東伯郡琴浦町

施設名・ロケ地

河本家住宅のストーリーと魅力

河本家住宅の歴史をたどる 河本家住宅は、江戸時代中期に建てられた豪壮な木造住宅です。1967年に国の重要文化財に指定され、現在は一般公開されています。河本家住宅は、その歴史と建築様式から、日本の伝統的な住宅の貴重な例として知られています。 河本家住宅の歴史は、17世紀に遡ります。この地には、もともと河本甚左衛門という武士が居住していました。甚左衛門は、1651年に河本家住宅を建てました。河本家住宅は、江戸時代を通して、河本家の住居として使われていました。 1868年に明治維新が起こると、河本家住宅は一時的に官庁として使用されました。しかし、1873年に河本家住宅は河本家に返還され、再び河本家の住居となりました。河本家住宅は、1967年に国の重要文化財に指定されるまで、河本家に代々受け継がれてきました。 河本家住宅は、江戸時代中期の建築様式を今に伝える貴重な例です。河本家住宅は、木造2階建てで、瓦葺の屋根と白壁が特徴的です。河本家住宅には、座敷や書斎、茶室など、様々な部屋があります。河本家住宅の庭園は、池や築山があり、自然の美しさが満喫できます。 河本家住宅は、日本の伝統的な住宅の貴重な例として、多くの観光客に親しまれています。河本家住宅は、国の重要文化財に指定されており、その歴史と建築様式は、日本の伝統文化を学ぶ上で貴重な資料となっています。
モノの名前

「東伯がぶりこ」の魅力を徹底解説!

東伯がぶりことは、鳥取県東伯郡で栽培されるスイカの一種です。その大きな特徴は、何と言ってもその大きさと重さです。平均的な重さは10~15キロですが、中には20キロを超えるものも珍しくありません。これだけ大きなスイカは、他ではなかなかお目にかかることができません。 また、東伯がぶりこは甘さも抜群です。一般的なスイカの糖度は12~13度程度ですが、東伯がぶりこは14~15度に達することもあります。その甘さは、一度食べると忘れられないおいしさです。 東伯がぶりこは、その大きさや甘さから、贈答用としても人気が高いです。また、スイカ割りやバーベキューなど、夏のイベントにもぴったりです。東伯がぶりこを食べることで、夏の暑さを乗り越えることができます。
施設名・ロケ地

「赤碕港」の歴史と役割

赤碕港の歴史 赤碕港の歴史は古く、奈良時代にはすでに港として利用されていた記録が残っています。平安時代には、京都と九州を結ぶ航路の寄港地として栄え、鎌倉時代には、蒙古襲来の際に、元軍上陸阻止のための拠点として重要な役割を果たしました。室町時代には、赤碕湊と呼ばれ、日本海沿岸の主要な港のひとつとして、各地との交易が行われていました。江戸時代には、赤碕藩の港として整備され、北前船の寄港地として賑わいました。明治時代に入ると、近代的な港として整備され、県内有数の港として発展しました。昭和時代には、赤碕町と米子市の合併により、米子市の港となり、現在に至っています。 赤碕港は、長い歴史を持つ港であり、その役割は時代とともに変化してきました。奈良時代には、日本海沿岸の拠点として、平安時代には、京都と九州を結ぶ航路の寄港地として、鎌倉時代には、蒙古襲来の際の拠点として、室町時代には、日本海沿岸の主要な港として、江戸時代には、赤碕藩の港として、明治時代には、近代的な港として、昭和時代には、米子市の港として、それぞれ重要な役割を果たしてきました。