歴史

施設名・ロケ地

奥家住宅の歴史と魅力

奥家住宅とは 奥家住宅は、約100年前に建てられた伝統的な日本家屋です。茅葺き屋根、土壁、縁側など、日本の伝統的な建築様式を備えています。また、屋敷内には池や庭があり、自然の美しさも楽しめます。奥家住宅は、国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れます。 奥家住宅の最大の特徴は、その茅葺き屋根です。茅葺き屋根は、ヨシやススキなどの植物を束ねて葺いた屋根で、日本の伝統的な建築様式です。茅葺き屋根は、防水性と断熱性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かいという特徴があります。 また、奥家住宅の土壁も特徴的です。土壁は、土と藁を混ぜて作った壁で、日本の伝統的な建築様式です。土壁は、耐火性と遮音性に優れており、火事に強く、音も遮断してくれます。 さらに、奥家住宅には縁側があります。縁側は、日本の伝統的な建築様式で、家の外側に設けられた廊下です。縁側は、外気を取り入れたり、雨宿りしたりするために利用されます。縁側は、日本の夏に欠かせない場所です。 屋敷内には池や庭があり、自然の美しさも楽しめます。池には鯉が泳いでおり、庭には花々が咲いています。池や庭は、奥家住宅の景観をより一層美しくしています。
モノの名前

八戸焼の歴史と魅力

八戸焼の起源と歴史 八戸焼は、約400年の歴史を持つ青森県八戸市の伝統工芸品です。八戸焼の起源は、江戸時代初期に八戸藩主の南部利直公が、京都から陶工を招いたことに始まります。招かれた陶工たちは、八戸の土を使い、地元の特産品である海藻や魚介類をモチーフにした器を作り始めました。これが八戸焼の始まりとされています。 その後、八戸焼は藩の保護のもと、発展を遂げます。江戸時代中期には、八戸藩窯が築かれ、八戸焼は藩の御用窯となりました。また、八戸焼は庶民の間にも広まり、日用品として広く使われるようになりました。 明治時代になると、八戸焼は一時衰退しますが、大正時代に入って復興します。昭和初期には、八戸焼は国指定の伝統的工芸品に指定され、現在では、全国各地で人気を集めています。
施設名・ロケ地

シアトルのシンボル「スペースニードル」の歴史と魅力

スペースニードルの誕生 スペースニードルの誕生は、1962年のシアトル万博にまで遡ります。万博の開催を機に、シアトルのランドマークとなる建造物を建設することが決定し、建築家ジョン・グラムとエンジニアのエド・カーニーが設計を担当しました。彼らは、宇宙時代を象徴するような塔を構想し、完成したスペースニードルは高さ184メートル、アンテナを含めると206メートルという、当時としては世界一の高さを誇る構造物となりました。 建設には、約1,000人の労働者が携わり、わずか14カ月という短期間で完成しました。完成後は、その斬新なデザインとシアトルの街を一望できる展望台が人気を博し、瞬く間にシアトルのシンボルとなりました。 スペースニードルは、その後もシアトルの街を見守り続けており、数々のイベントやセレモニーの会場としても使用されてきました。また、映画やテレビドラマにも度々登場し、世界中の人々にその存在を知られています。
施設名・ロケ地

毛利博物館の魅力を徹底解説

毛利博物館の歴史と概要 毛利博物館は、山口県萩市にある博物館で、毛利家と萩の歴史に関する資料を展示している。毛利家とは、長門国(現在の山口県)を拠点とした戦国大名であり、江戸時代には長州藩を治めた。毛利博物館は、1932年に毛利家第34代当主の毛利元徳によって設立され、その後、1965年に現在の建物に移転した。 毛利博物館は、本館と別館の2つの建物からなり、本館には、毛利家の歴代当主の肖像画や書画、武具、調度品などが展示されている。別館には、萩の歴史に関する資料や、萩の伝統工芸品の展示などがある。 毛利博物館は、毛利家と萩の歴史に関する貴重な資料を収蔵しており、萩を観光する際には必見のスポットである。
地名・ロケ地

「阿房下港」長崎県にある港(1957年2月設立)

阿房下港の歴史 阿房下港は、長崎県長崎市飽浦町にある港で、1957年2月に設立されました。港は、阿房下湾の奥部に位置し、周囲を山々に囲まれています。阿房下港の歴史は、古く、江戸時代には、この港から石炭が積み出されていました。明治時代には、阿房下港から炭鉱の石炭が積み出されるようになりました。大正時代には、阿房下港から軍需物資が積み出されるようになりました。第二次世界大戦後、阿房下港は、貿易港として発展しました。1960年代には、阿房下港から中国本土への定期航路が開設されました。しかし、1970年代に、中国本土との貿易が中断されると、阿房下港の貿易量は減少しました。 1980年代以降、阿房下港は、観光港として発展するようになりました。港には、観光客向けの施設が整備され、観光客が訪れるようになりました。また、阿房下港から、周辺の島々への観光船が運航されるようになりました。阿房下港は、長崎県の観光地として人気を集めています。
その他

「五代目浅野組」の歴史と現在の動向

五代目浅野組の成り立ちと歴史 五代目浅野組は、東京都を中心に活動する暴力団で、関東最大のやくざ組織である。前身は、1963年に三代目山口組を離脱した浅野組で、初代組長は浅野五郎だった。浅野五郎は、1982年に引退し、二代目組長には田岡一雄が就任した。田岡一雄は、1992年に病死し、三代目組長には石井一郎が就任した。石井一郎は、2002年に引退し、四代目組長には山一憲が就任した。山一憲は、2012年に逮捕され、五代目組長には渡邉芳則が就任した。 渡邉芳則は、1953年生まれ、埼玉県出身。1972年に五代目浅野組に加入し、1990年に若頭補佐に就任した。2002年には若頭となり、2012年に五代目組長に就任した。渡邉組長は、暴力団対策法の強化や、警察の取り締まりの強化など、厳しい環境の中、五代目浅野組を率いている。 五代目浅野組は、現在、約1万人の組員を抱え、東京都を中心に全国に勢力を持つ。傘下には、浅野組二代目組長を射殺したことで知られる二代目工藤組、指定暴力団から除名された三代目稲川会、元東組の組員で構成される宮下組などがある。五代目浅野組は、暴力団対策法の強化や、警察の取り締まりの強化など、厳しい環境の中、暴力団として存続している。
施設名・ロケ地

明治橋の魅力と歴史

明治橋の構造とデザインの特徴 明治橋は、内外に名高い近代土木遺産のひとつです。その特徴は、木橋と鉄橋の技術を融合させたハイブリッド構造にあります。木製の橋桁に鉄製のアーチを組み合わせることで、強さと軽さを兼ね備えた構造を実現しました。 明治橋は、日本初の西洋式吊り橋でもあります。橋の両端にある2つの塔からワイヤーを張り、そのワイヤーに橋桁を吊り下げる構造です。この吊り橋の技術は、その後、日本の近代化に大きく貢献しました。 明治橋のデザインも、当時の最先端を行っていました。橋の装飾には、西洋の古典的なモチーフを取り入れ、優美で華やかな印象を与えています。また、橋の両端にある塔は、古代ギリシャ神殿を彷彿とさせるデザインで、橋全体の調和を図っています。 明治橋は、その構造とデザインの両面で、近代日本の土木技術の粋を集めた傑作と言えます。その魅力は、現代においても色褪せることなく、多くの人々を魅了し続けています。
地名・ロケ地

大面油田の歴史と開発

大面油田の発見と開発 大面油田は、1960年代初頭に秋田県南部の湯沢市を中心として発見された油田です。この油田は、日本の石油生産量全体の約10%を占める大規模油田であり、国内の石油生産に大きな役割を果たしています。 大面油田の発見のきっかけとなったのは、1960年3月に発生した湯沢市内の温泉の噴湯事故でした。この事故を調査した結果、湯沢市周辺の地層に石油が埋蔵されている可能性があることが判明しました。その後、石油探査会社による調査が行われ、1961年に大面油田の第1号井が掘削され、石油の採掘が開始されました。 大面油田の開発は、当初は順調に進みましたが、1970年代に入り、石油価格の低迷や採掘量の減少などにより、経営が困難になりました。しかし、その後石油価格が上昇し、採掘量も回復したため、大面油田の開発は再び軌道に乗りました。 現在、大面油田は、日本の石油生産量全体の約10%を占める大規模油田であり、国内の石油生産に大きな役割を果たしています。大面油田の石油は、ガソリンや灯油、重油などの燃料油の原料として使用されています。
その他

入谷歌舞伎の魅力と歴史

入谷歌舞伎の歴史 入谷歌舞伎は、江戸時代末期から明治時代にかけて、群馬県北部の入谷村(現・沼田市)で上演されていた歌舞伎の一座です。入谷村は、当時から交通の要衝として栄えており、多くの旅人が行き交っていました。そのため、入谷村では旅芸人による芝居小屋が建てられ、歌舞伎が上演されるようになりました。 入谷歌舞伎は、当初は素人が演じる素人芝居でしたが、明治時代になると、プロの役者による芝居小屋が建てられ、本格的な歌舞伎が上演されるようになりました。入谷歌舞伎は、その優れた演技と演出で評判を呼び、遠方からも多くの観客が訪れるようになりました。 しかし、明治維新後に近代化が進むと、入谷歌舞伎は衰退を始めました。鉄道の開通によって、旅人が入谷村を訪れることが少なくなり、芝居小屋も次々と閉鎖されていきました。そして、大正時代になると、入谷歌舞伎は完全に姿を消しました。 その後、入谷歌舞伎は、地元の人々によって復活させられました。1973年に、入谷歌舞伎保存会が発足し、翌年には入谷歌舞伎の復活公演が行われました。入谷歌舞伎は、その後も毎年公演が行われており、現在では、入谷村の伝統芸能として親しまれています。
その他

下館藩の歴史と文化

下館藩の歴史 下館藩は、現在の茨城県筑西市にあった藩である。江戸時代初期の1602年に、徳川家康の家臣である永井直勝が常陸国下館に封じられ、下館藩が成立した。永井氏は、下館城を拠点として藩政を行い、1619年に常陸国岩井に転封されるまで、約20年間下館を治めた。 1619年に、下館藩は松平康長が封じられた。松平氏は、下館城を改築し、城下町を整備して、藩政を行った。松平氏は、下館藩を約200年間統治したが、1868年の戊辰戦争で、官軍に敗れて下館藩は廃藩となった。 下館藩は、常陸国の中で比較的規模の小さい藩だったが、江戸時代を通じて、政治的にも経済的にも安定した藩であった。下館藩は、水戸藩や笠間藩などの大藩に囲まれていたが、これらの藩と友好関係を維持し、藩領の拡大を図った。また、下館藩は、江戸との交通の便が良く、江戸で産出される商品を仕入れて、藩内で販売するなど、商業活動も盛んに行われた。 下館藩は、江戸時代の終わりには、廃藩置県を迎えて、下館藩は消滅した。しかし、下館城や城下町などの遺構は、現在でも残されており、下館藩の歴史を伝える貴重な史跡として、観光客に親しまれている。
地名・ロケ地

南国高知産業大博覧会を振り返る

開催の背景と目的 南国高知産業大博覧会は、1958年4月15日から5月31日までの47日間にわたって、高知県で開催された博覧会です。この博覧会は、高知県の産業振興と観光客の誘致を目的として開催されました。 高知県は、四国地方の南端に位置する県で、温暖な気候と豊かな自然に恵まれています。しかし、当時はまだ産業が十分に発展しておらず、県民の生活も豊かではありませんでした。そこで、高知県では、産業振興と観光客の誘致を図るために、南国高知産業大博覧会を開催することになりました。 南国高知産業大博覧会は、高知県の産業振興と観光客の誘致を目的として開催されました。博覧会では、高知県の産業や文化を紹介する展示が行われたほか、各種の催し物も行われました。博覧会は、多くの来場者を集め、高知県の産業振興と観光客の誘致に大きく貢献しました。
地名・ロケ地

村上水軍の出城があった大突間島

大突間島の歴史 大突間島は、芸予諸島にある無人島です。面積は約0.4平方キロメートルで、最高点は標高約70メートルです。島の周囲は急峻な崖に囲まれており、上陸が困難なことから、古くから軍事上の要衝として利用されてきました。 島の歴史は古く、弥生時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。平安時代には、藤原純友の乱に際して、藤原純友が島に拠点を置いたと伝えられています。鎌倉時代には、村上水軍の出城が島に築かれました。村上水軍は、瀬戸内海を拠点に活動した水軍であり、大突間島は、村上水軍の重要な拠点の一つでした。 室町時代になると、大突間島は、毛利氏と大内氏の争奪の場となりました。天文10年(1541年)、毛利元就は、大突間島に攻め込み、大内氏の出城を攻略しました。その後、大突間島は、毛利氏の支配下に入ります。 江戸時代に入ると、大突間島は、広島藩の領地となりました。広島藩は大突間島に番所を設置し、島の警備にあたりました。また、広島藩は、島で農業や漁業を奨励し、島の開発を図りました。 明治時代になると、大突間島は、愛媛県に編入されました。その後、大突間島は、無人島となり、現在に至っています。
作品名

孤島の土となるとも:岩川隆著作について

岩川隆は、1939年、宮崎県日向市に生まれました。1963年に九州大学文学部を卒業した後、いくつかの出版社に勤務しました。1972年にフリーランスライターとなり、日本各地の離島を旅して、そこで出会った人々や文化、歴史について記事を書きました。 岩川隆は、1980年に『孤島の土となるとも』という本を出版しました。この本は、岩川隆が日本各地の離島を旅して、そこで出会った人々や文化、歴史について書いたエッセイ集です。この本は、日本の離島について書かれた本としては、初めてベストセラーになりました。 岩川隆は、1985年に急逝しました。享年46歳でした。しかし、岩川隆が残した著作は、今もなお多くの人々に読まれ続けています。岩川隆の著作は、日本の離島について書かれた本としては、貴重な資料となっています。また、岩川隆の著作は、日本の離島に住む人々の暮らしや文化を伝える貴重な記録となっています。
施設名・ロケ地

福井県立若狭高等学校の歴史と魅力

福井県立若狭高等学校の歴史は古く、1899年に福井県若狭郡小浜町に創立された小浜中学校を起源としています。その後、1903年に福井県若狭中学校と改称され、1922年に福井県立若狭中学校となりました。1948年に学制改革が行われ、福井県立若狭高等学校と改称されました。 福井県立若狭高等学校は、普通科、商業科、情報処理科の3つの学科を有する全日制の高校です。普通科は、国公立大学や私立大学への進学を目指す生徒を対象としたコースで、文系と理系の2つのコースがあります。商業科は、商業に関する知識と技能を身につけ、就職を目指す生徒を対象としたコースで、会計コースと流通コースの2つのコースがあります。情報処理科は、情報に関する知識と技能を身につけ、就職を目指す生徒を対象としたコースで、システム開発コースとネットワークコースの2つのコースがあります。 福井県立若狭高等学校は、地域に密着した学校として、生徒の進学や就職を支援する様々な取り組みを行っています。例えば、生徒の学力を向上させるための補習授業や、進路指導の充実などです。また、地域社会との連携を深めるため、地域住民を対象とした講演会や講座を開講しています。
その他

教育史学会とは?

教育史学会の歴史と設立目的 教育史学会は、1960年に設立された学術団体です。設立の目的は、教育史の研究と教育を発展させることです。教育史学会は、教育史に関する研究発表会やシンポジウムを開催したり、教育史に関する専門誌を発行したりしています。また、教育史学会は、教育史に関する研究を奨励するため、各種の賞を設けています。 教育史学会は、教育史の研究を発展させるために、教育史に関する文献の収集や保存に取り組んでいます。教育史学会は、教育史に関する文献を所蔵する図書館や博物館と協力して、教育史に関する文献のデジタル化を進めています。また、教育史学会は、教育史に関する文献のデータベースを整備し、研究者に公開しています。 教育史学会は、教育史の研究を発展させるために、教育史に関する国際的な交流にも取り組んでいます。教育史学会は、海外の教育史学会との交流を深め、教育史に関する共同研究やシンポジウムを開催しています。また、教育史学会は、海外の教育史学者の来日を支援し、教育史に関する研究交流を促進しています。
その他

大毎(だいまい)とは?

大毎とは、1906年に大阪毎日新聞社によって創刊された日刊スポーツ新聞です。1997年に休刊するまで、90年以上愛読され続けました。 大毎の創刊は、当時の大阪毎日新聞社の社長であった本山彥一が、スポーツ報道の重要性を認識し、スポーツ新聞の発行を決定したことに始まります。本山は、イギリスのスポーツ新聞である「デイリー・メール」をモデルとして、大毎を創刊しました。 大毎の創刊当初の紙面は、プロ野球や相撲などの競技を中心に構成されていましたが、読者のニーズに応じて、ゴルフ、テニス、スキーなどの競技も取り上げるようになりました。また、大毎は、スポーツ報道のほかにも、社会・文化・芸能などのニュースも掲載していました。 大毎は、スポーツ新聞として、プロ野球や相撲などの競技の報道に力を入れ、読者から支持を集めました。特に、大毎は、プロ野球のリーグ戦である「日本シリーズ」を初めて報じた新聞であり、日本のプロ野球の発展に大きな貢献をしました。 大毎は、1997年に休刊しましたが、その創刊から休刊までの90年間、スポーツ新聞として日本のスポーツ界を支え、国民にスポーツの楽しさを伝えてきました。
地名・ロケ地

法印坂の歴史と由来

法印坂の由来 法印坂の由来は、平安時代末期に遡ります。当時、この坂は「法印坂」ではなく、「弁慶坂」と呼ばれていました。弁慶坂の名前の由来は、源平合戦で活躍した僧兵、弁慶が、この坂で平家の軍勢を退けたという伝説に由来しています。 鎌倉時代になると、この坂は「法印坂」と呼ばれるようになりました。法印坂の名前の由来は、鎌倉時代の高僧、法印良遍が、この坂の近くの寺に住んでいたことに由来しています。法印良遍は、鎌倉幕府の重臣、北条時頼の帰依を受けていた高僧で、この坂は法印良遍が鎌倉と京都の間を往来する際に利用していたと伝えられています。 江戸時代になると、法印坂は「江戸三坂」のひとつに数えられるようになりました。江戸三坂とは、法印坂、愛宕坂、清水坂の3つの坂のことで、いずれも江戸の街を代表する景勝地でした。法印坂は、江戸城から上野寛永寺へと続く道筋に位置しており、江戸の庶民の間でも人気の高い坂でした。 明治時代になると、法印坂は「法印坂通」という名前に改められました。法印坂通は、現在でも上野公園の近くを走る道路として利用されています。法印坂通は、江戸時代の面影を残した風情のある通りとして、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。
その他

仙台で花の祭典開催!「’89グリーンフェア仙台」

「フェアの概要と開催概要」 「’89グリーンフェア仙台」は、仙台市が主催する花の祭典で、1989年5月17日~6月18日の32日間にわたり開催されました。このフェアは、緑化の推進と市民の憩いの場の創出を目的としており、市民参加型のイベントとして開催されました。 フェア期間中は、市内各地の公園や施設を会場として、さまざまなイベントが開催されました。主なイベントには、全国各地から集まった花卉の展示会、花卉の販売会、花卉に関する講演会、ワークショップ、コンテストなどがありました。また、仙台市内の小・中学生を対象とした「花の日コンクール」も行われ、受賞作品はフェア会場に展示されました。 フェアは、開催期間中に延べ約100万人の来場者を集め、大盛況のうちに終了しました。このフェアは、仙台市の緑化の推進と市民の憩いの場の創出に大きく貢献し、仙台市を花と緑あふれるまちに育てるための重要なイベントとなりました。
その他

1896年陸羽地震の知られざる事実

悲劇の詳細な記録 1896年6月15日、宮城県と福島県を震源とするマグニチュード7.1の地震が発生しました。この地震は、後に「1896年陸羽地震」と呼ばれることになります。地震は、主に宮城県と福島県に大きな被害をもたらし、死者269人、負傷者1,077人を出す惨事となりました。 地震の被害は、主に土砂崩れと火災によるものでした。土砂崩れは、山間部の村落を襲い、多くの家屋を押しつぶしました。火災は、地震によって発生した火災や、倒壊した家屋から出火した火災が広がって発生しました。 地震の被害は、宮城県と福島県だけでなく、山形県や岩手県にも及びました。山形県と岩手県では、死者や負傷者は出ませんでしたが、家屋や道路が損壊する被害が発生しました。 1896年陸羽地震は、東北地方を襲った大地震の一つであり、大きな被害をもたらしました。地震の被害は、現在も語り継がれており、地震の教訓を学ぶために重要な資料となっています。
施設名・ロケ地

「パルクアベニューカワトク」の魅力と歴史

パルクアベニューカワトクの歴史 石川県金沢市の「香林坊」エリアの中心部にあるパルクアベニューカワトクは、1932年にカワトク百貨店として創業しました。戦後は鉄筋コンクリート造りのビルを建設し、百貨店として営業を再開しました。2004年に現在の「パルクアベニューカワトク」に改称し、百貨店とレストラン、カフェ、ショップなどが入居する商業施設になりました。 パルクアベニューカワトクは、金沢の伝統と文化を重視した商業施設として、地元の人々や観光客に親しまれています。館内には、石川県の伝統工芸品や郷土料理を提供するお店が数多くあり、金沢の文化に触れることができます。また、レストランやカフェでは、地元の食材を使用した料理や金沢の伝統的な甘味を楽しむことができます。 パルクアベニューカワトクは、日本の伝統と文化を大切にした商業施設として、今後も金沢の街を盛り上げていく存在であり続けるでしょう。
モノの名前

不動正宗 – 鎌倉時代の傑作短刀

不動正宗は、鎌倉時代の刀工である正宗が作刀した短刀である。「日本三名刀」の一つに数えられ、国宝に指定されている。 不動正宗がいつ、誰によって作刀されたのかは定かではないが、鎌倉時代初期に正宗が作刀したと推定されている。正宗は、鎌倉幕府の御用刀工であり、数多くの名刀を作刀したことで知られている。不動正宗は、正宗の代表作の一つであり、その切れ味と美しさで多くの武人に愛された。 不動正宗には、いくつかの逸話が残されている。一つは、正宗が不動明王を念じて作刀したという逸話である。正宗は、不動明王の加護を受け、不動正宗を完成させたという。不動正宗は、その切れ味から「不動の剣」とも呼ばれ、戦場で多くの武人を切り伏せたと言われている。 不動正宗は、鎌倉時代から室町時代にかけて、多くの武人に受け継がれてきた。戦国時代には、織田信長が所持していたと伝えられている。江戸時代には、徳川将軍家の所有となり、現在では東京国立博物館に収蔵されている。
施設名・ロケ地

調神社の魅力と歴史

調神社の歴史と由来 調神社の歴史は古く、その起源は奈良時代までさかのぼります。713年、奈良時代の元明天皇の命令により、疫病の流行を鎮めるために全国各地に疫病封じの祈願を目的に建立された神社のひとつとして、現在の大阪市中央区に創建されました。調神社は、大阪の守護神として、地元の人々から篤く信仰され、多くの参拝客が訪れてきました。 江戸時代には、徳川幕府によって社殿が修築され、現在の社殿はその当時のものです。また、江戸時代には、調神社の境内には、多くの摂社や末社が建立され、神社の規模は拡大しました。調神社は、大阪の街の発展とともに、その歴史を歩んできました。
施設名・ロケ地

日本の歴史公園100選!山口県の隠れた名所「渡辺翁記念公園」

渡辺翁記念公園は、山口県の玖珂郡美川町にある公園です。日本の歴史公園100選に選ばれた美しい庭園で、園内には様々な花や木々が植えられています。春は桜、夏はアジサイ、秋は紅葉、冬は雪景色など、四季折々の景色を楽しむことができます。 公園の中心には、渡辺翁の銅像が立っています。渡辺翁は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した実業家で、美川町の発展に貢献しました。また、公園内には、渡辺翁が収集した美術品を展示する美術館もあります。 渡辺翁記念公園は、地元の人々に親しまれる憩いの場となっています。また、県外から多くの観光客が訪れる、山口県の隠れた名所です。
地名・ロケ地

山中温泉の魅力

-1300年の歴史を持つ温泉地- 山中温泉は、石川県加賀市にある温泉地です。開湯は約1300年前とされ、古くから人々に親しまれてきました。温泉街には、趣のある旅館やホテルが軒を連ね、情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。山中温泉の温泉は、無色透明でとろみがあり、肌に優しいのが特徴です。疲労回復や神経痛、冷え症などに効果があるとされています。 山中温泉には、いくつかの共同浴場があります。最も有名なのは、山中温泉総湯です。総湯は、山中温泉のシンボル的存在で、国の登録有形文化財にも指定されています。総湯は、木造の建物で、大きな浴槽が特徴です。総湯の入浴料は大人420円、子供210円です。 山中温泉には、いくつかの観光スポットがあります。最も有名なのは、山中漆器資料館です。山中漆器資料館には、山中漆器の歴史や製法を紹介する展示があります。山中漆器の伝統的な技法や、山中漆器の代表的な作品を見ることができます。山中漆器資料館の入館料は大人300円、子供150円です。 山中温泉は、歴史ある温泉地であり、観光スポットも充実しています。温泉街を散策したり、共同浴場で温泉に入ったり、山中漆器資料館を見学したりして、山中温泉の魅力を満喫することができます。