株式会社丸久

モノの名前

懐かしのスーパーマーケット「ピクロス」

ピクロスの歴史 ピクロスは、1960年代に東京都で創業したスーパーマーケットチェーンです。安価な価格設定と豊富な品揃えで人気を博し、最盛期には東京都内に数十店舗を展開していました。しかし、1990年代後半以降、競争の激化や経営難により店舗を縮小。2000年代初頭に事業を停止しました。 ピクロスは、当時としては画期的なスーパーマーケットでした。それまでのスーパーマーケットは、主に地元の住民をターゲットとしていましたが、ピクロスは都心部に大型店舗を展開することで、より多くの顧客を呼び込むことに成功しました。また、安価な価格設定と豊富な品揃えで、主婦層を中心に人気を集めました。 しかし、1990年代後半以降、ピクロスは経営難に陥ってしまいます。その原因の一つは、競争の激化です。1990年代後半には、イトーヨーカ堂やジャスコなどの大手スーパーマーケットチェーンが都心部に大型店舗を展開し、ピクロスは顧客を奪われてしまいました。また、ピクロスは経営難を打開するために価格競争に走った結果、利益率が低下してしまいました。 2000年代初頭、ピクロスは事業を停止してしまいました。しかし、ピクロスは今でも多くの東京都民の記憶に残っています。安価な価格設定と豊富な品揃えで、主婦層を中心に人気を集めたスーパーマーケットでした。
施設名・ロケ地

「サンマート」について

サンマートの歴史 サンマートの歴史は古く、紀元前6世紀にまでさかのぼります。古代ローマ帝国の時代、サンマートは重要な貿易港として栄えました。その後、西ローマ帝国の崩壊とともにサンマートも衰退しましたが、中世になると再び復興し、ヴェネツィア共和国の支配下に入りました。 16世紀になると、サンマートはスペインの支配下に入り、さらに18世紀にはオーストリアの支配下に入りました。19世紀半ばには、サンマートはイタリア統一運動の重要な拠点となり、1861年にイタリア王国が成立するとサンマートもイタリア領となりました。 その後、サンマートはイタリアの経済の中心地として発展し、20世紀にはイタリア最大の都市となりました。しかし、第二次世界大戦後、サンマートは衰退し始め、現在では人口減少が進んでいます。 サンマートの人口は、1960年代には約250万人でしたが、2020年には約180万人まで減少しています。この人口減少は、経済の衰退や郊外への人口流出などが原因とされています。 サンマートは、現在でもイタリアの重要な都市であり、多くの観光客が訪れます。サンマートには、国立サンマート博物館やドゥオーモ、ウフィツィ美術館など、多くの観光スポットがあります。
施設名・ロケ地

サンマートを徹底解説!知っておきたい情報まとめ

サンマートの歴史と特徴 サンマートの歴史は古く、1960年に創業したスーパーマーケットチェーンです。創業当時は、小規模な店舗でしたが、その後の急成長により、現在は全国に200店舗以上を展開しています。サンマートの特徴は、何といってもその品揃えの豊富さです。食品から日用品まで、ありとあらゆる商品を取り扱っており、ワンストップショッピングが可能です。また、サンマートは、プライベートブランドにも力を入れており、高品質でありながら低価格な商品を数多く取り揃えています。さらに、サンマートは、イートインコーナーやフードコートを併設している店舗も多く、買い物ついでに食事を楽しむこともできます。
施設名・ロケ地

マルキュウの魅力

-# マルキュウの歴史 マルキュウの歴史は、1950年に創業者の丸久太郎氏が、東京都港区に小さな漁具店を開いたことに遡ります。当初は、釣り針や釣り糸などの基本的な漁具を販売していましたが、次第に商品の種類を増やし、釣り竿やリール、ボートなどの大型商品も取り扱うようになりました。 1960年代に入ると、マルキュウは日本全国に店舗を展開するようになり、1970年代には海外にも進出を開始しました。現在では、世界中に100店舗以上を展開する、世界有数の大手漁具メーカーとなっています。 マルキュウが成功した理由は、常に顧客のニーズに合った商品を開発してきたことにあると言われています。例えば、1980年代に発売した「マルキュウオリジナルロッド」は、それまでの釣り竿よりも軽く、扱いやすいため、多くのアングラーから支持されました。また、1990年代に発売した「マルキュウオリジナルリール」も、それまでのリールよりも小型で軽量でありながら、高い性能を備えていたため、多くのアングラーから支持されました。 マルキュウは、今後も顧客のニーズに合った商品を開発し続けることで、さらなる成長を目指しています。