本田技研工業

モノの名前

ベンリィCD125とは?ホンダのビジネス向けオートバイ

-ベンリィCD125の特徴と歴史- ベンリィCD125は、ホンダが製造するビジネス向けのオートバイです。1976年に発売され、現在も生産が継続されています。ベンリィCD125は、その頑丈な構造、低燃費、そしてメンテナンスの容易さから、ビジネスマンや配達員の間で人気があります。 ベンリィCD125の特徴の一つは、その頑丈な構造です。フレームはスチール製で、エンジンは空冷4ストロークOHC単気筒を採用しています。また、サスペンションは前輪がテレスコピックフォーク、後輪がツインショックを採用しています。この頑丈な構造により、ベンリィCD125は過酷な使用条件にも耐えることができます。 ベンリィCD125のもう一つの特徴は、その低燃費です。搭載されているエンジンは、124ccの排気量ながら、最高出力9.7馬力を発生します。また、燃費はリッターあたり約50kmと、非常に優れています。この低燃費により、ベンリィCD125はビジネスマンや配達員にとってコストを抑えた移動手段となっています。 最後に、ベンリィCD125はメンテナンスが容易です。エンジンはシンプルで、特別な工具を必要とせずにメンテナンスを行うことができます。また、パーツも入手しやすく、コストも比較的安価です。このメンテナンスの容易さにより、ベンリィCD125はビジネスマンや配達員にとって、メンテナンスの手間を軽減することができます。 ベンリィCD125は、その頑丈な構造、低燃費、そしてメンテナンスの容易さから、ビジネスマンや配達員の間で人気があります。1976年の発売以来、現在も生産が継続されており、その人気は衰えることなく続いています。
モノの名前

CBX750F ボルドールとは?

CBX750ボルドールの特徴 CBX750ボルドールは、1982年にホンダが発売した排気量747ccのオートバイです。CBXシリーズの最高峰モデルであり、最高出力100馬力を誇るDOHC4バルブDOHCエンジンを搭載しています。また、プロリンクトラクションシステムという独自のリアサスペンションを採用しており、高い運動性能を備えています。 ボルドールの最大の特徴は、その独特なスタイリングでしょう。力強く流れるようなボディラインは、見る者を圧倒します。また、フロントカウルやサイドカバーなどのパーツは、すべて専用設計されており、他のCBXシリーズとは一線を画す存在となっています。 ボルドールは、その性能やスタイリングから、多くのライダーから支持を集めました。発売から40年近く経った今でも、中古市場で高値で取引されています。 ボルドールの特徴をまとめると、以下の通りです。 ・排気量747ccのDOHC4バルブDOHCエンジンを搭載 ・最高出力100馬力を誇る ・プロリンクトラクションシステムという独自のリアサスペンションを採用 ・独特なスタイリング ・発売から40年近く経った今でも、中古市場で高値で取引されている
モノの名前

スペイシー125:ホンダが1987年に発売したスクーター

スペイシー125の概要 スペイシー125は、1987年にホンダが発売したスクーターである。125ccの空冷単気筒エンジンを搭載し、最高出力10馬力、最大トルク1.0kgf・mを発生する。トランスミッションは、無段変速機を採用している。車体は、パイプフレームを採用し、前輪には12インチ、後輪には10インチのタイヤを装着している。シート下には、30Lの大容量トランクを備えている。 スペイシー125は、その使い勝手の良さと経済性から、発売以来多くの人に愛されている。街乗りからツーリングまで、幅広い用途に使用できるスクーターである。また、燃費も良く、1回の給油で約400km走行することができる。 スペイシー125は、1990年にマイナーチェンジを受け、ヘッドライトが角型から丸型に変更された。1993年には、再びマイナーチェンジを受け、エンジンが水冷化された。このモデルは、1999年まで生産された。 スペイシー125は、現在では生産されていないが、中古市場では今でも人気がある。その使い勝手の良さと経済性から、多くの人に愛され続けているスクーターである。
モノの名前

ベンリィSL90 → ホンダのオフロードバイクの軌跡

ベンリィシリーズのオフロードモデル ベンリィシリーズのオフロードモデルは、1960年代後半から1970年代にかけて、ホンダが製造・販売していたオートバイのシリーズである。シリーズには、ベンリィSL90、ベンリィSL125、ベンリィSL175の3つのモデルがあった。 ベンリィSL90は、1967年に発売されたシリーズの最初のモデルであり、OHCエンジンを搭載した最初のオフロードバイクである。エンジン排気量は89ccで、最高出力は8.5馬力であった。ベンリィSL90は、その軽量でパワフルなエンジン、そして優れたハンドリング性能で人気を博し、多くのレーサーやオフロード愛好家たちが愛用した。 ベンリィSL125は、1969年に発売されたモデルで、ベンリィSL90よりも排気量の大きな124ccエンジンを搭載していた。最高出力は10馬力に上昇し、よりパワフルな走りを実現した。また、ベンリィSL125は、前輪にディスクブレーキを採用するなど、最新鋭の技術が搭載されていた。 ベンリィSL175は、1971年に発売されたモデルで、ベンリィSL90とベンリィSL125よりも排気量の大きな174ccエンジンを搭載していた。最高出力は14.5馬力に達し、シリーズの中で最もパワフルなモデルとなった。ベンリィSL175は、その優れた走破性とパワフルなエンジンで、多くのレーサーやオフロード愛好家たちに支持された。 ベンリィシリーズのオフロードモデルは、ホンダのオフロードバイクの歴史において重要なモデルである。これらのモデルは、その優れた性能と信頼性で、多くのレーサーやオフロード愛好家たちに愛された。また、これらのモデルは、後のホンダのオフロードバイクのデザインや技術に大きな影響を与えた。
モノの名前

CBX400Fインテグラの魅力と歴史

CBX400Fインテグラのスペックと特徴 CBX400Fインテグラは、1982年にホンダから発売されたオートバイです。4気筒エンジンを搭載したネイキッドバイクで、当時の最先端技術を駆使した斬新なデザインと高い性能を誇りました。 CBX400Fインテグラのスペックは以下の通りです。 * エンジン4気筒DOHC * 排気量400cc * 最高出力50ps/9,500rpm * 最大トルク3.8kgm/8,000rpm * 車重178kg * シート高780mm CBX400Fインテグラの特徴は以下の通りです。 * 4気筒エンジンを採用し、滑らかで力強い走りを実現。 * 角ばったデザインの燃料タンクやサイドカバーなど、斬新なスタイリング。 * デジタル式のメーターを採用し、当時としては最先端の装備。 * 前後輪にディスクブレーキを採用し、高い制動力を確保。 CBX400Fインテグラは、発売当時から高い人気を集め、多くのライダーに愛されました。そのスタイリッシュなデザインと高い性能は、現在でも多くのライダーを魅了し続けています。
モノの名前

ホンダ ビガーの歴史

ビガーの開発コンセプト ビガーは、1985年に本田技研工業が発売した中型の4ドアセダンである。アコードの上位車種として位置づけられ、当時のホンダ車のフラッグシップモデルでもあった。開発コンセプトは、「スポーティでエレガントな大人のためのセダン」であった。 ビガーは、それまでのホンダ車にはないスタイリッシュなデザインと、快適な乗り心地、そして優れた走行性能を兼ね備えたクルマだった。特に、そのスタイリッシュなデザインは、当時の若者に人気を博し、ビガーは一躍ヒット車となった。 ビガーは、1991年に生産終了となったが、その後も中古車市場で人気を維持している。特に、ビガーの最終モデルである「ビガーZX」は、現在でも中古車市場で高値で取引されている。 ビガーは、ホンダが初めて手がけた中型セダンであり、ホンダのフラッグシップモデルでもあった。スタイリッシュなデザインと快適な乗り心地、そして優れた走行性能を兼ね備えたクルマとして、現在でも中古車市場で人気を維持している。
モノの名前

「ATC70」:ホンダ初の3輪バギー

「ATC70」とは? 「ATC70」は、ホンダ初の3輪バギーとして1970年に発売された。発売当初は「ホンダ3輪バギー」と呼ばれていたが、後に「ATC70」と改名された。ATCとは、All Terrain Cycleの略で、あらゆる地形を走破できる自転車を意味する。 「ATC70」は、排気量72ccの空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し、チェーン駆動方式を採用していた。変速機は2速オートマチックで、最高速度は約50km/hだった。サスペンションはフロントがテレスコピックフォーク、リアがスイングアーム式だった。 「ATC70」は、その軽量さとコンパクトなボディで、山道や林道、河川敷などを走行するのに適していた。また、操作も簡単で、子供でも気軽に楽しむことができた。そのため、発売当初から人気を集め、ホンダのベストセラーモデルとなった。 1970年代後半には、ATV(All Terrain Vehicle)ブームが到来し、「ATC70」もその波に乗ってヒットを続けた。しかし、ATVは、その走行性能の高さ故に、事故が多発するようになった。そのため、1988年にATVの販売が禁止された。これに伴い、「ATC70」の生産も終了となった。
モノの名前

「ドリームSL350」とは?ホンダの歴史に残るバイクの魅力

ドリームSL350の魅力 ドリームSL350は、1964年に発売されたホンダのオンロードバイクです。350ccの4ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は30馬力、最大トルクは3.2kgf・mを発揮しました。最高速度は120km/h、燃費は30km/Lでした。車体はダイヤモンドフレームを採用し、フロントサスペンションはテレスコピック、リアサスペンションはスイングアーム式でした。フロントブレーキはシングルディスク、リアブレーキはドラム式でした。 ドリームSL350は、その美しいスタイリングと力強いエンジンで、当時大人気となりました。また、耐久性にも優れており、長距離ツーリングにも適していました。発売から50年以上経過した現在でも、多くのファンに愛され続けています。 ドリームSL350の魅力は、そのシンプルな構造と高い信頼性です。エンジンは空冷4ストローク単気筒で、メンテナンスが容易です。また、車体は軽くて取り回しが良く、足つき性も良好です。さらに、燃費も良く、長距離ツーリングにも最適です。 ドリームSL350は、まさに「ホンダの原点」とも言えるバイクです。質実剛健な作りと高い信頼性で、多くのライダーを魅了しました。現在でも、中古市場で人気が高く、多くのファンに愛され続けています。
モノの名前

ホンダXL400Rの魅力を徹底解説

XL400Rとは、1982年にホンダが発売したデュアルパーパスモデルのオートバイです。オフロード走行とオンロード走行の両方に対応する多用途性を持ち、当時のオフロードブームに乗って人気を博しました。XL400Rの特徴は、まずその軽量でコンパクトな車体です。乾燥重量はわずか134kgで、取り回し性に優れています。また、リアサスペンションにモノショックを採用し、路面追従性を高めています。エンジンは400ccの空冷4ストローク単気筒で、最高出力は35馬力。高回転域まで気持ちよく吹け上がるエンジンは、オフロード走行でもオンロード走行でもライダーに楽しさを与えてくれます。 XL400Rは、その多用途性と乗りやすさから、幅広い層のライダーに愛されました。特に、オフロード走行を始めたばかりの初心者にとっては、扱いやすく頼りになる一台として人気がありました。また、長距離ツーリングや林道ツーリングにも適しており、多くのライダーに愛用されました。XL400Rは、1989年に生産終了となりましたが、現在でも多くのファンに愛され続けている名車です。
モノの名前

「GB500ツーリストトロフィー」:懐かしの名車徹底解説

GB500ツーリストトロフィーとは? GB500ツーリストトロフィーは、1989年にホンダから発売されたロードスポーツタイプのオートバイです。1950年代のマン島TTレースで活躍したレーシングマシンの「RC142」をモチーフとしたレトロなデザインが特徴で、空冷4ストロークDOHC2バルブ単気筒エンジンを搭載し、最高出力は45PS、最大トルクは4.0kgf・mを発生します。 また、前輪にはインナーチューブ径41mmのテレスコピックサスペンション、後輪にはスイングアームとツインショックを採用し、ブレーキは前後ともシングルディスクとなっています。このモデルは、1990年に生産終了となりましたが、そのクラシックなスタイルと乗りやすさから、現在でも多くのファンに愛されています。
モノの名前

ベンリィ90Sの魅力と特徴

-ベンリィ90Sの基本情報と諸元- ベンリィ90Sは、ホンダが1964年から1969年にかけて製造・販売していた小型自動二輪車である。1962年に発売されたベンリィ50Sの後継車種として開発され、当時の日本国内においては小型二輪車のベストセラーモデルとなった。 ベンリィ90Sの基本的なスペックは以下の通りである。 * エンジン形式空冷4ストロークOHC単気筒 * 排気量89cc * 最高出力9.0ps/8,500rpm * 最大トルク0.88kg-m/7,000rpm * 車重78kg * 燃費30km/L(実測値) * 最高速度95km/h(実測値) ベンリィ90Sの特徴としては、まずその軽量コンパクトな車体が挙げられる。車両重量は78kgと軽量で、取り回し性に優れていた。また、全長は1,800mmとコンパクトで、狭い路地でも走行しやすかった。 また、ベンリィ90Sは燃費に優れていたことも特徴の一つである。実測燃費は30km/L前後で、当時の二輪車としてはトップクラスの燃費性能を誇っていた。 ベンリィ90Sは、その優れた走行性能と燃費性能、そして手頃な価格から、幅広い層に人気を博した。特に、通勤・通学や買い物などの日常使いに最適なバイクとして重宝された。 ベンリィ90Sは、1969年に後継車種であるベンリィ110Sにバトンタッチする形で生産終了となった。しかし、その高い人気から、現在でも中古市場で取引されている。
モノの名前

ジュリオとは?レトロな魅力満載の原付バイク

ジュリオ、デザインと特徴の解説 ジュリオは1965年にイタリアで生産が開始された原付バイクです。実用性よりもスタイルを重視したデザインが特徴で、丸みのあるヘッドライトカバーやクロームメッキされたパーツがレトロな雰囲気を醸し出しています。エンジンは空冷2ストローク単気筒で、最高速度は60km/hほど。シートはシングルシートで、タンデム走行はできません。 ジュリオの大きな特徴の一つは、そのコンパクトなサイズです。全長はわずか1,500mm、重量は60kgほどと、小柄な人でも乗りやすい設計となっています。また、足つきの良いシートと、アップライトなハンドルポジションにより、長時間乗っても疲れにくいのも特徴です。 ジュリオは、そのレトロなデザインと実用的な性能で、現在でも多くのファンに愛されている原付バイクです。街乗りやツーリングなど、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。
モノの名前

ホンダ XL80S:特徴、性能、歴史

-XL80Sの基本情報- XL80Sは、1982年から1987年までホンダが製造販売した、空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載するデュアルパーパスオートバイである。80ccのエンジンを搭載し、比較的軽量な車体と、オフロードでの走行に適したサスペンションが特徴である。また、高速道路での走行も可能なように、6速トランスミッションを採用している。 XL80Sは、オフロードでの走行性能を重視したモデルであり、前後18インチのホイールと、ロングストロークのサスペンションを採用している。また、比較的軽量な車体であり、取り回し性に優れている。また、エンジンは低回転域からトルクを発揮するため、オフロードでの走行に適している。 XL80Sは、オフロードでの走行性能を重視したモデルであるが、高速道路での走行も可能なように、6速トランスミッションを採用している。また、フロントブレーキはディスクブレーキを採用しており、制動力に優れている。
モノの名前

エポ→ スズキの原動機付自転車

エポの歴史と開発 スズキの原動機付自転車「エポ」は、1970年代初頭に開発され、1972年に発売されました。エポは、当時の原動機付自転車としては画期的なモデルであり、その斬新なデザインと革新的な技術で一躍人気車種となりました。 エポの開発は、1960年代後半にスズキが進めていた新世代の原動機付自転車の開発プロジェクトから始まりました。このプロジェクトでは、従来の原動機付自転車よりも燃費がよく、走行音が静かで、排気ガスが少ない原動機付自転車の開発を目指していました。 開発チームは、エンジンの改良、軽量化、空力抵抗の低減など、さまざまな工夫を重ね、ついに1972年にエポを完成させました。エポは、2ストローク50ccエンジンを搭載し、最高速度は45km/hでした。また、エポは、当時の原動機付自転車としては珍しく、前後輪にサスペンションを装備していました。 エポは、その斬新なデザインと革新的な技術で、発売当初から人気を集めました。また、エポは、その優れた燃費と走行性能で、通勤や通学、買い物などの日常の足として広く利用されました。 エポは、1980年代後半まで生産され、累計販売台数は100万台を超えました。エポは、スズキの原動機付自転車の歴史を代表するモデルであり、その後の原動機付自転車の発展に大きな影響を与えました。
モノの名前

「Dio XR BAJA」の徹底解説!

ホンダDio XR BAJAとは? ホンダDio XR BAJAは、1985年にホンダが発売した、オフロードテイストの原付一種スクーターです。Dio XR BAJAは、1982年に発売されたDioの派生モデルで、Dioのフレームやエンジンを流用しつつ、オフロード走行を意識した装備が追加されています。 Dio XR BAJAの特徴は、まず、フロントフォークにロングストロークのサスペンションを採用し、リアサスペンションも強化することで、オフロードでの走行性を向上させている点です。また、フロントタイヤとリアタイヤをブロックパターンのタイヤに変更し、悪路でのグリップ力を高めています。 さらに、Dio XR BAJAは、Dioよりもアップライトなライディングポジションを採用しており、オフロード走行での操作性を向上させています。また、Dio XR BAJAには、フロントフェンダーやエンジンガードなど、オフロード走行時に車体を保護する装備が追加されています。 Dio XR BAJAは、オフロード走行を意識した装備を備えた、原付一種スクーターです。Dio XR BAJAは、オフロード走行を楽しみたい方におすすめのバイクです。
モノの名前

ドリーム50の魅力と歴史

スタイリッシュなデザイン ドリーム50は、そのスタイリッシュなデザインで多くのファンを獲得しました。丸みを帯びたボディと、流線型のフォルムは、まさに「ドリーム」の名にふさわしく、見る者を魅了します。また、燃料タンクやサイドカバーには、当時は珍しいグラフィックが施されており、若者を中心に人気を集めました。 ドリーム50のデザインは、当時としては非常に先進的でした。特に、シート下のエンジンを覆うカバーは、他のバイクには見られない斬新なデザインでした。また、フロントフォークやマフラーなども、細部にまでこだわったデザインとなっており、ドリーム50のスタイリッシュさを際立たせています。 スタイリッシュなデザインに加え、ドリーム50はカラーバリエーションも豊富でした。レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ブラックなど、全5色のカラーが用意されており、ユーザーは自分の好みに合ったカラーを選ぶことができました。このカラーバリエーションの豊富さも、ドリーム50の人気を後押しした要因の一つです。
モノの名前

ホンダ・Zの歴史を振り返る

- ホンダ・Z誕生の経緯 ホンダ・Zの誕生は、1969年に発売された初代モデルであるS30型まで遡る。当時は、日本国内でスポーツカーブームが起きており、ホンダもこのブームに乗り遅れまいと、スポーツカーの開発に着手した。 開発のきっかけとなったのは、1960年代後半にホンダがF1に参戦し、そこで得た技術を市販車にフィードバックしたいという考えがあった。また、当時のホンダ社長である本田宗一郎が、若手技術者たちに「世界に通用するスポーツカーを作れ」と指示したことも、ホンダ・Z誕生の大きな要因となった。 ホンダ・Zの開発には、当時のホンダの若手技術者たちが中心となって取り組んだ。彼らの中には、後にF1で活躍するエンジニアもおり、彼らの技術力と情熱がホンダ・Zの開発を支えた。 ホンダ・Zは、1969年に開催された東京モーターショーで初めて公開され、そのスタイリッシュなデザインと高性能なエンジンで大きな話題を呼んだ。そして、翌1970年に発売された初代S30型は、瞬く間にスポーツカーファンを魅了し、大ヒットモデルとなった。
モノの名前

ドリームCB450ってどんなオートバイ?

革新的なオートバイ、ドリームCB450 1965年にホンダが発売したドリームCB450は、オートバイの歴史上、最も革新的なモデルの一つとして知られています。その最大の特徴は、並列2気筒OHCエンジンです。このエンジンは、それまでのオートバイの主流であった単気筒エンジンよりもはるかに高性能で、最高速度は180km/h以上を誇っていました。また、CB450は、フロントにディスクブレーキを採用した最初のオートバイでもあります。ディスクブレーキは、それまでのドラムブレーキよりもはるかに制動力が強く、安全性が大幅に向上しました。 CB450は、その高性能と革新的な機能により、世界中で大ヒットしました。発売からわずか1年で10万台以上が販売され、ホンダのフラッグシップモデルとなりました。CB450は、その後のオートバイの発展に大きな影響を与え、現代のオートバイの基礎を築いたモデルと言っても過言ではありません。 CB450の革新的な点は、エンジンとブレーキだけではありません。そのスタイリングも、それまでのオートバイとは一線を画していました。流麗なボディラインと、丸みを帯びたヘッドライトが特徴的で、オートバイの美しさの基準を塗り替えました。CB450は、その革新的なデザインと性能により、多くのライダーを魅了し、オートバイの歴史にその名を刻みました。
モノの名前

ホンダVF750マグナの魅力

VF750マグナは、1982年4月にホンダから発売されたオートバイです。排気量748ccのV型4気筒エンジンを搭載し、最高出力90馬力、最大トルク7.2kgmを発生します。車体はダイヤモンドフレームを採用し、前輪は19インチ、後輪は17インチのタイヤを装備しています。 VF750マグナは、当時のホンダのフラッグシップモデルであるCB750FOURをベースに開発されました。CB750FOURは、1969年に発売され、その優れた性能とスタイリングで世界中のライダーを魅了しました。しかし、CB750FOURは4気筒エンジンを搭載しているため、車体が大きく重く、操縦性に難がありました。 そこで、ホンダはCB750FOURのエンジンをV型4気筒に変更し、車体を小型軽量化することで、操縦性を向上させました。また、シリンダーヘッドをDOHC化し、4バルブ化することで、エンジンの出力を向上させました。 VF750マグナは、その優れた性能とスタイリングで、発売当時から多くのライダーから支持されました。また、1983年には、アメリカのAMAスーパーバイク選手権で優勝するなど、その実力も証明しました。 VF750マグナは、ホンダのフラッグシップモデルとして、1985年まで生産されました。その間、1983年には、マイナーチェンジが実施され、エンジン出力の向上が図られました。また、1984年には、専用のサスペンションとブレーキを装備した「VF750マグナR」が追加されました。 VF750マグナは、現在でも多くのライダーから愛され続けています。その理由は、優れた性能とスタイリング、そしてホンダのフラッグシップモデルとしての貫禄にあります。
モノの名前

インテグラタイプRの歴史と魅力

インテグラタイプR誕生の背景 1985年にデビューしたインテグラは、そのスタイリッシュなボディとスポーティな走行性能で人気を博した。しかし、より速く、よりスポーティな車を望むユーザーの声が高まり、1995年にインテグラタイプRが誕生した。 インテグラタイプRは、インテグラのベースモデルをベースに、エンジン、足回り、ボディなどを強化したモデルだ。エンジンは、最高出力190ps/8000rpm、最大トルク18.0kgm/7300rpmを発生するVTECエンジンを搭載した。足回りは、より硬いスプリングとダンパーを採用し、ボディは、軽量化のためにアルミボンネットやドアを採用した。 インテグラタイプRは、その高性能とスタイリッシュなボディで多くのユーザーを魅了し、日本国内だけで約1万8000台が販売された。また、国内外のレースシーンでも活躍し、その名を轟かせた。 インテグラタイプRの誕生は、日本車のスポーツカーシーンに大きな影響を与えた。それまでのスポーツカーは、高価で維持費も高かったが、インテグラタイプRは、比較的安価で維持費も低く、誰でも気軽に楽しめるスポーツカーだった。
モノの名前

「CX500ターボ」とは何か?日本初のターボ搭載オートバイ

-CX500ターボの誕生- 1981年、ホンダは世界初のターボチャージャーを搭載したオートバイ「CX500ターボ」を発売した。CX500ターボは、当時としては画期的なオートバイであり、世界中のオートバイファンから大きな注目を集めた。 CX500ターボの誕生は、1970年代初頭に始まった。当時、ホンダは排ガス規制の強化に対応するために、オートバイのエンジンの効率を向上させる方法を模索していた。そんな中、ホンダのエンジニアは、ターボチャージャーをオートバイのエンジンに取り付ければエンジンの効率を向上させることができるのではないかと考えついた。 ホンダのエンジニアは、ターボチャージャーをオートバイのエンジンに取り付けるための研究開発を始めた。ターボチャージャーは、エンジンの排気ガスを利用してタービンを回転させ、そのタービンが圧縮空気をエンジンのシリンダーに送り込む仕組みになっている。この圧縮空気をエンジンのシリンダーに送り込むことで、エンジンの出力とトルクを向上させることができる。 ホンダのエンジニアは、ターボチャージャーをオートバイのエンジンに取り付けるための課題を一つ一つ解決していった。そして1981年、ついにCX500ターボを発売した。CX500ターボは、世界初のターボチャージャーを搭載したオートバイであり、世界中のオートバイファンから大きな注目を集めた。
モノの名前

ホンダNV400カスタムの特徴と魅力

アメリカンバイクとしての特徴 ホンダNV400カスタムは、アメリカンバイクの特徴をうまく取り入れています。まず、その車体は低く、シート高も低いため、足つき性が抜群です。これは、初心者でも安心して運転することができます。また、ハンドルは幅広で、ライディングポジションはアップライトなため、長時間運転していても疲れにくいです。さらに、エンジンは低回転域から力強いトルクを発揮するため、街乗りから高速道路まで、幅広いシーンで活躍してくれます。 また、ホンダNV400カスタムは、アメリカンバイクらしいデザインにもこだわっています。クロームメッキが施されたエンジンやマフラー、スポークホイールなど、随所にアメリカンバイクらしいエッセンスが盛り込まれています。また、カラーリングには、ブラックやブルーなど、アメリカンバイクらしいシックなカラーが用意されています。 ホンダNV400カスタムは、アメリカンバイクの特徴をうまく取り入れた、初心者にも優しい一台です。その乗りやすさとデザイン性は、アメリカンバイクファンはもちろん、バイク初心者にもおすすめです。
モノの名前

アコードクーペ:ホンダの忘れられた名車

アコードクーペは、1976年にホンダが発売したクーペ型の乗用車です。アコードセダンの姉妹車として開発され、スタイリッシュなデザインとスポーティな走りが特徴でした。 アコードクーペは、1985年まで生産され、日本国内では43,000台が販売されました。海外市場でも販売され、特にアメリカ合衆国では人気が高く、累計販売台数は約40万台に上っています。 アコードクーペは、1985年に生産終了となりましたが、2013年に復活しました。復活したアコードクーペは、アコードセダンをベースに開発され、スタイリッシュなデザインとスポーティな走りはそのままに、最新の技術を搭載していました。 復活したアコードクーペは、日本国内では販売されず、海外市場のみで販売されました。アメリカ合衆国では、2017年まで販売されました。 アコードクーペは、スタイリッシュなデザインとスポーティな走りが特徴の、ホンダの忘れられない名車です。その復活は、多くのファンを喜ばせました。
モノの名前

ホンダ「スティードVSE」の思い出

アメリカンバイクの象徴 アメリカンバイクの象徴として知られるホンダ「スティードVSE」は、1988年に発売された。その重厚な車体と、大排気量V型エンジンが特徴のアメリカンバイクであり、発売以来多くのライダーを魅了してきた。 スティードVSEは、アメリカンバイクの象徴として君臨し続けている。その理由の一つは、そのクラシカルなデザインである。スティードVSEは、1950年代のアメリカンバイクを彷彿とさせるデザインとなっており、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している。また、スティードVSEは、その大排気量V型エンジンが特徴である。スティードVSEのV型エンジンは、低回転域からトルクフルなパワーを発揮し、力強い走りを可能にする。さらに、スティードVSEは、その高い信頼性も特徴である。スティードVSEは、長距離ツーリングにも適しており、多くのライダーから愛されている。 スティードVSEは、アメリカンバイクの象徴として君臨し続けている。そのクラシカルなデザイン、大排気量V型エンジン、そして高い信頼性により、多くのライダーから愛されている。