東芝

モノの名前

東芝の「dynabook」今昔物語

東芝によるdynabook誕生の経緯 東芝が世界で初めてノートパソコンであるdynabookを発売したのは、1985年4月20日のことでした。dynabookは、それまでのコンピュータとは異なり、持ち運びが可能な大きさで、液晶ディスプレイとバッテリーを搭載していました。また、ワープロソフトや表計算ソフトなどのアプリケーションソフトもプリインストールされており、すぐに使用することができました。 dynabookは、発売当初から大きな人気を集め、ビジネスマンや学生など、幅広い層に普及しました。また、dynabookの成功は、他社にもノートパソコンの開発を促し、ノートパソコン市場の拡大に貢献しました。 dynabookの開発は、東芝のエンジニアである貝塚茂樹氏が中心となって行われました。貝塚氏は、1970年代前半に、ポータブルなコンピュータの開発を構想し、1979年にdynabookの試作機を完成させました。この試作機は、世界初のノートパソコンであり、今日のノートパソコンのデザインの基礎となりました。 dynabookの発売は、コンピュータの歴史において画期的な出来事でした。dynabookの登場により、コンピュータはもはや固定された場所に設置されるものではなく、どこでも持ち運んで使用できるものとなりました。また、dynabookの普及は、パソコンの利用者の裾野を広げ、パソコンが社会に不可欠なツールとなるための礎を築きました。
作品名

こだわりの神奈川県産ブランド豚「湘南みやじ豚」

湘南みやじ豚は神奈川県産ブランド豚であり、神奈川県内で生まれ育った豚肉です。 一般的な豚肉に比べ、脂肪と肉の割合がバランスよく、しかも肉の脂はさっぱりとしています。そのため、豚肉が苦手な方にも食べやすい豚肉です。 また、湘南みやじ豚は肉質が柔らかく、旨味もたっぷりです。これは、湘南みやじ豚がストレスを与えない環境で育てられているためです。成長に合った広さの豚舎と、豚舎の床に敷き詰めたチップで常にきれいな環境を心がけて育て、ストレスを軽減しています。 湘南みやじ豚は神奈川県内のスーパーや精肉店で販売されています。また、神奈川県内の飲食店でも湘南みやじ豚を提供しているところが多くあります。湘南みやじ豚は、そのおいしさや品質の高さから、神奈川県民に親しまれている豚肉です。
モノの名前

冷蔵庫における鮮度管理の秘訣

冷蔵室と冷凍室の温度に気を配る 冷蔵庫は、食品を新鮮な状態で保存するための重要な家電製品です。冷蔵庫の温度を適切に管理することで、食品の鮮度を保ち、細菌の繁殖を防ぎ、食品の安全性を確保することができます。 冷蔵庫の温度設定は、冷凍室と冷蔵室で異なります。冷凍室の温度は18℃以下、冷蔵室の温度は4℃以下が理想とされています。冷凍室の温度を高く設定すると、食品が凍結するのに時間がかかり、細菌が繁殖しやすくなります。また、冷蔵室の温度が高すぎると、食品が傷みやすくなります。 冷蔵庫の温度は、庫内の温度計で確認することができます。温度計がなければ、手を入れてみて、ひんやりと冷たく感じる程度が適切です。冷蔵庫のドアを頻繁に開閉すると、庫内の温度が上昇するので、注意しましょう。食品を冷蔵庫に入れるときは、食品同士が重ならないようにして、冷気が循環しやすいようにしましょう。
モノの名前

真空ひたしかまど炊き 仕組みとメリット

真空ひたしかまど炊きのしくみ 真空ひたしかまど炊きとは、炊飯器の釜と鍋の間に水と米を入れ、鍋の底から圧力をかけて、釜を密封して炊き上げる方法です。圧力をかけるので、通常のご飯よりも早く炊き上がるだけでなく、水分が蒸発しないので、米の旨味を閉じ込めたおいしいご飯が炊けます。 真空ひたしかまど炊きには、いくつかの方法があります。方法は炊飯器によって異なりますが、一般的な手順は以下の通りです。 1. 釜に米と同量の水を入れます。 2. 鍋に水を入れ、鍋底から圧力をかけます。 3. 釜を鍋に密閉して、炊き上げます。 炊飯器によっては、圧力をかける時間が設定できるものもあります。また、圧力をかけることで、釜の中の温度が上がり、通常のご飯よりも早く炊き上がります。真空ひたしかまど炊きで炊いたご飯は、ふっくらと炊き上がり、米の旨味をしっかりと感じることができます。
モノの名前

リブレットの歴史と魅力

リブレットの誕生秘話 リブレットは、1981年に本田技研工業から発売された、軽自動車規格の2人乗りクーペです。リブレットの誕生には、本田宗一郎の「誰もが気軽に自動車に乗れるクルマを作りたい」という思いが込められていました。 当時は、軽自動車市場はスズキやダイハツなどのメーカーがシェアを握っており、ホンダは苦戦を強いられていました。そこで、ホンダは軽自動車市場に参入するため、新しい車種の開発を計画しました。 開発チームは、軽自動車でありながら、スポーティな走りと高い安全性を実現することを目標に、リブレットの開発に着手しました。そして、1981年にリブレットは発売されました。 リブレットは、軽自動車でありながら、スポーティな走りと高い安全性を備えた車として、好評を博しました。また、その斬新なデザインも話題となりました。リブレットは、ホンダの軽自動車市場でのシェアを拡大することに貢献しました。 リブレットは、1991年に生産終了となりましたが、今でも多くのファンに愛され続けています。そのスポーティな走りと高い安全性は、今でも通用するレベルです。リブレットは、ホンダの軽自動車史に残る名車です。
作品名

福山雅治の「少年」の魅力

「少年」の誕生秘話は、福山雅治が20代前半の頃、まだ無名の新人俳優であったころにさかのぼります。当時、福山は演技の勉強のために、頻繁に映画館に通っていました。そして、そこで観たある映画が、彼の心に大きな影響を与えたのです。その映画とは、ビートたけし監督の『ソナチネ』(1993)でした。福山は、この映画の中で、たけし演じるヤクザの男の生き方に感銘を受け、自分もいつかこんな男を演じてみたいと強く思ったそうです。 福山は、その後も俳優としての道を歩み続け、やがて『踊る大捜査線』シリーズ(1997~2012)でブレイクを果たしました。そして、2001年、ついに『ウォーターボーイズ』で、たけしの『ソナチネ』同様、ヤクザの男を演じる機会を得ます。福山は、この役を演じるために、徹底的に役作りを行い、その結果、映画は大ヒットし、福山も高い評価を受けました。 『ウォーターボーイズ』の成功後、福山は映画監督としてもデビューし、2005年には『真夏の方程式』を発表しました。この映画は、福山が少年時代に読んだ小説を原作としており、彼が少年時代に抱いていた夢や憧れが随所にちりばめられています。そして、この映画の主人公である少年は、まさに福山自身の少年時代の分身と言える存在なのです。 福山雅治の「少年」の魅力は、彼の少年時代に抱いていた夢や憧れが、そのまま作品に反映されていることにあります。福山の作品には、少年らしい純粋さや情熱、そして未来への希望が溢れています。それは、私たちが忘れてしまいがちな大切なものを思い出させてくれるものであり、だからこそ、福山の作品は多くの人々に愛され続けているのです。
モノの名前

循環メガシャワー:節水でパワフルな洗濯機洗浄技術

循環メガシャワーとは、洗濯機の洗濯槽内部を水の勢いで強力洗浄する東芝独自の洗浄技術です。洗濯槽の底面から水を勢いよく噴出して、洗濯槽の汚れや洗剤カスを強力に洗い流します。循環メガシャワーは、洗濯槽を清潔に保つことで、洗濯物の汚れ落ちを向上させ、また、洗濯機の故障を防止する効果もあります。 循環メガシャワーは、洗濯機を購入する際に、ぜひチェックしておきたい機能です。洗濯機の洗濯槽は、洗濯物を洗う場所なので、汚れや洗剤カスが蓄積されやすい場所です。洗濯槽が汚れていると、洗濯物の汚れ落ちが悪くなり、また、洗濯機が故障する原因にもなります。循環メガシャワーは、洗濯槽を清潔に保つことで、洗濯物の汚れ落ちを向上させ、また、洗濯機の故障を防止する効果があります。 循環メガシャワーは、洗濯機の洗濯槽内部を水の勢いで強力洗浄する東芝独自の洗浄技術です。洗濯槽の底面から水を勢いよく噴出して、洗濯槽の汚れや洗剤カスを強力に洗い流します。循環メガシャワーは、洗濯槽を清潔に保つことで、洗濯物の汚れ落ちを向上させ、また、洗濯機の故障を防止する効果もあります。
モノの名前

「とくダネ!モニター」とは?節電機能を徹底解説!

「とくダネ!モニター」搭載エアコンの特徴 「とくダネ!モニター」を搭載したエアコンは、通常のエアコンとは一味違います。以下に、「とくダネ!モニター」搭載エアコンの特徴をまとめました。 1.節電機能を徹底搭載 「とくダネ!モニター」を搭載したエアコンは、節電機能を徹底的に搭載しています。例えば、従来のエアコンでは、室温が設定温度に達すると、コンプレッサーが停止して送風運転に切り替わります。しかし、「とくダネ!モニター」搭載エアコンは、コンプレッサーを停止させずに、低回転で運転を続けます。これにより、室温を一定に保ちながら、消費電力を抑えることができます。 2.室温を一定に保つ 「とくダネ!モニター」搭載エアコンは、室温を一定に保つ機能に優れています。従来のエアコンでは、室温が設定温度に達すると、コンプレッサーが停止して送風運転に切り替わります。そのため、室温が上下に大きく変動してしまいます。しかし、「とくダネ!モニター」搭載エアコンは、コンプレッサーを停止させずに、低回転で運転を続けます。これにより、室温を一定に保ち、快適な空間を維持することができます。 3.省エネ効果が高い 「とくダネ!モニター」搭載エアコンは、省エネ効果が高いです。従来のエアコンは、室温が設定温度に達すると、コンプレッサーが停止して送風運転に切り替わります。そのため、コンプレッサーの起動と停止を繰り返すことで、消費電力が上がってしまいます。しかし、「とくダネ!モニター」搭載エアコンは、コンプレッサーを停止させずに、低回転で運転を続けます。これにより、コンプレッサーの起動と停止を減らし、消費電力を抑えることができます。
モノの名前

らくわざグリップとは?東芝クリーナーの便利機能

らくわざグリップは、東芝製クリーナーに搭載されている、清掃をより快適かつ効率的に行うための機能です。このグリップの特徴は、その人間工学に基づいた形状にあります。人間工学に基づいて設計されたグリップは、手のひらにぴったりとフィットし、長時間の掃除でも疲れを軽減します。また、グリップには滑り止め加工が施されているため、掃除中に手が滑ってクリーナーを落としてしまう心配がありません。さらに、このグリップには、掃除中に便利に使える様々なボタンやスイッチが搭載されています。例えば、電源ボタンや吸引力調整ボタン、ヘッドの角度調整ボタンなどがあります。これらのボタンやスイッチは、グリップに指が届く範囲に配置されており、掃除中に操作しやすいようになっています。らくわざグリップは、掃除をより快適かつ効率的に行うための、東芝製クリーナーの便利な機能です。
モノの名前

東芝のサイクロン式クリーナー「TORNEO」シリーズ

TORNEOシリーズの歴史は、2002年に東芝が世界初のサイクロン式クリーナーを発売したことに始まります。当時、サイクロン式クリーナーは吸引力が弱く、フィルターの手入れが大変というイメージがありました。しかし、東芝は独自の技術を駆使し、吸引力を強化し、フィルターの手入れを容易にしました。その結果、TORNEOシリーズは瞬く間に人気を集め、サイクロン式クリーナーの定番となりました。 その後、TORNEOシリーズは毎年進化を遂げていきます。2005年には、紙パック式のクリーナーにも劣らない吸引力を実現したモデルが登場。2007年には、フィルターの自動洗浄機能を搭載したモデルが登場し、フィルターの手入れがさらに容易になりました。2010年には、独自の技術「トルネード気流」を搭載したモデルが登場。トルネード気流は、ゴミを強力に分離し、排気をきれいにする機能です。この機能により、TORNEOシリーズはさらに人気が高まり、日本を代表するサイクロン式クリーナーブランドとなりました。
作品名

崇徳高等学校の歴史と教育

崇徳高等学校の創立と歴史 崇徳高等学校は、1886年(明治19年)に創立された私立高等学校です。創立者は、キリスト教プロテスタントの牧師であり、教育者の新島襄です。新島は、日本の近代化に貢献することを目的として、1875年(明治8年)に同志社大学を創立しました。そして、同志社大学に附属する高等学校として、崇徳高等学校が創立されました。 崇徳高等学校は、当初は男子校でしたが、1894年(明治27年)に女子部を開設しました。1900年(明治33年)には、専門学校を併設し、1907年(明治40年)には、大学部を開設しました。しかし、1928年(昭和3年)に、財政難のため、大学部は廃止されました。 その後、崇徳高等学校は、第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)に、新制高等学校として発足しました。1950年(昭和25年)には、共学校となりました。1962年(昭和37年)には、現在地である東京都渋谷区に移転しました。 崇徳高等学校は、創立以来、キリスト教精神に基づいた教育を行ってきました。現在では、約2,000人の生徒が在籍し、文系と理系の2つのコースに分かれて学習しています。また、崇徳高等学校は、スポーツが盛んで、野球部、サッカー部、ラグビー部などが全国大会に出場しています。
モノの名前

Rupoはなぜ消えたのか

Rupoの特徴 Rupoは、1990年代初頭に発売された革新的な携帯電話でした。その名の通り、電話機能とページャー機能が一体化したもので、当時は画期的な端末でした。Rupoは、わずか170gという軽量で、手のひらに収まるコンパクトなサイズでした。また、従来の携帯電話よりも薄く、スタイリッシュなデザインでした。Rupoの最大の特徴は、その使いやすさでした。電話帳やスケジュール管理、電卓、ゲームなどの機能が充実しており、直感的な操作で簡単に使用することができました。また、Rupoは業界初のカラー液晶ディスプレイを搭載しており、鮮やかな画面で情報を表示することができました。さらに、Rupoは当時としては破格の価格で販売されたため、多くの人々に人気を博しました。
モノの名前

レグザハイビジョンレコーダーの魅力と特徴

レグザハイビジョンレコーダーの歴史は、東芝が2004年に発売した「RD-X1」に端を発します。このモデルは、業界初のDVD-Rへのハイビジョン録画に対応し、それまでのDVDレコーダーとは一線を画す映像美を実現しました。また、ハードディスクへの録画にも対応しており、ハイビジョン番組を長時間録画することができました。 2005年には、後継モデルの「RD-X2」が発売されました。「RD-X2」では、録画画質がさらに向上し、また、電子番組表(EPG)の表示機能などが追加されました。2006年には、「RD-X3」が発売されました。「RD-X3」では、Blu-ray Discへのハイビジョン録画に対応し、さらに高画質の映像を楽しむことができるようになりました。 2007年には、「RD-X4」が発売されました。「RD-X4」では、3D映像の録画再生に対応し、次世代映像規格への対応を強めました。2008年には、「RD-X5」が発売されました。「RD-X5」では、さらに高速なBlu-ray Discの読み書きに対応しており、より快適な視聴環境を実現しました。 2009年には、「RD-X6」が発売されました。「RD-X6」では、新開発の「レグザエンジン」を搭載し、映像処理能力が大幅に向上しました。また、HDMI端子も搭載され、高画質映像をより簡単に楽しむことができるようになりました。2010年には、「RD-X7」が発売されました。「RD-X7」では、さらに高画質な4K映像の録画再生に対応し、未来の映像規格への対応をさらに強めました。 2011年には、レグザハイビジョンレコーダー初の液晶テレビ内蔵モデルである「RD-L1」が発売されました。「RD-L1」では、レグザテレビとレグザハイビジョンレコーダーが一体化しており、より省スペースでスタイリッシュな映像環境を実現しました。2012年には、「RD-L2」が発売されました。「RD-L2」では、さらに高画質な4K映像の録画再生に対応し、未来の映像規格への対応をさらに強めました。 2013年には、レグザハイビジョンレコーダー初の有機ELテレビ内蔵モデルである「RD-O1」が発売されました。「RD-O1」では、有機ELテレビとレグザハイビジョンレコーダーが一体化しており、より高画質で美しい映像環境を実現しました。2014年には、「RD-O2」が発売されました。「RD-O2」では、さらに高画質な4K映像の録画再生に対応し、未来の映像規格への対応をさらに強めました。 2015年には、レグザハイビジョンレコーダー初の4K液晶テレビ内蔵モデルである「RD-4K1」が発売されました。「RD-4K1」では、4K液晶テレビとレグザハイビジョンレコーダーが一体化しており、より高画質で美しい映像環境を実現しました。2016年には、「RD-4K2」が発売されました。「RD-4K2」では、さらに高画質な4K映像の録画再生に対応し、未来の映像規格への対応をさらに強めました。
モノの名前

東芝のピコイオン除菌とは?その効果と使い方

小見出し ピコイオン除菌とは? ピコイオン除菌とは、空気中に放出される小さなイオンの力で、菌やウイルスを抑制し、除菌する技術です。イオンは、空気中の分子が電気を帯びた状態のことを指し、正イオンと負イオンの2種類があります。ピコイオン除菌では、負イオンを発生させ、その負イオンが菌やウイルスに付着することで、菌やウイルスを抑制し、除菌する仕組みです。ピコイオンは、自然界にも存在しており、海や森林、滝などの近くでは、多くのピコイオンが観測されています。ピコイオンは、リフレッシュ効果やリラックス効果があるとされており、健康にも良いと言われています。
モノの名前

ギガショットとは?東芝のハードディスクムービーカメラ

ギガショットは、東芝が発売したハードディスクムービーカメラです。世界初のハードディスク搭載動画撮影デバイスとして、2005年10月に発表されました。ギガショットは、1.8インチのハードディスクドライブを搭載しており、最大120分の動画を記録することができます。また、3.5インチのカラー液晶画面と、400万画素のデジタルカメラ機能を搭載しています。 ギガショットの特長は、ハードディスク搭載による長時間録画と、デジタルカメラ機能を備えていることです。ハードディスク搭載により、最大120分の動画を記録することができ、また、デジタルカメラ機能により、写真撮影も可能です。また、3.5インチのカラー液晶画面を搭載しており、動画や写真を確認することができます。 ギガショットは、ハードディスク搭載動画撮影デバイスとして、世界初の製品でした。ハードディスク搭載による長時間録画と、デジタルカメラ機能を備えていることから、話題となりました。ギガショットは、その後、いくつかのモデルが発売され、動画撮影デバイスの普及に大きく貢献しました。
モノの名前

ダッシュ暖房徹底解説!東芝のエアコンの先進機能とは?

ダッシュ暖房とは、エアコンから温風を素早く部屋全体に届ける機能のことです。従来のエアコンは、冷風や温風を吹き出す際に、吹き出し口から直線的に風を送るため、部屋の隅々まで行き渡るまでに時間がかかり、温度ムラが生じやすくなります。ダッシュ暖房では、独自の気流制御技術を採用することで、温風を吹き出す際に、上下左右に広がるように拡散させ、部屋全体に素早く行き渡らせることができます。これにより、温度ムラを解消し、快適な暖房を実現します。 また、ダッシュ暖房は、温風を素早く吹き出すことで、部屋を暖めるまでの時間を短縮することができます。従来のエアコンでは、部屋を暖めるまでに時間がかかり、寒い思いをすることがありましたが、ダッシュ暖房では、素早く部屋を暖めることができるので、快適に過ごすことができます。
モノの名前

ヒートポンプ除湿乾燥とは?メリットや使い方を解説

ヒートポンプ除湿乾燥とは、ヒートポンプの仕組みを利用して、空気中の水分を取り除く除湿方法です。除湿器を使用し、空気中の水分を冷たい表面に付着させ、冷やされて水滴になった水分を水受けに落とすことで除湿を行います。ヒートポンプ除湿乾燥は、従来の除湿器よりも除湿能力が高く、また電気代も抑えられるため、近年注目を集めています。 ヒートポンプ除湿乾燥のしくみは、以下の通りです。 1. 除湿器が空気を取り込む 2. 取り込まれた空気は、冷たい表面に冷やされる 3. 空気中の水分は、冷たい表面に付着して水滴になる 4. 水滴になった水分は、水受けに落ちる 5. 除湿された空気は、再び室内に放出される ヒートポンプ除湿乾燥の特徴は、以下の通りです。 * 除湿能力が高い * 電気代を抑えられる * 衣類を傷めにくい * カビやダニの発生を抑えられる * 部屋干しに適している
作品名

「はつ恋」の魅力に迫る

福山雅治が歌う「はつ恋」が奏でる世界観 福山雅治の「はつ恋」は、1992年にリリースされた彼のデビューシングルであり、日本のポップミュージックの歴史の中で最も愛されている曲のひとつである。この曲は、初恋の甘酸っぱさと切なさを歌ったシンプルなラブソングだが、福山雅治の透き通るような歌声と、心に響く歌詞が、多くの人々を魅了してきた。 「はつ恋」の歌詞は、初恋の少女への想いを綴ったもので、「初恋はいつもピュアだ」というメッセージが込められている。歌詞の中には、「初めて出会ったあの日から 君が僕のすべてで いつもそばにいてほしい」というフレーズがあるが、これは、初恋の相手への純粋な愛を表現したものだ。また、「たとえ離れていても ずっと友達でいようね」というフレーズは、初恋の相手との友情を大切にする気持ちを歌っている。 「はつ恋」の歌詞は、多くの人の共感を呼んでおり、この曲がヒットした理由のひとつになっている。また、福山雅治の透き通るような歌声も、この曲の魅力のひとつである。福山雅治の歌声は、初恋の甘酸っぱさと切なさを表現するのに最適で、この曲の世界観をより一層引き立てている。
モノの名前

東芝のDailycookがおすすめ!その理由とは?

-Dailycookの特徴とメリット- Dailycookは、東芝が製造・販売するオーブンレンジです。オーブン・レンジなどの調理家電の製造・販売で知られる会社、東芝によって作られました。Dailycookは、2006年に発売され、以来、人気を博し、多くの家庭に導入されています。Dailycookの一番の特徴は、その庫内が広いことです。庫内を広げることで、大きな料理でも調理することができます。また、Dailycookは、多機能で、オーブン・レンジ・グリルなど、さまざまな調理方法に対応しています。さらに、Dailycookには、便利な機能が搭載されています。例えば、自動調理機能を搭載しているので、食材を入れてボタンを押すだけで、自動的に調理してくれます。また、庫内を自動で洗浄してくれる機能を搭載しているので、お手入れが簡単です。 Dailycookのメリットは、何と言ってもその使いやすさです。操作が簡単で、誰でも簡単に使いこなすことができます。また、Dailycookは、多機能なので、さまざまな料理を作ることができます。さらに、Dailycookは、お手入れが簡単なので、忙しい主婦の味方です。
作品名

「はつ恋」の歴史と影響

「はつ恋」の背景と制作秘話 1982年に公開された映画「はつ恋」は、角川春樹監督の初監督作品であり、少女と大人の恋愛を題材にした純愛映画である。この映画は公開当時大きな話題となり、興行収入も10億円を超える大ヒットを記録した。その背景には、当時の社会情勢や角川春樹監督の手腕など、様々な要素があった。 まず、当時の社会情勢としては、1980年代初頭は日本が高度経済成長期から安定成長期へと移行した時期であり、人々の生活は豊かになりつつあった。その中で、少女と大人の恋愛を題材にした映画が公開されたことは、人々の共感を得たのではないかと考えられる。 また、角川春樹監督の手腕もこの映画の成功に大きく貢献している。角川監督は、それまで映画監督としての経験はなかったが、大ヒット映画「セーラー服と機関銃」をヒットさせた角川映画の社長であり、映画業界に精通していた。その経験を生かして、角川監督は「はつ恋」の制作にあたり、当時としては画期的な撮影技術や編集技術を駆使することで、非常に洗練された映像作品を作り上げている。 さらに、角川監督は、当時まだ無名だった女優、原田知世と永瀬正敏を主演に起用したことも、この映画の成功の要因となった。原田知世と永瀬正敏は、この映画で一躍スターとなり、その後の日本映画界を代表する俳優となった。 このように、様々な要素が重なって「はつ恋」は公開当時大きな話題となり、大きな成功を収めた。この映画は、日本の映画界に大きな影響を与え、その後の少女と大人の恋愛を題材にした映画の制作に大きな影響を与えた。
モノの名前

スチームアイロン「Lacoo」の魅力と特徴

除菌された水の蒸気の効果 Lacooは、除菌された水の蒸気を発生させることで、衣類を除菌することができます。除菌された水の蒸気は、衣類の繊維の奥まで浸透し、細菌やウイルスを死滅させます。また、除菌された水の蒸気は、衣類のシワを伸ばし、衣類を清潔に保つ効果もあります。 除菌された水の蒸気は、衣類だけでなく、寝具やカーテンなど、さまざまな布製品を除菌することができます。Lacooを使えば、家庭内の衛生状態を向上させることができます。また、除菌された水の蒸気は、衣類の嫌な臭いを消す効果もあります。Lacooを使えば、衣類を清潔に保ち、嫌な臭いを防ぐことができます。
モノの名前

GENIO e – 東芝のモバイルPCの思い出

GENIO eの優れた機能 GENIO eは、東芝が2000年に発売したモバイルPCである。当時、モバイルPCはすでに存在していたが、GENIO eは、その薄さと軽さ、そして高い性能で注目を集めた。また、GENIO eには、数々の優れた機能が搭載されていた。 その機能の一つが、着脱可能なキーボードである。キーボードは、本体から簡単に取り外すことができ、タブレットのように使用することができた。これは、当時のモバイルPCでは珍しい機能であり、GENIO eの大きな特徴の一つであった。 GENIO eのもう一つの優れた機能が、長時間のバッテリー駆動時間である。当時のモバイルPCは、バッテリー駆動時間が短く、外出先で長時間使用することが難しかった。しかし、GENIO eは、最大8時間のバッテリー駆動時間を誇り、外出先でも安心して使用することができた。 さらに、GENIO eには、高性能なプロセッサが搭載されていた。当時のモバイルPCは、プロセッサの性能が低く、処理速度が遅かった。しかし、GENIO eには、インテルのPentium IIIプロセッサが搭載されており、当時としてはトップクラスの処理速度を誇っていた。 GENIO eには、これらの優れた機能に加えて、数々の便利な機能が搭載されていた。例えば、GENIO eには、無線LAN機能が搭載されており、外出先でインターネットに接続することができた。また、GENIO eには、メディアプレーヤーや電子ブックリーダーなどのソフトウェアがプリインストールされており、すぐに使用することができた。 GENIO eは、その優れた機能と便利な機能で、当時の人気モバイルPCとなった。GENIO eは、東芝のモバイルPCの歴史において、重要な位置を占めるモデルである。
モノの名前

プラチナ潤い鮮蔵庫の秘密!食材の鮮度をキープできる理由

プラチナ潤い鮮蔵庫の仕組み プラチナ潤い鮮蔵庫は、プラチナ触媒を搭載した特殊なフィルターと、ファンを組み合わせた構造により、庫内を清浄に保ち、食材の鮮度をキープします。プラチナ触媒は、空気中の酸素や水分と反応して、活性酸素を発生させます。活性酸素は、食材の細胞を傷つける原因となる細菌やカビを抑制する働きがあるため、食材の鮮度を保つことができます。また、ファンは、庫内の空気を循環させることで、活性酸素を庫内の隅々まで行き渡らせ、食材全体に効果的に作用させます。さらに、プラチナ潤い鮮蔵庫は、庫内の湿度を一定に保つ機能も備えています。湿度を一定に保つことで、食材の乾燥を防ぎ、みずみずしさをキープすることができます。
モノの名前

東芝の置けちゃうスリム:省スペース設計と高容積を両立する冷蔵庫

東芝の置けちゃうスリムは、省スペース設計と高容積を両立する冷蔵庫です。奥行き65cm以下で、幅や高さも一般的な冷蔵庫よりもコンパクトに設計されており、限られたスペースにも設置しやすいのが特徴です。 また、容量は231Lと、同タイプの冷蔵庫としてはトップクラスの広さを誇ります。内部は、食品や飲料を整理しやすいよう、棚やポケットが充実しており、使い勝手も抜群です。 さらに、東芝の置けちゃうスリムは、省エネ性能も高く、年間消費電力量はわずか330kWhです。これは、従来の冷蔵庫よりも約30%も省エネとなっており、電気代の節約にも貢献してくれます。