担担麺

モノの名前

「飲み干す一杯」で至福のひととき

-担担麺と濃厚魚介醤油ラーメンの魅力を徹底解剖- 担担麺と濃厚魚介醤油ラーメンは、どちらも人気の高いラーメンです。担担麺は、四川省発祥のラーメンで、豆板醤と花椒をベースとした辛いスープが特徴です。濃厚魚介醤油ラーメンは、魚介類の旨味が凝縮された濃厚なスープが特徴です。 担担麺は、唐辛子や山椒などのスパイスが効いており、辛いのが好きな人にはたまらない一杯です。また、豆板醤と花椒の風味が食欲をそそり、クセになる味です。一方、濃厚魚介醤油ラーメンは、魚介類の旨味が凝縮された濃厚なスープが特徴です。魚介のダシがふんだんに使われており、コクのある味わいが楽しめます。 担担麺と濃厚魚介醤油ラーメンは、どちらもそれぞれに魅力のあるラーメンです。担担麺は、辛いのが好きな人にはたまらない一杯で、濃厚魚介醤油ラーメンは、魚介の旨味を堪能したい人におすすめです。
モノの名前

日清の「麺づくり」の特徴と魅力

日清の「麺づくり」は、1968年に日清食品が初めて発売したインスタントラーメンです。それまでのインスタントラーメンは、麺が硬かったり、スープが人工的な味がしたりと、あまり美味しいものではありませんでした。日清の「麺づくり」は、そんなインスタントラーメンの常識を覆す、美味しく、手軽に食べられる商品として発売され、大ヒットしました。 「麺づくり」誕生までには、日清食品の研究者たちの長年の努力がありました。研究者たちは、麺の原料や製法にこだわり、何度も試作を繰り返しました。また、スープの開発にも力を入れ、鰹節や昆布などの天然素材をふんだんに使用しました。その結果、「麺づくり」は、麺がもっちりとしていて、スープが美味しい、インスタントラーメン史上最高傑作のインスタントラーメンが完成しました。
モノの名前

ヤマダイ凄麺SLIMの魅力とおすすめ商品

凄麺SLIMとは、ヤマダイから発売されている、独自開発の小麦粉「はるゆたかブレンド」を使用したカップ麺です。麺は、まるで生麺のようなツルツルとした食感で、スープは、じっくりと煮込んだようなコクと旨味があります。また、カロリーや糖質も抑えられているため、健康を意識している方にもおすすめです。 凄麺SLIMは、様々な味わいが楽しめます。醤油ラーメン、味噌ラーメン、豚骨ラーメンなど、定番の味から、変わり種の味まで、幅広く展開されています。また、期間限定の商品も発売されるので、何度食べても飽きることがありません。 ヤマダイ凄麺SLIMは、全国のスーパーやコンビニエンスストアで購入することができます。価格は、300円前後です。