果汁

モノの名前

薄雪を知っていますか?

青森の銘菓「薄雪」 青森を代表する銘菓の一つである「薄雪」は、その名の通り、薄雪のような儚い口溶けが特徴のお菓子です。明治時代初期、青森県弘前市で創業した老舗和菓子店「菊屋長兵衛」が、名峰・岩木山の山頂に積もった雪をイメージして考案したと伝えられています。 薄雪の原材料は、小麦粉、砂糖、水飴、バター、卵、そして青森県産の新鮮な牛乳です。これらの材料を丁寧に練り上げて作られた生地は、薄く伸ばされて、オーブンでじっくりと焼き上げられます。焼き上がった生地は、サクサクとした食感と、ほのかな甘さが特徴です。 薄雪は、そのまま食べても美味しいですが、青森県では、薄雪をアイスクリームに添えて食べるのが定番です。アイスクリームの冷たさと、薄雪の温かさとサクサクとした食感が絶妙にマッチし、青森の夏の風物詩となっています。 薄雪は、青森を訪れた際にはぜひ味わいたい銘菓です。青森県内のお土産屋さんや、デパートなどで購入することができます。
モノの名前

黄金色のリンゴ、「シナノゴールド」の秘密

シナノゴールドは、1966年に長野県果樹試験場において、ゴールデンデリシャスとインドという2つの品種を交配させて誕生したリンゴです。長野県の特産品であり、生産量は全国1位を誇ります。シナノゴールドは、その名の通り、黄金色に輝く美しい外観が特徴です。果肉は甘くてジューシーで、酸味が少ないため、食べやすいリンゴです。また、日持ちがするため、贈答用にも人気があります。 シナノゴールドは、長野県の厳しい気候の中で育ちます。長野県は、標高が高く、昼夜の寒暖差が大きい気候です。この気候が、シナノゴールドの甘みと酸味のバランスを良くするのに適しています。また、長野県は、水はけの良い土壌が多いことも、シナノゴールドの栽培に適しています。 シナノゴールドの収穫は、10月中旬から11月上旬にかけて行われます。収穫されたシナノゴールドは、貯蔵施設で貯蔵され、12月から翌年3月頃まで出荷されます。シナノゴールドは、生のまま食べるだけでなく、ジュースやジャム、お菓子などにも加工されます。
モノの名前

ひろさきふじの特徴と味

-ひろさきふじの特徴- ひろさきふじは、青森県弘前市で生まれたリンゴの新品種です。その特徴は、なんといってもその大きさと甘さ。平均的なリンゴの重量は200~300グラム程度ですが、ひろさきふじは400~500グラムと、2倍以上の大きさになります。また、糖度は14~15度と高く、酸味が少ないため、非常に甘く食べやすいのが特徴です。 ひろさきふじは、その大きさや甘さから、青森県を代表するリンゴとして知られています。青森県は、全国で最も多くリンゴを生産している県であり、その中でもひろさきふじは、生産量、出荷量ともにトップクラスを誇ります。 ひろさきふじは、その大きさや甘さから、青森県を代表するリンゴとして知られています。青森県は、全国で最も多くリンゴを生産している県であり、その中でもひろさきふじは、生産量、出荷量ともにトップクラスを誇ります。 ひろさきふじは、その大きさや甘さから、青森県を代表するリンゴとして知られています。青森県は、全国で最も多くリンゴを生産している県であり、その中でもひろさきふじは、生産量、出荷量ともにトップクラスを誇ります。
モノの名前

日向夏ゼリーの魅力とおすすめ

日向夏ゼリーの誕生と歴史 日向夏ゼリーは、その名の通り、日向夏をメインの食材としたゼリーです。日向夏は、宮崎県の特産品である柑橘類の一種で、酸味が少なく、まろやかな味わいが特徴です。日向夏ゼリーは、日向夏の果汁と果肉をゼリーに混ぜ込んで作られることが多く、爽やかな酸味と甘さが楽しめる一品となっています。 日向夏ゼリーは、大正時代初期に宮崎県で誕生したと言われています。当時、宮崎県では、日向夏を生産する農家が数多くありましたが、収穫した日向夏を市場に出荷する際に、傷がつくなどの理由で商品にならない日向夏が大量に出荷されていました。そこで、農家たちは、傷のある日向夏を有効活用するために、ゼリーにして販売することを考えました。これが、日向夏ゼリーの誕生のきっかけとなりました。 日向夏ゼリーは、誕生以来、宮崎県内を中心に人気を集め、昭和30年代頃には、全国的に知られるようになりました。現在では、日向夏ゼリーは、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されており、多くの人々に親しまれている宮崎県の特産品です。
モノの名前

岡山県の地発泡酒「ピーチピルス」を味わおう!

岡山県の地発泡酒「ピーチピルス」は、岡山県産の桃を使用した爽やかな味わいが特徴の発泡酒です。桃の香りと甘みが感じられるフルーティーな味わいで、アルコール度数5.5%と飲みやすいのが特徴です。 また、「ピーチピルス」は、岡山県産の桃を100%使用しており、岡山県の豊かな自然を味わうことができるのも魅力です。桃の香りは、岡山県産の桃をふんだんに使用することで実現されており、甘みは、桃本来の甘みが生かされています。 「ピーチピルス」は、岡山県内の飲食店やスーパーで購入することができます。岡山県を訪れた際には、ぜひ「ピーチピルス」を味わってみてください。
モノの名前

「フルーツでおいしいやさいジュレ」で野菜嫌いな子供を克服しよう!

野菜嫌いで悩むお母さんへ 野菜嫌いのお子様を抱えるお母さんは、毎日献立を考えるだけでも大変ですよね。野菜を克服できれば悩みは解消されるのに、なかなかうまくいかないのが親子の本音です。 そんなお母さんたちのために、今回は野菜嫌いな子供でもおいしく食べられる「フルーツでおいしいやさいジュレ」をご紹介します。このレシピは、フルーツの甘みで野菜の青臭さをカバーし、ゼリー状にすることで食べやすさをアップさせたものです。 フルーツでおいしいやさいジュレは、お子様が大好きなイチゴやリンゴなどのフルーツと、ほうれん草やピーマンなどの野菜を一緒にミキサーにかけて作ります。野菜の青臭さは、フルーツの甘味でカバーされるので、お子様も喜んで食べてくれるでしょう。また、ゼリー状にすることで、食べやすさがアップします。 フルーツでおいしいやさいジュレは、朝食や昼食のおかずとして、またおやつとしてなど、様々なシーンで活躍します。野菜嫌いのお子様でもおいしく食べられるので、ぜひ一度試してみてください。
モノの名前

秋姫の魅力と栽培方法

秋姫の特徴と種類 秋姫は、キク科アキザクラ属の一年草で、初秋から晩秋にかけて可憐な花を咲かせます。花色は、白、ピンク、赤、紫などがあり、花弁は細長く、中心には黄色の葯が見えます。茎は直立または斜上し、高さは30~80cmほどになります。葉は羽状に切れ込みが入っており、互生しています。 秋姫には、大きく分けて2種類があります。1つは、一重咲きの「秋姫」で、もう1つは、八重咲きの「八重秋姫」です。一重咲きの秋姫は、花弁が5~8枚で、八重咲きの秋姫は、花弁が10枚以上あります。また、八重秋姫は、一重咲きの秋姫よりも花が大きく、豪華な印象です。
モノの名前

愛媛の柑橘ゼリー「ちゅうちゅうゼリー」がたまらない

-愛媛の特産品〜愛媛のフルーツゼリー- 愛媛県は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、みかんや柑橘類の生産が盛んな地域です。そんな愛媛県で生まれたのが、愛媛のフルーツゼリーです。 愛媛のフルーツゼリーは、愛媛県産の新鮮なフルーツをふんだんに使用して作られたゼリーです。みかんやオレンジ、レモン、伊予柑など、様々な種類のフルーツゼリーがあります。 愛媛のフルーツゼリーは、その名の通り、愛媛県産のフルーツのおいしさをそのまま閉じ込めたような味わいが特徴です。みかんの爽やかな酸味、オレンジの甘み、レモンの香りの良さが、ゼリーの中にぎゅっと詰まっています。 また、愛媛のフルーツゼリーは、ぷるぷるとした食感も魅力です。ゼラチンを固めることで、フルーツの旨味を閉じ込め、ぷるぷるとした食感を出すことができます。 愛媛のフルーツゼリーは、愛媛県のお土産としても人気です。愛媛県を訪れた際には、ぜひ愛媛のフルーツゼリーをお土産に購入してはいかがでしょうか。
モノの名前

ぎゅぎゅっとのあれこれ

ぎゅぎゅっとの歴史 ぎゅぎゅっとは、1994年に菓子メーカーの Morinaga 製菓によって発売されたスナック菓子です。発売当初は「ぎゅぎゅっと」という名前ではなく、「ぎゅっと」という名前で販売されていました。しかし、後に「ぎゅぎゅっと」という名前に変更されました。 ぎゅぎゅっとは、小麦粉、砂糖、油、塩、イースト菌などで作られています。小麦粉と砂糖を混ぜ合わせて生地を作り、そこに油と塩を加えてこねます。その後、イースト菌を加えて発酵させ、最後にオーブンで焼き上げます。 ぎゅぎゅっとは、発売当初から多くの人々に親しまれてきました。その理由は、ぎゅっと詰まった生地の食感と、ほどよい甘さが特徴だからです。また、ぎゅぎゅっとは、そのまま食べてもおいしいですが、牛乳やコーヒーと一緒に食べてもおいしくいただけます。 ぎゅぎゅっとは、発売以来、何度もリニューアルが行われてきました。2000年には、生地の食感をよりサクサクにするために、生地の配合を変更しました。また、2005年には、砂糖の量を減らし、甘さを控えめにしました。 ぎゅぎゅっとは、発売以来、20年以上愛され続けているスナック菓子です。そのおいしさは、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

「サマーエンジェル」の魅力を味わう

「サマーエンジェル」の特徴 軽やかなサウンドとキャッチーなメロディーが特徴の「サマーエンジェル」は、聴く人の心を明るくし、夏への期待を高めてくれる1曲です。歌詞には、夏のバカンスやビーチでの遊びなど、夏の楽しい過ごし方が描かれており、夏の開放感やワクワク感を演出しています。また、さわやかなボーカルとコーラスワークが、夏の爽やかさを表現し、夏をより一層盛り上げてくれます。 「サマーエンジェル」は、夏の定番ソングとして、多くのリスナーに愛され続けている名曲です。その軽やかなサウンドとキャッチーなメロディーは、聴く人の心を明るくし、夏への期待を高めてくれます。歌詞には、夏のバカンスやビーチでの遊びなど、夏の楽しい過ごし方が描かれており、夏の開放感やワクワク感を演出しています。また、さわやかなボーカルとコーラスワークが、夏の爽やかさを表現し、夏をより一層盛り上げてくれます。
モノの名前

梅札の魅力と美味しさ

梅札の歴史と起源 梅札は、梅酒を作るために使われる梅の実のことである。梅酒は、梅の実を焼酎や日本酒に漬け込んで作るお酒で、日本古来から親しまれてきた。梅酒は、梅の酸味と甘みが絶妙に調和した、爽やかな味わいが特徴である。梅酒は、そのまま飲むだけでなく、カクテルやサワーにしても美味しく飲める。 梅札の歴史は古く、奈良時代にはすでに梅酒が作られていたという記録がある。平安時代には、梅酒が宮廷でも飲まれるようになり、江戸時代には庶民の間にも広まった。現在では、梅酒は日本の国民酒ともいえる存在であり、多くの家庭で作られている。 梅札は、梅酒を作るために欠かせない材料である。梅札には、梅の酸味と甘みが凝縮されており、梅酒に独特の風味を与える。梅札には、青梅と完熟梅の2種類がある。青梅は、酸味が強く、完熟梅は甘みが強い。梅酒を作る際には、青梅と完熟梅を混ぜて使うと、酸味と甘みのバランスが良くなる。 梅札は、梅の木になる実である。梅の木は、日本では全国各地に分布しており、初夏には白い花を咲かせる。梅の実には、ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれており、疲労回復や食欲増進に効果があるといわれている。梅の実には、殺菌作用や抗菌作用もあり、風邪予防や食中毒予防にも効果があるとされている。
モノの名前

鳥取県産の梨「秋栄」の魅力

秋栄の特徴と歴史 秋栄は鳥取県産の梨で、2004年に「新甘泉(しんかんせん)」と「新高(にいたか)」を交配して誕生しました。鳥取県の気候風土に適しており、県内各地で栽培されています。 秋栄は、9月下旬から10月上旬にかけて収穫される晩生梨です。果実は大きく、平均的な重さは300~400g程度です。果皮は黄緑色で、果肉は白く、果汁が豊富です。甘みが強く、酸味は控えめなため、食べやすい梨です。 秋栄は、鳥取県を代表する梨として親しまれています。県内の直売所やスーパーマーケットなどで販売されているほか、県外にも出荷されています。また、秋栄を使った加工品も人気があり、ジャムやゼリー、ジュースなどさまざまな商品が販売されています。 秋栄は、鳥取県の特産品として、県内外で愛されている梨です。その美味しさは、鳥取県が誇るべきものの一つです。
その他

「柿渋の日」とは?その特徴と利用方法

「柿渋の日」とは、柿渋の製造・販売を行う「柿渋屋」が制定した記念日で、毎年10月17日です。柿渋は、柿の渋を主成分とした天然の染料であり、防虫・防腐・防水などの効果があることから、古くから建築や家具、衣類など様々な用途に使用されてきました。 「柿渋の日」の由来は、柿渋の製造・販売を行う「柿渋屋」が、柿渋の認知度を高め、その利用を促進することを目的に2015年に制定したことにあります。10月17日は、柿の収穫期である10月下旬と、柿渋の製造工程の中で最も重要な「柿渋搾り」が行われる11月上旬の中間の日であることから、この日に「柿渋の日」が制定されました。
モノの名前

「マスカットピルス」の魅力

岡山県で生まれた地発泡酒「マスカットピルス」は、岡山県のマスカット・オブ・アレキサンドリアという品種のブドウを使用して作られています。マスカットピルスは、その名の通り、マスカットの香りと味わいが特徴の発泡性清涼飲料水です。ほのかに甘みのある爽やかな味わいで、アルコール分は0.5%と低く、アルコールが苦手な方や、お酒を飲みながら運転をしたい方にもおすすめです。 マスカットピルスは、岡山県内の観光地やスーパーマーケットなど、さまざまな場所で販売されています。岡山県のお土産としても人気があり、県外から訪れる観光客にも好評です。岡山県産のマスカットを使用した地発泡酒「マスカットピルス」は、岡山県の特産品として、県内外の多くの人に親しまれています。
モノの名前

福岡県の特産品「蓬莱柿」の魅力

果肉は鮮紅色でジューシーな「蓬莱柿」 蓬莱柿は果肉が鮮やかな紅色で、非常にジューシーな柿です。その甘みは上品で、柿本来の風味がしっかり感じられます。また、果肉はとても柔らかく、口の中でとろけるような食感を楽しむことができます。 蓬莱柿は、生で食べる以外にも、様々な料理に使用することができ、デザートはもちろん、サラダや肉料理などにもよく合います。また、果肉を乾燥させて干し柿にすることもできます。干し柿は、栄養価が高く、長期保存が可能なので、健康的なおやつとしておすすめです。 蓬莱柿は、福岡県の特産品として知られていますが、全国各地のスーパーや果物店で購入することができます。また、オンラインショッピングでも取り扱っているところがあるので、ぜひ一度賞味してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

信州伝統のお菓子「みすず飴」の魅力とは?

-「みすず飴」の歴史と由来- 「みすず飴」は、長野県松本市にある老舗和菓子店「みすず飴本舗」で作られている伝統的なお菓子です。その歴史は古く、江戸時代末期にまでさかのぼります。 「みすず飴」の創始者は、松本城の近くに住んでいた飴職人、鈴木弥助さんです。弥助さんは、飴作りの名人として知られており、彼の作る飴は「みすず飴」と呼ばれ、松本の人々に親しまれていました。 「みすず飴」の名前の由来は、弥助さんが飴を作る際に使っていた「みすず鍋」に由来しています。みすず鍋とは、銅製の鍋のことで、飴を煮詰めるのに適しています。 「みすず飴」は、伝統的な製法で作られています。まず、砂糖と水、寒天を煮詰めて飴を作ります。その後、飴を型に流し込み、固めていきます。固まった飴は、切り分けて包装されます。 「みすず飴」は、その素朴な味わいが特徴です。また、「みすず飴」は、縁起の良いお菓子とされており、お祝い事や贈り物にも喜ばれています。
モノの名前

「王秋」の魅力と特徴

「王秋」の誕生 「王秋」は、中国の北京市で誕生した品種です。1950年代に、中国農業科学院の研究者である王秋氏が、北京の西郊にある果樹園で「紅玉」と「国光」という2つの品種を交配させて生まれたとされています。 「王秋」は、交配から10年ほどかけて育成され、1960年代にようやく品種として登録されました。その後、中国全土に広まり、現在では中国で最も人気のあるリンゴ品種のひとつとなっています。 「王秋」は、果実が大きく、重量は平均で200~250gほどになります。果皮は鮮やかな紅色で、果肉は白く緻密で、甘みが強く、酸味は控えめです。また、「王秋」は、日持ちが良く、貯蔵性にも優れているため、長期間楽しめる品種でもあります。
モノの名前

青森の夏に欠かせない冷菓!「あっぷるじゅえる」の世界

青森の夏に欠かせない冷菓!「あっぷるじゅえる」の世界 「あっぷるじゅえる」の誕生秘話 「あっぷるじゅえる」は、青森県の特産品であるりんごを使用したかき氷です。誕生のきっかけは、青森県弘前市にある老舗菓子店「藤田商店」の店主が、かき氷にりんごをトッピングした新商品を考案したことでした。店主は、りんごのシャリシャリとした食感と甘酸っぱさがかき氷に合うのではないかと考え、試行錯誤の末に「あっぷるじゅえる」を完成させました。 「あっぷるじゅえる」は、当初は弘前市内の限られた店舗でのみ販売されていましたが、その美味しさから徐々に人気を集め、今では青森県全域で販売されるようになりました。また、「あっぷるじゅえる」は青森県の観光名物としても知られており、県外から訪れる観光客にも人気の高い冷菓となっています。 「あっぷるじゅえる」の作り方は、まずりんごを細かく刻んで砂糖とレモン汁で煮詰めます。煮詰めたりんごは、かき氷の上にトッピングされ、最後にシロップがかけられます。シロップは、りんごの果汁やハチミツ、シナモンなどを使用しており、りんごの甘酸っぱさとよく合います。「あっぷるじゅえる」は、りんごのシャリシャリとした食感と甘酸っぱさが楽しめる、青森の夏の風物詩です。
モノの名前

和歌山のみかんシャーベットの魅力

和歌山のみかんシャーベットは、ご当地アイスグランプリにおいて最高金賞を受賞した、全国的にも有名なシャーベットです。その特徴は、なんといっても和歌山のブランドみかんである「有田みかん」を100%使用していること。有田みかんは、甘みと酸味のバランスが良く、ジューシーな果肉が特徴です。そのみかんを贅沢に使用したシャーベットは、濃厚な風味とスッキリとした口当たりが楽しめます。 ご当地アイスグランプリは、日本各地のご当地アイスを対象としたコンテストで、毎年開催されています。和歌山のみかんシャーベットは、グランプリという栄誉ある賞を受賞したことで、その美味しさが全国的に認められました。 和歌山のみかんシャーベットは、和歌山県内の道の駅や土産物店などで販売されています。また、オンラインショップでも購入することができます。和歌山へ旅行する際には、ぜひご当地アイスグランプリで最高金賞を受賞した和歌山のみかんシャーベットを味わってみてください。
モノの名前

やさいジュレで野菜不足を解消!

やさいジュレとは、野菜と果汁をベースに、寒天やゼラチンで固めた食品のことです。野菜を生のままジュースにして固める「生やさいジュレ」と、野菜を煮てからペースト状にして固めた「野菜ポタージュジュレ」の2種類があります。やさいジュレは、野菜不足を解消するのに最適な食品です。野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれており、健康維持に欠かせない栄養素です。しかし、現代人の食生活は、野菜が不足しがちです。厚生労働省の調査によると、日本人の1日の野菜摂取量は、平均で約350gですが、目標としている1日350g以上を摂取していない人が約6割もいます。やさいジュレは、野菜をそのまま食べるよりも効率よく栄養を摂取することができます。また、野菜が苦手な人でもおいしく食べることができます。
モノの名前

豚玉毛丼とは?毛呂山町のご当地グルメ

豚玉毛丼とは、埼玉県毛呂山町ののご当地グルメで、豚肉と卵を炒めたあんかけを、麺ではなく細い中華麺のように揚げた油揚げとご飯の上にのせたものです。 油揚げは、毛呂山町特産の毛呂山油揚げを使用しており、パリパリとした食感と香ばしさが特徴です。 豚肉と卵のあんかけは、醤油やオイスターソースなどで味付けされており、甘辛い味わいと、油揚げの香ばしさとのバランスが絶妙です。 豚玉毛丼は、毛呂山町内の飲食店や道の駅などで提供されており、毛呂山町を訪れた際にはぜひ味わってもらいたい一品です。
モノの名前

マニキュアフィンガーの知られざる魅力

マニキュアフィンガーの特徴と生育方法 マニキュアフィンガーは、その名の通りマニキュアを塗ったような鮮やかなピンク色の花を咲かせる多年草です。草丈は30cmほどで、花期は春から夏です。花色はピンクだけでなく、白や紫などもあります。マニキュアフィンガーは、日光を好むので、日当たりの良い場所に植えましょう。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。冬は、霜に当てないように注意しましょう。 マニキュアフィンガーは、挿し木で増やすことができます。挿し木をする時期は、春か秋が適しています。挿し穂は、10cmほどの長さで、先端を斜めに切ります。挿し穂を水に浸し、しばらくしてから土に挿します。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。1~2ヶ月ほどで、根が出ます。 マニキュアフィンガーは、病害虫に強いので、育てやすい植物です。しかし、アブラムシやハダニが発生することがあるので、注意しましょう。アブラムシやハダニが発生したら、殺虫剤を散布して駆除します。 マニキュアフィンガーは、花壇や鉢植えで楽しむことができます。また、切り花としても利用できます。鮮やかなピンク色の花は、花壇や鉢植えを華やかにしてくれるでしょう。
モノの名前

からだNEXTの全容

からだNEXTの特徴 からだNEXTの特徴は、従来の健康診断と異なり、遺伝子検査や腸内細菌検査、脳機能検査、フレイルチェックなどの先進的な検査項目が含まれていることです。これらの検査項目は、病気の早期発見や健康の維持・増進に役立ちます。 また、からだNEXTでは、受診者の健康状態に合わせて、最適な検査項目を選択することができます。例えば、がんのリスクが高い方は、がん関連の検査項目を選択することができますし、メタボリックシンドロームが心配な方は、メタボ関連の検査項目を選択することができます。 さらに、からだNEXTでは、受診者の健康状態を継続的に追跡することができます。これにより、健康状態の変化を早期に発見し、適切な対策を講じることができます。 からだNEXTは、従来の健康診断よりも費用は高くなりますが、その分、受診者の健康状態をより詳しく把握することができます。そのため、病気の早期発見や健康の維持・増進を重視する方にはおすすめです。
モノの名前

青森の銘菓「りんご糖蜜」の魅力

りんご糖蜜の歴史と由来 青森の銘菓であるりんご糖蜜は、その歴史を江戸時代にさかのぼることができます。当時は、リンゴの産地であった青森では、大量に採れるリンゴを保存するため、さまざまな加工方法が試されていました。その中で生まれたのが、りんご糖蜜です。 りんご糖蜜は、リンゴを煮詰めて砂糖を加えて作られるお菓子です。リンゴの風味が凝縮されており、甘酸っぱい味わいが特徴です。当時は、砂糖が貴重品であったため、りんご糖蜜は高級なお菓子として扱われていました。 明治時代になると、砂糖の生産量が増加し、りんご糖蜜は一般庶民にも手が届くようになりました。また、この頃になると、りんご糖蜜を製造する業者も増えてきました。その結果、りんご糖蜜は青森県内各地で生産されるようになりました。 昭和時代になると、りんご糖蜜は青森県を代表する銘菓として知られるようになりました。現在では、青森県内の土産物店やスーパーマーケットなどで販売されています。また、りんご糖蜜を使ったお菓子も数多く作られています。 りんご糖蜜は、青森県の歴史と文化を伝えるお菓子です。その素朴な味わいは、青森県民に愛され続けています。