森林

その他

「国際森林デー」とは?その目的と森林の重要性

「国際森林デー」とは 国連総会が1971年に制定した国際デーのひとつで、毎年3月21日に森林の重要性をアピールし、森林の保護や持続可能な管理を促進することを目的としています。国連食糧農業機関(FAO)が中心となって、世界各国でさまざまなイベントやキャンペーンが行われます。 森林は、地球の肺とも呼ばれる重要な生態系です。森林は、酸素を供給し、二酸化炭素を吸収することで、地球の気候を調整しています。また、森林は、水源涵養機能や土壌保全機能、生物多様性の保全など、さまざまな役割を果たしています。しかし、森林は、開発や伐採などの原因で減少しています。森林が減少すると、地球の気候変動が進み、水不足や土壌流失、生物多様性の減少など、さまざまな問題が生じるとされています。
施設名・ロケ地

瀬上市民の森 – 横浜市栄区にある美しい公園

瀬上市民の森は、横浜市栄区にある美しい公園です。豊かな自然に囲まれたこの公園は、四季折々の風景を楽しむことができます。春にはソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、夏にはセミの鳴き声が響き渡ります。また、秋の紅葉や冬の雪景色も格別です。 瀬上市民の森には、散策路やサイクリングロード、アスレチックなどが整備されています。また、キャンプサイトやバーベキュー場もあり、アウトドア活動を楽しむことができます。また、自然観察園では、様々な植物や昆虫を観察することができます。 瀬上市民の森は、横浜市街地から車で約30分の場所にあります。公共交通機関を利用する場合は、JR東戸塚駅からバスに乗り、瀬上市民の森バス停下車です。
その他

林業経済学会について学ぶ

-林業経済学会とは- 林業経済学会は、1962年に設立された林業経済学の研究と発展を目的とする学会です。会員数は約500名で、林業経済学の研究者、林業従事者、行政官、企業経営者など幅広い分野の人々が参加しています。 林業経済学会の活動は、学術大会の開催、学会誌の発行、研究助成金の交付などを行っています。学術大会は年に1回開催され、林業経済学に関する最新の研究成果が発表されます。学会誌は年4回発行され、林業経済学に関する論文、研究ノート、書評などが掲載されています。研究助成金は、林業経済学の研究者を支援するために交付されます。 林業経済学会は、林業経済学の研究と発展に大きく貢献しています。学術大会や学会誌を通じて、林業経済学に関する最新の研究成果を共有し、研究者の交流を促進しています。また、研究助成金を通じて、林業経済学の研究者を支援しています。林業経済学会の活動は、林業経済学の発展に不可欠であり、今後もその役割を果たし続けていくでしょう。
施設名・ロケ地

四季見原すこやかの森キャンプ場:九州の山並みが一望できる高原キャンプ場

高千穂の自然を満喫できるキャンプ場 四季見原すこやかの森キャンプ場には、高千穂の自然を満喫できるアクティビティがたくさんあります。キャンプ場内には、遊歩道やサイクリングロードが整備されており、自然の中を散策したり、サイクリングを楽しんだりすることができます。また、キャンプ場から徒歩圏内には、高千穂峡や高千穂神社などの観光スポットがあります。高千穂峡は、国の天然記念物にも指定されている景勝地で、切り立った岩肌と緑豊かな森林が織りなす景観は圧巻です。高千穂神社は、日本神話に登場する瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天孫降臨した場所として知られる神社で、その神聖な雰囲気を味わうことができます。 キャンプ場では、バーベキューや焚き火を楽しむこともできます。バーベキュー場は、キャンプサイトごとに設置されているので、他のキャンパーを気にすることなく、プライベートなバーベキューを楽しむことができます。また、焚き火台もレンタルできるので、焚き火を囲んで、夜のキャンプファイヤーを楽しむこともできます。 四季見原すこやかの森キャンプ場は、自然を満喫できるキャンプ場でありながら、設備も充実しているので、初心者キャンパーでも安心して利用することができます。また、キャンプ場から車で約30分のところには、高千穂町の中心部があり、スーパーやコンビニエンスストアがあるので、買い出しにも便利です。
その他

山の日って何?6月第1日曜は、森と人の心をつなげよう

「山の日」とは、毎年6月第1日曜日に制定された国民の祝日です。2014年に「山の日」が制定されるきっかけとなったのは、日本の国土の約3分の2を占める山岳地域が、国土の恵みを育む源であり、文化や伝統が形成される舞台であること、そして、山を保全し、持続可能な形で利用していくことが重要であるという認識が高まったことにあります。 「山の日」の制定によって、人々が山に親しみ、山を保全していくことの大切さを認識する機会が得られ、山と人の心のつながりが深まることが期待されています。また、山を保全し、持続可能な形で利用していくための施策が推進されることも期待されています。
施設名・ロケ地

飯山白山森林公園

飯山観音に隣接する公園 飯山白山森林公園は、飯山市の中心部から西へ約3kmのところに位置する森林公園です。飯山観音の北側、標高約400mの丘陵地に広がっており、面積は約20ヘクタールです。園内には、ブナやミズナラなどの広葉樹林や、スギやヒノキなどの針葉樹林が広がり、四季折々の風景を楽しむことができます。また、ハイキングコースやキャンプ場、アスレチック施設などのレクリエーション施設が整備されているため、家族連れやカップル、グループで訪れるのに最適な場所です。 飯山観音は、飯山白山森林公園の北側に隣接する真言宗智山派の寺院です。古くから霊験あらたかとして知られ、多くの参拝者が訪れます。本尊は、弘法大師作と伝えられる十一面観世音菩薩で、安産や子育て、厄除けのご利益があるとされています。また、境内の奥には、高さ約10mの五重塔があり、飯山の町並みを見渡すことができます。
施設名・ロケ地

前田森林公園の魅力をたっぷりお届け!

前田森林公園は、美しい自然に囲まれた森林公園です。公園内には、豊かな森林が広がり、野鳥や小動物が生息しています。また、公園内には、キャンプ場や遊歩道、展望台などがあり、自然を満喫することができます。 前田森林公園は、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。春には、桜やツツジが咲き誇り、夏には、緑豊かな森林を散策することができます。秋には、紅葉が綺麗で、冬には、雪化粧をした木々が美しいです。 前田森林公園は、自然を満喫するのに最適な場所です。キャンプやハイキング、バードウォッチングなど、様々なアクティビティを楽しむことができます。また、公園内には、休憩所や売店などがあり、ゆっくりと過ごすことができます。 前田森林公園は、アクセスも良好です。公園までは、車で約30分、電車とバスを乗り継いで約1時間です。駐車場も完備されており、気軽に訪れることができます。 前田森林公園は、自然を満喫したい方におすすめのスポットです。美しい自然に囲まれた公園で、四季折々の景色を楽しむことができます。また、様々なアクティビティを楽しむこともでき、アクセスも良好です。
施設名・ロケ地

東北森林科学会について

-東北森林科学会の概要- 東北森林科学会は、東北地方を拠点に、森林科学の研究・教育・普及を目的とする学会です。1922年(大正11年)に設立され、90年以上の歴史を持っています。会員数は約400名で、森林科学の専門家や研究者、林業関係者、行政関係者など、幅広い分野の人々が参加しています。 東北森林科学会は、年1回の学術大会や講演会、シンポジウムなどを開催し、森林科学に関する最新の知見を共有しています。また、森林科学に関する学術誌「東北森林科学会誌」を発行し、森林科学の研究成果を広く発信しています。 東北森林科学会は、東北地方の森林科学の発展に大きく貢献しており、今後も森林科学の研究・教育・普及に努めていく予定です。
施設名・ロケ地

「リンバ ジンバラン バリ」のリゾートの魅力

バリの自然と伝統を融合したラグジュアリーホテル 「リンバ ジンバラン バリ」は、バリ島の自然と伝統を融合したラグジュアリーホテルです。ホテルは、ジンバラン湾を一望できる丘の上に位置し、広大な敷地内には、ヴィラ、プール、レストラン、バー、スパなど、さまざまな施設が充実しています。 ヴィラは、すべて独立した一戸建てで、広々としたリビングルーム、ベッドルーム、バスルームを備えています。また、すべてのヴィラには、プライベートテラスまたはバルコニーがあり、ジンバラン湾の美しい景色を楽しむことができます。 プールは、ホテルの敷地内に大小さまざまなものが点在しています。メインプールは、海を一望できるインフィニティプールで、大人も子供も楽しめる大きなスライダーもあります。また、静かな環境でリラックスしたい方のためのプライベートプールも用意されています。 レストランは、ホテル内に3軒あり、インドネシア料理、西洋料理、イタリア料理など、さまざまな料理を楽しむことができます。また、バーは、プールサイドやロビーなど、ホテルの敷地内に4軒あり、カクテルや軽食を楽しむことができます。 スパは、ホテルの敷地内にあり、さまざまなマッサージやトリートメントを提供しています。また、サウナやジャグジーもあり、心と体をリラックスさせることができます。 「リンバ ジンバラン バリ」は、バリ島の自然と伝統を融合したラグジュアリーホテルで、さまざまな施設が充実しており、心ゆくまでバリの滞在を楽しむことができます。
その他

森と湖に親しむ旬間とは?

「森と湖に親しむ旬間」の目的 「森と湖に親しむ旬間」は、自然環境の重要性やレクリエーションの楽しみを広く国民に理解してもらうことを目的として、毎年6月1日から7日までの1週間、全国的に実施されているキャンペーンです。この旬間には、森林や湖沼などの自然環境を体験できる様々なイベントや行事が開催され、人々が自然に触れ合う機会を提供しています。 「森と湖に親しむ旬間」は、1996年に「森林・林業PR週間」としてスタートし、2009年に「森と湖に親しむ旬間」と改称されました。この旬間は、環境省や林野庁、農林水産省などの関係省庁が連携して実施しており、全国の都道府県や市町村、関係団体なども協力しています。 「森と湖に親しむ旬間」の主な目的は、以下の3つです。 1. 自然環境の重要性やレクリエーションの楽しみを広く国民に理解してもらうこと。 2. 森林や湖沼などの自然環境を体験できる様々なイベントや行事を開催し、人々が自然に触れ合う機会を提供すること。 3. 自然環境の保護や保全に対する国民の意識を高めること。 「森と湖に親しむ旬間」は、自然環境の大切さを国民にアピールし、自然との共生を図るための重要なキャンペーンです。
モノの名前

オオガシラ科とは?

オオガシラ科の特徴 オオガシラ科の魚は、一般的に体長が小さく、頭が大きく、口が広いのが特徴です。また、遊泳力が強く、多くの種が熱帯および亜熱帯の海に生息しています。背びれと尻びれは体の中央にあり、ほとんどすべての種は胸びれと腹びれを持っています。多くの種は、頭部や体側面に斑点や縞模様などの派手な模様を持っています。オオガシラ科は、オオガシラが属する分類群で、1,200種以上が含まれています。オオガシラ科の魚は、サンゴ礁や岩礁など、様々な環境に生息しています。
その他

緑の月間について

緑の月間とは? 緑の月間とは、環境問題に対する意識を高め、環境保護活動に取り組むことを目的としたキャンペーンです。毎年6月に開催され、世界各国で様々なイベントや取り組みが行われています。緑の月間は、1972年に国連人間環境会議で採択された「ストックホルム宣言」をきっかけに始まり、1974年に国連環境計画(UNEP)が正式に制定しました。 緑の月間は、環境問題に対する意識を高めるだけでなく、環境保護活動に取り組むための具体的な行動を促進することも目的としています。そのため、緑の月間には、環境保護団体や政府機関、企業などが協力して、様々なイベントや取り組みが行われます。例えば、環境保護に関する講演会やワークショップ、植樹活動、リサイクルキャンペーンなどが行われます。また、緑の月間には、環境保護に関する書籍や映画などの出版物も数多く発表されます。
その他

間伐推進強化期間とは何か?

-間伐推進強化期間の目的とその意義- 間伐推進強化期間とは、2017年3月31日から2022年3月30日までの5年間、森林の整備を促進するために、間伐に対する国の支援を強化する期間のことです。この期間中、間伐を行う森林所有者に対して、補助金や税制優遇措置などの支援が行われます。 間伐推進強化期間の目的は、森林の整備を促進し、森林の多面的機能を向上させることです。森林は、水源涵養機能、土砂流出防止機能、二酸化炭素吸収機能など、さまざまな機能を持っていますが、適切な間伐を行わないと、これらの機能が低下してしまいます。 間伐を行うことで、森林の密度を下げ、木々の成長を促進することができます。また、間伐材を有効活用することで、林業の活性化にもつながります。さらに、間伐を行うことで、森林の景観を向上させ、観光客を誘致することもできます。 間伐推進強化期間は、森林の整備を促進し、森林の多面的機能を向上させるための重要な期間です。この期間中に、間伐を行う森林所有者に対して、積極的な支援を行うことで、森林の整備を促進することが期待されています。
モノの名前

ハナドリ科について学ぶ – 生態や特徴を解説

ハナドリ科の特徴と生態 ハナドリ科は、トキ目ハナドリ科に分類される鳥類の科です。世界中に生息していますが、特に熱帯、亜熱帯地域に多く分布しています。ハナドリ科の鳥類は、一般的に鮮やかな羽色と長い尾羽が特徴です。また、木の実や昆虫など、果実や種を食べる雑食性です。ハナドリ科の鳥類は、樹洞や岩の隙間など、高所にある場所で営巣します。1年に1~3回繁殖し、1回に2~6個の卵を産みます。孵化した雛は、約2ヶ月で巣立ちます。 ハナドリ科の鳥類は、その美しい羽色と長い尾羽で、古くから人々に愛されてきました。日本では、古代からハナドリ科の鳥類が狩猟の対象となり、食肉や羽飾りに利用されてきました。近年では、ハナドリ科の鳥類の生息地が破壊され、個体数が減少しています。そのため、ハナドリ科の鳥類を保護するための対策が講じられています。
施設名・ロケ地

足柄森林公園 丸太の森 – 自然観察、散策、アスレチックも!

広大な森林で自然観察と散策を楽しもう! 足柄森林公園は、神奈川県南足柄市にある広大な森林公園です。園内には、自然観察を中心としたハイキングコースや、アスレチック遊具が設置された遊び場など、様々な施設が整備されています。 自然観察コースは、森林、湿地、草原など、様々な植生を有しています。季節ごとに、様々な野生生物を観察することができ、春の桜、夏のホタル、秋の紅葉など、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。 散策コースは、初心者向けのコースから、上級者向けのコースまで、様々なコースが用意されています。ハイキングをしながら、森林浴を楽しんだり、野鳥のさえずりを聞いたり、リフレッシュすることができます。 アスレチック遊具が設置された遊び場は、子供から大人まで楽しめる施設です。ターザンロープやネット遊具など、様々な遊具があり、体を動かして遊ぶことができます。 足柄森林公園は、自然観察、散策、アスレチックなど、様々なアクティビティを楽しむことができる森林公園です。家族連れや友人同士で、自然に触れ合うことができるスポットとしておすすめです。
施設名・ロケ地

ヒラリの魅力を徹底解剖!伊豆大島ジオパークの妖精レンジャー

ヒラリが生まれた森林は、天城山地の山懐に抱かれた標高1000mほどの深い森林です。この森林は、豊かな自然が残されており、多様な植物が生息しています。また、ヒラリが大好きで、ヒラリが住む家ともなっている、樹齢1000年を超える巨木が点在しています。 この森林の気候は、温暖で雨量が多く、ヒラリを含むさまざまな生き物が生息しやすい環境となっています。また、この森林の土壌は肥沃で、さまざまな植物が育つのに適しています。 この森林は、ヒラリと他の生き物の宝庫です。ヒラリは、この森林で仲間と遊び、食べ物を見つけ、そしてこの森林で生きています。この森林は、ヒラリにとって、かけがえのない場所なのです。
その他

樹木医学会について

樹木医学会への入会方法 樹木医学会に入会するには、まず学会のホームページから入会申込書をダウンロードして、必要事項を記入して提出する必要があります。入会申込書には、氏名、住所、連絡先、所属機関、職種、学歴、資格、専門分野、入会動機など、さまざまな情報を入力する必要があります。入会申込書は、郵送または電子メールで提出することができます。 入会申込書が提出されたら、学会の審査委員会によって審査されます。審査委員会は、入会申込者の資格や専門分野などを考慮して、入会を許可するかどうかの判断を行います。入会が許可されると、学会から入会通知書が送付されます。 樹木医学会に入会すると、学会のさまざまな事業に参加することができます。学会の事業には、学会誌の発行、学会大会の開催、研修会の開催、調査研究事業、国際交流事業などがあります。また、学会会員は、学会のホームページ上の会員専用ページにアクセスして、学会の最新情報や各種資料を入手することができます。 樹木医学会に入会するには、一定の資格や専門分野が必要です。しかし、資格や専門分野を満たしていなくても、樹木医学会の活動に興味がある方は、入会申込書を提出して審査を受けることができます。審査委員会は、入会申込者の資格や専門分野などを考慮して、入会を許可するかどうかの判断を行います。
施設名・ロケ地

萩谷総合公園で自然とスポーツを満喫!

萩谷総合公園は、自然とスポーツを満喫できる公園です。園内には、自然観察や散策に最適な森林が広がっています。森林は、常緑樹と落葉樹が混在しており、四季折々に美しい景色を見せてくれます。また、森林の中には、様々な動植物が生息しています。早朝や夕暮れ時には、野鳥のさえずりや昆虫の鳴き声が聞こえてきます。公園の奥には、清流が流れています。清流は、とても澄んでいて、川底まで見通すことができます。清流の中では、魚が泳いでいるのが見えます。森林の中を散策したり、清流のほとりでボーッとしたりしていると、日頃の疲れを癒すことができます。
その他

森林計画学会について

-森林計画学会について- -森林計画学会とは何か- 森林計画学会は、森林計画に関する理論及び技術の研究及び開発並びに普及を図り、もって森林計画の発展に寄与することを目的として、1956年に設立された学会である。森林計画学会の会員は、森林計画に携わる研究者、技術者、行政官などを中心に、約300名である。 森林計画学会では、毎年、全国森林計画学会大会を開催している。大会では、森林計画に関する研究成果の発表や、講演会、シンポジウムなどが行われる。また、学会では、森林計画に関する論文誌や図書を発行している。 森林計画学会は、森林計画に関する理論及び技術の研究及び開発並びに普及を図り、もって森林計画の発展に寄与することを目的としている。森林計画学会の会員は、森林計画に携わる研究者、技術者、行政官などを中心に、約300名である。森林計画学会では、毎年、全国森林計画学会大会を開催している。大会では、森林計画に関する研究成果の発表や、講演会、シンポジウムなどが行われる。また、学会では、森林計画に関する論文誌や図書を発行している。
施設名・ロケ地

グリム冒険の森で木工体験!

グリム冒険の森は、自然豊かな場所にある森の公園です。木々が茂る森の中を散策したり、アスレチック遊具で遊んだり、キャンプをしたりすることができます。また、森の恵みを生かした木工体験工房や、地元の食材を使ったレストランも併設されており、様々な楽しみ方ができます。 木工体験工房では、森の木々を使って、オリジナルの木工作品を作ることができます。木の種類や形を選ぶところから始まり、ノコギリやカンナを使って木を加工し、最後にニスを塗って完成させます。木工体験を通して、木のぬくもりや木工の楽しさを味わうことができます。 レストランでは、地元の食材を使った、新鮮でおいしい料理を提供しています。森の中で育った新鮮な野菜や果物、地元の海で獲れた魚介類などを使った料理は、どれも絶品揃いです。森の空気の中で食べる食事は、格別な味わいです。 グリム冒険の森は、自然を満喫できる、魅力的な森の公園です。木工体験工房やレストランも併設されているので、一日中楽しむことができます。家族や友人と、自然の中でのびのびと過ごすのに最適な場所です。