松平健

作品名

忠臣蔵を現代的手法で描いた「峠の群像」

「峠の群像」は、忠臣蔵を現代的手法で描いた作品です。大見出しは「忠臣蔵を現代的手法で描いた「峠の群像」」であり、小見出しは「赤穂浪士の討ち入り派と討ち入り否定派の生き方を中心に描く」となっています。「峠の群像」は、赤穂浪士の討ち入り派と討ち入り否定派の生き方を中心に描きます。 大石内蔵助は、赤穂浪士の討ち入り派のリーダーです。彼は、吉良上野介を討ち取るために、赤穂浪士を率いて江戸城に討ち入ります。一方、堀部安兵衛は、赤穂浪士の討ち入り否定派のリーダーです。彼は、吉良上野介を討ち取ることは、徒らに多くの命を犠牲にするだけだと主張します。 「峠の群像」は、討ち入り派と否定派の生き方を対比させながら、忠義と犠牲の関係性を問いかけます。討ち入り派は、忠義のために命を犠牲にすることをいとわないが、否定派は、忠義よりも命を大切にする。忠義とは何か、犠牲とは何か。「峠の群像」は、これらの問いに対して、明確な答えを出そうとしません。しかし、討ち入り派と否定派の生き方を対比させることで、忠義と犠牲の関係性を考えさせるのです。
作品名

暴れん坊将軍:必見の時代劇シリーズ

吉宗の活躍を描く物語 暴れん坊将軍は、徳川吉宗の治世を舞台にした時代劇シリーズです。徳川吉宗は、江戸幕府の8代将軍であり、その治世は「享保の改革」と呼ばれ、幕政の刷新や経済の安定化など、多くの功績を残しました。 暴れん坊将軍は、吉宗の治世を題材に、吉宗の活躍や人柄を描いた物語です。吉宗は、暴れん坊将軍と呼ばれるほど武術に優れ、正義感の強い人物として描かれています。また、吉宗には、お庭番の遠山金四郎や、旗本の堀田隼人など、個性豊かな家臣たちがおり、吉宗を支えています。 暴れん坊将軍は、吉宗の活躍や人柄を描きながら、江戸時代の生活や文化についても描いています。江戸の街並み、人々の暮らしぶり、当時の風習など、江戸時代の様子を垣間見ることができます。 暴れん坊将軍は、1978年から1982年までテレビ朝日系で放送され、全173話が制作されました。平均視聴率は20%を超え、国民的な人気を博しました。暴れん坊将軍は、その後も何度か再放送され、現在でも多くのファンに愛されています。
作品名

暴れん坊将軍IIIとは

暴れん坊将軍IIIにおいて、主要な出演キャストは、以下の通りである。 暴れん坊将軍こと徳川吉宗を演じるのは、松平健。前作『暴れん坊将軍II』に引き続き、その豪快な演技と殺陣で、視聴者を魅了した。 吉宗の側室・お美代の方を演じるのは、美保純。本作では、お美代が吉宗の寵愛を受けるようになり、ストーリーに大きく関わるようになった。 吉宗の側近・加納弥太郎を演じるのは、谷幹一。前作に引き続き、本作でも吉宗を支える頼もしい右腕として活躍する。 吉宗のもう一人の側近・青山新三郎を演じるのは、山城新伍。本作では、新三郎が吉宗の命を受けて、様々な任務を遂行する。 吉宗の娘・徳川松姫を演じるのは、松岡由貴。前作に引き続き、本作でも吉宗に愛される可憐な姫君を好演した。 吉宗の弟・徳川宗春を演じるのは、杉良太郎。本作では、宗春が吉宗と対立するようになり、ストーリーに大きな波紋を投じる。 吉宗の宿敵・水野忠邦を演じるのは、西郷輝彦。本作では、忠邦が吉宗を倒すために、様々な策略を巡らす。
作品名

「暴れん坊将軍 最終回スペシャル」あらすじと感想

「連続シリーズ終了を記念して制作されたスペシャルドラマ」 「暴れん坊将軍」の連続シリーズが終了するにあたって、その最終回を飾るスペシャルドラマが制作されました。このスペシャルドラマでは、吉宗が紀州藩主の時代から江戸幕府将軍になるまでの過程が描かれています。また、吉宗の側近である大岡越前や井伊直弼、松平健など、お馴染みのキャラクターたちも登場します。 このスペシャルドラマは、連続シリーズの魅力をすべて詰め込んだ内容となっています。吉宗の勇猛果敢な姿や、大岡越前の知恵、井伊直弼の忠義など、各キャラクターの見せ場が満載です。また、豪華なセットや衣装にも注目です。 このスペシャルドラマは、連続シリーズのファンにはもちろん、初めて「暴れん坊将軍」を見る人にもおすすめです。吉宗の生き様や、江戸時代の歴史に興味のある方はぜひご覧ください。
作品名

暴れん坊将軍の魅力と解説

「暴れん坊将軍とは?」 暴れん坊将軍は、主演を辰巳琢郎氏が務め、1994年から2003年までテレビ朝日系で放送されていた時代劇です。この作品は、暴れん坊将軍シリーズの第6弾にあたります。 徳川吉宗は、享保の改革に成功し、江戸の町を大いに繁栄させました。しかし、享保12年(1727年)に吉宗は病のため、わずか59歳でこの世を去ってしまいます。そして、跡を継いだのが、徳川家重です。 暴れん坊将軍で辰巳琢郎氏が演じるのは、この徳川家重です。家重は、きわめて温厚で学問を好み、また剣法の達人でもありました。しかし、その反面、世事には疎く、政治には無関心でした。 暴れん坊将軍では、吉宗と家臣団の活躍を描いた「吉宗編」と、家重とその家臣団の活躍を描いた「家重編」の2部構成となっています。
作品名

暴れん坊将軍〈V〉のすべて

「あらすじ」 暴れん坊将軍〈V〉のストーリーは、吉宗が将軍になった翌年から始まります。吉宗は、悪徳役人や悪代官を成敗し、庶民の味方として活躍します。また、吉宗の側近である大岡越前守忠相(松方弘樹)も、吉宗を支えながら、さまざまな事件を解決していきます。 吉宗が将軍になった翌年、江戸では大火が発生します。吉宗は、火事の原因を調査し、それが放火であることを突き止めます。吉宗は、放火犯を捕まえるために、大岡越前守忠相に命じます。大岡は、火事の現場を調べ、放火犯が誰であるかを突き止めます。放火犯は、吉宗を暗殺しようとしていた刺客でした。吉宗は、刺客を捕まえ、処刑します。 吉宗は、庶民の味方として、さまざまな政策を実施します。吉宗は、米価の引き下げや、商工業の振興、そして、教育の奨励などを行いました。吉宗の政策により、江戸は繁栄し、庶民の生活は向上しました。 吉宗は、将軍として、江戸幕府を安定させ、庶民の味方として活躍しました。吉宗は、江戸時代を代表する名君として、人々に慕われています。
作品名

暴れん坊将軍〈11〉とは?

暴れん坊将軍シリーズの第11作目となる「暴れん坊将軍〈11〉」は、1993年1月15日から12月17日まで、毎週金曜日20時から20時54分にテレビ朝日系で放送された。全48話。主演は松平健。 「暴れん坊将軍〈11〉」は、シリーズ初の48話放送作品であり、シリーズ通算第350話が放送された。 また、シリーズ初のハイビジョン制作作品でもあり、全話がハイビジョンで放送された。 「暴れん坊将軍〈11〉」のストーリーは、八代将軍徳川吉宗が江戸城西の丸で老中たちと政務を執りながら、庶民たちの暮らしを陰で見守っていくというもので、シリーズの他の作品と同様、吉宗の庶民的な性格と、正義感の強さが描かれている。 「暴れん坊将軍〈11〉」の主な登場人物は、吉宗(松平健)、お庭番の頭・四方之進(三浦浩一)、お庭番の源八(中田浩二)、お小姓の弥太郎(松崎しげる)、吉宗の側室のお菊(片平なぎさ)、柳沢吉保(西村晃)、田沼意次(根津甚八)、水野忠邦(市村正親)、堀田正亮(石坂浩二)、阿部正弘(北村総一朗)などである。
作品名

暴れん坊将軍〈10〉

「暴れん坊将軍〈10〉」は、1995年4月14日から2000年3月24日までテレビ朝日系列で放送された時代劇である。全231話。主演は松平健。 作品は、江戸時代の将軍徳川吉宗が、人々の暮らしぶりを察するべく、自ら町人姿となって江戸の街を歩き回るという設定である。吉宗は、町人姿でさまざまな事件に遭遇し、その解決に奔走する。また、吉宗の側近である大岡越前守忠相や、吉宗の妹である鶴姫なども登場し、吉宗を支える。 「暴れん坊将軍〈10〉」は、松平健の代表作の一つであり、高い人気を博した。その人気は、松平健の軽快なアクションと、吉宗の人情味あふれるキャラクターによるものであった。また、作品には、吉宗と大岡越前守忠相のコンビによるユーモアあふれる掛け合いも魅力の一つであった。 「暴れん坊将軍〈10〉」は、2000年3月24日に最終回を迎えた。しかし、その人気は衰えることなく、現在でも再放送が行われている。また、2019年には、松平健主演で「暴れん坊将軍〈11〉」が放送された。
作品名

「暴れん坊将軍〈VIII〉」を紐解く

小見出し 松平健の威厳ある演技 松平健の徳川吉宗役は、威厳がありながらも親しみやすい存在であった。彼の演技は、吉宗の武勇伝や知恵を伝えるだけでなく、吉宗の人柄も表現していた。松平健は、吉宗の威厳と親しみやすさを同時に表現するために、声や表情、動作に工夫を凝らしていた。彼の演技は、多くの人々から好評を博し、大河ドラマ「暴れん坊将軍」シリーズを成功に導いた。 松平健は、吉宗の威厳を表現するために、声や表情に力を入れていた。吉宗は、将軍として人々を統率する立場にあるため、威厳のある声と表情が求められる。松平健は、吉宗の声に張りと威厳を持たせ、表情には凛々しさを出していた。また、吉宗は、人々との交流を大切にする人物でもあったため、松平健は、吉宗の人柄を表現するために、穏やかな声と表情も使い分けていた。 松平健は、吉宗の親しみやすさを表現するために、動作に工夫を凝らしていた。吉宗は、将軍として人々から尊敬される存在でありながらも、人々との交流を大切にする人物であった。松平健は、吉宗の動作に親しみやすさを持たせることで、吉宗の人柄を表現していた。例えば、吉宗が人々と話をするシーンでは、松平健は、吉宗の動作に柔らかさを出していた。また、吉宗が人々を助けるシーンでは、松平健は、吉宗の動作に力強さを出していた。 松平健の演技は、吉宗の威厳と親しみやすさを同時に表現しており、多くの人々から好評を博した。彼の演技は、大河ドラマ「暴れん坊将軍」シリーズを成功に導いた。
作品名

暴れん坊将軍〈VII〉

「暴れん坊将軍〈VII〉」で描かれるのは、江戸時代を舞台に、将軍徳川吉宗が天下泰平のために奔走する物語である。吉宗は、将軍として江戸城に君臨し、民の暮らしを守り、悪を成敗する。 吉宗には、二人の側近がいる。一人は、側用人の松平伊豆守(いずのかみ)である。伊豆守は、吉宗の腹心であり、政務や諜報活動などを担当する。もう一人は、御庭番頭の大岡越前守(えちぜんのかみ)である。越前守は、吉宗の剣術指南役であり、吉宗の護衛や江戸城の警備などを担当する。 吉宗は、将軍として様々な事件に遭遇する。その一つが、大奥の陰謀である。大奥は、将軍の妻や側室、女官などが住む場所であり、そこでは権力争いが絶えない。吉宗は、大奥の陰謀を暴き、大奥を改革する。 また、吉宗は、悪代官の横暴を成敗する。悪代官とは、私腹を肥やすために民衆を苦しめる役人のことである。吉宗は、悪代官を成敗することで、民衆の暮らしを守護する。 吉宗は、将軍として江戸城に君臨し、民の暮らしを守り、悪を成敗する。吉宗の活躍によって、江戸時代は太平の世となり、民衆は安穏に暮らすことができるようになった。
作品名

人間の條件:戦争と人間を描いた名作

五味川純平による大河小説「人間の條件」は、第二次世界大戦下の人間の在り方を問う大作である。主人公の梶は、戦地に送られ、そこで熾烈な戦いを経験する。死と隣り合わせの極限状況の中で、梶は自らの生き方や人間としての尊厳について考え抜く。 「人間の條件」は、戦争の残酷さと人間の愚かさを浮き彫りにする一方、人間の希望と愛の強さを描き出した作品でもある。梶は戦場で多くの仲間を失い、自らの肉体と精神も傷つけられるが、それでもなお希望を捨てず、仲間たちのために戦い続ける。また、梶は戦地で出会った女性、キヨと愛し合い、彼女との間に子供をもうける。キヨとの愛は、梶に生きる力を与え、戦いを乗り越えていく支えとなる。 「人間の條件」は、戦争という悲劇を背景に、人間の生きる意味を問う壮大な作品である。梶の生きざまを通して、人間はどんな状況にあっても、希望を捨てず、人間としての尊厳を保ちながら生きることができるということを教えてくれる。
作品名

必見!「暴れん坊将軍〈II〉」の魅力

松平健演じる徳川吉宗の魅力は、その野心とたくましさを兼ね備えた「天下御免」なキャラクターにあります。彼は、将軍として権力を握り、同時に民衆の生活も向上させるために尽力します。民衆に寄り添い、正義のために戦う彼の姿は、人々に勇気を与え、希望を与えます。 また、吉宗は、優れた剣術の使い手でもあり、その姿は圧巻です。常に前向きに物事に取り組む姿勢は、人々に生きる力を与えます。彼の生き様は、まさに「天下御免」の精神が体現されており、多くの人々に愛されています。 吉宗は、民衆に寄り添う将軍として、常に民衆の声に耳を傾け、民衆の生活を向上させるために尽力します。彼は、民衆の生活を向上させるために、様々な改革を行いました。また、吉宗は、優れた剣術の使い手でもあり、その姿は圧巻です。常に前向きに物事に取り組む姿勢は、人々に生きる力を与えます。彼の生き様は、まさに「天下御免」の精神が体現されており、多くの人々に愛されています。
作品名

遠山の金さんってどんなドラマ?

「遠山の金さん」とは、江戸時代を舞台に、民衆から慕われる名奉行として知られる遠山金四郎を主人公とした時代劇である。遠山金四郎は、実在した人物であり、江戸の町奉行として活躍した。金四郎は、庶民の味方として、不正や悪を裁き、人々から「金さん」と呼ばれて親しまれた。 「遠山の金さん」というドラマは、金四郎の活躍を題材とし、様々な事件を解決していく物語である。金四郎は、切れ者で、正義感が強く、庶民の暮らしに寄り添った奉行として描かれている。金四郎の活躍を通して、江戸時代の庶民の暮らしや、人情などが描かれる。 「遠山の金さん」というドラマは、長年にわたって愛され続けている時代劇である。金四郎の活躍する姿は、人々に勇気と希望を与え、人情味あふれる物語は、人々の心を打つ。金四郎は、まさに江戸の町のヒーローであり、その活躍は、いつの時代も人々に愛され続けるだろう。
作品名

春の時代劇スペシャル 暴れん坊将軍:懐かしの傑作時代劇を振り返る

テレビ朝日の開局45周年記念番組として制作された「春の時代劇スペシャル 暴れん坊将軍」は、1996年4月2日に放送されたテレビドラマです。大岡越前シリーズなどテレビ朝日の代表作である「時代劇」を特集し、当時のスターや関係者へのインタビューを交えながら、懐かしの傑作時代劇を振り返る大型特別番組として制作されました。 番組では松平健氏演じる徳川吉宗をはじめ、大岡越前シリーズで加藤剛氏が演じた大岡忠相、水戸黄門シリーズで東野英治郎氏が演じた水戸光圀など、テレビ朝日の時代劇を代表する人気キャラクターたちが登場。それぞれの作品のストーリーや見どころを、当時の映像とともに振り返りました。また、出演者やスタッフへのインタビューでは、当時の撮影秘話や苦労話など、貴重なエピソードが数多く披露され、時代劇ファンの心を熱くしました。 この番組は、テレビ朝日の開局45周年を記念して制作された特別番組ということで、豪華なキャストとスタッフが集結し、まさに「お祭り」のような作品となりました。時代劇ファンはもちろん、そうでない人も楽しめる内容となっていました。
作品名

吉宗評判記 暴れん坊将軍:時代劇の名作

松平健主演の傑作時代劇 松平健主演の「吉宗評判記 暴れん坊将軍」は、1978年から1982年までテレビ朝日系で放送された時代劇。累計視聴率30%超えを記録するなど、爆発的な人気を博した。 本作は、江戸時代を舞台に、徳川八代将軍・徳川吉宗が活躍する姿を描いた作品。吉宗は、庶民に親しまれ、民衆の権利を守るために奔走する名君として描かれている。 松平健は、吉宗を熱演。庶民に寄り添う姿、悪を斬る姿など、その演技は多くの視聴者を魅了した。 松平健の迫真の演技と、豪華なセットや衣装、そしてストーリーの面白さなどが話題となり、本作は国民的ドラマとなった。 本作は、時代劇でありながら、現代にも通じるテーマを描いている。吉宗が、庶民の権利を守るために戦う姿は、現代の世にも通じるものである。また、吉宗が、悪を斬る姿は、勧善懲悪の精神を体現しており、多くの視聴者に受け入れられた。 本作は、時代劇の名作として、現在も多くの視聴者に愛されている。
作品名

暴れん坊将軍800回記念新春スペシャル

「暴れん坊将軍800回記念新春スペシャル」の番組概要 テレビ朝日系で2023年1月1日に放送された「暴れん坊将軍800回記念新春スペシャル」は、1978年から2002年まで放送された人気時代劇「暴れん坊将軍」シリーズの記念すべき通算800回を記念して制作されたスペシャル番組です。 番組では、シリーズの主人公である徳川吉宗(演松平健)とその仲間たちが、江戸の町で起こる様々な事件を解決していく姿が描かれます。また、ゲストとして豪華俳優陣が出演し、物語を盛り上げます。 スペシャル番組の舞台は、吉宗が将軍となってから10年後の江戸。吉宗は、江戸の町をより良い場所にするために、様々な改革を行っています。そんな中、江戸で連続殺人事件が発生。吉宗は、事件の捜査に乗り出します。 捜査を進めた吉宗は、事件の背後には、吉宗の改革を阻止しようとする勢力が隠れていることを突き止めます。吉宗は、仲間たちとともに、この勢力と対決し、事件を解決していきます。 「暴れん坊将軍800回記念新春スペシャル」は、シリーズのファンのみならず、時代劇ファンも楽しめる内容となっています。松平健をはじめとする豪華俳優陣の熱演にも注目です。
作品名

暴れん坊将軍〈9〉について

暴れん坊将軍〈9〉は、1999年1月15日から12月17日までテレビ朝日系列で毎週金曜日20時〜21時に放送された、東映制作の時代劇テレビドラマシリーズ。全48話。主演は松平健。 このドラマは、暴れん坊将軍シリーズの第9作目であり、1996年から1998年まで放送された暴れん坊将軍〈8〉の続編である。吉宗が将軍職を退き、一橋徳川家の当主として南町奉行に就任し、公正な裁きを下しながら、町民の悩みを解決していく姿を描く。また、吉宗と側用人の黒木勘右衛門との友情や、吉宗と町娘のお涼との恋愛模様も描かれる。
作品名

麻婆豆腐の女房の魅力を徹底解説!

原作とドラマの違いを徹底比較 麻婆豆腐の女房は、東野圭吾の同名小説を原作としたテレビドラマです。2003年にフジテレビ系列で放送され、平均視聴率は16.8%でした。このドラマは、主人公の麻婆豆腐店を営む女性が、夫の死後、子供たちを育てながら店を切り盛りしていく姿を描いています。 原作とドラマでは、いくつかの違いがあります。まず、原作では主人公の麻婆豆腐店は東京の下町にある設定ですが、ドラマでは千葉県にある設定に変更されています。また、原作では主人公の夫は病気で亡くなりますが、ドラマでは事故で亡くなります。 さらに、原作では主人公の子供たちは3人ですが、ドラマでは2人に変更されています。また、原作では主人公の夫の死後、主人公は店を畳んで故郷に帰りますが、ドラマでは店を続けていくという設定に変更されています。 これらの違いは、ドラマをより見やすくするために加えられたものだと思われます。原作は、主人公の心の描写を重視した小説ですが、ドラマは、主人公の行動を重視したドラマです。そのため、ドラマでは、原作よりも主人公の行動が強調されている部分があります。 しかし、原作とドラマの違いは、作品のテーマを損なうものではありません。原作とドラマは、どちらも主人公の生き方に焦点を当てた作品です。主人公の生き方は、原作とドラマで共通しています。そのため、原作とドラマは、どちらも感動的な作品になっています。
作品名

暴れん坊将軍〈12〉主要出演者と見どころ

松平健が演じる徳川吉宗は、将軍としては稀代の改革者として知られ、将軍就任後、享保の改革を実施して幕府や社会の財政を立て直しただけでなく、飢饉や水害にも対処し、人々の生活を安定させました。松平健は、そんな吉宗を熱演し、その人間味溢れる演技が高く評価されました。 松平健が演じる徳川吉宗のもう一つのみどころは、そのアクションシーンです。吉宗は将軍でありながら、時には自ら人々と交わり、悪を倒したり、人助けをしたりします。そんな吉宗の活躍するシーンは、迫力満点で、見ている人をハラハラさせるでしょう。 さらに、松平健が演じる徳川吉宗は、その優しさも魅力です。吉宗は、人々を思いやり、慈しむ心が強く、困っている人には手を差し伸べます。そんな吉宗の姿は、多くの人々に感動を与え、人気を集めました。 松平健が演じる徳川吉宗は、そのカリスマ性、演技力、そして優しさで、多くの人々を魅了しました。吉宗は、暴れん坊将軍の中でも特に人気のあるキャラクターであり、松平健の代表作の一つとなっています。
作品名

暴れん坊将軍〈IV〉について

「暴れん坊将軍〈IV〉」は1991年1月5日から12月21日まで、テレビ朝日系列で毎週土曜日2000 - 2054に放送された、東映制作のテレビドラマである。全50話。 徳川吉宗を主人公とし、庶民に寄り添い、悪を成敗する活躍を描く。吉宗には、側用人・大岡忠相、火付盗同心・中村主水、吉宗の弟・徳川宗春、吉宗の息子・徳川家治など、個性豊かな仲間たちがいる。 吉宗は、江戸の町で起こる様々な事件を解決する。汚職にまみれた役人を懲らしめ、庶民を苦しめる悪党を成敗する。また、吉宗は、江戸の文化や芸能の振興にも努める。歌舞伎を奨励し、浮世絵を保護する。 「暴れん坊将軍〈IV〉」は、時代劇ファンに親しまれた人気ドラマである。吉宗の活躍を、爽快感たっぷりに描く。また、吉宗を取り巻く仲間たちの個性豊かなキャラクターも魅力的である。
作品名

まっつぐ鎌倉河岸捕物控 〜知られざる江戸裏社会〜

物語の舞台は江戸時代。往来する人々で賑わう町には、様々な思いを抱えた人々が行き交う。表向きは平和で秩序ある社会だが、その裏側には、貧困や差別、犯罪が渦巻いていた。貧困に苦しむ人々は、生き延びるために盗みを働き、差別される人々は、絶えず偏見と闘い、犯罪者は、闇の中で暗躍していた。 そんな江戸の町で、一人の男が人々の困り事を解決し、悪を裁いていた。その男の名は、まっつぐ鎌倉河岸。彼は、人々からは「お助け屋」と呼ばれ、親しまれていた。まっつぐ鎌倉河岸は、元々は江戸の町で暮らす一介の町民だったが、ある日、偶然にも一人の役人に命を狙われているところを目撃した。彼は、その役人を退治し、役人の横暴を暴いた。その一件以来、まっつぐ鎌倉河岸は「お助け屋」として人々から頼られるようになった。 まっつぐ鎌倉河岸は、人々から依頼された事件を、独自の洞察力と推理力で解決していく。彼の活躍は、江戸の町に広がり、やがては、幕府の役人からも一目置かれるようになった。しかし、彼の活躍を快く思わない者もいた。それが、幕府の重臣、大久保長安である。大久保長安は、まっつぐ鎌倉河岸を邪魔者とみなし、彼を陥れようと策略をめぐらせる。まっつぐ鎌倉河岸は、大久保長安の策略に巻き込まれていくが、持ち前の洞察力と推理力で、見事に切り抜けていく。 まっつぐ鎌倉河岸は、江戸の町で人々を助け、悪を裁き続けた。彼の活躍は、人々に勇気を与え、希望をもたらした。江戸の町が平和で秩序ある社会であるのは、ひとえにまっつぐ鎌倉河岸のおかげであると言って過言ではない。
作品名

暴れん坊将軍ドラマスペシャル

30周年記念!人気時代劇の単発スペシャル 大人気時代劇『暴れん坊将軍』の単発スペシャルが、放送30周年を記念して放送されることになりました。この単発スペシャルは、レギュラー放送終了後12年ぶりの新作となり、原点回帰をテーマに、第1話のストーリーをベースに新たな物語が展開されます。主演は、もちろん松平健さん。30年経った今もなお、若々しく健康的な松平健さんが、暴れん坊将軍のイメージそのままで帰ってくるそうです。 今回の単発スペシャルでは、松平健さん演じる徳川吉宗公の前に、新たな刺客が現れます。そして、吉宗と刺客との壮絶なバトルが繰り広げられます。また、吉宗を支える仲間たちや、吉宗に想いを寄せる美女たちとの絡みも、見どころの一つとなっています。 30年ぶりに復活する『暴れん坊将軍』。松平健さんと豪華共演陣が織りなす、壮大な時代劇ロマンに、ご期待ください!
作品名

昇龍 いざゆけ ドラゴンズ 知られざる誕生秘話

-中日ドラゴンズを鼓舞する球団歌の歴史- 中日ドラゴンズの球団歌は、チームの長い歴史の中で、ファンとともに歩んできたかけがえのない存在だ。球団歌の誕生は、1936年に中日ドラゴンズの前身である名古屋軍が創設されたことにさかのぼる。当時、チームは球団歌を持っておらず、試合前に流す音楽は軍歌や流行歌などが用いられていた。しかし、チームの強化とともに、球団歌の必要性が高まり、1937年に初の球団歌「名古屋軍の歌」が作られた。 「名古屋軍の歌」は、作詞を村田英雄、作曲を古関裕而が手がけた。歌詞は、名古屋軍の力強い戦いを称えるものであり、試合前にファンを鼓舞するのに最適な曲であった。この曲は、チームが1940年にセ・リーグに加盟してからも引き続き使用され、ファンの間で親しまれた。 1950年にチーム名が中日ドラゴンズに改称された後も、球団歌は「名古屋軍の歌」が引き続き使用された。しかし、1960年代になると、球団歌の歌詞が時代遅れになりつつあるという指摘が上がるようになった。そこで、1964年に球団歌を改訂し、「ドラゴンズの歌」が作られた。 「ドラゴンズの歌」は、作詞を丘灯至夫、作曲を古関裕而が手がけた。歌詞は、中日ドラゴンズの伝統と栄光を称えるものであり、当時のチームの躍進を象徴する曲であった。この曲は、チームが1974年にセ・リーグ初優勝を果たした際にも使用され、ファンの間で大きな盛り上がりを見せた。 1997年に中日ドラゴンズは球団歌を再び改訂し、「燃えよドラゴンズ!」が作られた。この曲は、作詞を秋元康、作曲を織田哲郎が手がけた。歌詞は、中日ドラゴンズへの熱い想いを込めたものであり、チームの新しい時代を象徴する曲となった。この曲は、チームが2004年に日本一に輝いた際にも使用され、ファンの間で大きな感動を呼んだ。 中日ドラゴンズの球団歌は、チームの歴史とともに歩んできたかけがえのない存在である。球団歌は、チームの伝統と栄光を称え、ファンの心を一つにする役割を果たしている。今後も、中日ドラゴンズの球団歌は、チームを鼓舞し、ファンの熱い想いを届ける役割を果たし続けるだろう。
作品名

黄金鯱伝説グランスピアーの魅力

グランスピアーの誕生秘話 黄金鯱伝説グランスピアーは、絶滅寸前だった黄金鯱を再生・生息させる目的で開発された、人工的な代替種である。そのきっかけとなったのは、1990年代初頭に行われた黄金鯱の繁殖実験だった。この実験は成功し、黄金鯱の繁殖に成功したものの、その個体はすべて親株と同様、花を咲かせずに枯死してしまった。 研究者たちは、この現象の原因を黄金鯱の遺伝子にあるのではないかと考え、黄金鯱の遺伝子を解析することにした。その結果、黄金鯱の遺伝子には、花を咲かせるために必要な遺伝子の一部が欠損していることが判明した。そこで、研究者たちは、欠損している遺伝子を他の植物から移植することで、黄金鯱の花を咲かせることに成功したのである。 そしてついに、2000年に「グランスピアー」が誕生したのである。グランスピアーは、黄金鯱の代用品として開発された人工的な植物ではあるが、その美しさは紛れもなく本物の黄金鯱のそれである。黄金鯱の繁殖実験では、黄金鯱の遺伝子の欠損が判明したが、その欠損を他の植物の遺伝子を移植することで解決した。その結果、黄金鯱の花を咲かせることに成功し、グランスピアーが誕生したのである。