日本の都市公園100選

施設名・ロケ地

榴岡公園の魅力と楽しみ方

榴岡公園の歴史と概要 榴岡公園は、宮城県仙台市青葉区にある都市公園です。仙台藩初代藩主・伊達政宗が築いた仙台城の跡地に整備された公園で、仙台市内随一の歴史と伝統を誇る公園のひとつです。 榴岡公園の歴史は、伊達政宗が仙台城を築いた慶長6年(1601)に遡ります。伊達政宗は仙台城を築城するにあたって、城の周囲に広大な庭園を造営しました。この庭園は、仙台藩の公式的な庭園として、藩主の別荘や賓客の接待に使用されました。 明治4年(1871)に仙台城が廃城となった後、庭園は荒廃してしまいましたが、明治12年(1879)に仙台市が公園として整備に着手しました。明治16年(1883)に公園が完成し、榴岡公園と命名されました。 榴岡公園は、面積約26ヘクタールの広大な公園です。園内には、仙台城の遺構である青葉城跡や大高森、榴岡天満宮、仙台市博物館、仙台国際センター、仙台市体育館など、様々な施設があります。 榴岡公園は、仙台市民の憩いの場として親しまれている公園です。園内には、四季折々の花が咲き誇り、季節ごとに違った美しさを見せてくれます。また、園内には遊歩道やサイクリングロードが整備されており、ウォーキングやサイクリングを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

翠ヶ丘公園の魅力を探る

日本の都市公園100選に選ばれた翠ヶ丘公園の魅力 翠ヶ丘公園は、大阪府堺市にある都市公園です。1967年に開園し、総面積は115.3ヘクタールにも及びます。自然豊かな公園として知られており、四季折々の花々が咲き誇る美しい景色を楽しむことができます。また、公園内には遊具や広場、テニスコートや野球場など、さまざまな施設が整備されており、市民の憩いの場として親しまれています。 翠ヶ丘公園が日本の都市公園100選に選ばれた理由は、その自然の美しさや、市民の憩いの場としての機能が評価されたからです。公園内には、約1,000本のソメイヨシノが植えられており、春になると一面が桜で覆われます。また、公園内の池にはハスやスイレンが咲き誇り、夏には涼しげな景色を楽しむことができます。秋には、紅葉がきれいに色づき、冬には雪景色を楽しむことができます。 翠ヶ丘公園は、自然の美しさだけでなく、市民の憩いの場としての機能も充実しています。公園内には、遊具や広場、テニスコートや野球場など、さまざまな施設が整備されており、子どもから大人まで幅広い年齢層の方が楽しむことができます。また、公園内にはレストランや売店もあり、食事や買い物をすることもできます。 翠ヶ丘公園は、自然の美しさと市民の憩いの場としての機能を兼ね備えた、魅力的な公園です。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

姫の沢公園の魅力と楽しみ方

姫の沢公園の歴史と概要 姫の沢公園の歴史は古く、平安時代には貴族の別荘地として利用されていました。その後、江戸時代には仙台藩の御用林として管理され、明治時代以降は国民公園として一般に開放されました。現在は、面積約100ヘクタールの広大な公園として、市民の憩いの場となっています。 姫の沢公園は、豊かな自然と歴史的建造物が調和した美しい公園です。公園内には、姫の沢池、姫の沢御殿、姫の沢八幡宮などの史跡があり、それらを巡りながら公園の歴史を学ぶことができます。また、姫の沢池ではボート遊びや釣りを楽しむことができ、姫の沢御殿では茶会やコンサートなどのイベントが開催されています。 姫の沢公園は、四季折々の美しい花々を楽しむこともできます。春には桜が咲き誇り、初夏にはつつじ、秋には紅葉、冬には雪景色と、一年を通して美しい景色を見ることができます。また、公園内には、遊具や運動施設、アスレチックなどの施設があり、子供から大人まで幅広く楽しむことができます。
施設名・ロケ地

北海道子どもの国:遊びと学びの冒険の地

ふしぎの森世界の七不思議のミニチュア 北海道子どもの国には、世界の七不思議のミニチュアが展示されている「ふしぎの森」があります。ピラミッド、エッフェル塔、自由の女神など、どれも精巧に作られており、まるで本物のような迫力です。子どもたちは、七不思議の歴史や文化について学びながら、遊び感覚で楽しむことができます。 ふしぎの森は、七不思議を巡る冒険の旅のような場所です。緑豊かな森の中を歩いていくと、突然、ピラミッドが現れます。さらに進むと、エッフェル塔がそびえ立っています。自由の女神や万里の長城など、七不思議はすべて森の中に点在しており、子どもたちは、まるで世界中を旅しているような気分を味わうことができます。 ふしぎの森は、子どもたちに世界の七不思議について学び、世界に興味を持つきっかけとなる場所です。七不思議の歴史や文化について学ぶことで、子どもたちは世界の見方や考え方が広がっていくことでしょう。また、七不思議を巡る冒険の旅のような場所は、子どもたちの想像力や創造性を育むのにも役立つでしょう。
施設名・ロケ地

悠久山公園の魅力と楽しみ方

-自然豊かな園内- 悠久山公園は、豊かな緑と美しい花々で彩られた、自然に満ちた公園です。園内には、桜、梅、ツツジ、アジサイなど、四季折々のお花を楽しむことができます。また、野鳥も多く生息しており、バードウォッチングにも最適なスポットです。 園内を散策していると、様々な自然に触れ合うことができます。公園の北側には、広々とした芝生広場が広がっています。ここでは、ピクニックやお散歩、凧揚げなどを楽しむことができます。園内の南側には、池があり、水鳥が泳ぐ姿を見ることができます。池のほとりには、ベンチが設置されており、休憩をとるのに最適なスポットです。 悠久山公園は、自然と親しむことができる、素晴らしい公園です。四季折々のお花や、野鳥、芝生広場、池など、様々な自然に触れ合うことができます。ぜひ、悠久山公園を訪れて、自然の恵みを感じてみてください。
施設名・ロケ地

鳥居平やまびこ公園の魅力 〜長野県岡谷市の豊かな自然を満喫しよう〜

鳥居平やまびこ公園は、長野県岡谷市にある、豊かな自然を満喫できる公園です。公園は、標高約1,000mに位置し、近くには八ヶ岳、富士山、南アルプスなどの山々を望むことができます。公園内には、花壇や芝生広場、遊歩道などがあり、散策やピクニックを楽しむことができます。また、キャンプ場やテニスコート、プールなどの施設も整備されています。 鳥居平やまびこ公園の魅力の一つは、四季折々の美しい花々です。春には、桜やチューリップ、水仙などが咲き誇り、公園内を彩ります。夏には、ひまわりやサルビア、ベゴニアなどの花々が見頃を迎え、暑い季節を涼しくしてくれます。秋には、紅葉した木々が公園内を埋め尽くし、錦秋の景色を堪能することができます。冬には、雪化粧をした山々を眺めながら、雪遊びを楽しむことができます。 鳥居平やまびこ公園の魅力のもう一つは、子供たちが遊べる施設が充実していることです。公園内には、滑り台やブランコ、シーソーなどの遊具がある遊び場や、ゴーカートやポニーに乗ることができる施設、釣り堀などがあります。子供たちは、これらの施設で思いっきり遊ぶことができ、一日中楽しむことができます。 鳥居平やまびこ公園は、豊かな自然を満喫できる公園として、多くの人々から愛されています。四季折々の美しい花々や、子供たちが遊べる施設が充実していることから、家族連れやカップル、友人同士など、幅広い層の人々が訪れます。また、公園内には、レストランや売店があるので、食事や休憩をすることもできます。
施設名・ロケ地

北海道旭川市の都市公園100選に選ばれている「常磐公園」とは?

常磐公園の歴史と概要 常磐公園は、北海道旭川市の都市公園100選に選ばれている都市公園です。旭川市中心部から東に約2km、常盤地区に位置しています。総面積は24.2haで、園内には遊具広場、芝生広場、テニスコート、ゲートボール場、パークゴルフ場、野鳥観察園、日本庭園などがあります。 常磐公園の歴史は古く、1892年(明治25年)に開園しました。当初は「常盤公園」という名称でしたが、1910年(明治43年)に「旭川公園」と改称されました。その後、1948年(昭和23年)に再び「常磐公園」に改称されました。 常磐公園は、旭川市民の憩いの場として親しまれており、年間約100万人が訪れます。特に、春には桜、秋には紅葉が美しく、多くの観光客が訪れます。常磐公園は、旭川市の重要な観光スポットのひとつになっています。
施設名・ロケ地

埼玉県の「さきたま古墳公園」の歴史と見どころ

-古墳群と公園の歴史- さきたま古墳公園の古墳群は、古墳時代中期(4世紀後半~5世紀初頭)から後期(6世紀~7世紀)にかけて築かれたと推定されています。この地域は、古くから交通の要衝として栄え、古墳群には、首長や豪族の権威を誇示する目的で築かれたと考えられている前方後円墳や円墳など、さまざまな形の古墳が見られます。 さきたま古墳公園は、1983年(昭和58年)に開園し、その後、1991年(平成3年)に国の史跡に指定されました。公園内には、古墳群のほか、復元された古代住居や古代の祭祀跡などがあり、古墳時代の人々の暮らしや文化を学ぶことができます。 さきたま古墳公園の古墳群は、その規模と保存状態の良さから、国の史跡に指定されています。公園内には、前方後円墳や円墳など、さまざまな形の古墳が見られます。また、公園内には、復元された古代住居や古代の祭祀跡などがあり、古墳時代の人々の暮らしや文化を学ぶことができます。
施設名・ロケ地

「高知県立春野総合運動公園」の魅力と楽しみ方

高知県立春野総合運動公園は、その美しい自然と景観が評価され、日本の都市公園100選にも選ばれています。園内には、手つかずの自然が残る森林、四季折々の花々が咲き誇る花壇、そして穏やかな池が広がっており、訪れる人々の目を楽しませてくれます。 特に、公園の南東に位置する春野総合運動公園スタジアムは、その景観の良さで知られています。スタジアムは、周囲を山々に囲まれた自然豊かな場所にあり、スタンドからは雄大な山々や、眼下に広がる緑のグラウンドを眺めることができます。 また、公園内には、ジョギングコースやテニスコート、プールなどのスポーツ施設も充実しています。また、公園の東側には、高知県立美術館があり、絵画や彫刻などの作品を鑑賞することもできます。 春野総合運動公園は、自然とスポーツ、文化を満喫できる魅力的な公園です。高知県を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

緑豊かな都市公園「兵庫県立甲山森林公園」の魅力

兵庫県立甲山森林公園は、自然豊かな都市公園として知られています。森林浴やハイキング、バーベキューなど、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しむことができます。また、園内には美術館や博物館、遊園地などもあり、家族連れでも楽しめます。 甲山森林公園は、六甲山の南麓に位置し、神戸市と西宮市の境界にあります。総面積は約200ヘクタールで、園内には約100万本の樹木が植えられています。春には桜やチューリップ、秋には紅葉が美しく、四季折々の自然を楽しむことができます。 甲山森林公園は、ハイキングコースが充実しています。初心者向けのコースから、上級者向けのコースまで、さまざまなコースがあります。また、園内にはバーベキュー場やキャンプ場があり、アウトドアアクティビティを楽しむことができます。 甲山森林公園には、美術館や博物館、遊園地などもあります。美術館では、絵画や彫刻、工芸品などの作品を鑑賞することができます。博物館では、甲山森林公園の歴史や自然について学ぶことができます。遊園地では、ジェットコースターやゴーカートなどのアトラクションを楽しむことができます。 甲山森林公園は、自然豊かな都市公園として、多くの人々に親しまれています。森林浴やハイキング、バーベキューなど、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しむことができます。また、園内には美術館や博物館、遊園地などもあり、家族連れでも楽しめます。
施設名・ロケ地

昭和の森の魅力を徹底解剖!千葉市の自然豊かな公園

昭和の森の歴史と由来 昭和の森は、千葉市の北西部に位置する都市公園です。敷地面積は約100ヘクタールで、広大な森林と自然が残る貴重な場所です。昭和の森は、1971年(昭和46年)に開園しました。開園当初は、森林浴やハイキングを楽しむ人々が訪れる程度でしたが、1980年代以降は、バーベキュー場やキャンプ場、アスレチック施設などの整備が進み、家族連れやレジャーを楽しむ人々でにぎわうようになりました。 昭和の森の森林の大部分は、江戸時代から昭和初期にかけて、徳川将軍家の御猟場として利用されていました。そのため、昭和の森には、スギやヒノキなどの針葉樹を中心に、コナラやクヌギなどの広葉樹が生い茂り、豊かな自然環境が保たれています。昭和の森には、約100種類もの野鳥が生息しており、その美しいさえずりを聞くことができます。また、シカやイノシシなどの野生動物も生息しています。
施設名・ロケ地

日本の公園百選「南楽園」の魅力

南楽園では、ここでしか味わえない果物狩りの魅力が満載です。春には、みずみずしいイチゴ、夏には甘くてジューシーな桃やブドウ、秋には色とりどりのりんごや梨など、季節ごとにさまざまな果物が楽しめます。果物狩り園は、南楽園の広大な敷地内に点在しており、自然の景色を眺めながら果物狩りを満喫することができます。また、果物狩り園では、果物の栽培方法や収穫時期など、果物に関する知識を学ぶことができます。さらに、南楽園では、果物狩りで収穫した果物を持ち帰ることもできるので、自宅でも南楽園の果物の味を堪能することができます。
施設名・ロケ地

秦野中央運動公園の魅力を徹底解剖

秦野中央運動公園は、神奈川県秦野市にある都市公園であり、日本の都市公園100選に選ばれている。広さは約20ヘクタールで、野球場、陸上競技場、テニスコート、プールなどのスポーツ施設のほか、芝生広場や遊具施設などもある。この公園は、秦野市のほぼ中央に位置しており、公共交通機関でもアクセスしやすい。 公園内の野球場は、プロ野球の公式戦も行われることがあり、多くの野球ファンが訪れる。陸上競技場は、日本陸上競技連盟公認の競技場であり、陸上競技大会なども開催されている。また、テニスコートは、一般の人々も利用することができ、テニススクールなども開催されている。 公園内のプールは、夏季のみ営業している屋外プールで、大人用プールと子供用プールがある。芝生広場は、広いスペースがあり、ピクニックやレクリエーションを楽しむことができる。遊具施設は、幼児向けの遊具から小学生向けの遊具までがあり、子供たちが思いっきり遊ぶことができる。 日本の都市公園100選に選ばれた秦野中央運動公園は、スポーツ施設が充実しているだけでなく、芝生広場や遊具施設などもあり、市民の憩の場として親しまれている。
施設名・ロケ地

長峰公園:日本の都市公園100選に選ばれた自然豊かな公園

長峰公園の歴史と概要 長峰公園は、大阪府の東部にある八尾市の高安山丘陵に位置する都市公園です。総面積は約31ヘクタールで、自然豊かな森林と美しい景観を誇る公園として知られています。1990年には、日本の都市公園100選に選定されました。 公園の歴史は古く、平安時代にはすでにこの地に寺社が建てられていたと伝えられています。江戸時代には、八尾藩主の狩猟場として利用され、明治時代には陸軍の演習場となりました。その後、1923年に大阪府立長峰公園として開園し、現在に至っています。 公園内には、緑豊かな森林、広々とした芝生広場、池、展望台などがあります。また、自然学習センターや野外ステージ、テニスコート、野球場などの施設も整備されています。公園を一周する遊歩道が整備されており、ウォーキングやジョギングを楽しむことができます。 長峰公園は、四季折々の美しい景色を眺めることができる公園としても知られています。春には桜が咲き誇り、夏には新緑がまぶしく、秋には紅葉が彩りを添えます。冬には雪化粧をした公園内の景色を楽しむことができます。 長峰公園は、自然豊かな環境の中で、散策やスポーツ、自然観察など様々なアクティビティを楽しむことができる公園です。また、大阪市街や生駒山などの景色を眺めることができる絶好のスポットとしても人気があります。
施設名・ロケ地

甲府市小瀬スポーツ公園の素晴らしい魅力

甲府市小瀬スポーツ公園は、日本の都市公園100選に選ばれた公園です。約30ヘクタールの広大な敷地に、野球場、テニスコート、プール、体育館などのスポーツ施設や、遊園地、動物園、美術館などの文化施設が充実しています。また、園内には四季折々の花が咲き誇り、散策やピクニックを楽しむことができます。 日本の都市公園100選とは、1982年に、都市の貴重なオープンスペースとして、その景観や機能が優れた都市公園を、国土交通省が選定したものです。小瀬スポーツ公園は、その景観の美しさや、スポーツや文化の施設が充実していること、また、市民の憩いの場として親しまれていることから、100選に選ばれました。 小瀬スポーツ公園には、四季折々の花を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、夏にはアジサイやバラが咲き誇ります。秋には紅葉した木々が園内を彩り、冬には雪化粧した富士山を眺めることができます。 小瀬スポーツ公園は、市民の憩いの場として親しまれています。休日は、家族連れやカップル、友人たちで賑わいます。スポーツをしたり、遊園地で遊んだり、動物園で動物を見たり、美術館で芸術作品を鑑賞したり、思い思いの時間を過ごすことができます。 小瀬スポーツ公園は、日本の都市公園100選に選ばれた公園であり、甲府市の貴重なオープンスペースです。市民の憩いの場として親しまれ、四季折々の花を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

日本の都市公園100選に選ばれた熊本「うしぶか公園」の魅力

うしぶか公園の自然美 うしぶか公園は、熊本県上益城郡嘉島町にある都市公園です。1996年(平成8年)に日本の都市公園100選に選ばれています。公園の総面積は約33ヘクタールで、園内には約1,000本の桜の木が植えられています。 うしぶか公園の魅力は、その自然美にあります。公園内には、さまざまな花々が咲き誇り、四季折々の景色を楽しむことができます。また、園内には池があり、カモやコイが泳いでいます。 うしぶか公園は、家族連れやカップルで訪れるのに最適なスポットです。園内には遊具や休憩所が整備されており、ゆっくりと過ごすことができます。また、公園の周辺には、飲食店や売店があり、食事や買い物を楽しむことができます。 うしぶか公園は、熊本県を代表する都市公園です。その自然美を堪能するために、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

白山公園の魅力と楽しみ方

白山公園の歴史と概要 白山公園の歴史は古く、江戸時代には加賀藩主前田家によって造営された庭園「白山御殿庭園」であったと言われています。この庭園は、当時の大名庭園の典型的なもので、池泉回遊式庭園、築山、樹林などで構成されていました。明治維新後、加賀藩が廃藩になると、庭園は加賀藩から石川県へと移管され、1873年(明治6年)に公園として一般に開放されました。その後、1911年(明治44年)には、公園の拡張工事が行われ、現在の規模になりました。 白山公園の総面積は約50ヘクタールで、園内には、白山神社、白山比咩神社、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などの文化施設や、植物園、動物園、遊園地などのレジャー施設があります。また、公園内には、多くの樹木や花々が植えられており、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

「京都府立山城総合運動公園」の魅力

京都府立山城総合運動公園は、京都府久世郡久御山町にある都市公園であり、日本の都市公園100選に選ばれた緑豊かな公園です。公園内には、陸上競技場、野球場、テニスコート、サッカー場など、様々なスポーツ施設が充実しており、市民の憩いの場として親しまれています。また、公園内には、梅林や桜並木、紅葉など、四季折々の花や木々が植えられており、一年中美しい景色を楽しむことができます。さらに、公園内には、子供向けの遊具や広場なども整備されており、家族連れでも楽しめるようになっています。 京都府立山城総合運動公園は、日本の都市公園100選に選ばれた美しい公園であり、市民の憩いの場として親しまれています。公園内には、様々なスポーツ施設や花や木々が植えられており、一年中美しい景色を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

東山公園の魅力を探る

東山公園は、京都府京都市東山区に位置する都市公園です。平安時代の天暦5年(951)に、醍醐天皇が離宮を造営したことに始まり、その後、豊臣秀吉が東山に茶室や庭園を造営してからは、多くの大名や文化人が集まるようになりました。明治維新後は、京都府の管轄となり、公園として整備されました。 東山公園の総面積は約36万坪で、園内には、京都国立博物館、京都市動物園、京都府立総合資料館、京都市京セラ美術館、平安神宮など、多くの文化施設が立ち並んでいます。また、東山公園は、桜の名所としても知られており、毎年春には、多くの花見客で賑わいます。 東山公園は、京都の歴史と文化を気軽に楽しめるスポットです。四季折々の美しい景色を眺めながら、歴史や文化に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

金亀公園の魅力を探る!

-日本の歴史公園100選に選ばれる魅力とは?- 金亀公園は、日本の歴史公園100選に選ばれている人気の観光スポットです。この公園は、1910年に開園した歴史ある公園で、園内にはさまざまな見所があります。 まず、金亀公園の一番の魅力は、なんといってもその広大な敷地です。公園の面積は約30万平方メートルで、東京ドームの約6倍もの広さがあります。この広大な敷地には、自然豊かな森が広がり、四季折々の花々が咲き誇ります。春には桜、夏には紫陽花、秋には紅葉、冬には雪景色を楽しむことができます。 また、金亀公園には、さまざまな史跡や文化施設があります。公園内には、国の重要文化財に指定されている「金亀城跡」や「金亀神社」があります。また、郷土資料館や美術館なども併設されており、金亀の歴史や文化を学ぶことができます。 さらに、金亀公園は、レクリエーション施設が充実しています。公園内には、テニスコートやプール、野球場などがあり、スポーツを楽しむことができます。また、遊園地や動物園なども併設されており、子供連れの家族でも楽しむことができます。 このように、金亀公園にはさまざまな魅力があります。広大な敷地、豊かな自然、史跡や文化施設、レクリエーション施設など、誰もが楽しめる公園となっています。
施設名・ロケ地

「呉市中央公園」の歴史・魅力・写真の撮り方

-「呉市中央公園」の歴史と魅力- 呉市中央公園は、広島県呉市にある公園です。1962年に開園し、面積は約20ヘクタールです。園内には、芝生広場、花壇、遊具、広場、噴水などがあり、市民の憩いの場として親しまれています。また、公園内には、呉市美術館や呉市中央図書館などの文化施設もあり、市民の文化活動の拠点としても利用されています。 呉市中央公園は、豊かな自然が残されていることも魅力の一つです。園内には、ケヤキ、クスノキ、モミジなどの木々が生い茂り、四季折々の花々が咲き誇ります。また、公園内には、水生植物園やせせらぎがあり、水辺の生物を観察することもできます。 呉市中央公園は、市民の憩いの場としてだけでなく、観光客にも人気のスポットです。公園内には、呉市美術館や呉市中央図書館などの文化施設があり、市民の文化活動の拠点としても利用されています。また、公園内には、豊かな自然が残されており、四季折々の花々が咲き誇っています。
施設名・ロケ地

日本の名園「後楽園」

-日本の名園「後楽園」- -後楽園の歴史と特徴- 岡山県岡山市にある後楽園は、日本三名園の一つに数えられる庭園です。江戸時代初期に岡山藩主池田綱政によって造営され、その後、歴代藩主によって拡張・改修が行われました。後楽園は、池泉回遊式庭園で、池を中心として、山、島、滝など、さまざまな景観が楽しめます。また、園内には、茶室や東屋、書院などの建物があり、日本の伝統的な建築様式を垣間見ることができます。 後楽園は、四季折々に美しい景観を楽しめることで知られています。春には桜が咲き誇り、夏には新緑がまぶしく、秋には紅葉が錦を飾り、冬には雪化粧をした園内が風情たっぷりです。また、後楽園は、様々なイベントが行われることでも知られており、花見や観月、コンサートなどが毎年開催されています。 後楽園は、日本の伝統的な庭園の美しさを楽しめるだけでなく、四季折々の自然の美しさも堪能できる人気の観光スポットです。岡山を訪れた際は、ぜひ後楽園を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

松阪市中部台運動公園の魅力を徹底解説!

-中部台運動公園とは?- 中部台運動公園は、三重県松阪市にある運動公園です。1993年に開園し、総面積は約35ヘクタールです。公園内には、野球場、サッカー場、テニスコート、プール、体育館などがあり、市民の憩いの場として親しまれています。 また、公園内には、自然観察園や森林公園などもあり、自然散策を楽しむこともできます。松阪市の中心部から車で約15分とアクセスも良く、休日の家族連れで賑わっています。 中部台運動公園は、スポーツを楽しむ人から、自然散策を楽しむ人まで、幅広い人に親しまれている公園です。
施設名・ロケ地

打吹公園の魅力と見どころ

打吹公園の魅力と見どころ 1. 打吹公園の歴史と概要 打吹公園は、北海道札幌市中央区にある都市公園です。1876年(明治9年)に開園し、札幌市内で最も古い公園のひとつです。公園面積は11.3ヘクタールで、園内には芝生広場、花壇、池、噴水などがあります。打吹公園は、市民の憩いの場として親しまれ、年間を通して多くの人々が訪れます。 公園の歴史は、1871年(明治4年)にさかのぼります。この年、札幌市が誕生し、市役所が置かれた場所が現在の打吹公園の場所でした。1876年(明治9年)に市役所が移転したことに伴い、打吹公園が開園しました。公園の名前は、公園の近くに吹く風が心地よかったことに由来しています。 打吹公園は、開園以来、市民の憩いの場として親しまれてきました。1903年(明治36年)に札幌市電が開通すると、公園へのアクセスがさらに便利になり、より多くの人々が訪れるようになりました。1930年(昭和5年)には、公園内に噴水が設置され、1953年(昭和28年)には、花壇が整備されました。1976年(昭和51年)には、公園が開園100周年を迎え、記念イベントが開催されました。 打吹公園は、現在も市民の憩いの場として親しまれています。園内には、芝生広場、花壇、池、噴水などがあり、季節ごとに異なる景色を楽しむことができます。公園内には、遊具やベンチも設置されており、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々が利用しています。