東京メトロ

施設名・ロケ地

地下鉄博物館の妖精「まるちゃん」の魅力

-まるちゃんの誕生- まるちゃんは、2019年に地下鉄博物館の公式キャラクターとして誕生しました。誕生のきっかけは、地下鉄博物館の職員たちが、より多くの人々に地下鉄の歴史や文化を知ってもらうために、親しみやすいキャラクターが必要であると感じたことにあります。 まるちゃんは、地下鉄をイメージした青色の体に、大きな頭とつぶらな瞳が特徴的なキャラクターです。性別は不明ですが、年齢は2019年4月現在で1歳です。好きな食べ物は、地下鉄沿線にある様々な駅弁で、趣味は地下鉄に乗ることです。 まるちゃんは、誕生以来、地下鉄博物館のイベントやキャンペーンに積極的に参加してきました。また、地下鉄沿線の自治体や企業とコラボレーションして、様々な企画を行っています。その可愛らしい姿と親しみやすい性格で、多くの人々に愛されています。 まるちゃんは、地下鉄博物館の妖精として、これからも地下鉄の歴史や文化を多くの人々に伝えていくために活躍していく予定です。
モノの名前

「メトポン」について

メトポンの誕生とコンセプト メトポンは、2023年に日本で生まれた新しいSNSです。そのコンセプトは、人々が自分の「メソッド」を共有し、他のユーザーからフィードバックを得ることで、自分のスキルや知識を向上させることです。メソッドとは、目標を達成するための手順やプロセスであり、メトポンでは、ユーザーが自分の専門分野でのメソッドを投稿することができます。 メトポンは、ユーザーが自分のメソッドを共有し、他のユーザーからフィードバックを得ることで、自分のスキルや知識を向上させることができるSNSです。メトポンでは、ユーザーが自分の専門分野でのメソッドを投稿することができます。また、他のユーザーのメソッドを閲覧したり、コメントをしたりすることもできます。メトポンは、自分のスキルや知識を向上させたい人にとって、とても便利なSNSです。
モノの名前

ぎんちゃん物語:東京メトロ銀座線から抜け出した妖精

ぎんちゃんの誕生秘話 ぎんちゃんは、東京メトロ銀座線の駅ホームに住み着いた猫として有名です。その愛くるしい姿と人懐っこい性格で、多くの人々の心を癒してきました。しかし、ぎんちゃんがどのようにして銀座線のホームにたどり着いたのか、その誕生秘話はあまり知られていません。 ぎんちゃんは、2004年3月18日に、東京メトロ銀座線の渋谷駅ホームで保護されました。当時はまだ生後2ヶ月ほどの小さな子猫でした。保護されたぎんちゃんは、渋谷駅構内の交番に連れて行かれ、そこで警察官たちによって大切に育てられました。 ぎんちゃんは、警察官たちに可愛がられてすくすくと育ち、やがて渋谷駅ホームのアイドル的存在になりました。乗客たちは、ぎんちゃんに会うために渋谷駅ホームを訪れ、ぎんちゃんは乗客たちを笑顔にする存在となりました。 ぎんちゃんは、2017年8月22日に13歳で亡くなりました。その死は、多くの人々に惜しまれました。ぎんちゃんは、東京メトロ銀座線のホームで人々を癒し続けた妖精のような猫でした。ぎんちゃんの誕生秘話は、そんな妖精のような猫の命の始まりを物語っています。
施設名・ロケ地

「METRO’S」について

「METRO’S」とは何か 「METRO’S」とは、現代美術を盛り上げるべく2014年にスタートした、東京・銀座にあるギャラリーです。ギャラリーという名称ですが、単なる展示場としての機能にとどまらず、若手アーティストを支援する目的で様々なサポートを行っています。 「METRO’S」は、若手アーティストの作品を展示する展覧会を定期的に開催しており、その中には、後に国内外で活躍するようになったアーティストも少なくありません。また、ギャラリースペースの一部を貸し出して、若手アーティストがアトリエとして利用できるようにしたり、アーティスト向けのワークショップやセミナーを開催したりするなど、アーティストの創作活動をサポートする仕組みも充実しています。 「METRO’S」は、若手アーティストを支援するだけでなく、現代美術をより多くの人に知ってもらうための普及活動にも力を入れています。ギャラリーでは、展覧会に合わせてアーティストトークやギャラリートークを開催しており、また、現代美術に関する書籍やカタログを出版したり、現代美術に関する講演会やシンポジウムを開催したりするなど、現代美術の理解を深めるための取り組みも積極的に行っています。 「METRO’S」は、若手アーティストの支援と現代美術の普及活動に特化したギャラリーとして、現代美術の発展に貢献しています。
施設名・ロケ地

「合歓の広場」から「日比谷ゴジラスクエア」へ

「合歓の広場」の歴史 日比谷公園の「合歓の広場」は、日比谷公園の中心部に位置する広場です。元々は公園の一部でしたが、1967年に東宝が寄付金を出して「ゴジラ像」を設置したことから「ゴジラ広場」と呼ばれるようになりました。 この像は、1954年に公開された映画「ゴジラ」の公開に合わせて制作され、当初は日比谷公園に仮設で設置されました。しかし、映画が大ヒットしたことから日比谷公園に常設されることになり、1967年7月23日に除幕式が行われました。 ゴジラ像の設置後は、公園のシンボルとして親しまれるようになりました。2007年には、東宝が寄付金を出して像を修復し、新たに「合歓の広場」という名称が付けられました。像の周辺には花壇が整備され、ベンチも設置されているので、休憩や待ち合わせ場所として利用されているようです。
その他

東京メトロニュース

-無料マガジンの魅力- 電車の移動時間を有効活用したり、ちょっとした暇つぶしに役立つ無料マガジン。現在では、様々な種類の無料マガジンが東京のいたるところで配布されており、通勤や通学の合間に気軽に楽しむことができます。その魅力は、何と言っても無料であるということ。書店やコンビニで購入する必要がないため、気軽に手に取ることができるのがポイントです。また、無料マガジンには、その地域の最新のニュースやイベント情報、お得なクーポンなど、さまざまな情報が掲載されています。また、お金が掛からないので、気軽に読むことができます。さらに、無料マガジンは、様々な場所で見つけることができます。コンビニや駅、公共施設など、さまざまな場所に無料で置いてあります。そのため、見つけやすく、読むことができるのも魅力です。
その他

MetRO MIN.:東京の若者向け無料情報誌

概要 MetRO MIN. は、東京の若者向けに発行されている無料情報誌で、東京で暮らす若者を中心に、東京の最新のトピックやトレンド、そしてお役立ち情報などを、さまざまな切り口で紹介しています。 また、情報誌の配布エリアは、都内主要駅、商業施設、飲食店、カフェなど、都内主要駅、商業施設、飲食店、カフェなど、若者が多く集まるエリアを中心に展開しています。 なお、情報誌の購読者数は、毎月約5万人を超え、地元の若者の間で大変好評を博しています。
モノの名前

「東京フリーきっぷ」で東京を満喫!

-東京フリーきっぷの特徴と利用方法- 東京フリーきっぷは、東京とその周辺を走る電車やバスのほとんどが2日間乗り放題になる大変お得なきっぷです。東京観光に来た際にはぜひ活用したい乗車券です。 東京フリーきっぷは、東京の主要な駅や空港で購入することができます。利用できる路線は、JR、東京メトロ、都営地下鉄、東急電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、京成電鉄、西武鉄道、東武鉄道などです。また、都営バス、日野市営バス、西東京市コミュニティバス、多摩市コミュニティバスも利用することができます。 東京フリーきっぷの料金は、大人1人3,570円、子供1人1,780円です。きっぷの有効期間は、購入日から2日間です。 東京フリーきっぷを購入したら、電車やバスを利用する際に駅員や運転手に提示してください。きっぷを提示すれば、そのまま乗車することができます。 東京フリーきっぷは、東京観光にとても便利な乗車券です。東京を効率よく観光したい方にはぜひおすすめです。
モノの名前

エチカちゃんコレクション

エチカちゃんの誕生 エチカちゃんは、2013年にJR東日本が制作した広告キャンペーン「エチカの鏡」のキャラクターです。エチカちゃんは、JR東日本が運営する駅ビル「エチカ」のイメージキャラクターとして誕生しました。エチカちゃんの名前は、「エチカ」と「ちゃん」を組み合わせたものです。エチカちゃんは、JR東日本が運営する駅ビル「エチカ」のイメージキャラクターとして、2013年3月15日に誕生しました。エチカちゃんの誕生日は、JR東日本が運営する駅ビル「エチカ」の開業日と同じです。エチカちゃんは、JR東日本が運営する駅ビル「エチカ」のイメージキャラクターとして、さまざまな広告に登場しています。エチカちゃんは、JR東日本が運営する駅ビル「エチカ」のイメージキャラクターとして、人々に親しまれています。