日本初公開時のタイトル

映画の名前

「007は殺しの番号」の歴史

007は殺しの番号の日本初公開時のタイトルは、「007 死ぬのは奴らだ」でした。これは、007シリーズ第1作「007 ドクター・ノオ」の日本公開時のタイトルである「007は殺しの番号」と同一のタイトルであり、そのため、日本国内では「007 死ぬのは奴らだ」というタイトルが定着しました。 このタイトルは、映画の内容に由来しています。映画の中で、ジェームズ・ボンドは、世界を征服しようとしている犯罪組織「スペクター」の陰謀を阻止するために、スペクターの首領であるブロフェルドを追跡します。ブロフェルドは、ボンドを殺すために、さまざまな殺し屋を送り込みますが、ボンドはそれらをすべて退治し、最終的にはブロフェルドを倒します。 「007 死ぬのは奴らだ」というタイトルは、ブロフェルドがボンドを殺そうとするという映画のテーマを反映しており、また、ボンドがブロフェルドに勝利するという結末を暗示しています。また、「死ぬのは奴らだ」というタイトルは、007シリーズの他の作品にも共通するテーマである「善と悪の戦い」を表現しています。 007は殺しの番号の日本初公開時のタイトルは、「007 死ぬのは奴らだ」でしたが、このタイトルは、映画の内容を反映しており、また、007シリーズの他の作品にも共通するテーマである「善と悪の戦い」を表現しています。