ある日、突然、自分の過去を思い出し始めます。彼は、幼い頃に両親が離婚し、母親と暮らすことになったことを思い出します。しかし、母親は男を虐待し、男は学校にも行かせてもらえませんでした。男は、16歳の時に家を飛び出し、ホームレスとして生活するようになります。 ホームレスとして生活していた男は、ある日、ホームレス支援団体の女性と出会い、彼女に助けられます。男は、彼女のおかげで学校に通い始め、大学に進学します。大学卒業後は、大手企業に就職し、成功を収めます。 しかし、男は、成功を収めた後も、自分の過去を忘れることはできませんでした。彼は、表向きは成功者ですが、裏では、心に深い傷を負っていました。男は、自分の過去を清算するために、ある日、母親に会いに行きます。 母親に会った男は、彼女がすでに死にかけていることを知ります。男は、母親に自分の恨みをぶつけますが、母親は男を許します。男は、母親を許したことで、ようやく自分の過去を清算することができました。 男は、母親を許した後、自分の過去を振り返り、表と裏を行き来しながら、その向こうにある真実を探していきます。男は、表と裏を行き来する中で、真実とは何か、人生とは何かを学び、最終的には、自分の居場所を見つけることができます。
作品名

「アナザー・カントリー」の世界

「アナザー・カントリー」の世界」で描かれる同性愛と共産主義の関係は非常に複雑だ。この小説は、同性愛が非合法であるイギリスという国の物語で、同性愛者が社会で受けている迫害を描いている。 主人公のガイ・ベネットは、エリート校の学生で、同性愛者であることを隠している。彼は、共産主義の地下組織に参加し、そこで同志と出会い、恋に落ちる。しかし、彼が共産主義者であることが発覚し、彼は逮捕され、投獄される。 ガイの投獄は、彼の同性愛と共産主義の信念が原因である。彼は、同性愛者であるために社会から排除され、共産主義者であるために政治的な迫害を受ける。 ガイは、投獄中に同性愛者と共産主義者の同志たちと出会い、彼らとの友情と連帯を深める。彼は、同志たちから勇気と希望を受け取り、社会をより良い場所にするために戦い続ける決意を固める。 ガイの物語は、同性愛者と共産主義者の苦悩を描いた物語である。しかし、この物語は同時に、希望の物語でもある。ガイは、同志たちとの友情と連帯によって、苦難を乗り越え、社会をより良い場所にするために戦い続けることができる。
作品名

「バーディー・バーディー」の魅力を深堀り

「バーディー・バーディー」は、2022年に放送されたテレビアニメーションシリーズです。ゴルフを題材にした作品で、主人公の空町ハルカが全国大会優勝を目指して奮闘する物語です。 物語の舞台は、ゴルフが盛んな街、飛鳥ヶ丘市。ハルカは、この街に住む中学1年生の少女です。彼女は、幼い頃からゴルフをしており、全国大会優勝という大きな夢を持っています。しかし、ハルカは生まれつきの運動音痴で、ゴルフの才能はまったくありませんでした。 そんなある日、ハルカはゴルフの練習をしていたところ、不思議な鳥に出会います。その鳥は、ハルカに「お前を全国大会優勝に導いてやろう」と言い、ハルカの体に憑依します。憑依されたハルカは、突然ゴルフの才能が開花し、みるみるうちに強くなっていきます。ハルカは、この鳥の力を借りて、全国大会優勝を目指して突き進んでいくことになります。 「バーディー・バーディー」は、ゴルフを題材にした作品ですが、単なるスポーツアニメではありません。ハルカと鳥の絆、ハルカの成長、そしてゴルフの楽しさなど、さまざまな要素が詰まった作品です。ゴルフ好きの方はもちろん、そうでない方も楽しめる作品となっています。
作品名

『夜への長い旅路』

『夜への長い旅路』は、ユージン・オニールが1941年に発表した自伝的戯曲であり、ピューリッツァー賞を受賞した作品です。この戯曲は、オニールの家族生活をもとにしており、母親のメアリー・タイロン、父親のジェームズ・タイロン、兄のジェイミー、妹のキャサリンの4人の家族を中心に物語が展開されます。 『夜への長い旅路』は、オニールの母親メアリーの死去から始まる回想録であり、彼女の死がもたらした家族への影響が描かれています。母親の死後、父親のジェームズはアルコール依存症に陥り、兄のジェイミーは麻薬中毒に陥ります。妹のキャサリンは、精神的に不安定になり、最終的には自殺してしまいます。 『夜への長い旅路』は、家族の崩壊の物語であると同時に、人間の心の闇を浮き彫りにした作品でもあります。オニールは、人間の弱さや醜さを赤裸々に描き、人間の心の奥深くに潜む闇を暴き出しています。この戯曲は、人間の心の闇をテーマにした傑作として、今日でも世界中で上演され続けています。
作品名

愛!勇気!共感!:1994年の感動戯曲

物語の舞台は、1994年の東京である。日本はバブル経済崩壊後の不景気に苦しみ、人々は不安と閉塞感に包まれていた。そんな中、一人の青年が立ち上がる。彼の名は、山田太郎。どこにでもいる平凡な青年だが、彼は強い信念を持っている。それは「愛」と「勇気」と「共感」だ。 山田太郎は、仲間たちと「劇団太郎」を結成する。そして、彼らは「愛!勇気!共感!」という戯曲を上演する。この戯曲は、人々の心に希望と感動を与え、大ヒットとなる。山田太郎と劇団太郎は、一躍有名になり、人々から愛される存在となる。 しかし、そんな山田太郎と劇団太郎にも試練が訪れる。資金難に陥り、劇場が閉鎖される危機に直面する。また、山田太郎は病に倒れてしまう。しかし、山田太郎は決して諦めない。彼は仲間たちと力を合わせ、困難を乗り越えていく。 そして、山田太郎と劇団太郎は、ついに「愛!勇気!共感!」を上演することができる。この戯曲は、再び大ヒットとなり、人々に希望と感動を与え続ける。山田太郎と劇団太郎は、人々の心に永遠に残る伝説となった。
作品名

「あたらしいエクスプロージョン」で紐解く、戦後邦画の歴史

終戦後の映画業界は、焼け野原からの再建を余儀なくされました。映画館は空襲で破壊され、映画製作に必要な機材やフィルムも不足していました。映画監督や俳優も、戦死したり、戦場から戻っても心身に傷を負ったりして、映画製作を続けることができませんでした。 しかし、映画業界は、そんな苦しい状況の中でも、復興に向けて奮闘しました。映画館は、焼け跡に仮設の映画館を建てて上映を再開し、映画製作に必要な機材やフィルムも、海外から輸入したり、国内で生産したりして確保しました。そして、映画監督や俳優も、戦傷や戦後の混乱を乗り越えて、映画製作に復帰しました。 映画業界の復興を支えたのは、人々の映画への強い欲求でした。戦争で家族や友人を失った人々は、映画館で映画を観て、つかの間の安らぎを得ていました。また、戦後の混乱で生活が困窮した人々も、映画館で映画を観て、希望を見出していました。 こうして、映画業界は、戦後の復興期を乗り越え、高度経済成長期には、黄金期を迎えました。日本の映画は、海外でも高く評価され、多くの映画監督や俳優が国際的な活躍をしました。
未分類

「(飲めない人のための)ブラックコーヒー」について

戯曲の概要 「(飲めない人のための)ブラックコーヒー」は、コーヒーが飲めない主人公が、コーヒーショップで働くことになるという物語です。主人公は、コーヒーを飲めないことにコンプレックスをを持っており、コーヒーショップで働くことを決意したのも、コーヒーを克服するためでした。しかし、コーヒーショップで働き始めてみると、コーヒーの奥深さに魅了され、コーヒーを飲めないというコンプレックスも徐々に解消されていきます。そして、コーヒーを飲めない人でも楽しめるコーヒーの飲み方を編み出し、コーヒーショップの人気者になっていくという物語です。 この戯曲は、コーヒーの奥深さと、コーヒーを飲めない人でも楽しめる方法をユーモアたっぷりにを描いた作品です。また、主人公のコンプレックスを克服していく姿も感動的であり、多くの人々に勇気を与える作品となっています。
作品名

「埒もなく汚れなく」

作者・演出は、瀬戸山美咲。彼女の作品は、常に「境界線」や「枠組み」といった概念を追求しており、今回の作品も例外ではない。舞台は、どこかの片隅にある小部屋。そこに集まったのは、年齢や性別、職業もバラバラな5人の男女。彼らは、それぞれが抱える問題や悩みを抱えながら、この部屋で出会い、交流していく。 瀬戸山美咲は、本作において、キャラクターたちの個性を鮮やかに描き出すことに成功している。5人の男女は、それぞれが独自の価値観を持ち、考え方や生き方も異なる。しかし、彼らは皆、同じようにこの部屋に集まり、互いに交流することで、少しずつ変化していく。 瀬戸山美咲の作品は、常に社会の暗部や人間の心の闇を鋭く見つめてきた。本作においても、彼女は社会問題や人間関係の難しさといったテーマに正面から向き合っている。しかし、彼女の作品は決して暗いだけではない。そこには、希望の光が差し込んでいる。本作においても、5人の男女が互いに支え合いながら、前に進んでいく姿が描かれている。
作品名

風来坊雷神屋敷と東憲司

-東憲司について- 東憲司は、江戸時代初期に活躍した町人・雷神講の世話役であり、文化功労者、神職。通称弥右衛門。別号に月瀬山、木翁等。日本橋にあった風来坊雷神屋敷にあった東憲司の屋敷の跡は、風来坊雷神屋敷と共に現在の東京都中央区京橋に所在し、境内に東憲司の墓が現存する。雷神講の世話役として、徳川家康・家光の信仰を得た。また、神田明神再建の責任者にもなり、家康より寄進を受け、寛永2年(1625年、又は寛永4年)に再建されている。なお、明神御本地金神宮は、明神再建時に東憲司によって境内に創建されたとされる。寛永6年(1629年)には、美濃大垣城に祀られていた3尺の御神体を明神に移された。これは、後に、御神体を美濃大垣城から風来坊雷神屋敷に祀り、そこから明神に移されたともいわれる。美濃大垣城の御神体は、美濃大垣城の御祖候荒尾氏の災難を防ぐとされる。東憲司の御神体を移す行為は、荒尾氏の災難の原因とされた。後に、明神を非難し、火を放った谷田部権太夫は、広小路の刑場に引き出され、車裂きの刑に処されたという。
作品名

「プルーフ/証明」の魅力

-精神を病んだ天才数学者と娘の物語- 数学の証明は、多くの場合、非常に複雑で難解なものです。しかし、その難解さの中にこそ、証明の魅力が潜んでいます。証明は、数学者が創造性を発揮し、新しいアイデアを駆使して問題を解決する過程であり、その過程は、まるで芸術作品を生み出すようなものです。 数学者のポール・エルデシュは、20世紀を代表する天才数学者の一人です。エルデシュは、生涯に3,000以上の論文を発表し、その業績は数学に大きな影響を与えました。しかし、エルデシュは、精神を病んでおり、娘のアンナもまた、精神を病んでいました。 アンナは、エルデシュの娘として生まれ、幼い頃から数学の才能を発揮しました。しかし、アンナは、精神を病んでおり、数学の才能を十分に発揮することができませんでした。アンナは、何度も精神病院に入退院を繰り返し、最終的には、精神病院で亡くなりました。 エルデシュは、アンナの死後、アンナのことを書いた本を出版しました。その本の中で、エルデシュは、アンナの才能を称賛するとともに、アンナの精神を病んでいたことを悲しみました。エルデシュは、アンナが精神を病んでいなければ、もっと大きな業績を残していたであろうと述べています。 エルデシュとアンナの物語は、数学の証明の魅力と、精神を病むことのリスクを同時に示しています。証明は、数学者が創造性を発揮し、新しいアイデアを駆使して問題を解決する過程であり、その過程は、まるで芸術作品を生み出すようなものです。しかし、証明は、非常に複雑で難解なものであり、その難解さに耐えられない人は、精神を病んでしまうことがあります。
作品名

「ペール・ギュント」の魅力

グリーグによる劇付随音楽の名作 「ペール・ギュント」の劇音楽は、グリーグの傑作の一つであり、オーケストラ曲として演奏される機会も多い。音楽は、ノルウェーの民謡や民族音楽を基調とし、ノルウェーの風景や文化を鮮やかに表現している。 中でも、「朝」「山の魔王の宮殿でのペール・ギュント」「アニトラの踊り」「ソルヴェイグの歌」などは、特に有名で、世界中の聴衆に親しまれている。これらの曲は、グリーグの才能を余すところなく発揮した名曲であり、今もなお多くの人々に愛され続けている。 「朝」は、太陽が昇る様子を軽快なリズムで描いた曲で、一日が明るく始まることを予感させる。 「山の魔王の宮殿でのペール・ギュント」は、ペール・ギュントが山の魔王の宮殿に捕らえられ、様々な試練に遭う様子を描いた曲で、不気味さと美しさが共存した曲である。 「アニトラの踊り」は、ペール・ギュントがアニトラという女性に出会い、恋に落ちる様子を描いた曲で、情熱的で官能的なメロディーが魅力的である。 「ソルヴェイグの歌」は、ペール・ギュントが旅に出てしまった後、彼を待ち続けるソルヴェイグの心情を描いた曲で、切なくも美しいメロディーが胸を打つ。
作品名

藤原国衡とは何か?

藤原国衡の生涯 藤原国衡は、平安時代後期に活躍した武将です。源頼朝の挙兵に従い、鎌倉幕府の有力御家人として活躍しました。 国衡は、藤原秀衡の三男として生まれました。秀衡は、奥州藤原氏の初代当主で、陸奥国の広大な領地を支配していました。国衡は、秀衡の跡を継いで奥州藤原氏の当主となりましたが、源頼朝の挙兵に呼応して鎌倉方に寝返りました。 国衡は、頼朝の側近として多くの戦いで活躍しました。頼朝の死後も、北条氏に仕えて鎌倉幕府の有力御家人として活躍しました。 建保7年(1219年)、国衡は、承久の乱で後鳥羽上皇方に加担した疑いをかけられ、北条氏によって討伐されました。国衡は、鎌倉で自害して果てました。
作品名

「幼児たちの後の祭り」について

「戯曲の概要」 「幼児たちの後の祭り」は、魔法に対する好奇心を抑えきれない幼い兄妹の話を描いた戯曲です。彼らは、おばあさんから譲り受けた魔法の呪文の本に魅了され、魔法の力を手に入れる方法を必死に探しています。しかし、魔法の力を手に入れた兄妹は、その力をコントロールすることができず、思いがけない事態を引き起こしてしまいます。 戯曲は、兄妹が魔法の呪文の本を発見するところから始まります。二人は、本に書かれた呪文に興味津々で、早速実験してみることにします。しかし、呪文は上手くいかず、兄妹は魔法の力をコントロールすることができません。その結果、兄妹は自分たちが望まない事態を引き起こしてしまいます。 兄妹は、魔法の力をコントロールすることができないことに気づき、魔法の呪文の本を燃やしてしまいます。しかし、魔法の力は消えることなく、兄妹はその後も魔法の力に悩まされ続けることになります。 「幼児たちの後の祭り」は、魔法の力に対する好奇心と、その力をコントロールすることの難しさを描いた戯曲です。兄妹の魔法の力に振り回される姿は、滑稽でありながら、同時に悲劇的でもあります。
作品名

「山山」の作品解説と岸田国士戯曲賞受賞の理由

戯曲『山山』の概要とあらすじ 『山山』は、1920年に発表された岸田国士の戯曲です。全3幕、2場からなる社会劇で、日本の田舎を舞台に、土地への愛着と資本主義の進歩の間で葛藤する農民たちの姿を描いています。 主人公は、大地主である秋山家の長男、秋山一郎です。一郎は、父親が亡くなった後、家を継ぎ、山々を所有することになりました。しかし、一郎は山に愛着はなく、自分の土地を売り払って都会に出たいと考えていました。 一郎の妹、秋山二子は、兄とは逆に、山に愛着を持っています。二子は、兄に山を売らないように説得しようとしますが、一郎は聞き入れません。 ある日、一郎の元を、開発会社社長の黒田という男が訪ねてきました。黒田は、一郎に、山を売ってくれるように頼みます。黒田は、山に工場を建設して、経済を活性化させると約束します。 一郎は、黒田の申し出に最初は乗り気ではありませんでした。しかし、黒田の熱心な説得に、次第に心が動いていきます。一郎は、黒田に山を売ることを決意します。 二子は、兄の決断に驚き、悲しみます。二子は、一郎に、山を売らないように懇願しますが、一郎は聞き入れようとしません。 一郎は、山を売却し、都会に出ました。一郎は、都会で新しい生活を始めます。しかし、一郎は、田舎の山々のことを忘れられず、常に郷愁の念に駆られていました。
作品名

クローサー → 裏切りと愛の行方

現代のロンドンを舞台にした群像劇『クローサー』は、複雑に絡み合う人間の関係を描いた作品です。舞台は、ロンドンの中心部にほど近いノッティングヒル地区。ジュード・ロウ演じるダンは、成功したライターで、アパートに一人暮らしをしています。ナタリー・ポートマン演じるアリスは、アメリカのストリッパーで、ロンドンにやってきてダンと出会います。クライヴ・オーウェン演じるラリーは、皮膚科医で、ダンと親友であり、ジュリア・ロバーツ演じるアンナは、ラリーの妻です。 ダンとアリスが出会い、恋に落ちます。しかし、ダンの過去の浮気が発覚し、アリスは彼のもとを去ってしまいます。ダンは失意のどん底に陥りますが、やがてアンナと出会います。アンナもダンに惹かれ、二人は不倫関係になります。しかし、ラリーが二人の関係を知り、ダンを殴りつけます。ダンとアンナは別れることになりますが、二人はお互いを愛していることに気づき、最終的にはよりを戻します。 『クローサー』は、愛と裏切り、そして許しを描いた作品です。複雑な人間関係が丁寧に描かれており、登場人物たちの心の動きがリアルに伝わってきます。また、ロンドン市内の風景も美しく、作品の世界観を盛り上げています。
作品名

「 モンター ジュ 」とは?伊沢磨紀による戯曲と劇団遊◎機械

劇団遊◎機械と伊沢磨紀による戯曲 劇団遊◎機械は、日本の劇団である。1982年、伊沢磨紀が主宰して旗揚げされた。旗揚げ公演は、伊沢の戯曲『モンタージュ』だった。以降、伊沢は多くの戯曲を劇団遊◎機械のために書き下ろし、劇団はそれらの戯曲を上演し続けている。 伊沢の戯曲は、社会や人間の心理を鋭く描いたものが多く、その独創的な舞台演出も話題を呼んでいる。劇団遊◎機械は、伊沢の戯曲を上演することで、日本の演劇界に大きな影響を与えている。 伊沢磨紀は、日本の劇作家、演出家、女優である。1954年、広島県生まれ。1982年、劇団遊◎機械を旗揚げし、主宰を務める。以降、劇団のために多くの戯曲を書き下ろし、自ら演出・主演も務めている。 伊沢の戯曲は、社会や人間の心理を鋭く描いたものが多く、その独創的な舞台演出も話題を呼んでいる。劇団遊◎機械は、伊沢の戯曲を上演することで、日本の演劇界に大きな影響を与えている。