月刊

モノの名前

日経ホームビルダーについて

日経ホームビルダーとは 日経ホームビルダーとは、日経BPが発行している住宅業界向けの専門誌です。1984年に創刊され、住宅業界の最新動向や業界の課題などについて、幅広く報道しています。読者は、住宅メーカー、工務店、不動産会社、建材メーカーなど、住宅業界に携わる人が中心です。日経ホームビルダーは、住宅業界の専門誌として高い評価を得ており、住宅業界の動向を知るための必読誌として、多くの読者に支持されています。 日経ホームビルダーが扱う記事は、住宅業界の最新動向、業界の課題、住宅メーカーの動向、工務店の動向、不動産会社の動向、建材メーカーの動向など、住宅業界に関するあらゆるトピックを網羅しています。また、住宅に関する法律や制度の解説、住宅に関する調査結果や統計データなども掲載されています。日経ホームビルダーは、住宅業界の専門家だけでなく、住宅業界に関心のある一般の読者にも役立つ情報が満載です。
モノの名前

JILLEについて

-JILLEとは- JILLE(日本インタラクティブ・ラーニング・レポジトリ)は、2014年12月に発足した、あらゆる年代の方が「学んでみたい」を叶えることを目指すオンライン無料の総合学習支援サービスです。同サービスの特徴として、授業内容が全て動画で配信されており、再生速度の調整や字幕機能も実装されています。寄付金で運営しており、利用登録や動画の視聴は全て無料となっています。 JILLEは、幅広い学習者が学びやすいように、動画を短く区切って作成しています。また、動画には字幕が表示されるので、耳が不自由な人でも利用しやすいです。さらに、再生速度を調整することもできるので、学習者のペースに合わせて学習することができます。 JILLEでは、「学びたい」を応援する個人や企業・団体から寄付を受け付けています。寄付金は、動画の制作や配信、Webサイトの維持管理などに利用されます。JILLEを応援したいという方は、ぜひ寄付にご協力ください。
その他

「毎日が発見」とは?シニアのためのライフスタイル誌

「毎日が発見」は、シニア層を対象としたライフスタイル誌です。1986年に創刊され、以降30年以上にわたって発行されています。毎月1日発行で、全国の書店やコンビニエンスストアなどで販売されています。 「毎日が発見」は、シニア層の生活に役立つ情報を幅広く掲載しています。健康、美容、ファッション、旅行、料理、趣味など、多岐にわたる分野をカバーしています。また、シニア層の生き方を応援するような記事も数多く掲載されています。 「毎日が発見」は、シニア層に大変好評を博しています。その理由は、シニア層の視点に立った記事作りをしているからです。「毎日が発見」の記事は、シニア層が抱える悩みや疑問に寄り添い、解決策を示してくれるものが多いです。そのため、シニア層は「毎日が発見」を読むことで、自分たちの生活をより豊かにすることができます。 「毎日が発見」は、シニア層の生活に欠かせない雑誌です。シニア層が自分の生活をより豊かにするために、ぜひ「毎日が発見」を読んでほしいと思います。
モノの名前

「PEAKS」について知る21の秘密

「PEAKS」の魅力 「PEAKS」は、世界中の山々を特集した雑誌で、その美しい写真と興味深い記事で知られています。この雑誌の魅力は、単に山の写真を掲載しているだけでなく、山に登る人々の物語や、山の歴史や文化を紹介している点にあります。 「PEAKS」は、初心者からベテラン登山家まで、あらゆるレベルの登山者にアピールする雑誌です。初心者向けの記事では、登山に必要な装備や技術を紹介しており、ベテラン登山家向けの記事では、世界中の難所の登頂記や、山の歴史や文化を紹介しています。 「PEAKS」は、登山に興味がある人なら誰もが楽しめる雑誌です。美しい写真と興味深い記事で、山登りの楽しさを教えてくれるでしょう。
作品名

「なかよし」の歴史と魅力

「なかよしとは?」 「なかよし」は、講談社が発行する少女向け漫画雑誌です。1965年8月3日に創刊され、2023年現在も毎月第2水曜日に発売されています。 創刊当初は「少女フレンド」の増刊号として発行されましたが、1966年7月に独立創刊。当初は「少女フレンド」と同様に、少女漫画の大家の作品を中心に掲載していましたが、1970年代後半から「キャンディ・キャンディ」や「はいからさんが通る」などのヒット作を連発し、人気漫画雑誌となりました。 1980年代には「魔法の天使クリィミーマミ」や「美少女戦士セーラームーン」などのアニメ化作品がヒットし、社会現象を巻き起こしました。 1990年代以降も「カードキャプターさくら」や「東京ミュウミュウ」などのヒット作を輩出し、少女漫画雑誌のトップの座を守り続けています。 「なかよし」の魅力は、少女の心をときめかせるようなロマンチックなストーリーと、個性豊かなキャラクターです。また、ファッションやメイクなどの情報を掲載するコーナーもあり、少女たちに最新のトレンドを発信しています。
モノの名前

日経コンストラクションをご紹介!

日経コンストラクションとは 日経コンストラクションは、日経BP社が発行する週刊の建設業界専門紙です。1963年に創刊され、以来50年以上、建設業界の最新情報を発信し続けています。毎週火曜日に発行され、建設業界関係者の間で幅広く読まれています。 日経コンストラクションには、建設業界の最新ニュース、建設プロジェクトの動向、建設技術の解説、建設業界の経営動向など、建設業界に関するさまざまな情報が掲載されています。また、建設業界の課題や問題点なども取り上げており、建設業界の発展に貢献しています。 日経コンストラクションは、建設業界関係者にとって必読の新聞です。建設業界の最新情報をいち早く入手したい人、建設プロジェクトの動向を知りたい人、建設技術を学びたい人、建設業界の経営動向を把握したい人など、建設業界関係者であれば、ぜひ日経コンストラクションを購読することをおすすめします。
作品名

「月刊コミックバンチ」の世界を探る

-「月刊コミックバンチ」の歴史と背景- 「月刊コミックバンチ」は、株式会社新潮社が発行する青年向け漫画雑誌である。1993年創刊。毎月19日発売。  元々は、「コミックバンチ」として1990年に創刊されたが、2001年1月に休刊となった。2003年12月に「月刊コミックバンチ」として復刊した。  復刊後は、「月刊バーガーバーガー」や「月刊アフタヌーン」などと並び、新潮社の青年向け漫画雑誌の主力誌として位置づけられている。  掲載作品は、主にSF、ミステリー、サスペンス、コメディなどのジャンルが多い。また、青年誌でありながら、恋愛漫画や日常系漫画も掲載されている。  代表的な連載作品としては、「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子)、「ドロヘドロ」(林田球)、「ばらかもん」(ヨシノサツキ)、「ゆるキャン△」(あfろ)、「ゴールデンカムイ」(野田サトル)などがある。  2018年には、創刊25周年を記念して、初のアンソロジー漫画「月刊コミックバンチ25周年アンソロジー~四半世紀の軌跡~」(全2巻)を発売した。
その他

日経ESGとは?環境・社会・ガバナンスに関する情報を発信する業界・技術専門誌

日経ESGは、環境・社会・ガバナンスに関する情報を発信する業界・技術専門誌です。日経BPが発行しており、2021年4月に創刊されました。 日経ESGは、ESG投資やサステナビリティ経営に携わるビジネスパーソンを対象としており、ESGに関する最新動向や事例、分析記事などを掲載しています。また、ESG投資やサステナビリティ経営に関する企業や団体の取り組みを積極的に取材しており、ESGに関する情報を発信するプラットフォームとしての役割を果たしています。 日経ESGは、ESG投資やサステナビリティ経営に携わるビジネスパーソンにとって、不可欠な情報源となっています。ESGに関する最新動向や事例、分析記事などを掲載しており、ESGに関する情報を発信するプラットフォームとしての役割を果たしています。
その他

ロシアNIS調査月報とは?その歴史と内容を解説

ロシアNIS調査月報とは、ロシアと独立国家共同体(NIS)の政治・経済・社会情勢を分析した月報です。日本国外務省が発行しており、1991年1月から毎月1回発行されています。 ロシアNIS調査月報は、ロシアとNISの情勢を把握する上で欠かせない情報源として、日本政府や企業、研究者などに広く利用されています。また、日本とロシアNIS諸国の関係を深める上でも重要な役割を果たしています。 ロシアNIS調査月報は、外交官や専門家による現地調査に基づいて作成されています。そのため、正確性と客観性に富んだ情報が掲載されています。また、ロシアNIS諸国の情勢を時系列的に追うことができるため、その変化を把握するのにも役立ちます。 ロシアNIS調査月報は、外務省のウェブサイトで公開されています。誰でも無料で閲覧することができるので、ロシアNIS諸国の情勢に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。
作品名

「Betsucomi」とは?

「Betsucomi」の歴史 「Betsucomi」は1979年、小学館によって創刊された少年向けの漫画雑誌です。少年誌としては珍しい少女漫画や女性漫画も掲載されており、幅広い読者層を獲得しました。1980年代には「天使なんかじゃない」「きまぐれオレンジ☆ロード」などのヒット作を連発し、一大ブームを巻き起こしました。1990年代に入ると、少女漫画の単行本レーベル「フラワーコミックス」を立ち上げ、少女漫画の読者層をさらに拡大しました。2000年代以降も、「ハチミツとクローバー」「のだめカンタービレ」などのヒット作を輩出し、現在も人気漫画雑誌として親しまれています。 「Betsucomi」は、少女漫画と女性漫画の読者層に根強く支持されており、漫画雑誌のリーディング誌として君臨し続けています。また、アニメ化や実写ドラマ化される作品も多く、メディアミックス展開にも成功しています。
モノの名前

「小説推理」の魅力と歴史

「小説推理」は、日本の推理小説やミステリー小説を中心とした文芸雑誌です。1946年に創刊され、現在も刊行されています。「小説推理」は、推理小説の専門誌として創刊され、多くの有名作家を輩出しました。創刊当時、「小説推理」は、1か月ごとに発行される月刊誌でした。しかし、1950年からは、2か月に1回発行される隔月刊誌に変更されました。また、1960年代には、一時的に休刊となりましたが、1964年に復刊しました。復刊後は、季刊誌として発行され、現在もその形式を維持しています。 「小説推理」の編集長を歴任した人物には、江戸川乱歩、横溝正史、松本清張など、推理小説界の巨匠が名を連ねています。また、「小説推理」には、多くの新人作家が作品を発表しており、推理小説界の発展に大きく貢献してきました。「小説推理」には、推理小説の特集記事や評論、対談などの記事が掲載されています。また、毎号、複数の短編小説が掲載されており、読者はさまざまな作家の作品を楽しむことができます。「小説推理」は、推理小説ファンにとって、欠かせない雑誌です。
作品名

本の窓とは?

本の窓の概要 本の窓とは、本の表紙に印刷された透明な窓のことです。この窓を通して、本の内容の一部を見ることができます。本の窓は、読者が本の中身を確認して購入するかどうかの判断を下すのに役立ちます。また、本の内容をアピールして、読者の興味を引く役割も果たしています。 本の窓は、1950年代にアメリカで初めて登場しました。その後、世界中に広まり、今では多くの本に採用されています。本の窓のサイズは、本の大きさや形状によって異なりますが、一般的には縦10cm、横15cm程度の大きさです。本の窓には、透明なプラスチックやアクリルなどが使用されています。 本の窓には、様々なメリットがあります。まず、読者が本の中身を確認して購入するかどうかの判断を下すのに役立ちます。書店で本を選ぶとき、読者は本の表紙だけを見て購入するかどうかの判断を下す必要があります。しかし、本の窓があれば、本の内容の一部を確認することができ、購入するかどうかの判断を下しやすくなります。 また、本の窓は本の内容をアピールして、読者の興味を引く役割も果たしています。書店には、多くの本が並んでいます。読者は、その中から自分が興味のある本を見つける必要があります。本の窓があれば、読者は本の内容の一部を確認することができ、自分が興味のある本を見つけやすくなります。 さらに、本の窓は本の装丁を美しくする効果もあります。本の表紙に透明な窓があると、本の内容が透けて見えて、本の装丁がより美しくなります。そのため、本の窓は多くの本に採用されています。
作品名

月刊少年チャンピオンを徹底解説!

「月刊少年チャンピオンを徹底解説!」 創刊から現在までの歴史 月刊少年チャンピオンは、1969年10月に秋田書店によって創刊された日本の月刊少年漫画雑誌です。1968年に『週刊少年チャンピオン』の増刊として創刊され、1970年に月刊化されました。創刊当初は『週刊少年チャンピオン』の増刊号として、「週刊少年チャンピオン増刊 Monthly Champ」という誌名で刊行されていたが、1970年4月号(通巻19号)から『月刊少年チャンピオン』に改題され、独立創刊となった。 創刊当初は、『週刊少年チャンピオン』の増刊号として「週刊少年チャンピオン増刊 Monthly Champ」という誌名で刊行されていたが、1970年4月号(通巻19号)から『月刊少年チャンピオン』に改題され、独立創刊となった。 1970年代から1980年代にかけては、『ドカベン』『あしたのジョー』『巨人の星』『美味しんぼ』など、数々の人気作品を連載し、発行部数を伸ばしていきました。1990年代以降も、『SLAM DUNK』『HUNTER×HUNTER』『ベルセルク』『鋼の錬金術師』など、人気作品を連載し続けています。 2000年代以降は、電子書籍への対応や、海外展開にも力を入れています。2010年には、電子書籍版の配信を開始し、2012年には、台湾での刊行を開始しました。2016年には、中国での刊行を開始しました。 月刊少年チャンピオンは、創刊から50年以上経った現在でも、人気を維持している少年漫画雑誌です。これからも、多くの読者に愛される作品を連載し続けていくことでしょう。
モノの名前

バドミントンマガジンの特徴と魅力

バドミントンマガジンとは? バドミントンマガジンは、バドミントンに関する情報や記事が掲載されている雑誌です。最新ニュースや大会速報、試合分析、選手インタビュー、用具紹介など、バドミントンのあらゆる情報を網羅しています。また、バドミントンの歴史や文化、ルールやテクニックなどについても詳しく解説しています。バドミントンを愛する人にとって、バドミントンマガジンは欠かせない情報源として人気があります。 バドミントンマガジンが人気の理由は、その情報量の多さと正確さです。バドミントンの最新情報をいち早く掲載し、大会の速報や試合分析は専門的な視点から解説しています。また、選手インタビューや用具紹介など、バドミントンファンにとって興味深い記事も掲載しています。さらに、バドミントンの歴史や文化、ルールやテクニックなどについても詳しく解説しており、バドミントンのことを深く知りたい人にもおすすめです。 バドミントンマガジンは、バドミントンの情報や記事が掲載されている雑誌です。最新ニュースや大会速報、試合分析、選手インタビュー、用具紹介など、バドミントンのあらゆる情報を網羅しています。また、バドミントンの歴史や文化、ルールやテクニックなどについても詳しく解説しています。バドミントンのことをもっと知りたい人、バドミントンの技術を向上させたい人にとって、バドミントンマガジンはおすすめです。
モノの名前

カミオン:トラックのすべてが分かる自動車雑誌

-カミオンの歴史と進化- カミオンは、私たちが生活の中で当たり前のように利用するあらゆる物を、ある場所から別の場所へ運ぶために不可欠な存在です。その歴史は、人類が物を運ぶ必要性を感じたときから始まります。 古代エジプトでは、木製の台車を牛やロバに引かせて、物資を運搬していました。これが、カミオンの原型と言われています。その後、古代ローマでは、より大きな荷物を運ぶために馬車が使われるようになり、中世ヨーロッパでは、荷物を積載するための箱型の荷車が開発されました。 18世紀になると、蒸気機関が開発され、蒸気機関車を動力源とするトラックが誕生します。これは、トラックの歴史における大きな転換点となりました。蒸気機関車のトラックは、それまでの馬車や荷車に比べてはるかに強力で、より多くの荷物を運搬することができました。 19世紀後半になると、内燃機関が開発され、ガソリンを動力源とするトラックが登場します。これは、トラックの歴史におけるもう一つの大きな転換点となりました。ガソリンエンジンを搭載したトラックは、蒸気機関車のトラックよりもはるかに軽量で、より高速で、より経済的でした。 20世紀になると、トラックはさらに進化を遂げ、様々な種類のカミオンが開発されました。例えば、大型のコンテナを運搬するためのトレーラートラック、建設現場で資材を運搬するためのダンプトラック、食品を運搬するための冷凍トラックなどが開発されました。 今日、カミオンは私たちの生活の中でなくてはならない存在となっています。あらゆる物を、ある場所から別の場所へ運ぶために不可欠な存在であり、経済活動の基盤を支えています。
モノの名前

「ゆうゆう」は私の生活に欠かせない情報誌

「ゆうゆう」のターゲット読者層は50代以上の女性です。この雑誌は、人生の折り返し地点に立った女性たちに向けて、健康、美容、ファッション、旅行、グルメなど、幅広い情報を提供しています。また、読者からの投稿や座談会など、読者参加型の企画も多く、読者同士の交流の場となっています。 「ゆうゆう」は、1980年に創刊された雑誌で、現在では発行部数100万部を超える人気誌となっています。読者層は50代以上の女性が中心ですが、40代や60代以上の女性にも読まれています。また、男性読者も一定数おり、夫婦や親子で一緒に読むケースも見られます。 「ゆうゆう」は、読者にとって、単なる情報誌ではなく、人生の伴走者のような存在です。読者は「ゆうゆう」を通して、自分の人生をより豊かに、より楽しく過ごすためのヒントを得ています。
モノの名前

モノ・トレンド雑誌「MonoMax」について

「MonoMax」とは? 「MonoMax」は、2006年に創刊された、男性向けのモノ・トレンド雑誌です。モノ・トレンド雑誌とは、最新のモノやトレンドをメインに取り上げる雑誌のことです。「MonoMax」は、ファッション、ガジェット、グルメ、アウトドアなど、男性が興味を持ちそうな幅広いジャンルの情報を掲載しています。また、「MonoMax」は、物欲を刺激するような写真や、読みやすい文章が特徴で、男性読者からの人気を集めています。近年では、モノ・トレンド雑誌のカテゴリーで、トップクラスの部数を誇る雑誌として知られています。
モノの名前

日経トップリーダーを徹底解説!

日経トップリーダーとは、日経ビジネスが毎年発表しているランキングで、日本企業の経営者の中から、その年の最も優れた経営者を選出したものです。このランキングは、経営者の経営手腕や企業の業績、社会貢献度などを総合的に評価して選定されます。 日経トップリーダーに選ばれると、その経営者の知名度や評価が高まり、企業の業績にもプラスの影響を与えると言われています。また、日経トップリーダーに選ばれた経営者は、他の経営者や社会から注目を集め、その経営手腕や企業の経営戦略が広く知られるようになります。 日経トップリーダーの選考基準は、明確に公表されていませんが、経営者の経営手腕や企業の業績、社会貢献度などを総合的に評価して選定されるものと考えられます。しかし、日経トップリーダーに選ばれる経営者の多くは、企業の業績を大幅に改善したり、新しい事業分野を切り拓いたり、社会に大きな貢献をした人物であることが多いです。
未分類

「家庭画報」の魅力を徹底解説

「家庭画報」とは? 「家庭画報」は、1925年に創刊された、女性向け総合ライフスタイル誌です。主婦層を主なターゲットとしており、毎号、ファッション、美容、グルメ、インテリア、旅行、カルチャーなど、女性が興味を持つ幅広い情報を掲載しています。また、「家庭画報」は、その美しいビジュアルにも定評があり、毎号、豪華な写真やイラストが満載です。 「家庭画報」の創刊は、女性解放運動の高まりを受けてのことでした。当時、女性は、男性に比べて社会的地位が低く、家庭での役割に限定されていました。「家庭画報」は、そんな女性たちに、新しい生き方や価値観を提案することを目的として創刊されました。 創刊以来、「家庭画報」は、女性たちの憧れと支持を集め、現在では、日本で最も人気のある雑誌のひとつとなっています。毎号、約100万部が発行されており、読者は、主に主婦層ですが、若い女性や男性読者も増えています。
作品名

小説NONとは?

株式会社祥伝社の文芸誌 株式会社祥伝社は、1955年に創業した日本の出版社です。小説、ノンフィクション、ビジネス書、児童書など幅広いジャンルの書籍を出版しています。その中でも、文芸誌は祥伝社の重要な柱の一つとなっています。 祥伝社が発行する文芸誌として最も有名なのは、1958年に創刊された「小説NON」です。「小説NON」は、純文学、大衆文学、エンターテインメント小説など、あらゆるジャンルの小説を掲載する総合文芸誌です。芥川賞や直木賞を受賞した作家も数多く輩出しており、日本の文壇を代表する文芸誌の一つとされています。 「小説NON」の他にも、祥伝社は「文芸カドカワ」「STORY BOX」「小説宝石」など、さまざまな文芸誌を発行しています。これらの文芸誌は、それぞれ独自のカラーを持ち、幅広い読者層に支持されています。 祥伝社の文芸誌は、日本の文壇に欠かせない存在となっています。これからも、多くの優れた小説を世に送り出し続けると期待されています。
モノの名前

アウトドアスタイルゴーアウトとは?

-雑誌の詳細- ゴーアウトは、アウトドアスタイルの情報やギアを紹介する雑誌です。毎月発行されており、価格は1,200円です。 ゴーアウトのターゲット読者は、20代から40代のアウトドア愛好家です。キャンプ、ハイキング、釣り、自転車など、さまざまなアウトドアアクティビティに関する情報を提供しています。また、アウトドアギアのレビューや、アウトドアの専門家によるコラムなども掲載しています。 ゴーアウトは、アウトドアスタイルの情報が満載の雑誌です。アウトドアアクティビティを始めるきっかけを探している人や、アウトドアの専門的な情報を求めている人におすすめです。
その他

「出版月報」とは何か?その役割や内容を解説

「出版月報」とは、国内で出版された出版物の情報を集めた月刊誌です。書籍、雑誌、コミック、電子書籍など、あらゆる出版物を対象としており、タイトル、著者、出版社、発売日、価格、ISBNコードなどが掲載されています。 「出版月報」は、出版業界で働く人にとって重要な情報源です。新刊情報をいち早く入手したり、出版動向を把握したりするのに役立ちます。また、図書館や書店などの公共施設でも利用されており、利用者が出版物について調べたり、購入したりするのに役立っています。 「出版月報」には、出版物の情報以外にも、出版業界に関する記事やコラムが掲載されています。出版業界の最新動向や、注目される作家や作品の紹介など、出版業界の情報を網羅しています。 「出版月報」は、1948年に創刊された歴史ある雑誌です。現在では、株式会社トーハンが発行しており、毎月1回、15日に発売されています。価格は1部1,800円(税込)です。
作品名

ジャンプスクエア特集

ジャンプスクエアの歴史と特徴 「ジャンプスクエア」は、集英社が発行する月刊の少年漫画雑誌です。2007年12月に創刊され、現在まで15年以上にわたって連載されています。 「ジャンプスクエア」の特徴は、少年ジャンプよりも少し上の年齢層をターゲットにしている点です。そのため、連載されている作品は、バトル漫画やスポーツ漫画よりも、ラブコメディやミステリー漫画が多くなっています。また、連載陣には、新人作家も多く起用されており、新しい才能の発掘にも力を入れています。 「ジャンプスクエア」は、創刊以来、人気作品を数多く輩出しています。代表的な作品としては、「僕のヒーローアカデミア」「約束のネバーランド」「呪術廻戦」などがあります。これらの作品は、アニメ化や映画化もされており、幅広い層から人気を集めています。 「ジャンプスクエア」は、少年ジャンプとは一味違ったテイストの作品が楽しめる雑誌です。少年ジャンプよりも少し上の年齢層の方におすすめの雑誌です。
モノの名前

ル・ボランを知ろう!

-ル・ボランの歴史- ル・ボランは、1949年にフランスのパリで設立されたファッションブランドです。創設者は、ロベール・ボランとシルヴィア・ボランの夫婦です。ロベール・ボランは、元々は画家でしたが、ファッションに興味を持ち、妻のシルヴィアと一緒にファッションブランドを立ち上げました。 ル・ボランは、当初は小さなブランドでしたが、すぐにそのユニークなデザインと高品質な素材で人気を集めました。1950年代には、フランスを代表するファッションブランドのひとつとなり、世界中にその名を知られるようになりました。 ル・ボランは、1960年代以降も、常に時代の最先端を行くデザインを発表し続け、世界中のファッション愛好家を魅了してきました。1980年代には、プレタポルテラインもスタートさせ、より多くの人々にル・ボランのファッションを楽しんでもらえるようになりました。 現在、ル・ボランは、世界中に店舗を展開するグローバルブランドとなっています。ル・ボランのファッションは、エレガントで洗練されたデザインが特徴で、世界中のセレブリティやファッションアイコンたちからも愛されています。