株式会社ジミー

施設名・ロケ地

株式会社ジミーとは?

株式会社ジミーの歴史 株式会社ジミーは、1985年に設立された日本の企業です。創業者は、代表取締役会長の山田太郎氏です。山田氏は、大学卒業後、大手電機メーカーに就職し、営業職として活躍しました。その後、独立して株式会社ジミーを設立しました。 株式会社ジミーは、設立当初から、パソコンの販売や修理を手がけていました。その後、事業を拡大し、ネットワーク関連事業やソフトウェア開発事業にも参入しました。1990年代後半には、インターネット関連事業にも参入し、ウェブサイトの制作や運営代行事業などを展開しました。 2000年代に入ると、株式会社ジミーは、ITバブルの崩壊やリーマンショックなどの経済危機を乗り越え、事業を拡大し続けました。2010年に、東証一部に上場しました。現在、株式会社ジミーは、パソコンやネットワーク関連機器の販売や修理、ソフトウェア開発、ウェブサイトの制作や運営代行事業、ITコンサルティング事業など、幅広い事業を展開しています。 株式会社ジミーは、IT業界を牽引する企業として、今後も成長を続けると期待されています。
施設名・ロケ地

スーパー「ジミー」の魅力とは?沖縄県民に人気の理由

スーパー「ジミー」は、沖縄県民に長年愛され続けているスーパーマーケットです。その理由は、沖縄県民の生活に密着した商品展開や、独自のサービスなど、さまざまな特徴があります。 まず、ジミーは沖縄県産の食材にこだわっています。沖縄県産の野菜や果物、肉や魚介類など、新鮮で高品質な食材を豊富に取り揃えています。また、沖縄県産の食材を使った惣菜や加工品も充実しており、沖縄県民の食卓を支えています。 さらに、ジミーは独自のサービスにも力を入れています。例えば、ジミーでは、無料で使える会員カードを発行しており、会員になると、商品を購入するごとにポイントが貯まり、ポイントに応じて割引やプレゼントを受けられます。また、ジミーでは、宅配サービスやネットスーパーもしており、自宅にいながらにしてジミーの商品を購入することができます。 こうした特徴から、ジミーは沖縄県民に長年愛され続けているスーパーマーケットとなっています。沖縄県を訪れた際には、ぜひジミーに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「ジミー」について知ろう!沖縄県のスーパーマーケットチェーン

ジミーの歴史と沿革 ジミーは、沖縄県に本社を置くスーパーマーケットチェーンです。1956年(昭和31年)に創業し、現在では県内全域に店舗を展開しています。 ジミーの創業者である島袋俊雄は、沖縄県名護市出身の農家の長男として生まれました。1945年、太平洋戦争が終結し、沖縄はアメリカの統治下となりました。アメリカの統治下にあった沖縄では、米軍の基地建設や、アメリカからの物資の流入など、大きな変化が起きました。 島袋俊雄は、アメリカ統治下の沖縄で、新しいビジネスチャンスを見出しました。1956年、島袋俊雄は、沖縄県名護市に食料品店「ジミー」を開業しました。 ジミーは、地元の人々に愛され、すぐに人気店となりました。その後、ジミーは店舗を拡大し、沖縄県全域に展開するスーパーマーケットチェーンとなりました。 ジミーは、沖縄県で最も有名なスーパーマーケットチェーンのひとつであり、県民から親しまれています。ジミーは、沖縄県の食文化の発展に貢献してきたスーパーマーケットチェーンです。