株式会社イケダコーポレーション

その他

「スイス漆喰の日」とは?

「スイス漆喰の日」とは、スイス漆喰の開発者であるアンソニー・エステラー博士の誕生日である5月10日に制定された記念日です。スイス漆喰は、スイスの伝統的な建築材料である漆喰を改良したもので、調湿性や消臭性に優れています。また、有害な物質を放出しないため、安全性が高いとも言われています。 「スイス漆喰の日」は、スイス漆喰の普及を目的として、2008年に制定されました。毎年、この日にスイス漆喰の施工方法やメリットを紹介するセミナーやイベントが開催されています。また、スイス漆喰の施工業者などが参加する「スイス漆喰の会」も設立されています。 スイス漆喰は、日本の住宅にも適した建材として注目されています。調湿性や消臭性に優れているため、日本の湿気の多い気候に適しています。また、有害な物質を放出しないため、小さなお子様やアレルギー体質の方にも安心です。 最近では、スイス漆喰を使ったリフォームも増えています。スイス漆喰は、既存の壁や天井に塗るだけで、調湿性や消臭性を向上させることができます。また、スイス漆喰には、さまざまな色や柄があるので、部屋の雰囲気を変えることもできます。 「スイス漆喰の日」は、スイス漆喰の普及を目的として制定された記念日です。スイス漆喰は、調湿性や消臭性に優れ、日本の住宅にも適した建材として注目されています。