文芸誌

作品名

群像とは?魅力や歴史をわかりやすく解説

群像とは、複数の人の姿や形を表現した芸術作品のことです。彫刻、絵画、写真など、さまざまな芸術分野において制作される作品があります。群像は、個人を表現した肖像彫刻とは異なり、複数の人間をひとつの作品にまとめて表現する点が特徴です。 群像の魅力は、さまざまな人間の姿や形を表現することで、社会や歴史、人間関係など、さまざまなテーマを表現できる点にあります。また、複数の人の姿や形を組み合わせることで、複雑で奥深い作品を生み出すことができます。また、群像は、公園や広場、公共施設などに設置されることが多く、人々の生活に身近な存在であり、人々に親しまれています。
作品名

書評誌『本の話』について

文藝春秋が発行していた文芸誌『本の話』 文藝春秋の文芸誌『本の話』は、1929年(昭和4年)から1964年(昭和39年)まで発行された文芸誌です。『本の話』は、文藝春秋の創業者である菊池寛が、純文学の振興を目的として創刊しました。本誌の編集は、菊池寛の弟である菊池正が担当し、芥川龍之介、石川啄木、里見弴、志賀直哉、谷崎潤一郎など、当時の文壇の重鎮が寄稿しました。本誌は、純文学の発表の場として重要な役割を果たし、多くの優れた作品が掲載されました。 しかし、文壇の右傾化が進み、純文学が弾圧されるようになると、本誌もその影響を受け、1941年(昭和16年)には休刊を余儀なくされました。戦後、本誌は1946年(昭和21年)に復刊し、再び純文学の発表の場となりました。しかし、戦後の文壇は、新しい潮流に押されて、純文学の地位は低下し、本誌もその影響を受けて、1964年(昭和39年)に廃刊となりました。 本誌は、文壇の変遷を知る貴重な資料であり、多くの優れた作品が掲載されているため、現在でも研究者や愛読家から高く評価されています。
作品名

「新潮」の歴史と特徴

-新潮の創刊と歴史- 1921年、佐藤義亮が「新潮」を創刊しました。佐藤は、早稲田大学卒業後、渡米し、コロンビア大学で経済学を学びました。帰国後、朝日新聞社に入社し、記者として働きました。その後、小説家としてデビューし、人気作家となりました。 佐藤は、新潮を創刊したとき、まだ26歳でした。新潮は、佐藤の文学理念を反映した雑誌で、リアリズムとモダニズムを融合した作品を多く掲載しました。また、新潮は、新進作家の登竜門として知られるようになり、多くの作家が新潮でデビューしました。 戦時中、新潮は発禁処分を受けました。しかし、戦後すぐに復刊し、再び人気雑誌となりました。1960年代には、新潮は「三島由紀夫事件」で大きく揺れましたが、その後も発行を続け、現在に至っています。 新潮は、創刊から100年以上の歴史を持つ、日本の代表的な文学雑誌です。新潮には、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫など、多くの文豪の作品が掲載されました。また、新潮は、日本の文学界に大きな影響を与えてきました。
作品名

小説宝石について

小説宝石とは? 小説宝石とは、株式会社光文社が発行している純文学の月刊文芸誌です。1946年(昭和21年)に創刊され、以来70年以上もの歴史があります。当初は「宝石」というタイトルで創刊されましたが、1951年(昭和26年)に「小説宝石」に改題されました。 小説宝石は、純文学の小説を主に掲載しており、芥川賞や直木賞などの受賞作品も数多く掲載されています。また、評論やエッセイ、書評などの記事も掲載されています。 小説宝石は、純文学の読者層をターゲットにしており、読者の年齢層は比較的高いです。また、小説宝石は、書店やコンビニエンスストアなどで販売されていますが、定期購読も可能です。 小説宝石は、純文学の読者にとっては欠かせない文芸誌です。小説宝石を読むことで、最新の純文学作品に触れることができますし、評論やエッセイ、書評などを読むことで、文学に関する知識を深めることができます。
その他

創文とは?その歴史と内容を解説します

創文社の発行していた書誌PR誌、創文とは 創文社は、1939年に創立された出版社です。人文科学、社会科学、自然科学など幅広い分野の書籍を出版しています。創文社は、1952年から1971年まで、書誌PR誌「創文」を発行していました。「創文」は、創文社が出版した書籍の書評や紹介記事を掲載する雑誌でした。また、「創文」には、創文社の編集者によるエッセイや、著名な作家のインタビュー記事なども掲載されていました。「創文」は、創文社の書籍の宣伝を目的として発行されましたが、同時に、文化的な情報発信も行う雑誌として、多くの読者に親しまれていました。 「創文」は、創文社が発行していた書誌PR誌です。1952年から1971年まで発行されました。「創文」には、創文社が出版した書籍の書評や紹介記事、創文社の編集者によるエッセイ、著名な作家のインタビュー記事などが掲載されていました。「創文」は、創文社の書籍の宣伝を目的として発行されましたが、同時に、文化的な情報発信も行う雑誌として、多くの読者に親しまれていました。
作品名

書斎の窓とは – 有斐閣の文芸誌

書斎の窓とは - 有斐閣の文芸誌 書斎の窓の歴史 書斎は、読書や執筆などを行うための部屋のことです。書斎の窓は、書斎に明かりや風を取り入れるために設けられた窓のことです。書斎の窓は、書斎の雰囲気を左右する重要な要素であり、その歴史は古く、紀元前から存在していました。 紀元前の記録を見ると、書斎の窓は、古代ギリシャやローマの書斎に設けられていたことがわかります。古代ギリシャやローマの書斎の窓は、一般的には小さく、四角形をしていたようです。また、窓枠には、大理石や木材などの素材が使用されていました。 中世以降の書斎の窓は、より大きくなり、装飾的な要素が加えられるようになりました。ルネッサンス期の書斎の窓は、大きなアーチ状の窓や、ステンドグラスの窓が設けられることが多く、ゴシック期の書斎の窓は、尖塔状の窓や、ロゼッタ窓が設けられることが多くありました。 近代以降の書斎の窓は、よりシンプルで機能的なデザインになりました。近代以降の書斎の窓は、一般的には、長方形や正方形をした窓が設けられることが多く、窓枠には、金属やプラスチックなどの素材が使用されています。 書斎の窓は、書斎に明かりや風を取り入れるために設けられた窓のことですが、その歴史は古く、紀元前から存在しています。書斎の窓は、書斎の雰囲気を左右する重要な要素であり、そのデザインは時代によって変化してきました。
作品名

小説新潮ってどんな雑誌?

小説新潮とは、株式会社新潮社が発行している月刊の文芸雑誌です。1925年に創刊され、日本の文芸雑誌としては最も長い歴史を持っています。小説新潮は、純文学を中心に、ミステリー、SF、時代小説など、幅広いジャンルの小説を掲載しています。また、評論、エッセイ、詩歌などの作品も掲載されており、文芸雑誌としての充実した内容となっています。 小説新潮は、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫など、数多くの文豪の作品を掲載してきました。また、直木三十五賞、芥川賞、新潮新人賞など、数多くの文学賞を主催しており、日本の文学界を牽引する存在となっています。 小説新潮は、文芸雑誌としての高い評価だけでなく、一般読者にも親しまれている雑誌です。その理由は、掲載されている小説の質の高さはもちろんのこと、読みやすい文章で書かれているという点も挙げられます。小説新潮は、文学を愛する人々にとって、なくてはならない雑誌と言えます。
作品名

電撃文庫MAGAZINEの歩みと休刊の理由

「電撃文庫MAGAZINEとは」 電撃文庫MAGAZINEは、アスキー・メディアワークス(現・KADOKAWA)が発行していたライトノベル専門誌である。2007年4月25日に創刊され、2020年10月24日に休刊した。隔月刊で、奇数月25日発売。 電撃文庫MAGAZINEは、電撃文庫に掲載されている作品を中心に、書き下ろしや他誌からの人気作品を掲載していた。また、電撃文庫の最新情報や、作家やイラストレーターへのインタビュー記事なども掲載されていた。 電撃文庫MAGAZINEは、創刊以来、人気ライトノベル誌として多くの読者に親しまれてきた。しかし、近年は電子書籍の普及や、ライトノベル市場の縮小などにより、売り上げが低迷していた。そのため、2020年10月24日に休刊することが発表された。 電撃文庫MAGAZINEの休刊は、ライトノベル業界にとって大きな損失である。しかし、電撃文庫自体は今後も引き続き刊行される予定である。
モノの名前

「小説推理」の魅力と歴史

「小説推理」は、日本の推理小説やミステリー小説を中心とした文芸雑誌です。1946年に創刊され、現在も刊行されています。「小説推理」は、推理小説の専門誌として創刊され、多くの有名作家を輩出しました。創刊当時、「小説推理」は、1か月ごとに発行される月刊誌でした。しかし、1950年からは、2か月に1回発行される隔月刊誌に変更されました。また、1960年代には、一時的に休刊となりましたが、1964年に復刊しました。復刊後は、季刊誌として発行され、現在もその形式を維持しています。 「小説推理」の編集長を歴任した人物には、江戸川乱歩、横溝正史、松本清張など、推理小説界の巨匠が名を連ねています。また、「小説推理」には、多くの新人作家が作品を発表しており、推理小説界の発展に大きく貢献してきました。「小説推理」には、推理小説の特集記事や評論、対談などの記事が掲載されています。また、毎号、複数の短編小説が掲載されており、読者はさまざまな作家の作品を楽しむことができます。「小説推理」は、推理小説ファンにとって、欠かせない雑誌です。
作品名

懐かしの文芸誌「小説花丸」の歴史と功績

「小説花丸」は、1954年から1995年まで発行されていた文芸誌です。 同誌は、当時の人気作家や新人作家の作品を掲載しており、日本の文壇に大きな影響を与えました。 「小説花丸」に掲載された作品には、後に芥川賞や直木賞を受賞したものも多く、同誌は日本の文学史において重要な役割を果たしたと言われています。 「小説花丸」は、文芸誌としてだけでなく、その表紙絵でも有名でした。 同誌の表紙絵は、毎回異なる画家によって描かれ、その斬新なデザインは、読者の目を引きました。 「小説花丸」の表紙絵は、日本の近代美術史においても重要な役割を果たしており、同誌は文学だけでなく、美術の分野でも大きな影響を与えました。
作品名

図書 – 岩波書店の文芸誌・書誌PR誌

図書とは、岩波書店の文芸誌・書誌PR誌である。創刊は1934年(昭和9年)3月で、当初は岩波書店発行の雑誌に掲載された書評や随筆、研究論文などを集めた季刊誌であった。1941年(昭和16年)6月から月刊誌となり、1944年(昭和19年)12月に一時休刊を余儀なくされるが、1946年(昭和21年)6月に復刊した。 復刊後は、文芸作品や評論、詩歌、戯曲、書評、エッセイなど、幅広いジャンルの作品を掲載する総合文芸誌として刊行されてきた。また、岩波書店の出版物の紹介や書評なども掲載され、書誌PR誌としての役割も果たしている。図書は、その優れた内容と文芸性の高さから、多くの読者に愛され、日本の文壇に大きな影響を与えてきた。 図書には、数多くの著名な作家や評論家が執筆してきた。主な執筆者には、芥川龍之介、志賀直哉、武者小路実篤、川端康成、三島由紀夫、大江健三郎、村上春樹、森岡正博、江藤淳、福田恆存、吉本隆明、竹内好、丸谷才一、奥野健男、加藤典洋など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。 図書は、その創刊以来、日本の文壇を代表する文芸誌として、重要な役割を果たしてきた。今後も、優れた文芸作品や評論を掲載し続け、日本の文壇の発展に貢献することが期待されている。
作品名

「春秋」の歩みと軌跡

-「春秋」の創刊と理念- 「春秋」は、1882年(明治15年)12月1日に福沢諭吉が創刊した週刊誌です。福沢は、明治維新後の日本の社会情勢を憂い、国民の啓蒙と世論の喚起を目的として「春秋」を創刊しました。 「春秋」の理念は、「独立自尊」と「文明開化」の二つでした。「独立自尊」とは、他国に頼らず、自国の力で自立することを意味します。福沢は、日本の近代化を進めるためには、まず国民が独立自尊の精神を持つことが必要であると考えました。「文明開化」とは、欧米の文明を学び、日本の社会を近代化することを意味します。福沢は、日本の近代化を進めるためには、国民が文明開化の知識を持つことが必要であると考えました。 「春秋」は、創刊以来、福沢の思想を世に広める役割を果たしました。福沢は、「春秋」に多くの論文や記事を掲載し、日本の社会情勢を批判したり、国民に近代化の必要性を説いたりしました。「春秋」は、日本の近代化に大きな影響を与えた雑誌です。
作品名

文芸誌「asta*」とは何か?

「asta*」の歴史と概要 「asta*」は、1994年1月に創刊された文芸誌です。株式会社インスクリプションが発行しており、季刊で刊行されています。2017年10月までに49号が刊行されています。 「asta*」は、主に新人作家の小説や詩、評論などを掲載しています。また、特集記事やインタビュー記事なども掲載しています。また、創刊から2014年5月まで発行された、インスクリプションの文芸賞である「asta*文学賞」の受賞作も掲載していました。 「asta*」は、新人作家の登竜門として知られており、多くの芥川賞や直木賞作家を輩出しています。また、文芸誌の中でも比較的流通量が多く、書店や図書館などで見つけることができます。 「asta*」は、文芸誌の中でも比較的流通量が多く、書店や図書館などで見つけることができます。また、最近では電子書籍版も発売されており、インターネットで購入することも可能です。
作品名

Sneaker とは? 休刊の理由と影響

スニーカーの歩み スニーカーは、19世紀後半に、テニスやその他のスポーツのために開発された靴です。当初、スニーカーは主に男性向けに作られていましたが、その快適さと汎用性から、1900年代初頭には女性や子どもからも人気を博すようになりました。スニーカーは、1950年代にバスケットボール選手が着用し始めたことで、その人気がさらに高まり、1960年代には、カウンターカルチャーの象徴として、若者の間で大流行しました。 1970年代以降、スニーカーは、ファッションアイテムとしても定着し、今日では、世界中で幅広い世代に親しまれています。スニーカーは、その快適さと汎用性の高さから、様々なシーンで着用することができます。スポーツやアウトドアはもちろん、普段着や通勤・通学など、幅広い場面で活躍します。 スニーカーは、ファッションアイテムとしてだけでなく、健康にも良いと言われています。スニーカーは、足にフィットして衝撃を吸収してくれるので、足や腰への負担を軽減することができます。また、スニーカーは、足裏の筋肉を鍛えてくれるので、歩行をより快適にすることができます。
作品名

「みすず」創刊64年の歴史を振り返る

「みすず」の歴史 「みすず」は、1956年(昭和31年)に、河出書房新社の編集者であった柳田邦男氏によって創刊されました。柳田氏は、河出書房新社で、丸谷才一氏、澁澤龍彦氏、中上健次氏など、数多くの作家を世に送り出し、日本の文学界に大きな影響を与えました。しかし、河出書房新社が倒産したことをきっかけに、柳田氏は同社を退職し、「みすず」を創刊することになりました。 「みすず」は、創刊以来、丸谷才一氏、澁澤龍彦氏、中上健次氏らの作品を積極的に出版し、日本の文学界に大きな影響を与えてきました。また、「みすず」は、海外の文学作品も積極的に翻訳出版しており、日本の読者に、海外の文学を紹介する役割を果たしてきました。 「みすず」は、創刊以来64年間、日本の文学界に大きな影響を与え続けてきました。今後も「みすず」が、日本の文学界を牽引していくことは間違いありません。
作品名

オール讀物とは?エンタメ小説の殿堂

オール讀物は、1949年に創刊されたエンターテインメント小説の殿堂ともいえる雑誌です。創刊以来、多くの名作小説を世に送り出し、今日まで愛され続けています。オール讀物の歴史は、日本のエンターテインメント小説の歴史そのものであり、日本の小説史に大きな足跡を残してきました。 オール讀物の創刊は、1949年に遡ります。当時、日本では戦後復興の真っ只中であり、人々は娯楽を求めていました。そんな中、オール讀物は、エンターテインメント小説の雑誌として創刊され、瞬く間に人気を博しました。オール讀物には、井上靖、吉川英治、松本清張、山崎豊子など、錚々たる作家陣が寄稿し、数々の名作小説が生まれました。 オール讀物は、創刊以来、時代の変化に合わせて変遷を遂げてきました。1960年代には、社会派小説が流行し、オール讀物にも社会派小説が数多く掲載されました。1970年代には、SF小説やホラー小説が人気を博し、オール讀物でもこれらのジャンルの小説が掲載されるようになりました。1980年代以降は、ミステリー小説や恋愛小説が人気となり、オール讀物でもこれらのジャンルの小説が掲載されるようになりました。 オール讀物は、常に時代の最先端を走り続け、常に新しいエンターテインメント小説を世に送り出しています。オール讀物は、日本のエンターテインメント小説の歴史を語る上で欠かせない存在であり、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
作品名

ジャーロとは?ミステリー専門の文芸誌の魅力

ジャーロの歴史と特徴 ジャーロは、1929年に初めて出版されたイタリアのミステリー専門の文芸誌です。ジャーロという言葉は、イタリア語で「黄色」を意味し、犯罪小説の表紙に黄色が使用されることが多かったことに由来しています。ジャーロは、すぐにイタリアで人気となり、1930年代にはフランスやスペインにも広まりました。ジャーロは、主に短編小説や中編小説を掲載しており、その内容は、ミステリー、サスペンス、犯罪など多岐にわたります。ジャーロの特徴としては、緻密なプロット、意外な展開、そして読者をハラハラさせるような緊張感があります。ジャーロは、世界中で多くの読者を持ち、多くの作品が映画化もされています。
作品名

「問題小説」とは?

「問題小説」の特徴 「問題小説」とは、その時代の社会問題や政治問題をテーマに扱った小説のことである。その特徴としては、以下の点が挙げられる。 ・社会問題や政治問題をテーマにしている ・リアリズムの手法を用いて、社会の現状をありのままに描いている ・問題提起や批判的視点を持ち、読者に考えさせる内容になっている ・社会に衝撃を与え、論争を巻き起こすことが多い 「問題小説」は、その時代の社会情勢を反映しており、その時代の問題点を浮き彫りにした作品である。また、問題提起や批判的視点を持ち、読者に考えさせる内容になっていることが多い。そのため、読者に大きな影響を与え、社会に衝撃を与えることもある。 「問題小説」は、社会問題や政治問題をテーマに扱っているため、その時代の社会情勢を知る上で重要な資料となる。また、問題提起や批判的視点を持ち、読者に考えさせる内容になっていることが多い。そのため、読者の人生観や価値観に影響を与えることもある。 「問題小説」は、社会に衝撃を与え、論争を巻き起こすことが多い。これは、「問題小説」が社会問題や政治問題をテーマに扱っており、その時代の問題点を浮き彫りにした作品であるためである。また、「問題小説」は問題提起や批判的視点を持ち、読者に考えさせる内容になっていることが多い。そのため、読者の中に賛否両論が巻き起こることもある。
作品名

別册文藝春秋:歴史と変遷

別冊文藝春秋とは 文藝春秋は、株式会社文藝春秋が発行する総合月刊文芸雑誌で、1923年(昭和9年)創刊の日本の文芸と評論の老舗文芸雑誌です。 文藝春秋は、日本を大きく変える傑作小説を連載・発表し続ける文芸雑誌として、歴史にその名を残すことになりました。 政界、財界、文学、思想、芸能の重鎮の最先端を歩く情報を網羅した日本を動かす総合知的文芸誌として、他に類例のない総合月刊誌として、嘘のない伝記、論説、小説、評伝、紀行、旅行記、経済記事など、さまざまな記事が掲載されています。
モノの名前

「學鐙」の歴史と特色

「學鐙」の歴史と特色 學鐙の創刊と沿革 「學鐙」は、1891年(明治24年)に東京帝国大学総長であった芳川顕正氏により創刊された雑誌です。その目的は、学術研究の成果を発表し、学問の発展に寄与することであった。創刊当初は、哲学、歴史、文学、法学、経済学、理学、工学など幅広い分野を扱う総合雑誌として刊行された。しかし、1903年(明治36年)に「東京帝国大学紀要」が創刊されると、「學鐙」は人文科学系の雑誌としてその性格を定めた。 「學鐙」は、創刊以来100年以上もの間、日本の学術研究の発展に寄与してきました。その間、日本の歴史上を代表する多くの学者が論文を発表しており、日本学術史の貴重な資料となっています。また、「學鐙」は、学術研究の成果を一般の人々にわかりやすく伝える役割も果たしており、日本の学術文化の普及に貢献しています。 「學鐙」の特色のひとつは、その論文のレベルの高さです。論文は、すべて学術的な審査を経て掲載されるため、その内容は非常に質の高いものとなっています。また、「學鐙」は、幅広い分野を扱う総合雑誌であるため、さまざまな分野の研究成果を一度に知ることができます。これは、学術研究者にとっては非常に便利なことです。 「學鐙」のもうひとつの特色は、その編集方針です。「學鐙」は、学術研究の成果を一般の人々にわかりやすく伝えることを重視しており、論文はすべて平易な言葉で書かれています。また、「學鐙」は、学術研究の動向をわかりやすく解説した記事も掲載しており、学術研究に興味のある一般の人々にとっても読みやすい雑誌となっています。
作品名

本の窓とは?

本の窓の概要 本の窓とは、本の表紙に印刷された透明な窓のことです。この窓を通して、本の内容の一部を見ることができます。本の窓は、読者が本の中身を確認して購入するかどうかの判断を下すのに役立ちます。また、本の内容をアピールして、読者の興味を引く役割も果たしています。 本の窓は、1950年代にアメリカで初めて登場しました。その後、世界中に広まり、今では多くの本に採用されています。本の窓のサイズは、本の大きさや形状によって異なりますが、一般的には縦10cm、横15cm程度の大きさです。本の窓には、透明なプラスチックやアクリルなどが使用されています。 本の窓には、様々なメリットがあります。まず、読者が本の中身を確認して購入するかどうかの判断を下すのに役立ちます。書店で本を選ぶとき、読者は本の表紙だけを見て購入するかどうかの判断を下す必要があります。しかし、本の窓があれば、本の内容の一部を確認することができ、購入するかどうかの判断を下しやすくなります。 また、本の窓は本の内容をアピールして、読者の興味を引く役割も果たしています。書店には、多くの本が並んでいます。読者は、その中から自分が興味のある本を見つける必要があります。本の窓があれば、読者は本の内容の一部を確認することができ、自分が興味のある本を見つけやすくなります。 さらに、本の窓は本の装丁を美しくする効果もあります。本の表紙に透明な窓があると、本の内容が透けて見えて、本の装丁がより美しくなります。そのため、本の窓は多くの本に採用されています。
モノの名前

文芸誌「経 Kei」とは?

文芸誌「経 Kei」とは? 文芸誌「経 Kei」とは、2023年春に創刊された、現代の小説や詩、エッセイを掲載する文芸誌です。編集者は、芥川賞作家の今村夏子さんと、文芸評論家の川本三郎さんです。 「経 Kei」という誌名は、経典や経書などの「経」の字から来ています。編集者らは、「経」の字には、「長く続くもの」や「根源的なもの」という意味があり、そのような意味を込めたと語っています。 「経 Kei」は、小説や詩、エッセイのほか、対談や書評、エッセイなども掲載しています。また、毎回、特集を組んで、ある特定のテーマについて、複数の作家や評論家による作品を掲載しています。
作品名

UPとは?発行内容や歴史を解説

UPの概要 UPは、女性が自分らしく輝くための総合情報誌です。1994年に創刊され、現在では発行部数100万部を超える人気雑誌となっています。UPの特徴は、読者が自分のライフスタイルに合わせた情報を得られるよう、さまざまなコンテンツを掲載していることです。ファッション、美容、グルメ、旅行、仕事、子育てなど、幅広いジャンルの記事が掲載されています。また、UPは読者との交流を大切にしており、読者からの投稿や質問を積極的に受け付けています。読者と編集部が一緒になって雑誌を作り上げていくという姿勢が、UPの人気の秘訣となっています。
作品名

「本当は怖い愛とロマンス」の歌詞に隠された本当のメッセージ

桑田佳祐の「本当は怖い愛とロマンス」は、1994年にリリースされたシングル曲です。この曲は、桑田佳祐が作詞・作曲を手掛け、サザンオールスターズが演奏を担当しました。 この曲は、一見すると、愛とロマンスをテーマにしたバラードのようですが、歌詞をよく聴いてみると、その裏に隠された本当のメッセージが浮かび上がってきます。 そのメッセージとは、「愛とロマンスは、時に人を傷つけたり、苦しめたりすることもある」ということです。桑田佳祐は、この曲の中で、愛とロマンスの危険性について、赤裸々に歌っています。 例えば、サビの歌詞「愛が怖くていられない」というフレーズは、愛する人がいることの幸せと、その人を失うことへの不安が同居していることを表しています。また、2番の歌詞「ロマンスはいつでも悲劇の始まり」というフレーズは、ロマンスが、時に破局という悲劇につながることを示唆しています。 この曲は、愛とロマンスの美しさだけでなく、その危険性についても歌っていることで、多くの人々に共感を得ました。また、桑田佳祐のボーカルと、サザンオールスターズの演奏も素晴らしいと評判になり、大ヒット曲となりました。