株式会社ネコ・パブリッシング

モノの名前

「鉄おも」ってなんなの/

「鉄おも」とは、鉄道を愛する人々の集まりです。鉄道を愛する人々がお互いに交流したり、鉄道に関する情報を共有したりするために集まる場として機能しています。鉄道に関するイベントや企画など、さまざまな活動も行っています。鉄道ファンの中には、鉄道を撮影したり、模型を作ったり、時刻表を集めたりする人もいます。また、鉄道の歴史や技術を研究する人もいます。鉄道を愛する人々の集まりは、鉄道をより身近に感じさせる存在であり、鉄道の文化を育む役割を果たしています。
モノの名前

Tipoについて知りたい?知りたいならこのブログを読め!

Tipoは2016年に創刊された、不定期刊行の雑誌です。デザイン、アート、建築、ファッション、音楽、映画など、さまざまな分野を網羅しています。Tipoの特徴は、その洗練されたデザインと、世界中から集められたハイレベルなコンテンツにあります。 Tipoは、見た目の美しさだけでなく、内容の充実にもこだわっています。各号には、著名なデザイナーやアーティスト、批評家などによる、読み応えのある記事が掲載されています。また、Tipoには、新進気鋭のクリエイターを紹介するコーナーもあり、デザインやアートの最前線を追いかけることができます。
モノの名前

RMモデルズとは

-RMモデルズの概要- RMモデルズは、さまざまな業界で広く使用されているデータ分析と予測のためのオープンソースライブラリです。PythonとRの両方のプログラミング言語で利用でき、使いやすさと柔軟性から幅広いユーザーに人気があります。 RMモデルズの特徴の一つは、さまざまな機械学習アルゴリズムをサポートしていることです。線形回帰、ロジスティック回帰、決定木、ランダムフォレストなど、さまざまなタスクに適したアルゴリズムを選択することができます。また、RMモデルズはニューラルネットワークのサポートも充実しており、深層学習タスクにも対応しています。 RMモデルズのもう一つの特徴は、データの前処理や特徴量の抽出などのデータ操作のためのさまざまなツールを提供していることです。これらのツールを使用することで、機械学習モデルに与えるデータの準備を効率的に行うことができます。 RMモデルズは、機械学習の初心者から経験豊富なデータサイエンティストまで、幅広いユーザーが利用できるライブラリです。使いやすさと柔軟性を備えているため、さまざまなデータ分析や予測のタスクに対応することができます。
モノの名前

「国鉄時代」とは?

「国鉄時代」とは、国鉄の職員向けに発行されていた月刊誌です。1925年に創刊され、1987年の国鉄分割民営化に伴い廃刊となりました。雑誌には、鉄道関連のニュースや技術記事、労組関連の記事などが掲載されていましたが、中でも好評だったのが、国鉄職員が撮った鉄道写真でした。同誌には、国鉄職員であれば誰でも投稿することができ、入賞作品は雑誌に掲載されました。この写真は、国鉄職員の日常の仕事や、鉄道の風景などを写したもので、国鉄の貴重な記録として残されています。
モノの名前

海とサーフィンのすべてがわかるスポーツ誌「Blue.」とは?

「Blue.」とは、海とサーフィンのすべてがわかるスポーツ誌です。2000年に創刊され、毎月1日発売されています。編集長は、元プロサーファーの田中大介氏です。 誌面では、サーフィンの最新情報をはじめ、サーファーのインタビュー、サーフスポットの紹介、サーフィンに関する技術解説など、幅広い情報を掲載しています。また、サーフィンのファッションやカルチャーも取り上げており、サーファーだけでなく、海やサーフィンに興味のある人にも楽しめる内容となっています。 「Blue.」は、サーフィンを愛する人々のバイブルとして、多くの読者に支持されています。その理由は、サーフィンに関する情報を網羅しているだけでなく、海やサーフィンに対する情熱が感じられる誌面作りをしているからです。 「Blue.」は、サーフィンをこれから始めたい人にも、すでにサーフィンをしている人にも、おすすめの雑誌です。サーフィンに関する知識を深めたい人や、海やサーフィンのカルチャーを知りたい人は、ぜひ「Blue.」を読んでみてください。
モノの名前

「Rosso」休刊から5年

イタリアのファッション誌「Rosso」が、休刊してから5年が経ちました。Rossoは、1996年に創刊された月刊誌で、ファッション、ビューティー、カルチャーなど、幅広いジャンルの記事を掲載していました。 Rossoは、イタリア国内だけでなく、世界各国で販売されており、ファッション業界では、大きな影響力を持っていました。しかし、2017年、Rossoは、突然休刊を発表しました。休刊の理由は、経営難とされています。 Rossoの休刊は、ファッション業界に大きな衝撃を与えました。Rossoは、イタリアのファッション業界を代表する雑誌であり、その休刊は、イタリアのファッション業界の衰退を象徴する出来事と受け止められました。 Rossoの休刊から5年が経った現在でも、Rossoを惜しむ声は多くあります。Rossoは、ファッション業界に新たな風を吹き込んだ雑誌であり、その功績は、今もなお、高く評価されています。
モノの名前

ガレージライフを知る

ガレージライフとは、ガレージを単なる「車庫」としてではなく、趣味や作業場、あるいは家族の居場所として活用するライフスタイルのことです。ガレージは、車やバイクなどの乗り物をメンテナンスしたり、DIYをしたり、子供の遊び場として使ったり、さまざまな用途があります。ガレージライフを楽しむには、ガレージを趣味や作業場として使いやすいように改装する必要があります。ガレージの床を滑りにくい素材にしたり、棚や工具箱を設置したり、照明を明るくしたりすることで、作業効率を上げることができます。また、ガレージの壁をDIYで塗装したり、お気に入りのポスターを貼ったりすることで、ガレージを自分好みの居場所に仕上げることができます。ガレージライフは、車やバイクが好きな人、DIYを趣味にしている人、家族との時間を大切にしたい人に最適なライフスタイルです。
芸能人の名前

「所ジョージの世田谷ベース」の魅力

「所ジョージの世田谷ベース」とは、芸能人の所ジョージさんが世田谷区にある自宅敷地内に作った秘密基地のような私設空間のことです。1994年に開設され、以来、さまざまなテレビ番組や雑誌で取り上げられ、多くのファンを獲得してきました。 「所ジョージの世田谷ベース」の魅力は、なんといってもその自由で開放的な雰囲気にあります。所ジョージさんは、世田谷ベースを「大人の秘密基地」と呼んでおり、そこでは仕事や家事から離れて、自由に好きなことを楽しむことができます。ベースの中には、所ジョージさんがコレクションしている車やバイク、釣り道具、レコードなどが所狭しと並べられており、まるで宝物が眠る洞窟のようです。 また、「所ジョージの世田谷ベース」は、所ジョージさんの人柄が色濃く反映された空間でもあります。所ジョージさんは、好奇心旺盛で遊び心にあふれ、常に新しいことにチャレンジする姿勢を持っています。その姿勢は、世田谷ベースの隅々まで行き渡っており、訪れる人はそのユニークな空間と所ジョージさんの人柄に魅了されます。 「所ジョージの世田谷ベース」は、まさに所ジョージさんの人生そのものを表した空間です。自由に好きなことを楽しみ、常に新しいことにチャレンジする所ジョージさんの生き方が、世田谷ベースという空間を通して垣間見ることができます。
モノの名前

ジョルジュ・シムノンの「猫」

「猫」とはジョルジュ・シムノンの1937年に発表された長編推理小説です。1947年にロベール・ブレッソンによって映画化され、ジャン・ギャバンが主人公を演じました。 小説はパリの犯罪者、ジュール・メグレ警視の捜査を扱っています。ある日、メグレは若い女性が自分のアパートで絞殺されているのを発見します。被害者の身元はすぐに判明しますが、彼女の殺害動機が不明です。 メグレは捜査を進める中で、女性が若く、美しく、裕福であり、多くの男性に愛されていたことを知りました。彼女はまた、犯罪歴があり、麻薬を使用していたという噂もありました。 メグレは事件の容疑者として、被害者の夫、彼女の愛人、そして彼女の友人を尋問します。しかし、メグレは事件の解決に近づいていると感じることができません。 やがてメグレは、被害者が妊娠していたことを知ります。彼女は中絶しようとしていましたが、手術は失敗し、彼女は死亡しました。メグレは、手術を行った医師が事件の犯人であると確信します。 メグレは医師を逮捕し、裁判にかけます。医師は有罪判決を受け、終身刑に処せられます。メグレは事件を解決したことに満足しますが、被害者の死を悼みます。
モノの名前

「Model Cars」:自動車模型雑誌の魅力

「Model Cars」とは、自動車模型を専門に扱う月刊誌です。1962年に創刊され、現在も発行が続いています。この雑誌は、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを掲載しています。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事なども掲載されています。 「Model Cars」は、自動車模型ファンにとって、なくてはならない雑誌です。この雑誌を読むことで、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを知ることができます。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事を読むことで、自動車模型の世界をより深く知ることができます。 「Model Cars」は、自動車模型ファンにとって、とても有益な雑誌です。この雑誌を読めば、自動車模型の作り方や、新製品情報、イベント情報などを知ることができます。また、自動車模型の歴史や、著名なモデラーのインタビュー記事を読むことで、自動車模型の世界をより深く知ることができます。
モノの名前

Rail Magazineとは?

Rail Magazineの概要 Rail Magazineは、鉄道に関するニュースや特集記事、コラムなどを掲載する日本の鉄道雑誌です。1925年に創刊され、2023年3月現在、毎月10日に発行されています。発行部数は約3万部で、鉄道ファンを中心に幅広く読まれています。 Rail Magazineの内容は、鉄道に関する最新ニュースや、鉄道事業者の取り組み、新製品情報など、鉄道に関する様々な情報が掲載されています。また、鉄道の歴史や文化、旅情など、鉄道にまつわる様々なテーマを扱う特集記事も多数掲載されています。 Rail Magazineは、鉄道ファンにとっては欠かせない情報源であり、鉄道業界関係者にとっても重要な情報誌となっています。また、鉄道に関する知識を深めたい方や、鉄道旅を楽しみたい方にとっても、役立つ情報が満載です。
モノの名前

「Quanto」雑誌情報

-フィギュア・食玩情報の紹介- 「Quanto」誌には、フィギュアや食玩に関する情報が満載です。フィギュアは、アニメやゲーム、映画などのキャラクターを立体的に再現したもので、近年ではそのクオリティの高さが注目されています。食玩は、菓子と一緒に販売される玩具で、お菓子を食べ終わった後も玩具として遊べます。 「Quanto」誌では、フィギュアや食玩の新製品情報や、発売前の情報もいち早くお届けしています。また、フィギュアや食玩の特集記事も多数掲載しており、フィギュアや食玩の魅力を余すことなく紹介しています。 フィギュアや食玩が好きな方は、「Quanto」誌をぜひチェックしてみてください。フィギュアや食玩に関する最新情報や、魅力的な特集記事が満載です。
モノの名前

シュナイダー~航空機情報誌の歴史をたどる

航空界のパイオニアたちとの出会い シュナイダーは、航空界のパイオニアたちと親交を持っていました。その中には、ライト兄弟やグレン・カーチス、アンリ・ファルマン、ルイ・ブレリオなど、そうそうたる顔ぶれが名を連ねています。シュナイダーは、彼らから多くのことを学び、航空機の開発に活かしていったのです。 ライト兄弟のライトフライヤー号は、人類初の動力飛行に成功した飛行機で、航空史に大きな足跡を残しました。グレン・カーチスの飛行機は、スピードと耐久性で知られており、多くの長距離飛行に成功しました。アンリ・ファルマンは、飛行機の安定性を向上させた複葉機を開発し、ルイ・ブレリオは、初の英仏海峡横断飛行を成功させました。 シュナイダーは、こうしたパイオニアたちの功績を称え、彼らの業績を後世に伝えるために、航空機情報誌「シュナイダー・トロフィー・レビュー」を創刊しました。この雑誌は、航空機の開発や飛行に関する情報を掲載し、航空界の発展に貢献しました。