東広島市

施設名・ロケ地

歴史と風情を感じよう!「旧木原家住宅」の魅力

江戸時代の遺構として残る「旧木原家住宅」 旧木原家住宅は、江戸時代の豪商である木原家の旧宅であり、国の重要文化財にも指定されています。建物は、江戸時代中期に建てられたもので、木造平屋建て、茅葺き屋根の典型的な農家建築です。内部には、当時の生活の様子を伝える貴重な調度品や農具などが展示されています。 また、旧木原家住宅は、江戸時代の街道筋に面しており、当時の宿場町の雰囲気を今なお残しています。周辺には、古い町並みが残る地区もあり、歴史や風情を感じながら散策することができます。 旧木原家住宅は、江戸時代の暮らしを学ぶことができる貴重な史跡であり、観光スポットとしても人気があります。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

憩いの森公園の魅力

憩いの森公園は、豊かな緑と自然に囲まれた総合公園です。公園の面積は約30ヘクタールで、そのうち約20ヘクタールが森林で占められています。公園内には、遊歩道や広場、池などがあり、四季折々の自然を楽しむことができます。 憩いの森公園は、1992年に開園しました。公園のコンセプトは、「自然とふれ合い、憩い、学びの場」です。公園内には、森林浴の森や野鳥観察の森、昆虫の森など、自然をテーマにしたゾーンが整備されています。また、公園内には、学習センターや野外ステージ、バーベキュー広場などがあり、さまざまなイベントやアクティビティを楽しむことができます。 憩いの森公園は、地元の人々だけでなく、遠方から訪れる人も多い人気スポットです。公園内では、散歩やジョギング、ハイキング、ピクニックなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。また、公園内には、野鳥や昆虫など、さまざまな生き物が生息しており、自然観察を楽しむこともできます。
地名・ロケ地

知られざる秘境「藍之島」の魅力

手つかずの自然が残る美しい島 藍之島は、人口100人未満の小さな島です。手つかずの自然が残る美しい島として知られており、近年は観光客も増えてきています。島の周囲は10kmほどで、一周しても1時間ほどしかかかりません。しかし、島内には多くの自然が残されており、ハイキングや釣り、シュノーケリングなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。 島の海岸線には、白い砂浜と青い海が広がっています。波は穏やかで、海水浴やシュノーケリングにも最適です。また、島の高台からは、美しい海の景色を眺めることができます。 島の内陸部には、緑豊かな森林が広がっています。森林の中をハイキングすると、島の自然を満喫することができます。また、島には野生の鹿が生息しており、ハイキング中に鹿に出会うこともあります。 藍之島は、手つかずの自然が残る美しい島です。島の美しい自然を満喫しに、ぜひ一度訪れてみてください。
モノの名前

西条柿の物語:伝統ある鳥取と岡山のシブ柿

西条柿の歴史とルーツ 西条柿は、鳥取県と岡山県で栽培されている柿の品種です。その歴史は古く、平安時代に遡ると言われています。西条柿の原産地は、鳥取県西伯郡西伯町西条(現・南部町)です。この地域で、柿の栽培が始まったのは、鎌倉時代のことです。当時、西条に住んでいた柿農家が、柿の種を中国から持ち帰り、西条柿の栽培を始めました。西条柿は、その甘さと歯ごたえの良さで、すぐに人気となりました。江戸時代には、西条柿は、鳥取藩の特産品となり、将軍家にも献上されていました。明治時代になると、西条柿は、岡山県にも伝わり、岡山県でも栽培されるようになりました。現在、西条柿は、鳥取県と岡山県の両県で栽培されており、全国各地に出荷されています。
未分類

味わい深い!広島県東広島の「美酒鍋」の魅力

日本酒の産地・西条が生んだ、郷土鍋 広島県東広島市西条は、良質な酒米と清澄な水が豊富にあり、江戸時代から日本酒の醸造が盛んな地域です。西条の酒は、全国的に有名で、多くの銘酒が生産されています。 そんな西条で生まれた郷土鍋が「美酒鍋」です。美酒鍋は、西条の酒をたっぷり使った鍋料理で、日本酒の風味が存分に味わえるのが特徴です。 美酒鍋の具材は、鶏肉、豚肉、魚介類、野菜など、何でも合います。また、日本酒の種類によっても、美酒鍋の味わいが変わります。辛口の日本酒を使えば、すっきりとした味わいの美酒鍋に、甘口の日本酒を使えば、まろやかな味わいの美酒鍋になります。 美酒鍋は、広島県東広島市の郷土料理として、地元の人々に親しまれています。また、美酒鍋は、観光客にも人気があり、広島県東広島市を訪れる際には、ぜひ味わいたい一品です。
地名・ロケ地

「龍王島」自然豊かな無人島を満喫!

龍王島へのアクセスとキャンプ場について 龍王島へのアクセスは、沖縄本島からフェリーを利用するのが一般的です。所要時間は約1時間30分です。フェリーは、那覇港から毎日運航しています。フェリー料金は、大人1,000円、子供500円です。 龍王島には、キャンプ場が整備されています。キャンプ場の利用料金は、1泊1人500円です。キャンプ場には、テントサイト、炊事場、トイレ、シャワーなどの設備が整っています。龍王島は、自然豊かな無人島です。ビーチでは、シュノーケリングや釣りを楽しむことができます。島内には、ハイキングコースも整備されています。 龍王島は、自然豊かな無人島です。日常の喧騒を離れて、ゆっくりと過ごすのに最適な場所です。キャンプ場も整備されているので、気軽に島に滞在することができます。龍王島へは、沖縄本島からフェリーでアクセスすることができます。
施設名・ロケ地

神秘の寺院「竹林寺」

竹林寺の歴史と由来 竹林寺は、京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院で、別名「竹の寺」とも呼ばれています。寺伝によると、その創建は平安時代初期の弘仁7年(816年)で、開山は弘法大師空海と伝えられています。空海が中国から帰国後、嵯峨天皇の命によりこの地に草庵を結んだのが始まりとされる。 その後、空海の弟子である良源(慈覚大師)が引き継ぎ、本格的な寺院として整備されました。良源は竹林を好んだため、竹を植えて境内に竹林を造りました。これが「竹の寺」と呼ばれる所以です。 竹林寺は、戦国時代に一度焼失しましたが、江戸時代に再建されました。現在の建物は、その時に建てられたもので、本堂、庫裡、方丈、庭園など、国の重要文化財に指定されています。 竹林寺は、竹林に囲まれた美しい寺院で、春には筍が、秋には紅葉が楽しめます。また、竹林寺には、良源が作ったと伝わる「竹の杖」や、「竹の笛」などの竹製品が数多く残されています。
その他

「地理科学学会」ってどんな団体?

地理科学学会とは、地理科学に関する研究発表や講演会、野外調査などを行う学会です。1948年に設立され、会員数は約2,000名です。地理科学学会の目的は、地理学の研究と普及を図り、地理学の発展に寄与することです。地理科学学会では、年次大会や秋季大会、研究発表会、野外調査、シンポジウムなど、さまざまな事業を行っています。また、地理学に関する専門誌「地理学評論」を発行しています。地理科学学会は、地理学の発展に重要な役割を果たしている学会です。
施設名・ロケ地

財団法人 染色体学会の概要と活動

染色体学の発展と普及 染色体学会は、染色体分野における研究の発展と普及を目的として活動しています。染色体学の発展には、19世纪末にメンデルの法則と染色体の発見があり、その後、染色体説の確立、染色体型異常の発見、遺伝子座の染色体マップの作成、染色体の分子構造の解析などがあります。染色体学会は、これらの染色体学の発展に貢献してきました。 染色体学会は年に一度、染色体学会大会を開催しています。染色体学会大会では、染色体学分野の最新の研究成果が発表され、染色体学の研究者たちが交流しています。また、染色体学会は「染色体」という学術雑誌を発行しており、染色体学分野に関する論文が掲載されています。染色体学会は、染色体学の発展と普及に貢献する活動を行っています。
施設名・ロケ地

広島県立広島高等学校の魅力と特色

広島県立広島高等学校の歴史と沿革 広島県立広島高等学校は、1882年(明治15年)に開校した公立高等学校です。広島県広島市中区基町に位置し、県内屈指の進学校として知られています。 本校の前身は、1872年(明治5年)に開校した広島県尋常師範学校です。1877年(明治10年)に広島県師範学校に改称され、1886年(明治19年)に広島県立広島中学校に改組されました。1948年(昭和23年)に学制改革が行われ、広島県立広島高等学校となりました。 広島県立広島高等学校は、創立以来、多くの優秀な人材を輩出しています。主な卒業生としては、ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎氏、ノーベル化学賞を受賞した福井謙一氏、大蔵大臣を務めた太田誠一氏、内閣総理大臣を務めた鳩山由紀夫氏などがいます。 広島県立広島高等学校は、進学指導に力を入れており、毎年多くの生徒が難関大学に合格しています。また、部活動も盛んで、運動部と文化部合わせて30以上の部活動があります。 広島県立広島高等学校は、歴史と伝統のある名門高校です。勉学に励み、部活動に打ち込み、将来の進路を見つけることができる学校です。
モノの名前

「ヒロッグ」について

ヒロッグとは? ヒロッグとは、日本のテレビドラマや映画に登場する架空の生物である。人間の言葉を話すことができ、高い知能を持つ。また、強力な怪力と再生能力を持つ。ヒロッグは、地球を侵略する宇宙人として登場することが多い。しかし、中には地球人と共存するヒロッグもいる。 ヒロッグの見た目は、人間と似ているが、肌の色が緑色で、頭頂部には触角がある。また、ヒロッグは、人間の感情を理解することができず、常に論理的に行動する。そのため、人間とはコミュニケーションをとることが難しい。 ヒロッグは、地球人にとって脅威となる存在である。しかし、中には地球人と共存するヒロッグもいる。このようなヒロッグは、地球人の生活に溶け込み、人間に協力することもある。 ヒロッグは、日本のテレビドラマや映画に欠かせない存在である。その独特の見た目と行動は、視聴者にインパクトを与える。また、ヒロッグは、地球人と共存するというメッセージを伝える存在でもある。
施設名・ロケ地

安芸津港の歴史と役割

安芸津港の設立と概要 安芸津港の歴史は古く、江戸時代から港として利用されてきました。明治時代には、国内外への物資の輸送を担う近代的な港として整備され、安芸津町の発展に大きく貢献しました。現在も、安芸津港は広島県東部における重要な港湾として機能しています。 安芸津港は、広島県東部にある安芸津町にある港湾です。安芸津港は、広島港の東約30kmに位置しており、広島県東部における拠点港湾として重要な役割を果たしています。安芸津港は、約1,000mの岸壁と約200haの埋め立て地を有しており、貨物船や旅客船の寄港することができます。 安芸津港は、江戸時代から港として利用されており、明治時代には近代的な港として整備されました。安芸津港は、広島県東部における物資の輸送を担う重要な港湾として発展し、安芸津町の発展に大きく貢献しました。現在も、安芸津港は、広島県東部における重要な港湾として機能しており、貨物船や旅客船の寄港によって、広島県東部と他地域との物流を支えています。 安芸津港は、広島県東部における重要な港湾として、今後もその役割を担い続けていくと考えられます。安芸津港のさらなる発展が期待されています。
地名・ロケ地

小芝島:ハート形の自然美と歴史

-小芝島の地理と自然- 小芝島は、香川県の高松市にある小さな島です。瀬戸内海のほぼ中央に位置し、周囲は約1.6キロメートル、面積は約0.35平方キロメートルです。島全体がハート形をしており、その美しい景観から「ハートアイランド」の愛称で親しまれています。 小芝島は、古生代後期に形成された花崗岩からなる島です。海岸線は変化に富んでおり、断崖絶壁や奇岩、砂浜などがあります。島の最高点は標高73メートルの小芝山で、山頂からは瀬戸内海の美しい景色を眺めることができます。 小芝島の自然は、瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、多種多様な植物が生息しています。島の約80%は森林で覆われており、クスノキ、シイノキ、ヤブツバキなどの常緑樹が茂っています。また、島には約300種の野鳥が生息しており、バードウォッチングスポットとしても知られています。
施設名・ロケ地

秘仏「福成寺」の重要文化財と美しい庭園

-秘仏「福成寺」と歴史- 福成寺は、奈良県にある曹洞宗の古刹です。開山は室町時代前期の1409年と言われています。本尊は釈迦如来で、秘仏として安置されています。秘仏とは、一般公開されず、特定の日にしか公開されない仏像のことです。福成寺の釈迦如来は、鎌倉時代の13世紀に作られたと推測されており、重要文化財に指定されています。 福成寺の歴史は古く、室町時代には足利将軍家から保護を受けました。江戸時代には、徳川幕府の重臣である松平定信が参拝したと伝えられています。福成寺は、戦火を免れて現在まで残り、貴重な文化財を所蔵しています。 福成寺は、美しい庭園でも知られています。庭園は、室町時代後期に作られたとされ、池や石組み、松の木などが配置されています。庭園は、四季折々の表情を見せてくれ、訪れる人を魅了します。 福成寺は、秘仏や美しい庭園がある古刹として、多くの観光客が訪れます。歴史や文化に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

鏡山公園の魅力を再発見!広島県東広島市の憩いの場

鑑山城跡の歴史と鏡山公園の成り立ち 鏡山公園は、広島県東広島市にある都市公園です。鏡山城跡の跡に整備された公園で、自然豊かな環境と歴史的な遺構が調和した憩いの場として親しまれています。 鏡山城は、戦国時代に毛利元就が築いた山城です。標高380メートルの鏡山に築かれ、当時は中国地方屈指の堅城として知られていました。しかし、元亀2年(1571年)に織田信長の軍勢に攻められて落城し、廃城となりました。 鏡山公園は、昭和40年代に整備されました。城跡の遺構を保存しつつ、公園として整備したものです。公園内には、本丸跡、二の丸跡、三の丸跡などがあります。また、鏡山城の歴史を伝える資料館や、展望台、遊歩道などもあります。 鏡山公園は、自然豊かな環境と歴史的な遺構が調和した公園です。四季折々の花が咲き誇り、野鳥のさえずりが聞こえてくる自然豊かな公園です。また、鏡山城の歴史を伝える遺構も多く、歴史ファンにも人気のスポットです。
施設名・ロケ地

広島県東広島市の大自然とグルメを楽しめる『湖畔の里福富』

湖畔の里福富にある道の駅「湖畔の駅ふくつ」は、瀬戸内海国立公園に位置し、美しい景観が広がっています。道の駅からは、福富湖や周辺の山々を眺めることができ、特に夕暮れ時には茜色に染まる湖面が絶景です。 道の駅周辺には、散策路が整備されており、湖畔の自然を満喫しながらハイキングを楽しむことができます。また、湖畔にはキャンプ場もあり、キャンプファイヤーやバーベキューなどアウトドアアクティビティを楽しむこともできます。 道の駅には、地元の特産品や農産物を販売する直売所があり、新鮮な野菜や果物、加工食品を購入することができます。また、食事処もあり、福富湖の湖魚を使った料理や地元の郷土料理を味わうことができます。 「湖畔の駅ふくつ」は、雄大な自然と瀬戸内海の海の幸を満喫できる道の駅です。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。