栃木県

モノの名前

鳳凰美田の秘密に迫る!

鳳凰美田の生産地・栃木県について 鳳凰美田は、栃木県にある日光市で生産されている日本酒です。日光市は、豊かな自然に恵まれた地域で、良質な水と米が揃っているため、日本酒の生産に適しています。鳳凰美田は、日光市の伝統的な酒造技術で作られており、その味はまろやかでフルーティーです。鳳凰美田は、国内外で高い評価を受けており、多くの賞を受賞しています。 日光市は、栃木県の北部に位置する市です。面積は1,449.86平方キロメートルで、人口は約25万人です。日光市は、日光東照宮や中禅寺湖などの観光地で知られており、多くの観光客が訪れます。鳳凰美田は、日光市の特産品のひとつであり、地元の人々から愛されています。 鳳凰美田は、日光市の豊かな自然と伝統的な酒造技術から生まれた日本酒です。その味は、まろやかでフルーティーで、多くの人々から愛されています。鳳凰美田は、全国各地の酒屋さんやインターネットで購入することができます。ぜひ一度、鳳凰美田を味わってみてください。
モノの名前

とちおとめ牛の秘密

-とちおとめ牛とは- とちおとめ牛は、栃木県で飼育されている黒毛和牛のブランドです。その名前は、栃木県の特産品であるイチゴ「とちおとめ」にちなんで付けられました。とちおとめ牛は、肉質が柔らかく、脂のりが良いのが特徴です。また、牛肉特有の臭みが少なく、食べやすいのも特徴です。とちおとめ牛は、栃木県内のお肉屋さんやスーパーで販売されていますが、県外に出荷されることはほとんどありません。そのため、栃木県を訪れた際には、ぜひ一度とちおとめ牛を味わってみてください。
作品名

わんぱく戦隊なしおレンジャーについて

なしおレンジャーとは? なしおレンジャーとは、愛媛県南部愛南町に拠点を置くご当地キャラクターである。2010年10月10日に初登場し、現在は5人のレンジャーと1人の追加戦士、そして1匹の犬で構成されている。 レンジャーは、それぞれが愛南町の名産品にちなんだモチーフを持っており、れんげレンジャー、タコレンジャー、いよかんレンジャー、鯛レンジャー、カセドルレンジャー、そして追加戦士のなしわんレンジャーで構成されている。 なしおレンジャーは、愛南町を盛り上げるために結成されたキャラクターであり、イベントや祭りなどに出演して町をPRしている。また、町外への遠征も行なっており、愛媛県内の他の市町村や、県外にも足を運んでいる。 なしおレンジャーは、愛南町を代表するキャラクターとして、町民から愛されている。また、町外からのファンも多く、愛南町を訪れる観光客に人気のキャラクターとなっている。
モノの名前

「礦泉煎餅」の由縁と製造元

栃木県の代表銘菓として知られる「礦泉煎餅」は、明治29年(1896年)に小島源次郎氏によって考案されました。源次郎氏は、栃木県那須塩原市にある那須温泉の泉質に注目し、その泉質を生かした煎餅を作りたいと考えました。そこで、地元の小麦粉と那須温泉の源泉水を使って煎餅を焼き上げたところ、独特の風味と食感が評判となり、瞬く間に人気を博しました。 礦泉煎餅の最大の特徴は、その独特の風味にあります。那須温泉の源泉水には、ミネラルが豊富に含まれており、そのミネラルが煎餅に独特の風味を与えています。また、礦泉煎餅は、小麦粉と源泉水だけで作られているため、素朴で飽きのこない味を楽しむことができます。 礦泉煎餅は、栃木県のお土産としても人気があります。栃木県には、那須温泉以外にも、日光東照宮や足利学校など、多くの観光スポットがあります。そのため、栃木県を訪れる観光客の多くが、礦泉煎餅をお土産に購入していきます。 礦泉煎餅は、栃木県を代表する銘菓として、多くの人々に愛されています。その独特の風味と食感が、老若男女問わず人気を集めています。
有名人の名前

絢爛郷土カヌマン

鹿沼市の公認キャラクターは、2016年(平成28年)に誕生した「絢爛郷土カヌマン」です。絢爛郷土カヌマンは、鹿沼市の特産品である「カヌマシロネギ」をモチーフにしたキャラクターで、頭にはカヌマシロネギを模した帽子をかぶり、手にカヌマシロネギを持っているのが特徴です。絢爛郷土カヌマンは、鹿沼市のイベントやキャンペーンに登場し、鹿沼市の魅力をPRしています。 絢爛郷土カヌマンは、鹿沼市の公募によって選ばれたキャラクターです。応募総数約100作品の中から、絢爛郷土カヌマンが選ばれました。絢爛郷土カヌマンの作者は、鹿沼市在住のイラストレーター、小林豊さんです。小林さんは、絢爛郷土カヌマンについて、「鹿沼市の特産品であるカヌマシロネギをモチーフに、鹿沼市の魅力をPRできるキャラクターにしたい」と語っています。
モノの名前

野木の石仏の歴史と魅力

野木の石仏は、兵庫県丹波篠山市野木にある石仏群です。大小1,000体以上の石仏が、山肌にびっしりと並んでおり、その風景は圧巻です。野木の石仏は、平安時代から鎌倉時代にかけて、この地の領主であった野木氏が、先祖の菩提を弔うために建立したと言われています。 野木の石仏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて作られたと考えられています。野木氏の先祖である野木光信が、平安時代末期にこの地に土着し、野木城を築城しました。光信は、源平合戦で源氏方に味方し、武功をあげました。鎌倉時代には、光信の子である野木重継が、野木氏の2代目当主となりました。重継は、承久の乱で朝廷方に味方し、戦功をあげました。野木の石仏は、重継が先祖の菩提を弔うために建立したと言われています。 野木の石仏は、大小1,000体以上あり、そのほとんどが磨崖仏です。磨崖仏とは、岩肌に直接彫り込まれた仏像のことです。野木の石仏は、高さ1メートルから2メートルほどのものが多く、中には高さ5メートル以上のものもあります。野木の石仏は、その数と規模の大きさから、国の重要文化財に指定されています。
施設名・ロケ地

星の森キャンプ場は、自然と戯れる最高の場所!

星の森キャンプ場の魅力を徹底解説! 星の森キャンプ場は、自然と戯れる最高の場所です。ここは、雄大な森に囲まれた素晴らしいキャンプ場で、都会の喧騒から離れて静かな時間を過ごすことができます。また、キャンプ場内には、様々なアクティビティが用意されており、アウトドアを満喫することができます。 星の森キャンプ場の魅力のひとつは、なんといってもその美しい景色です。キャンプ場は、森の中にあるため、緑に囲まれた美しい景色が広がっています。また、キャンプ場からは、満天の星空を眺めることができます。 星の森キャンプ場の魅力のもうひとつは、様々なアクティビティが用意されていることです。キャンプ場内には、BBQ場、釣り堀、プール、アスレチックなど、様々なアクティビティが用意されています。また、キャンプ場周辺には、ハイキングコースやサイクリングコースがあり、アウトドアを満喫することができます。 星の森キャンプ場は、自然と戯れる最高の場所です。美しい景色と様々なアクティビティが楽しめるキャンプ場で、都会の喧騒から離れて静かな時間を過ごすことができます。
モノの名前

とちぎが誇る極上牛肉「宇都宮牛」の魅力

宇都宮牛とは、栃木県宇都宮市周辺で飼育された黒毛和牛のブランド名です。きめ細やかな肉質と濃厚な旨みが特徴で、全国各地で高い評価を得ています。宇都宮牛の飼育には、厳しい基準が設けられており、餌や飼育環境にまでこだわっています。また、枝肉格付けも最高ランクのA5ランク以上のみが宇都宮牛として出荷されます。 宇都宮牛の歴史は古く、江戸時代にはすでに関東地方で名高い牛肉として知られていました。明治時代以降、宇都宮市は牛肉の集散地として栄え、宇都宮牛の生産が盛んになりました。現在では、宇都宮牛は全国各地のホテルやレストランで提供されており、その人気はとどまることを知りません。 宇都宮牛の魅力は、何と言ってもそのきめ細やかな肉質と濃厚な旨みです。宇都宮牛は、黒毛和牛の中でも特に肉質が良く、口の中でとろけるような食感を楽しむことができます。また、宇都宮牛の旨みは、餌や飼育環境にこだわった結果、生まれたものです。宇都宮牛は、良質な牧草や穀物を与えられ、ストレスのない環境で飼育されています。そのため、肉質が良く、旨みが強いのです。
施設名・ロケ地

「にしかた」とは?栃木市民におすすめの観光・休憩スポット

「にしかた」は、栃木県宇都宮市にある観光・休憩スポットです。JR宇都宮駅から車で約15分、東武宇都宮駅から車で約20分のところに位置しています。 「にしかた」は、約1万坪の広大な敷地に、芝生広場、遊具広場、多目的広場、テニスコート、ゲートボール場、多目的室、レストランなどがあります。また、約200本の桜の木が植えられており、春にはお花見スポットとして多くの人が訪れます。 「にしかた」は、子どもから大人まで楽しめるスポットとしておすすめです。また、無料で利用できるため、気軽に立ち寄ることができます。
モノの名前

伝統と技が光る「古印最中」の魅力

古印最中の特徴と歴史 古印最中は、江戸時代から続く伝統的な和菓子で、その名のとおり、古印を模した形をしています。丸くて平べったい最中種に、上品な甘さの餡が挟んであり、その周りに打ち粉をまぶして仕上げられています。表面には、旧字体や干支などの縁起の良い模様の印が刻印されており、その素朴でどこかなつかしい風情が特徴です。 古印最中の歴史は古く、その起源は江戸時代初期にまでさかのぼります。当時は、最中種に餡を挟んだだけの素朴なお菓子でしたが、やがて、表面に印を刻印するという工夫が加えられ、「古印最中」と呼ばれるようになりました。古印最中は、俳句や和歌の会に欠かせないお菓子として親しまれ、江戸から明治にかけて、庶民の間でも広く愛されるようになりました。現在では、古印最中は、和菓子の老舗や郷土菓子の店などで販売されており、多くの人々に親しまれています。
モノの名前

「仙禽」とは?栃木県を代表する日本酒

「全国新酒鑑評会で金賞の受賞歴がある」 栃木県を代表する日本酒「仙禽」は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがある。全国新酒鑑評会は、毎年行われる日本最高峰の日本酒の品評会であり、金賞を受賞することは酒蔵の最高の名誉とされる。 「仙禽」が初めて全国新酒鑑評会で金賞を受賞したのは、2014年のことである。それ以来、「仙禽」は毎年金賞を受賞し続けており、2022年までに8回金賞を受賞している。 「仙禽」が全国新酒鑑評会で金賞を受賞し続ける理由は、その品質の高さにある。仙禽は、栃木県産の最高級の原料米を使用し、伝統的な製法で丁寧に醸造されている。また、仙禽は、蔵元である小坂酒造の杜氏が、細部にまでこだわって製造している。 仙禽は、その品質の高さから、全国各地の日本酒ファンから愛されている。仙禽は、百貨店や酒店などで販売されており、飲食店でも提供されている。また、仙禽は海外でも販売されており、その人気は世界中に広がりつつある。
施設名・ロケ地

道の駅みかもってどんなところ?

道の駅みかもは、茨城県水戸市の国道50号沿いに位置する道の駅です。平成15年にオープンし、地元産野菜や特産品を販売する農産物直売所、地元食材を使った料理が味わえるレストラン、産直センター、トイレなどの施設があります。また、道の駅みかもの周辺には、四季折々の美しい景色が広がり、ハイキングやサイクリングなどのアクティビティを楽しむことができます。地元産野菜や特産品の販売、地元食材を使った料理が味わえるレストランなど、さまざまな施設やアクティビティが楽しめる道の駅みかもは、地元住民や観光客に親しまれています。
地名・ロケ地

出流原弁天池湧水を知る

名水百選に選ばれた湧水 出流原弁天池湧水は、栃木県日光市にある湧水で、昭和60年に環境庁が選定した「名水百選」に選ばれています。毎分10トンもの水が湧き出る、日本有数の名水です。湧水は、日光連山の地下を流れる地下水が、地表に押し上げられてできたものです。湧水の水温は、年間を通じて13度前後と一定しており、冬でも凍りません。 湧水は、弁天池に流れ込んでいます。弁天池は、弁財天を祀る神社である出流原弁天社の境内にあります。弁天池は、周囲約100メートル、水深約10メートルと、比較的大きな池です。弁天池には、鯉や亀などの生き物が生息しており、池の周りには桜の木が植えられています。春になると、桜の花が満開となり、弁天池の周りは、花見客で賑わいます。 出流原弁天池湧水は、名水百選に選ばれた湧水として、多くの人々に親しまれています。湧水の水は、飲料水として利用されているほか、酒造や豆腐作りにも利用されています。また、湧水は、弁天池に流れ込み、弁天池の美しい景観を作り出しています。出流原弁天池湧水は、日光市の貴重な自然遺産であり、多くの人々に愛されています。
地名・ロケ地

黒羽藩の歴史と文化

黒羽藩の誕生 黒羽藩は、江戸時代の日本にあった藩の一つです。現在の栃木県大田原市を中心とした地域に位置していました。藩庁は黒羽城に置かれ、藩主は松平氏でした。 黒羽藩の始まりは、1601年に徳川家康が松平康元を黒羽城の城主としたことにあります。松平康元は、徳川四天王の一人である本多忠勝の次男で、徳川家康のいとこに当たります。康元は、黒羽城を拠点として周辺地域を支配し、黒羽藩の基礎を築きました。 1619年、康元の死後に嫡男の松平定行が藩主となりました。定行は、京都で公家として活躍した後に黒羽藩の藩主に就いたため、和学や武芸に精通していました。定行は、黒羽藩の産業振興を図り、藩士の教育にも力を入れたため、黒羽藩は文化的に栄えました。 定行の死後、黒羽藩は松平氏の分家である小笠原氏、久世氏、大久保氏と藩主が変遷しました。しかし、どの藩主も黒羽藩の発展に努め、黒羽藩は江戸時代を通して安定した藩政を敷くことができました。
モノの名前

「かわちしろ」のすべて

「かわちしろ」の歴史と産地 「かわちしろ」は、大阪府枚方市や寝屋川市などで生産されている伝統的な織物です。その歴史は古く、平安時代にはすでに「河内綾」として知られていました。河内綾は、平安京の貴族たちに愛され、高級な着物として重宝されました。戦国時代には、河内綾は武将たちの陣羽織としても使用されました。 江戸時代になると、河内綾の生産量はさらに増加し、庶民の間にも広まりました。河内綾は、その美しい柄と丈夫さで人気を博し、全国各地に出荷されました。明治時代には、河内綾は海外にも輸出されるようになり、世界的にその名が知られるようになりました。 しかし、大正時代になると、河内綾の生産量は減少しました。その原因は、化学繊維の台頭と、海外からの安価な織物の輸入によるものです。河内綾は、伝統的な織物であり、その生産には手間と時間がかかります。そのため、化学繊維や海外からの安価な織物には価格競争で太刀打ちできませんでした。 昭和時代に入ると、河内綾の生産量はさらに減少しました。戦後、人々は新しい生活様式を求め、伝統的な織物である河内綾は敬遠されるようになりました。また、高度経済成長期には、工場や住宅地が建設され、河内綾の産地である枚方市や寝屋川市では、田畑が減少しました。その結果、河内綾の生産量はさらに減少しました。 現在、河内綾の生産量はごくわずかです。しかし、河内綾の伝統は、今もなお受け継がれています。枚方市や寝屋川市では、河内綾の生産を復活させるための取り組みが行われています。また、河内綾を使った商品を開発する企業も現れています。河内綾は、日本の伝統文化を代表する織物であり、その価値は決して失われることはありません。
モノの名前

「下野水車」の魅力・歴史

下野水車は、高知県安芸市にある国の重要有形民俗文化財に指定されている水車です。江戸時代中期に作られたとされ、下野集落の田んぼに水を引くために使用されてきました。現在は、観光スポットとして公開されています。 下野水車は、直径約10m、幅約3mの大きな木製の水車です。水車は、水の流れを利用して回転し、その回転を利用して水を汲み上げています。水車は、下野集落の田んぼに水を引くために使用されていましたが、現在は観光スポットとして公開されています。 下野水車は、その大きさと構造の美しさから、多くの観光客が訪れます。また、下野水車は、江戸時代中期に作られた貴重な水車としても知られており、国の重要有形民俗文化財に指定されています。
施設名・ロケ地

「こっこランド那須F.C.G」自然に囲まれたキャンプ場

自然豊かな那須高原のキャンプ場 那須高原は、栃木県の北部にある高原で、自然豊かで美しい景観が楽しめる場所です。また、キャンプ場が多く、自然の中でアウトドアを楽しむことができます。こっこランド那須F.C.Gは、那須高原にあるキャンプ場のひとつで、広大な敷地と充実した施設が自慢です。 こっこランド那須F.C.Gは、那須高原のほぼ中央に位置するキャンプ場で、那須岳や茶臼岳などの山々を望むことができます。また、キャンプ場の敷地内には、木々が生い茂り、自然豊かな環境が広がっています。キャンプ場には、オートキャンプサイトとバンガローサイトがあり、どちらも電源付きとなっています。オートキャンプサイトは、広さが約100平方メートルで、テントを張るのに十分なスペースがあります。バンガローサイトは、定員4名から6名のバンガローが用意されており、キャンプ初心者でも安心して利用することができます。 こっこランド那須F.C.Gには、炊事場やシャワーなどの施設が充実しています。炊事場には、流し台やコンロなどが備わっており、自炊をすることができます。シャワーは、温水シャワーが利用でき、キャンプの後の汗を流すことができます。また、キャンプ場には、売店があり、食料品や日用品を購入することができます。 こっこランド那須F.C.Gは、自然豊かな那須高原でキャンプを楽しむことができる、おすすめのキャンプ場です。広大な敷地と充実した施設で、初心者でも安心して利用することができます。また、那須岳や茶臼岳などの山々を望むことができるロケーションも魅力です。
モノの名前

「きぬの清流」の魅力とその歴史

「きぬの清流」の歴史と由来 「きぬの清流」は、奈良県を流れる北山川の支流であり、その名の通り絹のように澄んだ美しい清流です。その歴史は古く、平安時代には既に名水として知られており、源氏物語にも登場しています。また、江戸時代には、その清流を利用して製紙業が盛んに行われ、地域の経済を支えてきました。 「きぬの清流」は、その歴史だけでなく、その由来もまた興味深いものです。一説によると、その名は、奈良時代の僧侶である行基が、この川の清流を見て「絹の如し」と称賛したことに由来していると言われています。また、もう一説によると、この川には古くから「きぬ」という名の美しい姫君が住んでおり、その姫君が川に身を投げたことから、この川は「きぬの清流」と呼ばれるようになったと言われています。 いずれにせよ、「きぬの清流」はその長い歴史と美しい清流によって、人々に愛され続けてきた川です。現在では、その清流を活かした観光スポットとして整備されており、多くの観光客が訪れています。また、この川では、鮎釣りやアマゴ釣りなどの釣りを楽しむこともできます。
地名・ロケ地

歴史秘話:吹上藩の栄華と衰退

吹上藩とは? 吹上藩とは、江戸時代に存在した藩であり、現在の熊本県上益城郡と宇土郡に位置していました。藩庁は吹上城に置かれ、藩主は小笠原氏でした。小笠原氏は、鎌倉時代から続く名家で、江戸時代には徳川将軍家に重臣として仕えていました。吹上藩は、熊本藩の支藩として成立し、初代藩主の小笠原忠真は、熊本藩の2代藩主・加藤忠広の弟でした。忠真は、元和3年(1617年)に吹上藩を立藩し、以後、小笠原家が代々藩主を務めました。吹上藩の石高は、最初は5万石でしたが、後に7万石に加増されました。吹上藩は、熊本藩の支藩として、熊本藩の領地の一部を統治していました。また、吹上藩は、熊本藩とともに、島原の乱鎮圧に参加するなど、徳川幕府の政策に協力していました。
モノの名前

喜連川温泉なすの特徴とこだわり

喜連川温泉なすの特徴 喜連川温泉なすは、栃木県喜連川温泉地区で栽培されているブランド茄子です。この茄子は、その独特な風味と食感が特徴です。喜連川温泉なすは、一般の茄子よりも甘みが強く、皮が薄く柔らかいのが特徴です。また、アクが少ないので、そのまま生で食べても美味しくいただけます。喜連川温泉なすは、主に天ぷらや煮物、焼き茄子などの料理に使われます。また、漬物にしても美味しくいただけます。喜連川温泉なすは、その独特な風味と食感から、多くの人々に愛されています。
モノの名前

那須のめぐ実の秘密

那須のめぐ実の秘密甘さとみずみずしさが自慢 那須のめぐ実は、栃木県那須郡那須町で栽培されているブランド梨です。その甘さとみずみずしさは、全国屈指の品質を誇ります。那須のめぐ実は、その名の通り、那須連山の麓にある肥沃な土壌で育まれています。那須連山から流れ出る清らかな水と、昼夜の寒暖差が大きな気候が、那須のめぐ実の甘さとみずみずしさを引き出しています。 那須のめぐ実は、8月下旬から9月上旬にかけて収穫されます。収穫された那須のめぐ実は、一つひとつ丁寧に選別され、箱詰めされます。那須のめぐ実は、全国各地の百貨店やスーパーマーケットに出荷されています。 那須のめぐ実は、その甘さとみずみずしさから、多くの人々に愛されています。果肉は白く、シャキシャキとした歯ごたえです。甘みは強く、酸味はほとんどありません。那須のめぐ実は、そのまま食べるのはもちろん、コンポートやゼリーなどの加工品にしてもおいしくいただけます。 那須のめぐ実は、那須の特産品として知られており、地元の人々からも愛されています。那須町では、毎年9月に「那須のめぐ実祭り」が開催されます。このお祭りでは、那須のめぐ実を使った各種料理やスイーツを楽しむことができます。
モノの名前

家紋帳箪笥の魅力と歴史

家紋帳箪笥とは 家紋帳箪笥とは、家紋を記した帳面を収納するために作られた箪笥のことです。家紋帳とは、家紋やその由来を記した帳面のことで、江戸時代以降、武家や公家の間で家紋を記録するために作られるようになりました。家紋帳箪笥は、家紋帳を収納するだけでなく、家紋を展示する役割も果たしていました。家紋帳箪笥は、一般的には木製の箪笥で、家紋帳を収納するための引き出しが設けられています。引き出しの前面には、家紋を施した金具が取り付けられており、家紋帳を収納した状態で家紋を鑑賞することができるようになっています。家紋帳箪笥は、江戸時代後期から明治時代にかけて作られたものが多く、現在では美術品として珍重されています。
地名・ロケ地

高富藩の歴史と文化

高富藩の領地と藩主 高富藩の領地は、現在の岐阜県高富町とその周辺地域に位置していました。領地は南北に長く、東西に狭い形状をしており、面積は約1万石でした。高富藩の藩主は、戸田氏と松平氏の2家が代々務めていました。 戸田氏は、元々は三河国の出身で、戦国時代には徳川家康に仕えていました。関ヶ原の戦いの後、戸田氏は高富藩の藩主に任じられ、以降100年以上にわたって藩政を担っていました。戸田氏は、高富藩の領地を整備し、新田開発や治水工事などを行って藩の財政を安定させました。また、戸田氏は、儒学を奨励し、藩校を設立するなど、藩の文化振興にも力を入れていました。 松平氏は、元々は越前国の出身で、江戸時代初期に高富藩の藩主に任じられました。松平氏は、戸田氏に代わって藩政を担い、100年以上にわたって藩を治めました。松平氏は、高富藩の領地を拡大し、藩の財政を強化しました。また、松平氏は、産業を奨励し、藩の経済発展に貢献しました。
地名・ロケ地

伝統と革新の栃木県立栃木高等学校

1896年に創設された栃木県立栃木高等学校は、栃木県宇都宮市にある県立高等学校です。学校は、栃木県の中心部に位置し、JR宇都宮駅から徒歩15分のところにあります。校地面積は約3万坪で、校舎は3階建てと4階建ての2棟があります。教室の数は全部で43室で、普通教室のほかに、理科室、コンピュータ室、視聴覚室、図書室、体育館、プール、テニスコート、サッカー場などの施設があります。 栃木県立栃木高等学校は、普通科、理数科、文理科、国際科の4つの学科があります。普通科は、文系と理系のどちらにも進学できる基礎的な学科です。理数科は、数学や理科を重点的に学ぶ学科で、理系大学への進学を目指しています。文理科は、文系と理系の両方の科目をバランスよく学ぶ学科で、文理系の大学への進学を目指しています。国際科は、英語や国際関係を重点的に学ぶ学科で、外国語大学や国際関係学部への進学を目指しています。 栃木県立栃木高等学校は、1896年に創設された伝統のある学校です。学校は、自由で闊達な校風を育み、生徒の自主性を重んじています。学校では、部活動が盛んで、運動部と文化部の合わせて30以上の部活動があります。部活動は、生徒の心身の健全な発達を促すとともに、社会性を養う場となっています。 栃木県立栃木高等学校は、進学校として知られています。学校の進学実績は、毎年優秀な成績を収めており、国公立大学への進学者数も多くいます。学校は、生徒の進学を積極的にサポートしており、進路指導部が生徒一人ひとりの進路相談に応じ、進路実現に向けてサポートしています。