池田町

モノの名前

「いけだ牛極太焼きそば」北海道の隠れたご当地グルメ

-地元産の銘柄牛「いけだ牛」が主役- 北海道のいけだ牛は、日本でも有数のブランド牛として知られています。その中でも、特に人気の高いのが「いけだ牛極太焼きそば」です。この焼きそばは、いけだ牛の特製の焼き肉を太めの麺に乗せたもので、そのボリュームと食べ応えが魅力です。 地元産いけだ牛極太焼きそばは、北海道のソウルフードとして親しまれており、地元の人たちだけでなく、観光客にも人気があります。特に、北海道の夏のお祭りやイベントでは、行列のできるほどの人気ぶりです。 いけだ牛極太焼きそばのポイントは、何といってもその麺にあります。太めの麺は、いけだ牛の特製の焼き肉にしっかりと絡み、食べ応え抜群です。また、いけだ牛の焼き肉は、特製のタレで味付けされており、その味は絶品の一言です。 地元産いけだ牛極太焼きそばは、北海道の隠れたご当地グルメとして、多くの人たちに愛されています。北海道を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。
その他

池田町の「ちゃちゃまる」とは?

「ちゃちゃまる誕生秘話」 池田町のゆるキャラ「ちゃちゃまる」は、どのように誕生したのでしょうか?その誕生秘話を紐解いていきます。 ちゃちゃまるが誕生したのは、2012年。池田町が町制50周年を記念して実施したキャラクター公募がきっかけでした。公募には、町内外から180点を超える応募があり、その中からちゃちゃまるがグランプリに選ばれました。 ちゃちゃまるのデザインは、池田町の特産品である「梅」をモチーフにしています。頭には梅の花をイメージした飾りがあり、体は梅の実をイメージしています。また、大きな目と口は、池田町の「元気で明るい町」というイメージを表現しています。 ちゃちゃまるの名前は、池田町民から募集し、その中から選出されました。ちゃちゃまるという名前には、「池田町を元気にする」「町民に愛されるキャラクターになってほしい」という願いが込められています。 こうして誕生したちゃちゃまるは、池田町のさまざまなイベントに参加し、町を盛り上げています。また、ちゃちゃまるのグッズも販売されており、町内外の人々に親しまれています。
モノの名前

大糸タイムスを徹底解説

-大糸タイムスの歴史と概要- 大糸タイムスは、長野県大町市に本社を置く地方紙である。1904年(明治37年)に「大町新聞」として創刊され、1940年(昭和15年)に「大糸タイムス」と改題された。現在では長野県中部と北部の11市町村を購読エリアとしている。 大糸タイムスは、地域に密着した報道に力を入れており、地元のニュースやイベントを積極的に取り上げている。また、県政や経済、文化など、幅広い分野の情報を提供している。さらに、読者参加型の企画を積極的に展開しており、読者からの情報提供をもとに記事を作成したり、読者と記者が直接対話するイベントを開催したりしている。 大糸タイムスは、長野県中部と北部の地域にとって欠かせない情報源となっている。地元のニュースやイベントを積極的に取り上げ、読者参加型の企画を積極的に展開するなど、地域に密着した報道に力を入れている。また、県政や経済、文化など、幅広い分野の情報を提供しており、読者にとって有益な情報を提供している。
施設名・ロケ地

池田町の道の駅「池田」の魅力

池田町の道の駅「池田」は、北海道池田町にある道の駅です。北海道で最も美しい町の1つとして知られる池田町に位置し、町の特産品である池田牛や池田町産の野菜や果物を販売しています。 「池田」の特徴は、何と言ってもその景観の美しさです。道の駅は、池田町のシンボルである「池田牛」の放牧地を目の前にしており、広大な自然を眺めながら食事や買い物を楽しむことができます。また、道の駅周辺には、池田町産の野菜や果物を栽培している農家があり、新鮮な農産物を購入することができます。 「池田」は、池田町の特産品である池田牛を使用した料理を提供しているレストランがあります。池田牛は、和牛の中でも特に品質が高く、そのおいしさは全国的に知られています。また、道の駅には、池田町産の野菜や果物を販売している売店があり、新鮮な農産物を購入することができます。
施設名・ロケ地

「須波阿須疑神社」の見どころとアクセス

須波阿須疑神社とは 須波阿須疑神社は、和歌山県西牟婁郡白浜町に鎮座する神社です。日本最古の神社の一つとされ、創建は紀元前660年と伝えられています。主祭神は須佐之男命で、厄除け、開運、縁結びなどのご利益があるとされています。 須波阿須疑神社の境内は、白浜海岸に面した高台にあり、境内からは美しい海岸線を見渡すことができます。また、境内には、国の天然記念物に指定されている「須波阿須疑神社のクスノキ」があります。このクスノキは、樹齢3,000年以上とされ、幹の周囲は8.5メートル、高さは26メートルにもなります。
地名・ロケ地

北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線について

ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の歴史 ちほく高原鉄道ふるさと銀河線は、北海道上川郡上川町とぬかびら源泉郷を結ぶ鉄道路線です。もともとは、日本国有鉄道(国鉄)の池北線という路線の一部でしたが、1989年に国鉄分割民営化に伴い、北海道ちほく高原鉄道に引き継がれました。 ふるさと銀河線は、1910年に池北軽便線として開業し、1922年に池北線に昇格しました。当初は石炭や木材の輸送を目的とした路線でしたが、やがて観光路線としても人気を集めるようになりました。しかし、1970年代以降はモータリゼーションの進展により利用客が減少 し、1987年に廃止されることになりました。 廃止後は、地元自治体や住民の努力により、1989年に北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線として復活しました。ふるさと銀河線は、観光路線として生まれ変わり、現在では毎年約10万人の観光客が訪れています。 ふるさと銀河線の最大の見どころは、車窓から見ることができる大自然の景色です。特に、秋の紅葉の時期は絶景で、多くの観光客が訪れます。また、ふるさと銀河線には、トロッコ列車やレストラン列車など、さまざまな観光列車が運行されています。 ふるさと銀河線は、北海道の観光スポットとしてだけではなく、地元住民の足としても重要な役割を果たしています。ふるさと銀河線は、これからも地域の人々と観光客に愛され続ける路線であり続けるでしょう。
モノの名前

池田牛とは?北海道中川郡池田町の名物

池田牛の特徴 池田牛は、北海道中川郡池田町で飼育されている黒毛和種で、その肉質の良さと旨味が特徴です。池田町は、北海道の東部に位置する町で、北海道の他の地域よりも日照時間が長く、降水量が少ない気候です。この気候が、池田牛の肉質を育むのに適しているといわれています。池田牛は、黒毛和種の中でも、特に肉質の良いブランド牛として知られています。 池田牛は、平均的な黒毛和種よりも大きく、筋肉質で、脂肪が少ないのが特徴です。肉質は、きめが細かく、柔らかく、脂身は旨味があり、あっさりとしています。池田牛は、ステーキや焼肉、しゃぶしゃぶなど、様々な料理に適しています。池田牛は、池田町の名物として、全国各地のグルメファンから愛されています。
その他

揖斐広域連合について

概要 揖斐広域連合は、岐阜県揖斐郡の揖斐川町、池田町、大野町、久瀬村、谷汲村の5つの自治体によって構成される広域連合です。2005年4月1日に設立され、現在は揖斐郡の全域を管轄しています。 揖斐広域連合の目的は、域内の自治体間の連携を強化し、財政や行政サービスの効率化を図ることです。また、地域の振興や産業の発展、環境の保全などにも取り組んでいます。 揖斐広域連合は、連合議会と連合執行委員会で構成されています。連合議会は、各市町村から選出された議員で構成され、連合執行委員会は、連合議会の議決に基づいて、連合の運営を行います。 揖斐広域連合は、設立以来、域内の自治体間の連携を強化し、財政や行政サービスの効率化を図るなど、一定の成果を上げてきました。今後も、地域の発展と住民福祉の向上を目指して、取り組んでいく予定です。