泡盛

モノの名前

泡盛「春雨」の魅力と歴史

宮里酒造所は、沖縄県国頭郡東村で泡盛を製造する酒造所です。創業は1888年(明治21年)で、現在は4代目の宮里盛伸氏が代表を務めています。宮里酒造所では、伝統的な製法を守りながら泡盛を製造しており、その中でも特に「春雨」という銘柄は、泡盛愛好家の間で高い評価を得ています。 「春雨」は、宮里酒造所が創業以来100年以上作り続けている泡盛で、その名の通り、春に降る雨のような爽やかで透明感のある味わいが特徴です。原料には、沖縄県産のサトウキビと米を使用しており、もろみは壺の中でじっくりと発酵させられます。発酵後は、蒸留器で蒸留され、その後熟成されます。熟成期間は通常1年以上ですが、「春雨」の場合は3年以上寝かせてから出荷されます。 「春雨」は、その爽やかな味わいで、ストレートやロックで飲むのに適しています。また、泡盛のカクテルにもよく使われます。宮里酒造所では、「春雨」を使ったカクテルをいくつか提供しており、その中でも特に人気があるのが「春雨ハイボール」です。「春雨ハイボール」は、泡盛とソーダを合わせたカクテルで、泡盛の爽やかな味わいとソーダのシュワシュワとした口当たりが絶妙にマッチしています。 宮里酒造所では、「春雨」以外にも、様々な銘柄の泡盛を製造しています。その中には、泡盛初心者でも飲みやすい「初心者向け」の銘柄や、泡盛通に人気の「上級者向け」の銘柄などがあります。宮里酒造所を訪れた際は、ぜひお気に入りの銘柄を見つけてみてください。
モノの名前

琉球の伝統泡盛「龍泉」

-龍泉の歴史と泡盛の誕生- 龍泉の歴史は古く、16世紀にさかのぼります。琉球王国時代に首里城で泡盛を製造していたとされており、泡盛の歴史を知る上でも欠かせない蔵元です。龍泉の泡盛は、当時琉球王国に滞在していた中国人の僧侶によって伝えられた製法を基に造られています。 泡盛は、米を原料とした蒸留酒で、独特の香りと深みのある味わいが特徴です。龍泉の泡盛は、厳選された米と水を使用し、伝統的な製法を守りながら丁寧に造られています。 龍泉の泡盛は、琉球王国の時代から現在に至るまで、多くの人々に愛されてきました。泡盛は、琉球文化を象徴する飲み物として、国内外で親しまれています。
モノの名前

北谷長老:沖縄の泡盛の名酒

北谷長老の歴史と概要 北谷長老は、沖縄県北谷町にある泡盛蔵元です。1953年に創業し、以来伝統的な泡盛造りを続けています。北谷長老の泡盛は、その芳醇な香りとまろやかな味わいで、沖縄県内だけでなく全国的にも人気があります。 北谷長老の泡盛造りは、まず米を蒸して冷やします。そして、そこに泡盛酵母を加えて発酵させます。発酵した醪は、蒸留器で蒸留して泡盛原酒が完成します。泡盛原酒は、樽の中で貯蔵して熟成させます。熟成期間は、1年以上から10年以上とさまざまです。熟成した泡盛は、瓶詰めされて出荷されます。 北谷長老の泡盛は、全国各地の酒販店で購入することができます。また、北谷長老の酒蔵では、泡盛の試飲や販売を行っています。泡盛好きの人は、ぜひ北谷長老の酒蔵を訪れてみてください。
モノの名前

「菊之露」について

菊之露の歴史と伝統 菊之露は、1830年代に創業された、日本の地酒のブランドです。創業者は、兵庫県伊丹市の酒造家である山田七兵衛です。山田七兵衛は、灘五郷の酒蔵のひとつである「菊正宗」で酒造りの修行を積んだ後、独立して酒造業を始めました。山田七兵衛は、酒造りの技術に優れており、菊之露はたちまち評判になりました。菊之露は、米、水、麹、酵母という、酒造りの基本となる材料にこだわって作られています。米は、兵庫県産を中心に、厳選された良質な米を使用しています。水は、灘五郷の酒蔵が使用する、六甲山の伏流水を使用しています。麹は、自社で製造した米麹を使用しています。酵母は、菊正宗から分けてもらった酵母を使用しています。菊之露は、伝統的な酒造りの手法を守りながら、新しい技術も積極的に取り入れています。菊之露は、灘五郷の酒蔵の中でも、最も古い歴史を持つ酒蔵のひとつです。菊之露は、伝統的な酒造りの技術を守りながら、新しい技術も積極的に取り入れています。菊之露は、日本の地酒を代表する銘酒のひとつです。
モノの名前

「忠孝」の特徴と製法

忠孝の歴史と由来 忠孝は、江戸時代初期に、京都の菓子屋、忠兵衛が考案したとされています。忠兵衛は、当時、流行していた「かすてら」をヒントに、砂糖と卵を泡立てて、小麦粉を加えて焼いたお菓子を作りました。これが、忠孝の原型です。忠孝は、その美味しさから、すぐに京都で人気となりました。そして、江戸時代中期には、江戸にも伝わり、全国に広まりました。忠孝は、庶民の間で親しまれるお菓子となり、現在でも、愛され続けています。
モノの名前

カラカラと泡盛の豊かな歴史

-憧れの泡盛器カラカラ- カラカラは、沖縄で古くから親しまれている泡盛器です。その名の通り、カラカラと音が鳴る乾燥した響きからその名が付けられました。沖縄の伝統工芸品であり、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。 カラカラは、赤土を原料とした素焼きの壺であり、泡盛を熟成させるために使用されます。泡盛は、米を原料とした蒸留酒であり、カラカラで熟成させることで、まろやかな味わいと芳醇な香りを引き出すことができます。カラカラの形状は、琉球王朝の時代の瓶をモデルにしており、首の部分が長く、胴の部分が丸みを帯びています。伝統的なカラカラは、表面に施された独特の模様が特徴的です。 カラカラは、泡盛を愛する人にとって憧れの泡盛器です。その理由は、カラカラで熟成された泡盛は、格別な味わいがあるからです。カラカラでの熟成により、泡盛はまろやかな味わいになり、芳醇な香りが引き立ちます。カラカラで熟成された泡盛は、特別な日に飲むのにふさわしい逸品です。 カラカラは、沖縄の伝統工芸品であり、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。そのため、カラカラは非常に貴重な泡盛器です。カラカラを手に入れるのは容易ではありませんが、沖縄の泡盛を愛する人にとって、カラカラは憧れの泡盛器です。
モノの名前

うみそら:泡盛業界のラグジュアリーブランド

泡盛業界のラグジュアリーブランドとして知られる「うみそら」は、その特徴とこだわりが際立っています。 まず、使用する原材料の品質に徹底的にこだわっています。サトウキビは沖縄県産のみを使用し、米は契約農家から仕入れた無農薬のうるち米のみを使用しています。さらに、仕入れたサトウキビは、すべて手作業で皮をむき、黒糖作りから行っています。 また、製造工程にもこだわっています。仕込んだもろみは、1年間以上じっくりと寝かせて熟成させます。熟成後は、丁寧に濾過して火入れを行い、品質を維持しています。 さらに、うみそらは、樽熟成にも力を入れています。焼酎の樽熟成は、古くから行われてきた伝統的な製法ですが、うみそらは、その樽熟成にも独自のこだわりを持っています。 樽の種類は、バーボン樽、シェリー樽、ワイン樽など、さまざまなものを使用しています。また、樽熟成の期間も、1年以上から10年以上までと、樽の種類や熟成期間によって、さまざまなタイプの泡盛を生み出しています。 こうした徹底した品質へのこだわりと、独自の樽熟成技術によって、うみそらは、他にはないラグジュアリーな泡盛を作り上げているのです。
モノの名前

古酒をオーク樽で熟成させた「暖流」

沖縄・神村酒造の老舗泡盛 沖縄県で最も古い酒造所の一つである神村酒造は、1887年に創業し、130年以上にわたって泡盛を製造しています。神村酒造の泡盛は、琉球古来の伝統的な製法で作られており、その特徴は、米と水、そして沖縄独自の黒麹菌を使って醸造されることです。神村酒造の泡盛は、その品質の高さから、国内外で高い評価を受けており、多くの賞を受賞しています。 神村酒造の泡盛の中でも、特に人気なのが「暖流」です。「暖流」は、古酒をオーク樽で熟成させた泡盛で、その味わいは、まろやかで芳醇で、ウイスキーのような風味が特徴です。「暖流」は、神村酒造の伝統的な製法で作られた泡盛を、オーク樽で熟成させることで、その味わいに深みと複雑さを加えています。「暖流」は、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。また、カクテルのベースとしても、よく使われています。 神村酒造の泡盛は、沖縄の伝統的な文化と歴史を伝えるお酒です。その味わいは、古酒をオーク樽で熟成させることで、さらに深みと複雑さを増し、ウイスキーのような風味が特徴的です。「暖流」は、神村酒造の伝統的な製法で作られた泡盛を、オーク樽で熟成させることで、その味わいに深みと複雑さを加えています。「暖流」は、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。また、カクテルのベースとしても、よく使われています。
モノの名前

泡盛「多良川」の魅力

「多良川」の誕生の歴史 「多良川」の誕生の歴史は、1953年にまで遡る。当時、沖縄の泡盛業界は、戦後の混乱期を乗り越え、ようやく生産が軌道に乗り始めた頃であった。そんな中、泡盛造りの名人として知られる金城次郎氏は、泡盛の品質向上を目指し、新たな泡盛造りに取り組んだ。 金城氏は、泡盛の原料となる米の品種や栽培方法、泡盛の仕込み方法や熟成方法など、あらゆる面で試行錯誤を重ねた。そして、1959年、ついに金城氏は、独自の製法で造られた泡盛「多良川」を完成させた。「多良川」は、芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、多くの人々に支持された。 「多良川」の誕生は、沖縄の泡盛業界に大きな影響を与えた。それまで主流であった、辛口で強い泡盛から、飲みやすくまろやかな泡盛へと、泡盛の嗜好が変化したのである。「多良川」は、沖縄の泡盛業界を牽引するブランドとして、現在も愛され続けている。
モノの名前

かりゆしについて

かりゆしの特徴 かりゆしは、沖縄の伝統的な民族衣装です。男性用のかりゆしは、襟のないシャツに半ズボンを合わせたスタイルが一般的です。女性用のかりゆしは、襟付きのワンピースやブラウスにスカートを合わせたスタイルが一般的です。かりゆしは、沖縄の暑い気候に合わせて作られており、風通しがよく、涼しい着心地です。また、生地には琉球絣や紅型などの伝統的な柄が用いられ、沖縄らしさを演出しています。最近は、かりゆしを現代風にアレンジしたかりゆしウェアが人気です。かりゆしウェアは、よりカジュアルなデザインで、普段着として着用することができます。
施設名・ロケ地

酒造所の歴史と文化

-津嘉山酒造所施設の歴史- 津嘉山酒造所は、1863年に津嘉山親方の創立した酒造所です。津嘉山親方は、酒造りの技術に優れた人物として知られており、その酒は「津嘉山酒」と呼ばれ、広く親しまれていました。 津嘉山酒造所は、1945年の沖縄戦で焼失しましたが、戦後すぐに再建されました。現在の酒造所は、1963年に建てられたもので、鉄筋コンクリート造りの近代的な施設です。 津嘉山酒造所には、酒造りの歴史を伝える資料館があり、酒造りの工程を学ぶことができます。また、酒造所では、見学ツアーを開催しており、実際に酒造りの様子を見学することができます。 津嘉山酒造所の酒は、県内外の酒類品評会で数々の賞を受賞しています。特に、同社が製造する泡盛「残波」は、全国的にも有名な銘酒として知られています。 津嘉山酒造所は、沖縄の伝統的な酒造りの文化を継承し、高品質な酒を製造している酒造所です。同社の酒は、県内外の多くの人々に愛されており、沖縄の特産品として広く親しまれています。
モノの名前

沖縄県・多良川製造の泡盛「琉球王朝」の魅力

小見出し「琉球王朝について」 琉球王朝は、1429年から1879年まで、琉球諸島を支配していた王国です。首都は首里城で、現在の那覇市に位置しています。琉球王朝は、中国と日本の両国の文化の影響を受けて発達し、独自の文化を形成しました。琉球王朝時代には、多くの芸術作品が制作され、現在でも沖縄県の各地でその作品を見ることができます。 琉球王朝は、1609年に薩摩藩によって侵攻され、その後、薩摩藩の支配下に入りました。1879年には、琉球王国は日本に併合され、沖縄県となりました。琉球王朝は、日本の歴史の中で重要な役割を果たした王国であり、現在でも沖縄県の人々のアイデンティティ形成に大きな影響を与えています。
モノの名前

「瑞泉」の美味しさの秘密を探る

瑞泉の特徴と魅力 瑞泉は、そのまろやかな口当たりと、芳醇な香りが特徴です。また、後味にほのかな甘みが残り、飲み飽きしない味わいです。これは、瑞泉の仕込み水である「霧ヶ峰の湧き水」によるものです。霧ヶ峰の湧き水は、標高1,500メートルに位置する霧ヶ峰高原の地下から湧き出す天然水で、ミネラルを豊富に含んでいます。このミネラルが、瑞泉のまろやかな口当たりと、芳醇な香りを生み出しています。 また、瑞泉は、伝統的な製法で仕込まれています。瑞泉の酒蔵は、創業以来100年以上続く老舗蔵です。酒蔵では、昔ながらの手造りの製法を守り、丁寧に瑞泉を仕込んでいます。この伝統的な製法によって、瑞泉は、まろやかな口当たりと、芳醇な香りを保つことができるのです。 瑞泉は、和食との相性抜群です。瑞泉のまろやかな口当たりと、芳醇な香りは、和食の繊細な味わいを引き立てます。また、瑞泉のほのかな甘みは、和食の甘味のある料理ともよく合います。瑞泉は、和食をより美味しく楽しむことができる銘酒です。
モノの名前

沖縄の伝統酒「久米島の久米仙」の魅力

-久米島の久米仙の歴史と特徴- 久米島の久米仙は、沖縄県の久米島で製造されている泡盛です。泡盛とは、米と米麹を原料とした蒸留酒で、沖縄県の伝統的なお酒です。久米島の久米仙は、1606年に久米島に伝来した泡盛をルーツとしています。 久米島の久米仙の特徴は、まろやかで飲みやすい味わいです。これは、久米島の久米仙が、米と米麹を原料としたもろみを丁寧に発酵させ、じっくりと蒸留しているためです。また、久米島の久米仙は、久米島の地下水で仕込まれているため、口当たりが柔らかく、後味もすっきりしています。 久米島の久米仙は、沖縄県内ではもちろん、全国的にも人気のある泡盛です。久米島の久米仙は、そのままロックや水割りで飲むのはもちろん、料理に使うのもおすすめです。久米島の久米仙を使った郷土料理には、久米仙を使った天ぷらや、久米仙を使った煮物などがあります。 久米島の久米仙は、沖縄県の伝統的なお酒であり、そのまろやかで飲みやすい味わいは、多くの人々に愛されています。久米島の久米仙は、沖縄県を訪れた際にはぜひ一度味わっていただきたいお酒です。
モノの名前

沖縄の美酒「沖之光」の魅力

「沖之光」の誕生と歴史  沖縄の美酒「沖之光」は、その美しい海と豊かな自然が育んだ、古くから愛される銘酒です。その起源は、江戸時代末期にさかのぼります。当時、琉球王国の尚育王は、国内の酒造業を振興するため、中国から杜氏を招き、酒造りの技術を伝えさせました。これが、「沖之光」の原点となりました。  その後、「沖之光」は、明治維新を経て、日本本土に伝わり、やがて全国各地で愛される銘酒となりました。昭和初期には、皇室にも献上されるなど、その名声はますます高まりました。  しかし、第二次世界大戦中、「沖之光」の生産は途絶えてしまいます。戦後、地元の酒造メーカーが協力して、その復活に努め、昭和20年代後半に再び生産が開始されました。  現在、「沖之光」は、沖縄県内だけでなく、全国各地で愛飲されています。その魅力は、何といってもそのまろやかな味わいです。また、沖縄の豊かな自然を表現したラベルデザインも人気を集めています。  「沖之光」は、沖縄の風土と文化を凝縮した、まさに琉球の美酒です。その味は、人々を魅了し、いつまでも記憶に残るでしょう。
モノの名前

「神泉」とは?沖縄の泡盛の魅力を解説!

-神泉の特徴と魅力- 神泉は、沖縄の泡盛の中で最も人気のある銘柄の一つです。その特徴は、すっきりとした飲み口と、ほのかな甘さ。また、泡盛特有のアルコール臭が少なく、初心者でも飲みやすいとされています。神泉は、琉球王朝時代から製造されており、その歴史は400年以上にもなります。琉球王朝の時代には、神泉は王室御用達のお酒とされ、庶民はなかなか飲むことができませんでした。しかし、明治時代になってから神泉は庶民にも普及し、現在では沖縄県民に愛されるお酒となっています。 神泉の魅力は、その飲みやすさと、さまざまな料理と合うという点です。神泉は、ストレートはもちろん、ロックや水割り、ソーダ割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。また、神泉は、沖縄の郷土料理との相性も抜群です。ゴーヤチャンプルーやラフテー、沖縄そばなど、沖縄の料理は神泉と一緒に食べると、より一層美味しくなります。
モノの名前

「花酒 与那国」とは?泡盛と花酒の違いや特徴を解説

「花酒 与那国」とは、沖縄県与那国島で生産されている花酒のことです。花酒とは、泡盛に花を浸して作られたお酒で、沖縄県では古くから親しまれている郷土酒です。 花酒与那国は、泡盛にハイビスカスを浸して作られています。泡盛は沖縄県を代表する蒸留酒で、米麹と黒糖を原料にして作られます。ハイビスカスは、沖縄県で広く栽培されている花で、その花びらにはアントシアニンというポリフェノールが含まれています。アントシアニンは、抗酸化作用があり、健康に良いとされています。 花酒与那国は、泡盛の風味とハイビスカスの華やかな香りが特徴です。泡盛のアルコール度数は30度以上ですが、花酒与那国はアルコール度数が20度と低いため、飲みやすいお酒です。 花酒与那国は、ストレートやロックはもちろん、ソーダ割りやカクテルなどにして飲むことができます。また、沖縄県では、花酒与那国を料理に使った料理もあります。
モノの名前

泡盛「松藤」の誕生から今

崎山酒造廠のルーツは、琉球王国の時代まで遡ります。1605年に、琉球王国の尚寧王は、薩摩藩に泡盛を献上しました。この泡盛は、薩摩藩主によって大変気に入られ、琉球王国の泡盛が薩摩藩に輸出されるようになりました。 1872年に、琉球王国は日本に併合されました。これにより、琉球王国の泡盛は日本国内で流通するようになりました。1888年には、崎山酒造廠の創業者である崎山徳太郎が、現在の名護市に泡盛製造所を設立しました。これが、崎山酒造廠の始まりです。 崎山徳太郎は、泡盛の製造に情熱を注ぎ、数々の泡盛を製造しました。その中でも、特に有名なのが「泡盛「松藤」」です。「泡盛「松藤」」は、1910年に製造された泡盛で、その芳醇な香りとまろやかな味わいで、多くの人々に愛されるようになりました。 「泡盛「松藤」」は、崎山徳太郎の死後も、崎山酒造廠で製造され続け、現在では、沖縄県を代表する泡盛として知られています。崎山酒造廠は、2023年に創業135周年を迎え、「泡盛「松藤」」を筆頭に、数々の泡盛を製造しています。
モノの名前

やいま(請福酒造の泡盛)の魅力

やいまの誕生と歴史 やいまは、沖縄県宮古島にある請福酒造が製造する泡盛です。請福酒造は、1952年に創業した比較的新しい蔵元ですが、やいまは、創業時から製造されている定番商品です。やいまという名前は、沖縄の方言で「美しい島」という意味で、宮古島の美しい自然をイメージして名付けられました。 やいまは、米と米麹、そして黒糖を原料として作られます。米は沖縄県産のうるち米を使用し、米麹は請福酒造独自の製法で作られています。黒糖は、宮古島産のさとうきびから作られたもので、やいまに独特の甘みを与えています。やいまは、原料を混ぜ合わせて発酵させた後、蒸留して作られます。蒸留方法は、常圧蒸留と減圧蒸留の2種類があり、やいまは常圧蒸留で製造されています。常圧蒸留は、減圧蒸留よりも伝統的な製法で、やいまに深みのある味わいを与えています。 やいまは、アルコール度数30度の泡盛です。泡盛としては比較的低めのアルコール度数ですが、それでも飲みごたえは十分です。やいまは、ストレートで飲むのが一般的ですが、ロックや水割りにしてもおいしくいただけます。また、カクテルのベースとしても使用することができます。 やいまは、その飲みやすさとおいしさから、沖縄県内だけでなく、日本全国で人気のある泡盛です。請福酒造では、やいまの他にも、さまざまな泡盛を製造していますが、やいまは、請福酒造を代表する銘柄として親しまれています。
モノの名前

「うりずん」の歴史と魅力を紹介

「うりずん」の起源と歴史 「うりずん」は、沖縄の「梅雨」の季節を指す言葉です。この時期は、激しい雷雨やスコールが降り、強い風が吹くことが多いです。しかし、同時に、この時期は、沖縄の自然が最も美しくなる季節でもあります。 「うりずん」の起源は古く、琉球王朝時代まで遡ります。琉球王国の初代国王である舜天は、14世紀初頭に「うりずん」の季節に、首里城の建設を始めたと言われています。また、「うりずん」の季節は、豊作を祈願する祭りや、歌や踊りの芸能が盛んに行われる季節でもありました。 「うりずん」は、沖縄の文化や風習に深く根ざした季節です。沖縄の人々は、「うりずん」の季節を大切にしながら、その自然の美しさや恵みを享受しています。
モノの名前

宮之鶴:歴史、特徴、人気の秘密

宮之鶴の歴史 宮之鶴酒造の創業は、1872年(明治5年)のことです。宮崎県都城市に、河野佐吉氏によって設立されました。当時は、まだ焼酎造りが盛んな時代でしたが、河野氏は日本酒の醸造にこだわりを持って取り組んでいました。 宮之鶴酒造は、創業以来、伝統的な醸造方法を守りながら、新しい技術も積極的に取り入れてきました。また、地元の良質な米や水を使用することで、高品質な日本酒を造り続けています。 宮之鶴酒造の日本酒は、全国各地で高い評価を得ており、数々の賞を受賞しています。特に、主力銘柄である「宮之鶴 純米大吟醸」は、その芳醇な香りとまろやかな味わいで、多くの人々に愛されています。 宮之鶴酒造は、現在でも河野家によって経営されており、伝統と革新を融合させた日本酒造りを続けています。その日本酒は、日本だけでなく世界各地で愛されており、日本の日本酒文化を代表する銘酒のひとつとなっています。
モノの名前

島唄の魅力

島唄の歴史は古く、琉球王朝時代から存在していました。琉球王朝は、1429年から1879年まで存在した日本の旧琉球王国で、現在の沖縄県に相当します。島唄は、琉球王朝時代の宮廷音楽や民俗芸能に由来しており、琉球の文化や歴史を伝える貴重な音楽遺産です。 島唄は、三線(さんしん)という沖縄の伝統的な弦楽器と歌声によって奏でられる音楽です。三線は、ギターに似た楽器で、竹で作られた胴体に三本の弦が張られています。島唄の歌唱は、琉球語で行われ、独特な音階やリズムを持っています。 島唄には、様々な種類があります。最も有名な島唄の一つは、「かぎやで風」です。「かぎやで風」は、1972年に発表された、沖縄出身の歌手の小沢昭一によって歌われた曲です。この曲は、沖縄の美しい自然や人々を歌ったもので、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されています。 島唄は、沖縄の文化や歴史を伝える貴重な音楽遺産です。島唄を聴くことで、沖縄の美しい自然や人々、そして沖縄の歴史について知ることができます。また、島唄は、沖縄の伝統芸能である三線の演奏や琉球語の歌唱を楽しむことができる音楽でもあります。
モノの名前

古里の美しさに酔いしれる「美しき古里」

沖縄が誇る泡盛「美しき古里」の魅力 沖縄には、古来より受け継がれてきた伝統的な泡盛造りが盛んです。その中でも、「美しき古里」は、沖縄の豊かな自然と伝統的な製法によって生み出される、格別な味わいの泡盛です。 「美しき古里」は、沖縄本島北部のやんばる地域で、良質な米と水を使って丁寧に醸造されています。やんばるの豊かな自然から生まれた米は、甘みと旨みが強く、泡盛造りに最適です。また、やんばるの清らかな水は、泡盛をまろやかな味わいに仕上げます。 「美しき古里」は、伝統的な製法で丁寧に醸造されています。蒸した米に黒麹菌を混ぜて発酵させ、その後、常圧蒸留機で蒸留します。蒸留された泡盛は、樫樽で熟成させられ、まろやかな味わいに仕上げられます。 「美しき古里」は、芳醇な香りとまろやかな味わいで、沖縄の風土が感じられる泡盛です。ロックや水割り、お湯割りなど、様々な飲み方で楽しめます。また、沖縄料理との相性も抜群です。 「美しき古里」は、沖縄の伝統と文化を凝縮した泡盛です。沖縄を訪れた際には、ぜひ「美しき古里」を味わってみてください。
モノの名前

沖縄県の泡盛「舞天」の魅力

沖縄県の泡盛「舞天」の魅力について、まずは「舞天とは?」という小見出しについて説明いたします。 「舞天」とは、沖縄県で最も古い酒造所の一つである「久米仙」が製造している泡盛銘柄です。久米仙は1618年に創業し、以来400年以上にわたって泡盛造りを続けています。「舞天」は久米仙の代表銘柄であり、沖縄県内でも屈指の人気を誇っています。 「舞天」の最大の特徴は、その香りのよさです。吟醸香と呼ばれるフルーティーな香りと、オーク樽で熟成させたウイスキーのような香りを併せ持っています。また、「舞天」は口当たりがまろやかで、飲みやすいのも特徴です。アルコール度数は25度ですが、その高さが感じさせないほど飲みやすい泡盛です。