朝刊

モノの名前

山陽新聞とは?岡山県や広島県の情報なら山陽新聞。

- 山陽新聞の歴史と特徴 山陽新聞は、岡山県岡山市に本社を置く新聞社です。1879年(明治12年)に「中國毎日新聞」として創刊され、1892年(明治25年)に「山陽新報」に改題しました。1931年(昭和6年)には、現在の山陽新聞と改称されました。 山陽新聞は、岡山県と広島県を主な販売地域としており、両県のニュースや情報を幅広く報道しています。また、経済、スポーツ、文化など、さまざまな分野の記事を掲載しています。夕刊紙もあり、岡山県と広島県のローカルニュースや全国のニュースを詳報しています。 山陽新聞の特徴は、地元密着の報道に力を入れていることです。岡山県と広島県で起きた事件や事故、新しい店のオープンなど、生活に密着したニュースを積極的に掲載しています。また、両県の歴史や文化、自然など、地域の魅力を伝える記事にも力を入れています。 山陽新聞は、岡山県と広島県の新聞としては、読者数・発行部数ともにトップクラスを誇っています。両県民にとって、なくてはならない情報源となっています。
モノの名前

市民タイムスとは(販売地域と特徴)

株式会社市民タイムスの概要 株式会社市民タイムスは、東京都および神奈川県で発行する地方紙「市民タイムス」を発行している会社です。東京都に本社を置き、神奈川県には横浜支社、川崎支社、相模原支社、小田原支社を構えています。 市民タイムスは、1946年(昭和21年)に創刊されました。当初は東京都のみで発行されていましたが、1950年(昭和25年)に神奈川県にも発行エリアを拡大しました。現在では、東京都と神奈川県の全域に発行されています。 市民タイムスは、地域に密着したニュースを迅速かつ正確に報道することをモットーとしています。そのため、各支社に記者を配置して、地域ごとのニュースを収集しています。また、市民タイムスの記者は、地域のイベントや行事にも積極的に参加し、地域住民との交流を深めています。 市民タイムスは、地域住民にとってなくてはならない情報源となっています。地域の情報やニュースを掲載するだけでなく、地域住民の生活に役立つ情報や情報を提供しています。また、市民タイムスは、地域住民の意見を反映した紙面づくりを心がけており、地域住民の要望に応える記事を掲載しています。 市民タイムスは、地域住民の信頼を得て、発行部数を伸ばしています。現在では、東京都と神奈川県の全域で発行部数100万部を超える地方紙となっています。また、市民タイムスは、新聞社としては珍しく、インターネット事業にも力を入れており、自社のウェブサイトやSNSを運営しています。
モノの名前

産経エクスプレスの特徴と休刊の理由

産経エクスプレスの特徴 産経エクスプレスは、産経新聞社が発行していたスポーツ紙です。1954年11月1日に創刊され、2002年1月25日に休刊しました。 産経エクスプレスは、スポーツニュースを専門に扱っていました。また、芸能ニュースや政治・経済ニュースなど、幅広いジャンルのニュースを掲載していました。 産経エクスプレスは、日本のスポーツ紙の中では、比較的小部数でした。しかし、スポーツファンを中心に、根強い人気を持っていました。 産経エクスプレスは、夕刊紙として発行されていました。そのため、夕方に発売されることが多く、スポーツファンにとっては、重宝されていました。 産経エクスプレスは、休刊後も、産経新聞のスポーツ面で、その役割を引き継いでいます。
その他

「南日本新聞」について

-「南日本新聞」の歴史- 「南日本新聞」は1945年9月15日に創刊された鹿児島県で発行されている地方新聞です。創刊時の社名は「南日本民主新聞」でしたが、1951年に現在の「南日本新聞」に改称されました。 「南日本新聞」は、鹿児島県内や鹿児島県に本社を置く企業の情報だけでなく、全国、海外のニュースも報道しています。また、鹿児島県の歴史や文化に関する記事も数多く掲載しています。 「南日本新聞」は、鹿児島県内では読売新聞に次いで2番目の発行部数を誇り、鹿児島県民に広く読まれています。また、鹿児島県外でも沖縄県や宮崎県などで購読されています。 近年では、インターネットの普及に伴い、「南日本新聞」もオンライン版を配信しています。オンライン版では、紙面と同じ記事だけでなく、動画や写真、コラムなどのコンテンツも配信しています。 「南日本新聞」のライバル紙は、鹿児島県内では読売新聞、西日本新聞、朝日新聞、毎日新聞などがあります。また、沖縄県では琉球新報、宮崎県では宮崎日日新聞などがライバル紙として挙げられます。
その他

富山新聞について

富山新聞の歴史 富山新聞は、富山県で発行されている地方紙です。1882年(明治15年)に創刊され、現在まで140年以上の歴史を持っています。富山新聞は、富山県内のニュースや情報を中心に、国内外の出来事やスポーツ、文化、経済などの情報を幅広く報道しています。また、富山県内の企業や団体、人物などの情報を掲載した「富山の顔」というコーナーも人気があります。 富山新聞は、富山県内では圧倒的なシェアを誇る新聞社です。発行部数は約20万部で、富山県内の世帯の約7割が購読しています。富山新聞は、富山県民にとってなくてはならない情報源であり、県内の政治や経済、文化の発展に大きく貢献しています。 富山新聞は、創刊以来、県民に寄り添い、県政や社会の発展に貢献してきました。今後も、県民の生活に欠かせない新聞社であり続けるために、新聞の質の向上と、読者のニーズに応えた情報発信に努めていく方針です。
モノの名前

「大館新報」ってどんな新聞?

「大館新報」の創刊から休刊まで」 「大館新報」は、1887年(明治20年)11月1日に創刊された秋田県大館市に存在した地方紙である。大館新報社の発行により、創刊当初は週2回発行の新聞としてスタートし、1904年(明治37年)に日刊を達成した。創刊当時の「大館新報」は、政治や経済、社会問題などの記事が中心であったが、次第に文学作品や芸術作品も掲載されるようになり、大館の文化の発展に貢献することとなった。 1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、「大館新報」も戦時体制下での報道規制の影響を受け、記事の内容が制限されるようになった。1944年(昭和19年)には紙不足のため、ついに休刊を余儀なくされた。しかし、戦後の1945年(昭和20年)11月に復刊し、再び大館の地域情報を発信し続けた。 1960年代には、「大館新報」は秋田県の地方紙として堅調な経営を続けていたが、1970年代に入るとテレビやラジオの普及により、新聞離れが進むようになった。「大館新報」もその影響を受け、経営が厳しくなった。1980年代には、経営悪化に歯止めがかからず、ついに1989年(平成元年)10月31日に休刊することになった。 「大館新報」は、大館の地域情報を発信し、大館の文化の発展に貢献した新聞であった。休刊は、大館の市民にとって大きな損失であった。
その他

上越タイムスの歴史と特徴

上越タイムスの創刊と発展 上越タイムスは、1947年(昭和22年)11月1日に創刊された。創刊以来、上越地域を中心に、幅広い読者層に向けてニュースや情報を発信し続けている。上越タイムスの前身は、1919年(大正8年)に創刊された「上越毎日新聞」である。上越毎日新聞は、上越地域で発行されていた唯一の日刊新聞であったが、太平洋戦争中に廃刊となった。戦後、上越地域に新しい日刊新聞を創刊するために、有志による「上越新聞社」が設立された。上越新聞社は、1947年(昭和22年)11月1日に「上越タイムス」を創刊した。 上越タイムスは、創刊以来、上越地域を中心に、幅広い読者層に向けてニュースや情報を発信し続けている。上越タイムスは、地域に根ざした新聞として、地域の出来事や人々の暮らしに焦点を当てた記事を多く掲載している。上越タイムスは、県内外の主要ニュースやスポーツニュース、文化芸能ニュース、経済ニュースなども掲載している。上越タイムスは、上越地域で発行されている唯一の日刊新聞であるため、上越地域の住民にとって重要な情報源となっている。
モノの名前

十勝毎日新聞について

十勝毎日新聞の歴史 十勝毎日新聞の起源は、1904年に帯広市で発行された「帯広新報」までさかのぼります。当初は週刊紙として発行され、地域住民の間で人気を博しました。その後、1910年に「十勝毎日新聞」と改題され、日刊紙として発行されるようになりました。十勝毎日新聞は、地域のニュースや情報をタイムリーに報道し、高い信頼を得ていました。 1941年に太平洋戦争が勃発すると、日本の新聞も統制下に置かれ、十勝毎日新聞もその対象となりました。しかし、十勝毎日新聞は政府の統制に屈することなく、独自の報道姿勢を貫きました。その結果、1942年に当局から発行停止命令を受けました。戦争が終結した1945年に、十勝毎日新聞は復刊を果たしました。 戦後、十勝毎日新聞は地域社会の復興に貢献しました。十勝地方の酪農や農業の発展を支え、地域の文化やスポーツにも積極的に取り組んできました。十勝毎日新聞は、北海道の新聞業界を代表する有力紙として、今日までその役割を果たしています。
モノの名前

伊勢新聞について知りたい!

伊勢新聞の歴史と特徴 伊勢新聞は、三重県伊勢市に本社を置く地方紙。三重県全域と愛知県の一部を発行地域とする。1890年に伊勢新聞として創刊され、1942年に中日新聞と合併して中日伊勢新聞となる。その後、1959年に再び伊勢新聞として独立した。 伊勢新聞は、三重県内では中日新聞に次ぐ2番目の発行部数を誇る地方紙である。地域密着型の報道に力を入れており、三重県内のニュースや情報を幅広く掲載している。また、伊勢神宮の所在地である伊勢市に本社を置くことから、伊勢神宮のニュースにも力を入れている。 伊勢新聞は、中日新聞系列の新聞社であるが、中日新聞とは紙面が異なる。伊勢新聞は、三重県内のニュースや情報を重視した紙面構成となっている。また、伊勢新聞は、中日新聞よりも発行部数が少ないことから、紙面がよりコンパクトにまとめられている。 伊勢新聞は、三重県内の人々にとって欠かせない情報源である。三重県内のニュースや情報を幅広く掲載しており、地域密着型の報道に力を入れている。また、伊勢神宮の所在地である伊勢市に本社を置くことから、伊勢神宮のニュースにも力を入れている。
地名・ロケ地

新潟日報とは?

新潟日報の歴史 新潟日報は、新潟県で発行されている地方新聞です。1899年(明治32年)に創刊され、現在は新潟日報社が発行しています。新潟県内では最も読まれている新聞であり、新潟県民にとって欠かせない情報源となっています。 新潟日報は、創刊当初から新潟県民の生活に密着した報道を心がけてきました。県内のニュースはもちろん、全国や世界のニュースも幅広く取り上げています。また、新潟県内の文化やスポーツ、グルメなどに関する情報も充実しています。 新潟日報は、新潟県民の生活に欠かせない情報源であるだけでなく、新潟経済の発展にも大きく貢献しています。新潟日報の報道によって新潟県内の企業や商品が全国に知られるようになり、新潟経済が発展するきっかけとなりました。 新潟日報は、新潟県民に愛され続ける新聞であり、新潟経済の発展に欠かせない存在です。これからも新潟日報は、新潟県民の生活に密着した報道を続け、新潟経済の発展に貢献していきます。
モノの名前

高知新聞について

高知新聞の歴史は古く、1879年(明治12年)7月1日に創刊されました。当時は「土佐新聞」という名称でしたが、1942年(昭和17年)に「高知新聞」と改称されました。高知県内では最も発行部数の多い新聞であり、県民に親しまれています。 高知新聞は、創刊以来、県政や社会問題を積極的に取り上げてきました。また、県内の文化や芸術の振興にも努めており、毎年「高知新聞文化賞」を贈呈しています。さらに、県内のスポーツ振興にも貢献しており、毎年「高知新聞スポーツ賞」を贈呈しています。 高知新聞は、県民にとってなくてはならない情報源であり、県政や社会問題を監視する役割を果たしています。また、県内の文化や芸術、スポーツの振興にも努めており、県民の生活に欠かせない新聞となっています。
モノの名前

「宮古毎日新聞」の知られざる一面

「宮古毎日新聞」は、1948年に創刊された沖縄県宮古島を拠点とする地方新聞です。同紙は、沖縄県内の出来事や宮古島の地域情報を中心に報道しており、地元住民に幅広く読まれています。 「宮古毎日新聞」の歴史は、戦後の1948年に遡ります。当時、沖縄は米軍の統治下にあり、県内には新聞社がほとんどありませんでした。そんな中、宮古島出身のジャーナリストである當間重剛氏が「宮古毎日新聞」を創刊しました。同紙は、当初は週刊紙として発行されていましたが、1950年に日刊紙となりました。 「宮古毎日新聞」は、創刊以来、宮古島の地域情報を中心に報道してきました。同紙は、地元の政治、経済、文化、スポーツなど幅広い分野のニュースを報道しており、地元住民から高い支持を集めています。また、同紙は、沖縄県内の出来事や日本の国内外のニュースも積極的に報道しており、県民の重要な情報源となっています。 「宮古毎日新聞」は、沖縄県内の地方新聞としては最大規模の新聞社です。同紙は、宮古島だけでなく、沖縄本島や石垣島など県内の各地域に支局を置いており、県内のニュースをタイムリーに報道しています。また、同紙は、インターネット版も開設しており、県外や海外からも同紙のニュースを閲覧することができます。
その他

茨城新聞の魅力

茨城新聞の魅力は、茨城県のニュースを豊富に掲載していることです。茨城県は、関東地方の北東部に位置する県で、県庁所在地は水戸市です。茨城県には、筑波山や霞ヶ浦など、多くの観光スポットがあります。また、農業が盛んな県で、米や野菜などの生産量が多いです。 茨城新聞は、茨城県のニュースを豊富に掲載しているため、茨城県に住む人々にとって欠かせない情報源となっています。茨城新聞は、県内の政治や経済、社会問題など、幅広いテーマのニュースを掲載しています。また、茨城県の観光スポットやグルメ情報なども掲載しており、茨城県に住む人々にとって、生活に役立つ情報が満載です。 茨城新聞は、1892年(明治25年)に創刊された新聞で、茨城県で最も長い歴史を持つ新聞です。茨城新聞は、茨城県のニュースを伝えることに特化しており、茨城県に住む人々にとって、信頼のおける情報源となっています。茨城新聞は、茨城県に住む人々にとって、欠かせない情報源です。茨城県に住む人々は、茨城新聞を読むことで、茨城県の最新ニュースを知ることができます。また、茨城新聞には、茨城県に関するコラムや特集記事なども掲載されており、茨城県についてより深く知ることができます。
その他

日本海新聞:鳥取・島根・兵庫のローカルニュース

日本海新聞の歴史 日本海新聞は、鳥取県、島根県、兵庫県を主な販売エリアとする地方新聞です。日本海新聞社の発行により、鳥取県米子市と島根県松江市に本社を置き、鳥取、島根、兵庫の3県に12支社、42通信部を設けています。 日本海新聞の前身は、1909年(明治42年)に鳥取県米子市で創刊された「米子新聞」です。その後、1923年(大正12年)に「鳥取新報」と改題し、1942年(昭和17年)に「日本海民報」に統合されました。1959年(昭和34年)に「日本海新聞」と改題し、現在に至っています。 日本海新聞は、鳥取県、島根県、兵庫県の地域密着型の新聞として、地域のニュースや情報を幅広く報道しています。また、紙面では、地域の歴史や文化、自然に関する記事も充実しており、読者の支持を集めています。 近年では、インターネットの普及に伴い、日本海新聞もデジタル化を推進しています。2014年(平成26年)に、ニュースサイト「日本海新聞電子版」を開設し、2018年(平成30年)には、スマートフォン向けアプリ「日本海新聞アプリ」をリリースしました。 日本海新聞は、鳥取県、島根県、兵庫県の地域にとってなくてはならない新聞であり、これからも地域のニュースや情報を発信し続けていくことでしょう。
モノの名前

米沢新聞の歴史と特長

米沢新聞は、山形県米沢市で発行されている地方新聞です。1876年(明治9年)に創刊され、現在は株式会社米沢新聞社が発行しています。米沢新聞の歴史は、日本の新聞史においても重要な位置を占めており、その創刊と発展は、日本の新聞界の発展に大きな影響を与えました。 米沢新聞は、1876年(明治9年)に、米沢藩士であった佐藤信淵によって創刊されました。佐藤信淵は、日本の近代化を推進する思想家であり、米沢新聞を創刊した目的は、米沢藩の近代化を促進することであったといわれています。米沢新聞は、創刊当初から、米沢藩の近代化を推進する記事を多く掲載し、米沢藩の発展に貢献しました。 米沢新聞は、創刊から数年で、米沢藩内での発行部数を伸ばし、1881年(明治14年)には、山形県内全域に発行部数を拡大しました。米沢新聞は、山形県内初の県域新聞であり、山形県民の間に大きな影響力を持ちました。米沢新聞は、山形県の近代化を推進する記事を多く掲載し、山形県の発展に貢献しました。 米沢新聞は、1941年(昭和16年)に、戦時統合により、山形新聞と合併して、山形民報となりました。しかし、米沢新聞の伝統は、山形民報に引き継がれ、山形民報は、現在に至るまで、山形県内最大の地方新聞として発行されています。
モノの名前

「北羽新報」について

秋田県北部の新聞「北羽新報」は、秋田県北部エリアに発行されている地域紙です。秋田県内で発行されている新聞の中では、秋田魁新報、さきがけ新報に次いで3番目の発行部数を誇っています。 北羽新報は、1895年(明治28年)に、秋田県北部の有力者たちによって創刊されました。当初は、県北の政治や経済、文化に関する情報を中心に報道していましたが、徐々に県内全域のニュースを扱うようになりました。 現在では、秋田県北部の市町村や秋田市のニュースを主に報道しており、県外からのニュースは、共同通信社の配信を受けて掲載しています。また、北羽新報は、独自の記者を県内各支局に配置しており、県内全域のニュースをタイムリーに配信しています。 北羽新報は、秋田県北部の住民にとって、欠かせない情報源となっています。県北地方の最新ニュースや、県内外の話題などを掲載しており、県北地方の生活に役立つ情報を提供しています。また、北羽新報は、県北地方の文化や歴史に関する記事も掲載しており、県北地方の文化や歴史を学ぶのにも役立っています。
その他

北日本新聞について

株式会社北日本新聞社は、富山県、石川県、福井県をエリアとする地方新聞社です。1946年12月6日に創刊され、本社は富山県富山市一番町にあります。 北日本新聞社は、新聞事業を主体として、テレビ放送事業、ラジオ放送事業、印刷事業、不動産事業などを行っています。新聞事業では、富山県、石川県、福井県で朝刊と夕刊を発行しています。テレビ放送事業では、富山県、石川県、福井県にテレビ局を持ち、地元密着のニュースや情報を放送しています。ラジオ放送事業では、富山県、石川県、福井県にラジオ局を持ち、主に音楽番組や情報番組を放送しています。印刷事業では、新聞や書籍、雑誌などの印刷を行っています。不動産事業では、土地や建物の賃貸・売買を行っています。 北日本新聞社は、1946年の創刊以来、地域のニュースや情報を伝え続け、地域社会の発展に貢献してきました。今後も、地域に密着した報道と情報発信を続け、地域社会の発展に貢献していきます。
モノの名前

東奥日報とは何か?

-東奥日報の歴史- 東奥日報は、青森県で発行されている地方新聞です。1888年(明治21年)10月25日に「東北日報」として創刊され、1942年(昭和17年)10月1日に「東奥日報」に改題されました。本社は青森市にあり、青森県内全域をカバーしています。 東奥日報は、青森県で最も読まれている新聞であり、2021年(令和3年)3月期の発行部数は約21万部です。また、東奥日報は青森県内唯一の夕刊紙でもあり、夕刊の発行部数は約15万部です。 東奥日報は、青森県の県政や経済、文化などに関するニュースを幅広く報じています。また、東奥日報は青森県内のスポーツやイベントに関するニュースも積極的に報じており、青森県の県民に親しまれています。 東奥日報は、青森県を代表する新聞であり、青森県の県民の生活に欠かせない存在となっています。
その他

神戸新聞ってなに?

-神戸新聞の歴史- 神戸新聞は、1898年(明治31年)に神戸市で創刊された新聞社です。神戸市を中心に、兵庫県、淡路島、岡山県、広島県、香川県、徳島県、高知県をエリアとする地方新聞社である。神戸新聞社は、神戸新聞、神戸新聞NEXT、神戸っ子、ほっぺタウン、成年後見ナビ、KOBECCOなどの媒体を発行しています。 神戸新聞は、1898年(明治31年)4月1日に、神戸市内で創刊されました。創刊時の題号は「神戸毎日新聞」であり、1961年(昭和36年)に「神戸新聞」に改題されました。神戸新聞は、創刊以来、神戸市を中心に、兵庫県、淡路島、岡山県、広島県、香川県、徳島県、高知県をエリアとする地方新聞社として、地域に密着した報道と情報発信を行ってきました。 神戸新聞は、1971年(昭和46年)に、神戸市中央区に本社ビルを新築しました。この本社ビルは、地上20階、地下2階建ての鉄筋コンクリート造で、新聞社としては日本最大級の規模を誇り、新聞社として初めて「神戸市景観形成重要建築物」に指定されました。神戸新聞は、1995年(平成7年)に、神戸市灘区に、別館である「神戸新聞情報センター」を新築しました。
その他

「岩手日報」について

岩手日報の歴史は、1890 年 12 月 1 日に発行された岩手日報の創刊までさかのぼります。岩手日報は、岩手県盛岡市で発行されている日刊新聞であり、岩手県内最大の新聞社です。岩手日報は、地元のニュースや情報を中心に、国内外のニュースや経済、スポーツ、文化などの情報を幅広く掲載しています。また、岩手日報は、岩手県内の企業や団体が主催するイベントや催事の情報を掲載するなど、地域社会に密着した新聞として知られています。 岩手日報は、創刊以来 130 年以上の歴史の中で、数々の変遷を遂げてきました。1942 年には、太平洋戦争の影響で休刊を余儀なくされましたが、1945 年に復刊し、現在に至るまで発行を続けています。また、岩手日報は、1990 年代以降、インターネットの普及に伴い、オンラインでのニュース配信を開始しました。現在では、岩手日報のウェブサイトやスマートフォンアプリを通じて、いつでもどこでも岩手日報のニュースや情報を閲覧することができます。 岩手日報は、岩手県内における情報発信の拠点として重要な役割を果たしており、岩手県民の生活に欠かせない新聞として愛されています。岩手日報は、今後も岩手県内のニュースや情報をいち早く正確に報道し、地域社会に貢献し続けていくでしょう。
モノの名前

愛媛新聞の歴史と現在

愛媛新聞の誕生 愛媛新聞の歴史は、1876年(明治9年)11月6日に発行された「伊予新報」にさかのぼる。この新聞は、地元の名士である河野敏鎌によって創刊され、愛媛県下初の新聞であった。伊予新報は、その後「愛媛新報」と改称し、1886年(明治19年)には「愛媛新聞」と改題された。 愛媛新聞は、創刊以来、愛媛県民の生活に密着した報道を行ってきた。県政や経済、社会問題など、幅広い分野を報道し、県民の知る権利に貢献してきた。また、愛媛県内の文化や風土を伝える記事にも力を入れており、県民の郷土愛を育む役割を果たしてきた。 愛媛新聞は、現在でも愛媛県内最大の新聞社であり、県民の生活に欠かせない情報源となっている。新聞だけでなく、テレビやラジオ、インターネットなど、様々なメディアを通じて情報を発信しており、県民の生活を支えている。
その他

「盛岡タイムス」とは?その歴史と特徴

-「盛岡タイムス」の歴史- 「盛岡タイムス」は、岩手県盛岡市で発行されている地方新聞である。1892年(明治25年)に「岩手日日新聞」として創刊され、1942年(昭和17年)に「盛岡タイムス」と改題された。 「盛岡タイムス」は、岩手県内唯一の地方紙として、県政、経済、文化など、幅広い分野のニュースを報道している。また、岩手県の特産品や観光スポットなどの情報を発信し、県民の生活に密着した新聞として親しまれている。 「盛岡タイムス」は、1995年(平成7年)に岩手日報社と合併し、岩手日報社盛岡タイムス支社となった。しかし、2001年(平成13年)に岩手日報社から独立し、再び「盛岡タイムス」として発行されるようになった。 「盛岡タイムス」は、2022年(令和4年)現在、発行部数約8万部であり、岩手県内では岩手日報に次ぐ2位の発行部数となっている。
モノの名前

熊本日日新聞とは?歴史と特徴を紹介

熊本日日新聞の歴史は、1876年(明治9年)に熊本で創刊された「肥後新報」に始まります。肥後新報は、熊本県初の新聞であり、自由民権運動の拠点として活躍しました。1882年(明治15年)には「熊本日報」に改題され、1889年(明治22年)には「熊本日日新聞」に改称されました。 熊本日日新聞は、1890年(明治23年)に九州で最初に電信電話を利用した新聞となり、1895年(明治28年)には九州で初めて活版印刷機を導入しました。また、1901年(明治34年)には九州で初めて大阪朝日新聞と提携し、共同通信を配信するようになります。 熊本日日新聞は、1914年(大正3年)に株式会社組織となり、1921年(大正10年)には東京支局を開設しました。1931年(昭和6年)には、熊本市に新社屋を建設し、1942年(昭和17年)には、九州で初めて夕刊を創刊しました。 熊本日日新聞は、戦後も九州を代表する新聞社として発展を続け、1950年(昭和25年)には、熊本県全域に新聞を配達する態勢を整えました。1960年(昭和35年)には、熊本県阿蘇郡に阿蘇支局を開設し、1961年(昭和36年)には、熊本県八代郡に八代支局を開設しました。
その他

「津軽新報」の歴史と特徴

「津軽新報」の歴史 「津軽新報」は、1921年1月1日に創刊された青森県五所川原市の地方新聞です。1916年に五所川原町で「五所川原新聞」として創刊されたのが始まりで、1921年に「津軽新報」に改題されました。1941年には「津軽毎日新聞」に統合され、「津軽新報」は休刊となりましたが、1950年に復刊され、現在に至っています。 「津軽新報」は、青森県内では「東奥日報」に次ぐ読者数を誇る地方新聞です。五所川原市や南津軽郡、北津軽郡、中津軽郡などの中央・南部地域を主な発行エリアとしており、地域密着型の報道に定評があります。また、「津軽新報」は、青森県の観光や農業、漁業などの産業に関する記事にも力を入れており、県民の生活に密着した新聞として親しまれています。