東海村

有名人の名前

東海村の「アインシュタイン」とは?

東海村の「アインシュタイン」とは? 原子力・物理学を楽しく学べる展示物 福島第一原発事故の風評被害で苦しみながらも、原子力の安全性をアピールしているのが茨城県東海村だ。そんな東海村に、原子力と物理を楽しく学べる場所がある。村が運営する「原子力科学館」だ。 原子力科学館の目玉は、原子力発電の仕組みを疑似体験できる「原子力発電所シミュレーター」だ。原子炉の制御棒を操作して、原子炉の出力を調整したり、原子炉の故障を処理したりする体験ができる。また、原子力発電所で使われている燃料や部品の展示もあり、原子力発電について詳しく学ぶことができる。 原子力科学館には、原子力だけでなく、物理学の展示物も充実している。ニュートンの運動の laws やアインシュタインの相対性理論などを、分かりやすく展示している。また、物理学の原理を体験できる実験コーナーもあり、子供から大人まで楽しめるようになっている。 原子力科学館は、原子力と物理学について学ぶのに最適な場所である。原子力発電について詳しく知りたい人はもちろん、物理学の基礎を学びたい人も、ぜひ訪れていただきたい。
地名・ロケ地

村松晴嵐の美しさと水戸八景

-村松晴嵐の由来と歴史- 村松晴嵐は、茨城県水戸市にある千波湖の八景のひとつで、水戸八景の中でも最も代表的な景勝地です。村松晴嵐という名前の由来は、村松という地名と、湖面が晴れた日に嵐のように吹き渡る風を表す「晴嵐」という言葉からきています。 村松晴嵐は、江戸時代初期に水戸藩の藩主である徳川光圀公が、千波湖の景勝地を八つ選んで「水戸八景」と名付けたことに由来しています。村松晴嵐は、その八景の中でも最も有名なもので、多くの文人墨客が訪れてその美しさを詠んできました。 村松晴嵐は、湖面に浮かぶ波の動きや、湖畔の松林の緑、そして対岸にある偕楽園の桜などが織りなす四季折々の美しい景観が魅力です。特に、秋の紅葉の季節には、湖畔の紅葉と湖面に映る紅葉が美しい景観を作り出します。 村松晴嵐は、水戸市の観光名所として多くの人々に親しまれており、毎年多くの観光客が訪れています。また、村松晴嵐は、国の名勝にも指定されており、その美しさが保護されています。
その他

イモゾーの魅力を大公開!地域キャラクターの素顔に迫る!

-イモゾー誕生の秘話- イモゾーは、2005年に「じゃがいも掘り大会」のPRキャラクターとして誕生しました。競技に参加した子どもたちから、じゃがいもの妖精"イモリン"と、イモリンをいじめる"イモゾー"というキャラクターの案が募集され、イモリンは不採用となりましたが、イモゾーを採用することになりました。イモゾーは、黒いからだにじゃがいもの顔を持ち、頭に葉っぱが生えたキャラクターで、いばらの街・伊万里市のキャラクターにふさわしく「いばら」がモチーフになっています。誕生当初は、単なるPRキャラクターでしたが、そのユーモラスなキャラクターが人気を呼び、今では伊万里市のマスコットキャラクターとして定着しました。イベントには常にイモゾーが登場し、対面できることもあって、子どもたちの間では圧倒的な人気を誇っています。
その他

真弓馬 – 茨城県の郷土玩具

「真弓馬とは」 真弓馬は、茨城県の郷土玩具です。その起源は古く、平安時代にまでさかのぼると言われています。真弓馬は、その名の通り、真弓を背負った馬の姿をしています。真弓は、弓矢を使う際に使用する道具で、馬の背に負わせて持ち運ぶものでした。真弓馬は、戦場に出陣する武士の姿を模したもので、武運を祈願する縁起物として作られるようになりました。 真弓馬は、主に木や粘土で作られます。木で作られた真弓馬は、木彫りで作られることが多いです。粘土で作られた真弓馬は、土人形で作られることが多いです。真弓馬は、その大きさや形も様々です。小さなものから大きなものまであり、中には、人が乗ることができるほど大きな真弓馬もあります。真弓馬は、その姿が勇壮で、縁起物として多くの人々に親しまれています。