棚橋弘至

モノの名前

スリング・ブレイドとは?その歴史と解説

-スリング・ブレイドの歴史- スリング・ブレイドは、アメリカ合衆国アーカンソー州の小さな町、ブラック・ウォーターを舞台とした1996年のアメリカのドラマ映画である。アッシャー・マニング監督、主演、脚本はビリー・ボブ・ソーントン。身体障害を持つ殺人犯、カール・チルダーズの物語である。チルダーズは、刑務所から出所後、彼の町に戻り、老いた親友のビル・ブレナンと彼の娘、フランシスと暮らすことになる。チルダーズは、フランシスとその友人、ドディと友達になり、町の生活に適応しようとするが、彼の過去は彼を苦しめ続ける。 スリング・ブレイドは、1996年のサン・セバスティアン国際映画祭で上映され、最優秀監督賞を受賞した。また、1997年のアカデミー賞で、ソーントンは最優秀脚色賞にノミネートされた。スリング・ブレイドは、批評家から絶賛され、ソーントンの演技とマニングの脚本と演出が特に高く評価された。スリング・ブレイドは、アメリカ映画協会の「アメリカ映画ベスト100」に選出され、アメリカ国立フィルム登録簿に登録されている。 スリング・ブレイドは、カルト映画となり、ソーントンのキャリアをスタートさせ、マニングは映画監督として認められるようになった。スリング・ブレイドは、後にテレビシリーズ化され、2005年から2006年までTNTで放送された。
その他

必殺技「スリング・ブレイド」完全攻略

-スリング・ブレイドの歴史と起源- スリング・ブレイドは、1990年代の初めにアメリカの俳優ビリー・ボブ・ソーントンが開発したプロレス技です。この技は、相手をマットに押し倒し、片方の腕で首を絞め上げながら、もう片方の手で相手の顔面を殴打するというものです。スリング・ブレイドは、その強烈な見た目と高い破壊力から、プロレスファンに大きな人気を博しました。 スリング・ブレイドの起源は、ソーントンが子供の頃に見た映画『ロッキー』にあると言われています。この映画の中で、ロッキー・バルボアが対戦相手の顔面を殴打するシーンを見たソーントンは、この技をプロレスに応用できないかと考えました。ソーントンは、この技を何度も練習し、1990年代の初めにプロレスの試合で初めて使用しました。スリング・ブレイドは、その強烈な見た目と高い破壊力から、すぐにプロレスファンの注目を集め、ソーントンの代名詞となりました。 スリング・ブレイドは、プロレスの歴史の中で最も有名な必殺技の一つです。この技は、その強烈な見た目と高い破壊力から、プロレスファンに大きな人気を博しました。スリング・ブレイドは、ソーントンの代名詞となり、プロレスの歴史にその名を残すこととなりました。
作品名

「ハイフライフロー」とは?技解説と名勝負を紹介

「ハイフライフロー」は、プロレスの技のひとつで、相手をロープに振って跳ね返ってくるところを捕まえて、そのまま放り投げて背中からマットに叩きつける技です。 「ハイフライフロー」は、1990年代初頭にアメリカのプロレス団体であるWWEで誕生した技で、元祖はショーン・マイケルズとされています。 ショーン・マイケルズが「ハイフライフロー」を開発したきっかけは、当時WWEのトップレスラーだったハルク・ホーガンが得意としていた「レッグドロップ」という技を自分もやりたかったからだそうです。 しかし、ショーン・マイケルズはハルク・ホーガンよりも体が小さかったので、「レッグドロップ」をそのまま真似してもインパクトが弱くなってしまうと考え、より派手でインパクトのある技を考案した結果、「ハイフライフロー」が生まれたそうです。 「ハイフライフロー」は、華麗な動きと大きなインパクトで、たちまちプロレスファンの間で人気を集めました。 ショーン・マイケルズは、「ハイフライフロー」を決め技として、数々の名勝負を繰り広げ、WWEのトップスターとして君臨しました。