東京都目黒区

施設名・ロケ地

碑文谷公園の魅力を徹底解説!

碑文谷公園の歴史と概要 碑文谷公園は、東京都目黒区碑文谷にある都立公園です。面積は18.23ヘクタールで、 園内には、日本庭園、バラ園、児童遊園地、スポーツ広場、野外ステージ、バーベキュー広場、テニスコート、野球場など、さまざまな施設が整備されています。 碑文谷公園の歴史は古く、江戸時代には、紀伊徳川家の下屋敷として利用されていました。その後、明治維新により、政府の所有となり、1932年に、碑文谷公園として開園しました。 碑文谷公園は、目黒区のなかでも、緑豊かな公園として知られており、多くの人々が憩いの場として利用しています。また、園内には、国の天然記念物に指定されている、ケヤキの大木や、碑文谷八幡神社など、貴重な史跡や自然が残されています。
施設名・ロケ地

千本桜ホールの魅力を探る

千本桜ホールの歴史と特徴 千本桜ホールは、東京都港区にある多目的ホールです。1997年に開館し、以来、コンサートや演劇、講演会など、さまざまなイベントが開催されています。ホールは、1,800席のメインホールと、500席のサブホールで構成されています。メインホールは、音響効果に優れた設計となっており、クラシック音楽やオペラなどの公演に適しています。サブホールは、小規模なイベントや会議などに適した空間となっています。 千本桜ホールの最大の特徴は、そのロケーションです。ホールは、緑豊かな千鳥ヶ淵公園に隣接しており、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。特に、春には桜が咲き誇り、ホール周辺は花見スポットとして賑わいます。また、ホールは、東京メトロ千代田線「九段下駅」から徒歩5分の場所にあり、アクセスも良好です。 千本桜ホールは、その優れた音響効果とロケーションのよさで、多くのアーティストやイベント主催者から高く評価されています。今後も、さまざまなイベントが開催される予定で、地域文化の発信拠点として重要な役割を果たし続けるでしょう。
施設名・ロケ地

東欧史研究会について

東欧史研究会とは 東欧史研究会は、1972年に設立された東欧史の研究・交流を目的とした学術団体である。会員は、大学教員、研究者、大学院生、学部生など、東欧史に関心を持つ研究者や学生を中心に構成されている。研究会の活動内容は、年次大会の開催、研究紀要の発行、研究会ホームページの運営などである。年次大会は、毎年5月に開催され、東欧史に関する研究発表や討論が行われる。研究紀要は、年1回発行され、東欧史に関する研究論文や書評が掲載されている。研究会ホームページは、東欧史研究会の活動内容や研究紀要のバックナンバーなどを掲載している。
施設名・ロケ地

中目黒公園の魅力と楽しみ方

中目黒公園の歴史と概要 中目黒公園は、東京都目黒区中目黒にある都立公園です。1984年(昭和59年)4月1日に開園しました。面積は9.4ヘクタールで、中目黒駅、恵比寿駅、代官山駅の近くに位置しています。 中目黒公園は、もともと目黒川に沿った低湿地帯でした。江戸時代には、この地は水田や畑として利用されていました。明治時代になると、この辺りは東京市に編入され、宅地化が進みました。しかし、1923年(大正12年)の関東大震災で、この地は大きな被害を受けました。 関東大震災の後、この地は復興事業の一環として整備されました。1932年(昭和7年)には、目黒川が暗渠化され、その跡地に中目黒公園が整備されました。中目黒公園は、開園当初は「中目黒公園緑地」と呼ばれていましたが、1965年(昭和40年)に「中目黒公園」と改称されました。 中目黒公園は、開園以来、多くの人々に親しまれてきました。園内には、桜、梅、ツツジなどの花木が植えられており、四季折々の花を楽しむことができます。また、園内には、池や噴水、遊具などもあり、親子連れで楽しめる公園となっています。
施設名・ロケ地

ウェスティンホテル東京の魅力

-恵比寿ガーデンとの眺望とアクセス- ウェスティンホテル東京は、恵比寿ガーデンという緑豊かな公園に隣接しています。恵比寿ガーデンは、四季折々の花が咲き誇る美しい公園で、散歩やピクニックを楽しむのに最適な場所です。また、ウェスティンホテル東京の客室からは、恵比寿ガーデンの景色を一望することができます。 ウェスティンホテル東京は、恵比寿駅から徒歩3分の場所に位置しており、アクセスも良好です。恵比寿駅は、JR山手線、埼京線、東京メトロ日比谷線の3路線が乗り入れており、都内各地へのアクセスが可能です。また、ウェスティンホテル東京には、無料のシャトルバスも運行しており、恵比寿駅からホテルまで楽に移動することができます。
施設名・ロケ地

アースフレンズ東京Zのすべて!

アースフレンズ東京Zは、東京都品川区をホームタウンとするバスケットボールクラブです。B3リーグに所属しており、2022-23シーズンは優勝を果たし、B2リーグへの昇格を決めました。 チームの歴史は、2013年に遡ります。東京都品川区に、バスケットボールを通じて地域に貢献することを目指すクラブチームとして設立されました。当初は、東京都3部リーグからスタートし、翌年には東京都2部リーグに昇格しました。2017年には、東京都1部リーグに昇格し、2018年には関東実業団バスケットボールリーグに昇格しました。 2019年には、B3リーグに加盟しました。B3リーグでは、初年度から優勝争いに絡み、2020-21シーズンには、レギュラーシーズンを4位で終え、プレーオフに進出しました。プレーオフでは、準決勝でライジングゼファー福岡に敗れましたが、3位決定戦で信州ブレイブウォリアーズを破り、3位となりました。 2021-22シーズンは、レギュラーシーズンを2位で終え、プレーオフに進出しました。プレーオフでは、準決勝で青森ワッツに敗れましたが、3位決定戦で西宮ストークスを破り、3位となりました。 2022-23シーズンは、レギュラーシーズンを1位で終え、プレーオフに進出しました。プレーオフでは、準決勝で青森ワッツに勝利し、決勝で西宮ストークスを破り、優勝を果たしました。優勝により、B2リーグへの昇格を決めました。 チームの躍進を支えているのは、選手とスタッフの努力です。選手は、全員がバスケットボールに対して情熱を持っており、日々努力を重ねています。スタッフも、選手を支えるために、献身的に働いています。 チームの目標は、B2リーグで優勝し、B1リーグに昇格することです。また、地域に根ざしたクラブチームとして、バスケットボールを通じて地域に貢献することも目指しています。
施設名・ロケ地

西郷従道邸の移築と重要文化財指定の歴史

明治の軍人・政治家、西郷従道 西郷従道は、鹿児島県出身の明治時代の軍人、政治家です。維新の十傑の一人であり、西南戦争では政府軍の司令官として活躍しました。また、初代陸軍卿、初代海軍卿、初代参謀総長、初代内務卿などを歴任し、日本の近代化に大きく貢献しました。 西郷従道は、1828年(文政11年)に鹿児島県で生まれました。15歳のときに京都に出て、尊王攘夷運動に参加しました。1868年(慶応4年)に明治維新が起きると、政府軍に加わり、戊辰戦争で活躍しました。西南戦争では、政府軍の司令官として、西郷隆盛率いる薩摩軍と戦いました。薩摩軍は敗北し、西郷隆盛は自刃しました。 西南戦争後、西郷従道は初代陸軍卿に任命されました。その後、初代海軍卿、初代参謀総長、初代内務卿などを歴任しました。また、明治22年(1889年)には、初代内閣総理大臣に就任しました。西郷従道は、日本の近代化に大きく貢献し、明治の元勲の一人として知られています。 西郷従道の邸宅は、東京都台東区上野公園内に移築されています。この邸宅は、明治28年(1895年)に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。邸宅内には、西郷従道に関する資料や遺品が展示されています。
施設名・ロケ地

「尊経閣文庫」の魅力!歴史と所蔵資料を紹介

「尊経閣文庫」は、京都市中京区にある京都大学附属図書館の史料庫です。1897年(明治30年)に設立され、漢籍を中心に約120万冊の資料を所蔵しています。そのうち、約10万冊は貴重書に指定されており、国宝や重要文化財に指定されている資料も数多くあります。 「尊経閣文庫」の歴史は、1602年(慶長7年)に徳川家康が江戸城内に設立した「紅葉山文庫」に始まります。紅葉山文庫は、8代将軍徳川吉宗の命により、1731年(享保16年)に現在の「尊経閣文庫」の場所に移転されました。その後、1868年(明治元年)に明治政府に接収され、1897年(明治30年)に京都帝国大学附属図書館の一部門として開館しました。 「尊経閣文庫」の所蔵資料は、中国の古典籍を中心に、朝鮮や日本の古書、洋書なども含まれています。漢籍の分野では、唐代の写本や宋代の版本など、貴重な資料を多く所蔵しています。また、朝鮮の古書では、李朝の正史や実録、日本の古書では、平安時代の写本や鎌倉時代の版本など、貴重な資料を数多く所蔵しています。
施設名・ロケ地

自由が丘スイーツフォレストの魅力

- 自由が丘スイーツフォレストとは? 自由が丘スイーツフォレストは、東京都目黒区緑が丘にある、洋菓子店やカフェなど、スイーツをテーマにした店舗が入居する商業施設です。2003年4月26日にオープンしました。 自由が丘スイーツフォレストは、4階建ての建物で、1階には洋菓子店やパン屋、2階にはカフェやレストラン、3階には雑貨屋や服飾店、4階にはイベントスペースがあります。 自由が丘スイーツフォレストは、その名の通り、スイーツをテーマにした商業施設で、さまざまな種類の洋菓子やケーキ、パン、チョコレートなどが販売されています。また、カフェやレストランでは、スイーツと一緒にコーヒーや紅茶を楽しむことができます。 自由が丘スイーツフォレストは、スイーツ好きにはたまらないスポットで、休日は多くの人で賑わっています。スイーツだけでなく、雑貨や服飾などのショッピングも楽しむことができます。
施設名・ロケ地

めぐろパーシモンホール 魅力再発見

品格溢れる外観と開放感あふれるロビー めぐろパーシモンホールは、目黒区にあるコンサートホールです。1997年に開館し、以来、クラシック音楽から現代音楽まで幅広いジャンルのコンサートが行われてきました。 建物の外観は、重厚で品格のある雰囲気を醸し出しています。入り口には大きなガラス窓があり、ロビーの中の様子をうかがうことができます。ロビーは広々として開放感があり、木製の床と壁が温かみのある空間を作り出しています。ロビーにはソファや椅子が置かれており、コンサートの前後にゆっくりと過ごすことができます。 また、ロビーには売店や喫茶店があり、飲み物や軽食を購入することができます。コンサートのプログラムやアーティストのCDなども販売されています。 めぐろパーシモンホールは、品格溢れる外観と開放感あふれるロビーを備えた、魅力的なコンサートホールです。コンサートを聴きながら、優雅なひとときを過ごすことができるでしょう。
地名・ロケ地

東京都立駒場高等学校とは

-東京都立駒場高等学校の歴史- 東京都立駒場高等学校は、1940年(昭和15年)に創立された東京都立高等学校である。設立開校には、戦時下における高等教育の充実と、東京大学への進学を希望する学生の増大に対応するという目的があった。 1940年(昭和15年)に、東京府立第一中学校の敷地内に東京府立駒場高等学校として開校した。1943年(昭和18年)には、東京府立第二神戸中学校の敷地内に東京府立第二駒場高等学校として分校が設置された。1945年(昭和20年)には、東京府立駒場高等学校と東京府立第二駒場高等学校が統合され、東京都立駒場高等学校となった。 1950年(昭和25年)には、東京都立駒場高等学校第一分校、第二分校、第三分校の3つの分校が設置された。その後、1968年(昭和43年)、第一分校が東京都立駒場東高等学校として独立し、1969年(昭和44年)、第二分校が東京都立駒場明峰高等学校として独立した。また、第三分校は1971年(昭和46年)に東京都立駒場野高等学校として独立した。 1973年(昭和48年)には、東京都立駒場高等学校の敷地内に東京都立駒場高等学校定時制課程が設置された。1984年(昭和59年)には、東京都立駒場高等学校の敷地内に東京都立駒場高等学校通信制課程が設置された。 2010年(平成22年)には、東京都立駒場高等学校の敷地内に東京都立駒場高等学校特別支援学校が設置された。2018年(平成30年)には、東京都立駒場高等学校の敷地内に東京都立駒場高等学校附属中学校が設置された。 東京都立駒場高等学校は、創立以来、多くの優秀な人材を輩出しており、進学校として高い評価を得ている。また、東京都立駒場高等学校は、多くの部活動が盛んであり、全国大会に出場する部活動もある。
その他

「防衛法学会」とは?

「防衛法学会」の概要 「防衛法学会」は、1961年に設立された「防衛法学会」という名の学術団体です。日本国内の防衛に関する法律や政策を研究する専門家が集まり、防衛に関する法的問題について議論したり、情報を交換したりしています。防衛法学会の主な活動は、年次大会やシンポジウムの開催、学術雑誌の発行、図書の出版などです。年次大会では、防衛に関する最新の研究成果を発表したり、防衛に関する政策について議論したりしています。シンポジウムでは、防衛に関する特定のテーマについて、専門家が講演したり、パネルディスカッションを行ったりしています。学術雑誌では、防衛に関する研究論文や書評などを掲載しています。図書では、防衛に関する基礎的な知識を解説したテキストや、防衛に関する政策を分析した研究書などを出版しています。