政治

未分類

『生存者ゼロ』の魅力とその凄み

「『生存者ゼロ』の魅力とその凄み」 『生存者ゼロ』のストーリーは、極めて謎めいている。冒頭から、主人公たちの乗る船が嵐に巻き込まれて遭難し、無人島に漂着するところから始まる。島には、食料も水も少なく、主人公たちは飢えと渇きに苦しむことになる。しかし、島には謎めいた廃墟があり、主人公たちはそこを探索していくうちに、島の過去に隠された秘密を知ることになる。そして、物語の終盤には、衝撃的な結末が待っている。 『生存者ゼロ』の結末は、非常に衝撃的である。主人公たちは、島の秘密を知ったことで、とんでもない事態に巻き込まれてしまう。そして、主人公たちは絶体絶命の危機に陥ることになる。しかし、主人公たちは最後の最後まであきらめずに戦い続け、ついに危機を乗り越えることに成功する。その結末は、読者に大きな感動と興奮を与えること間違いない。
作品名

蝋山政道「日本における近代政治学の発達」

-政治学の概念と歴史- 政治学とは、政治現象を研究する学問であり、政府、政治過程、政策、国際関係などを対象とする。政治学は、古代ギリシャに起源を持ち、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの哲学者によって発展してきた。中世ヨーロッパでは、政治学は神学の範疇に含まれていたが、近代に入ると、政治学は独立した学問分野として成立した。19世紀になると、政治学は社会科学の方法を取り入れ、より科学的な研究が行われるようになった。20世紀になると、政治学はさらに細分化され、比較政治学、国際政治学、公共政策学など、さまざまな分野が誕生した。 政治学は、社会を理解する上で欠かせない学問であり、政治学の研究成果は、政府の政策立案や国際関係の分析など、さまざまな分野で活用されている。 以下に、政治学の主な概念の一部をまとめた。 * -政治-社会における権力の分配と行使。 * -政府-政治権力を掌握し、行使する組織。 * -政治過程-政治的決定が行われるプロセス。 * -政策-政府によって決定された行動計画。 * -国際関係-国家間の関係。 これらは、政治学の研究対象となる概念のほんの一部であり、政治学の研究は、これらの概念を組み合わせ、政治現象を分析することで行われる。
未分類

郵便報知新聞:明治時代の民権派政論新聞

-設立と初期の改革- 郵便報知新聞は、1872年(明治5年)に、山本覚馬と松尾儀助によって創設されました。山本覚馬は、明治維新の際に倒幕運動に身を投じたジャーナリストであり、松尾儀助は、同紙の初代社長を務めた新聞経営者です。 郵便報知新聞は、当初は、政府の広報紙として創刊されましたが、山本覚馬が主筆に就任した後は、民権派の論説を掲載するようになりました。民権派とは、明治政府の近代化政策に反対し、国民の権利や自由を求める人々のグループです。 山本覚馬は、郵便報知新聞を通じて、民権派の主張を世に広め、政府の政策を批判しました。これにより、郵便報知新聞は、民権派の機関紙として知られるようになりました。 郵便報知新聞は、民権派運動の高まりとともに、発行部数を伸ばし、影響力を拡大していきました。1881年(明治14年)には、発行部数が1万部を超え、民権派を代表する新聞となりました。 しかし、1884年(明治17年)に、政府は、民権派の活動を弾圧する「新聞紙条例」を公布しました。これにより、郵便報知新聞は、発禁処分を受け、事実上、廃刊となりました。
その他

講談社現代新書の魅力と特徴を解説!

講談社現代新書とは何か? 講談社現代新書は、講談社が刊行する新書レーベルです。1950年に創刊され、以来70年以上にわたって刊行を続けています。講談社現代新書のコンセプトは、「現代の知的課題を、平易な言葉で、しかも学問的に正確に解説する」ことです。そのため、講談社現代新書には、社会科学、人文科学、自然科学など、幅広いジャンルの書籍がラインナップされています。また、講談社現代新書は、新書レーベルとしては珍しく、ハードカバーで刊行されていることも特徴です。これは、講談社現代新書が、単なる読み捨てではなく、長く読み継がれることを目指していることの表れです。
作品名

「ジュニア・愛の関係」:権力と欲望のドラマ

「複雑に絡み合う人間関係」 「ジュニア・愛の関係」は、権力と欲望、そしてそれらがいかに人間の関係を絡ませるかを探るドラマです。このドラマは、カリブ海の架空の国を舞台に、有名な実業家と若いジャーナリストの間の禁じられた恋愛を描いたものです。 このドラマで最も重要な人間関係は、ジュニアと愛、そして二人の間で繰り広げられた禁じられた恋愛です。ジュニアは、国で最も裕福で最も権力のある実業家ですが、愛は、ジュニアの過去に嫌悪感を抱いている若いジャーナリストです。二人の間で禁じられた恋が始まりますが、すぐに疑い、嫉妬、そして復讐というものを引き起こす複雑な関係へと発展します。 このドラマで、ジュニアと愛の関係に影響を与える他の重要な人間関係は、ジュニアの妻グレースと、愛の恋敵アリーナです。グレースは、ジュニアの不貞に我慢強く耐え忍び、アリーナは、ジュニアの妻の死後、ジュニアと結婚するためにジュニアを誘惑する若いジャーナリストです。この人間関係は、互いに絡み合って、複雑で劇的で、そして魅力적인ドラマを作り出します。
その他

「民主主義科学者協会法律部会」の活動とその意義

民主主義科学者協会法律部会は、民主主義科学者協会の部会の一つで、法律に関する研究や活動を行っています。部会は、法学の研究者や実務家、法律に関心のある一般市民など、さまざまな人々が参加しています。 部会の主な活動は、以下の通りです。 ・法律に関する研究会や講演会の開催 ・法律に関する書籍や論文の発行 ・法律に関する相談や支援活動 ・法律に関する政策提言 ・法律に関する国際交流活動 部会の活動は、法律の研究や教育の充実、法律に関する国民の理解や関心を高めることに貢献しています。また、部会の活動は、法律の改善や法治国家の確立に寄与しています。 民主主義科学者協会法律部会は、1946年に設立された民主主義科学者協会の部会の一つです。部会は、法学の研究者や実務家、法律に関心のある一般市民など、さまざまな人々が参加しています。部会の主な活動は、法律に関する研究会や講演会の開催、法律に関する書籍や論文の発行、法律に関する相談や支援活動、法律に関する政策提言、法律に関する国際交流活動などです。部会の活動は、法律の研究や教育の充実、法律に関する国民の理解や関心を高めることに貢献しています。また、部会の活動は、法律の改善や法治国家の確立に寄与しています。
その他

「中外電報」その反骨精神

中外電報の歴史 中外電報は、1876年に設立された日本の民間通信社です。創設者は、自由民権運動のリーダーであった板垣退助です。中外電報は、政府の検閲制度に抵抗し、自由な言論を擁護することを使命としていました。 中外電報は、1880年代半ばに、政府の検閲制度の強化によって厳しい弾圧を受けました。そのため、中外電報は、1890年に活動を停止しました。しかし、1901年に、中外電報は新たな経営陣によって復活しました。 復活後の中外電報は、政府の検閲制度に抵抗し続けました。そのため、中外電報は、1903年に再び政府の弾圧を受けました。しかし、中外電報は、その後も活動を継続しました。 中外電報は、1930年代には、日本の軍国主義化に反対しました。そのため、中外電報は、1941年に政府によって解散させられました。しかし、中外電報は、1952年に復活しました。 復活後の中外電報は、政府の検閲制度の撤廃に貢献しました。また、中外電報は、自由な言論を擁護し、日本の民主化に貢献しました。 中外電報は、2006年に、時事通信社と合併しました。しかし、中外電報の反骨精神は、時事通信社に受け継がれています。
作品名

「中央公論」ってどんな雑誌?知っておくべきこと

「中央公論」は、1887年(明治20年)に創刊された老舗の総合月刊誌です。人文・社会科学を中心に、政治・経済・歴史・文学・芸術など、幅広い分野を扱っています。その編集方針は、「自由主義」と「独立不羈」を掲げており、ジャーナリズムの自由を重んじ、権力に迎合することなく、独自の視点で世の中の動きを報じています。また、「中央公論」は、日本の近代文学史においても重要な役割を果たしており、夏目漱石、森鷗外、芥川龍之介、谷崎潤一郎など、多くの著名な作家の作品を掲載してきました。 「中央公論」は、創刊以来、日本の知識人や社会活動家にとって、なくてはならない情報源であり続け、今日でも、日本のジャーナリズムにおいて、重要な役割を果たしています。その記事は、常に、時事問題を深く掘り下げ、読者に新しい視点を与えてくれます。また、「中央公論」は、日本の文化や伝統を大切にする姿勢でも知られており、その記事は、日本の良さを再発見させてくれることでしょう。
作品名

「新しい風」:政治の世界に足を踏み入れた若い妻の物語

「新しい風」とは? 「新しい風」とは、政治の世界に足を踏み入れた若い妻たちのことを指す。彼女たちは従来の政治家とは異なるアプローチで政治に取り組み、新しい政策やアイデアを提案している。 「新しい風」の妻たちは、社会の様々な分野で活躍してきた女性たちである。彼女たちは、ジャーナリスト、法律家、教師、起業家など、様々なバックグラウンドを持っている。また、彼女たちは、年齢や人種、宗教も多様である。 「新しい風」の妻たちは、政治の世界に新しい価値観をもたらしている。彼女たちは、従来の政治家の価値観である権力志向や利益追求ではなく、国民のための政治を目指している。また、彼女たちは、女性ならではの視点で政治の問題に取り組んでいる。 「新しい風」の妻たちは、政治の世界に新しい風を吹き込んでいる。彼女たちは、従来の政治のあり方に挑戦し、新しい政治の可能性を示している。彼女たちの活躍は、政治の世界に新しい時代をもたらすものとして期待されている。
その他

黒手組の軌跡:セルビアの民族主義秘密結社

セルビア民族主義の高まりと黒手組の誕生 19世紀末から20世紀初頭にかけて、セルビアでは民族主義が高揚していた。これは、オスマン帝国の支配から独立を回復しようとする民族意識の高まりに加え、オーストリア=ハンガリー帝国の侵略に対する警戒心が強まったことなどが原因だった。こうした状況下で、セルビアには黒手組と呼ばれる民族主義秘密結社が誕生した。 黒手組は、1901年にセルビア軍の将校グループによって設立された。彼らは、セルビアの独立と統一を達成するために、テロや暗殺などの暴力的手段をいとわない過激な民族主義者だった。黒手組は、セルビア政界や軍部に大きな影響力を持ち、第一次世界大戦前には、セルビア政府の政策を左右するほどになっていた。 黒手組の最も有名な活動は、1914年6月28日に起こったオーストリア=ハンガリー帝国皇太子フランツ・フェルディナントの暗殺である。この暗殺は、第一次世界大戦の引き金となり、ヨーロッパを大戦の渦に巻き込んだ。黒手組は、この暗殺をセルビアの独立と統一を達成するための必要悪と考えていたが、これがヨーロッパに大規模な戦争をもたらすことになるなど、その影響は甚大なものだった。
その他

「継続IRA」の詳細

継続IRAとは? 継続IRA(継続拠出型個人年金保険)とは、60歳以降も働き続ける人が、自分で掛金を積み立て、老後の資金作りを行う制度です。掛金は全額所得控除の対象となり、運用益も非課税となります。60歳以降は、年金として受け取ることができます。 継続IRAは、厚生年金の加入者が加入することができる制度です。厚生年金の加入者とは、会社に勤務していて、厚生年金保険料を支払っている人です。継続IRAに加入するには、加入している厚生年金保険の保険者に申し込む必要があります。 継続IRAの掛金は、全額所得控除の対象となります。掛金の上限は、年額120万円(平成30年4月1日以降)です。掛金は、毎月、給与から天引きされます。 継続IRAの運用益は、非課税となります。運用益とは、掛金に利息や配当金などがついて増えた部分のことを指します。運用益は、毎年、継続IRAの口座に積立されます。 継続IRAの年金受け取り開始年齢は、60歳以降です。年金を受け取る際には、継続IRAの口座に積立されたお金を年金として受け取ることができます。年金額は、継続IRAの口座に積立されたお金の金額によって決まります。
作品名

善政の寓意:内と外での調和

善政とは何か? 善政とは、国民の福祉と権利を促進し、国民の安全と繁栄を守り、国民の自由と尊厳を尊重する政府の統治スタイルです。善政とは、国民のニーズと願望に応え、法の支配を維持し、腐敗を排除し、透明性を確保し、国民の参加を促進する政府の統治スタイルです。善政とは、国民の生活の質を高め、国民の幸福を追求する政府の統治スタイルです。 善政とは、国を統治する上で、その国の人々と自然との調和を重視した政治を行うことです。人が生きる上で欠かせない自然の恵みを大切にしながら、国を発展させていくことを目指します。具体的には、環境保全や自然災害への対策、持続可能な開発などに力を入れ、人々が安心して暮らすことができる社会の実現を目指します。また、国と国との関係においても、調和を重視した外交を行います。他国と協力して、平和と繁栄を促進し、国際社会に貢献することを目指します。
有名人の名前

「慎重王」ルイ11世の政治的手腕

-開戦回避と外交政策- ルイ11世は、外交政策においても開戦を回避することに努めました。彼は、隣国との友好関係を維持するために、積極的に外交交渉を行いました。また、フランスの安全保障を確保するために、周辺諸国との同盟関係を強化しました。さらに、彼は、フランスの経済力を高めるために、海外貿易を奨励しました。 ルイ11世の外交政策は、フランスの利益を守ることに成功しました。彼は、フランスと隣国の間の戦争を回避し、フランスの安全保障を確保することができました。また、彼は、フランスの経済力を高め、フランスをヨーロッパの主要国の一つに押し上げました。 ルイ11世の外交政策は、彼が生きた時代には効果的でしたが、彼の死後には失敗に終わりました。彼の後継者であるシャルル8世は、イタリア遠征に乗り出し、イタリアで敗北しました。これにより、フランスはイタリアにおける影響力を失い、ヨーロッパの主要国としての地位も低下しました。
作品名

ドラマ「CHANGE」解説

ドラマ「CHANGE」は、2008年5月11日から9月14日までフジテレビ系「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は木村拓哉。 物語は、東大法学部を卒業後、通産省に入省した朝倉啓太(木村拓哉)が、日本の政治を変えるため、首相を目指すというストーリー。 朝倉は、通産省時代に、先輩官僚の黒崎徹也(阿部寛)と出会い、彼の政治改革への情熱に感銘を受ける。しかし、黒崎は、汚職疑惑で失脚。朝倉は、黒崎の無実を証明するため、政治の世界に足を踏み入れる。 朝倉は、衆議院議員選挙に出馬し、当選。総理大臣を目指す。しかし、政治の世界は、利権や派閥の争いにまみれており、朝倉は、挫折を味わう。 それでも、朝倉は、諦めずに政治改革を目指し、仲間たちと力を合わせて、日本の未来を変えていく。 ドラマ「CHANGE」は、日本の政治をテーマにした作品であり、政治改革の重要性や、政治家の使命などについて考えさせられる内容である。また、木村拓哉の熱演も見どころであり、高い視聴率を記録した。
その他

カルボナリとは?歴史と役割

カルボナリの成立と目的 19世紀初頭のイタリアは、ナポレオン戦争を経て激動の時代であった。フランス革命の勃発により、イタリアはフランス軍に侵略され、さまざまな政治的、社会的変化を経験した。こうした混乱期に誕生したのが、カルボナリである。 カルボナリは、1810年頃にイタリア南部で誕生した秘密結社である。その正確な起源は不明だが、炭焼き小屋で密会を行っていた炭焼き職人たちの集団が発祥であると言われている。炭焼き小屋は、人目に触れず、密会をするのに最適な場所であったため、カルボナリは炭焼き小屋で集まり、政治的な討論や活動を行っていた。 カルボナリの目的は、イタリアの統一と独立であった。当時、イタリアは複数の小さな国家に分かれており、フランスやオーストリアなどの外国勢力の支配下に置かれていた。カルボナリは、イタリアを統一し、外国勢力の支配から解放することを目指していた。 カルボナリは、組織を秘密結社とし、厳格な入会儀式と秘密保持を義務づけていた。これは、外国勢力の弾圧から逃れるためであった。カルボナリは、イタリア全土に支部を置き、密かに組織を拡大していった。 カルボナリは、1820年、1830年、1848年など、イタリア各地で蜂起を起こした。しかし、いずれも政府軍に鎮圧され、カルボナリは組織として壊滅状態となった。 しかし、カルボナリの活動は、イタリアの統一運動に大きな影響を与えた。カルボナリの活動により、イタリア統一の機運が高まり、1861年にイタリア王国が成立した。カルボナリは、イタリア統一運動の貴重な一翼を担った存在である。
作品名

池上彰と行く海外旅行の新常識

海外旅行は、一度は行ってみたいと誰もが思うもの。しかし、海外旅行初心者は、慣れない異国の地で恥をかいてしまうことがよくあります。そこで、今回は海外旅行で恥をかかないための新常識を紹介します。 まず、海外旅行で恥をかかないためには、入国審査をスムーズに通過することが大切です。入国審査では、パスポートやビザの確認、質問への回答などを行います。質問には、英語で答える必要があります。英語が苦手な人は、事前に質問を予測して、答えを用意しておきましょう。また、入国審査官に失礼のないように、丁寧な態度を心がけましょう。 海外旅行では、言葉の壁にぶつかることがあります。英語が話せなくても、身振り手振りや簡単な単語を使って、コミュニケーションをとることができます。また、ホテルやレストランには、英語が話せるスタッフがいることが多いので、困ったときは彼らに助けを求めましょう。 海外旅行では、日本の常識が通用しないことがあります。例えば、日本では道を歩くときには左側を歩きますが、海外では右側を歩くのが普通です。また、日本ではお箸を使って食事をしますが、海外ではナイフとフォークを使うのが一般的です。海外旅行に行く前に、その国の文化や習慣を調べておくことが大切です。 海外旅行では、思わぬトラブルが起こることもあります。例えば、体調を崩したり、盗難に遭ったり、迷子になったりすることがあります。トラブルが起こったときは、慌てずに落ち着いて対処することが大切です。また、海外旅行保険に加入しておくことで、トラブルの際の補償を受けることができます。 海外旅行は、新しい文化や習慣に触れることができる貴重な体験です。しかし、海外旅行初心者は、恥をかかないように注意する必要があります。今回紹介した新常識を参考にして、楽しい海外旅行を満喫してください。
モノの名前

財界の魅力とは?

財界の基本情報 財界とは、経済界のことではなく、経済界の中でも、特に有力な財界人が集まるグループのことを指します。財界人は、財界活動に参加する経済人であり、富裕層や経営者、経済界の重鎮など、経済界において大きな影響力を持つ人々のことを指します。財界活動とは、経済政策の策定や経済界の運営、経済界の利益を代表する活動などのことです。財界は、経済界の意思決定に大きな影響力を持つため、政治や経済界に大きな影響を与えます。 財界の歴史は、19世紀後半にさかのぼります。産業革命により、経済界が急速に発展し、富裕層や経営者、経済界の重鎮が台頭しました。これらの経済人は、自分たちの利益を代表するため、財界活動に参加するようになりました。財界は、経済界の意思決定に大きな影響力を持つため、政治や経済界に大きな影響を与えました。 財界は、経済界の中でも、特に有力な財界人が集まるグループのことを指します。財界人は、財界活動に参加する経済人であり、富裕層や経営者、経済界の重鎮など、経済界において大きな影響力を持つ人々のことを指します。財界活動とは、経済政策の策定や経済界の運営、経済界の利益を代表する活動などのことです。財界は、経済界の意思決定に大きな影響力を持つため、政治や経済界に大きな影響を与えます。
モノの名前

PRESIDENT誌の魅力と最新号ご紹介

PRESIDENT誌とは?その特徴やターゲット読者をご紹介 PRESIDENT誌とは、経済界やビジネス界の重要ニュースやトレンド、時事問題などを取り上げている週間のビジネス誌です。1965年に創刊して以来、半世紀以上もの間、日本のビジネス界をリードするトップ層の読者に支持され続けています。 PRESIDENT誌の特徴は、何といってもその鋭い取材力と分析力です。記者たちは、国内外のビジネスシーンの最前線に足を運び、第一線の経営者や専門家たちに直接インタビューを行うことで、独自の情報を集めています。また、経済や社会の動きを深く分析し、その結果を分かりやすい記事として読者に提供しています。 PRESIDENT誌のターゲット読者は、企業経営者やビジネスマン、政治家など、日本の社会を動かすトップ層です。彼らは、PRESIDENT誌を読んで、ビジネスの最新動向や経済政策の動向、社会問題の解決策など、さまざまな情報を得ています。そして、それらの情報をビジネスや政治の意思決定に役立てています。 PRESIDENT誌は、日本のビジネス界をリードするトップ層に欠かすことのできない情報誌です。その鋭い取材力と分析力、そして分かりやすい記事は、読者に高い評価を得ています。
その他

「四季協会」について

「四季協会」とは? 「四季協会」は、四季の美しさを愛し、それを後世に伝えようと活動する団体です。1995年に設立され、現在は北海道から沖縄まで全国に約10,000人の会員がいます。「四季協会」の活動は、四季に関する講演会やイベントの開催、四季に関する書籍や雑誌の発行など多岐にわたります。また、「四季協会」では、四季の美しさを伝えるために、四季の写真コンテストや俳句大会なども開催しています。 「四季協会」の設立のきっかけは、四季が失われつつあるという危機感でした。近年、地球温暖化の影響で四季の移ろいが感じられなくなったり、都市化が進み自然が失われたりしています。「四季協会」は、このような状況に危機感を抱き、四季の美しさを守るために活動を続けているのです。
作品名

日本の農業を学ぶ:近藤康男著

1955年に刊行された近藤康男著『日本の農業』は、日本の農業の歴史、現状、課題を包括的に論じた名著です。近藤康男は、1902年に愛知県に生まれ、東京帝国大学農学部を卒業後、農林省に入省しました。農林省では、農業政策の立案や農業経済の研究に携わり、農林事務次官まで昇進しました。 『日本の農業』は、近藤康男の農林省での経験と研究成果をまとめたものです。本書は、日本の農業の歴史を縄文時代から現代までたどり、農業生産の仕組みや農民の生活、農業政策の変遷などを詳しく解説しています。また、当時の日本の農業が抱えていた課題や、今後の農業のあるべき姿を提言しています。 『日本の農業』は、日本の農業史研究の基礎文献として高く評価されており、現在でも多くの研究者や農業関係者が参照しています。また、本書は一般読者向けにも読みやすく書かれており、日本の農業について学ぶのに最適な一冊です。
施設名・ロケ地

東アジア学会の役割と研究

-東アジア学会とは- 東アジア学会は、東アジア地域の研究を促進し、東アジア諸国間の相互理解を深めることを目的として1957年に設立された学術団体である。会員は国内外の研究者、教育者、ジャーナリスト、実業家など幅広く、東アジア地域の政治、経済、社会、文化、歴史などに関する研究発表会、講演会、シンポジウム、調査研究などを行っている。 東アジア学会は、東アジア地域の研究を促進し、東アジア諸国間の相互理解を深めることを目的として、1957年に設立されました。会員は国内外の研究者、教育者、ジャーナリスト、実業家など幅広く、東アジア地域の政治、経済、社会、文化、歴史などに関する研究発表会、講演会、シンポジウム、調査研究などを行っています。 東アジア学会の活動は、東アジア地域の研究の発展と、東アジア諸国間の相互理解の促進に貢献しています。また、東アジア学会は、日本と東アジア諸国との間の学術交流を促進し、東アジア地域における平和と協力の構築に貢献しています。
その他

アジア政経学会とは?

アジア政経学会の目的と活動内容 アジア政経学会は、アジアの政治経済に関する学術研究を推進することを目的として、1961年に設立された学術団体です。会員数は約1,000名で、アジアの政治、経済、国際関係を専門とする研究者や実務家が参加しています。 学会の活動内容は、年次大会の開催、学術誌の発行、研究助成金の交付などです。年次大会は、毎年夏に開催され、アジアの政治経済に関する最新の研究成果が発表されます。学術誌は、年2回発行され、アジアの政治経済に関する論文や評論を掲載しています。研究助成金は、アジアの政治経済に関する研究を行う研究者に交付されます。 学会は、アジアの政治経済に関する学術研究を推進することで、アジアの平和と発展に貢献することを目指しています。
その他

「人間の権利協会」とは

「人間の権利協会」の設立 「人間の権利協会」は、1948年に設立された、人間の権利の擁護と促進に取り組む国際的な非政府組織です。本部はニューヨークに置かれており、世界各国に支部を持っています。協会の設立は、第二次世界大戦後の世界的な人権意識の高まりを受けて行われました。当時、戦争によって大規模な人権侵害が行われたことを受け、世界各国は、人間の権利を保護するための国際的な協定を締結する必要性を認識しました。その結果、1948年に「世界人権宣言」が採択され、人間の権利を普遍的なものとして宣言しました。 「人間の権利協会」は、世界人権宣言の採択を受けて設立されました。協会の設立目的は、世界人権宣言の理念を促進し、人間の権利の保護と尊重を促進することです。協会は、世界各地で人権侵害が発生した場合に調査を行い、その結果を国際社会に報告しています。また、人権侵害を受けた人々への支援も行っています。
作品名

「どーする!?TVタックル」ってどんな番組だった?

「どーする!?TVタックル」は、1983年10月8日から1996年12月30日までテレビ朝日系列で毎週土曜2200 - 2300に放送されていた討論番組である。 番組は、司会の徳光和夫がゲストコメンテーターと討論を行い、視聴者からの投稿を基に社会問題や時事問題を扱っていた。特に、1985年9月に放送された「同性愛者の人権を考える」という回は、同性愛者の人権について初めてテレビで取り上げられたことで大きな反響を呼んだ。 また、「どーする!?TVタックル」は、当時としては斬新な演出で話題を呼んだ。例えば、番組ではVTRを多用し、ゲストコメンテーターと視聴者からの投稿を交互に放送することで、議論をより活発なものにしていた。また、番組では視聴者からの意見も積極的に取り入れており、番組の企画や内容に視聴者の意見が反映されることも多かった。 「どーする!?TVタックル」は、社会問題や時事問題を扱った討論番組として大きな人気を集め、番組終了後も多くの番組がそのスタイルを真似した。また、番組で取り上げられたテーマは、社会問題や時事問題に対する人々の意識を変えるきっかけとなった。