永井豪

作品名

ゲッター1の魅力と活躍

-ゲッター1の特徴とスペック- ゲッター1は、ゲッターロボにおける主人公機である。ゲッターロボGでは、ゲッターGに改造された。ゲッターロボ号の中では最も機動力が高く、空中戦を得意とする。また、鳥の如く俊敏に飛翔することも可能である。パイロットは流竜馬。 ■スペック ・全長14m ・重量28t ・出力60万馬力 ・武装  ゲッタービーム  ゲッターミサイル  ゲッタートマホーク ・必殺技  ゲッターバスター  ゲッターサーベル
作品名

真マジンガー衝撃!Z編に登場する「マジンガーZ」について

新しいマジンガーZの誕生 真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZは、従来のマジンガーZとは大きく異なる姿をしています。最も目を引くのは、全身を覆う赤い装甲です。従来のマジンガーZは、白と青を基調としたカラーリングでしたが、真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZは、赤と黒を基調としたカラーリングに変更されています。これにより、より攻撃的な印象を与えています。 また、真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZは、従来のマジンガーZよりも大型化しています。従来のマジンガーZの全高は約18メートルでしたが、真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZの全高は約25メートルとなっています。これにより、より迫力のある姿になっています。 さらに、真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZは、従来のマジンガーZよりも強力な武装を装備しています。従来のマジンガーZは、ロケットパンチやブレストファイヤーなどの武装を装備していましたが、真マジンガー衝撃!Z編に登場するマジンガーZは、グレートブースターやマジンカイザーブレードなどのより強力な武装を装備しています。これにより、従来のマジンガーZでは太刀打ちできなかった敵にも立ち向かうことができるようになっています。
作品名

獣神サンダーライガーの魅力

-# 獣神サンダーライガーの概要 獣神サンダーライガーは、1990年代に活躍したプロレスラーであり、その華麗な空中殺法と熱い闘いで人気を博した。1969年11月29日に兵庫県姫路市で生まれ、本名は高山善廣。身長187cm、体重108kg。血液型はA型。 獣神サンダーライガーという名前は、彼の師匠である獣神ライガーから受け継いだもので、その由来は「獣のように強く、雷のように速い」という意味である。また、ライガーという名前は、プロレスラーとしてデビューする前に使用していたリングネーム「飛龍」の英語読みである「Flying」と「Tiger」を組み合わせたものである。 獣神サンダーライガーは、1989年に新日本プロレスに入門し、1990年にデビュー。デビュー当初はジュニアヘビー級として活躍し、1992年にはIWGPジュニアヘビー級王座を獲得。また、1994年には世界ジュニアヘビー級王座にも戴冠した。 その後、獣神サンダーライガーはヘビー級に転向し、1996年にはIWGPヘビー級王座を獲得。また、1997年にはIWGPタッグ王座にも戴冠し、新日本プロレスのトップレスラーとして活躍した。 2002年、獣神サンダーライガーは新日本プロレスを退団し、フリーランスとして活動を開始。その後、2004年にZERO1-MAXに入団し、2006年にはW-1に入団。また、2007年にはドラディションに入団し、2010年にはDDTプロレスリングに入団した。 獣神サンダーライガーは、2015年にプロレスラーを引退。引退後は、プロレス解説者やタレントとして活動している。
モノの名前

グレンダイザーの秘密を解き明かす

グレンダイザーの誕生 グレンダイザーは、1975年に放送されたテレビアニメ『UFOロボ グレンダイザー』に登場するロボットです。その誕生は、宇宙の平和を守るために作られたロボットの集団、グレンダイザー部隊によって行われました。グレンダイザー部隊は、宇宙の侵略者であるベガ星人と戦うために、グレンダイザーを生み出したのです。 グレンダイザーは、ベガ星人との戦いに何度も勝利を収め、宇宙の平和を守りました。しかし、ベガ星人はやがてグレンダイザーを倒すための強力な武器を開発し、グレンダイザーはベガ星人に敗れてしまいました。しかし、グレンダイザーはすぐに復活し、ベガ星人を倒して宇宙の平和を取り戻しました。 グレンダイザーは、その強力な力と勇敢な姿で、多くの人々の支持を集めました。そして、グレンダイザーは現在でもなお、多くの人々に愛され続けています。
作品名

ゲッターポセイドンとは何?魅力と活躍をご紹介

ゲッターポセイドンの特徴と能力 ゲッターポセイドンは、ゲッターチームが使用する3機のゲッターロボのうちの一機で、海戦を得意とする機体です。水中戦においては他のゲッターロボを圧倒する性能を誇り、その特徴と能力は以下のようなものです。 ・水中戦に特化した機体 ゲッターポセイドンは、水中戦に特化した機体で、水中での機動性と攻撃力は他のゲッターロボを凌駕しています。水中を高速で移動することができ、魚雷やミサイルといった水中兵器も多数搭載しています。 ・ゲッターポセイドンの魚雷 ゲッターポセイドンは、魚雷を装備しており、水中戦においては非常に強力な武器となります。魚雷は、敵の艦船や潜水艦を攻撃するために使用され、その威力は絶大です。 ・水中での格闘戦能力 ゲッターポセイドンは、水中での格闘戦能力も非常に高く、敵の機体を水中で捕らえて圧倒することができます。そのパワーは、他のゲッターロボを凌駕しており、水中戦においてはまさに無敵の機体です。 ・ゲッターポセイドンの合体技 ゲッターポセイドンは、他のゲッターロボと合体して、より強力な機体になることができます。ゲッター1と合体してゲッタードラゴン、ゲッター2と合体してゲッターポセイドン、ゲッター3と合体してゲッターエンペラーとなります。これらの合体技は、敵を圧倒するほどの威力を持っており、ゲッターロボの切り札として使用されます。
作品名

伝説のロボットアニメ「ゲッターロボ」の魅力

ゲッターロボの歴史は、1974年のテレビアニメ「ゲッターロボ」から始まります。ゲッターロボは、早乙女研究所が開発した3機のロボット、ゲッター1、ゲッター2、ゲッター3を合体させて戦うスーパーロボットです。ゲッターロボは、圧倒的なパワーとスピードで、恐竜帝国や百鬼帝国などの強敵と戦います。 ゲッターロボは、その斬新なデザインと迫力ある戦闘シーンで、一躍人気アニメとなりました。ゲッターロボの人気の秘密は、巨大ロボット同士の合体変形という、それまでのロボットアニメにはなかった要素にあります。合体変形によって、ゲッターロボは様々な形態に変形し、多彩な攻撃が可能になります。 ゲッターロボは、1975年に「ゲッターロボG」、1976年に「ゲッターロボ號」と、続編が制作されました。ゲッターロボGでは、ゲッターロボにドリルを装備したゲッタードラゴンが登場し、ゲッターロボ號では、ゲッターロボに龍馬をモチーフにしたゲッターポセイドンが登場します。 ゲッターロボは、1991年に「真ゲッターロボ」、2004年に「ゲッターロボアーク」と、リメイク作品が制作されました。真ゲッターロボでは、ゲッターロボの原点に回帰し、よりハードなストーリー展開が特徴です。ゲッターロボアークでは、ゲッターロボの合体バリエーションが増え、より迫力のある戦闘シーンが展開されます。 ゲッターロボは、40年以上経った今でも、多くのファンに愛され続けているロボットアニメです。ゲッターロボの魅力は、その斬新なデザイン、迫力ある戦闘シーン、そして熱いストーリー展開にあります。
作品名

サイボーグ009VSデビルマン

「サイボーグ009VSデビルマン」は、2つの伝説的ヒーローが共演する夢の映画です。石ノ森章太郎が生み出した「サイボーグ009」と、永井豪が生み出した「デビルマン」は、どちらも日本を代表するヒーローで、世代を超えて愛され続けています。この2つのヒーローが、初めて同じ舞台に立つのですから、その期待感は計り知れません。 「サイボーグ009VSデビルマン」のストーリーは、2つのヒーローが偶然出会い、協力して戦うというものです。舞台は、近未来の地球。機械化が進み、人間と機械の境界線が曖昧になりつつある世界で、人類を滅亡させようとする機械帝国と、それを阻止しようとするサイボーグ009とデビルマンが激突します。 「サイボーグ009VSデビルマン」の見どころは、なんといっても2つのヒーローの競演です。サイボーグ009は、機械の体を持ち、人間を超越した能力を備えたヒーローです。一方、デビルマンは、悪魔の力を得て、人間と悪魔の二つの姿を持つヒーローです。この2つのヒーローが、それぞれの特徴を生かした戦い方で、機械帝国に立ち向かいます。 「サイボーグ009VSデビルマン」は、2つの伝説的ヒーローが共演する夢の映画です。この映画は、ヒーロー好きはもちろんのこと、そうでない人でも楽しめる作品になっています。ぜひ、劇場でご覧ください。
作品名

デビルマンのすべて

デビルマンとは何か デビルマンとは、永井豪が1972年に発表した悪魔退治漫画『デビルマン』に登場する主人公、不動明のことである。デビルマンは、悪魔の力を得た人間であり、その姿は、悪魔の姿と人間の姿の二つを併せ持つ。デビルマンは、悪魔と戦うためにその力を使い、悪魔の侵略から人類を救う。 デビルマンは、その力と性質から、様々な解釈がなされている。デビルマンは、人間の本性を象徴する存在であるとする解釈、悪魔の力を得たことで人間性を失ってしまった悲劇的な人物であるとする解釈、悪魔と戦う英雄であるとする解釈などがある。デビルマンは、その多面的で複雑なキャラクター性から、多くの人々を魅了している。 デビルマンは、アニメや映画、ゲームなど様々なメディアで展開されており、その人気は世界中に広がっている。デビルマンは、悪魔との戦いを描いた作品であるだけでなく、人間の存在や本質を問う作品であり、そのメッセージ性も高く評価されている。デビルマンは、今後も多くの人々に愛され続ける作品であり続けるだろう。
作品名

懐かしの「イヤハヤ南友」はどんな漫画だった?

「イヤハヤ南友」は、1970年代から1980年代にかけて「週刊少年ジャンプ」に連載されていた、江口寿史作の人気漫画です。主人公は、高校生南友一(みなみ ゆういち)。同級生で友一に恋する女子高生、森山いずみ(もりやま いずみ)のせいで人生が振り回されていきます。 「イヤハヤ南友」は、その個性的なキャラクターと、テンポの良いギャグで人気を博しました。また、恋愛や友情、家族愛など、さまざまな要素が盛り込まれており、幅広い世代から支持を集めました。 連載終了後も、何度もアニメ化や映画化、ゲーム化など、さまざまなメディアで展開されており、現在でも根強い人気を誇っています。
作品名

「DEVILMAN crybaby」とは?

Netflixで配信中のアニメーション作品「DEVILMAN crybaby」は、永井豪の漫画「デビルマン」を原作としたアニメ作品です。2018年に配信が開始され、その斬新な作風と高いクオリティで大きな話題となりました。 本作品は、悪魔と人間が共存する世界を舞台に、主人公・不動明が悪魔と融合してデビルマンとなり、人間を守るために戦う姿を描いています。グロテスクな描写や過激なアクションシーンが特徴で、従来のアニメの常識を覆すような作品となっています。 また、本作品は音楽にもこだわりを持っており、オープニングテーマはロックバンド「MAN WITH A MISSION」、エンディングテーマはシンガーソングライター「宇多田ヒカル」が担当しています。劇中では、クラシック音楽やジャズなど、さまざまなジャンルの楽曲が使用されており、作品の世界観を盛り上げています。 「DEVILMAN crybaby」は、その独創的な作風と高いクオリティで、国内外で高い評価を得ています。2019年には、東京国際アニメフェアで「最優秀アニメーション作品賞」を受賞し、世界中のアニメファンから注目を集めました。
作品名

キューティーハニー全考察

キューティーハニーとは何か? 「キューティーハニー」とは、永井豪によって生み出されたキャラクターであり、アニメ、漫画、特撮ドラマ、実写映画など、様々なメディア作品に登場する。初出は1973年に連載が開始された漫画『キューティーハニー』である。 キャラクターとしてのキューティーハニーは、地球を守るために戦う女性型アンドロイド。愛と正義の戦士として、悪の組織と戦う。普段は普通の女子高生として生活しているが、変身すると戦闘能力を備えた「キューティーハニー」になる。 キューティーハニーの魅力は、そのキュートなキャラクターデザインと、アクション満載のストーリーにある。変身シーンや必殺技など、見どころも満載だ。また、キューティーハニーは、正義のために戦うヒロインとして、多くの女性ファンからも支持されている。 キューティーハニーは、1970年代から現在に至るまで、常に人気を保ち続けているキャラクターである。2022年に公開された実写映画『キューティーハニーF』も、大ヒットを記録した。キューティーハニーは、今後も多くのファンに愛され続けるキャラクターであり続けるだろう。
作品名

Cutie Honey Universeの魅力

キュートでスタイリッシュなキャラクターたち Cutie Honey Universeの魅力の一つは、キュートでスタイリッシュなキャラクターたちです。メインキャラクターである如月ハニーは、大きな瞳とかわいい顔立ちが特徴の美少女です。また、ハニーが変身するキューティーハニーは、赤い髪とタイツを身にまとったセクシーな女性です。ハニーとキューティーハニーはどちらも、キュートさとスタイリッシュさを兼ね備えた魅力的なキャラクターです。 ハニーの仲間である Panther Zora と Sister Jill も、それぞれに個性的な魅力を持っています。Panther Zora は、クールでセクシーな美女ですが、実は宇宙一強い女子校生です。一方、Sister Jill は、純粋で無邪気な少女ですが、特殊な能力を持っています。 ハニーたちは、個性の違いを乗り越えてチームワークを発揮し、強敵に立ち向かっていきます。その姿は、見ている人を元気づけてくれるでしょう。
作品名

「獣神ライガー」とは?3つの意味を持つアニメ作品

「獣神ライガー」とは?ストーリーやキャラクター紹介 「獣神ライガー」とは、2021年10月から放送されているオリジナルアニメ作品です。ストーリーは、謎の生命体「獣神」に支配された世界を舞台に、主人公の少年・ハヤトが獣神に立ち向かうために冒険する姿を描いています。 本作は、メインキャラクターであるハヤトの成長ストーリーとして楽しむことができるほか、獣神に支配された世界の謎や、ハヤトと仲間たちの絆など、さまざまな見どころがあります。また、迫力あるバトルシーンや個性豊かなキャラクターも魅力です。 主要キャラクターは以下の通りです。 ・ハヤト本作の主人公。兽神に支配された世界に16歳で目覚める。 ・アイコハヤトの幼なじみで、兽神に捕らわれた彼を救うために旅をする。 ・ケントハヤトとアイコの仲間で、機械を操る少年。 ・ユウナハヤトとアイコの仲間で、兽神を操る少女。 「獣神ライガー」は、ストーリーやキャラクター、バトルシーンなど、さまざまな見どころのある作品です。ぜひ、チェックしてみてください。
作品名

「ドロロンえん魔くん」とは?

「原作漫画の概要」 「ドロロンえん魔くん」は、武内つなよしによる日本の漫画作品です。1970年から1975年まで講談社の週刊少年マガジンに連載されました。 「ドロロンえん魔くん」は、日本古来の妖怪たちとともに暮らす少年・えん魔くんの活躍を描いた物語です。えん魔くんは、悪魔の大王・えんま大王の息子で、閻魔界の未来の王となるべく、地上に降りて修行をしています。 えん魔くんは、妖怪たちにいじめられていた人間たちを助けたり、妖怪たちと友達になったりして、地上で様々な経験を積んでいきます。また、えん魔くんは、自分の父親であるえんま大王の命令で、悪霊を退治する任務も果たしています。 「ドロロンえん魔くん」は、ギャグとホラーの要素が融合した作品で、幅広い年代の読者に人気を博しました。また、「ドロロンえん魔くん」は、日本のアニメや特撮ドラマにも何度も実写化されており、現在でも多くの人々に愛され続けている作品です。
作品名

「けっこう仮面」の魅力を徹底解説!

謎の少女・けっこう仮面の正体 けっこう仮面の正体は、物語の最後まで明かされません。しかし、作中で示されるヒントから、彼女が誰であるかについていくつか推測することができます。 一つ目のヒントは、けっこう仮面が「火」を操ることができるという点です。これは、彼女が火の国出身であることを示唆しています。さらに、けっこう仮面は「助ける」という言葉をよく使うことから、彼女は正義感の強い人物であることがわかります。 もう一つのヒントは、けっこう仮面が「仮面」をつけているという点です。これは、彼女が何かを隠していることを示唆しています。また、けっこう仮面は「私」という一人称をあまり使わず、「僕」や「俺」などの男性的な一人称を使うことが多いため、彼女は男性である可能性もあります。 以上のヒントから、けっこう仮面の正体は、火の国出身で、正義感が強く、何かを隠している男性であると推測することができます。しかし、彼女が誰であるかを確実に知るためには、物語の最後まで待つ必要があります。
作品名

真マジンガー衝撃!Z編について

真マジンガー衝撃!Z編とは、永井豪による日本の漫画『マジンガーZ』のリメイク作品である。2002年から2003年にかけて、月刊少年エース(角川書店)にて連載された。全11巻。 物語は、マジンガーZを倒したミケーネ帝国の帝王・ドクター・ヘルが、復活したマジンガーZとそのパイロットである兜甲児に再び挑戦するところから始まる。ドクター・ヘルは、新たなマジンガーであるグレートマジンガーとグレンダイザーを送り込み、マジンガーZを苦しめる。しかし、甲児はマジンガーZの無限の可能性を引き出し、グレートマジンガーとグレンダイザーを倒すことに成功する。 ドクター・ヘルを倒した甲児は、新たな敵である宇宙侵略者・暗黒大将軍と戦うことになる。暗黒大将軍は、強力なロボット軍団を率いて地球を侵略し、人類を絶滅させようとする。甲児は、マジンガーZと仲間たちの協力のもと、暗黒大将軍を倒し、地球を救うことに成功する。 真マジンガー衝撃!Z編は、マジンガーZのリメイク作品でありながら、独自のストーリー展開が魅力の作品である。また、永井豪による迫力のある作画も見どころの一つとなっている。
作品名

「Dororonえん魔くんメ~ラめら」の秘密

-アニメ「Dororonえん魔くん メ~ラめら」の魅力- 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」は、1967年に放送されたアニメ作品です。現在もなお多くのファンに愛され続けているこの作品の魅力を、ここではご紹介します。 まず挙げられるのは、そのユニークな世界観です。主人公のえん魔くんは、閻魔大王の息子であり、地獄の閻魔庁で閻魔大王の補佐を務めています。閻魔庁は、亡くなった人間の魂を裁く場所ですが、えん魔くんはいつも明るく元気で、悪いことをした人間であっても、その心の中にある善を見出して裁きを行います。 また、えん魔くんには、小鬼のメロとペロ、そして地獄犬のヘルがいます。彼らとの掛け合いも見どころのひとつで、いつも賑やかな閻魔庁を盛り上げます。 そして、忘れてはならないのが、えん魔くんの必殺技である「メ~ラめら」です。この技は、地獄の炎を操り、悪霊を退治するというもので、えん魔くんはいつもこの技で悪霊を倒し、人間を守ります。 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」は、ユニークな世界観、魅力的なキャラクター、そして痛快なアクションが楽しめる作品です。現在もなお多くのファンに愛され続けているのも頷けます。
作品名

プロレスの星アステカイザー:懐かしの特撮ヒーロー

プロレスと特撮の融合アステカイザーの世界 プロレスの星アステカイザーは、1990年代に放映された特撮ヒーロー番組です。本作は、プロレスと特撮を融合させた斬新な作品として話題を集めました。 主人公であるアステカイザーは、プロレスラーでありながら、古代アステカ文明の戦士でもあるという異色のヒーローです。アステカイザーは、プロレスの技と古代アステカ文明の秘術を駆使して、悪の組織と戦います。 本作の見どころは、プロレスと特撮の融合した迫力満点のアクションシーンです。プロレスラーと怪人がリングで激闘を繰り広げるシーンは、まさに圧巻です。また、古代アステカ文明の秘術を駆使したアステカイザーの必殺技も必見です。 プロレスと特撮の融合という斬新な設定、迫力満点のアクションシーン、そして魅力的なキャラクターたち。プロレスの星アステカイザーは、特撮ヒーロー番組の傑作として、今もなお多くのファンに愛され続けています。
作品名

ゲッターライガー – 豪快合体ロボ

ゲッターライガーの基本情報 ゲッターライガーは、1980年に放送されたテレビアニメ『ゲッターロボ號』に登場するロボット。ゲッターチームが合体することで完成する巨大ロボットで、ゲッターロボの最終形態である。 ゲッターライガーは、ゲッターロボの3機の機体であるゲッターロボ、ゲッタードラゴン、ゲッターポセイドンが合体することで完成する。ゲッターライガーのカラーリングは、ゲッターロボが青、ゲッタードラゴンが赤、ゲッターポセイドンが緑を基調としている。ゲッターライガーの武器は、ゲッタービーム、ゲッターミサイル、ゲッターアックスなど。ゲッターライガーは、その高い戦闘能力で、敵の巨大ロボットを次々と撃破していく。 ゲッターライガーは、ゲッターロボシリーズの中でも最も人気のあるロボットの一つである。ゲッターライガーの玩具は発売以来、多くの子供たちに愛され続けている。ゲッターライガーは、テレビアニメ『ゲッターロボ號』だけでなく、ゲームや漫画にも登場しており、その活躍を続けている。
作品名

ゲッタードラゴン:強くてスマートなロボット

ゲッタードラゴンとは何か? ゲッタードラゴンとは、日本のアニメや漫画作品に登場する架空のロボットです。ゲッターロボシリーズの中で初めて登場したのは、漫画『ゲッターロボ號』です。作中では、流竜馬、車弁慶、巴武蔵の3人が操縦するゲッター1、ゲッター2、ゲッター3が合体して、ゲッタードラゴンになります。ゲッタードラゴンは、ゲッターロボシリーズの中でも最強のロボットであり、その圧倒的なパワーとスピードで敵を倒していきます。 ゲッタードラゴンは、ゲッターロボシリーズの中で最も人気のあるロボットでもあります。その理由は、その強さとスマートなデザインにあります。ゲッタードラゴンは、他のゲッターロボと違って、角やトゲなどの突起物がなく、全体的なフォルムが流線型になっています。そのため、他のゲッターロボよりもスマートな印象を与えます。また、ゲッタードラゴンは、ゲッターロボシリーズの中で最も強力なロボットであり、その戦闘シーンは迫力満点です。そのため、ゲッタードラゴンは、多くのファンから人気を集めています。
作品名

「手天童子」の魅力を大解剖!

-鬼の化身・手天童子の魅力とは?- 手天童子はその姿形から鬼の化身であると考えられていますが、その魅力は外見だけではありません。むしろ、彼の性格や行動の方がより魅力的であると言えます。 手天童子は自分が鬼であることを恥じておらず、それをむしろ誇りに思っています。その堂々とした態度は、彼をとても魅力的にしています。また、彼はとても正直で、自分の思ったことを包み隠さず言う性格です。その率直さは、見ていてとても気持ちがいいものです。 そして何よりも、手天童子はとても勇敢です。彼はどんな困難にも立ち向かう勇気を持っています。その勇気は、彼をとても頼もしい存在にしています。 手天童子は外見は鬼ですが、その中身は人間よりも人間らしいと言えるでしょう。彼の魅力は、その外見と中身のギャップにあるのかもしれません。
作品名

マジンガーZ

-真マジンガー衝撃!Z編に登場するロボット- 「マジンガーZ」は、永井豪氏による日本の漫画作品とそのアニメ化作品である。その続編として1974年に放送された「真マジンガー衝撃!Z編」では、新たなロボットたちが登場する。 -マジンガーZ- スーパーロボット大戦シリーズの常連とも言える、永井豪の漫画『マジンガーZ』に登場する主役ロボット。言わずと知れた機械獣を圧倒する戦闘力と、様々な武器や装備が特徴。全身に装備されたミサイルやロケットパンチ、ブレストファイヤー、光子力ビームなど、多種多様な攻撃手段を持つ。また、マジンガーブレードやマジンガーZの象徴とも言えるロケットパンチも搭載されている。 -グレートマジンガー- マジンガーZの後継機として開発されたロボットで、マジンガーZを遥かに凌駕する性能を誇る。武器はグレートブースター、グレートタイフーン、グレートブーメラン、スクランダーカッターなど、強力なものばかり。また、グレートマジンガーは、マジンガーZにはなかった飛行能力を備えており、空中戦でも活躍する。 -ボスボロット- マジンガーZとグレートマジンガーに続く、3番目のマジンガーである。マジンガーZとグレートマジンガーを凌ぐ性能を誇り、武器はボスボロットパンチ、ボスボロットキック、ボスボロットビーム、ボスボロットミサイルなど、強力なものばかり。また、ボスボロットは、マジンガーZとグレートマジンガーにはなかった合体機能を備えており、グレンダイザーと合体してグレンボロットになることができる。 -グレンダイザー- 宇宙から飛来したロボットであり、マジンガーZ、グレートマジンガー、ボスボロットと並ぶスーパーロボットである。武器はスペースサンダー、スペイザービーム、グレンダイザーブースター、グレンダイザーミサイルなど、強力なものばかり。また、グレンダイザーは、マジンガーZとグレートマジンガーにはなかった宇宙戦能力を備えており、宇宙空間でも活躍する。
作品名

「凄ノ王」の超能力世界

現代に蘇った須佐之男命 超能力世界「凄ノ王」の中心人物であり、「凄ノ王」の支配者でもある須佐之男命は、古代日本の神話に登場する神であり、荒ぶる神として知られています。須佐之男命は、八百万の神々の父である伊邪那岐命と、八百万の神々の母である伊邪那美命の子として生まれ、兄である天照大神とは対立関係にありました。須佐之男命は、天照大神の怒りを買って高天原から追放され、のちに地上に降り立ちました。 地上に降り立った須佐之男命は、八岐大蛇を退治し、稲田姫命を救い出しました。須佐之男命と稲田姫命の間には、八人の子供が生まれ、須佐之男命の子孫は、のちに日本の皇室となりました。須佐之男命は、日本の神話の英雄であり、その武勇伝は、古くから語り継がれてきました。 「凄ノ王」の世界では、須佐之男命は、超能力者として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。 須佐之男命は、「凄ノ王」の世界で、悪と戦う正義の味方として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。 須佐之男命は、「凄ノ王」の世界で、悪と戦う正義の味方として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。
モノの名前

ゲッター3について

ゲッター3とは? ゲッター3は、永井豪の漫画作品『ゲッターロボ』シリーズに登場する架空のロボットである。ゲッターチームの3号機であり、ゲッターロボGのメインメカでもある。ゲッター1とゲッター2の両機を凌駕する性能を持ち、分離・合体機構によって様々な形態に変形することができる。 ゲッター3は、ゲッターチームのリーダーである早乙女博士によって開発された。ゲッター1とゲッター2の両機を凌駕する性能を与えるために、特殊金属であるゲッター合金をふんだんに使用しており、圧倒的な強度と耐久性を誇る。また、分離・合体機構によって様々な形態に変形することができ、状況に応じて最適な形態を選択することができる。 ゲッター3の基本形態は、人型形態の「ゲッター3本体」である。ゲッター3本体は、ゲッター1とゲッター2の両機よりも大型で、より強力な武装を備えている。ゲッター1の「ゲッタービーム」やゲッター2の「ゲッターミサイル」に加えて、ゲッター3には「ゲッターウイング」や「ゲッタートマホーク」などの独自の武装が搭載されている。 ゲッター3は、分離・合体機構によって様々な形態に変形することができる。基本形態であるゲッター3本体に加えて、ゲッター3を2機に分離した「ゲッタードラゴン」と「ゲッターポセイドン」、3機を合体させた「ゲッターロボG」の3つの形態が存在する。ゲッタードラゴンは、空中戦に特化した形態であり、ゲッターポセイドンは、水中戦に特化した形態である。ゲッターロボGは、ゲッター3の3つの形態をすべて合体させた形態であり、ゲッターロボシリーズ最強の形態である。