星雲賞

作品名

サンリオSF文庫総解説:懐かしきSF文庫の軌跡

サンリオSF文庫は、1978年から1984年までサンリオが発行していたSF文庫シリーズである。サンリオが創立15周年を迎えた1978年12月1日に創刊され、1984年11月1日に最終刊が刊行されて全60巻で終了した。 サンリオSF文庫は、坪井篤をはじめとした、当時活躍していた人気SF作家や、後にSF作家として活躍する作家を多数輩出した。また、海外のSF小説の翻訳作品も数多く刊行された。サンリオSF文庫は、日本のSF小説史において重要な役割を果たした文庫シリーズの一つであり、現在でも多くの読者に愛されている。 サンリオSF文庫は、カバーイラストにSF小説の雰囲気を伝えるイラストを採用し、装丁にも凝った作りになっている。また、解説や批評なども充実しており、SF小説初心者にも読みやすい文庫シリーズとなっている。サンリオSF文庫は、当時SF小説に興味を持っていた若者たちにとって、貴重な情報源であり、多くの読者にSF小説の魅力を伝えた。
作品名

「SFのSはステキのS」を読んで

池澤春菜によるエッセイ集『「SFのSはステキのS」を読んで』の魅力は、その軽快でユーモラスな文体にある。池澤氏は、SF小説の魅力を、SF独自の独特な世界観や、現実社会への批評性、そして読者の想像力をかきたてる力など、様々な観点から論じている。しかし、その文体は決して堅苦しくなく、むしろ軽快でユーモラスな語り口調で、SF小説の楽しさを伝えている。 池澤氏のエッセイ集の魅力のもう一つの点は、その幅広い視野にある。池澤氏は、SF小説のみならず、ミステリー小説やホラー小説、さらには映画や音楽、アニメなど、様々なジャンルの作品について論じている。その博識ぶりは圧巻で、読者は池澤氏のエッセイを読むことで、様々なジャンルの作品に対する理解を深めることができる。 さらに、池澤氏のエッセイ集の魅力は、その独自の視点にある。池澤氏は、SF小説を単なるエンターテインメントとしてではなく、社会や文化を映し出す鏡として捉えている。その鋭い洞察力は、読者にSF小説の新しい見方を与えてくれる。 池澤氏のエッセイ集『「SFのSはステキのS」を読んで』は、SF小説の魅力を余すことなく伝えた名著である。SF小説が好きな人はもちろん、小説や映画、音楽など、様々なジャンルの作品に興味がある人にもぜひおすすめしたい一冊である。
作品名

機神兵団:山田正紀のSF小説シリーズの考察

機神兵団の魅力とは? 機神兵団は、山田正紀のSF小説シリーズである。1980年代に発表され、現在までに12巻が刊行されている。このシリーズは、人類と機械生命体との戦争を描いたハードSFである。 機神兵団の魅力の一つは、その壮大なスケールである。物語は、地球から太陽系外へと広がり、人類と機械生命体との壮絶な戦いが繰り広げられる。また、このシリーズには、様々な魅力的なキャラクターが登場する。主人公のリュウジ・キサラギは、正義感に満ちた熱血漢であり、読者からの人気を集めている。 もう一つの魅力は、その緻密な設定である。このシリーズでは、機械生命体の生態や、人類と機械生命体との間の戦争の経緯など、様々な設定が細かく描かれている。この緻密な設定により、読者は物語の世界観に没入することができる。 機神兵団は、ハードSFの傑作として名高い作品である。壮大なスケール、魅力的なキャラクター、緻密な設定など、このシリーズには多くの魅力がある。
作品名

星界の戦旗

星界の戦旗シリーズとは、作家・桜庭一樹によるSF小説シリーズである。シリーズは、惑星間社会「星域連合」を舞台に、多様な種族や勢力が宇宙の覇権を巡って争う物語である。シリーズは、1996年に発表された第1作『星界の戦旗』から始まり、現在までに6作が刊行されている。 シリーズは、宇宙を舞台にしたスケールの大きなSF小説として、高い評価を得ている。桜庭一樹による独特の文体や、魅力的なキャラクターたち、そして緻密に作り込まれた世界観が特徴である。星界の戦旗シリーズは、SF小説ファンのみならず、幅広い読者層に人気を集めている。 星界の戦旗シリーズは、これまでにも数多くの漫画やアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品が制作されている。また、2019年には、シリーズの2作目『星界の戦旗II』が舞台となる実写映画が公開された。
作品名

「火星人先史」の魅力

改造人間カンガルーの知能 火星人先史の世界では、さまざまな改造人間が登場する。その中でも、知能が非常に高い改造人間カンガルーは、重要な役割を果たしている。改造人間カンガルーは、優れた知能を活かして、さまざまな任務を遂行する。例えば、敵の基地に潜入して情報を収集したり、重要な人物を護衛したり、さらには、宇宙船を操縦したりする。改造人間カンガルーは、その知能と能力を駆使して、火星人先史の世界に平和をもたらすために貢献している。
作品名

いま集合的無意識を、

神林長平の作品集は、彼が調査、研究を続けている集合的無意識の概念を反映しています。彼の作品は、夢、神話、象徴をモチーフにしており、見る人の潜在意識に働きかけます。彼の作品は、人々が自分自身と世界との関係を理解するのに役立つと言われています。 神林長平の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館やギャラリーで展示されています。彼の作品は、人々に深い感銘を与え、人々の心を揺さぶっています。彼の作品は、人々が自分自身と世界をより深く理解するのに役立っています。 神林長平の作品集は、集合的無意識の概念を理解するための貴重な資料です。彼の作品は、人々が自分自身と世界をより深く理解するのに役立ちます。彼の作品は、人々に深い感銘を与え、人々の心を揺さぶっています。
作品名

宇宙の謎に迫る「星を継ぐもの」

「5万年前の宇宙服を着た死体」 考古学者たちは、5万年前の宇宙服を着た死体を発見しました。この死体は、アルゼンチンのアンデス山脈で発見され、氷の中に保存されていました。死体は完全に凍結しており、その服はまるで宇宙服のように見えました。考古学者たちは、この死体が何者であるか、そしてなぜそのような服を着ていたのかを調査しています。 死体は、男性で、身長は180cmほどでした。その髪は黒く、目は茶色でした。死体は、宇宙服のような服を着ており、その服は金属のような素材で作られていました。服には、ヘルメット、ブーツ、手袋がついており、ヘルメットにはバイザーがありました。バイザーは、透明で、死体の顔がはっきりと見えました。 考古学者たちは、この死体が何者であるかを調査しています。彼らは、死体が宇宙人である可能性があると考えています。しかし、死体が地球人である可能性もあります。考古学者たちは、死体のDNAを解析して、その正体を突き止めようとしています。 考古学者たちはまた、死体がなぜ宇宙服のような服を着ていたのかを調査しています。彼らは、死体が宇宙旅行をしていた可能性があると考えています。しかし、死体が宇宙服のような服を着ていた理由は他にもあるかもしれません。考古学者たちは、死体が宇宙服のような服を着ていた理由を突き止めようとしています。 この死体の発見は、宇宙の謎を解く手がかりになるかもしれません。考古学者たちは、死体の調査を続けており、その正体と死体が宇宙服のような服を着ていた理由を突き止めようとしています。
作品名

「竜の卵」レビューと分析

「人類と中性子星人とのファースト・コンタクト」 「竜の卵」は、中性子星人が地球に到着し、人類とのファースト・コンタクトを図るという物語です。中性子星人は非常に高度な知的生命体であり、人類とはまったく異なる価値観や世界観を持っています。そのため、両者の間にはコミュニケーションの断絶が生じてしまい、最終的に戦争へと発展してしまいます。 この物語は、人類と異星人のファースト・コンタクトが必ずしも平和的に行われるとは限らないことを示しています。また、異なる価値観や世界観を持つ者同士が理解し合うことは非常に難しいことをも示しています。 しかし、この物語は希望のメッセージも伝えています。それは、たとえ異なる価値観や世界観を持っていても、理解し合うことは不可能ではないということです。人類と中性子星人は最終的に戦争を終わらせ、平和条約を結ぶことができます。これは、たとえ異なる価値観や世界観を持っていても、理解し合うことは可能であり、平和的に共存することができることを示しています。
作品名

輝くもの天より墜ち – 不可思議な魅力を持つSF大作

天から降り注ぐ輝きの正体は? 夜空を彩る眩いほどの輝きは、宇宙からやってくる隕石の群れだった。それらは夜空に長く尾を引く光の線となり、瞬く間に地表へと降り注いだ。その光は空を埋め尽くし、まるで天の川が地上に舞い降りたかのようであった。人々は空を見上げ、その幻想的な光景に息を飲んだ。 しかし、その輝きはすぐに消えてしまった。まるで魔法のように、瞬く間に闇が戻ってきたのだ。人々は空を眺めたまま、その光景を脳裏に焼き付けた。彼らは、その輝きが何であったのか、どこから来たのか、そしてなぜ消えてしまったのかを知りたいと思った。 その輝きは、その後も世界各地で目撃された。それはまるで、宇宙が人々に何かを伝えようとしているかのように思えた。人々は、その輝きの意味を解き明かそうと、空を見上げ続けた。果たして、その輝きは、何の前触れだったのだろうか?
作品名

「ARIEL」の魅力を徹底解剖!

「女性型巨大ロボット兵器「ARIEL」とは?」 「ARIEL」とは、女性型巨大ロボット兵器の開発計画である。20XX年に発足し、現在も継続中である。目的は、敵対勢力からの攻撃から国家を守ることであり、そのために様々な機能が開発されている。 「ARIEL」の特徴の一つは、その巨大なサイズである。全長は100メートルを超え、重量は数千トンに達する。これにより、圧倒的なパワーと攻撃力を実現している。また、全身に装甲が施されており、敵の攻撃から身を守ることができる。 「ARIEL」のもう一つの特徴は、その高い機動性である。二足歩行が可能であり、時速100キロ以上で移動することができる。また、跳躍力も高く、数十メートルを飛び越えることも可能である。 「ARIEL」は、様々な武器を搭載している。ビーム砲やミサイルランチャー、近接戦闘用の剣や槍など、その種類は多岐にわたる。また、遠隔操作が可能であり、パイロットは安全な場所から「ARIEL」を操縦することができる。 「ARIEL」は、現在も開発中であり、その性能は着実に向上している。将来は、さらなるパワーと機動性、そして攻撃力を備えた、より強力な兵器となることが期待されている。
作品名

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の世界観を考察

「シビュラシステムとは何か?」 シビュラシステムとは、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス2」の世界観において、犯罪を事前に予測・防止するために導入されたシステムである。このシステムは、人間の心理状態や行動パターンを分析し、犯罪の兆候を検出することで、犯罪を未然に防ぐことを目的としている。 シビュラシステムは、公安局によって運営されており、公安局員は、シビュラシステムの判断に基づいて、犯罪者を逮捕したり、犯罪の捜査を行ったりしている。また、シビュラシステムは、国民の言動を監視しており、犯罪の兆候が検出された場合、その人物に対して警告を発したり、強制的な措置を講じたりしている。 シビュラシステムは、犯罪を防ぐために非常に効果的なシステムであるとされているが、一方で、人間の自由やプライバシーを侵害する危険性があるとして、批判もされている。
作品名

のの子の復讐ジグジグ

「のの子の復讐ジグジグ」は、2000年にメディアファクトリーから刊行された高城美智留さんの小説です。映画化もされており、2022年秋に公開される予定です。 * * * ストーリーの概要 のの子は、幼い頃に両親を殺され、祖父母に育てられました。成長したのの子は、両親の仇であるヤクザの組長、岩永組長の秘書として働き、復讐の機会を伺っていました。 ある日、岩永組長の息子である岩永貴史が、のの子に言い寄ってきました。のの子は、貴史の好意を利用して、岩永組の情報を集め、岩永組長の弱点を突き止めようとします。 しかし、のの子の計画は、岩永組の若頭である黒崎に気づかれてしまいます。黒崎は、のの子を捕まえ、拷問にかけます。のの子は、黒崎の拷問に耐え、岩永組長の弱点を吐きません。 のの子は、黒崎の拷問から逃れ、岩永組長の愛人である水野美咲と出会います。水野美咲は、のの子に協力し、岩永組長の弱点を突き止めるために、のの子に情報を提供します。 のの子は、水野美咲の情報をもとに、岩永組長の弱点を突き止め、岩永組を壊滅させます。のの子は、両親の仇を討ち、復讐を果たしました。
作品名

「さよならダイノサウルス」の世界観

タイムトラベルの謎 「さよならダイノサウルス」の世界観では、タイムトラベルが重要な要素として登場します。主人公たちはタイムマシンを使って過去に遡り、恐竜の時代を旅します。そこで彼らは、様々な恐竜と出会い、恐竜たちの生態や生活について知ることになります。また、彼らは恐竜絶滅の謎にも迫り、恐竜絶滅の原因を探ります。 タイムトラベルは、古くから人々を魅了してきたテーマです。過去に戻って歴史をやり直したり、未来を垣間見たりすることができれば、人生をより良く生きることができるのではないかと考える人は少なくありません。しかし、タイムトラベルはあくまでもフィクションの世界の話であり、現実には不可能であると考えられています。 しかし、「さよならダイノサウルス」の世界観では、タイムトラベルは現実のものとして描かれています。主人公たちはタイムマシンを使って過去に遡り、恐竜の時代を旅します。そこで彼らは、様々な恐竜と出会い、恐竜たちの生態や生活について知ることになります。また、彼らは恐竜絶滅の謎にも迫り、恐竜絶滅の原因を探ります。 「さよならダイノサウルス」の世界観では、タイムトラベルはあくまでも手段であり、目的ではありません。主人公たちはタイムトラベルを使って過去に遡り、恐竜たちの生態や生活について知ることになります。また、彼らは恐竜絶滅の謎にも迫り、恐竜絶滅の原因を探ります。そして、それらを学ぶことで、現在をより良く生きることができるようになるのです。
作品名

「時間衝突」とは?あらすじと魅力

「時間衝突」とは? 「時間衝突」とは、2つの異なる時間帯が衝突して、その結果、2つの異なる現実が混ざり合って現れるという現象のことです。この現象は、多くのSF作品で描かれており、その中でも特に有名なのが、1989年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。この映画では、主人公のマーティ・マクフライが、誤って1955年にタイムスリップしてしまい、そこで自分の両親の出会いを目撃することになります。そこでマーティは、自分の行動が両親の出会いに影響を与えてしまい、その結果、自分が生まれた歴史が消えてしまうことを知ります。マーティは、両親の出会いを阻止するために奮闘し、最終的には元の時間に戻ることができますが、その過程で多くの困難に直面することになります。 「時間衝突」は、SF作品の中でよく描かれるテーマですが、その中でも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、その斬新な設定と、主人公のマーティの成長譚が描かれていることから、特に人気のある作品となっています。
作品名

「上弦の月を喰べる獅子」の深いメッセージ

「螺旋」は、「上弦の月を喰べる獅子」の重要なキーワードです。螺旋は、何度も同じような形が繰り返される形であり、成長や変化を表しています。この作品では、螺旋は、主人公の獅子の成長と変化を象徴しています。 獅子は、最初は、弱い動物であり、他の動物からバカにされていました。しかし、獅子は、Spiral Beastという不思議な生き物に出会い、Spiral Beastから、螺旋の力を授けられます。螺旋の力によって、獅子は、強くなり、他の動物を倒すことができるようになります。 しかし、獅子は、螺旋の力の危険性にも気づきます。螺旋の力は、獅子の心を蝕んでいきます。獅子は、次第に、傲慢になり、他の動物を支配したいと思うようになります。 獅子は、Spiral Beastと戦い、Spiral Beastを倒します。しかし、獅子は、Spiral Beastを倒したことで、螺旋の力も失ってしまいます。獅子は、元の弱い動物に戻り、他の動物からバカにされるようになります。 しかし、獅子は、Spiral Beastとの戦いで、大切なことを学びます。獅子は、強さだけが大切なのではなく、優しさや思いやりも大切であることを学びます。獅子は、Spiral Beastとの戦いで、成長し、変化し、真の強さを身につけるのです。 螺旋は、この作品において、成長や変化の象徴であり、主人公の獅子の成長と変化を象徴しています。
作品名

SF大将とは何か?

SF大将の誕生と歴史 SF大将の起源は、20世紀初頭のSF雑誌の台頭まで遡ります。SF雑誌は、それまで文学作品として扱われることが少なかったSF小説を広く読者に届ける役割を果たし、SF小説の人気の高まりとともに、SF作家の地位も向上していきました。 1926年、アメリカのSF雑誌「Amazing Stories」の編集長、ヒューゴー・ガーンズバックは、SF作家を表彰する賞を創設することを提案しました。この賞は、SF作家の功績を称えるとともに、SF小説のさらなる発展を促進することを目的としたものでした。 1939年、ガーンズバックの提案をきっかけに、最初のヒューゴー賞が開催されました。ヒューゴー賞は、SF小説、SF映画、SFテレビ番組など、さまざまな部門で作品を募集し、読者投票によって受賞作品を決定する賞です。 ヒューゴー賞は、SF小説界で最も権威のある賞の一つとされ、受賞作品はSF小説の傑作として広く読まれています。ヒューゴー賞の受賞は、SF作家のキャリアにおいて大きな栄誉とされ、多くのSF作家がヒューゴー賞受賞を目標として執筆活動に取り組んでいます。 ヒューゴー賞の創設以降、SF小説はますます人気が高まり、SF作家も広く認知されるようになりました。SF作家は、単なるエンターテイナーではなく、社会問題や科学技術の未来を考察する思想家として、重要な役割を果たしています。SF大将は、SF小説の発展とともに誕生し、SF文化の発展に大きく貢献してきました。
作品名

彗星狩り:笹本祐一のSF小説シリーズの探索

物語の舞台は、彗星による天変地異が頻発する近未来の地球です。人類は、彗星の衝突を防ぐべく、宇宙空間で彗星を破壊する「彗星狩り」という任務に従事しています。彗星狩りは、最新鋭の宇宙船と強力な兵器を駆使して、彗星を破壊する危険な任務です。 物語の背景には、彗星による地球への脅威と、それを阻止しようとする人類の戦いが描かれています。彗星は、地球に衝突すると、壊滅的な被害をもたらします。人類は、彗星を破壊することで、地球を守ろうとしています。しかし、彗星狩りは、非常に危険な任務であり、多くの犠牲者が出ています。
作品名

「あとは野となれ大和撫子」の魅力

-中央アジアの架空の国アラルスタンってどんな所?- 「あとは野となれ大和撫子」で描かれる架空の国アラルスタンは、中央アジアに位置するイスラム圏の国です。モデルとなった国はウズベキスタンやタジキスタンなどの旧ソ連構成共和国であると考えられます。アラルスタンは、豊かな石油資源を有する国であり、経済成長を遂げています。しかし、貧富の格差や汚職などの社会問題も抱えています。 アラルスタンは、イスラム教の伝統的な価値観が根強く残る国です。女性は、男性の影に隠れ、社会的地位は低いのが現状です。しかし、近年では、女性の社会進出が進み始めているとも言われています。アラルスタンは、中央アジアで最も古くから独立を維持している国のひとつです。 アラルスタンは、豊かな歴史と文化を誇る国です。国のいたるところに、美しいモスクやマドラサ(イスラム教の神学校)が建ち並んでいます。また、アラルスタンの伝統芸能である「アシュラ」は、ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されています。
作品名

核戦争後の世界と人類の終末を描く「霊長類南へ」

「霊長類南へ」は、マーク・ミラーとブライアン・K・ヴォーンによって執筆され、フィオナ・ステープルスによって描かれたアメリカン・コミックシリーズです。2012年から2015年までイメージ・コミックより刊行されました。 この物語は、核戦争後の世界を舞台に、生存者が生き延びるために闘う様子を描いています。人類は荒廃した世界で、放射能汚染や突然変異した生物、そして他の生存者との戦いに直面します。主人公のマーク・グレイドンは、妻と息子を失った元エンジニアで、生き残るために旅を続けています。 物語は、マークが他の生存者グループと出会い、協力して旅をすることから始まります。彼らは、放射能汚染された区域を通り抜け、突然変異した生物との戦いを繰り広げながら、安全な場所を目指します。旅の途中、マークは妻と息子の死の真相を知り、復讐を誓います。 「霊長類南へ」は、核戦争後の世界の過酷さをリアルに描いた作品です。この物語は、人類の生存と復興の可能性を問いかけ、読者に深い印象を残します。
作品名

驚異のSF作品「降伏の儀式」

ラリー・ニーヴンとジェリー・パーネルによるSFの傑作「降伏の儀式」は、1969年に発表されて以来、世界中で愛されるSF小説となっています。そのストーリーは、地球に侵略してきた宇宙人「キーン」たちと、人類が和平のために戦いを続けるという壮大なものです。「キーン」たちは、超技術を駆使して人類を圧倒しますが、人間たちは知恵と勇気を駆使して抵抗します。そして、最終的には人類が勝利を収め、「キーン」たちと和平を結ぶという結末を迎えます。 「降伏の儀式」は、そのスケールの大きさや、科学的に正確な描写、そして人間ドラマの深さで高く評価されています。また、本作は、SF小説の古典的な名作として、多くの作家や映画監督に影響を与えてきました。例えば、ジェームズ・キャメロン監督のSF映画「アバター」は、「降伏の儀式」から大きな影響を受けていると言われています。 「降伏の儀式」は、SF小説のファンであれば、ぜひ一度は読んでおきたい作品です。その壮大なストーリーと、人間ドラマの深さは、きっとあなたを惹きつけることでしょう。
作品名

和歌山の秘宝「旧葛城館」の歴史と魅力

明治期に建てられた旧葛城館の建築美は、その細部に見ることができます。例えば、建物正面の玄関ポーチは、柱と梁が組み合わされ、繊細な彫刻が施されています。また、屋根は入母屋造りで、軒先には瓦が葺かれ、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。さらに、建物の内側は、白壁と木目のコントラストが美しく、欄間や障子には伝統的な文様が描かれています。旧葛城館は、明治期に建てられた建築の美しさを今に伝える貴重な建物なのです。
作品名

「ノービットの冒険」SF小説紹介

「ノービットの冒険」とは、ジョン・ケイトンが2009年に発表したSF小説です。この小説は、巨大な宇宙船に乗って宇宙を旅する少年ノービットの冒険を描いた作品です。ノービットは、宇宙船の中で様々な惑星を訪れ、そこで様々な人々と出会い、様々な経験をします。この小説は、その壮大なスケールと、ユニークなキャラクター設定で、多くの読者から高い評価を得ています。また、この小説は、映画化もされており、2014年に公開されました。映画は、小説の内容を忠実に再現しており、多くの観客から好評を得ています。
作品名

『サイコロ特攻隊』→ 名作SFのあらすじとテーマ

『サイコロ特攻隊』のあらすじ 物語の舞台は近未来、機械文明の発展により地球は荒廃し、人類は地下都市で暮らしていた。そんなある日、地下都市に突如謎の宇宙船が出現する。宇宙船にはエイリアンが乗っており、彼らは人類を奴隷にするために地球にやってきたのだ。エイリアンは人類に降伏するか、サイコロを振って戦うかの二択を迫る。サイコロを振って勝てば地球の自由は守られるが、負ければ人類は奴隷となる。 このサイコロを振るという任務を命じられたのが、主人公の青年、ケンジである。ケンジは地球の自由を守るために、サイコロを振ることを決意する。サイコロを振る瞬間、ケンジの頭の中には、家族や友人の顔が浮かぶ。そして、彼はサイコロを振る。 サイコロの目は、なんと1であった。ケンジはサイコロに勝ち、地球の自由は守られた。しかし、この戦いでケンジは命を落としてしまう。ケンジの死を悲しむ人々は、彼のことを英雄として称賛する。そして、ケンジの遺志を受け継いだ人類は、エイリアンに立ち向かい、地球の平和を勝ち取るのである。
作品名

「DAI-HONYA」:近未来の書店を舞台にした漫画

「DAI-HONYA」は、近未来を舞台とした漫画で、書店を舞台に繰り広げられるバトルアクションストーリーです。この漫画の大きな特徴の一つは、武器を携行する書店管理官の活躍です。 書店管理官は、書店に侵入する危険分子から本を守護する役割を担っており、彼らは最新鋭の武器を駆使して書店を護ります。武器は、銃器から近接戦闘用の武器まで多岐にわたり、書店管理官は状況に応じて最適な武器を選択して戦います。 書店管理官のバトルシーンは、迫力満点で、読者はハラハラドキドキしながら楽しむことができます。また、書店管理官たちはそれぞれが個性的なキャラクターを持っており、彼らの人間模様も見逃せません。 「DAI-HONYA」は、バトルアクションと人間ドラマが融合した、魅力的な漫画です。書店を舞台としたユニークな設定や、武器を携行する書店管理官の活躍など、他の漫画にはない魅力が満載です。