民謡

芸能人の名前

「石投甚句」の起源と振付

「石投甚句」とは? 「石投甚句」は、岩手県南部に伝わる、素朴で親しみやすい民謡です。その起源は、古代の農耕儀礼にさかのぼり、田植えや稲刈りの際に、豊作を願って歌われていたとされています。また、石を投げて収穫物を盗む鳥を追っ払うために歌われたという説もあります。 「石投甚句」には、大きく分けて二つの振り付けが存在します。一つは、「石投甚句」の歌詞に合わせた振り付けで、もう一つは、「石投甚句」に合わせた独自の振り付けです。「石投甚句」の歌詞に合わせた振り付けは、田植えや稲刈りの動作を模したもので、素朴で親しみやすい振り付けとなっています。また、「石投甚句」に合わせた独自の振り付けは、地域ごとに様々なバリエーションがあり、その土地ならではの振り付けを楽しむことができます。
作品名

「素麺掛唄」と三輪のそうめんづくり

三輪のそうめんの歴史は古く、奈良時代にはすでに作られていたとされています。当時は、宮廷や貴族に献上される高級品でした。鎌倉時代には、三輪のそうめんが全国に広まり、庶民の間でも親しまれるようになりました。江戸時代には、三輪のそうめんは全国有数の生産地となり、多くのそうめん屋が軒を連ねていました。明治時代以降は、機械化が進んだことで、三輪のそうめんの生産量はさらに増大しました。現在では、三輪のそうめんは全国各地で販売されており、夏の定番料理として親しまれています。
作品名

多良間しょんがねの魅力

多良間しょんがねの歴史 多良間しょんがねの歴史は古く、12世紀頃にはすでに生産されていたといわれています。当時は、中国の交易船が琉球に寄港し、その際に多良間島の住民に製塩の技術を伝えたと考えられています。多良間しょんがねは、琉球王国の時代には貢ぎ物として献上されるほど貴重で、その品質の高さは広く知られていました。 江戸時代に入ると、多良間しょんがねは薩摩藩の専売品となり、厳格な管理が行われるようになりました。薩摩藩は、多良間島に役人を派遣して製塩を管理し、生産量や価格を厳しく取り締まりました。また、多良間しょんがねは薩摩藩の特産品として扱われ、他の藩に輸出することが禁止されました。 明治時代になると、多良間しょんがねは政府の専売品となり、塩専売法によって生産と販売が管理されるようになりました。塩専売法は、太平洋戦争後まで続き、多良間しょんがねの生産は政府の厳しい管理下に置かれていました。 戦後、塩専売法が廃止され、多良間しょんがねの生産は自由化されました。しかし、多良間しょんがねの生産量は激減し、1970年代には生産が完全に停止してしまいました。 その後、多良間しょんがねの伝統を復活させようと、1980年代に生産が再開されました。現在では、多良間しょんがねは毎年約10トン生産されており、その品質の高さは再び評価されています。多良間しょんがねは、原料の海水と太陽と風の力だけで作られる自然食品であり、ミネラルが豊富に含まれています。また、独特の甘みと旨みがあるのが特徴で、料理に使用すると素材の味を引き立てます。
作品名

「長崎甚句」の歴史と魅力

「長崎甚句」の誕生と普及 「長崎甚句」の誕生は、江戸時代中期、町人文化や遊廓文化が栄えた長崎にさかのぼります。長崎は、海外との貿易が盛んな港町であり、日本各地から人々が集まり、様々な文化が混在する国際都市でした。そんな長崎の街で、人々が気軽に歌い踊れる民謡として誕生したのが「長崎甚句」です。 「長崎甚句」は、基本的に3拍子のリズムで、歌詞は、長崎の街の様子や人々の生活、恋愛などを題材にしたものが多く、庶民の暮らしに根ざした親しみやすい民謡です。そして、長崎甚句は、その親しみやすさと軽快なリズムから、すぐに長崎の街に広まり、やがて日本各地にも伝わりました。 また、「長崎甚句」の普及には、芝居や浄瑠璃などの芸能にも大きな役割を果たしました。芝居や浄瑠璃の中には、「長崎甚句」を劇中に取り入れた作品があり、それが長崎甚句の知名度を高めることにつながりました。特に江戸時代には、歌舞伎にも長崎甚句が取り入れられ、その人気を決定的なものにしました。 そして、「長崎甚句」は、庶民や芸能人だけでなく、文人墨客の間でも親しまれるようになりました。多くの文人墨客が長崎を訪れ、「長崎甚句」を題材にした作品を残しています。例えば、夏目漱石は「長崎」という作品の中で、「長崎甚句」について触れています。また、正岡子規も「長崎甚句」を絶賛し、その魅力を伝えています。
作品名

ちょんがり節とは?石川県の伝統的な民謡について

ちょんがり節の歴史と起源 ちょんがり節は、石川県の加賀地方に伝わる伝統的な民謡です。その起源は古く、江戸時代初期にまでさかのぼると言われています。当時は、加賀藩の藩主・前田利常が、領民の生活向上を目的として、様々な政策を実施していました。その一つが、農業の奨励でした。利常は、領内の農民に対して、新しい農作物を栽培するよう奨励しました。その結果、加賀地方では、様々な農作物が栽培されるようになりました。 そして、その農作物の一つが、ちょんがり節の名前の由来となった「ちょんがり」です。ちょんがりとは、加賀地方の方言で「小豆」のことを指します。小豆は、加賀地方で盛んに栽培されており、ちょんがり節は、その小豆を題材にした民謡として生まれました。
未分類

博多ねっちょん節の魅力とその歴史

博多ねっちょん節の歌詞の意味 博多ねっちょん節の歌詞は、博多の庶民の生活や恋愛感情を歌ったものです。歌詞には、博多の街の情景や、博多っ子の気質などが描かれています。歌詞全体に博多独特のユーモアが漂っており、博多っ子の陽気な性格が表現されています。 歌詞の中には、博多弁も使われています。博多弁は、博多で話されている方言で、標準語とは異なる言い回しや単語があります。博多弁が使われていることで、博多ねっちょん節はより博多らしさが感じられる曲になっています。 博多ねっちょん節は、博多の庶民の生活や文化を歌った曲であり、博多の街を知るための貴重な資料です。博多ねっちょん節を聴くと、博多の街の情景や、博多っ子の気質を垣間見ることができます。
その他

新潟の民謡「天神林」の魅力

-天神林の歴史と由来- 天神林は、主に新潟県魚沼市塩沢地区で歌われている民謡であり、その起源は江戸時代まで遡ります。天神林の歌詞は、塩沢地区の美しい自然や人々の生活の様子を描いており、そのメロディーは朗らかで親しみやすいものとなっています。 天神林の由来については、さまざまな説があります。一説によると、塩沢地区にある天神山にちなんで名付けられたと言われています。また、天神とは天照大神のことで、天神林は天照大神を祀る歌であるという説もあります。 天神林は、塩沢地区の伝統的な民謡として、地域の人々に親しまれてきました。現在でも、塩沢地区では、盆踊りや各種イベントなどで天神林が歌われています。また、天神林は、新潟県を代表する民謡としても知られており、県外でも広く歌われています。
未分類

「さんこ節」の魅力とは

「さんこ節」の歴史とルーツ 「さんこ節」は、秋田県男鹿地方に伝わる民謡です。「秋田音頭」や「花笠音頭」と並んで、秋田県の三大民謡のひとつに数えられています。その起源は古く、江戸時代初期にまでさかのぼると言われています。 「さんこ節」という名前の由来については、諸説あります。有力な説のひとつは、「さんこ」とは「三味線」のことではないかというものです。三味線を弾きながら歌われる民謡であることから、「さんこ節」と呼ばれるようになったと考えられています。また、もう一つの説は、「さんこ」とは「三味線」ではなく、「三湖」のことではないかというものです。男鹿地方には、男鹿湖、八郎潟、中海という三つの湖があります。この三つの湖にちなんで、「三湖節」が「さんこ節」になったという説です。 「さんこ節」は、男鹿地方の漁師たちが労働の合間に歌っていた労働歌でした。そのため、歌詞には、漁師たちの生活や漁業に関する内容が多く登場します。また、「さんこ節」は、男鹿地方の盆踊りの踊り歌としても親しまれています。盆踊りでは、「さんこ節」に合わせて、男鹿地方の伝統的な踊りである「男鹿半島」が踊られます。 「さんこ節」は、男鹿地方の伝統的な民謡として、現在でも多くの人々に親しまれています。男鹿地方を訪れた際には、「さんこ節」を聴いたり、踊ったりして、男鹿地方の文化を堪能してみてはいかがでしょうか。
その他

振橋節 加賀市の民謡について

振橋節の歴史と起源 振橋節は、石川県加賀市の民謡です。その歴史は古く、1650年頃に遡ると言われています。加賀藩の藩主・前田利常が参勤交代で江戸に上る際、加賀の国から江戸までの道中にあった振橋という宿場で、地元の人々が歌って踊ったのが始まりとされています。振橋節は、その後加賀藩領内に広まり、現在では加賀市の民謡として親しまれています。 振橋節の特徴は、その軽快なリズムと、三味線や太鼓などの伴奏で歌われることです。歌詞は、主に恋愛や旅情を題材にしたものが多く、庶民の生活や感情を反映しています。また、振橋節には、独特の振り付けがあり、それを踊りながら歌われます。この振り付けは、振橋の宿場で踊られていた踊りを元に作られたもので、加賀市の民謡として受け継がれています。 振橋節は、加賀市の民謡として、加賀市観光協会によって保存・継承されています。毎年、加賀市で行われる振橋節大会には、全国各地から振橋節愛好者が集まり、その歌と踊りを披露しています。また、加賀市内の小中学校では、振橋節の授業が行われており、子供たちに振橋節の文化を伝えています。
作品名

十勝馬唄(北海道の新民謡)の魅力

十勝馬唄の誕生と背景 十勝馬唄は、北海道中川郡音更町を中心に歌われている馬に関する民謡です。十勝馬唄が生まれたのは、明治20年代のことです。当時は、まだ北海道は開拓が進んでいる時期で、馬は農作業や運搬に欠かせない存在でした。農民たちは、馬に対する感謝の気持ちと、馬と一緒に働く喜びを歌ったのが十勝馬唄の始まりと言われています。 十勝馬唄には、開拓民の苦労や喜びなどが歌われており、北海道の歴史を伝える民謡としても貴重な存在です。また、十勝馬唄は、全国的にも知られる民謡であり、多くの歌手が歌っています。
モノの名前

「ナニャドヤラ」ってどんな盆踊唄?

-「ナニャドヤラ」の由来- 「ナニャドヤラ」は、秋田県男鹿市の伝統的な盆踊り唄であり、現在も地元の人々に歌い継がれています。その起源は江戸時代に遡り、当時、この地域の農民たちが豊作を願って踊ったのが始まりと言われています。 「ナニャドヤラ」という歌詞は、作物の豊作を祈願する意味が込められたものであり、歌詞には「稲穂の豊穣」や「五穀豊穣」を願う言葉が多数含まれています。また、歌詞には「ナニャドヤラ、ナニャドヤラ」というフレーズが繰り返され、これが踊りのリズムを作り出しています。 「ナニャドヤラ」の踊りは、輪になって踊るシンプルなものであり、男女が手をつないで輪になって踊り、踊りながら「ナニャドヤラ、ナニャドヤラ」と歌います。この踊りは、地域のコミュニティの結束を強める役割を果たしており、今でも地元の人々に親しまれています。 「ナニャドヤラ」は、秋田県男鹿市の貴重な文化遺産であり、地域の人々の努力によって現在も継承されています。毎年、男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」では、「ナニャドヤラ」の踊りが披露され、多くの観光客がその伝統的な踊りを目当てに訪れます。
モノの名前

徳之島の田植唄の魅力と保存

徳之島の田植唄の歴史と起源 徳之島の田植唄は、徳之島で古くから歌い継がれてきた伝統的な歌である。その歴史は古く、鎌倉時代から室町時代にかけて、徳之島に渡ってきた人々によって伝えられたと考えられている。田植唄は、田植えの際に労働力を確保するために、農民たちが歌いながら作業をするために生まれたとされている。田植唄は、徳之島各地に伝承されており、その歌詞やメロディーは地域によって異なる。また、田植唄は、季節や作業内容によって、様々な種類がある。例えば、田植えの際に歌われる「田植唄」、稲刈りの際に歌われる「稲刈り唄」、脱穀の際に歌われる「脱穀唄」などがある。田植唄は、徳之島の農村文化を象徴する大切な歌であり、その保存と継承が重要視されている。
作品名

安積甚句の成り立ちと魅力

安積甚句の歴史と特徴 安積甚句は、福島県郡山地方に伝わる民謡です。その起源は、江戸時代初期にまでさかのぼると言われています。郡山地方は、古くから稲作が盛んで、農民たちは田植えや稲刈りの合間に、労働歌として安積甚句を歌っていました。安積甚句は、三味線や太鼓のリズミカルな伴奏に合わせて、男女が交互に歌い合います。歌詞は、農作業の苦労や恋愛、季節の移ろいなど、庶民の生活に根ざしたものが多く、素朴で親しみやすいのが特徴です。 安積甚句は、明治時代以降に全国に広まり、現在では日本各地で歌われています。また、安積甚句を題材にした小説や映画も数多く作られ、広く親しまれています。安積甚句は、日本の民謡文化を代表する民謡の一つであり、その素朴で親しみやすい歌詞とリズミカルな伴奏は、多くの人々を魅了しています。
作品名

ちゅっきゃり節とは?奄美大島民謡の特徴

「ちゅっきゃり節の歴史と由来」 ちゅっきゃり節の歴史は古く、その起源は奄美群島に伝わる民謡「シマ唄」にさかのぼります。シマ唄は、奄美群島の暮らしや文化を歌ったもので、江戸時代から明治時代にかけて盛んに歌われていました。ちゅっきゃり節はそのシマ唄のひとつで、奄美大島に伝わる民謡です。 ちゅっきゃり節は、奄美大島の伝統的な音楽であるシマ唄の一種で、奄美大島の伝統的な舞踊であるシマ唄踊りを伴う民謡です。ちゅっきゃり節の歌詞は、奄美大島の自然や文化、人々の暮らしなどをテーマにしたものが多く、奄美大島の人々の生活や感情を歌い上げた民謡です。 ちゅっきゃり節は、奄美大島の伝統的な音楽であるシマ唄の一種で、奄美大島の伝統的な舞踊であるシマ唄踊りを伴う民謡です。ちゅっきゃり節の歌詞は、奄美大島の自然や文化、人々の暮らしなどをテーマにしたものが多く、奄美大島の人々の生活や感情を歌い上げた民謡です。
作品名

嫁いびり物語、弥三郎節にあらず

弥三郎節とは、室町時代から江戸時代にかけて流行した民謡の一種です。その内容は、ご主人様のお嫁さまが意地悪な姑に虐げられるというものが多く、嫁いびり物語の代名詞ともなっています。 弥三郎節は、三味線と胡弓を伴奏楽器として、男女の掛け合いで歌われるのが一般的です。歌詞は、嫁が姑にこき使われたり、姑が嫁をこき下ろしたりする内容が多く、その中で嫁の悲哀や姑の理不尽さが表現されています。 弥三郎節は、庶民の生活をリアルに描いた民謡として、江戸時代には庶民の間で大変な人気がありました。また、その歌詞の面白さから、しばしば芝居や浄瑠璃の題材としても取り上げられました。 現代でも、弥三郎節は根強い人気があり、各地で民謡大会やイベントなどで歌われています。また、その歌詞は、現代の嫁姑問題を風刺する際に引用されることもあります。
芸能人の名前

西武門節:沖縄県那覇市の新民謡

「西武門節の歴史と起源」 西武門節は、沖縄県那覇市に伝わる民謡です。その起源は古く、琉球王国時代までさかのぼると言われています。西武門節は、那覇市の西武門地区で生まれたことからその名が付けられました。西武門地区は、那覇市の伝統的な歓楽街として知られており、多くの居酒屋や料亭が軒を連ねています。西武門節は、こうした居酒屋や料亭で唄われることが多く、那覇市の夜の街を彩る民謡として親しまれています。 西武門節は、三味線や太鼓などの楽器を伴奏にして唄われます。歌詞は、那覇の街の情景や人情を題材にしたものが多く、親しみやすいメロディーと歌詞で多くの人々に愛されています。西武門節は、沖縄県の無形文化遺産にも指定されており、那覇市の貴重な文化遺産として大切にされています。
その他

「勝浦節」:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の民謡

「勝浦節」の歴史と起源 「勝浦節」は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町に伝わる民謡です。江戸時代後期に、この地方で流行した「勝浦甚句」が起源と言われています。当時は、漁師たちが海上で漁をする際に、作業の合間に歌っていたそうです。これが次第に漁師の間で広まり、やがて町民の間でも歌われるようになりました。 明治時代に入ると、「勝浦甚句」は「勝浦節」と呼ばれるようになります。そして、大正時代には、この地方出身の歌手によってレコードが発売され、全国的に知られるようになりました。昭和に入ると、映画やラジオを通じてさらに広まり、現在では、日本を代表する民謡の一つとして親しまれています。 「勝浦節」は、3拍子の軽快なリズムと、漁師町の暮らしや恋模様を歌った歌詞が特徴です。また、男性が歌う「男唄」と、女性が歌う「女唄」の2種類があります。このうち、特に男唄は、力強く勇壮なメロディーが特徴で、漁師たちのたくましい姿を彷彿させます。 「勝浦節」は、漁師町の文化を伝える貴重な民謡です。現在では、毎年夏に開催される「勝浦節まつり」で、この民謡を聴くことができます。また、町内には「勝浦節資料館」があり、この民謡の歴史や資料を展示しています。
その他

「外山節」の魅力と歴史

「外山節」とは、山形県最上郡金山町と尾花沢市にかけて伝わる民謡である。外山とは、出羽国最上郡のうち、最上川から北にある地域の総称で、金山町も尾花沢市もこの地域に含まれる。 「外山節」は、主に盆踊りの際に歌われるが、普段の宴会の席でもよく唄われる。そのメロディーは緩やかなテンポで、哀愁を帯びたものが多い。歌詞は、恋愛や人生の辛さなどを歌ったものが多く、庶民の生活に根ざした内容が多い。 「外山節」は、江戸時代後期に最上郡大沢村(現在の金山町大沢)の庄屋、外山弥右衛門が作ったのが始まりとされている。外山弥右衛門は、農民の暮らしを豊かにするために、様々な施策を講じたが、その中には、農民の娯楽として民謡を奨励することも含まれていた。外山弥右衛門が作った民謡は、その優美なメロディーと哀愁を帯びた歌詞で、たちまち人々の間に広まり、やがて「外山節」と呼ばれるようになった。 「外山節」は、明治時代以降も盛んに歌い継がれ、大正時代には、全国的に知られる民謡となった。昭和時代には、ラジオやテレビの普及により、さらに多くの人々に知られるようになり、現在では、日本の代表的な民謡のひとつとなっている。
作品名

アルプス一万尺の歌詞と遊び方

-アルプス一万尺の歌詞- アルプス一万尺は、1914年に発表された唱歌です。作詞は若山牧水、作曲は岡野貞一です。 歌詞は、雄大なアルプス山脈とそこに住む人々を歌ったもので、山岳賛歌として親しまれています。 1番の歌詞は、アルプス山脈の雄大な景色を歌っています。そして、2番の歌詞は、アルプス山脈に住む人々の生活を歌っています。 3番の歌詞は、アルプス山脈の美しさを称賛しています。愛する人をアルプス山脈に例えた内容となっています。 4番の歌詞は、アルプス山脈の雄大さに圧倒されつつも、いつか登頂したいという思いを歌っています。 この曲は、学校の音楽の授業などでも歌われることが多いです。アルプス山脈のスケールの大きさや、そこに住む人々の生活を想像しながら歌うと、より一層楽しむことができます。
作品名

琉球の民謡|金井喜久子の歴史的名著

金井喜久子は、1863年に生まれた。琉球王国の首里城に仕える武官の家に生まれた。幼い頃から民謡に親しみ、1888年に上京してからは、琉球民謡の収集と研究に没頭した。金井喜久子は、1951年に「琉球の民謡」を出版した。この本は、琉球民謡の歌詞と楽譜を収めたもので、琉球民謡の保存と普及に大きな役割を果たした。金井喜久子は、1964年に亡くなった。 金井喜久子は、琉球民謡の第一人者として知られている。金井喜久子は、琉球民謡の歌詞と楽譜を収集し、その保存と普及に努めた。また、金井喜久子は、琉球民謡の歴史や特徴について研究し、その成果を「琉球の民謡」という本にまとめた。この本は、琉球民謡を学ぶうえで欠かせない資料となっている。 金井喜久子は、琉球民謡の保存と普及に貢献した功績が認められ、1956年に紫綬褒章を、1963年に勲四等宝冠章を受章した。また、金井喜久子は、1987年に沖縄県の無形文化財に指定された。
作品名

上州の田植唄について

-上州の田植唄とは何か- 上州の田植唄とは、群馬県で歌われてきた田植えの際に歌われる民謡です。田植えの作業は、他の地域と同様に、上州でも古くから重要な農作業であり、それを祝うようにして歌われてきました。上州の田植唄は、日本の他の地域の田植唄とは異なる特徴を持っており、独特のメロディーと歌詞が特徴です。 上州の田植唄は、主に女性によって歌われます。田植えの時期になると、田んぼに女性たちが集まり、歌を歌いながら作業を行います。田植唄は、田植えの作業を楽しくし、また、作業の疲れを癒す役割を果たしています。また、田植唄は、地域のコミュニケーションツールとしても機能しており、地域の人々の交流を深める役割を果たしています。 上州の田植唄は、日本の田植唄の中でも特にメロディーが美しいことで知られています。そのメロディーは、優しく、のどかなもので、田んぼの風景に溶け込んでいます。また、歌詞も、田植えの作業を題材としたものが多く、田植えの風景を思い浮かべながら歌うことができます。
作品名

備前太鼓唄の魅力を探る

岡山が生んだ郷愁の旋律 備前太鼓唄は、岡山県北部備前地域に伝わる民謡です。江戸時代後期に、備前藩士の某氏が誤って妻を殺してしまい、その罪を悔いてこの唄を詠んだのが始まりとされています。その後、この唄は庶民の間にも広まり、岡山県の郷土芸能として親しまれるようになりました。 備前太鼓唄は、三味線と太鼓の伴奏で唄われるのが特徴です。歌詞は、備前地方の風景や人情を歌ったものが多く、その哀愁を帯びたメロディーは、郷愁を誘います。備前太鼓唄は、岡山県指定無形民俗文化財に指定されており、現在でも各地で演奏されています。 備前太鼓唄の魅力の一つは、その歌詞の美しさです。備前地方の自然や人情を歌った歌詞は、どれも心に響くものばかりです。また、備前太鼓唄のメロディーは、哀愁を帯びていて、聴き手の心を揺さぶります。 備前太鼓唄は、岡山県を代表する郷土芸能です。その美しい歌詞と哀愁を帯びたメロディーは、聴き手の心を魅了します。岡山県を訪れた際には、ぜひ備前太鼓唄を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
作品名

「三村の田植唄」について

茨城県石岡市の民謡「三村の田植唄」の歴史 「三村の田植唄」は、茨城県石岡市の三村地区に伝わる田植唄です。この唄は、江戸時代後期に三村地区に住んでいた農民たちが、田植えの際に歌っていた唄が起源と言われています。当時は、田植えは重労働であり、農民たちは唄を歌いながら田植えをすることで、作業を楽しくこなしていました。 「三村の田植唄」は、三村地区の豊かな自然や農村の生活を歌った唄であり、その歌詞には、田植えの様子や農民たちの思いが込められています。また、この唄は、三味線や太鼓などの楽器を伴奏にして歌われることが多く、その軽快なリズムとメロディーは、多くの人々に愛されています。 「三村の田植唄」は、三村地区の伝統的な民謡として、現在でも大切に歌い継がれています。毎年、三村地区では、田植えの時期になると、「三村の田植唄」を歌いながら田植えをする「田植え唄祭り」が行われます。このお祭りでは、地元の農民たちが集まり、田んぼの中で「三村の田植唄」を歌いながら田植えをします。 「三村の田植唄」は、三村地区の豊かな自然や農村の生活を歌った唄であり、その歌詞には、田植えの様子や農民たちの思いが込められています。また、この唄は、三味線や太鼓などの楽器を伴奏にして歌われることが多く、その軽快なリズムとメロディーは、多くの人々に愛されています。 「三村の田植唄」は、三村地区の伝統的な民謡として、現在でも大切に歌い継がれています。毎年、三村地区では、田植えの時期になると、「三村の田植唄」を歌いながら田植えをする「田植え唄祭り」が行われます。このお祭りでは、地元の農民たちが集まり、田んぼの中で「三村の田植唄」を歌いながら田植えをします。
その他

「とこせ節」を紐解く

「とこせ節」の起源と歴史 「とこせ節」の起源は古く、その始まりは鎌倉時代頃までさかのぼると言われています。当時、東北地方の民衆は、重い年貢や圧政に苦しんでいました。そんな中、民衆の悲しみや苦しみを代弁する歌として生まれたのが「とこせ節」です。 「とこせ節」は、東北地方を中心に広く歌い継がれ、江戸時代には全国的に流行しました。庶民の間では、「とこせ節」を題材にした歌舞伎や浄瑠璃も上演されるほどになりました。 明治時代になると、「とこせ節」は下火になりますが、昭和初期に復興運動が起こり、再び全国的に歌われるようになりました。現在でも、「とこせ節」は、東北地方を中心に各地で歌われ続けています。