柘榴坂の仇討

作品名

「柘榴坂の仇討」の魅力を紐解く

「柘榴坂の仇討」の原作は、文豪・泉鏡花によって1915 年に発表された長編小説「一合まげの亭主」です。この物語は、明治維新後の東京を舞台に、仇討ちを誓った一人の男の運命を辿った作品です。 主人公の男の名は、赤松源蔵。彼は、ある日、妻のお政とその愛人である岡安を殺害してしまいます。源蔵は、直ちに自首しますが、当時の法律では、夫が姦通相手を殺害しても罪に問われませんでした。源蔵は、無罪放免となりますが、世間の非難を一身に浴びることになります。 源蔵は、世間の冷たい視線を逃れるために、東京から身を隠してしまいます。彼は、各地を放浪し、やがて、深川にたどり着きます。深川で、源蔵は、女芸人のもとに身を寄せ、平穏に暮らしていました。 しかし、ある日、源蔵の前に、お政の弟である河合又五郎が現れます。又五郎は、源蔵に仇討ちを迫ります。源蔵は、又五郎の願いを受け入れ、仇討ちを決意します。 源蔵は、又五郎とともに、お政と岡安の墓参りを行います。そして、墓前で、源蔵は、お政と岡安の冥福を祈り、仇討ちの決意を新たにします。 源蔵と又五郎は、岡安の住む屋敷に乗り込み、仇討ちを果たします。源蔵は、岡安を殺害し、又五郎は、岡安の妻を殺害します。源蔵と又五郎は、仇討ちを果たした後、自害します。