江口カン

作品名

「ザ・ファブル」漫画と映画の魅力

漫画「ザ・ファブル」は、2014年から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されている、南勝久による日本の漫画作品です。裏社会で「ファブル」と呼ばれ恐れられる伝説の殺し屋、佐藤明が、組織から身を隠し、大阪で普通の人生を送るために奮闘する姿を描いた作品です。 本作の魅力は、何といっても主人公の佐藤明のキャラクターにあります。佐藤は、裏社会では冷酷無比な殺し屋ですが、一般社会では人懐っこい笑顔を見せるという二面性を持っています。また、佐藤は、一般社会での新しい生活に戸惑いながらも、徐々に周りの人々との交流を深めていき、成長していく姿が描かれています。 また、本作は、佐藤を取り巻くキャラクターたちも魅力的です。佐藤の相棒であるヨウコは、裏社会で情報屋として活動する女性で、佐藤に協力して一般社会での生活をサポートします。また、佐藤が出会う人々も、それぞれの個性を持っており、佐藤の成長に大きな影響を与えていきます。 このように、漫画「ザ・ファブル」は、魅力的なキャラクターと、社会では冷酷無比な殺し屋だが、一般社会では人懐っこい笑顔を見せる佐藤の姿が描かれた作品です。佐藤の成長物語としても楽しめる作品です。
作品名

公開から一夜明けたファブル最新作を徹底レビュー!

ファブル最新作のアクションシーンは、息つく暇も無いほどに素晴らしい。前作を凌駕するほどにキレがあり、スピード感に溢れている。ファブルの圧倒的な強さが存分に発揮されており、敵を次々と鮮やかに倒していく様は圧巻の一言だ。特に、クライマックスの戦闘シーンは、手に汗握る展開で、最後まで目が離せない。アクション好きにはたまらない内容となっている。 また、本作ではアクションだけでなく、ファブルの心情描写にもスポットが当てられている。前作では、ファブルの過去や内面にあまり触れられていなかったが、本作では彼の苦悩や葛藤が丁寧に描かれており、より人間味のあるキャラクターとして描かれている。ファブルのファンにとっては、彼の成長を感じることができる嬉しい内容となっているだろう。 全体として、ファブル最新作は、アクション、ストーリー、キャラクター描写のすべてにおいて前作を凌駕する出来栄えとなっている。ファブルファンはもちろん、アクション映画好きにもぜひ見てほしい一本だ。