東銀之介

芸能人の名前

劇団3○○の軌跡と代表作

劇団3○○の誕生と主宰者の渡辺えり子 劇団3○○は、1981年に主宰者の渡辺えり子によって設立された劇団である。渡辺えり子は、1950年に東京都に生まれ、1969年に劇団「天井桟敷」に入団。1975年に退団後、1977年に「劇団3○○」を旗揚げした。劇団名は、渡辺えり子の本名の「渡辺えり子」の「え」と「り」を抜き取ったものである。 劇団3○○の初期のメンバーは、渡辺えり子、根岸季衣、風間杜夫、平泉成、坂上忍など、後に日本を代表する俳優となった人物が多く在籍していた。劇団は、1980年代に「3○○の女たち」「3○○の男たち」「3○○の子供たち」などの作品を上演し、高い評価を得た。1990年代に入ると、「3○○の家族」「3○○の青春」「3○○の恋愛」などの作品を上演し、さらに人気を集めた。 劇団3○○の主宰者である渡辺えり子は、1982年に映画「蒲田行進曲」で主演を務めて以来、映画やテレビでも活躍している。1995年には、映画「花より男子」で主演を務め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。また、2000年には、NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」で主演を務め、高い評価を得た。 劇団3○○は、2021年で設立から40周年を迎えた。現在は、渡辺えり子、根岸季衣、風間杜夫、平泉成、坂上忍など、初期のメンバーに加えて、新しく加入した若手俳優が在籍している。劇団は、毎年新作公演を行っており、高い人気を誇っている。