明治屋

施設名・ロケ地

「明治屋ジャンボ市」の魅力とは?

福岡県民に愛されるスーパーマーケット「明治屋ジャンボ市」 福岡県北九州市にあるスーパーマーケット「明治屋ジャンボ市」は、地元の人々に長年にわたって愛されてきたお店です。その魅力は、新鮮な食材や日用雑貨が揃う品揃えの豊富さと、リーズナブルな価格設定にあります。また、店員さんの親切で丁寧な接客も人気の秘密となっています。 明治屋ジャンボ市は、1966年に創業した老舗スーパーマーケットです。当初は小さな店舗でしたが、徐々に規模を拡大し、現在は売り場面積約1万坪を誇る大型スーパーマーケットとなっています。店舗内には、生鮮食品、日用雑貨、衣料品、家具、家電など、さまざまな商品が所狭しと並んでいます。 明治屋ジャンボ市の魅力の一つは、新鮮な食材が揃うことです。野菜や果物は毎日市場から仕入れており、新鮮さにこだわっています。また、お肉のコーナーでは、地元の牧場で育てられた新鮮なお肉を販売しています。 明治屋ジャンボ市の魅力のもう一つは、リーズナブルな価格設定です。生鮮食品や日用雑貨は、他のスーパーマーケットよりも安く購入することができます。また、毎週水曜日には、「ワゴンセール」が行われており、さまざまな商品がお買い得価格で購入することができます。 明治屋ジャンボ市は、店員さんの親切で丁寧な接客も人気となっています。店員さんは、いつも笑顔で顧客に対応しており、顧客の要望にも快く応じてくれます。また、商品に関する知識が豊富なので、顧客に適切なアドバイスをすることができます。 明治屋ジャンボ市は、新鮮な食材や日用雑貨が揃う品揃えの豊富さと、リーズナブルな価格設定、親切で丁寧な接客で、福岡県民に愛されるスーパーマーケットとなっています。
施設名・ロケ地

創業110年!宇都宮の老舗料亭「明治屋」

明治屋は、創業110年の歴史を持つ、宇都宮の老舗料亭です。明治時代に創業し、代々受け継がれた伝統の技と味を守り続けています。明治屋の料理は、新鮮な地元の食材を使用し、丁寧に調理されており、洗練された味わいで評判です。また、明治屋の店内は、落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しむことができます。明治屋は、宇都宮を代表する料亭として、多くの人々に愛されています。 明治屋の歴史は、明治15年に遡ります。初代当主の明治屋は、もともと料理人として働いていましたが、独立して料亭を開業しました。明治屋の料理は、たちまち評判となり、多くのお客さんが訪れるようになりました。明治屋は、代々受け継がれ、現在では4代目の当主が経営しています。明治屋は、創業以来、伝統の技と味を守り続けており、宇都宮を代表する料亭として多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

明治屋の歴史と料理の魅力

明治屋の創業と歴史 明治屋は、1885年(明治18年)に米国人宣教師ジョン・メリンとその妻のサラ・メリンによって創立された。当初は横浜の居留地に小さな食料品店を構え、宣教師や外国人居留民向けに外国製の食品や雑貨を販売していた。その後、事業を拡大し、1894年(明治27年)には東京に進出、日本橋に直営店を開業した。これが、現在の明治屋百貨店の前身である。 明治屋は、日本に西洋の食文化を広めた先駆者として知られている。1895年(明治28年)には、日本初の缶詰工場を建設し、国産缶詰の製造を開始した。また、1900年(明治33年)には、日本初のスーパーマーケットである明治屋ストアを開業し、庶民にも西洋の食文化を身近なものにした。 明治屋は、食品の販売だけでなく、食文化の普及にも貢献してきた。1903年(明治36年)には、日本初の料理学校である明治屋料理講習所を設立し、洋食の作り方を一般の人々に伝授した。また、1924年(大正13年)には、日本初の食料品雑誌である『明治屋月報』を創刊し、食生活に関する情報を発信した。 明治屋は、創業以来130年以上、日本の食文化の発展に貢献してきた。その歴史は、日本人が西洋の食文化を受け入れ、それを自分たちのものとしていく過程と重なっている。明治屋は、日本人の食生活を豊かにし、食文化の多様性を広げる役割を果たしてきたのである。