新宿

施設名・ロケ地

新宿の老舗ジャズバー「DUG」の歴史

「DUG」の歴史 新宿の老舗ジャズバー「DUG」は、1968年に創業したジャズバーです。場所は新宿三丁目、新宿通りと小滝橋通りが交差する「三角地帯」と呼ばれる一角にあります。 創業者は、ジャズを愛する若者だった大村 努氏です。大村氏は、ジャズをもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、ジャズバーを開業しました。 「DUG」は、オープン当初からジャズファンに愛され、多くのミュージシャンが演奏を行いました。中でも、1970年代に「DUG」に出演した日野皓正氏は、ジャズバーを代表するサックス奏者として知られるようになりました。 「DUG」は、1990年代以降もジャズファンに愛され続け、現在も多くのミュージシャンが演奏を行っています。また、「DUG」は、ジャズだけでなく、ロックやブルースなど様々なジャンルの音楽が演奏されるライブハウスとしても知られています。 「DUG」は、新宿のジャズバーの老舗として、多くのジャズファンに愛され続けています。これからも、ジャズバーとして、そしてライブハウスとして、新宿の音楽シーンを盛り上げていくことでしょう。
施設名・ロケ地

ルミネエストの魅力を徹底解剖!新宿のランドマークについて

ルミネエストの歴史と特徴 ルミネエストは、1985年に新宿にオープンしたファッションビルです。新宿駅東口に位置し、総店舗面積は約70,000平方メートル、店舗数は約200店を誇っています。ファッション、雑貨、飲食店、映画館など、さまざまなジャンルの店舗が揃っており、新宿のランドマーク的な存在として親しまれています。 ルミネエストの特徴は、何といってもその立地の良さです。新宿駅東口は、新宿区で最も多くの人が集まる場所であり、ルミネエストはまさにその中心部に位置しています。そのため、アクセスが非常に良く、買い物や食事を楽しむのに最適な場所と言えます。 また、ルミネエストはファッションビルの先駆け的存在であり、常に最新のファッションを発信し続けています。国内外の有名ブランドやセレクトショップが数多く出店しており、ファッションに敏感な若者たちに人気を集めています。 さらに、ルミネエストには映画館やレストラン、カフェなど、ショッピング以外にも楽しめる施設が充実しています。映画館は10スクリーンを備え、話題の映画を上映しています。レストランやカフェは、和食、洋食、中華など、さまざまなジャンルの料理が揃っており、食事の選択肢が豊富です。
施設名・ロケ地

ルミネ the よしもと徹底解剖!アクセスや公演情報まで丸わかり

小見出し「ルミネ the よしもとってどんな劇場?」 ルミネ the よしもとは、東京都新宿区に位置する劇場であり、吉本興業が運営しています。1985年にオープンし、日本の演劇界において重要な役割を果たしている劇場です。劇場は3つのフロアに分かれており、メインホール、シアター・マイン、シアター・モリエールの3つの劇場があります。メインホールは1,136席を有し、演劇やミュージカルなどの大型公演が行われます。シアター・マインは400席を有し、小規模な演劇やライブイベントが行われます。シアター・モリエールは200席を有し、演劇やダンス公演などが行われます。
施設名・ロケ地

ヒルトン東京の歴史と魅力

ヒルトン東京の誕生 ヒルトン東京は、1963年10月1日に開業した、日本初の国際的ホテルである。場所は、東京の中心部にある西新宿。総客室数は846室で、レストラン、バー、宴会場、会議室、プール、フィットネスセンターなど、様々な施設を備えている。 ヒルトン東京の開業は、日本の観光産業の発展に大きな影響を与えた。それまで、日本には国際的なホテルが少なく、外国からの観光客は宿泊に苦労していた。ヒルトン東京の開業により、外国からの観光客は日本での宿泊が容易になり、日本の観光産業が大きく発展した。 ヒルトン東京は、開業以来、多くの著名人に利用されてきた。その中には、アメリカ合衆国大統領のリチャード・ニクソン、ジョージ・H・W・ブッシュ、ビル・クリントン、バラク・オバマ、中国国家主席の江沢民、胡錦濤、習近平、イギリス首相のマーガレット・サッチャー、トニー・ブレア、ゴードン・ブラウン、デビッド・キャメロン、テリーザ・メイ、フランス大統領のエマニュエル・マクロン、ドイツ首相のアンゲラ・メルケルなど、世界各国の首脳が名を連ねる。 ヒルトン東京は、日本の観光産業の発展に大きく貢献したホテルである。開業以来、多くの著名人に利用されてきたこのホテルは、日本のホテル業界をリードする存在となっている。
施設名・ロケ地

京王百貨店新宿店

京王百貨店新宿店は、新宿駅西側に位置する百貨店です。1981年に開業し、新宿駅西口のランドマークのひとつとなっています。 地上10階、地下2階建ての建物で、ファッション、雑貨、食品、レストランなど、約200のテナントが入居しています。新宿駅の西口改札口から徒歩すぐの場所にあり、アクセスも良好です。 京王百貨店新宿店は、新宿駅西側で最も大きな百貨店で、地元の人々や観光客に人気があります。ファッション、雑貨、食品、レストランなど、あらゆるものが揃っているので、ショッピングや食事に最適な場所です。 京王百貨店新宿店は、新宿駅西側のランドマークのひとつであり、新宿で最も人気のあるショッピングスポットのひとつです。
地名・ロケ地

歌舞伎町:新宿の歓楽街の魅力

歌舞伎町の歴史 歌舞伎町は、新宿区歌舞伎町一丁目から三丁目までの区域にある歓楽街である。歌舞伎町の歴史は古く、江戸時代には遊郭として栄えていた。明治維新後、この地域は軍用地として使用され、その後、第一次世界大戦後には、外国人居留地として使われるようになった。 戦後、歌舞伎町は歓楽街として復活し、多くのバー、キャバレー、ナイトクラブなどが立ち並ぶようになった。また、1960年代に入ると、歌舞伎町は映画館や劇場なども建設され、一大娯楽の中心地となった。 1980年代以降、歌舞伎町はバブル経済の恩恵を受けて、さらに発展を遂げた。この頃、歌舞伎町には高級レストランやホテル、デパートなどが建設され、国内外から多くの観光客が訪れるようになった。 しかし、バブル経済崩壊後の1990年代に入ると、歌舞伎町は不況の影響を受け、客足が減少した。また、2000年代に入ると、歌舞伎町は風俗産業の規制強化や暴力団の抗争などにより、治安の悪化が問題となった。 近年、歌舞伎町は再開発が進み、治安も改善されつつある。また、外国人観光客が増加していることもあり、歌舞伎町は再び活気を取り戻しつつある。
施設名・ロケ地

コニカミノルタプラザ:若手写真家の登竜門

コニカミノルタプラザの歴史 コニカミノルタプラザは、1987年にコニカミノルタの前身であるコニカ株式会社が、写真文化の発展と若手写真家の育成を目的として設立した写真美術館です。東京都渋谷区恵比寿に位置し、写真展覧会やワークショップ、講演会などのイベントを開催しています。 コニカミノルタプラザは、写真文化の発展に貢献してきた多くの写真家の作品を所蔵しています。土門拳、石元泰博、森山大道、篠山紀信、畠山直哉など、日本の写真界を代表する写真家たちの作品を収蔵しています。また、海外の著名な写真家の作品も数多く所蔵しており、世界の写真文化の紹介にも努めています。 コニカミノルタプラザは、若手写真家の育成にも力を入れています。毎年、写真コンテストを開催し、入賞者にはコニカミノルタプラザでの個展開催の機会が与えられます。また、若手写真家の作品を紹介する展覧会も定期的に開催しており、写真界の新進気鋭の才能を発掘しています。 コニカミノルタプラザは、写真文化の発展と若手写真家の育成に貢献してきた写真美術館です。これからも、写真文化の普及と発展に努めていくでしょう。
地名・ロケ地

新宿歌舞伎町の「ゴジラロード」の楽しみ方

ゴジラロードの歴史と由来 ゴジラロードの誕生は1998年まで遡る。新宿区が歌舞伎町の再開発の一環として、活性化と賑わいづくりを目的とした「新宿ゴジラプロジェクト」を立ち上げたのだ。そのプロジェクトの中で、ゴジラヘッドの設置や、ゴジラをモチーフにした街灯やベンチの設置、そしてゴジラロードの整備が行われた。 ゴジラロードは、新宿駅東口から歌舞伎町一番街まで続く約100メートルの歩行者天国である。ゴジラヘッドは、ゴジラロードのシンボル的な存在であり、高さ約12メートル、幅約8メートルもある巨大なものである。また、ゴジラロードには、ゴジラをモチーフにした街灯やベンチが設置されており、ゴジラファンにはたまらないスポットとなっている。 ゴジラロードの由来は、新宿区が歌舞伎町にゴジラヘッドを設置することを決めたことに始まる。新宿区は、歌舞伎町に活気と賑わいを取り戻すために、「新宿ゴジラプロジェクト」を立ち上げ、その中でゴジラヘッドの設置を決定した。ゴジラは、日本を代表する怪獣であり、新宿区はゴジラヘッドを設置することで、歌舞伎町に多くの観光客を呼び込もうと考えたのだ。 ゴジラロードは、新宿区の期待通り、多くの観光客を集める人気スポットとなった。ゴジラロードには、ゴジラヘッドやゴジラをモチーフにした街灯やベンチが設置されており、ゴジラファンにはたまらないスポットとなっている。また、ゴジラロードには、ゴジラをモチーフにしたお土産屋や飲食店も多く、ゴジラファンにはたまらないスポットとなっている。
施設名・ロケ地

新宿つな八→ 揚げたて天ぷらの老舗の魅力

つな八の歴史と伝統 創業明治40年、新宿で創業した老舗の天ぷら屋「新宿つな八」。 100年以上の歴史を持つこのお店は、揚げたての天ぷらが自慢。 老舗の味を守るために、つな八では伝統的な製法を今でも守り続けている。 つな八の天ぷら職人は、厳選された素材を、伝統的な製法で調理している。 揚げ油は、ごま油と菜種油のブレンドを使用し、天ぷらの衣は、小麦粉、卵、水を混ぜ合わせたものを使用している。 揚げ時間は、食材に合わせて調整しており、食材のうま味を最大限に引き出すことができるようにしている。 つな八の天ぷらは、サクサクの衣と、ふんわりとした中身が特徴。 海老やキス、野菜など、さまざまな食材を使った天ぷらが楽しめる。 また、つな八では、天ぷら以外にも、各種定食や一品料理も提供している。 長い歴史の中で培われた伝統の技と、厳選された素材を使用した天ぷらは、多くの人々に愛されている。 揚げたての天ぷらを味わうことができるのは、つな八だけ。 ぜひ一度、つな八の天ぷらを味わってみてほしい。
地名・ロケ地

闇坂の歴史と魅力

闇坂の由来と伝説 闇坂の由来は、諸説あります。最も有力な説は、戦国時代にこの地で戦があった際、敵方の兵士が闇に紛れてこの坂を登って攻めてきたことから、「闇坂」と呼ばれるようになったというものです。 また、別の説では、この坂が山の中にあるため、日が沈むと真っ暗闇になり、その様子から「闇坂」と呼ばれるようになったというものです。 さらに、この坂には、いくつかの伝説が残されています。その中でも有名なのは、この坂を登っている途中で、突然消えてしまうという「消えゆく坂」の伝説です。 この伝説は、この坂がかつて、人や馬を飲み込んでしまう魔物が住む場所だったということに由来しています。そのため、この坂を通る人は、魔物を避けるために、息を殺して、できるだけ速く通り抜けるようにしていたそうです。 闇坂は、その名の通り、歴史と伝説に彩られた、神秘的な坂です。
施設名・ロケ地

新宿末広亭:落語の聖地

新宿末広亭落語の聖地 落語の聖地新宿末広亭の歴史と魅力 新宿末広亭は、東京都新宿区新宿三丁目にある落語専門の寄席である。1921年(大正10年)に創立され、1973年(昭和48年)に現在地に移転した。木造2階建ての建物で、寄席の特徴である赤い提灯が軒先に下げられている。 末広亭は、落語の歴史において重要な役割を果たしてきた寄席である。桂文楽、三遊亭円馬、林家正蔵など、数多くの名人がここで芸を磨いた。また、落語界の登竜門とも言われ、新人が頭角を現すきっかけとなる場所でもある。 末広亭の魅力は、なんといってもその落語の質の高さと、庶民的な雰囲気にある。寄席は、昔ながらの芸能である落語を気軽に楽しめる場所である。噺家と客の距離が近く、落語の臨場感と一体感を味わうことができる。 末広亭は、新宿という繁華街にありながら、どこか懐かしさと人情味を感じられる場所である。落語を初めて聞く人でも、きっとその魅力にとりつかれることだろう。
モノの名前

ロマンスカーの魅力を徹底解説!

ロマンスカーの歴史と特徴 ロマンスカーは、小田急電鉄が運行する特急列車の愛称です。1927年に初代ロマンスカーが登場して以来、90年以上の歴史を持ちます。ロマンスカーは、その優雅なデザインと快適な乗り心地で人気を集めており、小田急線の看板列車として親しまれています。 ロマンスカーの特徴は、何といってもその優雅なデザインです。歴代ロマンスカーは、いずれも著名なデザイナーが手掛けており、洗練された美しさを誇っています。また、ロマンスカーは車内設備にもこだわりを持って設計されており、快適な乗り心地を実現しています。座席はゆったりと広く、車内にはトイレや洗面所も完備されています。 ロマンスカーは、小田急線の主要駅を結ぶ特急列車として運行されています。新宿駅から箱根湯本駅までを結ぶ「箱根特急」や、新宿駅から藤沢駅までを結ぶ「江ノ島特急」などが代表的な列車です。ロマンスカーは、その速さと快適さで、ビジネスマンや観光客に広く利用されています。 ロマンスカーは、小田急電鉄の看板列車として、長年愛され続けている特急列車です。優雅なデザインと快適な乗り心地で、小田急線の利用者に親しまれています。今後もロマンスカーは、小田急線の顔として走り続け、多くの人々に愛され続けることでしょう。
作品名

「百舌の叫ぶ夜」の世界観に迫る

公安部の刑事・倉木は、百舌の叫ぶ夜の事件を追う中で、多くの苦悩に直面する。第一に、倉木は事件の犯人が、かつて自分が逮捕した男である可能性を疑い始める。もしそれが本当であれば、自分の過去の捜査にミスがあり、結果として多くの犠牲者が出てしまったことになる。倉木は、この可能性を否定したいと願うが、証拠はそれを裏付けているように見える。 第二に、倉木は百舌の叫ぶ夜の犯人がなぜこのような残虐な犯行に及んだのか理解できない。倉木は、犯人の動機を突き止めなければ、事件を解決することはできないことを知っているが、犯人の動機は謎に包まれている。倉木は、犯人の動機を突き止めるために、犯人の過去を調べたり、犯人の行動を分析したりするが、なかなか手がかりは見つからない。 第三に、倉木は事件の捜査に協力してくれる人がいないことに苦しんでいる。倉木は、事件の捜査を進めるために、他の刑事や警察官の協力を必要としているが、誰もが倉木を避けているように見える。倉木は、自分のせいで事件の捜査が難航していることを知っており、この状況を変えるために何かをしなければならないと感じている。 倉木の苦悩は、百舌の叫ぶ夜の事件の捜査を進める上で大きな障害となっている。倉木は、これらの苦悩を乗り越えて事件を解決することができるのだろうか。
作品名

「YES・YES・YES」の魅力とは?

ゲイバーで働く少年の苦悩 ゲイバーで働くのは、決して楽な仕事ではありません。お客さんの相手をしたり、お酒を運んだり、時には身体を売ったりすることもあります。また、ゲイバーは社会から偏見を持たれがちで、そこで働く少年たちは、差別や偏見にさらされることもあります。 あるゲイバーで働く少年は、こう語っています。 「ゲイバーで働くのは、とてもつらいです。お客さんの相手をしたり、お酒を運んだりするのは、肉体的に大変だし、時には身体を売らなければいけないこともあります。また、ゲイバーは社会から偏見を持たれがちで、そこで働く私たちは、差別や偏見にさらされることもあります。でも、私はここで働くことで、生計を立てることができているし、友達もできています。だから、たとえつらくても、この仕事を続けていこうと思っています。」 ゲイバーで働く少年たちは、様々な苦悩を抱えています。しかし、彼らはそれでも、ここで働くことで、生計を立てることができているし、友達もできています。だから、たとえつらくても、この仕事を続けていこうと思っています。
作品名

中村屋のボースとその生涯

中村屋とは? 中村屋は、1927年に東京・日本橋に創業した、和菓子や洋菓子などの食品を製造・販売する会社です。創業者は、中村屋の初代社長である中村豊吉です。中村豊吉は、1881年に石川県に生まれ、1901年に上京して日本橋で菓子店を開業しました。その後、1905年に日本橋に中村屋ビルを建て、1927年に中村屋株式会社を設立しました。中村屋は、1930年にデパートメントストアである中村屋百貨店を開業しましたが、1945年に太平洋戦争で焼失しました。その後、中村屋は1950年に中村屋ビルを再建し、1951年に中村屋百貨店を再開業しました。中村屋は、現在もデパートメントストアや食品製造・販売事業を展開しています。
施設名・ロケ地

新宿明治安田生命ホールの思い出

新宿明治安田生命ホールの歴史 新宿明治安田生命ホールは、1966年10月1日に開場しました。同ホールは、明治安田生命保険相互会社の創立50周年を記念して建設されたものです。当初は「明治安田生命ホール」という名称でしたが、2004年に「新宿明治安田生命ホール」に改称されました。 同ホールは、東京都新宿区西新宿二丁目にある地上24階、地下2階建てのビルです。ホールは、1,999席の客席を備えた大ホールと、299席の客席を備えた小ホールの2つのホールで構成されています。 同ホールは、クラシック音楽、オペラ、バレエ、演劇、ミュージカルなど、さまざまなジャンルの公演が行われてきました。また、同ホールは、数多くの映画のロケ地としても使用されています。 同ホールは、2020年3月31日に閉館しました。閉館後は、解体されて跡地に30階建てのビルが建設される予定です。 同ホールは、新宿区のランドマーク的な存在でした。また、同ホールは、数多くの公演が行われてきたため、多くの人々に親しまれていました。同ホールの閉館は、新宿区にとって大きな損失となりました。
作品名

「書を捨てよ町へ出よう」の魅力

天井桟敷は、寺山修司が率いる演劇実験室である。1967年に旗揚げし、その後、数々の作品を発表した。天井桟敷の作品は、前衛的で実験的な内容が多く、従来の演劇の概念を覆すようなものであった。 天井桟敷の代表作の一つは、1968年に初演された「書を捨てよ町へ出よう」である。この作品は、寺山修司の同名の小説を原作としている。物語は、主人公の若者が、田舎から上京し、さまざまな体験をしながら、自分の生き方を見つけていくというものである。 「書を捨てよ町へ出よう」は、若者たちの共感を呼び、大きなヒット作となった。この作品は、寺山修司の代表作の一つであり、日本の演劇史に残る名作である。 天井桟敷は、「書を捨てよ町へ出よう」以外にも、数々の名作を発表している。1969年の「毛皮のマリー」、1970年の「奴婢訓」、1971年の「上海バンスキング」、1972年の「レミング」などである。これらの作品は、いずれも前衛的で実験的な内容のものであり、従来の演劇の概念を覆すようなものであった。 天井桟敷は、日本の演劇史に大きな影響を与えた劇団である。その作品は、前衛的で実験的な内容が多く、従来の演劇の概念を覆すようなものであった。「書を捨てよ町へ出よう」は、天井桟敷の代表作の一つであり、日本の演劇史に残る名作である。
その他

京王ライナー:便利な座席指定列車

京王ライナーとは、京王電鉄が運行する座席指定列車です。京王線・井の頭線の主要駅を結んでおり、通勤・通学客やレジャー客に多く利用されています。京王ライナーの大きな特徴は、座席が指定されていることです。そのため、乗車前に座席を確保することができ、混雑する時間帯でも快適に過ごすことができます。また、京王ライナーは全車種が新型車両を使用しており、車内は清潔感があり、快適な乗り心地です。京王ライナーは、京王線・井の頭線の主要駅を結んでおり、通勤・通学客やレジャー客に多く利用されています。京王ライナーの大きな特徴は、座席が指定されていることです。そのため、乗車前に座席を確保することができ、混雑する時間帯でも快適に過ごすことができます。また、京王ライナーは全車種が新型車両を使用しており、車内は清潔感があり、快適な乗り心地です。
モノの名前

「グロム」のこだわりと魅力

「グロムが選ばれる理由」 ・-サイズと軽量化- グロムは軽量でコンパクトなデザインのため、都市部の狭い道路や混雑した渋滞でも機敏に走行できます。また、取り回しも簡単で、駐車も容易なため、通勤や買い物などの日常使いに最適です。 ・-燃費の良さ- グロムは燃料効率に優れているため、ガソリン代を節約することができます。街中を走行しても、1回の給油で長く走ることができ、ロングツーリングにも適しています。 ・-お手頃な価格- グロムは、他のバイクと比較して比較的求めやすい価格で販売されています。そのため、バイク初心者や、セカンドバイクを探している方にもおすすめです。 ・-カスタマイズの豊富さ- グロムは、さまざまなアフターパーツが発売されており、自分好みのバイクにカスタマイズすることができます。見た目や性能を向上させたり、個性を出したりすることができ、カスタムの楽しみが広がります。 ・-初心者にも優しい- グロムは、初心者でも乗りやすいバイクです。低いシート高と扱いやすい車体は、バイクを初めて乗る方にも安心感を与えてくれます。また、オートマチックトランスミッションのため、クラッチ操作を気にせず、簡単に運転することができます。
作品名

清水邦夫の戯曲「火のようにさみしい姉がいて」

清水邦夫の作風と「火のようにさみしい姉がいて」の位置付け 清水邦夫は、1940年東京都に生まれた劇作家、演出家、小説家です。彼の作品は、家族や愛、死など、普遍的なテーマを扱い、その繊細な心理描写と、人間の心の奥底に迫る鋭い洞察力で知られています。 清水邦夫の代表作の一つである「火のようにさみしい姉がいて」は、1981年に初演された戯曲です。この作品は、突然姉を亡くした妹の悲しみと喪失感を描き、清水邦夫自身の姉の死をモデルにしています。 「火のようにさみしい姉がいて」は、清水邦夫の作風を色濃く反映した作品です。この作品では、家族の絆や愛、死などが丁寧に描かれており、その繊細な心理描写は観客の心に深く響きます。また、この作品には清水邦夫の姉への思いが込められており、その姉への愛と喪失感は、観客の共感を呼び起こします。 「火のようにさみしい姉がいて」は、清水邦夫の作風を代表する作品であり、彼の戯曲の中でも最も重要な作品の一つです。この作品は、清水邦夫の姉への思いと、家族の絆や愛、死などの普遍的なテーマを扱っており、観客の心に深く響きます。
作品名

フーテン:新宿の売れない漫画家物語

「フーテン」作品紹介 「フーテン」は、新宿の売れない漫画家たちを描いた物語です。主人公のフーテンは、漫画家になる夢を叶えるために上京してきたものの、なかなか芽が出ずに苦戦しています。そんなフーテンの前に、同じように売れない漫画家であるクロが登場します。クロはフーテンに漫画の描き方を教え、夢を諦めないように励まします。フーテンとクロは、協力しながら漫画を描き続け、やがて夢を叶えることができます。 「フーテン」は、夢を追いかける人々の姿を描いた感動的な物語です。また、漫画家という職業の裏側もリアルに描かれており、漫画ファンにはたまらない作品となっています。 「フーテン」には、フーテンとクロの他にも、様々なキャラクターが登場します。フーテンのアパートの大家である山田さんは、フーテンとクロを温かく見守る優しい女性です。フーテンの担当編集者である佐藤さんは、フーテンの漫画に厳しいながらも、フーテンを支える良き理解者です。そして、フーテンのライバルである漫画家・田中さんは、フーテンに負けじと漫画を描き続けます。 「フーテン」は、個性豊かなキャラクターたちが織りなす、温かくも切ない物語です。夢を追いかける人々の姿に勇気をもらえる、素敵な作品となっています。