水溶性

モノの名前

スイス生まれの画材メーカー『カランダッシュ社』のスプラカラーソフト

-プロ、アーティストが愛するスイス発色鉛筆- スイス生まれの画材メーカー『カランダッシュ社』のスプラカラーソフトは、プロやアーティストから愛される色鉛筆です。1931年に発売されて以来、世界中で愛用されており、その品質と使いやすさは折り紙付きです。 スプラカラーソフトの特徴は、その柔らかな書き心地と、発色の良さです。芯は柔らかく、紙にスイスっと伸びてくれます。また、発色は鮮やかで、重ね塗りしても濁りません。そのため、繊細な表現や、グラデーションを表現するのに最適です。 また、スプラカラーソフトは、色鉛筆の太さも豊富です。一般的な芯の太さは2.5mmですが、1.8mmや3.8mmなどの芯の太さのものもあります。そのため、用途に合わせて芯の太さを選ぶことができます。 スプラカラーソフトは、プロやアーティストから愛される色鉛筆です。その柔らかな書き心地と、発色の良さは、繊細な表現や、グラデーションを表現するのに最適です。また、芯の太さも豊富なので、用途に合わせて芯の太さを選ぶことができます。
モノの名前

「ネオカラーI」の特徴と使い方

ネオカラーIの特徴 ネオカラーIは、クレヨンのように塗って溶け合わせることで、水彩画のようなタッチで表現できる特殊な画材です。クレヨンと水彩絵の具のいいとこどりをしていて、とても使い勝手の良い画材です。 ネオカラーIの特徴として、まず挙げられるのは、重ね塗りがしやすいという点です。クレヨンや水彩絵の具は、重ね塗りをすると色が濁ってしまいますが、ネオカラーIは重ね塗りをしても色が濁らず、鮮やかな発色を保つことができます。 次に、溶け合わせがしやすいという点も特徴です。水で溶くと、クレヨン特有のざらざらとした質感はなくなり、水彩画のような滑らかなタッチで表現することができます。また、ドライ(乾いたまま)で使うこともできるので、クレヨンとしてだけではなく、水彩絵の具としても使うことができます。 最後に、発色が鮮やかで色数も豊富という点も特徴です。ネオカラーIは、全部で120色もの色数があり、鮮やかな発色で、絵に彩りを与えることができます。
モノの名前

「ネオアート」を知る:プロとアーティストのための水溶性パステル

ネオアートとは? ネオアートとは、芸術における新しい運動やスタイルのことです。それは伝統的な芸術のルールや慣習を覆し、新しい表現方法を探求することを目指しています。ネオアートは、異なるメディアや材料の使用、既存のオブジェクトの再利用、インタラクティブな作品の作成など、さまざまな方法で表現されています。ネオアートは、現代社会の問題や課題に正面から取り組む作品が多いことも特徴です。ネオアートは、伝統的な芸術の概念に挑戦し、新しい芸術の可能性を模索するものです。
モノの名前

ポリビニルアルコールって何?特徴と用途

ポリビニルアルコールとは? ポリビニルアルコール(Polyvinyl alcohol、略称PVA)とは、ビニルアルコールの重合体であり、合成樹脂の一種です。無毒性、無味無臭で、水溶性、耐油性、耐摩耗性に優れています。また、生分解性にも優れており、環境に優しい素材として注目されています。 ポリビニルアルコールは、1924年にドイツの化学者フリードリヒ・キシングによって初めて合成されました。当初は、繊維やフィルムの製造に使用されていましたが、近年では、接着剤、塗料、紙加工、化粧品など、さまざまな分野で使用されています。 ポリビニルアルコールは、水溶性であるため、簡単に溶解して粘着性を発揮します。また、耐油性や耐摩耗性に優れているため、接着剤や塗料などの材料としても適しています。さらに、生分解性にも優れているため、環境に優しい素材として注目されています。 ポリビニルアルコールは、さまざまな用途で使用されていますが、その中でも最も多いのが、接着剤としての用途です。ポリビニルアルコールは、水溶性であるため、簡単に溶解して粘着性を発揮するため、木材、金属、プラスチック、紙など、さまざまな素材を接着することができます。 また、ポリビニルアルコールは、塗料としても使用されています。ポリビニルアルコールは、耐油性や耐摩耗性に優れているため、塗料の耐久性を高めることができます。さらに、ポリビニルアルコールは、水溶性であるため、簡単に塗ることができます。 この他、ポリビニルアルコールは、紙加工、化粧品、医薬品など、さまざまな分野で使用されています。
モノの名前

「クラシカラー」ってどんな色鉛筆?

クラシカラーとは? クラシカラーは、三橋工業が販売している色鉛筆のブランドです。クラシカラーは、1953年に発売され、以来多くの人に愛されてきました。クラシカラーの特徴は、そのなめらかな書き心地と、鮮やかな発色です。また、クラシカラーは芯が折れにくいので、長く使うことができます。クラシカラーは、24色、36色、48色、60色、72色、96色など、様々な色数で販売されています。また、クラシカラーには、水彩色鉛筆や油性色鉛筆、消える色鉛筆など、様々な種類があります。クラシカラーは、絵を描く人だけでなく、イラストを描く人や、塗り絵を楽しむ人など、幅広い層に人気があります。
モノの名前

スイスカラー色鉛筆の魅力と使い方

スイスカラー色鉛筆の歴史と特徴 スイスカラー色鉛筆は、スイスの老舗文房具メーカーであるカーブ・フェバーカステル社によって製造されている色鉛筆です。1851年に創業したフェバーカステル社は、世界で最初に色鉛筆を製造した会社であり、スイスカラー色鉛筆は、その中でも最も歴史のある製品の一つです。 スイスカラー色鉛筆の特徴は、その滑らかな描き心地と鮮やかな発色にあります。芯は、良質な顔料とワックスで構成されており、紙の上でなめらかに滑り、ムラなく塗ることができます。また、発色は非常に鮮やかで、作品に深みと立体感を持たせることができます。 スイスカラー色鉛筆は、その優れた品質から、世界中のアーティストやイラストレーターに愛されています。また、一般の方にも人気が高く、学校やオフィスなど、様々なシーンで使用されています。
モノの名前

「チャーリーグルー」を徹底解説!

「チャーリーグルーとは何か」 チャーリーグルーとは、粘着力の強い接着剤の一種であり、あらゆる種類の素材や表面に接着することができることで知られています。金属、ガラス、木材、プラスチックなど、あらゆるものを接着することができ、その強度と耐久性は他の接着剤よりも優れていると言われています。また、耐熱性や耐水性にも優れているため、高温や水回りで使用することができます。チャーリーグルーは、強力な接着力が求められる工業製品や、屋外での使用で耐久性が求められる製品など、幅広い分野で使用されています。家庭用としても利用されており、家具の修理や日曜大工など、あらゆる場面で使用することができます。
モノの名前

ネオカラーIIの魅力-スイス生まれの魔法使い-

ネオカラーIIは、スイス生まれの水溶性クレヨンとして、世界中で愛され続けている画材です。その魅力は、何と言っても表現の幅広さと使い勝手の良さ。柔らかなタッチで描くことができますし、重ね塗りをしてグラデーションを作ることも簡単です。また、クレヨンだけでなく、絵の具として使うこともできますし、水筆を使って水彩画のような表現をすることも可能です。さらに、ネオカラーIIは、紙だけでなく、ガラスやプラスチック、金属など、さまざまな素材に描くことができます。その使い勝手の良さから、プロの画家からアマチュアの愛好家まで、幅広い層に愛用されています。
モノの名前

高品質の色鉛筆「プリマズロ」の魅力

プリマズロは、美術家やプロのイラストレーターから広く支持されている高品質の色鉛筆です。その人気の理由は、鮮やかな発色と滑らかな描き心地、そして優れた耐久性にあります。 プリマズロの色鉛筆は、最高級の色素を用いて作られており、鮮やかで深みのある発色が特徴です。また、芯には特殊なワックスが配合されているため、滑らかな描き心地を実現しています。さらに、芯の強度が高く、折れにくいのが特徴です。 プリマズロの色鉛筆は、絵画やイラスト制作はもちろん、スケッチやデザインなど、さまざまな用途に適しています。プロのアーティストから美術の学生まで、幅広いユーザーから支持されています。