東京都

施設名・ロケ地

六本木自由劇場について

六本木自由劇場とは 六本木自由劇場は、東京都港区六本木に所在する劇場である。1990年10月にオープンし、2008年3月に閉館するまで、国内外の優れた舞台芸術作品を上演してきた。 六本木自由劇場は、株式会社六本木自由劇場によって運営されていた。同社は、1988年に設立され、六本木自由劇場の建設・運営を目的としていた。六本木自由劇場の閉館後、同社は解散した。 六本木自由劇場は、総座席数1,200席の劇場で、舞台の広さはおよそ20メートル四方であった。劇場内には、オーケストラピットや、舞台装置を格納するためのスペースなどが設けられていた。 六本木自由劇場は、国内外の優れた舞台芸術作品を上演する劇場として知られていた。同劇場では、野田秀樹氏や平田オリザ氏など、日本の著名な劇作家の作品が上演されていた。また、海外の劇作家の作品も上演され、その中には、シェイクスピアや、モリエール、チェホフなどの作品が含まれていた。
地名・ロケ地

「時の鐘通り」の魅力を再発見!

時の鐘通りは、埼玉県川越市にある石畳の商店街です。川越駅から徒歩5分ほど、喜多院の境内に隣接しています。江戸時代には中山道と川越街道が交わる交通の要衝として栄えていました。現在は、観光客に人気のスポットで、和菓子屋やカフェ、雑貨店など、さまざまなお店が軒を連ねています。 時の鐘通りは、全長約400メートルで、石畳が敷かれています。両側の建物は、江戸時代の商家や蔵を再現したものが多く、レトロな雰囲気を醸し出しています。通りの中央には、国の重要文化財に指定されている時の鐘があります。時の鐘は、毎朝6時、12時、3時、6時、9時に鳴らされます。時の鐘の音色は、川越の街に響き渡り、人々の生活に親しまれています。
地名・ロケ地

東京都西多摩郡奥多摩町に鎮座する「川苔山」の魅力に迫る

川苔山の山容と自然美は、登山や自然観察を楽しむ人々に人気のスポットです。標高1,961mの川苔山は、奥多摩の主峰であり、山頂からは、奥多摩の山々や関東平野を一望することができます。また、川苔山周辺には、多くのハイキングコースが整備されており、季節ごとに美しい花々や紅葉を楽しむことができます。 川苔山の魅力のひとつは、その山容です。山頂は、なだらかな曲線を描く優美な稜線をしており、奥多摩の山々の中でもひときわ目を引きます。また、川苔山周辺には、多くの沢が流れ、その沢沿いには、美しい滝や淵が点在しています。これらの沢は、夏になると、川遊びを楽しむ人々でにぎわいます。 川苔山のもうひとつの魅力は、その自然美です。川苔山周辺には、多くの森林が広がっており、その中には、ブナやミズナラなどの原生林も残されています。また、川苔山には、多くの高山植物が生息しており、その花々を目当てに、多くの登山者が訪れます。
モノの名前

「お多福大根」の「奥深さ」を知る!

「お多福大根」の歴史 お多福大根は、愛知県が主な産地である、カブの一種です。その歴史は古く、江戸時代から栽培されていたとされています。当時のお多福大根は、現在のものよりも小ぶりで、形もいびつなものが多かったようです。しかし、明治時代以降に品種改良が行われ、現在の丸くて大きなお多福大根が誕生しました。 お多福大根は、その見た目の可愛らしさと、甘みのある食べやすい味わいで、江戸時代から人々に愛されてきました。特に煮物や漬物にすると、その美味しさが引き立ちます。最近では、サラダや炒め物など、様々な料理に使われるようになりました。
地名・ロケ地

「花見坂」の魅力を徹底解説

「花見坂」の歴史と由来 花見坂は、古くから続く桜の名所で、平安時代から花見の名所として知られていました。平安貴族は、花見坂で花見をすることを楽しみにしており、花見坂は貴族の社交場としての役割も果たしていました。平安時代後期には、花見坂に茶屋が建ち始め、花見客でにぎわうようになりました。 室町時代になると、花見坂はさらに人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。この頃、花見坂には多くの桜が植えられ、花見坂は桜のトンネルのようになりました。戦国時代になると、花見坂は戦乱の影響で荒廃してしまいましたが、江戸時代になると、花見坂は再び人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。 江戸時代後期には、花見坂で桜の花を売る商人が現れ、花見客でにぎわうようになりました。また、この頃、花見坂には多くの文化人が訪れるようになり、花見坂は文化人の社交場としての役割も果たしました。明治時代になると、花見坂は公園として整備され、花見客でにぎわうようになりました。 大正時代には、花見坂に桜のライトアップが行われるようになり、花見客でにぎわうようになりました。昭和時代には、花見坂に桜のトンネルが作られ、花見客でにぎわうようになりました。平成時代になると、花見坂は桜の名所としてさらに人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。
地名・ロケ地

国立公園・伊豆大島ジオパーク

国立公園「伊豆大島ジオパーク」は、東京都大島町にある国立公園です。ここは、噴火の歴史が色濃く残り、地質学的に貴重な地域として知られています。また、伊豆大島ジオパークは、火山と海洋、地質や動植物など、多様な自然が織りなす美しい景観を楽しめる場所でもあります。 伊豆大島ジオパークは、伊豆諸島南部にある伊豆大島を中心とした地域を指します。この地域は、伊豆大島をはじめ、利島、新島、式根島、神津島などの島々で構成されており、総面積は約400平方キロメートルです。伊豆大島ジオパークは、2011年にユネスコ世界ジオパークに認定されました。ユネスコ世界ジオパークとは、地質学的に貴重で、教育的、文化的、生態学的に重要な地域を認定する制度です。伊豆大島ジオパークは、現在、世界ジオパークに認定されている日本の5つの地域の一つです。
施設名・ロケ地

アリオ西新井徹底ガイド!アクセス・店舗・イベント情報

アリオ西新井とは? アリオ西新井は、東京メトロ千代田線西新井駅から直結する大型ショッピングモールです。2005年4月20日に開業し、約130の専門店が入居しています。ファッション、雑貨、飲食、エンターテイメントなど、幅広いジャンルの店舗が揃っており、家族連れや若者など幅広い層に人気があります。 アリオ西新井は、西新井エリアのランドマーク的な存在となっており、地域住民の憩いの場として親しまれています。また、近隣には、西新井大師や、西新井公園など、観光スポットも多数あり、訪れる観光客も多いです。 アリオ西新井は、アクセスも良く、車の場合は、首都高速6号三郷線西新井インターチェンジからすぐです。公共交通機関の場合は、東京メトロ千代田線西新井駅から徒歩すぐで、東武伊勢崎線西新井駅からも徒歩圏内です。 アリオ西新井では、定期的にイベントやキャンペーンを開催しており、いつも何かしら楽しいことが起こっています。また、館内には、映画館やゲームセンター、キッズスペースなど、家族連れで楽しめる施設も充実しています。 アリオ西新井は、西新井エリアで買い物や食事、映画鑑賞など、様々な楽しみ方ができる大型ショッピングモールです。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

「とうかん堀通り」の歴史と魅力

「とうかん堀通り」の歴史を辿る 「とうかん堀通り」は、江戸時代初期の寛永年間(1624年~1644年)に整備された堀割である。当時は、現在の東京駅から日本橋までを結ぶ水路として利用され、物資の輸送や人の移動に重要な役割を果たしていた。堀割沿いには、商家や蔵屋敷が立ち並び、江戸の経済の中心地として栄えていた。 明治時代以降、鉄道や道路の発達により、堀割の役割は低下したが、昭和初期には、堀割を埋め立てて公園にする計画が持ち上がった。しかし、地元住民の反対運動により計画は頓挫し、堀割は現在も残されている。 平成時代以降、「とうかん堀通り」は、観光スポットとして人気を集めている。堀割沿いには、昔ながらの商家や蔵屋敷が残り、江戸の情緒を感じることができる。また、堀割には、遊覧船が運行しており、堀割から江戸城や東京スカイツリーなどの名所を眺めることができる。
地名・ロケ地

カナリヤ坂の歴史と由来

カナリヤ坂の立地と周辺環境 カナリヤ坂は、東京都渋谷区にある坂道である。渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある。坂の入り口には、カナリヤ色の花が植えられており、それが坂の名前の由来となっている。カナリヤ坂は、全長約100メートルほどの短い坂道だが、渋谷の喧騒から離れた静かな場所にある。坂の途中には、小さな公園があり、休憩スポットとして人気である。また、坂沿いには、おしゃれなカフェやレストランが立ち並んでいる。カナリヤ坂は、渋谷の隠れ家的スポットとして知られ、多くの観光客が訪れる。
施設名・ロケ地

「東京スクールオブミュージック専門学校渋谷」について①

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷は、音楽分野に特化した専門学校です。 音楽業界で活躍するプロフェッショナルなミュージシャンや音楽プロデューサー、音楽エンジニアを育成することを目的としており、実践的なカリキュラムと充実した設備で学生の音楽スキルと知識を養成しています。 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷のカリキュラムは、音楽理論や演奏技術、音楽制作、音楽ビジネスなど、音楽業界で成功するために必要なスキルを幅広くカバーしています。また、少人数制のクラスで一人ひとりの学生に手厚い指導を行うことで、学生の理解を深め、音楽スキルを伸ばす環境を整えています。 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷の設備は、最新の音楽機材やレコーディングスタジオ、ライブハウスなど、音楽制作や演奏に必要なものがすべて揃っています。学生はこれらの設備を自由に使用することができ、実践的な経験を積むことができます。また、音楽業界の第一線で活躍する講師陣から直接指導を受けることで、プロとしての意識と技術を身につけることができます。
地名・ロケ地

トリトンブリッジの魅力

黎明橋とトリトンブリッジは、どちらも東京湾に架かる橋梁ですが、それぞれに異なる特徴を持っています。黎明橋は、1997年に開通した全長1,200mの橋梁で、中央部に主塔を設けた斜張橋です。特徴的なのは、橋の頂上部分に設置された展望台で、そこからは東京湾を一望することができます。 一方、トリトンブリッジは、2011年に開通した全長1,400mの橋梁で、主塔を設けないアーチ橋です。特徴的なのは、美しい曲線を描く橋の形状で、夜にはライトアップされて東京湾の夜景を彩ります。 黎明橋とトリトンブリッジは、どちらも東京湾の景観に欠かせない橋梁ですが、それぞれに異なる特徴を持っているため、それらを比較して見ることで、それぞれの魅力をより深く知ることができます。 黎明橋は、主塔を設けた斜張橋で、橋の頂上部分には展望台が設置されています。そこから見える東京湾の景色は絶景で、特に夜景はおすすめです。また、黎明橋は、東京湾に架かる橋梁としては比較的歴史が浅いため、橋の構造やデザインも比較的新しいです。 一方、トリトンブリッジは、主塔を設けないアーチ橋で、美しい曲線を描く橋の形状が特徴です。夜にはライトアップされて東京湾の夜景を彩り、とてもロマンチックな雰囲気になります。また、トリトンブリッジは、東京湾に架かる橋梁としては比較的歴史が古いですが、2011年に耐震補強工事が行われたため、橋の構造はしっかりしています。 黎明橋とトリトンブリッジは、どちらも東京湾の景観に欠かせない橋梁ですが、それぞれに異なる特徴を持っているため、それらを比較して見ることで、それぞれの魅力をより深く知ることができます。
モノの名前

ゆらっぴで金魚の魅力を再発見!

-ゆらっぴとは?- ゆらっぴとは、埼玉県加須市にある金魚博物館です。2015年に開館し、約100種類の金魚を展示しています。金魚の生態や歴史、品種などを学ぶことができ、金魚の飼育方法に関するアドバイスを受けることもできます。 ゆらっぴは、金魚の美しさと魅力を伝えることを目的としています。館内には、色鮮やかな金魚が泳ぐ水槽がずらりと並び、その様子を眺めているだけで癒されます。また、金魚に関するクイズやゲームコーナーもあり、金魚について楽しく学ぶことができます。 ゆらっぴは、金魚好きにはたまらないスポットです。金魚についてもっと知りたい方、金魚の美しさに触れたい方は、ぜひゆらっぴを訪れてみてください。
地名・ロケ地

野猿街道の魅力と観光スポット

-野猿街道の歴史と由来- 野猿街道は、長野県松本市と岐阜県高山市を結ぶ全長約30kmの街道です。江戸時代には、木曽谷と飛騨高山の間を行き来する人々が利用する重要な街道として栄えました。野猿街道という名前の由来は、この街道が、険しい山道で、猿でさえも通るのが難しいことから名付けられたと言われています。 野猿街道の歴史は古く、鎌倉時代にはすでに存在していたと考えられています。江戸時代になると、木曽谷と飛騨高山の間を行き来する人々がこの街道を利用するようになり、街道沿いには宿場町が整備されました。野猿街道は、江戸時代を通じて重要な街道として利用され続け、明治時代になると、松本と高山の間を結ぶ道路が開通したことで、街道としての役目を終えました。 現在は、野猿街道は、ハイキングコースとして人気を集めています。街道沿いには、美しい景色や歴史的な史跡がたくさんあり、ハイキングをしながら歴史を学ぶことができます。また、野猿街道は、自転車で走るのもおすすめです。街道沿いには、アップダウンが少なく、自転車で走りやすい道が続きます。
施設名・ロケ地

町田薬師池公園の魅力を大公開!

四季折々の花々を楽しむ 町田薬師池公園は、春から秋にかけて、様々な花を楽しむことができます。春の訪れを告げる梅や桜、初夏を彩る紫陽花、夏の暑さを和らげてくれる蓮の花など、季節ごとに表情を変える花々に出会うことができます。また、秋には紅葉が美しく、冬の寒さの中でも椿や山茶花など、冬の花が咲いています。 公園内には、花壇や花畑が整備されており、様々な花を楽しむことができます。また、散策路沿いにも花が植えられており、散歩をしながら花々を鑑賞することができます。また、毎年5月には「町田薬師池公園花のフェスティバル」が開催され、様々な花を楽しめます。
地名・ロケ地

「小曽木街道」の歴史と魅力

小曽木街道の歴史 小曽木街道は、東京都世田谷区と神奈川県川崎市を結ぶ、全長約10kmの古道です。鎌倉時代には、鎌倉と小曽木を結ぶ鎌倉街道の一部として整備され、旅人や商人が行き交う重要な道でした。江戸時代には、人々の生活を支える物資を運ぶのに使われ、多くの宿場町が栄えました。明治時代以降は、道路事情の改善とともに次第に衰退しましたが、近年では、歴史的景観を活かした観光スポットとして注目されています。 小曽木街道には、かつての旅人や商人が利用した宿場町が点在しています。代表的な宿場町として、世田谷区の等々力宿、川崎市の小曽木宿、宿河原宿などがあります。これらの宿場町には、街道沿いに古い建物が並び、当時の面影を残しています。また、小曽木街道沿いには、多くの寺社仏閣が建ち並んでいます。世田谷区の等々力不動尊、川崎市の小曽木八幡神社、宿河原八幡神社などがあります。これらの寺社仏閣は、地元の人々の信仰を集め、また、観光客にも人気のスポットとなっています。 小曽木街道は、歴史的な景観を活かした観光スポットとして注目されています。街道沿いには、かつての旅人や商人が利用した宿場町が点在し、多くの寺社仏閣も建ち並んでいます。また、小曽木街道は、世田谷区と川崎市を結ぶ重要な道路であり、現在でも多くの車が行き交っています。このような交通の要所であることから、小曽木街道は古くから人々が行き交う場所であり、その歴史には様々なドラマが秘められています。
地名・ロケ地

「北野街道」の歴史と魅力

「北野街道」の歴史 北野街道は、平安京から北野天満宮へとつながる街道であり、平安時代から存在していたと考えられています。鎌倉時代には、北野天満宮への参詣者が増加し、街道は整備されました。室町時代になると、北野街道は、北国と京都を結ぶ主要な街道となり、宿場町が整備されました。戦国時代になると、北野街道は、織田信長や豊臣秀吉の軍勢が通行した街道となり、交通量が増加しました。 江戸時代になると、北野街道は、西国と京都を結ぶ主要な街道となり、宿場町がさらに整備されました。また、街道沿いに、茶屋や旅籠などの施設が整備され、北野街道は、庶民の旅行や物資の輸送に欠かせない街道となりました。明治時代になると、北野街道は、鉄道の開通により、その役割を終えましたが、現在でも、一部の区間が残っており、当時の面影を偲ぶことができます。
モノの名前

江戸木版画の魅力と歴史

-江戸木版画とは- 江戸木版画とは、江戸時代(1603~1868年)に日本で作られた木版画のことです。木版画とは、木版に絵や文字を彫り、その木版に墨や絵の具を付けて紙に写し取る版画の一種です。ヨーロッパでは15世紀ごろから木版画が作られていましたが、日本に木版画が伝わったのは16世紀後半のことです。 最初の頃は仏教経典の挿絵や、浮世草子と呼ばれる小説の挿絵として木版画が作られていましたが、17世紀後半頃から浮世絵と呼ばれる一枚刷りの木版画が流行するようになりました。浮世絵は、庶民の生活や風俗、風景などを描いたもので、安価で手に入りやすいことから、庶民の間で広く親しまれました。 浮世絵は、当時の日本の文化や社会を知る上でも貴重な資料となっています。また、その芸術的な価値も高く、世界中で収集されています。
地名・ロケ地

雁木坂 – 歴史と魅力

雁木坂の歴史と由来 雁木坂の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたと言われています。この坂は、京都の清水寺と東山の知恩院を結ぶ重要な街道の一部として利用されていました。また、この坂は、清水寺に参拝する人々が通る道でもあったため、多くの旅人が行き来しました。 江戸時代になると、この坂は、清水寺に参拝する人々だけでなく、東山にある茶屋や料亭を訪れる人々も通るようになりました。このため、この坂は、ますます賑わいを見せていきました。 明治時代になると、この坂は、人力車や馬車などが通るようになりました。また、この坂には、多くの商店が軒を連ねるようになり、ますます賑やかになりました。 大正時代になると、この坂は、自動車が通るようになりました。また、この坂には、多くのアパートやマンションが建つようになり、ますます近代化していきました。 昭和時代になると、この坂は、バスやタクシーが通るようになりました。また、この坂には、多くのホテルや旅館が建つようになり、ますます観光地化していきました。 平成時代になると、この坂は、京都の観光スポットとして、多くの観光客が訪れるようになりました。また、この坂には、多くのカフェやレストランがオープンし、ますます賑わいを見せていきました。 令和時代になると、この坂は、京都の観光スポットとして、さらに多くの観光客が訪れるようになりました。また、この坂には、多くの新しいショップやアトラクションがオープンし、ますます魅力的なスポットとなっています。
施設名・ロケ地

六行会ホールとは

六行会ホールの歴史 六行会ホールは1927年(昭和2年)4月10日に、東京府京橋区(現在の東京都中央区八重洲)に開館した音楽ホールです。六行会とは、1921年(大正10年)に設立された、日本の演劇や音楽の振興を目的とした団体であり、ホールはその拠点として建設されました。 ホールは、鉄筋コンクリート造り地上4階、地下1階建てで、収容人数は1,000人でした。設計は、当時歌舞伎座の設計にも携わっていた建築家・岡田信一郎が担当しました。ホールは、西洋音楽のコンサートや演劇、舞踊などの公演に使用され、多くの著名なアーティストがここで公演を行いました。 しかし、1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲により、六行会ホールは焼失してしまいました。戦後、六行会はホールの再建を計画しましたが、資金不足などの問題により実現には至りませんでした。そして、1967年(昭和42年)に六行会は解散し、ホールの跡地は東京都に買収されました。 現在、六行会ホールの跡地は、八重洲二丁目公園として整備されています。公園には、六行会ホールの記念碑が設置されており、かつてこの地に音楽ホールがあったことを伝えています。
施設名・ロケ地

板橋こども動物園の魅力

板橋区立子供動物園は、1951年(昭和26年)に開園しました。当初は、区立板橋公園内に設置された小動物園でしたが、1963年(昭和38年)に現在地に移転・拡張し、現在の名称となりました。 開園当初は、ニホンザルやシバヤギ、ウサギなどの身近な動物が中心でしたが、その後、ライオンやトラ、キリンなどの中型動物や、シマウマやアミメキリンなどの大型動物も導入されました。また、1990年(平成2年)には、鳥類舎が新設され、フクロウやタカなどの猛禽類も見ることができるようになりました。 板橋こども動物園は、敷地面積が約1.4ヘクタールと決して大きくはありませんが、約100種類、約300点の動物を飼育しており、子どもたちに動物に親しみ、命の大切さを学ぶことができる貴重な施設となっています。また、動物園内には、遊園地やレストラン、売店などもあり、家族連れで楽しめるスポットとしても人気を集めています。
地名・ロケ地

三頭大滝( 東京都西多摩郡檜原村)

三頭大滝は、東京都西多摩郡檜原村に位置する滝です。落差30m、幅10mの大迫力の水流は、多くの人々を魅了しています。 三頭大滝の最大の魅力は、その美しい景観です。滝の周辺には、豊かな緑が広がり、その中にダイナミックな滝が流れ落ちる姿は、まさに絶景です。また、滝の近くに吊り橋が架かっており、そこから見下ろす滝の姿もまた、格別です。 三頭大滝は、自然を満喫できるスポットとしても人気があります。滝の周辺には、ハイキングコースが整備されており、トレッキングやハイキングを楽しむことができます。また、滝の近くにはキャンプ場もあり、自然の中でキャンプを楽しむこともできます。 三頭大滝は、東京都心からもアクセスしやすい場所にあります。JR武蔵五日市駅からバスで約30分、車でも約1時間程度でアクセスできます。また、滝の近くに駐車場も完備されているので、アクセスは非常に便利です。 三頭大滝は、大自然を満喫できる絶好のスポットです。美しい景観や豊かな自然を満喫したい方は、ぜひ一度訪れてみてください。
地名・ロケ地

南崎西小島について

南崎西小島の概要 南崎西小島は、長崎県の五島列島にある無人島です。中通島の南西約20kmに位置し、面積は約0.05平方キロメートルです。島は玄武岩質の溶岩で構成されており、島の海岸線は急峻で、最高点は標高約50メートルです。南崎西小島は、五島列島の他の島々と同様に、温暖な気候で、年間平均気温は約16度です。降水量は年間約2,000ミリメートルで、夏に集中しています。 南崎西小島には、木々や草花が生い茂っています。また、島にはウサギやトカゲなどの野生動物が生息しています。南崎西小島は、無人島ですが、毎年多くの観光客が訪れます。観光客は、島の美しい自然を眺めたり、ハイキングをしたり、キャンプをしたりしています。南崎西小島は、五島列島の貴重な自然遺産の一つです。
施設名・ロケ地

禅林寺の魅力と歴史

-黄檗宗の寺院として栄えた禅林寺の歴史- 禅林寺は、1627年に黄檗宗の開祖、隠元禅師によって京都府宇治市に建立された寺院です。黄檗宗は、中国明末に来日した隠元禅師によって開かれた禅宗のひとつで、日本の臨済宗と異なる宗派として発展しました。 禅林寺は、黄檗宗の総本山として、江戸時代には多くの僧侶が修行に訪れました。また、寺には、隠元禅師の遺骨が祀られており、毎年多くの参拝者が訪れます。 禅林寺は、黄檗宗の寺院として栄えただけでなく、文化的な面でも大きな貢献をしました。寺には、隠元禅師が中国から持ち帰った多くの文物や資料が保存されており、貴重な文化遺産となっています。 また、禅林寺は、黄檗料理の発祥の地としても知られています。黄檗料理は、中国の料理を日本風にアレンジしたもので、精進料理として親しまれています。 禅林寺は、黄檗宗の寺院として栄え、文化的な面でも大きな貢献をした寺院です。隠元禅師の遺骨が祀られており、毎年多くの参拝者が訪れます。
モノの名前

江戸指物とは?魅力と製造工程をご紹介

江戸指物は、木を使って作られた家具や調度品のことです。江戸時代、江戸(現在の東京)で作られたものが多く、全国に広まりました。 江戸指物の魅力は、なんといってもその優美で繊細なデザインです。彫り物や蒔絵などで精巧に装飾され、見る人の目を奪います。また、江戸指物は木工技術が高く、耐久性にも優れています。使用している木材は、ケヤキ、ウォールナット、タモなど、高級なものが多いです。 江戸指物は、主に家具や調度品として使われていました。長持、箪笥、火鉢、燭台などが代表的な例です。どれも使い勝手がよく、現代の生活にもなじむデザインです。